台本概要

 121 views 

タイトル バランス
作者名 Crocus
ジャンル ミステリー
演者人数 4人用台本(男3、女1)
時間 20 分
台本使用規定 非商用利用時は連絡不要
説明 なんとなく

 121 views 

キャラ説明  

名前 性別 台詞数 説明
ラブ 36 未定
おぼたん 35 未定
べーちゃん 23 未定
けんけん 4 未定
※役をクリックするとセリフに色が付きます。

台本本編

文字サイズ
本文:【バランス】1ー1  0:静かな空間。同じ一点を見る2人。べーちゃんが呟くように話す。 べーちゃん:なんだかなぁ。あんな結末とか・・・ 0:感情が消えた様に話すラブ。 ラブ:これって、バットエンドになるの? おぼたん:ハッピーではないよね? べーちゃん:バットエンドだね。なんか納得行かないけどさ・・・ おぼたん:納得できないかぁ。 ラブ:・・・でも・・・ねぇ・・・おぼたん、区切り付けないとね・・・ べーちゃん:そうだよな・・・おぼたん、そうなるよな・・・ おぼたん:え?区切り?そうなるって、どうなるの?ねえ!べーちゃん!ちょっと!ラブ!ねえってば! 0:べーちゃん、ラブ。笑い出す。しかし、その表情に笑顔はない。むしろ、悲しげな表情。 べーちゃん:何でだよ・・・ハハハ・・・ ラブ:・・・フフフ・・・ おぼたん:こんなの嘘だ!嫌だよ・・・ラブ・・・べーちゃん!待ってよ・・・一緒に居てよ・・・一緒に居ようよ・・・ べーちゃん:無理だよ。間に合わなかったんだ。 ラブ:・・・ごめんね・・・おぼたん・・・ 0:間 おぼたんN:僕たちに起きた不思議な物語。これを最後に2人とは・・・今までの物語を・・・僕たちの物語を伝えたい。聞く人が誰も居なくとも・・・ 0:暗転 0:ソファーで寝ているべーちゃん。場所はラブの部屋。キッチンではラブが朝食を作っている。カウンターテーブルの椅子に腰掛けたおぼたんは、コーヒーを入れている。個性的なカップが3つ並んでいる。 べーちゃん:やべー、眠て〜・・・一生眠たい感じだわ・・・ おぼたん:じゃぁ、寝てなよ(笑) ラブ:ダメダメ!起きてよ、べーちゃん! おぼたん:だってさ(笑)僕らの姫が起きろ言ってるよ(笑) べーちゃん:・・・あ〜飲み過ぎた。しゃーない。起きるかぁ。姫には逆らえないし・・・ おぼたん:だよねー(笑)逆らえないねぇー。 ラブ:ちょと〜!姫呼びやめてよ! べーちゃん:あ〜、コーヒーのいい匂い。おぼたん、俺にもそれ頂戴。 おぼたん:あー、飲むと思って入れてる。 ラブ:えー、私の話しはスルー?(笑) おぼたん:ラブも飲むしょ? ラブ:あ、いる〜。ミルク増し増しで。 べーちゃん:ラブ〜、朝ご飯まだ? おぼたん:あ、そのぐちゃぐちゃ卵食べる〜。 ラブ:ぐちゃぐちゃ卵、言うな(笑)スクランブルエッグ言え(笑) 0:軽口を互いに言いながら、食卓準備をするラブとおぼたん。べーちゃんはボーッとしている様子で椅子に座る。 べーちゃん:あ〜、コーヒーうっま。寝起きに染みるわァ。 おぼたん:いただきまーす!お?これチーズ入り?うまうま!あ、これラブの蜂蜜入りカフェオレねーミルク増し増し。 ラブ:ん、ありがとう。美味しいでしょ〜?べーちゃん、ちゃんと食べてね。 べーちゃん:今日の予定は?あ、嫌いなの入ってるー・・・ おぼたん:え?アスパラ入り、美味しいしょ?べーちゃん、ちゃんと食べてねwww ラブ:私は買い物行ってから、ライブ配信しようかなぁ。 おぼたん:僕は特にないかなぁ。部屋でなんかやってる。 ラブ:ぢゃ、おぼたん拉致るー。買い物付き合って!荷物持ちよろしく!べーちゃんは? べーちゃん:俺は・・・欲しい物あるから買い物に付いてくわ。 おぼたん:久々に皆でお出かけね。 0:少しの間 おぼたんN:ラブ、べーちゃん、おぼたん、勿論あだ名。ラブは江藤 愛子(えとう あいこ)だからラブ。べーちゃんの名前は阿部 時次(あべ ときじ)。そして僕は服部 雅(はっとり まさ)。名字が服部で忍者っぽい。それで忍者っぽい名前って事で朧丸(おぼろまる)って呼ばれていたが、言いづらい!と言うラブの一言でおぼたんになった。 おぼたんN:そして僕ら3人は、ラブの家で暮らしてる。俗に言うシェアハウスだ。3人での生活はまだ日が浅いけど、今の所は上手くやってる。 ラブ:そろそろ出るよー。2人とも大丈夫? おぼたん:いいよー。べーちゃんは厠に行った。 ラブ:あ〜、トイレねwww べーちゃん:お待たせカンチョー!! ラブ:きゃっー!ちょっと!!なんてことすんのよ!私、女子なんですけど!信じらんない! べーちゃん:ハハハ(爆笑) おぼたん:また恥ずかしめ受けてる(笑) ラブ:おぼたんも笑ってないで、教えてよ!絶対、仕返ししてやる!も〜! べーちゃん:はいはい、行くよ〜(笑) 0:繁華街は徒歩圏内。3人は話しながら歩く。 べーちゃん:ねぇラブ、今日のラジオ配信どうするの? ラブ:買い物終わったら、どっかで配信しようと思ってる。 おぼたん:了解。じゃその間、べーちゃんと生暖かい目で見守ってるね(笑) ラブ:生暖かい言うな!熱を持って聞きなさいよ! べーちゃん:じゃ、熱い眼差しで(笑) ラブ:ハイハイ(笑)あ、電話。ちょっと待ってて。 おぼたん:そう言えば、けんけん来るの? べーちゃん:なんかね、ラブ配信終わったら顔出しに来るって。 おぼたん:そうなんだ。けんけん、今日は仕事? べーちゃん:そう、仕事前に少しお茶してくってさ。ラブにはサプライズで(笑) おぼたん:了解。プチサプライズね(笑) ラブ:お待たせー。仕事の電話だったぁ。 おぼたん:大丈夫?なんか嫌な電話だった? ラブ:なんで?大丈夫。それより、おぼたん荷物持ちよろしくね〜。 おぼたん:どんだけ買い物予定なんだよ(笑) べーちゃん:それじゃ、俺、あっちの古着屋行くから後でね。 0:互いに軽く手を振って別れる。 おぼたんN:ラブの電話の後の変化に、僕は気づくべきだった。僕はべーちゃんを1人で行かせるべきじゃなかった。今思えば、これが始まりだったんだ・・・いや、もっと前から始まっていたんだろうか・・・。 0:買い物も終わって、待ち合わせ場所にしていた公園のベンチで待つラブとおぼたん。 ラブ:よし!おぼたん、ありがとう!欲しい物、全部買えたぁ(笑) おぼたん:まぁ、確かにこの量は1人じゃ無理ね。 ラブ:べーちゃん、遅いね。待ち合わせ場所は間違ってないよね? おぼたん:うん、間違ってないよ。 ラブ:そっか、じゃ、配信しちゃおっかなぁ。 おぼたん:了解。 0:スマホを設定して、配信準備するラブ。準備が出来ると配信を始める。 ラブ:・・・あ!けんけん、おかえり〜。けんけん一番乗り! ラブ:え?歌?リクエストいいよー。 ラブ:外だからあんまり大声で歌えないけど(笑) ラブ:何がいい?あー、あの歌ね!りょーかーい。 0:【注釈】5分程度の歌。アカペラでも可。時間が短くても可。歌った事にして、シナリオを進めるのも可。 ラブ:みなさんパチパチパチありがとう! ラブ:今日は外だから、1曲だけねー。 ラブ:え?変な声が?え?入ってた?うそ〜、なんて言ってた?「お前だァ〜」って聴こえたの?やだ〜!怖いよ〜! ラブ:今日は怖いから、もーおしまーい! ラブ:みなさん、またね〜。バイバイ! 0:なかば強引に配信を終わらすラブ。 おぼたん:ずいぶん強引に終わらしたな(笑) ラブ:だって、なんか怖かったんだもん。あんな事を言われたの初めてだよ。 おぼたん:まぁ、外だから、何かの声が入り込んだんでしょ? ラブ:そうだと思うけど、なんかやだ〜。 おぼたん:大丈夫だって。もう何ともないしょ。それより、べーちゃんから連絡!スタクで待ってるってさ。 ラブ:やった〜!スタークラフトのコーヒー好き〜。なに飲もうかなぁ。 おぼたん:じゃっ、行こっか。 0:2人は歩き出す。距離的には近く、直ぐに到着。 おぼたん:あれ?あの革ジャン、べーちゃんじゃない? ラブ:あ!ホントだ!おぼたん、ちょっと待ってて! おぼたん:え?なんで待つの? ラブ:べーちゃん、まだ私たちに気づいてない!朝の仕返ししてくる! おぼたん:ここで仕返しか!まぁ、いいけど。見守るわ(笑) 0:見つからない様に近寄るラブ。両手を合わせ、死角から勢い良く発射する。 ラブ:気付かないでよー。いくよー(笑) お疲れカンチョー!! けんけん:おおぉぉぉー!気持ちいいぃぃぃいいーーーー!いや、違う違う!なに?俺のケツに何が起こった? ラブ:え!!だれ!? おぼたん:うそ!けんけん(笑)!? べーちゃん:え?なに?どうした!けんけん! けんけん:ん?え?ラブちゃん?なんで俺のケツにカンチョーしてるの? べーちゃん:お?ラブ!?なんでけんけんのケツに指刺してるの? ラブ:待って、待って!けんけん・・・なの!? けんけん:ちょっ!ラブちゃん、せつないから、まず抜いてくれない? ラブ:けんけんー!ごめーん!べーちゃんと間違えたぁ!恥ずかしいぃー!! おぼたん:仕返しのはずが、結局ラブが恥ずかしめ受けてるよ(笑) べーちゃん:仕返しなんか考えるからだ(笑) おぼたん:けんけん、大丈夫?なんか顔が・・・ん?ニヤけてる・・・のか? けんけん:だ、だ、大丈夫。ラブちゃんにカンチョーされたと思ったら、ちょっと、ほんのちょっとだけ気持ちよ・・・ ラブ:ぁぁあああ〜!ごめんよぉお〜けんけん! :1-1完

本文:【バランス】1ー1  0:静かな空間。同じ一点を見る2人。べーちゃんが呟くように話す。 べーちゃん:なんだかなぁ。あんな結末とか・・・ 0:感情が消えた様に話すラブ。 ラブ:これって、バットエンドになるの? おぼたん:ハッピーではないよね? べーちゃん:バットエンドだね。なんか納得行かないけどさ・・・ おぼたん:納得できないかぁ。 ラブ:・・・でも・・・ねぇ・・・おぼたん、区切り付けないとね・・・ べーちゃん:そうだよな・・・おぼたん、そうなるよな・・・ おぼたん:え?区切り?そうなるって、どうなるの?ねえ!べーちゃん!ちょっと!ラブ!ねえってば! 0:べーちゃん、ラブ。笑い出す。しかし、その表情に笑顔はない。むしろ、悲しげな表情。 べーちゃん:何でだよ・・・ハハハ・・・ ラブ:・・・フフフ・・・ おぼたん:こんなの嘘だ!嫌だよ・・・ラブ・・・べーちゃん!待ってよ・・・一緒に居てよ・・・一緒に居ようよ・・・ べーちゃん:無理だよ。間に合わなかったんだ。 ラブ:・・・ごめんね・・・おぼたん・・・ 0:間 おぼたんN:僕たちに起きた不思議な物語。これを最後に2人とは・・・今までの物語を・・・僕たちの物語を伝えたい。聞く人が誰も居なくとも・・・ 0:暗転 0:ソファーで寝ているべーちゃん。場所はラブの部屋。キッチンではラブが朝食を作っている。カウンターテーブルの椅子に腰掛けたおぼたんは、コーヒーを入れている。個性的なカップが3つ並んでいる。 べーちゃん:やべー、眠て〜・・・一生眠たい感じだわ・・・ おぼたん:じゃぁ、寝てなよ(笑) ラブ:ダメダメ!起きてよ、べーちゃん! おぼたん:だってさ(笑)僕らの姫が起きろ言ってるよ(笑) べーちゃん:・・・あ〜飲み過ぎた。しゃーない。起きるかぁ。姫には逆らえないし・・・ おぼたん:だよねー(笑)逆らえないねぇー。 ラブ:ちょと〜!姫呼びやめてよ! べーちゃん:あ〜、コーヒーのいい匂い。おぼたん、俺にもそれ頂戴。 おぼたん:あー、飲むと思って入れてる。 ラブ:えー、私の話しはスルー?(笑) おぼたん:ラブも飲むしょ? ラブ:あ、いる〜。ミルク増し増しで。 べーちゃん:ラブ〜、朝ご飯まだ? おぼたん:あ、そのぐちゃぐちゃ卵食べる〜。 ラブ:ぐちゃぐちゃ卵、言うな(笑)スクランブルエッグ言え(笑) 0:軽口を互いに言いながら、食卓準備をするラブとおぼたん。べーちゃんはボーッとしている様子で椅子に座る。 べーちゃん:あ〜、コーヒーうっま。寝起きに染みるわァ。 おぼたん:いただきまーす!お?これチーズ入り?うまうま!あ、これラブの蜂蜜入りカフェオレねーミルク増し増し。 ラブ:ん、ありがとう。美味しいでしょ〜?べーちゃん、ちゃんと食べてね。 べーちゃん:今日の予定は?あ、嫌いなの入ってるー・・・ おぼたん:え?アスパラ入り、美味しいしょ?べーちゃん、ちゃんと食べてねwww ラブ:私は買い物行ってから、ライブ配信しようかなぁ。 おぼたん:僕は特にないかなぁ。部屋でなんかやってる。 ラブ:ぢゃ、おぼたん拉致るー。買い物付き合って!荷物持ちよろしく!べーちゃんは? べーちゃん:俺は・・・欲しい物あるから買い物に付いてくわ。 おぼたん:久々に皆でお出かけね。 0:少しの間 おぼたんN:ラブ、べーちゃん、おぼたん、勿論あだ名。ラブは江藤 愛子(えとう あいこ)だからラブ。べーちゃんの名前は阿部 時次(あべ ときじ)。そして僕は服部 雅(はっとり まさ)。名字が服部で忍者っぽい。それで忍者っぽい名前って事で朧丸(おぼろまる)って呼ばれていたが、言いづらい!と言うラブの一言でおぼたんになった。 おぼたんN:そして僕ら3人は、ラブの家で暮らしてる。俗に言うシェアハウスだ。3人での生活はまだ日が浅いけど、今の所は上手くやってる。 ラブ:そろそろ出るよー。2人とも大丈夫? おぼたん:いいよー。べーちゃんは厠に行った。 ラブ:あ〜、トイレねwww べーちゃん:お待たせカンチョー!! ラブ:きゃっー!ちょっと!!なんてことすんのよ!私、女子なんですけど!信じらんない! べーちゃん:ハハハ(爆笑) おぼたん:また恥ずかしめ受けてる(笑) ラブ:おぼたんも笑ってないで、教えてよ!絶対、仕返ししてやる!も〜! べーちゃん:はいはい、行くよ〜(笑) 0:繁華街は徒歩圏内。3人は話しながら歩く。 べーちゃん:ねぇラブ、今日のラジオ配信どうするの? ラブ:買い物終わったら、どっかで配信しようと思ってる。 おぼたん:了解。じゃその間、べーちゃんと生暖かい目で見守ってるね(笑) ラブ:生暖かい言うな!熱を持って聞きなさいよ! べーちゃん:じゃ、熱い眼差しで(笑) ラブ:ハイハイ(笑)あ、電話。ちょっと待ってて。 おぼたん:そう言えば、けんけん来るの? べーちゃん:なんかね、ラブ配信終わったら顔出しに来るって。 おぼたん:そうなんだ。けんけん、今日は仕事? べーちゃん:そう、仕事前に少しお茶してくってさ。ラブにはサプライズで(笑) おぼたん:了解。プチサプライズね(笑) ラブ:お待たせー。仕事の電話だったぁ。 おぼたん:大丈夫?なんか嫌な電話だった? ラブ:なんで?大丈夫。それより、おぼたん荷物持ちよろしくね〜。 おぼたん:どんだけ買い物予定なんだよ(笑) べーちゃん:それじゃ、俺、あっちの古着屋行くから後でね。 0:互いに軽く手を振って別れる。 おぼたんN:ラブの電話の後の変化に、僕は気づくべきだった。僕はべーちゃんを1人で行かせるべきじゃなかった。今思えば、これが始まりだったんだ・・・いや、もっと前から始まっていたんだろうか・・・。 0:買い物も終わって、待ち合わせ場所にしていた公園のベンチで待つラブとおぼたん。 ラブ:よし!おぼたん、ありがとう!欲しい物、全部買えたぁ(笑) おぼたん:まぁ、確かにこの量は1人じゃ無理ね。 ラブ:べーちゃん、遅いね。待ち合わせ場所は間違ってないよね? おぼたん:うん、間違ってないよ。 ラブ:そっか、じゃ、配信しちゃおっかなぁ。 おぼたん:了解。 0:スマホを設定して、配信準備するラブ。準備が出来ると配信を始める。 ラブ:・・・あ!けんけん、おかえり〜。けんけん一番乗り! ラブ:え?歌?リクエストいいよー。 ラブ:外だからあんまり大声で歌えないけど(笑) ラブ:何がいい?あー、あの歌ね!りょーかーい。 0:【注釈】5分程度の歌。アカペラでも可。時間が短くても可。歌った事にして、シナリオを進めるのも可。 ラブ:みなさんパチパチパチありがとう! ラブ:今日は外だから、1曲だけねー。 ラブ:え?変な声が?え?入ってた?うそ〜、なんて言ってた?「お前だァ〜」って聴こえたの?やだ〜!怖いよ〜! ラブ:今日は怖いから、もーおしまーい! ラブ:みなさん、またね〜。バイバイ! 0:なかば強引に配信を終わらすラブ。 おぼたん:ずいぶん強引に終わらしたな(笑) ラブ:だって、なんか怖かったんだもん。あんな事を言われたの初めてだよ。 おぼたん:まぁ、外だから、何かの声が入り込んだんでしょ? ラブ:そうだと思うけど、なんかやだ〜。 おぼたん:大丈夫だって。もう何ともないしょ。それより、べーちゃんから連絡!スタクで待ってるってさ。 ラブ:やった〜!スタークラフトのコーヒー好き〜。なに飲もうかなぁ。 おぼたん:じゃっ、行こっか。 0:2人は歩き出す。距離的には近く、直ぐに到着。 おぼたん:あれ?あの革ジャン、べーちゃんじゃない? ラブ:あ!ホントだ!おぼたん、ちょっと待ってて! おぼたん:え?なんで待つの? ラブ:べーちゃん、まだ私たちに気づいてない!朝の仕返ししてくる! おぼたん:ここで仕返しか!まぁ、いいけど。見守るわ(笑) 0:見つからない様に近寄るラブ。両手を合わせ、死角から勢い良く発射する。 ラブ:気付かないでよー。いくよー(笑) お疲れカンチョー!! けんけん:おおぉぉぉー!気持ちいいぃぃぃいいーーーー!いや、違う違う!なに?俺のケツに何が起こった? ラブ:え!!だれ!? おぼたん:うそ!けんけん(笑)!? べーちゃん:え?なに?どうした!けんけん! けんけん:ん?え?ラブちゃん?なんで俺のケツにカンチョーしてるの? べーちゃん:お?ラブ!?なんでけんけんのケツに指刺してるの? ラブ:待って、待って!けんけん・・・なの!? けんけん:ちょっ!ラブちゃん、せつないから、まず抜いてくれない? ラブ:けんけんー!ごめーん!べーちゃんと間違えたぁ!恥ずかしいぃー!! おぼたん:仕返しのはずが、結局ラブが恥ずかしめ受けてるよ(笑) べーちゃん:仕返しなんか考えるからだ(笑) おぼたん:けんけん、大丈夫?なんか顔が・・・ん?ニヤけてる・・・のか? けんけん:だ、だ、大丈夫。ラブちゃんにカンチョーされたと思ったら、ちょっと、ほんのちょっとだけ気持ちよ・・・ ラブ:ぁぁあああ〜!ごめんよぉお〜けんけん! :1-1完