台本概要

 35 views 

タイトル 浮島の下にある黒き海溝は雨垂れに穿つ〜橙色〜 中編
作者名 明桜 リア  (@ria_meiou)
ジャンル ファンタジー
演者人数 4人用台本(不問4)
時間 20 分
台本使用規定 商用、非商用問わず連絡不要
説明 長かったのを前編、中編、後編と分けました。

この世界は色によって違う浮島がある。
レッド、イエロー、グリーン、オレンジ、ホワイトの四つの島があり、行き来するためには飛行船が必要だった。
世界は色結晶(いろけっしょう)に溢れており、通貨にも機械などを動かしたりするのにも使われている。
結晶を破壊してしまうと島が黒くなっていき、下にある海溝に落ちて行ってしまう。
それだけでなく、もしこの世界の深淵を覗いてしまうと…?

名前は確認してから、読んでいただけるとありがたいです。

*使用について*
・使用許可は要りません。
・配信に使っていただいても構いませんん。もし使うよーって言ってくださったら、飛んで見に行きます。
・使った報告していただけましたら、はっちゃけます。五体投地します。
・自作発言はお控えください。
・改変、加工は物語を大幅に改善する事以外は大丈夫です。

何かありましたら、お聞きください!

後は、とにかく楽しんで演じてください!

 35 views 

キャラ説明  

名前 性別 台詞数 説明
丹色 不問 51 猩々 丹色(しょうじょう にいろ)。べらんめぇ口調。ガサツな性格。基本的にめんどくさいことはしないが、なんやかんや優しいのが丸見え。オトギリとは気が合う。赤いの色名(しきめい)からつけた名前。
オトギリ 不問 44 オトギリ・ラブラドルライト性格の悪い天才研究者。口も悪い、態度もでかい。でも丹色とは何か気が合う。プライドがエベレストをも超える。鉱石(宝石)と花の名前からつけた名前。
セイファ 不問 10 純粋なサイコパス。悪意のなき悪意。おかしいなら消してしまってもいいという考えを持っている。カイファが好き。海に映る星から来た名前。
ダリア 不問 21 森の動物達と過ごしていたと言う子ども。か弱い少年に見えるが…? 読み終わった後にダリアの花言葉を調べてみてください。怖い意味もありますね。
※役をクリックするとセリフに色が付きます。

台本本編

文字サイズ
0: 0:場面転換(市場) 0: 丹色:ったくよぉ。あのインテリ気取りときたらよぉ…。人に命令しやがって。それにしても…*胡散《うさん》くせぇ街だねい。誰も彼もが怒りも悲しみもしねぇで笑っていやがる。おっと、いっけねぇ。ここでそれを言っちゃあ*角《かど》が立つな。 セイファ:お兄さん。 丹色:さぁて、何から見てきゃいいかねぇ…。 セイファ:お兄さんってば。 丹色:んお!?急に服を引っ張るからびびっちまったじゃねぇかい。なんだぁ?ガキじゃねぇか。どした?一人で歩いてちゃあぶねぇってもんだ。*親御《おやご》さんはどこにいんだい? セイファ:お兄さんは変な人だね。 丹色:おいおい。出会い頭にそんなこと言われるたぁ思わなかったぜ。んで?なんでそう思ったんだい? セイファ:だって、お兄さんも『知ってる』んでしょ? 丹色:…それは何を? セイファ:この世界がおかしいって。 丹色:…何を言ってるかと思いきやぁ、そんなわけねぇよ。なぁーんにもおかしくなんかねぇだろうが。 セイファ:嘘つき。 丹色:あ? セイファ:知ってるよ。お兄さんともう一人のお兄さんも、この世界がおかしいって感じてるの。 丹色:…お前さん、どうしてそう思った?それだけじゃねぇ。なんで俺以外にいると思ったんでい?おらぁは一言ももう一人いるってぇこたぁは言ってねぇ。それにお前さんに会った事もねぇしな。 セイファ:だって、『あの人』が言ってた。それに二人とも調べてるんでしょ?今回の『事件』のこと。 丹色:…何? セイファ:待ってるから、見つけてね?まぁでも、見つけれるなら…ね? 丹色:お前さん、一体何を…。 セイファ:それじゃ、お兄さん。またね。 丹色:ちょ、ちょいと待たねぇか!おいおい、人が多い上に足が速いこったなぁ!!ちょいと道開けてくれねぇか!どいてくれ! 丹色:…くそ、どこだ!!…だー!!*見失《みうしな》っちまった!!人は多いわガキは速いわで、*踏《ふ》んだり*蹴《け》ったりだぜ…。あー…こりゃ怒られちまうだろうが…報告すっかねぇ…。 0: 0:場面転換(事務所) 0: 丹色:たでーま。 オトギリ:普通に*挨拶《あいさつ》できないのか。 丹色:んなこたぁどうでもいいような出来事が起こったんでい…。うぶっ、はぁー…やっぱし*家《うち》が一番いいねぇー…。 オトギリ:…お前がそこまで疲れているなんて*珍《めず》しいな。一体、何があった。 丹色:いやぁ、これは予測でしかねぇが…*奴《やっこ》さん達に、俺たちの事がバレてるみてぇだぞ。 オトギリ:そうか、バレて…は!?なんだと!?どういうことだ! 丹色:ちけぇわ!!チッ、耳がいてぇ…。 オトギリ:お前の耳なんぞどうでもいい!それよりも何故相手にバレているんだ。 丹色:いやぁ、情報収集の為に街に*繰《く》り出したわけだが、*相《あい》も変わらずな場所だったわけだが…そこで見た事もねぇガキにあった。 オトギリ:どんな容姿だ。 丹色:真っ白な髪を耳あたりで切り*揃《そろ》えててな。目が金色で肌は色白、年齢的には十歳くらいだな。 オトギリ:そんな子どもが、お前の正体に気がついていた…だと…? 丹色:それだけじゃねぇ。俺たちが二人だってぇのも気がついていやがった。あー…これは闇がふけぇ話になってきてっぞ。 オトギリ:…あぁ。相手にこちらの情報だけが流れているようだ。だが、一体どうやって…。 丹色:そいつぁ分からん。聞いている限りじゃあ、確実に知っているってぇ感じだったな。んあー…そうだ。もう一つ、気になる事を言ってたな。 オトギリ:なんだ。さっさと言え。*簡潔《かんけつ》に。 丹色:分かってらぁな。急かすんじゃねぇや。あのガキ、『あのお方』って言ってやがったってぇことはだ、アイツの後ろに誰かがいるってぇことだ。 オトギリ:子どもがこんな事を起こしている上に、さらに*黒幕《くろまく》がいるだと…? 丹色:そういうこった。詰まる事ながら、どんどんややこしくなってきたってぇこったな。 オトギリ:裏にいる人物、か。一体どんな人物なのかが分からんな。 丹色:そぉなんだよなぁ。あー!おらぁこんな事に悩むたちじゃなねぇんだよ! オトギリ:だろうな。知っている。にしても…どうして、こんな事を思いついたのか…理解ができん。それにこの事件を起こせるということは、僕たちと同じ考えで違和感に気がついている、ということだからな。 丹色:そうなるだろうなぁ。わけ分からんな。あ、そういやもう一つおかしい事があったな。 オトギリ:はぁ、もう一つあったのか。早く言え。 丹色:わぁってるよ。さっき、ガキの容姿について言ったろ? オトギリ:あぁ、そうだな。 丹色:思い返してみろい。この島で生きてる人間は髪の毛こそ色とりどりだが、*瞳《ひとみ》の色は必ず*橙色《だいだいいろ》をしているはずが…あのガキの目は、金色だった。 オトギリ:まさか…。 丹色:そうだ。普通は島の色と同じの瞳の色をしているはずが、だ。そうじゃねぇって事は、どの島にも属してねぇ可能性が出てきたってぇわけだ。そんでもって、そう言うやつが他にもいるってぇ事もあり得るってことだ。 オトギリ:お前にしてはよく考えたな。確かにその通りだ。 丹色:テメェは一言よけぇなんだよ! 0: 0:扉を叩く音がする 0: 丹色:あ?おい、お客さんだぜって…ん?なんで俺たちのところに、客がくんだ? オトギリ:知らん。僕は忙しいから、お前が開けろ。 丹色:はいはい。インテリはこれだからなぁ。 0: 0:扉を開ける。 0: 丹色:ほいよっと、どなたさんでい。 ダリア:あ、あの…。 丹色:お?また*幼《おさな》そうなお客さんだねい。どうしたってんだ。…おっと、ここじゃあ話しにくいさね。中に入んな。 ダリア:え、あ、お、お邪魔します…。 丹色:おーい。ほら、お客さんだぜ。 オトギリ:お前は何もしていないな? 丹色:何するってぇんだよ。 オトギリ:はぁ…。いい、僕が聞く。 オトギリ:君…、もう入っているが、聞かせていただきたい事があります。我々のことを知る人間なんて居ないはずですが、それを家の場所まで知っていた。貴方は、何者ですか?そして、ここをどうやって知ったのでしょうかね。 丹色:おいおいおい!話くらい聞いてやりゃいいじゃねぇか。 オトギリ:はぁ…これだから単細胞は…。いいか。なんで、こいつが僕達のいる場所がわかったのか、それだけではない。まるで、ここなら…と言わんばかりに来た。その理由を問いたい。 丹色:まぁ…確かにさっき俺も言ったなぁ。んじゃあ、がきんちょ。教えてもらっていいかい? ダリア:あ…えっと…知らない、おじさんがね。地図をくれて、ここに来たらいいって…。 オトギリ:その地図とやらは持ってきているのか? ダリア:あ、はい。これ、です。 オトギリ:ふむ…。この地図は、僕たちの家を指している。嘘はついてなさそうだが、なんの話でここにきたんだ? ダリア:その、えっと… オトギリ:言えない理由でも? ダリア:ご、ごめんなさい…。 オトギリ:だから、言えない理由があるのかと… 丹色:(言い終わる前に被せる)おぉっと!すまねぇな、あー、えっと、名前を聞いちゃいなかったな。なんて名前だい? ダリア:あ、僕はダリア…。 丹色:そうか、ダリアってぇんだな。俺は、丹色。んで、そこの*陰険眼鏡《いんけんめがね》がオトギリってんだぁ。よろしくな。 ダリア:よろしく、お願いします。 オトギリ:お前…。 丹色:(小声)そんな怖い言い方しちまったら、話しにくかろうが。まずは話しやすい環境を作ることが大事だろうがよ。違うかい? オトギリ:はぁ…。まさかお前に*諭《さと》されるとはな。 オトギリ:君、すまなかったな。 ダリア:え、あ、だい、じょうぶ、です。 丹色:入り口近くでってもな。ささ、はいんねぇ。茶でも飲みながら、話そうじゃねぇか。ここのソファーに座りな。茶入れてくっから、オトギリに話しときな。 丹色:おいオトギリ、優しく話を聞けよ。さっきみたいな事はすんなよ。 オトギリ:わかっている。 丹色:んじゃ、待ってな。 オトギリ:はぁ。先程はすまなかった。少し神経質になっていた。 ダリア:い、いえ…。 オトギリ:ところで、君にここの事を教えたのは、一体どんな人物だったか覚えてはいないのだろうか。 ダリア:えっと、確か…身長が高くて…あれ?なんでだろう…思い出せない…。 オトギリ:ふむ…自分のことを認識させぬようにしているのか。分からないのらなら、構わない。それで、君の悩みとは何かな? ダリア:それは… 丹色:おい!茶ー持ってきだぞー!ついでに菓子も持ってきたぜぇ! オトギリ:お前な…なんでこのタイミングで来るんだ。この筋肉脳みそが!! 丹色:なんでい!!何が駄目だってぇんだ!!場を*和《なご》ませるためにした事だろうがい! オトギリ:大事な事を聞こうとしていたんだ!最悪だ!!ちょっとは来るタイミングを考えろ! 丹色:何でい!!色々言ってきたがって、ウルセェやつだな! オトギリ:お前は何もかもがタイミング最低男なんだ!! 丹色:んだとぉ!? ダリア:ま、待ってください!! 丹色:んお!?なんでぇ!? ダリア:は、話を聞いて欲しくて!お願いしても、いいですか? 丹色:あー…おっとぉ、すまねぇな。そうだった、話を聞かねぇとな。俺たちの*素っ頓狂《すっとんきょう》な話をする訳にはいかねぇな。 オトギリ:お前のせいだがな。 丹色:すまねぇって。ま、話を聞かせてもらおうじゃねぇか。で、どんな話だい? ダリア:僕、森の方で動物だちと一緒にいたりしてるんですが、でも最近どんどん森が暗くなってきて、動物達と会えなくなっちゃって…それだけじゃなくて、森にも入れなくなっちゃいました…。 オトギリ:確かに、どんどん進行が早くなってきていると聞いている。 ダリア:そうなんです。直してくれてるけど、直らないんです…。どうしたらいいのか、分からなくて…。 オトギリ:なるほど、そうか。 丹色:こいつぁ、えれぇこったな。修正人にも直せねぇのか…。どれ程、消しまくってんだぁ? オトギリ:確かにそうだな。僕が確認していた事以上の出来事が起こっているな…。 ダリア:あの…どうしたらいいのでしょうか…。 オトギリ:とりあえず、僕はさっきしていた研究と調査をする。丹色、お前は街でもっと情報を集めてこい。全くもって情報が集められていない。あと、修正人にも話を聞いてこい。 丹色:ったく、人使いがあれぇこって。わーったよ。もう一回街に行って見つけてくっから、待ってなぁ。 オトギリ:さっさと行け。 丹色:はいはい、んじゃ、行ってくっわ。ガキをいじめんじゃねぇぞ。 オトギリ:しないから早く行け。 丹色:ウルセェやつだなぁ。ま、行ってくらぁな。 0: 0:丹色が出ていく 0: オトギリ:…行ったか。まずは君に聞きたいことある。 ダリア:はい…。 オトギリ:ここに来るようにと言った人物とは、一体どこで会ったのか。そこは確実にしておきたい。 ダリア:えっと…。森の入り口にいた時に、急に後ろから話しかけられて…。君の悩みはここに行けば解決するって、言われました。その時にここに来るための地図を渡されて顔を上げたら、その男の人は、消えてしまっていました…。お礼を言えないまま…。でも、その男の人よりもこの事件が解決するならって思って、ここに来たんです。 オトギリ:なるほど、理解した。では、暫くここで休んでいくといい。二階に休める場所がある。そこでゆっくりしていきなさい。 ダリア:いいんですか…? オトギリ:構わない。早く二階に行きなさい。 ダリア:は、はい…!! 0: 0:二階へ向かって行く。 0: オトギリ:あれは、危ないな…。このままでは計画が台無しになってしまう。

0: 0:場面転換(市場) 0: 丹色:ったくよぉ。あのインテリ気取りときたらよぉ…。人に命令しやがって。それにしても…*胡散《うさん》くせぇ街だねい。誰も彼もが怒りも悲しみもしねぇで笑っていやがる。おっと、いっけねぇ。ここでそれを言っちゃあ*角《かど》が立つな。 セイファ:お兄さん。 丹色:さぁて、何から見てきゃいいかねぇ…。 セイファ:お兄さんってば。 丹色:んお!?急に服を引っ張るからびびっちまったじゃねぇかい。なんだぁ?ガキじゃねぇか。どした?一人で歩いてちゃあぶねぇってもんだ。*親御《おやご》さんはどこにいんだい? セイファ:お兄さんは変な人だね。 丹色:おいおい。出会い頭にそんなこと言われるたぁ思わなかったぜ。んで?なんでそう思ったんだい? セイファ:だって、お兄さんも『知ってる』んでしょ? 丹色:…それは何を? セイファ:この世界がおかしいって。 丹色:…何を言ってるかと思いきやぁ、そんなわけねぇよ。なぁーんにもおかしくなんかねぇだろうが。 セイファ:嘘つき。 丹色:あ? セイファ:知ってるよ。お兄さんともう一人のお兄さんも、この世界がおかしいって感じてるの。 丹色:…お前さん、どうしてそう思った?それだけじゃねぇ。なんで俺以外にいると思ったんでい?おらぁは一言ももう一人いるってぇこたぁは言ってねぇ。それにお前さんに会った事もねぇしな。 セイファ:だって、『あの人』が言ってた。それに二人とも調べてるんでしょ?今回の『事件』のこと。 丹色:…何? セイファ:待ってるから、見つけてね?まぁでも、見つけれるなら…ね? 丹色:お前さん、一体何を…。 セイファ:それじゃ、お兄さん。またね。 丹色:ちょ、ちょいと待たねぇか!おいおい、人が多い上に足が速いこったなぁ!!ちょいと道開けてくれねぇか!どいてくれ! 丹色:…くそ、どこだ!!…だー!!*見失《みうしな》っちまった!!人は多いわガキは速いわで、*踏《ふ》んだり*蹴《け》ったりだぜ…。あー…こりゃ怒られちまうだろうが…報告すっかねぇ…。 0: 0:場面転換(事務所) 0: 丹色:たでーま。 オトギリ:普通に*挨拶《あいさつ》できないのか。 丹色:んなこたぁどうでもいいような出来事が起こったんでい…。うぶっ、はぁー…やっぱし*家《うち》が一番いいねぇー…。 オトギリ:…お前がそこまで疲れているなんて*珍《めず》しいな。一体、何があった。 丹色:いやぁ、これは予測でしかねぇが…*奴《やっこ》さん達に、俺たちの事がバレてるみてぇだぞ。 オトギリ:そうか、バレて…は!?なんだと!?どういうことだ! 丹色:ちけぇわ!!チッ、耳がいてぇ…。 オトギリ:お前の耳なんぞどうでもいい!それよりも何故相手にバレているんだ。 丹色:いやぁ、情報収集の為に街に*繰《く》り出したわけだが、*相《あい》も変わらずな場所だったわけだが…そこで見た事もねぇガキにあった。 オトギリ:どんな容姿だ。 丹色:真っ白な髪を耳あたりで切り*揃《そろ》えててな。目が金色で肌は色白、年齢的には十歳くらいだな。 オトギリ:そんな子どもが、お前の正体に気がついていた…だと…? 丹色:それだけじゃねぇ。俺たちが二人だってぇのも気がついていやがった。あー…これは闇がふけぇ話になってきてっぞ。 オトギリ:…あぁ。相手にこちらの情報だけが流れているようだ。だが、一体どうやって…。 丹色:そいつぁ分からん。聞いている限りじゃあ、確実に知っているってぇ感じだったな。んあー…そうだ。もう一つ、気になる事を言ってたな。 オトギリ:なんだ。さっさと言え。*簡潔《かんけつ》に。 丹色:分かってらぁな。急かすんじゃねぇや。あのガキ、『あのお方』って言ってやがったってぇことはだ、アイツの後ろに誰かがいるってぇことだ。 オトギリ:子どもがこんな事を起こしている上に、さらに*黒幕《くろまく》がいるだと…? 丹色:そういうこった。詰まる事ながら、どんどんややこしくなってきたってぇこったな。 オトギリ:裏にいる人物、か。一体どんな人物なのかが分からんな。 丹色:そぉなんだよなぁ。あー!おらぁこんな事に悩むたちじゃなねぇんだよ! オトギリ:だろうな。知っている。にしても…どうして、こんな事を思いついたのか…理解ができん。それにこの事件を起こせるということは、僕たちと同じ考えで違和感に気がついている、ということだからな。 丹色:そうなるだろうなぁ。わけ分からんな。あ、そういやもう一つおかしい事があったな。 オトギリ:はぁ、もう一つあったのか。早く言え。 丹色:わぁってるよ。さっき、ガキの容姿について言ったろ? オトギリ:あぁ、そうだな。 丹色:思い返してみろい。この島で生きてる人間は髪の毛こそ色とりどりだが、*瞳《ひとみ》の色は必ず*橙色《だいだいいろ》をしているはずが…あのガキの目は、金色だった。 オトギリ:まさか…。 丹色:そうだ。普通は島の色と同じの瞳の色をしているはずが、だ。そうじゃねぇって事は、どの島にも属してねぇ可能性が出てきたってぇわけだ。そんでもって、そう言うやつが他にもいるってぇ事もあり得るってことだ。 オトギリ:お前にしてはよく考えたな。確かにその通りだ。 丹色:テメェは一言よけぇなんだよ! 0: 0:扉を叩く音がする 0: 丹色:あ?おい、お客さんだぜって…ん?なんで俺たちのところに、客がくんだ? オトギリ:知らん。僕は忙しいから、お前が開けろ。 丹色:はいはい。インテリはこれだからなぁ。 0: 0:扉を開ける。 0: 丹色:ほいよっと、どなたさんでい。 ダリア:あ、あの…。 丹色:お?また*幼《おさな》そうなお客さんだねい。どうしたってんだ。…おっと、ここじゃあ話しにくいさね。中に入んな。 ダリア:え、あ、お、お邪魔します…。 丹色:おーい。ほら、お客さんだぜ。 オトギリ:お前は何もしていないな? 丹色:何するってぇんだよ。 オトギリ:はぁ…。いい、僕が聞く。 オトギリ:君…、もう入っているが、聞かせていただきたい事があります。我々のことを知る人間なんて居ないはずですが、それを家の場所まで知っていた。貴方は、何者ですか?そして、ここをどうやって知ったのでしょうかね。 丹色:おいおいおい!話くらい聞いてやりゃいいじゃねぇか。 オトギリ:はぁ…これだから単細胞は…。いいか。なんで、こいつが僕達のいる場所がわかったのか、それだけではない。まるで、ここなら…と言わんばかりに来た。その理由を問いたい。 丹色:まぁ…確かにさっき俺も言ったなぁ。んじゃあ、がきんちょ。教えてもらっていいかい? ダリア:あ…えっと…知らない、おじさんがね。地図をくれて、ここに来たらいいって…。 オトギリ:その地図とやらは持ってきているのか? ダリア:あ、はい。これ、です。 オトギリ:ふむ…。この地図は、僕たちの家を指している。嘘はついてなさそうだが、なんの話でここにきたんだ? ダリア:その、えっと… オトギリ:言えない理由でも? ダリア:ご、ごめんなさい…。 オトギリ:だから、言えない理由があるのかと… 丹色:(言い終わる前に被せる)おぉっと!すまねぇな、あー、えっと、名前を聞いちゃいなかったな。なんて名前だい? ダリア:あ、僕はダリア…。 丹色:そうか、ダリアってぇんだな。俺は、丹色。んで、そこの*陰険眼鏡《いんけんめがね》がオトギリってんだぁ。よろしくな。 ダリア:よろしく、お願いします。 オトギリ:お前…。 丹色:(小声)そんな怖い言い方しちまったら、話しにくかろうが。まずは話しやすい環境を作ることが大事だろうがよ。違うかい? オトギリ:はぁ…。まさかお前に*諭《さと》されるとはな。 オトギリ:君、すまなかったな。 ダリア:え、あ、だい、じょうぶ、です。 丹色:入り口近くでってもな。ささ、はいんねぇ。茶でも飲みながら、話そうじゃねぇか。ここのソファーに座りな。茶入れてくっから、オトギリに話しときな。 丹色:おいオトギリ、優しく話を聞けよ。さっきみたいな事はすんなよ。 オトギリ:わかっている。 丹色:んじゃ、待ってな。 オトギリ:はぁ。先程はすまなかった。少し神経質になっていた。 ダリア:い、いえ…。 オトギリ:ところで、君にここの事を教えたのは、一体どんな人物だったか覚えてはいないのだろうか。 ダリア:えっと、確か…身長が高くて…あれ?なんでだろう…思い出せない…。 オトギリ:ふむ…自分のことを認識させぬようにしているのか。分からないのらなら、構わない。それで、君の悩みとは何かな? ダリア:それは… 丹色:おい!茶ー持ってきだぞー!ついでに菓子も持ってきたぜぇ! オトギリ:お前な…なんでこのタイミングで来るんだ。この筋肉脳みそが!! 丹色:なんでい!!何が駄目だってぇんだ!!場を*和《なご》ませるためにした事だろうがい! オトギリ:大事な事を聞こうとしていたんだ!最悪だ!!ちょっとは来るタイミングを考えろ! 丹色:何でい!!色々言ってきたがって、ウルセェやつだな! オトギリ:お前は何もかもがタイミング最低男なんだ!! 丹色:んだとぉ!? ダリア:ま、待ってください!! 丹色:んお!?なんでぇ!? ダリア:は、話を聞いて欲しくて!お願いしても、いいですか? 丹色:あー…おっとぉ、すまねぇな。そうだった、話を聞かねぇとな。俺たちの*素っ頓狂《すっとんきょう》な話をする訳にはいかねぇな。 オトギリ:お前のせいだがな。 丹色:すまねぇって。ま、話を聞かせてもらおうじゃねぇか。で、どんな話だい? ダリア:僕、森の方で動物だちと一緒にいたりしてるんですが、でも最近どんどん森が暗くなってきて、動物達と会えなくなっちゃって…それだけじゃなくて、森にも入れなくなっちゃいました…。 オトギリ:確かに、どんどん進行が早くなってきていると聞いている。 ダリア:そうなんです。直してくれてるけど、直らないんです…。どうしたらいいのか、分からなくて…。 オトギリ:なるほど、そうか。 丹色:こいつぁ、えれぇこったな。修正人にも直せねぇのか…。どれ程、消しまくってんだぁ? オトギリ:確かにそうだな。僕が確認していた事以上の出来事が起こっているな…。 ダリア:あの…どうしたらいいのでしょうか…。 オトギリ:とりあえず、僕はさっきしていた研究と調査をする。丹色、お前は街でもっと情報を集めてこい。全くもって情報が集められていない。あと、修正人にも話を聞いてこい。 丹色:ったく、人使いがあれぇこって。わーったよ。もう一回街に行って見つけてくっから、待ってなぁ。 オトギリ:さっさと行け。 丹色:はいはい、んじゃ、行ってくっわ。ガキをいじめんじゃねぇぞ。 オトギリ:しないから早く行け。 丹色:ウルセェやつだなぁ。ま、行ってくらぁな。 0: 0:丹色が出ていく 0: オトギリ:…行ったか。まずは君に聞きたいことある。 ダリア:はい…。 オトギリ:ここに来るようにと言った人物とは、一体どこで会ったのか。そこは確実にしておきたい。 ダリア:えっと…。森の入り口にいた時に、急に後ろから話しかけられて…。君の悩みはここに行けば解決するって、言われました。その時にここに来るための地図を渡されて顔を上げたら、その男の人は、消えてしまっていました…。お礼を言えないまま…。でも、その男の人よりもこの事件が解決するならって思って、ここに来たんです。 オトギリ:なるほど、理解した。では、暫くここで休んでいくといい。二階に休める場所がある。そこでゆっくりしていきなさい。 ダリア:いいんですか…? オトギリ:構わない。早く二階に行きなさい。 ダリア:は、はい…!! 0: 0:二階へ向かって行く。 0: オトギリ:あれは、危ないな…。このままでは計画が台無しになってしまう。