台本概要

 130 views 

タイトル  CR URUUUU
作者名 ボナ@桜華
ジャンル コメディ
演者人数 5人用台本(男2、女2、不問1)
時間 20 分
台本使用規定 非商用利用時は連絡不要
説明 世界初!ぱちんこ声劇爆誕!
うるう年生まれの劇廃タマちゃんは、ひょんなことからパチンコ初体験をすることに・・・

 130 views 

キャラ説明  

名前 性別 台詞数 説明
タマ 66 お玉ちゃん。うるう年生まれの女の子。年齢不詳。劇廃。日課の散歩中にパチンコ屋の景品に魅了されてしまった。みんなのアイドル。
店員 35 パチンコ屋『ボイコネ』の店員。湯太郎。28歳。先日主任に昇格した。真面目。几帳面。世話焼き。絵にかいたようないい人。ホールのアイドル。
イク 27 イク・ギョウジ。22歳。ギョウジ家の長女。政略結婚が嫌で暗黒魔界騎士舞踏会に出場した。幼馴染のカズと付き合っている。チート級に強い。舞踏会のアイドル。
カズ 29 カズ・ペヤング。20歳。魔界騎士見習い。四年に一度開催される暗黒魔界騎士舞踏会に、恋人のイクちゃんの反対を押しのけて来た。 魔界のアイドル。
うるう 不問 38 CR URUUUの役物。効果音。音響が口と手から流れ出る。目が光るとボーナス濃厚。パチンコ界のアイドル ユダちゃんの次に人気がある。
※役をクリックするとセリフに色が付きます。

台本本編

文字サイズ
0:『CR URUUU』 0:  0:  0:  タマ:お玉ちゃん。うるう年生まれの女の子。年齢不詳。劇廃。 タマ:日課の散歩中にパチンコ屋の景品に魅了されてしまった。 タマ:みんなのアイドル。 0:  店員:パチンコ屋『ボイコネ』の店員。湯太郎。28歳。先日主任に昇格した。 店員:真面目。几帳面。世話焼き。絵にかいたようないい人。 店員:ホールのアイドル。 0:  カズ:カズ・ペヤング。20歳。魔界騎士見習い。 カズ:四年に一度開催される暗黒魔界騎士舞踏会に、恋人のイクちゃんの反対を押しのけて来た。 カズ:魔界のアイドル。 0:  イク:イク・ギョウジ。22歳。ギョウジ家の長女。政略結婚が嫌で暗黒魔界騎士舞踏会に出場した。 イク:幼馴染のカズと付き合っている。チート級に強い。 イク:舞踏会のアイドル。 0:  うるう:CR URUUUの役物。効果音。音響が口と手から流れ出る。 うるう:目が光るとボーナス濃厚。 うるう:パチンコ界のアイドル きさらちゃんの次に人気がある。 0:  0:↓ここから本編です 0:  タマ:はぁはぁ……。(走っている) タマ:私の名前はタマ! めっちゃ声劇と猫が好きな女の子! 今日も日課の散歩……。  タマ:という名の走り込みだ! 風が、きもちいいい! タマ:私は風よ! うふふふふ。 タマ:そんな私は、うるう年生まれ……。そう。2月29日生まれ…。 タマ:四年に一度しか、私の誕生日はない。見た目80歳だとしても、二十歳だ……。 タマ:……。やった♡お得ぅぅ♡ タマ:そう。私はポジティブな女の子なの。 タマ:でも誕生日プレゼントを貰える回数が減るのは…やだな…ぴえん。 うるう:プレゼントが欲しいか?  タマ:え? 何? この声?  うるう:チカラが欲しいか? タマ:脳内に直接……う…ううう。 うるう:プレゼントが欲しいか、チカラが欲しいか、どっちなんだい?☆ タマ:プレゼント! プレゼントを所望しますぅぅ! うるう:ならば…勝ち取ってみせよ…ははははははは。 タマ:き…消えたわ…。なんだったのかしら…。声劇しすぎかな……ぴえん。 タマ:そうだ! もっと声劇しよ♡ タマ:そう。私は逆療法で自分を追い込むタイプの女の子なの。 イク:にゃーーーん(かわいく) タマ:え? おニャン子の声!? イク:にゃーーーん。んにゃーーーーん。にゃーーーーん。(かわいく) タマ:ううわぁぁ!なにこれ!子猫の宝石箱やん! 0:タマ、猫の置物をつんつんする。 タマ:つんつん。 イク:にゃんにゃん。 タマ:つんつんつんつんつん。 イク:にゃんにゃんにゃんにゃん。 タマ: つんつんつんつんつん つんつんつんつんつん。 カズ:とう~きゅう。たかしまや~。ジャスコ!ジャスコ!ジャスコ晦日市(みそかいち)!はああ!  タマ:ううわぁぁ! なにこれ! おもしろーい!  つんつんつんつんつん。 カズ:ジャスコ! ジャスコ! ベーコンエッグダブルバーガー!! 店員:お客様ーー。 タマ: つんつんつんつんつん イク:にゃーーーーん。にゃーーーーん。 カズ:ジャスコ! ジャスコ! 店員:お客様ーーーー。 タマ:はっ!! 私は何を……。この名状しがたき猫の置物…。欲しすぎるわ……。 店員:お客様ー。そちらは当店の景品、URUUU君です。欲しいのであれば、当店で遊んで頂きまして… タマ:やるわ! あたし。やるわ! 店員:あ、はい。お早い決断に戸惑いを隠せませんが、では店内にどうぞ。 タマ:待ってて! あたしのURUUU君!! 0:タマと店員、店内に入る タマ:あの…わたし…パチンコやったことないんですが……。 店員:お客様ー。まずはお金を入れて頂いて玉を出しますぅ。 タマ:あ、はい!お金入れました! 店員:ハンドルを握りまして、回しますぅ。 タマ:はい! 回しますぅ。 うるう:店員さんを呼んでください。 店員さんを呼んでください。 タマ:え? 何? 店員さん! 呼ばれてますよ! 店員:お客様ー。それはハンドルではございませんー。うるう役物でございますぅ。 タマ:こっちかぁ! ハンドルを回す!  うるう:ハンドルを戻して下さい。ハンドルを戻して下さい。 店員:お客様ー。力加減マックスすぎますぅ。真ん中のスタートチャッカー。通称ヘソに入る程度で、よろしくお願いしますぅ。 タマ:はい!! コーチ! 店員:お客様ー。違いますぅ。普通の店員より少し偉い者ですぅ。 タマ:あ! なんか画面が動き出した! うるう:プッシュだ! タマ:え!? プッシュ? はい!11 0:タマ、全力で台を押す! うるう:店員さんを呼んでください。 店員さんを呼んでください。 タマ:え? 何? 店員さん! また呼ばれてますよ! 店員:お客様ー。押すのは真ん中のボタンでございますぅ。台を押すと台無しですぅ。 タマ:あらやだ。お上手だこと。 店員:ありがとうございますぅ。 うるう:りーーーーーち タマ:え! 何? 当たるの? イク:ごめんねぇlー。 店員:お客様ー。はずれでございますぅ。 タマ:そうよね。そんな簡単に当たらないわよね。知ってたわ。 タマ:そう。私は理解力と女子力を合わせ持つ女の子なの。 うるう:りーーーーーち カズ:プッシュだ! タマ:はい! ボタンを…押す! カズ:俺の名はカズ! イク:プッシュよ! タマ:はいいい!押すうう! カズ:カズ・ぺヤングだ!! うるう:ぱきーーーん! タマ:なんか豪華絢爛な襖がぁ!しまった!コーチ!! 店員:お客様ー。期待度10パーセントの金襖でございますぅ。 店員:あとお客様ー。私は普通の店員より少し偉い店員でございますが、この際コーチで結構でございますぅ。 カズ:俺はイクに会いたいんだ! うるう:ならぬ。貴様のような、どこの馬の骨とも分からん奴にうちの娘はやらん! カズ:会わせろ! うるう:帰れー カズ:会わせろ! うるう:帰れー。 タマ:何かがはじまったわ!! 店員:お客様ー。カズが無事にイクちゃんに出会えれば当たりでございますぅ。 タマ:え! そうなんですか! がんばれ! カズ!! カズ:冗談じゃねぇぞ! このやろぅぅぅ! タマ:いっけー!!! うるう:帰れーーー。 イク:プッシュよ! タマ:ボタンを・・・押す!! うるう:黙れ!小僧! カズ:ち…ちくしょうー! タマ:えーー! 外れ? イク:ごめんねぇl。 店員:お客様ー。まだ諦めるのは早いですよ! うるう:うるうチャーンス! お好きなナイトを選んでください。 イク:いざ!  カズ:いざ! うるう:いざ!  うるう:とぅるるるるるっるるっるるるる(ルーレットぽく) タマ:ボタンを…押す! イク:あたしの道は、あたしが決めるわ! 店員:おおお! イクちゃん! イクちゃんは、ほぼ大当たり濃厚ですよ! タマ:やったぁぁぁ! URUUU君! 待ってて! うるう:対戦相手は・・・・・・・・ 0:少し間 うるう:カズゥゥゥゥペェェヤングゥゥゥゥ!! カズ:魔界騎士に、俺はなる! 店員:あちゃ~。滅多に来ないのが来ましたね。 タマ:え?! どうゆうことですか? 店員:イクちゃんは、彼氏にだけは弱いんですよ…。 タマ:えええ!付き合ってるの!? イク:きゃああ! カズ:俺は…カズ・ぺヤングだ!! イク:ごめんねぇl。 タマ:…… 店員:お客様ー。心中お察し申し上げますぅ。 タマ:ふんっ! (台を殴る) うるう:店員さんを呼んで下さい。店員さんを呼んで下さい。 タマ:店員さん。呼ばれてますわよ。ほほほほほほ。 店員:あらあら。お客様ったら、はしたないですわよ。ほほほほほほほ。 うるう:店員さんを呼んで下さい。店員さんを呼んで下さい 0:  0:一時間後 0:  タマ:ぜぇんぜぇん当たらないぃぃぃ! タマ:一時間くらいかなぁ…。いったい!いつ当たるのかなぁ!? 店員:お客様ー。脳内の声が駄々洩れしておりますぅ。 うるう:りーーーーーち! タマ:はぁ…。どうせ外れ(るのよ。このクソ台!マジでぶっ壊してやろうかしら) 店員:(かぶせて)お客様ー! これは熱いかも知れませぬぅ! タマ:えええ! イク:もう一回! タマ:え? 何? 何が起きてるの? うるう:りーーーーーち!  カズ:プッシュよ!(おねぇ口調で) 店員:カズ子さんプッシュですよ! これは熱い! タマ:ボタンを…押す!! イク:もう一回よ! カズ:もう一回だ! うるう:もう一回でごわす! 店員:うるう役物が振動してますぞ!! タマ:ああああああああ!すんごい!すんごい震えるわ! うるう:りーーーーーち! イク:ボタンを! 押せーーー! タマ:ボタンを…押すぅぅぅ!! カズ:げきあつぅぅぅぅぅぅ!!! うるう:ぱきーーーん! タマ:でたぁぁぁ! 毎度おなじみ豪華絢爛な襖ぁぁぁ!! 店員:いや! まだですぞ! うるう:かん! かん! ぶわぁぁぁぁ! イク:にっこり。うふふふふ。 カズ:天下無双の大傾奇! カズ・ペヤングにてござ候! タマ:なんかぴちぴちのスーツ着たイクちゃんと! ド派手な衣装の侍がぁぁ! 店員:これは期待度50パーセントの演出ですぞぉぉ! タマ:URUUU君! 今度こそ! 迎えに行くからぁ! 待っててねぇぇ!! うるう:最終決戦! 暗黒舞踏会! 開幕ぅぅ! 店員:これは…本機最強リーチ演出! 暗黒舞踏会! うるう:(次の台詞まで、それっぽいBGMを歌う) カズ:イク! どうしてお前が!? イク:あはははは! 壊れちゃえ! みんな壊れちゃえ! カズ:くそぅ! 暴走している…。倒すしかない! イク:だぁぁりぃぃん! あたいと一緒に幸せになるだっちゃ☆ イク:はぁぁぁ! 大・ブッタ切り! ウエディングソーーーード! カズ:く…くそぅ…いくーーー! タマ:店員さん! こ…これって…どっちが勝てば当たりなの? 店員:お客様ー。イクちゃんで、ございますぅぅ。 タマ:えええええええええ! うるう:ぷーん。ぷーーん。チャチャチャーーーー。 うるう:URUUU剣を……ぶちこめぇぇぇ!!! タマ:なんか剣でたぁぁ!! 店員:勝ったな……。 タマ:剣を……おしこむぅぅぅ!! えいい! うるう:ぷすん。 タマ:え? イク:きゃああ!  イク:女の子に手をあげるなんて、最低よ! あたし帰る! ぷい! カズ:俺は…カズ。カズ・ペヤングだっ…! うるう:はいぼくぅぅぅ。 イク:ごめんねぇl。 タマ:あああああああ・・・・・・ 店員:……。 タマ:ごめんねぇl。じゃないわよ! いくら使ったと思ってるのよ! うえええん! 店員:お客様。まだ終わっていませんよ。(イケボで) タマ:ふぇぇ? うるう:ぷちゅうぅぅん(消灯音) タマ:消えた…画面が…消えたわ!! 店員さぁん!! 店員:お客様。全回転ですよ。ははは。(イケボで) うるう:(次の台詞まで祝福ぽい歌を歌う) カズ:暗黒騎士になりたかったのはさ…。たった一つの理由なんだ。 イク:それは何? カズ…教えて…。 カズ:イク…お前を幸せにする為さ…。 イク:カズ……。う…ううっ…(嗚咽) カズ:俺はカズ。カズ・ペヤング。お前を幸せにする者だ…。 イク:ごめんなさい。こんな時どんな顔をすればいいか…分からないの… カズ:笑えばいいと思うよ。 うるう:おめでとう。 イク:おめでとう♡ カズ:おめでとう! 店員:(肩を叩き)お客様。 タマ:はぁい……(泣き声) 店員:おめでとうございますぅぅぅ。 タマ:ありがとうございますぅぅぅ。 0:  0:1時間後 0:  タマ:こうして私は、なんやかんやでスーパーURUUU君人形を手に入れた訳だけど…。 タマ:現金でメロカリとかで買った方が、安かったかも知れない。 タマ:でもお金では買えない思い出と、この私の笑顔は、メロカリでは買えない。 タマ:そう。私は、うるう年生まれの…誰よりもポジティブな女の子なのだから。 タマ:……。 タマ:つんつん♡ イク:にゃーーーーん。にゃーーーーん。 タマ:うふふふ♡つんつん♡ カズ:ジャスコ! ジャスコ! うるう:おしまぁい!

0:『CR URUUU』 0:  0:  0:  タマ:お玉ちゃん。うるう年生まれの女の子。年齢不詳。劇廃。 タマ:日課の散歩中にパチンコ屋の景品に魅了されてしまった。 タマ:みんなのアイドル。 0:  店員:パチンコ屋『ボイコネ』の店員。湯太郎。28歳。先日主任に昇格した。 店員:真面目。几帳面。世話焼き。絵にかいたようないい人。 店員:ホールのアイドル。 0:  カズ:カズ・ペヤング。20歳。魔界騎士見習い。 カズ:四年に一度開催される暗黒魔界騎士舞踏会に、恋人のイクちゃんの反対を押しのけて来た。 カズ:魔界のアイドル。 0:  イク:イク・ギョウジ。22歳。ギョウジ家の長女。政略結婚が嫌で暗黒魔界騎士舞踏会に出場した。 イク:幼馴染のカズと付き合っている。チート級に強い。 イク:舞踏会のアイドル。 0:  うるう:CR URUUUの役物。効果音。音響が口と手から流れ出る。 うるう:目が光るとボーナス濃厚。 うるう:パチンコ界のアイドル きさらちゃんの次に人気がある。 0:  0:↓ここから本編です 0:  タマ:はぁはぁ……。(走っている) タマ:私の名前はタマ! めっちゃ声劇と猫が好きな女の子! 今日も日課の散歩……。  タマ:という名の走り込みだ! 風が、きもちいいい! タマ:私は風よ! うふふふふ。 タマ:そんな私は、うるう年生まれ……。そう。2月29日生まれ…。 タマ:四年に一度しか、私の誕生日はない。見た目80歳だとしても、二十歳だ……。 タマ:……。やった♡お得ぅぅ♡ タマ:そう。私はポジティブな女の子なの。 タマ:でも誕生日プレゼントを貰える回数が減るのは…やだな…ぴえん。 うるう:プレゼントが欲しいか?  タマ:え? 何? この声?  うるう:チカラが欲しいか? タマ:脳内に直接……う…ううう。 うるう:プレゼントが欲しいか、チカラが欲しいか、どっちなんだい?☆ タマ:プレゼント! プレゼントを所望しますぅぅ! うるう:ならば…勝ち取ってみせよ…ははははははは。 タマ:き…消えたわ…。なんだったのかしら…。声劇しすぎかな……ぴえん。 タマ:そうだ! もっと声劇しよ♡ タマ:そう。私は逆療法で自分を追い込むタイプの女の子なの。 イク:にゃーーーん(かわいく) タマ:え? おニャン子の声!? イク:にゃーーーん。んにゃーーーーん。にゃーーーーん。(かわいく) タマ:ううわぁぁ!なにこれ!子猫の宝石箱やん! 0:タマ、猫の置物をつんつんする。 タマ:つんつん。 イク:にゃんにゃん。 タマ:つんつんつんつんつん。 イク:にゃんにゃんにゃんにゃん。 タマ: つんつんつんつんつん つんつんつんつんつん。 カズ:とう~きゅう。たかしまや~。ジャスコ!ジャスコ!ジャスコ晦日市(みそかいち)!はああ!  タマ:ううわぁぁ! なにこれ! おもしろーい!  つんつんつんつんつん。 カズ:ジャスコ! ジャスコ! ベーコンエッグダブルバーガー!! 店員:お客様ーー。 タマ: つんつんつんつんつん イク:にゃーーーーん。にゃーーーーん。 カズ:ジャスコ! ジャスコ! 店員:お客様ーーーー。 タマ:はっ!! 私は何を……。この名状しがたき猫の置物…。欲しすぎるわ……。 店員:お客様ー。そちらは当店の景品、URUUU君です。欲しいのであれば、当店で遊んで頂きまして… タマ:やるわ! あたし。やるわ! 店員:あ、はい。お早い決断に戸惑いを隠せませんが、では店内にどうぞ。 タマ:待ってて! あたしのURUUU君!! 0:タマと店員、店内に入る タマ:あの…わたし…パチンコやったことないんですが……。 店員:お客様ー。まずはお金を入れて頂いて玉を出しますぅ。 タマ:あ、はい!お金入れました! 店員:ハンドルを握りまして、回しますぅ。 タマ:はい! 回しますぅ。 うるう:店員さんを呼んでください。 店員さんを呼んでください。 タマ:え? 何? 店員さん! 呼ばれてますよ! 店員:お客様ー。それはハンドルではございませんー。うるう役物でございますぅ。 タマ:こっちかぁ! ハンドルを回す!  うるう:ハンドルを戻して下さい。ハンドルを戻して下さい。 店員:お客様ー。力加減マックスすぎますぅ。真ん中のスタートチャッカー。通称ヘソに入る程度で、よろしくお願いしますぅ。 タマ:はい!! コーチ! 店員:お客様ー。違いますぅ。普通の店員より少し偉い者ですぅ。 タマ:あ! なんか画面が動き出した! うるう:プッシュだ! タマ:え!? プッシュ? はい!11 0:タマ、全力で台を押す! うるう:店員さんを呼んでください。 店員さんを呼んでください。 タマ:え? 何? 店員さん! また呼ばれてますよ! 店員:お客様ー。押すのは真ん中のボタンでございますぅ。台を押すと台無しですぅ。 タマ:あらやだ。お上手だこと。 店員:ありがとうございますぅ。 うるう:りーーーーーち タマ:え! 何? 当たるの? イク:ごめんねぇlー。 店員:お客様ー。はずれでございますぅ。 タマ:そうよね。そんな簡単に当たらないわよね。知ってたわ。 タマ:そう。私は理解力と女子力を合わせ持つ女の子なの。 うるう:りーーーーーち カズ:プッシュだ! タマ:はい! ボタンを…押す! カズ:俺の名はカズ! イク:プッシュよ! タマ:はいいい!押すうう! カズ:カズ・ぺヤングだ!! うるう:ぱきーーーん! タマ:なんか豪華絢爛な襖がぁ!しまった!コーチ!! 店員:お客様ー。期待度10パーセントの金襖でございますぅ。 店員:あとお客様ー。私は普通の店員より少し偉い店員でございますが、この際コーチで結構でございますぅ。 カズ:俺はイクに会いたいんだ! うるう:ならぬ。貴様のような、どこの馬の骨とも分からん奴にうちの娘はやらん! カズ:会わせろ! うるう:帰れー カズ:会わせろ! うるう:帰れー。 タマ:何かがはじまったわ!! 店員:お客様ー。カズが無事にイクちゃんに出会えれば当たりでございますぅ。 タマ:え! そうなんですか! がんばれ! カズ!! カズ:冗談じゃねぇぞ! このやろぅぅぅ! タマ:いっけー!!! うるう:帰れーーー。 イク:プッシュよ! タマ:ボタンを・・・押す!! うるう:黙れ!小僧! カズ:ち…ちくしょうー! タマ:えーー! 外れ? イク:ごめんねぇl。 店員:お客様ー。まだ諦めるのは早いですよ! うるう:うるうチャーンス! お好きなナイトを選んでください。 イク:いざ!  カズ:いざ! うるう:いざ!  うるう:とぅるるるるるっるるっるるるる(ルーレットぽく) タマ:ボタンを…押す! イク:あたしの道は、あたしが決めるわ! 店員:おおお! イクちゃん! イクちゃんは、ほぼ大当たり濃厚ですよ! タマ:やったぁぁぁ! URUUU君! 待ってて! うるう:対戦相手は・・・・・・・・ 0:少し間 うるう:カズゥゥゥゥペェェヤングゥゥゥゥ!! カズ:魔界騎士に、俺はなる! 店員:あちゃ~。滅多に来ないのが来ましたね。 タマ:え?! どうゆうことですか? 店員:イクちゃんは、彼氏にだけは弱いんですよ…。 タマ:えええ!付き合ってるの!? イク:きゃああ! カズ:俺は…カズ・ぺヤングだ!! イク:ごめんねぇl。 タマ:…… 店員:お客様ー。心中お察し申し上げますぅ。 タマ:ふんっ! (台を殴る) うるう:店員さんを呼んで下さい。店員さんを呼んで下さい。 タマ:店員さん。呼ばれてますわよ。ほほほほほほ。 店員:あらあら。お客様ったら、はしたないですわよ。ほほほほほほほ。 うるう:店員さんを呼んで下さい。店員さんを呼んで下さい 0:  0:一時間後 0:  タマ:ぜぇんぜぇん当たらないぃぃぃ! タマ:一時間くらいかなぁ…。いったい!いつ当たるのかなぁ!? 店員:お客様ー。脳内の声が駄々洩れしておりますぅ。 うるう:りーーーーーち! タマ:はぁ…。どうせ外れ(るのよ。このクソ台!マジでぶっ壊してやろうかしら) 店員:(かぶせて)お客様ー! これは熱いかも知れませぬぅ! タマ:えええ! イク:もう一回! タマ:え? 何? 何が起きてるの? うるう:りーーーーーち!  カズ:プッシュよ!(おねぇ口調で) 店員:カズ子さんプッシュですよ! これは熱い! タマ:ボタンを…押す!! イク:もう一回よ! カズ:もう一回だ! うるう:もう一回でごわす! 店員:うるう役物が振動してますぞ!! タマ:ああああああああ!すんごい!すんごい震えるわ! うるう:りーーーーーち! イク:ボタンを! 押せーーー! タマ:ボタンを…押すぅぅぅ!! カズ:げきあつぅぅぅぅぅぅ!!! うるう:ぱきーーーん! タマ:でたぁぁぁ! 毎度おなじみ豪華絢爛な襖ぁぁぁ!! 店員:いや! まだですぞ! うるう:かん! かん! ぶわぁぁぁぁ! イク:にっこり。うふふふふ。 カズ:天下無双の大傾奇! カズ・ペヤングにてござ候! タマ:なんかぴちぴちのスーツ着たイクちゃんと! ド派手な衣装の侍がぁぁ! 店員:これは期待度50パーセントの演出ですぞぉぉ! タマ:URUUU君! 今度こそ! 迎えに行くからぁ! 待っててねぇぇ!! うるう:最終決戦! 暗黒舞踏会! 開幕ぅぅ! 店員:これは…本機最強リーチ演出! 暗黒舞踏会! うるう:(次の台詞まで、それっぽいBGMを歌う) カズ:イク! どうしてお前が!? イク:あはははは! 壊れちゃえ! みんな壊れちゃえ! カズ:くそぅ! 暴走している…。倒すしかない! イク:だぁぁりぃぃん! あたいと一緒に幸せになるだっちゃ☆ イク:はぁぁぁ! 大・ブッタ切り! ウエディングソーーーード! カズ:く…くそぅ…いくーーー! タマ:店員さん! こ…これって…どっちが勝てば当たりなの? 店員:お客様ー。イクちゃんで、ございますぅぅ。 タマ:えええええええええ! うるう:ぷーん。ぷーーん。チャチャチャーーーー。 うるう:URUUU剣を……ぶちこめぇぇぇ!!! タマ:なんか剣でたぁぁ!! 店員:勝ったな……。 タマ:剣を……おしこむぅぅぅ!! えいい! うるう:ぷすん。 タマ:え? イク:きゃああ!  イク:女の子に手をあげるなんて、最低よ! あたし帰る! ぷい! カズ:俺は…カズ。カズ・ペヤングだっ…! うるう:はいぼくぅぅぅ。 イク:ごめんねぇl。 タマ:あああああああ・・・・・・ 店員:……。 タマ:ごめんねぇl。じゃないわよ! いくら使ったと思ってるのよ! うえええん! 店員:お客様。まだ終わっていませんよ。(イケボで) タマ:ふぇぇ? うるう:ぷちゅうぅぅん(消灯音) タマ:消えた…画面が…消えたわ!! 店員さぁん!! 店員:お客様。全回転ですよ。ははは。(イケボで) うるう:(次の台詞まで祝福ぽい歌を歌う) カズ:暗黒騎士になりたかったのはさ…。たった一つの理由なんだ。 イク:それは何? カズ…教えて…。 カズ:イク…お前を幸せにする為さ…。 イク:カズ……。う…ううっ…(嗚咽) カズ:俺はカズ。カズ・ペヤング。お前を幸せにする者だ…。 イク:ごめんなさい。こんな時どんな顔をすればいいか…分からないの… カズ:笑えばいいと思うよ。 うるう:おめでとう。 イク:おめでとう♡ カズ:おめでとう! 店員:(肩を叩き)お客様。 タマ:はぁい……(泣き声) 店員:おめでとうございますぅぅぅ。 タマ:ありがとうございますぅぅぅ。 0:  0:1時間後 0:  タマ:こうして私は、なんやかんやでスーパーURUUU君人形を手に入れた訳だけど…。 タマ:現金でメロカリとかで買った方が、安かったかも知れない。 タマ:でもお金では買えない思い出と、この私の笑顔は、メロカリでは買えない。 タマ:そう。私は、うるう年生まれの…誰よりもポジティブな女の子なのだから。 タマ:……。 タマ:つんつん♡ イク:にゃーーーーん。にゃーーーーん。 タマ:うふふふ♡つんつん♡ カズ:ジャスコ! ジャスコ! うるう:おしまぁい!