台本概要

 343 views 

タイトル 募る想い
作者名 むち  (@muchi_milk_game)
ジャンル ラブストーリー
演者人数 1人用台本(不問1)
時間 10 分
台本使用規定 非商用利用時は連絡不要
説明 一人読み台本です。
朗読練習にもどうぞ!

片想いでも
両想いでも
目を通して下さった
演者様が想うそのままの気持ちで
読んでみてくれたら嬉しいです。

※一人称や言い回しの変更はご自由にどうぞ!

 343 views 

キャラ説明  

名前 性別 台詞数 説明
不問 22 演者様の性別不問です。一人称、言い回し変更可能。
※役をクリックするとセリフに色が付きます。

台本本編

文字サイズ
A:寂しい。 A: A:いっぱいあなたを感じて A: A:いっぱいあなたを補給して A: A:よし。大丈夫。もう寂しくない! 0: A:・・って思ってたのに、 A: A:ひとりになるとやっぱり寂しい。 0: A:もっと傍に感じたい A: A:もっと、ずっと、ずーっと。 0: A:眠るときに A: A:隣に居て欲しい。 A: A:おやすみ って優しく頭を撫でて。 0: A:一日の終わりに最後に居る人は A: A:あなたがいいの。 0: A:そして目が覚めたら A: A:一番最初に目に映るのは A: A:あなたがいいの。 0: A:おはよう って A: A:その一日の始まりに A: A:一番最初に耳にする音は A: A:あなたの優しい声が良いの。 0: A:そしてまた A: A:愛おしそうに A: A:わたしを見て欲しい。 0: A:もっとわたしを求めて欲しい。 A: A:嫌になるくらいに、もっと、強く。 0: A:あなたと心を重ねて A: A:一緒に生きていきたい。 0: A:いつか終わりが来る、その*瞬間《とき》まで。 0: A:その*瞬間《しゅんかん》さえも、 A: A:どうか、あなたに、 A: A:傍に居て A: A:手を繋いでいてほしい。 0: A:あなたの頭の中が A: A:わたしだけで A: A:埋めつくせたらいいのに。 0: A:もっとわたしでいっぱいにして。 0: A:そう思ってしまうほどに A: A:あなたを想っている。 0: A:だから、寂しいの。 0: A:離れる時間は A: A:何度経験したって A: A:胸が苦しい。寂しい。 A: A:涙が出るんだよ。 0: A:でも、言えない。 A: A:そんな気持ちをぎゅっと握りつぶして A: A:出来るだけ明るく A: A:うん、またね。 A:って。 0: A:いま離れたばかりなのに A: A:もう声が聴きたい、顔が見たい。 0: A:あなたの匂いを A: A:あなたの息を A: A:あなたの温度を A: A:あなたの全てを A: A:記憶の中に閉じ込めて。 0: A:次にまた会える時まで A: A:寂しさに支配されないように。 0: A:大切に A:あたためる想い、

A:寂しい。 A: A:いっぱいあなたを感じて A: A:いっぱいあなたを補給して A: A:よし。大丈夫。もう寂しくない! 0: A:・・って思ってたのに、 A: A:ひとりになるとやっぱり寂しい。 0: A:もっと傍に感じたい A: A:もっと、ずっと、ずーっと。 0: A:眠るときに A: A:隣に居て欲しい。 A: A:おやすみ って優しく頭を撫でて。 0: A:一日の終わりに最後に居る人は A: A:あなたがいいの。 0: A:そして目が覚めたら A: A:一番最初に目に映るのは A: A:あなたがいいの。 0: A:おはよう って A: A:その一日の始まりに A: A:一番最初に耳にする音は A: A:あなたの優しい声が良いの。 0: A:そしてまた A: A:愛おしそうに A: A:わたしを見て欲しい。 0: A:もっとわたしを求めて欲しい。 A: A:嫌になるくらいに、もっと、強く。 0: A:あなたと心を重ねて A: A:一緒に生きていきたい。 0: A:いつか終わりが来る、その*瞬間《とき》まで。 0: A:その*瞬間《しゅんかん》さえも、 A: A:どうか、あなたに、 A: A:傍に居て A: A:手を繋いでいてほしい。 0: A:あなたの頭の中が A: A:わたしだけで A: A:埋めつくせたらいいのに。 0: A:もっとわたしでいっぱいにして。 0: A:そう思ってしまうほどに A: A:あなたを想っている。 0: A:だから、寂しいの。 0: A:離れる時間は A: A:何度経験したって A: A:胸が苦しい。寂しい。 A: A:涙が出るんだよ。 0: A:でも、言えない。 A: A:そんな気持ちをぎゅっと握りつぶして A: A:出来るだけ明るく A: A:うん、またね。 A:って。 0: A:いま離れたばかりなのに A: A:もう声が聴きたい、顔が見たい。 0: A:あなたの匂いを A: A:あなたの息を A: A:あなたの温度を A: A:あなたの全てを A: A:記憶の中に閉じ込めて。 0: A:次にまた会える時まで A: A:寂しさに支配されないように。 0: A:大切に A:あたためる想い、