台本概要

 313 views 

タイトル Mercy Flower
作者名 あまくケイ  (@amak0331)
ジャンル ファンタジー
演者人数 4人用台本(男3、女1) ※兼役あり
時間 40 分
台本使用規定 非商用利用時は連絡不要
説明 Mercy Flower(マーシー フラワー)
一つ一つが変わっている
形も色も、みなちがう
だから花は美しいのです


「灼炎の焔」シリーズ作品
4人(男3:女1兼ね役有)
40分程度

男役は、女性が演じても可
ストーリー展開が崩れない多少のアドリブや言い換えは可
良かったらどうぞ

 313 views 

キャラ説明  

名前 性別 台詞数 説明
慈悲 129 慈悲(じひ) 金髪に白い騎士装備 神帝国第4支部を任されている名前付き 寡黙で真面目系の正統派騎士 騎士剣術(きしけんじゅつ)を主に使う
ティナ 81 明るめの茶髪に白いワンピース 花を愛する優しい心の持ち主 第4支部の支部長 神帝の血を引いているお姫様ではあるが 神帝の居る帝都暮らしではなかったため、神帝の事やその周りの事をほとんど知らない
狼護 94 灰色の髪に、黒い着物のような戦闘装束 突如、第4支部に現れた、大和の人間を名乗る青年 ティナの命を狙いに来た 陰気、無気力系という印象だが、神帝国に対して恨みを持っており、感情をむき出す所がある 風闘術(ふうとうじゅつ)を使う
輪廻 79 白めの髪に少年顔、奇怪な騎士装備 神帝国の名前付き。ティナにはよく叱られる 不真面目で、時折怖い一面を見せるが、仕事はこなす 念槍術(ねんそうじゅつ)を使う 兼ね役で騎士団兵役
キリア 15 物語終盤に登場 名前付き候補として、行方不明になっていた騎士 表面的には明るく、ノリがよく、健気だが おそらく彼女の本性ではない 黒術(こくじゅつ)を使う ティナ役が兼ね役
騎士団兵 6 序盤のみ 輪廻役が兼ね役
※役をクリックするとセリフに色が付きます。

台本本編

文字サイズ
ティナ:一つ一つが変わっている ティナ:形も色も、みなちがう ティナ:だから花は美しいのです 0: 慈悲:姫様はそういって、目を閉じながら笑みを浮かべた 慈悲:「好きな花は見つかった?」と聞かれたが 慈悲:それは、未だに見つかっていない 0: 0:神帝国 第4支部 慈悲:「灼炎の焔」……か 慈悲:「国盗り」という名目で、強い騎士に勝負を挑み、勝てばその場所を制圧したとみなすやり方で、神帝国を攻め落とす……普通では考えられない方法だ ティナ:しかし、その御方は、国民に手を出しておりません 慈悲:姫様……。おはようございます ティナ:おはよう。ロテリオ 慈悲:「慈悲」とお呼びください。何度も言っていると思いますが ティナ:私としては、本名で呼んだ方がしっくり来ますのに…… 慈悲:それでも、です。決してこの名前が、嫌というわけではありません。名前を与えられた者として、使命を全うすると決めておりますので ティナ:……そうですか。では、「慈悲」。話がそれてしまいましたね 慈悲:お話を戻しますが……大和は、我々神帝国の敵です ティナ:敵……そうですね。灼炎の焔は、大和の人間であり、大和王の息子であると聞きました ティナ:彼らはまさに、「穢れた血」と呼ばれた、神帝国にとっての敵。確かに、慈悲の言う通りです ティナ:しかし、果たしてそれは本当なのでしょうか? 慈悲:……と、いいますと? ティナ:彼は、なるべく被害を出さない「陣地とり」をしている ティナ:普通なら、たくさんの民を根絶やしにしても、おかしくはないでしょう ティナ:攻めたのはこちらだというのに、優しいやり方を選んでいる……そんな方が、本当に敵なのかと 慈悲:そうですが…… ティナ:……そういえば、先日、また一つ、綺麗なお花が咲いていましてね 慈悲:? 花ですか? ティナ:慈悲。この間、連れて行ったばかりでしょう…… 慈悲:あ、ああ。そうでした。すみません ティナ:……そのお花は、赤く、鮮やかに、咲きほこっていました 慈悲:赤、ですか ティナ:はい。他の花と違って、とてもよく目立っています ティナ:でも、なぜか、他の花の美しさを消すことなく、周りと調和している。不思議な花です ティナ:そこで私は思いました、この花も、大和の方と同じではないかって 慈悲:つまり、害はない、と言いたいのでしょうか ティナ:もう……。少しは、汲(く)み取ることを覚えなさい 慈悲:申し訳ありません。どうしても疎(うと)いもので ティナ:……構いませんわ。きっといつか分かります 0:そこに1人の騎士が慌ただしく入ってくる 慈悲:どうした?  騎士団兵:報告! 第4支部内に侵入者が! 慈悲:何……?   騎士団兵:突然、門の前に現れて…… ティナ:その者は、どちらに? 騎士団兵:もう間もなく、こちらに来るかと…… 慈悲:まもなく? 他の兵はどうした? 騎士団兵:……申し訳ありません 騎士団兵:我々だけで、抑えきれなく…… 慈悲:抑えられない? どういうことだ? 騎士団兵:その者、「大和の人間」と名乗っていて……野次馬かと思っていましたが…とんでもない強さで 慈悲:……分かった。そいつをこの場に通せ。私が相手をしよう 騎士団兵:はっ 0:しばらくして、先ほど報告に来た騎士団兵が、その人間を連れてきた 狼護:わざわざ通してくれるなんざ、寛容なんですな。神帝の人間は 慈悲:何者だ? 狼護:俺の名は、「狼護」。そこにいる皇女さんの首、獲りにきやした 慈悲:姫様が狙いか?  狼護:ええ。偉い方の首もらわないと、示しがつきませんのでね 慈悲:……どういうことだ?  狼護:大和王の第一子息「焔」。耳に入ってるんでしょ? 狼護:俺は、その焔殿下の、従者です ティナ:……本当に、大和の人間? 狼護:その通り 慈悲:待て。支部を攻めてきた大和は、二人と聞いたはずだ 狼護:それがなぜかって? そりゃぁ、俺だけ別なんでね 狼護:殿下と一緒に行動するなんざ、ありえない 慈悲:っ! 0:狼護は手足を広げて、構えを取る。慈悲もそれに合わせて剣を抜いた 狼護:「国盗り」なんて……殿下のやり方は甘いんですよ。そんな人には、誰もついていけやしません。何より、民が納得できないはず…… 狼護:だから代わりに、殿下ができないことを、俺がやる 狼護:神帝のお姫様。その命、頂戴いたしやす 慈悲:悪いが、そうはさせない ティナ:慈悲 慈悲:大丈夫です。姫様は下がっていてください 狼護:あんた、皇女様の護衛かなにか? 慈悲:姫様の護衛と、この第4支部を任されている。「名前付き」の一人、慈悲だ 狼護:名前付き……? あぁ、どっかで聞いたな……。騎士の中で強い人間に与えらえる、特別な名前だとか 狼護:なら、是非ともその強さ、拝見といきますかい……! 0:狼護は両手をかざす。瞬間、手に段々と風が集まっていく 慈悲:……っ、風を使うか 狼護:これが俺の術。 狼護:拳と足を使って、風を生み、攻撃の手段にする 狼護:まず一発目は、こいつだ 狼護:風闘術(ふうとうじゅつ)その二「鎌鼬(かまいたち)」 0:狼護は手を勢いよく前に突き出し、渦上になった風がすかさず発生し、慈悲に向かって飛んでく 慈悲:風が、渦を巻いてこちらに…… 慈悲:だが、この程度なら……! 慈悲:騎士剣術(きしけんじゅつ)第9番「リカバリー」! 狼護:ほう、やりますなぁ 慈悲:そのまま、攻撃に移る! 慈悲:騎士剣術(きしけんじゅつ)第2番「蓮制斬(れんせいざん)」! 狼護:おーおー、まっすぐ来ますなぁ 狼護:なら……こっちも 狼護:風闘術(ふうとうじゅつ) その七「風打連撃(ふうだれんげき)」 慈悲:……風が……手数が多いッ! 狼護:はぁっ……! 0:狼護の手足から繰り出される、風の勢いを使った連続攻撃を、慈悲は、避けつつ、剣で防御する 慈悲:くっ……!  狼護:顔が歪んでますぜ。名前付きってのは、これくらいの実力たぁ……知れてますな  慈悲:攻めるばかりが強いわけじゃない……。そこだ! 狼護:っ……?  慈悲:騎士剣術(きしけんじゅつ) 第12番 慈悲:二連抜突(にれんばっとつ)! 0:慈悲は、一度まっすぐ突き攻撃を放つ。狼護はそれを一回避けるが、二度目の突き攻撃を予想していなく、気をとられた 狼護:っ……!  慈悲:まだ、もう一突き……! 狼護:それは流石に返しますぜ、っと……!  狼護:風闘術(ふうとうじゅつ)その三 「回し風(まわしかぜ)」! 慈悲:っ……ぐっ……二連抜突を……風を起こして、止めたか 狼護:……確かに、並大抵の実力じゃあ、なさそうですな 輪廻:でも、それがもう1人増えちゃったら、どうなるんでしょうねぇ? 狼護:っ!?  輪廻:念槍術(ねんそうじゅつ) 第3番 「キネスティンガー」 狼護:っ……!がぁ……っ 輪廻:見切りづらいでしょ、これ? それが、僕の槍なんで 狼護:こいつ……は? ティナ:輪廻……! 来ていたのですか!? 輪廻:いやぁ、なんか暇つぶしに寄ってみたら、騎士団兵さんみんな意識失ってるからさぁ。大丈夫?って思ってきたんですよ 輪廻:そしたら、慈悲さんがすんげー戦ってるから、マジモンじゃんこれ~!って 輪廻:っていうか、こいつ何なんすか? 慈悲:大和の人間、らしい 輪廻:へぇ~! 二人だけかと思ったんですけど、もう一人いたんですねぇ 輪廻:お? なんだこれ? 0:輪廻は狼護の髪を無理やり引っ張る 狼護:ぐっ……あ! 輪廻:へぇ~! 獣耳だ! すごいや、本物じゃん! 輪廻:これ、売ったらいくらになるんですかね? 輪廻:せっかくだし……このままちぎっちゃおうかなぁ! ティナ:お辞めなさい! 0:ティナの怒号が、支部内に響く…… 輪廻:……冗談ですよ、冗談。マジになんないでくださいよぉ 輪廻:でもいいのかなぁ。こいつ、大和なんでしょ? 輪廻:しかもティナお嬢様を狙いに来たんなら、殺したほうがいいですよ ティナ:…… 狼護:……とっととやれよ 輪廻:ほら、こう言ってるんだしさぁ ティナ:……いえ 輪廻:へ? 0:ティナは少し目を閉じた後、何かを決心したような顔で、狼護の下へ歩み寄る 狼護:……はっ。そうかい、そうかい。皇女自ら、手をかけるってか? 狼護:……せいぜい、すきに殺せよ ティナ:……治癒術を施します 狼護:……? 輪廻:いやいや、ちょっとちょっとぉ! ティナ:なんでしょうか? 輪廻:何でしょうかって。こいつさっきまで敵だったんですよ? 分かってるでしょ、そんなこと? ティナ:あなたの言う通りです、輪廻。彼は先ほどまで私達を敵とみなし、襲ってきた ティナ:でも彼は、自分の身を挺(てい)してまで……そこまでして、神帝国へ報復を果たそうとした。その大きな憤怒(ふんぬ)を生んだのは、私達です 慈悲:姫様……!? 輪廻:うそでしょ!? それ考えなおしたほうがいいですって! ティナ:私が責任を取ります ティナ:……狼護、と申しましたか? 狼護:……本気か? ティナ:はい。……私は、神帝国がやったことを、今でも疑問に思っています 狼護:……口では、何とでも ティナ:そう思っていただいて、構いません 0:ティナは手をかざし、狼護の傷を治していく。彼の体がほんのりと光に包まれた 狼護:……っ 輪廻:ティナお嬢様。……あなたってひとは。何処までもお人よしすぎますよ ティナ:全ての人間に対してそういうわけではありません ティナ:最初は警戒しておりました ティナ:でもその後、慈悲との闘いの中……戦っている表情一つ一つから、やむにやまれない恨みを感じたのです 輪廻:恨みなんて持たれて当たり前でしょ? 輪廻:そこに気を止めなくても、神帝国が滅ぼした事実は変わらない。現実はいつものようにまわってる 輪廻:戦いを知らない人たちは、普通に暮らしているでしょ。それでいいじゃないですか 輪廻:なのにそれを? 今更? 掘り返すかのように、滅ぼした相手を、愛の心で受け止めますって? ティナ:恨みを持たれて当たり前な事をしているからこそ、こちらから歩み寄らねばなりません ティナ:相手にも何か理由があったのだと、思う事が大切なのです 輪廻:……はぁ。だからさぁ、そういう所ですよ、良くないの ティナ:輪廻。私などが、愛をとくつもりはありませんが、少しは理解をしようと努力をしてもいいのではないですか? 輪廻:なんでさ? ティナ:あなたは殻に閉じこもっている。そうやって卑屈な見方をして、心地が良いのですか? 輪廻:それは慈悲さんも同じでしょ。その人も殻のように固い ティナ:慈悲は違います。彼は元々が固いんです 慈悲:……固い、ですか ティナ:そうです! ティナ:でも慈悲は、固いなりに理解をしようと、歩み寄る姿勢が見える ティナ:それは殻を使って、周りと関係を遮断しているあなたとは、大違いです 輪廻:……ちっ。幸せな頭してるよな、ほんと 慈悲:輪廻。言葉をつつしめ 狼護:……はは ティナ:何かおかしかったですか? 狼護:いいや……なんだか、殿下に似てると思って……どこか ティナ:私が? そうなのですか? 狼護:ええ 狼護:……で、俺をどうするんです? このまま自由の身じゃないでしょうに ティナ:今なら体も動くはず。私を手にかけることはできますよ 狼護:……やる気が起こりません ティナ:……そうですか 慈悲:姫様、お言葉ですが、この者が支部へ入り、我々の命を狙おうとした事は間違いありません。殺しはしなくとも、なにか処罰を与えるべきかと 狼護:構いませんよ、別に。牢屋でもなんでも、何処にでも(連れていきゃあ……) ティナ:(さえぎる)では。……行き先ですが。……この支部の近くに、綺麗なお花畑があるんですよ 狼護:……ん? 慈悲:なっ!?  ティナ:せっかく支部に来られたのですから、彼にも見ていただきたいのです。 ティナ:では、狼護 慈悲:待ってください! 私も、お供します。もしものことがあればいけませんので ティナ:分かりました。 ティナ:輪廻は、どうします? 輪廻:ついて来いってこと? ティナ:もしよければ 輪廻:どうでもいいよ ティナ:でしたら、私たちが出向いている間、支部をお願いします 輪廻:……おおせのとおりに 0: 0: 0:支部から少し離れたところ、草むらを少しかき分けた先にそれはあった 0:青空の元、色とりどりの花が咲いているお花畑が、ティナたちを迎え入れるように存在していた 狼護:……これ、は ティナ:どうですか、狼護 狼護:…… 慈悲:ここに来るのも、何度目か ティナ:慈悲は、好きなお花、見つかりましたか? 慈悲:いや、まだ ティナ:ふふ、見つかるといいですね。焦らずゆっくり ティナ:あ、そうそう! 先ほどお話ししました赤い花、えっと……あそこ! ティナ:ほら、ご覧なさい、慈悲 0:ティナが指をさした先に、真っ赤に咲く赤い花があった 慈悲:……確かに。不思議ですね。ひときわ目立っているのに……全体でみると、違和感がなく、調和がとれている ティナ:きっと、人間同士の在り方も、このお花畑だと思います ティナ:どちらの国だろうと、どんな生まれでも関係ありません ティナ:個性が違うから、世界は魅力的なのです 慈悲:っ? 0:ティナは自分の両手を組み、穏やかな口調で、言葉を紡いだ ティナ:1つ1つが変わっている ティナ:形も色も、みんな違う ティナ:咲いている花によっては、私達の見る景色を変えてくれる ティナ:だから花は、美しいのです 0:ティナはそういって、慈悲と、狼護に向かって微笑んだ 狼護:……あんまりですよ、こりゃ ティナ:お気に、召しませんでしたか 狼護:……いいや、逆です ティナ:えっ? 0:ティナは一瞬、狼護のいう事にきょとんとした。しかし、狼護が、目から涙をこぼしている姿を見て、ティナは再び微笑み返す 狼護:大和ノ国にも、似たような景色の、いい場所がありましてな…… 狼護:こんなにも綺麗なんざ……反則ですぜ 狼護:……畜生 ティナ:ふふ。正直な方なのですね、狼護は ティナ:……慈悲。これも、ある意味処罰ではないですか? ティナ:こんなにも、泣かれておられるのですから 0:慈悲はやれやれと言わんばかりに、ティナへ笑みを返した 慈悲:姫様が、そうおっしゃるのであれば 狼護:……くそ…………クソっ…… 0:狼護は泣く。重くこびりついたものを、一つずつ、洗い流すように 0: 0:それからしばらくの間 ティナ:落ち着きましたか? 狼護:……はい ティナ:それでは、いったん戻りましょうか ティナ:良かったら、大和ノ国のこと、教えてくださいな 0: 0:その頃、第4支部にて 輪廻:はぁー。ひどく暇だ 輪廻:……ティナお嬢様。何にも分かってないよ 輪廻:花なんて、勝手に咲いて、枯れるだけじゃないか 輪廻:そんなものに価値を感じる理由が、わからない 輪廻:……慈悲さんも慈悲さんだろ 輪廻:あいつも分かってないくせに、何を真摯にお嬢様に従ってるんだか 輪廻:真面目って、毒にも金にもならないのにさ 0:慈悲の名前を出したせいか、輪廻は無意識に歯を食いしばった 輪廻:……くそが。なんで慈悲さんなんだよ 輪廻:不公平もいいところだろ 輪廻:……それか、もし公平になりたかったら「理解するように努力しろ」って? 0:輪廻は少しずつ口角を上げ、不気味に笑う 輪廻:……はは、はははははは! 輪廻:……ばっかばかしい 輪廻:そう、本当にね 輪廻:だから…… 0: 0:第4支部に戻ってきたティナたち 0:しかし、行く前と様子が違う事に、狼護が気がついた ティナ:ただいま、戻りました 狼護:……誰もいない? ティナ:あれ? 他の者は? 慈悲:おかしいな。まだ任務の時間は終わっていないはずだ 慈悲:……っ!! 慈悲:姫様! 下がってください! ティナ:えっ!? 0:慈悲は後ろから殺気を感じ、剣を抜いた 慈悲:っ、お前たち……! 何のつもりだっ! なぜ剣を抜いている! ティナ:どうしたのですか!? 狼護:どうにも様子がおかしいですな……これは 狼護:兵士さんたちの眼、どこか変だ 慈悲:何者かに……操られている、ということか? 狼護:分かりませんが、その可能性は高いかと 0:騎士たちは、狼護と慈悲に剣を持ち、襲い掛かる 慈悲:っ……! 騎士剣(きしけんじゅつ)第3番 慈悲:「スティンガー」!  0:慈悲は、襲ってきた騎士の胴体部分をついて、勢いよく相手を倒した 慈悲:……っ、どうなっている? 輪廻:慈悲さん! 助かりましたよ 慈悲:輪廻! 一体何があった!? 輪廻:いや、それが僕にもよくわかんなくて 慈悲:……もしや、例の「裏切り者」たちが、何か仕掛けたのか?  輪廻:さぁ? それか、こいつらが元々裏切り者っていう線か、どっちかでしょ? 慈悲:とりあえず、姫様を安全なところに。出口へ…… 狼護:いいや。出口も見事に……ほれ、塞がれてる 慈悲:お前たち…… 狼護:他に場所は? 慈悲:……屋上しかないか 輪廻:慈悲さん。お嬢様は、僕が 慈悲:ああ。あとは食い止める。頼めるか? 輪廻:もちろん 0:輪廻はティナをつれ、教会の外へと向かう 慈悲:狼護、すまない……戦えるか? 狼護:もう戦ってますよ。慈悲さん 0:狼護は澄ました様子で返事をした 慈悲:……ありがとう 狼護:兵士さんたちは、気を失わせる程度で? 慈悲:ああ。協力を頼む! 0: 0:第4支部 屋上 0:輪廻は後ろを警戒しつつ、ティナを屋上へつれてくる 輪廻:ここまで来たら安心ですよ ティナ:ありがとうございます 輪廻:いえいえ。あとは慈悲さん達が片付けてくれるでしょ ティナ:……片付ける、という言い方はよくないですね ティナ:彼らは何者かに操られている。敵ではありません 輪廻:……またそれですか 輪廻:そんな悠長にしてたら、「裏切り者」に騙されますよ? ティナ:……えっ? 輪廻:黒術(こくじゅつ) 第17番 輪廻:止縛冥呪(しばくめいじゅ) ティナ:っ……からだ……が! ティナ:これは……こく……じゅつ? 輪廻:そうですよ。禁忌(きんき)とか言われてるんですっけ? 古いですよね~考え方 輪廻:使えるものは使えばいいのにさ ティナ:あなた……なぜ? 輪廻:なぜだと思います? 分かりますか? 輪廻:……僕はね、思い出してほしかったんですよ ティナ:……何、を? 輪廻:ほら。お嬢様は忘れちゃってる 輪廻:そう、馬鹿共のせいで記憶が飛んでしまった ティナ:……えっ? 輪廻:今は、傷が癒えてますけど、振るわれた傷跡は、心の中に残っている 輪廻:その傷跡と一緒に、僕と居た日々もどっかに行っちゃった 輪廻:そう、お嬢様は、忘れているから、いつもぬるいことが言える 輪廻:大和の人間は敵じゃないとか、1人1人は花のように違うとか 輪廻:その「忘却されたティナお嬢様」という状態で、ずっと生き続けている 輪廻:次の日も……次の日も ティナ:……あなたは、何を言って? 輪廻:だから思い出してください 輪廻:偽りの輪廻から、貴方を解き放ちます 輪廻:黒術(こくじゅつ) 第37番 輪廻:「浮憶回出(うおくかいしゅつ)」 ティナ:……あ、ぁぁ……ああ! 0: 慈悲:っ……これで……全部か? 狼護:……ですな 慈悲:すまないな、狼護 狼護:謝る必要が何処に? 狼護:助けてもらった礼っすよ、これは 慈悲:……ありがとう 慈悲:しかし……このような事を、一体何者が…… 狼護:……そういえば、思ったんですが 狼護:あの輪廻って人、これだけ騎士団の人が変な状態になってんのに……何ともなかったような 慈悲:奴も名前付きだ。誰かの術中にやられる人間ではない 狼護:……でも、その「誰か」の事、喋ってました? 狼護:俺達が居ない間、ずっと居たんでしょ?  慈悲:……それは、そうだが 慈悲:なら、その間に何があったのか、輪廻に聞こう 0:慈悲は、狼護の言葉から、得体のしれない嫌な予感を感じていた 慈悲:屋上へ 0: 慈悲:(狼護の言葉が、嘘であってほしい) 慈悲:(輪廻はいつも不真面目な態度をとっているが、武器を取ればしっかり戦ってくれる) 慈悲:(だが、屋上へ向かう階段をあがればあがるほど、なぜか、私の中の不安は膨れ上がる) 慈悲:(やがて、その不安は、目の前に移った光景を見て、現実と化してしまった) 慈悲:姫……様? ティナ:……あぁ、あぁ……あ 輪廻:そう、そうだよ、それでいいんだよ 慈悲:輪廻…… 慈悲:何をしている? 輪廻:あぁ、慈悲さん。早かったね 輪廻:そりゃそうか。だって僕と同じ、名前付きか 慈悲:姫様に何をしている!! 輪廻:思い出させてあげてるんだよ 輪廻:お嬢様、僕の事忘れちゃったから 慈悲:その術は……なんだ? 輪廻:黒術(こくじゅつ)だよ。これを使って、ティナお嬢様の記憶を呼び起こしてるんだ 輪廻:こうやって……さぁ! ティナ:あ、ぁぁ! あああ! 慈悲:辞めろぉぉおお!!! 0:慈悲はすかさず剣を抜き、輪廻に斬りかかる 輪廻:なんだよなんだよ! ティナお嬢様に手を出すなって!? 慈悲:お前は! いち個人の為に傷つけるのか!! 慈悲:禁忌(きんき)の術を使ってまでして! 輪廻:あんた……何にも見えてないんだな 慈悲:何……!? 輪廻:お嬢様が記憶を失ったのは、階級の高い人間たちに傷つけられた 輪廻:この神帝国の、上層部だ 慈悲:っ……上層部が……? 輪廻:ああ。この人が再び僕の前に現れた時、それはそれは「どなた?」って言われたよ 輪廻:もう最悪だ……ああ、最悪だよ!! 輪廻:お前にこの気持ちがわかるか!? ええ!? 慈悲:……くっ! 輪廻:念槍術(ねんそうじゅつ) 第10番 輪廻:「ラン・スケルト」! 慈悲:……がぁぁぁっ! 輪廻:あんたが、たまたまこの第4支部を担当する名前付きってだけでよ 輪廻:お嬢様の隣に居やがって…… 輪廻:見ていてずっと、嫌な気分だったよ……! 輪廻:だからついでだ。ここで息の根を止めてやるよ 狼護:慈悲さん! 輪廻:でしゃばんじゃねえよ……大和の犬が!! 輪廻:黒術(こくじゅつ) 第20番 輪廻:闇獣招来(あんじゅうしょうらい) 狼護:なんだこいつら……? 黒い獣か? 輪廻:せいぜいそいつらと遊んでろよ。お似合いだろ、お前には 狼護:はっ、イキな表情してることで。あんたのペット、教育がよくされてますなぁ  慈悲:狼護! 狼護:大丈夫っすよ。こいつらぶっ倒して、ティナお嬢様のところまで向かいます 狼護:ま、こっちは任せてくださいな 慈悲:……すまない。私は……輪廻を 輪廻:あれ? もう協力しちゃってんすかぁ!? 大和の人間なのに?  輪廻:もしかして、ティナお嬢様が言ってる事に納得しちゃった? お花畑なんかみて!? ロマンスもここまでくると反吐がでるな! 慈悲:……お前は、姫様を大切に思っているんだろう……? 慈悲:その行為が、彼女のためになっているのか!? 輪廻:分かったような口を聞くな! 輪廻:あんたと僕じゃ、お嬢様と居た時間は全然ちがう 輪廻:一部分しか見えてない奴が、隣にたってんじゃねえよ! 慈悲:いいや! それでも! 慈悲:私に言った数々の言葉は、花を愛していた姫様の姿は、本物だ! 輪廻:その姿が例え、自分の苦しい記憶を忘れているとしてもか!? 慈悲:だからといって……姫様の悲しい顔を見せてまですることか……!! 輪廻:説教するなよ! 慈悲さぁん! 輪廻:さっきから上から目線ばっかりでさぁ……! 輪廻:いくら先に、名前付きになったからって、調子に乗るんじゃねえよ……! 慈悲:っ! 輪廻:念槍術(ねんそうじゅつ) 第4番 輪廻:「キネルトラスト」! 慈悲:……槍が、湾曲して! どこだ!? 輪廻:後ろ後ろぉ! 慈悲:っ……がぁっ!  輪廻:ほらぁ、反応ができてない 輪廻:それもそうか。いっぱしの騎士団兵とおんなじ事しかできないもんなぁ 慈悲:……真っ直ぐ来たかと思えば、横から、後ろからも来る……! 慈悲:……いつ時も厄介だ、お前の術は……! 輪廻:だから色々対応策を考えてたんだよねぇ。なんか、氷連術(ひょうれんじゅつ)も習得してましたっけ? 輪廻:でも、聖典さんと比べたら中途半端! 何にも得られていない! 輪廻:つまり……あんたは雑魚でしかないんですよ、慈悲さん 輪廻:ただの騎士団兵と変わらない 慈悲:……ぐっ 輪廻:ティナお嬢様には、あんたが裏切り者に殺されたって言っておくよ 輪廻:そして、裏切り者は大和を使って、お嬢様を消そうとしたと報告する 輪廻:最後は全部、僕が始末したってね……! 0: 0: 0:一方、狼護は、輪廻が召喚した黒い獣たちを倒していた 狼護:風闘術(ふうとうじゅつ) その七 狼護:旋牙風走脚(せんがふうそうきゃく)! 0:狼護は目然にいる黒い獣を、風を纏った脚で攻撃する 狼護:こいつを倒したら、ティナさんに手が届く……! ティナ:……ぁ、ぁ…… 狼護:ティナさん……!聞こえますか!? ティナ:……あ……ぁ……ぅ。うぅあ…… 狼護:……っ。駄目だ……呼びかけても、反応がない ティナ:……ア、ル………。ロテ、リ……オ 0:ティナは嗚咽を漏らし、目を閉じて気絶する 狼護:この人が……こんな顔するなんてな…… 狼護:……これじゃ……殆ど俺達と変わらねえよ…… 0: 輪廻:じゃ、さよなら、慈悲さん 輪廻:あんたとの腐れ縁も、ここまでだ……! 0:輪廻が慈悲を、槍で刺そうとした 輪廻:っ……? ……止め、られた? 慈悲:……白術(はくじゅつ) 第1番 慈悲:「ホーリーバリア」 輪廻:……白術(はくじゅつ)、だと? 輪廻:なんであんたが、そんな術……! 慈悲:黒と相対する、白き術、とても習得できるものでないと思っていたが 慈悲:やっと、まともに出せるようになったか 0:慈悲は剣を白く光らせると、辺りが白い霧のような何かに包まれた 輪廻:っ!? 視界が……! 輪廻:くそ……なんだ、なんだこれ?!  輪廻:周りが……白く!? 0: 0: 慈悲:白(しろ)へ授(さず)けよ 慈悲:聖(せい)なる守護(しゅご)を尊(とうと)い、その命(めい)を 慈悲:永久(えいきゅう)の天王(てんおう)へ返還せん 慈悲:白術(はくじゅつ) 第20番 慈悲:白魔 天生抗(はくま てんせいこう) 0: 0:瞬間、輪廻の身体を白く大きな光が突き抜けた 輪廻:ぐ、がぁぁぁっ!! 0: 慈悲:……ここまでだ 輪廻:っ、くそ、くそ、くそがぁぁぁ! 輪廻:念槍術(ねんそうじゅつ)、第……! 狼護:風闘術(ふうとうじゅつ) その十 狼護:駆風疾爪(かふうしっそう)! 0:狼護は風の爪で、駆け抜けるように、輪廻を攻撃した 輪廻:ぐっ……がぁっ! 狼護:他の黒い獣は片付けやした。さっきのは、やられた借りです 輪廻:クソ犬がぁぁぁっ……! 慈悲:姫様は? 狼護:意識を失ってるけど、怪我はなし 慈悲:そうか……助かった 0:慈悲は狼護にそう言った後、倒れている輪廻に近づく 慈悲:まだやるか? 輪廻 輪廻:なんだよ? その顔 慈悲:……姫様なら。いや 慈悲:私の中にある、騎士道精神に従って、選択をするだけだ 慈悲:輪廻、お前に「慈悲(じひ)」をくれてやる 慈悲:このまま殺さずに捕らえる。命をもって、罪を償え 輪廻:……はは、ははは! 輪廻:何もかも忘れた姫様なんかの言葉に、影響なんか受けちゃって 輪廻:あんた……マジで嫌いだよ キリア:あっちゃー。 滅茶苦茶押されてるじゃーん 輪廻くん 狼護:っ? 誰だ? キリア:あー、気にしなくていいですよ~ん! すぐ退散するから~! 輪廻:……キリア、いつの間に 慈悲:キリア……?  キリア:どうも。名前付き候補だった騎士のキリアたんでーす!  今は訳あっていないんだけど~、そこんとこよろしくー! 慈悲:そうだ……確か、失踪したと耳に入っていたが…… キリア:慈悲くんは、はじめましてかな? ふむふむ、輪廻くんと同じくらいの年齢かな? か~わいい 慈悲:……お前たち。まさか二人とも、「裏切り者」側か? キリア:ピンポーン! 慈悲くんに50点プレゼント~!  キリア:……黒術(こくじゅつ) 第20番 キリア:闇獣招来(あんじゅうしょうらい) 狼護:こいつは……さっきとおんなじ黒い獣……でも、なんだ? 数が全然違うじゃあないですか 狼護:……相当、魔力を持っておられる、と キリア:あれ? ワンコ君、褒めてくれるの~? 嬉しいぴょい! キリア:まぁ。輪廻君も頑張ってたけどね! ちょっと詰めが甘かったかな? キリア:……ってことで、とりあえず、動かないでもらえると嬉しいんだけど~ 慈悲:狼護、油断するな! 狼護:分かって……。 っ? キリア:あら? 輪廻く~ん。彼女、起きてるけど~?  輪廻:うるさいな……言われなくても、「仕事」はすんでるって……。……? ティナ:……っ 慈悲:姫様!  ティナ:ここは? 狼護:ティナさん? ティナ:あなたは? 慈悲:えっ……? 0:ティナは、慈悲と、狼護、そしてキリアと、輪廻の目を見たあと、そういった ティナ:あなたたちは、誰? 輪廻:……は? 輪廻:……待てよ、おい。こんな、こんなことになるなんて、聞いてないぞ……! キリア:うーん、そうね……。浮憶回出(うおくかいしゅつ)は、その人の、刺激の強ーい記憶を引っ張り出す術。記憶障害にまではならないはず 輪廻:じゃあなんで! キリア:もしかしたら、記憶「そのもの」のショックが、あまりに大きかったのかも 輪廻:……なんだ、それ キリア:だって、その経験があったから、君の事、忘れてたわけでしょ?  輪廻:……そんな 輪廻:これじゃ……僕のことを……思い出せないまま キリア:落ち込まないの~、輪廻君。はい、帰るよー キリア:黒術 第8番「冥楼(めいろう)」 慈悲:っ! 待て! 狼護:……黒い霧になって、消えた……二人とも ティナ:……何か、あったのですか? 慈悲:……姫様 ティナ:……申し訳ありません ティナ:姫様、と言われても、何も、わからなくて 狼護:(ティナさんは、終始、どこか途方に暮れたような顔で、ふつふつと言葉を紡いでいた。その姿は、俺が最初に見た時とは、どこか違う) 慈悲:……っ! 狼護:(その隣で、慈悲さんは、血がにじみ出そうなくらい、自分の手を握っていた) 狼護:(そして、激しい感情が静まったあとは) 狼護:(必ず、悲しみが訪れる)  0: 狼護:……慈悲さん 慈悲:分かっている 慈悲:でも、そうやすやすと、受け入れられるか…… 0:しばらくの間 狼護:……っ、そうだ 慈悲:……なんだ? 狼護:お花畑、行ってみませんか? 慈悲:…? 狼護:なにをいってんだって思うけど。ほら、ティナさん、花が好きじゃないですか 狼護:そうした方が、いい気がして ティナ:……お花畑? この近くに、あるの? 慈悲:……っ。……はい 慈悲:とても綺麗な、お花畑があります 0: 0: 0: 慈悲:(夕方になって、ここの花は変わらない) 慈悲:(私の中が、どんな心持ちだったとしても) 慈悲:(景色の感想とは……自分の心によって、変わるもの、なのかもしれない) 慈悲:(そう思っていると、姫様はすかさず、お花畑のほうへ向かっていく) ティナ:わぁ…! きれい! 狼護:っ、ティナさん? 狼護:ちょい……あ、行っちまった 0:ティナは目をキラキラさせてお花畑へかける 狼護:……きらきらしてますな、ティナさん 慈悲:そうだな。……記憶を失っても、姫様は……変わらない。 ティナ:こんなにお花が咲いているなんて…! ティナ:ねぇ、見てロテリオ! あそこの花、とても赤くてきれい…! 慈悲:……! 狼護:ロテ、リオ……? 慈悲:……私の、本当の名前だ 狼護:それって……! ティナ:…あれ? ティナ:今、私は……? 慈悲:…っ 0:少しずつ、慈悲から嗚咽が漏れはじめる 慈悲:そういうところは……本当に、お変わりないのですね…… ティナ:ごめんなさい。私、ここの事を、殆ど覚えていなくて ティナ:もし良ければ……どんな場所なのか、教えてくれますか? 慈悲:……ここは、色とりどりの花が咲く場所です 慈悲:でも、どんな花が咲いても、周りの花同士が調和して、一つのお花畑として成り立っている。 慈悲:時が経つにつれて、もしかしたら違う花も咲くかもしれません。そうなれば、また景色が変わっていき、違う形になる 慈悲:そしてその都度、違う感想を持つことができるんです ティナ:……素敵ですね ティナ:あなたは……ここが好きなのですか? 慈悲:……はい 慈悲:まだ、好きな花は見つけられていませんが 慈悲:とても、とても…………大切な場所です………… 0: 輪廻:…… キリア:輪廻君、すごーい不機嫌 輪廻:だったら? キリア:別にさ、記憶が一生、なくなるわけじゃないんだから 輪廻:……何がわかる キリア:むぅ、つめた~い。ウィルの氷連術並みに冷たいよ、その態度。ぷんぷん! キリア:……それで? 頼りになる情報はあった? 輪廻:……気になる名前が出てきた、そんだけ キリア:ご苦労様、十分でございますよー。あとで、ナデナデしてあげよっか? キリア:あーでも、輪廻くんは、ティナお姫様のほうがいいか。幼馴染なんだよね? それだと流石に私じゃ勝てないかな、なーんて! あっはははは! 0:キリアの楽しそうな笑みがこだました後、再び黒い霧に包まれ、どこかへ消えた 0: 狼護:…… 慈悲:ありがとう、狼護 狼護:急に改まって、どうしちまいました? 狼護:俺、あんたを殺そうとしてたんですよ?  0:狼護は冗談交じりに笑って、慈悲に言葉を返す 狼護:……そんな奴をわざわざ、見送りまでしてくれるなんざ、前代未聞ってやつですな、これは 慈悲:確かに、他の名前付きや、騎士から見たら、狼護と同じ感想を抱くかもな 慈悲:でも、お前はお前なりの気持ちがあり、思いがあり、ここに来た 慈悲:そこには敬意を払いたい 狼護:ははっ。さすがナイト様 狼護:あんた達と、会えて良かった 慈悲:こちらもだ 狼護:……んじゃ、俺は行きますわ 慈悲:これからどうするんだ? 例の……灼炎の焔と、合流するのか? 狼護:そうですなぁ……このまま戻るか、どうするか 狼護:今殿下と会ったら「どの面下げて来た」なんざ、言われちまいそうで 慈悲:そうだろうか。きっと、その焔殿は分かってくれると思うぞ 狼護:へ? 慈悲:姫様と似てるんだろ? 狼護:……まぁ、俺の感覚になっちまいますが、ね 狼護:そういえば、その、「裏切り者」でしたっけか? そっちはいかがで? 慈悲:その件だが、私もどう動いたものかわからない 慈悲:……輪廻が言うには、姫様は、暴力を振るわれていた 慈悲:それを無理やり掘り起こした輪廻を、許したわけではない 慈悲:ただ、最初に姫様に危害を加えたのは、神帝国の……上層部たちというのが、信じられなくてな 狼護:……そうですよな、そりゃ。自分の国なんですから、なおさらか 慈悲:まだ私自身……整理ができない……この件はひとまずおいておく 慈悲:とりあえず、最低限の報告はしておかないとな…… 慈悲:あと、狼護。お前の件だが「ならず者に襲撃を受けたが、すみやかに撃退した」と、言っておく。お前の名前は出さない。心配するな 狼護:いいんですか? そんな大サービス 慈悲:構わない。私の騎士道精神に従って、決めたことだ 狼護:はは……こりゃぁ、騎士道精神も、舐めたもんじゃないですな 慈悲:精神「も」? ということは、お前たちにも似たようなものがあるのか? 狼護:一応、あります。「大和の魂」っていう、ね 慈悲:大和の魂……いい響きだな 狼護:そんな大したもんじゃないです 狼護:……お世話になりやした 慈悲:礼などいらない。もし焔殿がこちらにも来たら、事情を説明しておく 狼護:ありがとうございます 慈悲:では……さらばだ。大和の戦士よ 狼護:ええ。もし会えたら、どこかで、また 0:互いに握手を交わした

ティナ:一つ一つが変わっている ティナ:形も色も、みなちがう ティナ:だから花は美しいのです 0: 慈悲:姫様はそういって、目を閉じながら笑みを浮かべた 慈悲:「好きな花は見つかった?」と聞かれたが 慈悲:それは、未だに見つかっていない 0: 0:神帝国 第4支部 慈悲:「灼炎の焔」……か 慈悲:「国盗り」という名目で、強い騎士に勝負を挑み、勝てばその場所を制圧したとみなすやり方で、神帝国を攻め落とす……普通では考えられない方法だ ティナ:しかし、その御方は、国民に手を出しておりません 慈悲:姫様……。おはようございます ティナ:おはよう。ロテリオ 慈悲:「慈悲」とお呼びください。何度も言っていると思いますが ティナ:私としては、本名で呼んだ方がしっくり来ますのに…… 慈悲:それでも、です。決してこの名前が、嫌というわけではありません。名前を与えられた者として、使命を全うすると決めておりますので ティナ:……そうですか。では、「慈悲」。話がそれてしまいましたね 慈悲:お話を戻しますが……大和は、我々神帝国の敵です ティナ:敵……そうですね。灼炎の焔は、大和の人間であり、大和王の息子であると聞きました ティナ:彼らはまさに、「穢れた血」と呼ばれた、神帝国にとっての敵。確かに、慈悲の言う通りです ティナ:しかし、果たしてそれは本当なのでしょうか? 慈悲:……と、いいますと? ティナ:彼は、なるべく被害を出さない「陣地とり」をしている ティナ:普通なら、たくさんの民を根絶やしにしても、おかしくはないでしょう ティナ:攻めたのはこちらだというのに、優しいやり方を選んでいる……そんな方が、本当に敵なのかと 慈悲:そうですが…… ティナ:……そういえば、先日、また一つ、綺麗なお花が咲いていましてね 慈悲:? 花ですか? ティナ:慈悲。この間、連れて行ったばかりでしょう…… 慈悲:あ、ああ。そうでした。すみません ティナ:……そのお花は、赤く、鮮やかに、咲きほこっていました 慈悲:赤、ですか ティナ:はい。他の花と違って、とてもよく目立っています ティナ:でも、なぜか、他の花の美しさを消すことなく、周りと調和している。不思議な花です ティナ:そこで私は思いました、この花も、大和の方と同じではないかって 慈悲:つまり、害はない、と言いたいのでしょうか ティナ:もう……。少しは、汲(く)み取ることを覚えなさい 慈悲:申し訳ありません。どうしても疎(うと)いもので ティナ:……構いませんわ。きっといつか分かります 0:そこに1人の騎士が慌ただしく入ってくる 慈悲:どうした?  騎士団兵:報告! 第4支部内に侵入者が! 慈悲:何……?   騎士団兵:突然、門の前に現れて…… ティナ:その者は、どちらに? 騎士団兵:もう間もなく、こちらに来るかと…… 慈悲:まもなく? 他の兵はどうした? 騎士団兵:……申し訳ありません 騎士団兵:我々だけで、抑えきれなく…… 慈悲:抑えられない? どういうことだ? 騎士団兵:その者、「大和の人間」と名乗っていて……野次馬かと思っていましたが…とんでもない強さで 慈悲:……分かった。そいつをこの場に通せ。私が相手をしよう 騎士団兵:はっ 0:しばらくして、先ほど報告に来た騎士団兵が、その人間を連れてきた 狼護:わざわざ通してくれるなんざ、寛容なんですな。神帝の人間は 慈悲:何者だ? 狼護:俺の名は、「狼護」。そこにいる皇女さんの首、獲りにきやした 慈悲:姫様が狙いか?  狼護:ええ。偉い方の首もらわないと、示しがつきませんのでね 慈悲:……どういうことだ?  狼護:大和王の第一子息「焔」。耳に入ってるんでしょ? 狼護:俺は、その焔殿下の、従者です ティナ:……本当に、大和の人間? 狼護:その通り 慈悲:待て。支部を攻めてきた大和は、二人と聞いたはずだ 狼護:それがなぜかって? そりゃぁ、俺だけ別なんでね 狼護:殿下と一緒に行動するなんざ、ありえない 慈悲:っ! 0:狼護は手足を広げて、構えを取る。慈悲もそれに合わせて剣を抜いた 狼護:「国盗り」なんて……殿下のやり方は甘いんですよ。そんな人には、誰もついていけやしません。何より、民が納得できないはず…… 狼護:だから代わりに、殿下ができないことを、俺がやる 狼護:神帝のお姫様。その命、頂戴いたしやす 慈悲:悪いが、そうはさせない ティナ:慈悲 慈悲:大丈夫です。姫様は下がっていてください 狼護:あんた、皇女様の護衛かなにか? 慈悲:姫様の護衛と、この第4支部を任されている。「名前付き」の一人、慈悲だ 狼護:名前付き……? あぁ、どっかで聞いたな……。騎士の中で強い人間に与えらえる、特別な名前だとか 狼護:なら、是非ともその強さ、拝見といきますかい……! 0:狼護は両手をかざす。瞬間、手に段々と風が集まっていく 慈悲:……っ、風を使うか 狼護:これが俺の術。 狼護:拳と足を使って、風を生み、攻撃の手段にする 狼護:まず一発目は、こいつだ 狼護:風闘術(ふうとうじゅつ)その二「鎌鼬(かまいたち)」 0:狼護は手を勢いよく前に突き出し、渦上になった風がすかさず発生し、慈悲に向かって飛んでく 慈悲:風が、渦を巻いてこちらに…… 慈悲:だが、この程度なら……! 慈悲:騎士剣術(きしけんじゅつ)第9番「リカバリー」! 狼護:ほう、やりますなぁ 慈悲:そのまま、攻撃に移る! 慈悲:騎士剣術(きしけんじゅつ)第2番「蓮制斬(れんせいざん)」! 狼護:おーおー、まっすぐ来ますなぁ 狼護:なら……こっちも 狼護:風闘術(ふうとうじゅつ) その七「風打連撃(ふうだれんげき)」 慈悲:……風が……手数が多いッ! 狼護:はぁっ……! 0:狼護の手足から繰り出される、風の勢いを使った連続攻撃を、慈悲は、避けつつ、剣で防御する 慈悲:くっ……!  狼護:顔が歪んでますぜ。名前付きってのは、これくらいの実力たぁ……知れてますな  慈悲:攻めるばかりが強いわけじゃない……。そこだ! 狼護:っ……?  慈悲:騎士剣術(きしけんじゅつ) 第12番 慈悲:二連抜突(にれんばっとつ)! 0:慈悲は、一度まっすぐ突き攻撃を放つ。狼護はそれを一回避けるが、二度目の突き攻撃を予想していなく、気をとられた 狼護:っ……!  慈悲:まだ、もう一突き……! 狼護:それは流石に返しますぜ、っと……!  狼護:風闘術(ふうとうじゅつ)その三 「回し風(まわしかぜ)」! 慈悲:っ……ぐっ……二連抜突を……風を起こして、止めたか 狼護:……確かに、並大抵の実力じゃあ、なさそうですな 輪廻:でも、それがもう1人増えちゃったら、どうなるんでしょうねぇ? 狼護:っ!?  輪廻:念槍術(ねんそうじゅつ) 第3番 「キネスティンガー」 狼護:っ……!がぁ……っ 輪廻:見切りづらいでしょ、これ? それが、僕の槍なんで 狼護:こいつ……は? ティナ:輪廻……! 来ていたのですか!? 輪廻:いやぁ、なんか暇つぶしに寄ってみたら、騎士団兵さんみんな意識失ってるからさぁ。大丈夫?って思ってきたんですよ 輪廻:そしたら、慈悲さんがすんげー戦ってるから、マジモンじゃんこれ~!って 輪廻:っていうか、こいつ何なんすか? 慈悲:大和の人間、らしい 輪廻:へぇ~! 二人だけかと思ったんですけど、もう一人いたんですねぇ 輪廻:お? なんだこれ? 0:輪廻は狼護の髪を無理やり引っ張る 狼護:ぐっ……あ! 輪廻:へぇ~! 獣耳だ! すごいや、本物じゃん! 輪廻:これ、売ったらいくらになるんですかね? 輪廻:せっかくだし……このままちぎっちゃおうかなぁ! ティナ:お辞めなさい! 0:ティナの怒号が、支部内に響く…… 輪廻:……冗談ですよ、冗談。マジになんないでくださいよぉ 輪廻:でもいいのかなぁ。こいつ、大和なんでしょ? 輪廻:しかもティナお嬢様を狙いに来たんなら、殺したほうがいいですよ ティナ:…… 狼護:……とっととやれよ 輪廻:ほら、こう言ってるんだしさぁ ティナ:……いえ 輪廻:へ? 0:ティナは少し目を閉じた後、何かを決心したような顔で、狼護の下へ歩み寄る 狼護:……はっ。そうかい、そうかい。皇女自ら、手をかけるってか? 狼護:……せいぜい、すきに殺せよ ティナ:……治癒術を施します 狼護:……? 輪廻:いやいや、ちょっとちょっとぉ! ティナ:なんでしょうか? 輪廻:何でしょうかって。こいつさっきまで敵だったんですよ? 分かってるでしょ、そんなこと? ティナ:あなたの言う通りです、輪廻。彼は先ほどまで私達を敵とみなし、襲ってきた ティナ:でも彼は、自分の身を挺(てい)してまで……そこまでして、神帝国へ報復を果たそうとした。その大きな憤怒(ふんぬ)を生んだのは、私達です 慈悲:姫様……!? 輪廻:うそでしょ!? それ考えなおしたほうがいいですって! ティナ:私が責任を取ります ティナ:……狼護、と申しましたか? 狼護:……本気か? ティナ:はい。……私は、神帝国がやったことを、今でも疑問に思っています 狼護:……口では、何とでも ティナ:そう思っていただいて、構いません 0:ティナは手をかざし、狼護の傷を治していく。彼の体がほんのりと光に包まれた 狼護:……っ 輪廻:ティナお嬢様。……あなたってひとは。何処までもお人よしすぎますよ ティナ:全ての人間に対してそういうわけではありません ティナ:最初は警戒しておりました ティナ:でもその後、慈悲との闘いの中……戦っている表情一つ一つから、やむにやまれない恨みを感じたのです 輪廻:恨みなんて持たれて当たり前でしょ? 輪廻:そこに気を止めなくても、神帝国が滅ぼした事実は変わらない。現実はいつものようにまわってる 輪廻:戦いを知らない人たちは、普通に暮らしているでしょ。それでいいじゃないですか 輪廻:なのにそれを? 今更? 掘り返すかのように、滅ぼした相手を、愛の心で受け止めますって? ティナ:恨みを持たれて当たり前な事をしているからこそ、こちらから歩み寄らねばなりません ティナ:相手にも何か理由があったのだと、思う事が大切なのです 輪廻:……はぁ。だからさぁ、そういう所ですよ、良くないの ティナ:輪廻。私などが、愛をとくつもりはありませんが、少しは理解をしようと努力をしてもいいのではないですか? 輪廻:なんでさ? ティナ:あなたは殻に閉じこもっている。そうやって卑屈な見方をして、心地が良いのですか? 輪廻:それは慈悲さんも同じでしょ。その人も殻のように固い ティナ:慈悲は違います。彼は元々が固いんです 慈悲:……固い、ですか ティナ:そうです! ティナ:でも慈悲は、固いなりに理解をしようと、歩み寄る姿勢が見える ティナ:それは殻を使って、周りと関係を遮断しているあなたとは、大違いです 輪廻:……ちっ。幸せな頭してるよな、ほんと 慈悲:輪廻。言葉をつつしめ 狼護:……はは ティナ:何かおかしかったですか? 狼護:いいや……なんだか、殿下に似てると思って……どこか ティナ:私が? そうなのですか? 狼護:ええ 狼護:……で、俺をどうするんです? このまま自由の身じゃないでしょうに ティナ:今なら体も動くはず。私を手にかけることはできますよ 狼護:……やる気が起こりません ティナ:……そうですか 慈悲:姫様、お言葉ですが、この者が支部へ入り、我々の命を狙おうとした事は間違いありません。殺しはしなくとも、なにか処罰を与えるべきかと 狼護:構いませんよ、別に。牢屋でもなんでも、何処にでも(連れていきゃあ……) ティナ:(さえぎる)では。……行き先ですが。……この支部の近くに、綺麗なお花畑があるんですよ 狼護:……ん? 慈悲:なっ!?  ティナ:せっかく支部に来られたのですから、彼にも見ていただきたいのです。 ティナ:では、狼護 慈悲:待ってください! 私も、お供します。もしものことがあればいけませんので ティナ:分かりました。 ティナ:輪廻は、どうします? 輪廻:ついて来いってこと? ティナ:もしよければ 輪廻:どうでもいいよ ティナ:でしたら、私たちが出向いている間、支部をお願いします 輪廻:……おおせのとおりに 0: 0: 0:支部から少し離れたところ、草むらを少しかき分けた先にそれはあった 0:青空の元、色とりどりの花が咲いているお花畑が、ティナたちを迎え入れるように存在していた 狼護:……これ、は ティナ:どうですか、狼護 狼護:…… 慈悲:ここに来るのも、何度目か ティナ:慈悲は、好きなお花、見つかりましたか? 慈悲:いや、まだ ティナ:ふふ、見つかるといいですね。焦らずゆっくり ティナ:あ、そうそう! 先ほどお話ししました赤い花、えっと……あそこ! ティナ:ほら、ご覧なさい、慈悲 0:ティナが指をさした先に、真っ赤に咲く赤い花があった 慈悲:……確かに。不思議ですね。ひときわ目立っているのに……全体でみると、違和感がなく、調和がとれている ティナ:きっと、人間同士の在り方も、このお花畑だと思います ティナ:どちらの国だろうと、どんな生まれでも関係ありません ティナ:個性が違うから、世界は魅力的なのです 慈悲:っ? 0:ティナは自分の両手を組み、穏やかな口調で、言葉を紡いだ ティナ:1つ1つが変わっている ティナ:形も色も、みんな違う ティナ:咲いている花によっては、私達の見る景色を変えてくれる ティナ:だから花は、美しいのです 0:ティナはそういって、慈悲と、狼護に向かって微笑んだ 狼護:……あんまりですよ、こりゃ ティナ:お気に、召しませんでしたか 狼護:……いいや、逆です ティナ:えっ? 0:ティナは一瞬、狼護のいう事にきょとんとした。しかし、狼護が、目から涙をこぼしている姿を見て、ティナは再び微笑み返す 狼護:大和ノ国にも、似たような景色の、いい場所がありましてな…… 狼護:こんなにも綺麗なんざ……反則ですぜ 狼護:……畜生 ティナ:ふふ。正直な方なのですね、狼護は ティナ:……慈悲。これも、ある意味処罰ではないですか? ティナ:こんなにも、泣かれておられるのですから 0:慈悲はやれやれと言わんばかりに、ティナへ笑みを返した 慈悲:姫様が、そうおっしゃるのであれば 狼護:……くそ…………クソっ…… 0:狼護は泣く。重くこびりついたものを、一つずつ、洗い流すように 0: 0:それからしばらくの間 ティナ:落ち着きましたか? 狼護:……はい ティナ:それでは、いったん戻りましょうか ティナ:良かったら、大和ノ国のこと、教えてくださいな 0: 0:その頃、第4支部にて 輪廻:はぁー。ひどく暇だ 輪廻:……ティナお嬢様。何にも分かってないよ 輪廻:花なんて、勝手に咲いて、枯れるだけじゃないか 輪廻:そんなものに価値を感じる理由が、わからない 輪廻:……慈悲さんも慈悲さんだろ 輪廻:あいつも分かってないくせに、何を真摯にお嬢様に従ってるんだか 輪廻:真面目って、毒にも金にもならないのにさ 0:慈悲の名前を出したせいか、輪廻は無意識に歯を食いしばった 輪廻:……くそが。なんで慈悲さんなんだよ 輪廻:不公平もいいところだろ 輪廻:……それか、もし公平になりたかったら「理解するように努力しろ」って? 0:輪廻は少しずつ口角を上げ、不気味に笑う 輪廻:……はは、はははははは! 輪廻:……ばっかばかしい 輪廻:そう、本当にね 輪廻:だから…… 0: 0:第4支部に戻ってきたティナたち 0:しかし、行く前と様子が違う事に、狼護が気がついた ティナ:ただいま、戻りました 狼護:……誰もいない? ティナ:あれ? 他の者は? 慈悲:おかしいな。まだ任務の時間は終わっていないはずだ 慈悲:……っ!! 慈悲:姫様! 下がってください! ティナ:えっ!? 0:慈悲は後ろから殺気を感じ、剣を抜いた 慈悲:っ、お前たち……! 何のつもりだっ! なぜ剣を抜いている! ティナ:どうしたのですか!? 狼護:どうにも様子がおかしいですな……これは 狼護:兵士さんたちの眼、どこか変だ 慈悲:何者かに……操られている、ということか? 狼護:分かりませんが、その可能性は高いかと 0:騎士たちは、狼護と慈悲に剣を持ち、襲い掛かる 慈悲:っ……! 騎士剣(きしけんじゅつ)第3番 慈悲:「スティンガー」!  0:慈悲は、襲ってきた騎士の胴体部分をついて、勢いよく相手を倒した 慈悲:……っ、どうなっている? 輪廻:慈悲さん! 助かりましたよ 慈悲:輪廻! 一体何があった!? 輪廻:いや、それが僕にもよくわかんなくて 慈悲:……もしや、例の「裏切り者」たちが、何か仕掛けたのか?  輪廻:さぁ? それか、こいつらが元々裏切り者っていう線か、どっちかでしょ? 慈悲:とりあえず、姫様を安全なところに。出口へ…… 狼護:いいや。出口も見事に……ほれ、塞がれてる 慈悲:お前たち…… 狼護:他に場所は? 慈悲:……屋上しかないか 輪廻:慈悲さん。お嬢様は、僕が 慈悲:ああ。あとは食い止める。頼めるか? 輪廻:もちろん 0:輪廻はティナをつれ、教会の外へと向かう 慈悲:狼護、すまない……戦えるか? 狼護:もう戦ってますよ。慈悲さん 0:狼護は澄ました様子で返事をした 慈悲:……ありがとう 狼護:兵士さんたちは、気を失わせる程度で? 慈悲:ああ。協力を頼む! 0: 0:第4支部 屋上 0:輪廻は後ろを警戒しつつ、ティナを屋上へつれてくる 輪廻:ここまで来たら安心ですよ ティナ:ありがとうございます 輪廻:いえいえ。あとは慈悲さん達が片付けてくれるでしょ ティナ:……片付ける、という言い方はよくないですね ティナ:彼らは何者かに操られている。敵ではありません 輪廻:……またそれですか 輪廻:そんな悠長にしてたら、「裏切り者」に騙されますよ? ティナ:……えっ? 輪廻:黒術(こくじゅつ) 第17番 輪廻:止縛冥呪(しばくめいじゅ) ティナ:っ……からだ……が! ティナ:これは……こく……じゅつ? 輪廻:そうですよ。禁忌(きんき)とか言われてるんですっけ? 古いですよね~考え方 輪廻:使えるものは使えばいいのにさ ティナ:あなた……なぜ? 輪廻:なぜだと思います? 分かりますか? 輪廻:……僕はね、思い出してほしかったんですよ ティナ:……何、を? 輪廻:ほら。お嬢様は忘れちゃってる 輪廻:そう、馬鹿共のせいで記憶が飛んでしまった ティナ:……えっ? 輪廻:今は、傷が癒えてますけど、振るわれた傷跡は、心の中に残っている 輪廻:その傷跡と一緒に、僕と居た日々もどっかに行っちゃった 輪廻:そう、お嬢様は、忘れているから、いつもぬるいことが言える 輪廻:大和の人間は敵じゃないとか、1人1人は花のように違うとか 輪廻:その「忘却されたティナお嬢様」という状態で、ずっと生き続けている 輪廻:次の日も……次の日も ティナ:……あなたは、何を言って? 輪廻:だから思い出してください 輪廻:偽りの輪廻から、貴方を解き放ちます 輪廻:黒術(こくじゅつ) 第37番 輪廻:「浮憶回出(うおくかいしゅつ)」 ティナ:……あ、ぁぁ……ああ! 0: 慈悲:っ……これで……全部か? 狼護:……ですな 慈悲:すまないな、狼護 狼護:謝る必要が何処に? 狼護:助けてもらった礼っすよ、これは 慈悲:……ありがとう 慈悲:しかし……このような事を、一体何者が…… 狼護:……そういえば、思ったんですが 狼護:あの輪廻って人、これだけ騎士団の人が変な状態になってんのに……何ともなかったような 慈悲:奴も名前付きだ。誰かの術中にやられる人間ではない 狼護:……でも、その「誰か」の事、喋ってました? 狼護:俺達が居ない間、ずっと居たんでしょ?  慈悲:……それは、そうだが 慈悲:なら、その間に何があったのか、輪廻に聞こう 0:慈悲は、狼護の言葉から、得体のしれない嫌な予感を感じていた 慈悲:屋上へ 0: 慈悲:(狼護の言葉が、嘘であってほしい) 慈悲:(輪廻はいつも不真面目な態度をとっているが、武器を取ればしっかり戦ってくれる) 慈悲:(だが、屋上へ向かう階段をあがればあがるほど、なぜか、私の中の不安は膨れ上がる) 慈悲:(やがて、その不安は、目の前に移った光景を見て、現実と化してしまった) 慈悲:姫……様? ティナ:……あぁ、あぁ……あ 輪廻:そう、そうだよ、それでいいんだよ 慈悲:輪廻…… 慈悲:何をしている? 輪廻:あぁ、慈悲さん。早かったね 輪廻:そりゃそうか。だって僕と同じ、名前付きか 慈悲:姫様に何をしている!! 輪廻:思い出させてあげてるんだよ 輪廻:お嬢様、僕の事忘れちゃったから 慈悲:その術は……なんだ? 輪廻:黒術(こくじゅつ)だよ。これを使って、ティナお嬢様の記憶を呼び起こしてるんだ 輪廻:こうやって……さぁ! ティナ:あ、ぁぁ! あああ! 慈悲:辞めろぉぉおお!!! 0:慈悲はすかさず剣を抜き、輪廻に斬りかかる 輪廻:なんだよなんだよ! ティナお嬢様に手を出すなって!? 慈悲:お前は! いち個人の為に傷つけるのか!! 慈悲:禁忌(きんき)の術を使ってまでして! 輪廻:あんた……何にも見えてないんだな 慈悲:何……!? 輪廻:お嬢様が記憶を失ったのは、階級の高い人間たちに傷つけられた 輪廻:この神帝国の、上層部だ 慈悲:っ……上層部が……? 輪廻:ああ。この人が再び僕の前に現れた時、それはそれは「どなた?」って言われたよ 輪廻:もう最悪だ……ああ、最悪だよ!! 輪廻:お前にこの気持ちがわかるか!? ええ!? 慈悲:……くっ! 輪廻:念槍術(ねんそうじゅつ) 第10番 輪廻:「ラン・スケルト」! 慈悲:……がぁぁぁっ! 輪廻:あんたが、たまたまこの第4支部を担当する名前付きってだけでよ 輪廻:お嬢様の隣に居やがって…… 輪廻:見ていてずっと、嫌な気分だったよ……! 輪廻:だからついでだ。ここで息の根を止めてやるよ 狼護:慈悲さん! 輪廻:でしゃばんじゃねえよ……大和の犬が!! 輪廻:黒術(こくじゅつ) 第20番 輪廻:闇獣招来(あんじゅうしょうらい) 狼護:なんだこいつら……? 黒い獣か? 輪廻:せいぜいそいつらと遊んでろよ。お似合いだろ、お前には 狼護:はっ、イキな表情してることで。あんたのペット、教育がよくされてますなぁ  慈悲:狼護! 狼護:大丈夫っすよ。こいつらぶっ倒して、ティナお嬢様のところまで向かいます 狼護:ま、こっちは任せてくださいな 慈悲:……すまない。私は……輪廻を 輪廻:あれ? もう協力しちゃってんすかぁ!? 大和の人間なのに?  輪廻:もしかして、ティナお嬢様が言ってる事に納得しちゃった? お花畑なんかみて!? ロマンスもここまでくると反吐がでるな! 慈悲:……お前は、姫様を大切に思っているんだろう……? 慈悲:その行為が、彼女のためになっているのか!? 輪廻:分かったような口を聞くな! 輪廻:あんたと僕じゃ、お嬢様と居た時間は全然ちがう 輪廻:一部分しか見えてない奴が、隣にたってんじゃねえよ! 慈悲:いいや! それでも! 慈悲:私に言った数々の言葉は、花を愛していた姫様の姿は、本物だ! 輪廻:その姿が例え、自分の苦しい記憶を忘れているとしてもか!? 慈悲:だからといって……姫様の悲しい顔を見せてまですることか……!! 輪廻:説教するなよ! 慈悲さぁん! 輪廻:さっきから上から目線ばっかりでさぁ……! 輪廻:いくら先に、名前付きになったからって、調子に乗るんじゃねえよ……! 慈悲:っ! 輪廻:念槍術(ねんそうじゅつ) 第4番 輪廻:「キネルトラスト」! 慈悲:……槍が、湾曲して! どこだ!? 輪廻:後ろ後ろぉ! 慈悲:っ……がぁっ!  輪廻:ほらぁ、反応ができてない 輪廻:それもそうか。いっぱしの騎士団兵とおんなじ事しかできないもんなぁ 慈悲:……真っ直ぐ来たかと思えば、横から、後ろからも来る……! 慈悲:……いつ時も厄介だ、お前の術は……! 輪廻:だから色々対応策を考えてたんだよねぇ。なんか、氷連術(ひょうれんじゅつ)も習得してましたっけ? 輪廻:でも、聖典さんと比べたら中途半端! 何にも得られていない! 輪廻:つまり……あんたは雑魚でしかないんですよ、慈悲さん 輪廻:ただの騎士団兵と変わらない 慈悲:……ぐっ 輪廻:ティナお嬢様には、あんたが裏切り者に殺されたって言っておくよ 輪廻:そして、裏切り者は大和を使って、お嬢様を消そうとしたと報告する 輪廻:最後は全部、僕が始末したってね……! 0: 0: 0:一方、狼護は、輪廻が召喚した黒い獣たちを倒していた 狼護:風闘術(ふうとうじゅつ) その七 狼護:旋牙風走脚(せんがふうそうきゃく)! 0:狼護は目然にいる黒い獣を、風を纏った脚で攻撃する 狼護:こいつを倒したら、ティナさんに手が届く……! ティナ:……ぁ、ぁ…… 狼護:ティナさん……!聞こえますか!? ティナ:……あ……ぁ……ぅ。うぅあ…… 狼護:……っ。駄目だ……呼びかけても、反応がない ティナ:……ア、ル………。ロテ、リ……オ 0:ティナは嗚咽を漏らし、目を閉じて気絶する 狼護:この人が……こんな顔するなんてな…… 狼護:……これじゃ……殆ど俺達と変わらねえよ…… 0: 輪廻:じゃ、さよなら、慈悲さん 輪廻:あんたとの腐れ縁も、ここまでだ……! 0:輪廻が慈悲を、槍で刺そうとした 輪廻:っ……? ……止め、られた? 慈悲:……白術(はくじゅつ) 第1番 慈悲:「ホーリーバリア」 輪廻:……白術(はくじゅつ)、だと? 輪廻:なんであんたが、そんな術……! 慈悲:黒と相対する、白き術、とても習得できるものでないと思っていたが 慈悲:やっと、まともに出せるようになったか 0:慈悲は剣を白く光らせると、辺りが白い霧のような何かに包まれた 輪廻:っ!? 視界が……! 輪廻:くそ……なんだ、なんだこれ?!  輪廻:周りが……白く!? 0: 0: 慈悲:白(しろ)へ授(さず)けよ 慈悲:聖(せい)なる守護(しゅご)を尊(とうと)い、その命(めい)を 慈悲:永久(えいきゅう)の天王(てんおう)へ返還せん 慈悲:白術(はくじゅつ) 第20番 慈悲:白魔 天生抗(はくま てんせいこう) 0: 0:瞬間、輪廻の身体を白く大きな光が突き抜けた 輪廻:ぐ、がぁぁぁっ!! 0: 慈悲:……ここまでだ 輪廻:っ、くそ、くそ、くそがぁぁぁ! 輪廻:念槍術(ねんそうじゅつ)、第……! 狼護:風闘術(ふうとうじゅつ) その十 狼護:駆風疾爪(かふうしっそう)! 0:狼護は風の爪で、駆け抜けるように、輪廻を攻撃した 輪廻:ぐっ……がぁっ! 狼護:他の黒い獣は片付けやした。さっきのは、やられた借りです 輪廻:クソ犬がぁぁぁっ……! 慈悲:姫様は? 狼護:意識を失ってるけど、怪我はなし 慈悲:そうか……助かった 0:慈悲は狼護にそう言った後、倒れている輪廻に近づく 慈悲:まだやるか? 輪廻 輪廻:なんだよ? その顔 慈悲:……姫様なら。いや 慈悲:私の中にある、騎士道精神に従って、選択をするだけだ 慈悲:輪廻、お前に「慈悲(じひ)」をくれてやる 慈悲:このまま殺さずに捕らえる。命をもって、罪を償え 輪廻:……はは、ははは! 輪廻:何もかも忘れた姫様なんかの言葉に、影響なんか受けちゃって 輪廻:あんた……マジで嫌いだよ キリア:あっちゃー。 滅茶苦茶押されてるじゃーん 輪廻くん 狼護:っ? 誰だ? キリア:あー、気にしなくていいですよ~ん! すぐ退散するから~! 輪廻:……キリア、いつの間に 慈悲:キリア……?  キリア:どうも。名前付き候補だった騎士のキリアたんでーす!  今は訳あっていないんだけど~、そこんとこよろしくー! 慈悲:そうだ……確か、失踪したと耳に入っていたが…… キリア:慈悲くんは、はじめましてかな? ふむふむ、輪廻くんと同じくらいの年齢かな? か~わいい 慈悲:……お前たち。まさか二人とも、「裏切り者」側か? キリア:ピンポーン! 慈悲くんに50点プレゼント~!  キリア:……黒術(こくじゅつ) 第20番 キリア:闇獣招来(あんじゅうしょうらい) 狼護:こいつは……さっきとおんなじ黒い獣……でも、なんだ? 数が全然違うじゃあないですか 狼護:……相当、魔力を持っておられる、と キリア:あれ? ワンコ君、褒めてくれるの~? 嬉しいぴょい! キリア:まぁ。輪廻君も頑張ってたけどね! ちょっと詰めが甘かったかな? キリア:……ってことで、とりあえず、動かないでもらえると嬉しいんだけど~ 慈悲:狼護、油断するな! 狼護:分かって……。 っ? キリア:あら? 輪廻く~ん。彼女、起きてるけど~?  輪廻:うるさいな……言われなくても、「仕事」はすんでるって……。……? ティナ:……っ 慈悲:姫様!  ティナ:ここは? 狼護:ティナさん? ティナ:あなたは? 慈悲:えっ……? 0:ティナは、慈悲と、狼護、そしてキリアと、輪廻の目を見たあと、そういった ティナ:あなたたちは、誰? 輪廻:……は? 輪廻:……待てよ、おい。こんな、こんなことになるなんて、聞いてないぞ……! キリア:うーん、そうね……。浮憶回出(うおくかいしゅつ)は、その人の、刺激の強ーい記憶を引っ張り出す術。記憶障害にまではならないはず 輪廻:じゃあなんで! キリア:もしかしたら、記憶「そのもの」のショックが、あまりに大きかったのかも 輪廻:……なんだ、それ キリア:だって、その経験があったから、君の事、忘れてたわけでしょ?  輪廻:……そんな 輪廻:これじゃ……僕のことを……思い出せないまま キリア:落ち込まないの~、輪廻君。はい、帰るよー キリア:黒術 第8番「冥楼(めいろう)」 慈悲:っ! 待て! 狼護:……黒い霧になって、消えた……二人とも ティナ:……何か、あったのですか? 慈悲:……姫様 ティナ:……申し訳ありません ティナ:姫様、と言われても、何も、わからなくて 狼護:(ティナさんは、終始、どこか途方に暮れたような顔で、ふつふつと言葉を紡いでいた。その姿は、俺が最初に見た時とは、どこか違う) 慈悲:……っ! 狼護:(その隣で、慈悲さんは、血がにじみ出そうなくらい、自分の手を握っていた) 狼護:(そして、激しい感情が静まったあとは) 狼護:(必ず、悲しみが訪れる)  0: 狼護:……慈悲さん 慈悲:分かっている 慈悲:でも、そうやすやすと、受け入れられるか…… 0:しばらくの間 狼護:……っ、そうだ 慈悲:……なんだ? 狼護:お花畑、行ってみませんか? 慈悲:…? 狼護:なにをいってんだって思うけど。ほら、ティナさん、花が好きじゃないですか 狼護:そうした方が、いい気がして ティナ:……お花畑? この近くに、あるの? 慈悲:……っ。……はい 慈悲:とても綺麗な、お花畑があります 0: 0: 0: 慈悲:(夕方になって、ここの花は変わらない) 慈悲:(私の中が、どんな心持ちだったとしても) 慈悲:(景色の感想とは……自分の心によって、変わるもの、なのかもしれない) 慈悲:(そう思っていると、姫様はすかさず、お花畑のほうへ向かっていく) ティナ:わぁ…! きれい! 狼護:っ、ティナさん? 狼護:ちょい……あ、行っちまった 0:ティナは目をキラキラさせてお花畑へかける 狼護:……きらきらしてますな、ティナさん 慈悲:そうだな。……記憶を失っても、姫様は……変わらない。 ティナ:こんなにお花が咲いているなんて…! ティナ:ねぇ、見てロテリオ! あそこの花、とても赤くてきれい…! 慈悲:……! 狼護:ロテ、リオ……? 慈悲:……私の、本当の名前だ 狼護:それって……! ティナ:…あれ? ティナ:今、私は……? 慈悲:…っ 0:少しずつ、慈悲から嗚咽が漏れはじめる 慈悲:そういうところは……本当に、お変わりないのですね…… ティナ:ごめんなさい。私、ここの事を、殆ど覚えていなくて ティナ:もし良ければ……どんな場所なのか、教えてくれますか? 慈悲:……ここは、色とりどりの花が咲く場所です 慈悲:でも、どんな花が咲いても、周りの花同士が調和して、一つのお花畑として成り立っている。 慈悲:時が経つにつれて、もしかしたら違う花も咲くかもしれません。そうなれば、また景色が変わっていき、違う形になる 慈悲:そしてその都度、違う感想を持つことができるんです ティナ:……素敵ですね ティナ:あなたは……ここが好きなのですか? 慈悲:……はい 慈悲:まだ、好きな花は見つけられていませんが 慈悲:とても、とても…………大切な場所です………… 0: 輪廻:…… キリア:輪廻君、すごーい不機嫌 輪廻:だったら? キリア:別にさ、記憶が一生、なくなるわけじゃないんだから 輪廻:……何がわかる キリア:むぅ、つめた~い。ウィルの氷連術並みに冷たいよ、その態度。ぷんぷん! キリア:……それで? 頼りになる情報はあった? 輪廻:……気になる名前が出てきた、そんだけ キリア:ご苦労様、十分でございますよー。あとで、ナデナデしてあげよっか? キリア:あーでも、輪廻くんは、ティナお姫様のほうがいいか。幼馴染なんだよね? それだと流石に私じゃ勝てないかな、なーんて! あっはははは! 0:キリアの楽しそうな笑みがこだました後、再び黒い霧に包まれ、どこかへ消えた 0: 狼護:…… 慈悲:ありがとう、狼護 狼護:急に改まって、どうしちまいました? 狼護:俺、あんたを殺そうとしてたんですよ?  0:狼護は冗談交じりに笑って、慈悲に言葉を返す 狼護:……そんな奴をわざわざ、見送りまでしてくれるなんざ、前代未聞ってやつですな、これは 慈悲:確かに、他の名前付きや、騎士から見たら、狼護と同じ感想を抱くかもな 慈悲:でも、お前はお前なりの気持ちがあり、思いがあり、ここに来た 慈悲:そこには敬意を払いたい 狼護:ははっ。さすがナイト様 狼護:あんた達と、会えて良かった 慈悲:こちらもだ 狼護:……んじゃ、俺は行きますわ 慈悲:これからどうするんだ? 例の……灼炎の焔と、合流するのか? 狼護:そうですなぁ……このまま戻るか、どうするか 狼護:今殿下と会ったら「どの面下げて来た」なんざ、言われちまいそうで 慈悲:そうだろうか。きっと、その焔殿は分かってくれると思うぞ 狼護:へ? 慈悲:姫様と似てるんだろ? 狼護:……まぁ、俺の感覚になっちまいますが、ね 狼護:そういえば、その、「裏切り者」でしたっけか? そっちはいかがで? 慈悲:その件だが、私もどう動いたものかわからない 慈悲:……輪廻が言うには、姫様は、暴力を振るわれていた 慈悲:それを無理やり掘り起こした輪廻を、許したわけではない 慈悲:ただ、最初に姫様に危害を加えたのは、神帝国の……上層部たちというのが、信じられなくてな 狼護:……そうですよな、そりゃ。自分の国なんですから、なおさらか 慈悲:まだ私自身……整理ができない……この件はひとまずおいておく 慈悲:とりあえず、最低限の報告はしておかないとな…… 慈悲:あと、狼護。お前の件だが「ならず者に襲撃を受けたが、すみやかに撃退した」と、言っておく。お前の名前は出さない。心配するな 狼護:いいんですか? そんな大サービス 慈悲:構わない。私の騎士道精神に従って、決めたことだ 狼護:はは……こりゃぁ、騎士道精神も、舐めたもんじゃないですな 慈悲:精神「も」? ということは、お前たちにも似たようなものがあるのか? 狼護:一応、あります。「大和の魂」っていう、ね 慈悲:大和の魂……いい響きだな 狼護:そんな大したもんじゃないです 狼護:……お世話になりやした 慈悲:礼などいらない。もし焔殿がこちらにも来たら、事情を説明しておく 狼護:ありがとうございます 慈悲:では……さらばだ。大和の戦士よ 狼護:ええ。もし会えたら、どこかで、また 0:互いに握手を交わした