台本概要

 155 views 

タイトル 気がついたら異世界に飛ばされてた話『ギルドFwidhi forest』
作者名 夜露鶴  (@O5e4wOW2PhLhnXk)
ジャンル ファンタジー
演者人数 4人用台本(男3、不問1)
時間 10 分
台本使用規定 非商用利用時は連絡不要
説明 素人書いた台本
コメディーファンタジー
気に入ったらお使いください

 155 views 

キャラ説明  

名前 性別 台詞数 説明
奏斗 43 主人公、青年、突っ込み (前半滅茶苦茶叫びます)
ゴン 26 狐の獣人、ショタ※役者の性別は不問
スライム 不問 39 何故か奏斗に懐いた
冒険者 15 冒険者の若者
※役をクリックするとセリフに色が付きます。

台本本編

文字サイズ
���ur�[[Ljava.lang.String;2M ��2�W��xp���ur�[Ljava.lang.String;��V��{G��xp���t�text1714146331079t�キャラ������ 小泉 奏斗♂ 主人公、青年、突っ込み (前半滅茶苦茶叫びます) ゴン ♂♀ 狐の獣人、ショタ スライム♂♀ 何故か奏斗に懐いた 冒険者♂︎ 冒険者の若者 本編������ :《始まりの街『宿屋』客室》 スライム:ニューニュー!(騒ぎ) 奏斗:···朝から騒がしいな···(ムクッ) ゴン:すぅーすぅーすぅー 奏斗:ゴンは···寝てるのか···。 スライム:ニューニュー!(騒ぎ) 奏斗:おまえは何騒いでんだ? スライム:ニューニュー!(外指差し) 奏斗:···外がどうかしたのか? スライム:ニューニュー!(カーテン開け) 奏斗:···おい···急にカーテン開けたら··· ゴン:···コン···(寝起き) 奏斗:···ほらな··· スライム:ニュー···(シュン) 奏斗:悪いゴン···起こしちまったか? ゴン:···まだ眠いよぉ···(ウトウト) 奏斗:···だろうな···まだ寝ててもいいぞ ゴン:···そうする···(ウトウト)···でも···寝る前に···1つ聞いてもいい? 奏斗:なんだ? ゴン:···スライムくん···何騒いでるの···?(ウトウト) 奏斗:俺にもわかんねぇ ゴン:···そっか···(寝)すぅーすぅー 奏斗:···お前が急にカーテン開けるからだぞ··· スライム:ニュー···(シュン) 奏斗:···っで?おまえ何騒いでたんだ? スライム:ニューニュー!(窓の外指差し) 奏斗:···煙突から出てる煙のことか? スライム:ニュー(コクコク) 奏斗:パンでも焼いてるんじゃないか? スライム:ニュー? 奏斗:···後でそこに行ってみるか? スライム:ニュー!(嬉しそう) 奏斗:···にしてもお前何時起きたんだ? スライム:ニュー? 奏斗:さっきお前カーテン開けただろ? スライム:ニュ(コク) 奏斗:ちょうど日が昇り始めたタイミングだよな···お前何時もこの時間に起きてるのか? スライム:ニュ(コク) 奏斗:マジか···お前凄いな··· スライム:ニュ? 奏斗:俺はもう少し寝るがお前はどうする? スライム:ニュー···(考え)ニュニュ 奏斗:起きてるのか? スライム:ニュ(コク) 奏斗:他の部屋の奴らもまだ寝てるだろうからあんまり騒ぐなよ? スライム:ニュ(コク) 奏斗:おやすみ スライム:ニュー···(暇)ニュ!(ドア開ける) :《始まりの街『宿屋』廊下》 スライム:ニュニュ(散策) 冒険者:ん?スライム? スライム:ニュー(ウロウロ) 冒険者:普通は近くに持ち主がいるものだけど···姿が見えないな···迷子か? スライム:ニュ?(気づいた) 冒険者:お前こんなところで何してるんだ? スライム:ニュー? 冒険者:···って聞いても言葉わかんないか··· スライム:ニュニュニュ!(なにか伝えようとしてる) 冒険者:···お前俺の言ってることが分かるのか? スライム:ニュ!(コク) 冒険者:お前凄いな! スライム:ニュ? 冒険者:人間言葉がわかるスライムなんてそういないからな! スライム:ニュ?(そうなの) 冒険者:お前の飼い主は何処にいるんだ? スライム:ニュニュ!(伝えようとしてる) 冒険者:何処に飼い主がいるか伝えようとしてる見たいだけど···何を伝えようとしてるのか分からないな··· スライム:ニュー···(シュン) 冒険者:まぁ、でも知能が高いみたいだから俺がいなくても飼い主の元には戻れそうだな! スライム:ニュ(コク) 冒険者:···っとそろそろ俺は行かないと行けないな!じゃあな! スライム:ニュ(バイバイ) :《始まりの街『宿屋』客室》 スライム:ニュ(部屋に戻ってきた) ゴン:スライムくんどこ行ってたの? スライム:ニュッ!(ビク) ゴン:コン?なんで驚いてるの? 奏斗:お前が寝てると思ってたからじゃないのか? ゴン:僕そんなにねぼすけじゃないよ! 奏斗:そうか?俺が起こしてもお前なかなか起きなかったじゃねぇか ゴン:むぅー スライム:ニュ?(交互に2人の事見てる) :《始まりの街『大通り』》 奏斗:···で今日はどこ行くんだよ? ゴン:うーんとね!今日はギルド行く! 奏斗:ギルド? ゴン:うん!冒険するならやっぱりまずはギルドに行って冒険者登録しないとね! 奏斗:待て待て!俺は冒険者になるって一言も言ってないぞ? ゴン:コン?奏斗元の世界に戻りたくないの? 奏斗:いや、戻りてぇけど··· ゴン:じゃぁ、ギルド行こ! 奏斗:だからなんでそうなるんだよ!それ以外に方法はないのかよ! ゴン:ないよ!だって他の世界に行く方法なんて僕知らないもん! 奏斗:はっ? ゴン:うん! スライム:ニュ?(分かってない) ゴン:だからギルドに行こうって言ってるんだよ!僕は他の世界に行く方法は知らないけどマスターなら何か知ってるかもしれないからね! 奏斗:そういうことかよ ゴン:うん!そうと決まればゴーゴー(ダダダ) 奏斗:はっ!ちょ!おい! スライム:ニュー! 奏斗:···っでお前ここのギルドの場所わかるのか? ゴン:えーっとね···分からない! 奏斗:だろうな···しゃーねぇ誰かに聞くか スライム:ニュ? 奏斗:すいませんちょっと良いですか? 冒険者:んーなんだ? 奏斗:この街のギルドの場所って分かりますか? ゴン:なんかかなと話方違うよね(小声) スライム:ニュ(コク) 冒険者:この街のギルドなら丁度俺も向かうところなんだ!良かったら一緒に来るか? 奏斗:いいんですか? 冒険者:あぁ! ゴン:ねぇ、かなと 奏斗:なんだ? ゴン:なんであのお兄さんと喋ってる時話し方違うの? スライム:ニュ(コク) 奏斗:初対面にタメ口使う訳には行かねぇだろ? ゴン:コン?でも僕と初めて会った時タメ口?だったよね? スライム:ニュ?(そうなの) 奏斗:それはお前が狐の姿でいたからだまさか人型の魔物だなんで思うわけないだろ? ゴン:僕魔物じゃなくて獣人だよ! 奏斗:魔物も獣人も一緒だろ ゴン:違うもん! 奏斗:俺からすれば魔物も獣人も一緒だ ゴン:むぅー 冒険者:っとついたな!ここがこの街のギルド『Fwidhi forest』(フィーディーフォレスト)だ!

���ur�[[Ljava.lang.String;2M ��2�W��xp���ur�[Ljava.lang.String;��V��{G��xp���t�text1714146331079t�キャラ������ 小泉 奏斗♂ 主人公、青年、突っ込み (前半滅茶苦茶叫びます) ゴン ♂♀ 狐の獣人、ショタ スライム♂♀ 何故か奏斗に懐いた 冒険者♂︎ 冒険者の若者 本編������ :《始まりの街『宿屋』客室》 スライム:ニューニュー!(騒ぎ) 奏斗:···朝から騒がしいな···(ムクッ) ゴン:すぅーすぅーすぅー 奏斗:ゴンは···寝てるのか···。 スライム:ニューニュー!(騒ぎ) 奏斗:おまえは何騒いでんだ? スライム:ニューニュー!(外指差し) 奏斗:···外がどうかしたのか? スライム:ニューニュー!(カーテン開け) 奏斗:···おい···急にカーテン開けたら··· ゴン:···コン···(寝起き) 奏斗:···ほらな··· スライム:ニュー···(シュン) 奏斗:悪いゴン···起こしちまったか? ゴン:···まだ眠いよぉ···(ウトウト) 奏斗:···だろうな···まだ寝ててもいいぞ ゴン:···そうする···(ウトウト)···でも···寝る前に···1つ聞いてもいい? 奏斗:なんだ? ゴン:···スライムくん···何騒いでるの···?(ウトウト) 奏斗:俺にもわかんねぇ ゴン:···そっか···(寝)すぅーすぅー 奏斗:···お前が急にカーテン開けるからだぞ··· スライム:ニュー···(シュン) 奏斗:···っで?おまえ何騒いでたんだ? スライム:ニューニュー!(窓の外指差し) 奏斗:···煙突から出てる煙のことか? スライム:ニュー(コクコク) 奏斗:パンでも焼いてるんじゃないか? スライム:ニュー? 奏斗:···後でそこに行ってみるか? スライム:ニュー!(嬉しそう) 奏斗:···にしてもお前何時起きたんだ? スライム:ニュー? 奏斗:さっきお前カーテン開けただろ? スライム:ニュ(コク) 奏斗:ちょうど日が昇り始めたタイミングだよな···お前何時もこの時間に起きてるのか? スライム:ニュ(コク) 奏斗:マジか···お前凄いな··· スライム:ニュ? 奏斗:俺はもう少し寝るがお前はどうする? スライム:ニュー···(考え)ニュニュ 奏斗:起きてるのか? スライム:ニュ(コク) 奏斗:他の部屋の奴らもまだ寝てるだろうからあんまり騒ぐなよ? スライム:ニュ(コク) 奏斗:おやすみ スライム:ニュー···(暇)ニュ!(ドア開ける) :《始まりの街『宿屋』廊下》 スライム:ニュニュ(散策) 冒険者:ん?スライム? スライム:ニュー(ウロウロ) 冒険者:普通は近くに持ち主がいるものだけど···姿が見えないな···迷子か? スライム:ニュ?(気づいた) 冒険者:お前こんなところで何してるんだ? スライム:ニュー? 冒険者:···って聞いても言葉わかんないか··· スライム:ニュニュニュ!(なにか伝えようとしてる) 冒険者:···お前俺の言ってることが分かるのか? スライム:ニュ!(コク) 冒険者:お前凄いな! スライム:ニュ? 冒険者:人間言葉がわかるスライムなんてそういないからな! スライム:ニュ?(そうなの) 冒険者:お前の飼い主は何処にいるんだ? スライム:ニュニュ!(伝えようとしてる) 冒険者:何処に飼い主がいるか伝えようとしてる見たいだけど···何を伝えようとしてるのか分からないな··· スライム:ニュー···(シュン) 冒険者:まぁ、でも知能が高いみたいだから俺がいなくても飼い主の元には戻れそうだな! スライム:ニュ(コク) 冒険者:···っとそろそろ俺は行かないと行けないな!じゃあな! スライム:ニュ(バイバイ) :《始まりの街『宿屋』客室》 スライム:ニュ(部屋に戻ってきた) ゴン:スライムくんどこ行ってたの? スライム:ニュッ!(ビク) ゴン:コン?なんで驚いてるの? 奏斗:お前が寝てると思ってたからじゃないのか? ゴン:僕そんなにねぼすけじゃないよ! 奏斗:そうか?俺が起こしてもお前なかなか起きなかったじゃねぇか ゴン:むぅー スライム:ニュ?(交互に2人の事見てる) :《始まりの街『大通り』》 奏斗:···で今日はどこ行くんだよ? ゴン:うーんとね!今日はギルド行く! 奏斗:ギルド? ゴン:うん!冒険するならやっぱりまずはギルドに行って冒険者登録しないとね! 奏斗:待て待て!俺は冒険者になるって一言も言ってないぞ? ゴン:コン?奏斗元の世界に戻りたくないの? 奏斗:いや、戻りてぇけど··· ゴン:じゃぁ、ギルド行こ! 奏斗:だからなんでそうなるんだよ!それ以外に方法はないのかよ! ゴン:ないよ!だって他の世界に行く方法なんて僕知らないもん! 奏斗:はっ? ゴン:うん! スライム:ニュ?(分かってない) ゴン:だからギルドに行こうって言ってるんだよ!僕は他の世界に行く方法は知らないけどマスターなら何か知ってるかもしれないからね! 奏斗:そういうことかよ ゴン:うん!そうと決まればゴーゴー(ダダダ) 奏斗:はっ!ちょ!おい! スライム:ニュー! 奏斗:···っでお前ここのギルドの場所わかるのか? ゴン:えーっとね···分からない! 奏斗:だろうな···しゃーねぇ誰かに聞くか スライム:ニュ? 奏斗:すいませんちょっと良いですか? 冒険者:んーなんだ? 奏斗:この街のギルドの場所って分かりますか? ゴン:なんかかなと話方違うよね(小声) スライム:ニュ(コク) 冒険者:この街のギルドなら丁度俺も向かうところなんだ!良かったら一緒に来るか? 奏斗:いいんですか? 冒険者:あぁ! ゴン:ねぇ、かなと 奏斗:なんだ? ゴン:なんであのお兄さんと喋ってる時話し方違うの? スライム:ニュ(コク) 奏斗:初対面にタメ口使う訳には行かねぇだろ? ゴン:コン?でも僕と初めて会った時タメ口?だったよね? スライム:ニュ?(そうなの) 奏斗:それはお前が狐の姿でいたからだまさか人型の魔物だなんで思うわけないだろ? ゴン:僕魔物じゃなくて獣人だよ! 奏斗:魔物も獣人も一緒だろ ゴン:違うもん! 奏斗:俺からすれば魔物も獣人も一緒だ ゴン:むぅー 冒険者:っとついたな!ここがこの街のギルド『Fwidhi forest』(フィーディーフォレスト)だ!