台本概要

 435 views 

タイトル お悩み相談ラジオ2
作者名 シジミ  (@sizimi1810)
ジャンル その他
演者人数 1人用台本(不問1)
時間 10 分
台本使用規定 非商用利用時は連絡不要
説明 ラジオ風台本
朗読向け

 435 views 

キャラ説明  

名前 性別 台詞数 説明
語り手 不問 4
※役をクリックするとセリフに色が付きます。

台本本編

文字サイズ
0: 語り手:皆さんこんばんは。語り手です。今晩も始まりました語り手のお悩み相談ラジオ 語り手:本日も沢山のお便り届いております。 語り手:早速読んでいきたいと思います。 語り手:ラジオネーム『シジミ』さんから頂きました。 語り手:語り手様こんばんは。いつも語り手様のラジオ楽しませて頂いております。 語り手:語り手様に聞いて頂きたい事がありお便り送らせて頂きました。 語り手:私は趣味で声劇台本を書いておりますが、スランプに陥(おちい)っています。 語り手:瞼(まぶた)を閉じれば…世界が構築され…その様子を言葉に綴る(つづる)。 語り手:星座や枝分かれする木を描く様に台本を書いてきました。 語り手:しかし…今は瞼を閉じても見えるのは真っ白な無機質(むきしつ)な景色のみ…。 語り手:語り手様はスランプに陥った経験はございますか?というお便り頂きました。 語り手:シジミさん。お便りありがとうございます。スランプに陥っている辛い現実を言葉にするのは勇気の要る行動だと思います。 語り手:語り手はスランプの経験が無いのでシジミさんの辛さは到底想像出来るものではありません。 語り手:当たり前に出来ていた事が出来なくなる辛さと言うのは…決して他人に理解してもらえる事の無い孤独なものだと思います。 語り手:言葉を綴り作品を書くことは誰にでも出来ることでは無いと思います。 語り手:いつか…シジミさんがスランプを抜け出し…その経験すらも活動の糧(かて)にできる日が来ることを心より願っております。 語り手:お悩み相談ラジオをやっていてリスナーさんのお便りを読む度に…聞いてくださる皆様の為に自分が何を出来るのか…考えさせられますね。 語り手:シジミさんの星座や枝分かれする木を描く様に台本を書くと言う表現が素敵ですよね。 語り手:語り手も今度シジミさんの作品読ませて頂きますね。お便り送って下さりありがとうございました。 0: 語り手:続いてのお便りは『未来ある若者』さんから頂きました。 語り手:語り手さんこんばんは。春から新社会人で一人暮らしをする予定です。 語り手:ですが料理が全く出来ません!語り手さんのオススメの料理教えてください!と言うお便りを頂きました。 語り手:未来ある若者さん。お便りありがとうございます。 語り手:語り手のオススメの料理教えてくださいとの事でしたが……未来ある若者さん…… 語り手:料理が出来ないあなたにピッタリの料理がありますよ…。 語り手:その名も…残り物チャーハンです…! 語り手:最初のうちは作る量の調整が上手くいかず多く作りすぎたり、逆に少なかったりすると思います 語り手:そういう時は全部チャーハンにしちゃいましょう。 語り手:とりあえずチャーハンにすれば大体美味しいですよ。 語り手:語り手さんはこの前玉ねぎ、ベーコン、キムチを使ってチャーハン作りましたよ。中々に美味しかったです。 語り手:ここから先は語り手さんの失敗しないチャーハンの作り方講座のお時間です。 語り手:まずご飯と卵を混ぜます。先に混ぜておくことで慌てずに炒めることが出来ます。 語り手:迷ったら具材と卵ご飯纏めて(まとめて)フライパンに入れれば大丈夫ですよ。 語り手:…今回のお悩み相談ラジオで語り手さんがズボラなのがバレてしまいましたね。 語り手:未来ある若者さんは責任をとってお料理上手になってくださいね? 0: 語り手:続いてのお便りはラジオネーム『人見知りなリス』さんから頂きました。 語り手:語り手さんこんばんわ。僕は人と話すのが苦手で会話が続きません…。 語り手:特に話題を考えるのが苦手で、リズム良く言葉を返すことが出来ないです。 語り手:語り手さんはいつもラジオでスラスラお話しをしていて尊敬します。秘訣などはありますか?というお便りを頂きました。 語り手:人見知りなリスさんお便りありがとうございます。 語り手:人見知りなリスさんと同じ悩み持ってる人って多いんじゃないですかね? 語り手:ゲストをお呼びするラジオとは違ってこのラジオでは語り手一人でお話しをしてます。 語り手:なので語り手が黙ってしまうとラジオが成り立たなくなってしまうんですよね。 語り手:普段から話し続ける練習をしたり、事前に話す内容考えてたりしますよ。 語り手:人見知りなリスさんのお悩み…会話が続かない…。ん〜…そっか〜…そうだな〜… 語り手:人見知りなリスさんは会話する時どんなことを意識してるんだろう? 語り手:お便り読んでる感じだと会話のテンポを重視してるのかな? 語り手:普段みなさんは会話する時どんなこと意識してますか? 語り手:語り手が意識してるのは……相槌(あいづち)かな? 語り手:みなさん相槌って聞いて…どんな言葉が浮かびますか? 語り手:ちょっと考えてみてください。相槌。 語り手:普段自分が使ってるものだったり、周りの人が使ってる相槌。 語り手:へぇ〜!とかうんうん!とかそうなんだ〜とか 語り手:相槌って結構種類豊富なんですよね。 語り手:相槌の凄いところは自然と時間を稼ぐことが出来るんですよ。 語り手:人見知りするリスさんは話題を考えるのが苦手って言ってましたけど、相槌を使いこなせば少し楽になるかもしれませんよ。 語り手:会話に苦手意識を持ってる時って次の言葉が出てこない…とか…会話が途切れてしまう事を恐れてしまいますよね。 語り手:もちろん語り手も会話が途切れて沈黙が流れた時は…気まずッ…!思ってしまいます。 語り手:相槌を使って時間稼ぐことで心に余裕が生まれますよ。 語り手:例えば〜…占いで最下位だった。って話された時に『そうなんだ。』って返したら終わってしまうけど 語り手:『え〜!そうなんだ。』って言うと少しだけ時間稼げるでしょ?…ふふ。少しだけね? 語り手:気持ちに余裕が生まれると自然と次の言葉も出やすくて 語り手:その占いどこで見たの?とか ラッキーアイテムは?とか 語り手:どんな事が書かれてたの?とかね。 語り手:相手の返事を聞く時も『うんうん。』とか『それでそれで?』とか『それは気にしちゃうよね〜』って相槌してると…あれ?気づけば会話盛り上がってませんか? 語り手:相槌を使いこなすことで少し気楽になったり、相手の話しを聞きやすくなりますよ。 語り手:自分から話題を作るのが苦手だったら、どんどん相手に喋らせればいいんです。 語り手:更に会話が楽しくなる方法があるんだけど…知りたい? 語り手:それはね?相手に興味を持つこと。興味を持つと相手の事をもっと知りたいって思って、どんどん気になることが増えてくるんです。 語り手:そうすると自然と言葉が出てきますよ。 語り手:すぐに全て出来るようになる必要はないので 語り手:まずは相槌の練習から始めてみてはいかがでしょうか? 語り手:人見知りなリスさんが聞き出し上手になれるよう応援してます。 語り手:今晩も沢山のお便りありがとうございました。また次回のお悩みラジオでお会いしましょう。またね。

0: 語り手:皆さんこんばんは。語り手です。今晩も始まりました語り手のお悩み相談ラジオ 語り手:本日も沢山のお便り届いております。 語り手:早速読んでいきたいと思います。 語り手:ラジオネーム『シジミ』さんから頂きました。 語り手:語り手様こんばんは。いつも語り手様のラジオ楽しませて頂いております。 語り手:語り手様に聞いて頂きたい事がありお便り送らせて頂きました。 語り手:私は趣味で声劇台本を書いておりますが、スランプに陥(おちい)っています。 語り手:瞼(まぶた)を閉じれば…世界が構築され…その様子を言葉に綴る(つづる)。 語り手:星座や枝分かれする木を描く様に台本を書いてきました。 語り手:しかし…今は瞼を閉じても見えるのは真っ白な無機質(むきしつ)な景色のみ…。 語り手:語り手様はスランプに陥った経験はございますか?というお便り頂きました。 語り手:シジミさん。お便りありがとうございます。スランプに陥っている辛い現実を言葉にするのは勇気の要る行動だと思います。 語り手:語り手はスランプの経験が無いのでシジミさんの辛さは到底想像出来るものではありません。 語り手:当たり前に出来ていた事が出来なくなる辛さと言うのは…決して他人に理解してもらえる事の無い孤独なものだと思います。 語り手:言葉を綴り作品を書くことは誰にでも出来ることでは無いと思います。 語り手:いつか…シジミさんがスランプを抜け出し…その経験すらも活動の糧(かて)にできる日が来ることを心より願っております。 語り手:お悩み相談ラジオをやっていてリスナーさんのお便りを読む度に…聞いてくださる皆様の為に自分が何を出来るのか…考えさせられますね。 語り手:シジミさんの星座や枝分かれする木を描く様に台本を書くと言う表現が素敵ですよね。 語り手:語り手も今度シジミさんの作品読ませて頂きますね。お便り送って下さりありがとうございました。 0: 語り手:続いてのお便りは『未来ある若者』さんから頂きました。 語り手:語り手さんこんばんは。春から新社会人で一人暮らしをする予定です。 語り手:ですが料理が全く出来ません!語り手さんのオススメの料理教えてください!と言うお便りを頂きました。 語り手:未来ある若者さん。お便りありがとうございます。 語り手:語り手のオススメの料理教えてくださいとの事でしたが……未来ある若者さん…… 語り手:料理が出来ないあなたにピッタリの料理がありますよ…。 語り手:その名も…残り物チャーハンです…! 語り手:最初のうちは作る量の調整が上手くいかず多く作りすぎたり、逆に少なかったりすると思います 語り手:そういう時は全部チャーハンにしちゃいましょう。 語り手:とりあえずチャーハンにすれば大体美味しいですよ。 語り手:語り手さんはこの前玉ねぎ、ベーコン、キムチを使ってチャーハン作りましたよ。中々に美味しかったです。 語り手:ここから先は語り手さんの失敗しないチャーハンの作り方講座のお時間です。 語り手:まずご飯と卵を混ぜます。先に混ぜておくことで慌てずに炒めることが出来ます。 語り手:迷ったら具材と卵ご飯纏めて(まとめて)フライパンに入れれば大丈夫ですよ。 語り手:…今回のお悩み相談ラジオで語り手さんがズボラなのがバレてしまいましたね。 語り手:未来ある若者さんは責任をとってお料理上手になってくださいね? 0: 語り手:続いてのお便りはラジオネーム『人見知りなリス』さんから頂きました。 語り手:語り手さんこんばんわ。僕は人と話すのが苦手で会話が続きません…。 語り手:特に話題を考えるのが苦手で、リズム良く言葉を返すことが出来ないです。 語り手:語り手さんはいつもラジオでスラスラお話しをしていて尊敬します。秘訣などはありますか?というお便りを頂きました。 語り手:人見知りなリスさんお便りありがとうございます。 語り手:人見知りなリスさんと同じ悩み持ってる人って多いんじゃないですかね? 語り手:ゲストをお呼びするラジオとは違ってこのラジオでは語り手一人でお話しをしてます。 語り手:なので語り手が黙ってしまうとラジオが成り立たなくなってしまうんですよね。 語り手:普段から話し続ける練習をしたり、事前に話す内容考えてたりしますよ。 語り手:人見知りなリスさんのお悩み…会話が続かない…。ん〜…そっか〜…そうだな〜… 語り手:人見知りなリスさんは会話する時どんなことを意識してるんだろう? 語り手:お便り読んでる感じだと会話のテンポを重視してるのかな? 語り手:普段みなさんは会話する時どんなこと意識してますか? 語り手:語り手が意識してるのは……相槌(あいづち)かな? 語り手:みなさん相槌って聞いて…どんな言葉が浮かびますか? 語り手:ちょっと考えてみてください。相槌。 語り手:普段自分が使ってるものだったり、周りの人が使ってる相槌。 語り手:へぇ〜!とかうんうん!とかそうなんだ〜とか 語り手:相槌って結構種類豊富なんですよね。 語り手:相槌の凄いところは自然と時間を稼ぐことが出来るんですよ。 語り手:人見知りするリスさんは話題を考えるのが苦手って言ってましたけど、相槌を使いこなせば少し楽になるかもしれませんよ。 語り手:会話に苦手意識を持ってる時って次の言葉が出てこない…とか…会話が途切れてしまう事を恐れてしまいますよね。 語り手:もちろん語り手も会話が途切れて沈黙が流れた時は…気まずッ…!思ってしまいます。 語り手:相槌を使って時間稼ぐことで心に余裕が生まれますよ。 語り手:例えば〜…占いで最下位だった。って話された時に『そうなんだ。』って返したら終わってしまうけど 語り手:『え〜!そうなんだ。』って言うと少しだけ時間稼げるでしょ?…ふふ。少しだけね? 語り手:気持ちに余裕が生まれると自然と次の言葉も出やすくて 語り手:その占いどこで見たの?とか ラッキーアイテムは?とか 語り手:どんな事が書かれてたの?とかね。 語り手:相手の返事を聞く時も『うんうん。』とか『それでそれで?』とか『それは気にしちゃうよね〜』って相槌してると…あれ?気づけば会話盛り上がってませんか? 語り手:相槌を使いこなすことで少し気楽になったり、相手の話しを聞きやすくなりますよ。 語り手:自分から話題を作るのが苦手だったら、どんどん相手に喋らせればいいんです。 語り手:更に会話が楽しくなる方法があるんだけど…知りたい? 語り手:それはね?相手に興味を持つこと。興味を持つと相手の事をもっと知りたいって思って、どんどん気になることが増えてくるんです。 語り手:そうすると自然と言葉が出てきますよ。 語り手:すぐに全て出来るようになる必要はないので 語り手:まずは相槌の練習から始めてみてはいかがでしょうか? 語り手:人見知りなリスさんが聞き出し上手になれるよう応援してます。 語り手:今晩も沢山のお便りありがとうございました。また次回のお悩みラジオでお会いしましょう。またね。