台本概要

 89 views 

タイトル みらいTakt〜プロローグ
作者名 風緑ラピス  (@Lapis_019)
ジャンル ファンタジー
演者人数 5人用台本(男1、女2、不問2)
時間 20 分
台本使用規定 非商用利用時は連絡不要
説明 シリーズ1作目。
プロローグの舞台は、戦国時代。

©2023 Lapis.Kazamidori

 89 views 

キャラ説明  

名前 性別 台詞数 説明
誾千代 35 立花誾千代(たちばな・ぎんちよ) 伝説を残して下野した、元・女武将。
林堂 23 林堂修一郎(りんどう・しゅういちろう) 誾千代の首を狙う、剣聖。
兵士A 20 豊臣軍の女兵士。 責任感が強い。
兵士B 不問 11 豊臣軍の兵士。 正反対に弱気。
ナレーション 不問 28 ナレーター
※役をクリックするとセリフに色が付きます。

台本本編

文字サイズ
ナレーション:時は、戦国。太閤・豊臣秀吉は、様々な戦略で領地を拡大。九州の征服に、いよいよ取り掛かろうとしていた。その九州の、とある奥地。男女が1人ずつ、刀を構え、対峙していた。 林堂:ようやく、決着をつける機会が訪れたというワケだ。 誾千代:私としては、二度と来なくても良かったのだがな……   林堂:それは、俺としては困る。何せ、『雷神の娘』の首が、そこにあるのだからな。真の剣聖である私には、譲れない野望だ。 誾千代:言っておくが、私は城を抜け出した、ただの落ち武者だぞ。刀の使い方は、何もない……単なる我流だ。剣聖さまには、殺る(やる)価値の無きに等しいと思うが……? 林堂:価値は有るぞ、立花よ。並の武士どもには解らない……俺だからこそ、高い価値だと解るのだ! 誾千代:…… 林堂:だから、死ぬ前に胸を張って良いのだぞ、立花。 誾千代:…… 林堂:どうした……何か気になる事でも、あるのか? 誾千代:そこで隠れて観てないで、出て来い!……言っておくが、見物料は高く付くぞ! 林堂:なに……? (茂みの中から、2人の兵士が姿を現した) 林堂:貴様ら、女子(おなご)か!?……だが、身なりからして、秀吉の者か? 兵士A:ほう……よく解ったな。 浪人の分際で。 林堂:俺は流浪の剣聖として、あらゆる国の武将や兵士らの稽古を付けてきたからな。どこぞの国の武将が着せるべき甲冑(かっちゅう)の種類くらいは、理解できるのだ。 兵士B:なるほど……ならば、話は早い。 兵士A:我らが豊臣軍は、戦(いくさ)の連続により、刀を使い果たしておる。 林堂:それで……俺達に、どうしろと言うのか? 兵士B:大人しく、我々にその持っている刀をよこせ! 林堂:何だ、刀の方が必要なのか……俺達を使えば、より簡単に敵を倒せるぞ? 誾千代:まあ、それは正論だな。 兵士A:関白殿下は、刀を求めておられる……貴様らは関係ない! 兵士B:ええい、時間が無いのだ……さっさと寄越せ!   林堂:(苦笑しながら)だそうだ……どうする、立花よ? 誾千代:私達より刀か……舐められたものだな。 ナレーション:誾千代は、暫く目を閉じ、考え込んだ。そして、再び目を開け…… 誾千代:お前ら、ちこう寄れ! ナレーション:兵士2人は、警戒しつつも、誾千代と林堂の近くまで歩み寄った。そして、誾千代は何と、兵士の1人に刀を鞘ごと差し出した。兵士2人は、揃って驚きの表情を見せた。 誾千代:私の刀を持つことができたら……お前に譲ってもよい。 兵士A:…… ナレーション:兵士2人は、身震いしながら、実感していた。誾千代の刀からあふれ出る、闘気を。 兵士B:これは、まさしく凄い刀だ……おい、何をしている、早く奪え。ここは絶好の機会だぞ! ナレーション:兵士は、仲間に促され、誾千代の刀を恐る恐る握った。その直後である! 兵士A:ぎゃぁ~っ、重いっ!! ナレーション:兵士は、誾千代の刀の重さに耐え切れず、それを地面に落としてしまった。 誾千代:刀を落とすんじゃねえ、無礼者! 兵士A:グホッ!! ナレーション:誾千代は、兵士Aの腹部を右足のつま先から蹴り上げた。 兵士B:おい、大丈夫か!? 林堂:おい、お前……隙だらけだぞ! 兵士B:ギャア〜ッ!! ナレーション:林堂は、もう一人の兵士の額を狙って、刀の峰(みね)で叩き倒した。 誾千代:お前ら如きに、名匠(めいしょう)の刀が持ててたまるか! 林堂:単に刀を持ち、鎧をまとっただけで、出しゃばるな……このアマどもが! ナレーション:2人は、悶え苦しむ兵士を見下しながら、一喝した。誾千代は、刀を取り戻した。 誾千代:まったく……ホンモノの刀さえも持てない、即席兵士どもが! 林堂:そうだな、女子とはいえ豊臣の軍の者だ。少しは出来るかと思っていたが……過信だったようだ。 ナレーション:2人が踵を返し、歩こうとした、その時…… 兵士A:待て……このままじゃ、我々は帰れない。 兵士B:まてまて……気持ちは解るが、無茶だ! 兵士A:どけっ、邪魔だっ!! 兵士B:うわっ!?(足蹴にされた) 兵士A:私は……名誉ある豊臣の兵士だ。何も報告も出来ず……手ぶらで帰るワケには、いかないのだ! ナレーション:兵士の1人が自身の刀を鞘から抜くと、2人は足を止めた。そして、誾千代だけが再び正面に戻した。 林堂:そんな雑魚、放っておいても良いのでは? 誾千代:刀を向けられたんだ……礼儀を尽くさねばなるまい。 ナレーション:誾千代は、再び刀を抜いた。 兵士のソレとは、ひと回りも長く、幅も広く、更に重厚な野太刀である。誾千代は、八艘(はっそう)に構えた。 林堂:立花……それは、柳生の!? 誾千代:柳生……そんなヤツは知らん。面白そうな構えを、風の伝えで知っただけだ。 ナレーション:林堂からの質問を、誾千代は煙に巻いた。 誾千代:来い……貴様の腕、魅せてみろ! 兵士A:……でやぁ〜っ!! ナレーション:兵士は、何度も上段から斬りに掛かる。しかし誾千代は、軽く左右に避け続けた。そして、兵士の動きが鈍ったところを……鍔(つば)で受け止めた。 自然と、鍔迫り合い(つばぜりあい)のカタチになった。 誾千代:まあまあだ。女でも雑魚は倒せるだろう……だがっ!! ナレーション:誾千代はそう言って、兵士を軽く突き放した。 誾千代:はぁ~っ!! ナレーション:誾千代は、初めて上段から一気に、兵士の刀を目掛けて、刀を振(ふる)い落した。兵士の刀は、真っ二つに折れた。 兵士A:キャ〜ッ!? ナレーション:兵士は、自慢の刀を折られ、パニック状態となった。決着は、呆気(あっけ)なかった。 誾千代:華奢な女子ゆえ、槍すら重くて持てないから、軽い鈍ら刀(なまくらがたな)なのだろう? ナレーション:誾千代の問い掛けに、兵士は答えられなかった。それは、肯定を意味していた。 誾千代:お前らでは、話にならん……さっさと、秀吉の元に帰れ! ナレーション:誾千代が踵を返した、その時だった。 兵士A:頼む……斬ってくれ! (誾千代は背中を向けたまま) 兵士A:(泣きながら)こんな状態で、生き恥を晒したくない……“天下の為に尽くせ”と送り出してくれた家族に、示しが付かない……だから……だから! 誾千代:(再び、正面に返り)格好を付けてるんじゃ、ねえよ!! ナレーション:誾千代の一喝に、兵士2人は表情を青ざめた。武将は、ひとつひとつに威圧が込められている。 誾千代:お前1人が死んだところで、この土地の肥やしにすら、成らねえんだよ!数多(あまた)の兵士が散って、初めて戰場(いくさば)が出来るんだ。そんな彼等の血と肉、そして骨が、まさしく命の宿る土地を築いていくのだ! ナレーション:誾千代の説教に、2人は黙って聴くしかなかった。一方の林堂は、相変わらず背を向けたままだった。 誾千代:おい、お前! 兵士A:はっ……はいっ!? 誾千代:生き恥を晒したくなければ……刀を鍬(くわ)に持ち換えて、生きる証を作ってみせよ! 兵士A:えっ……ええっ!? 誾千代:刀を失ったお前なぞ、誰も兵士として使ってはくれぬわ。だから、せいぜい、ここで耕し、飯を作り、生きる証を作れ!空きの屋敷なら、分けてやる。だから、一度死んだつもりで……生まれ変わったつもりで、1から耕してみろ!農作業に、男も女も関係ない……私だって、耕してるんだ! 兵士A:…… ナレーション:兵士Aにすれば、生き残れるチャンスである。秀吉軍に戻ったところで、下っ端である。命の保証は無い。 誾千代:……そこの、もう1人のヤツ! 兵士B:はっ、はいっ!?(正座した) 誾千代:貴様が、秀吉に伝えるのだ……“兵士1名は、立花誾千代に斬り捨てられた”と! 兵士A:たっ……立花!? 兵士B:ぎっ、誾千代!? 兵士A:関白殿下を押し返した、あの……!? ナレーション:誾千代の言伝て(ことづて)に、2人は派手に驚いた。関白・秀吉を一歩も寄せ付けなかった、女傑・立花誾千代の武勇伝は、秀吉の軍一帯に伝わっていた。 林堂:(背を向けたまま)正気か、立花? 誾千代:ああ……こうなったら、再び豊臣と相見える(あいまみえる)までよ!……あの猿ヅラは、二度と拝みたくなかったけどな。   ナレーション:太閤関白を堂々と茶化す誾千代に、兵士2人は相手が悪過ぎたと、初めて痛感した。 誾千代:早急に……とは、言わない。ここで飯でも食ってから、出立(しゅったつ)しろ。 兵士A:ほっ、本当ですか!? 兵士B:本当に……本当に、ありがたき幸せ! 誾千代:ふぅ……本当に、関白の兵士なのか……?女にすら、兵糧も、ろくに与えないとは……うぐっ!? ナレーション:誾千代は、言い切る直前に片膝を着いた。 林堂:(慌てて正面に戻る)立花!?(誾千代を介抱しようとする) 兵士A:立花様!?(兵士2人も、援助しようとした) 誾千代:大丈夫だ! ナレーション:誾千代は介抱を断ると、ゆっくりと立ち上がった。 誾千代:林堂……すまぬが、あの2人を飯屋に案内してやってくれ。死合(しあい)は、延期だ。 林堂:……立花? 誾千代:秀吉は、間違いなく、ここを攻めてくる。あやつに刀を向けるまでは……そして、再びお前と死合うまでは……私は死なない! 林堂:……承知した。この者どもは、俺に任せろ。 誾千代:……林堂? 林堂:……何だ? 誾千代:その2人、戴く(いただく)なよ? 林堂:誰が喰うか!! 兵士A&B:(ほぼ同時に)ヒィ〜ッ!! 林堂:だから、誰も喰わねえと言ってるだろ!! ナレーション:林堂は兵士2人に目配せして踵を返し、歩き出すと、彼女達も追従した。 誾千代:……済まねえな、林堂。お前との約束、果たせるかは微妙だ。だが……秀吉にだけは、最期の雷(いかづち)を落とさねばな! ナレーション:その後、立花誾千代は、その土地で病死したと記されている。しかし、詳細は謎に包まれたままである。そして……時は22世紀へと突入する! ※この物語は、フィクションです。 ©2023 Lapis.Kazamidori  

ナレーション:時は、戦国。太閤・豊臣秀吉は、様々な戦略で領地を拡大。九州の征服に、いよいよ取り掛かろうとしていた。その九州の、とある奥地。男女が1人ずつ、刀を構え、対峙していた。 林堂:ようやく、決着をつける機会が訪れたというワケだ。 誾千代:私としては、二度と来なくても良かったのだがな……   林堂:それは、俺としては困る。何せ、『雷神の娘』の首が、そこにあるのだからな。真の剣聖である私には、譲れない野望だ。 誾千代:言っておくが、私は城を抜け出した、ただの落ち武者だぞ。刀の使い方は、何もない……単なる我流だ。剣聖さまには、殺る(やる)価値の無きに等しいと思うが……? 林堂:価値は有るぞ、立花よ。並の武士どもには解らない……俺だからこそ、高い価値だと解るのだ! 誾千代:…… 林堂:だから、死ぬ前に胸を張って良いのだぞ、立花。 誾千代:…… 林堂:どうした……何か気になる事でも、あるのか? 誾千代:そこで隠れて観てないで、出て来い!……言っておくが、見物料は高く付くぞ! 林堂:なに……? (茂みの中から、2人の兵士が姿を現した) 林堂:貴様ら、女子(おなご)か!?……だが、身なりからして、秀吉の者か? 兵士A:ほう……よく解ったな。 浪人の分際で。 林堂:俺は流浪の剣聖として、あらゆる国の武将や兵士らの稽古を付けてきたからな。どこぞの国の武将が着せるべき甲冑(かっちゅう)の種類くらいは、理解できるのだ。 兵士B:なるほど……ならば、話は早い。 兵士A:我らが豊臣軍は、戦(いくさ)の連続により、刀を使い果たしておる。 林堂:それで……俺達に、どうしろと言うのか? 兵士B:大人しく、我々にその持っている刀をよこせ! 林堂:何だ、刀の方が必要なのか……俺達を使えば、より簡単に敵を倒せるぞ? 誾千代:まあ、それは正論だな。 兵士A:関白殿下は、刀を求めておられる……貴様らは関係ない! 兵士B:ええい、時間が無いのだ……さっさと寄越せ!   林堂:(苦笑しながら)だそうだ……どうする、立花よ? 誾千代:私達より刀か……舐められたものだな。 ナレーション:誾千代は、暫く目を閉じ、考え込んだ。そして、再び目を開け…… 誾千代:お前ら、ちこう寄れ! ナレーション:兵士2人は、警戒しつつも、誾千代と林堂の近くまで歩み寄った。そして、誾千代は何と、兵士の1人に刀を鞘ごと差し出した。兵士2人は、揃って驚きの表情を見せた。 誾千代:私の刀を持つことができたら……お前に譲ってもよい。 兵士A:…… ナレーション:兵士2人は、身震いしながら、実感していた。誾千代の刀からあふれ出る、闘気を。 兵士B:これは、まさしく凄い刀だ……おい、何をしている、早く奪え。ここは絶好の機会だぞ! ナレーション:兵士は、仲間に促され、誾千代の刀を恐る恐る握った。その直後である! 兵士A:ぎゃぁ~っ、重いっ!! ナレーション:兵士は、誾千代の刀の重さに耐え切れず、それを地面に落としてしまった。 誾千代:刀を落とすんじゃねえ、無礼者! 兵士A:グホッ!! ナレーション:誾千代は、兵士Aの腹部を右足のつま先から蹴り上げた。 兵士B:おい、大丈夫か!? 林堂:おい、お前……隙だらけだぞ! 兵士B:ギャア〜ッ!! ナレーション:林堂は、もう一人の兵士の額を狙って、刀の峰(みね)で叩き倒した。 誾千代:お前ら如きに、名匠(めいしょう)の刀が持ててたまるか! 林堂:単に刀を持ち、鎧をまとっただけで、出しゃばるな……このアマどもが! ナレーション:2人は、悶え苦しむ兵士を見下しながら、一喝した。誾千代は、刀を取り戻した。 誾千代:まったく……ホンモノの刀さえも持てない、即席兵士どもが! 林堂:そうだな、女子とはいえ豊臣の軍の者だ。少しは出来るかと思っていたが……過信だったようだ。 ナレーション:2人が踵を返し、歩こうとした、その時…… 兵士A:待て……このままじゃ、我々は帰れない。 兵士B:まてまて……気持ちは解るが、無茶だ! 兵士A:どけっ、邪魔だっ!! 兵士B:うわっ!?(足蹴にされた) 兵士A:私は……名誉ある豊臣の兵士だ。何も報告も出来ず……手ぶらで帰るワケには、いかないのだ! ナレーション:兵士の1人が自身の刀を鞘から抜くと、2人は足を止めた。そして、誾千代だけが再び正面に戻した。 林堂:そんな雑魚、放っておいても良いのでは? 誾千代:刀を向けられたんだ……礼儀を尽くさねばなるまい。 ナレーション:誾千代は、再び刀を抜いた。 兵士のソレとは、ひと回りも長く、幅も広く、更に重厚な野太刀である。誾千代は、八艘(はっそう)に構えた。 林堂:立花……それは、柳生の!? 誾千代:柳生……そんなヤツは知らん。面白そうな構えを、風の伝えで知っただけだ。 ナレーション:林堂からの質問を、誾千代は煙に巻いた。 誾千代:来い……貴様の腕、魅せてみろ! 兵士A:……でやぁ〜っ!! ナレーション:兵士は、何度も上段から斬りに掛かる。しかし誾千代は、軽く左右に避け続けた。そして、兵士の動きが鈍ったところを……鍔(つば)で受け止めた。 自然と、鍔迫り合い(つばぜりあい)のカタチになった。 誾千代:まあまあだ。女でも雑魚は倒せるだろう……だがっ!! ナレーション:誾千代はそう言って、兵士を軽く突き放した。 誾千代:はぁ~っ!! ナレーション:誾千代は、初めて上段から一気に、兵士の刀を目掛けて、刀を振(ふる)い落した。兵士の刀は、真っ二つに折れた。 兵士A:キャ〜ッ!? ナレーション:兵士は、自慢の刀を折られ、パニック状態となった。決着は、呆気(あっけ)なかった。 誾千代:華奢な女子ゆえ、槍すら重くて持てないから、軽い鈍ら刀(なまくらがたな)なのだろう? ナレーション:誾千代の問い掛けに、兵士は答えられなかった。それは、肯定を意味していた。 誾千代:お前らでは、話にならん……さっさと、秀吉の元に帰れ! ナレーション:誾千代が踵を返した、その時だった。 兵士A:頼む……斬ってくれ! (誾千代は背中を向けたまま) 兵士A:(泣きながら)こんな状態で、生き恥を晒したくない……“天下の為に尽くせ”と送り出してくれた家族に、示しが付かない……だから……だから! 誾千代:(再び、正面に返り)格好を付けてるんじゃ、ねえよ!! ナレーション:誾千代の一喝に、兵士2人は表情を青ざめた。武将は、ひとつひとつに威圧が込められている。 誾千代:お前1人が死んだところで、この土地の肥やしにすら、成らねえんだよ!数多(あまた)の兵士が散って、初めて戰場(いくさば)が出来るんだ。そんな彼等の血と肉、そして骨が、まさしく命の宿る土地を築いていくのだ! ナレーション:誾千代の説教に、2人は黙って聴くしかなかった。一方の林堂は、相変わらず背を向けたままだった。 誾千代:おい、お前! 兵士A:はっ……はいっ!? 誾千代:生き恥を晒したくなければ……刀を鍬(くわ)に持ち換えて、生きる証を作ってみせよ! 兵士A:えっ……ええっ!? 誾千代:刀を失ったお前なぞ、誰も兵士として使ってはくれぬわ。だから、せいぜい、ここで耕し、飯を作り、生きる証を作れ!空きの屋敷なら、分けてやる。だから、一度死んだつもりで……生まれ変わったつもりで、1から耕してみろ!農作業に、男も女も関係ない……私だって、耕してるんだ! 兵士A:…… ナレーション:兵士Aにすれば、生き残れるチャンスである。秀吉軍に戻ったところで、下っ端である。命の保証は無い。 誾千代:……そこの、もう1人のヤツ! 兵士B:はっ、はいっ!?(正座した) 誾千代:貴様が、秀吉に伝えるのだ……“兵士1名は、立花誾千代に斬り捨てられた”と! 兵士A:たっ……立花!? 兵士B:ぎっ、誾千代!? 兵士A:関白殿下を押し返した、あの……!? ナレーション:誾千代の言伝て(ことづて)に、2人は派手に驚いた。関白・秀吉を一歩も寄せ付けなかった、女傑・立花誾千代の武勇伝は、秀吉の軍一帯に伝わっていた。 林堂:(背を向けたまま)正気か、立花? 誾千代:ああ……こうなったら、再び豊臣と相見える(あいまみえる)までよ!……あの猿ヅラは、二度と拝みたくなかったけどな。   ナレーション:太閤関白を堂々と茶化す誾千代に、兵士2人は相手が悪過ぎたと、初めて痛感した。 誾千代:早急に……とは、言わない。ここで飯でも食ってから、出立(しゅったつ)しろ。 兵士A:ほっ、本当ですか!? 兵士B:本当に……本当に、ありがたき幸せ! 誾千代:ふぅ……本当に、関白の兵士なのか……?女にすら、兵糧も、ろくに与えないとは……うぐっ!? ナレーション:誾千代は、言い切る直前に片膝を着いた。 林堂:(慌てて正面に戻る)立花!?(誾千代を介抱しようとする) 兵士A:立花様!?(兵士2人も、援助しようとした) 誾千代:大丈夫だ! ナレーション:誾千代は介抱を断ると、ゆっくりと立ち上がった。 誾千代:林堂……すまぬが、あの2人を飯屋に案内してやってくれ。死合(しあい)は、延期だ。 林堂:……立花? 誾千代:秀吉は、間違いなく、ここを攻めてくる。あやつに刀を向けるまでは……そして、再びお前と死合うまでは……私は死なない! 林堂:……承知した。この者どもは、俺に任せろ。 誾千代:……林堂? 林堂:……何だ? 誾千代:その2人、戴く(いただく)なよ? 林堂:誰が喰うか!! 兵士A&B:(ほぼ同時に)ヒィ〜ッ!! 林堂:だから、誰も喰わねえと言ってるだろ!! ナレーション:林堂は兵士2人に目配せして踵を返し、歩き出すと、彼女達も追従した。 誾千代:……済まねえな、林堂。お前との約束、果たせるかは微妙だ。だが……秀吉にだけは、最期の雷(いかづち)を落とさねばな! ナレーション:その後、立花誾千代は、その土地で病死したと記されている。しかし、詳細は謎に包まれたままである。そして……時は22世紀へと突入する! ※この物語は、フィクションです。 ©2023 Lapis.Kazamidori