台本概要

 331 views 

タイトル 年上彼女と僕の恋
作者名 めぶき  (@mebuki_motobe)
ジャンル ラブストーリー
演者人数 4人用台本(男2、女2) ※兼役あり
時間 30 分
台本使用規定 非商用利用時は連絡不要
説明 冷たい雨が降るある夜。僕はひとりの女性と出会った。彼女の笑顔を見て、一緒に過ごしたい。そう思った僕は、彼女と連絡先を交換した。そこからは、僕と彼女と僕たちの友人と4人で過ごす日を送っていた。

 331 views 

キャラ説明  

名前 性別 台詞数 説明
45 コールセンターで働いていて、丁寧で穏やかな性格。会社では新人研修を担当している。22歳。一人称は「僕」
美咲 68 おっとりとした性格で、優しさに溢れた女性。友人の小百合とはネットで知り合い、東京と大阪ではあるが、ちょくちょく連絡をとっている。27歳。一人称は「私」
悟史 41 行動力があり、人をまとめていくのも上手。親友の誠とは高校時代からの付き合い。仕事は深夜のラジオパーソナリティ。芸名はRAGE(レイジ)。22歳。一人称は「俺」
小百合 51 美咲の友人で、関西に住む。体調を崩しやすく、仕事はドクターストップ。また、仲良しの3人となかなか会えないため、引っ越しを考えている。27歳。一人称は「うち」※Mと兼役
※役をクリックするとセリフに色が付きます。

台本本編

文字サイズ
誠:(M)僕が彼女と出会ったのは、冷たい雨が降る夜。傘も持たずに出かけた僕は、何もできずに、ただぼんやりと駅の屋根の下で雨宿りをしていた。すると、ひとりの女性が僕に声をかけてきた 美咲:大丈夫ですか?良かったら、傘、入って行きませんか? 誠:(M)そこには、優しい笑顔で僕をみつめる女性がいた。おそらく年上だろう。僕は思わず「あ、ありがとうございます」と傘に入れてもらった 美咲:どちらまで行かれますか? 誠:あ、バスターミナルまでです 美咲:じゃあ、ちょうど良かったです。私も同じなので 誠:(M)僕は、その笑顔に惹かれ、ひと目でその女性に恋をした 誠:あの…お礼がしたいので、連絡先、教えてくださいませんか? 美咲:え…? 誠:(M)思いがけない僕のひと言に、彼女は一瞬驚いた様子を見せた 誠:あ、突然すみません。失礼でしたよね 美咲:良いですよ。メールの交換で良ければ 誠:ありがとうございます。僕、誠って言います 美咲:私は美咲です。よろしくお願いします。あ、雨も小降りになりましたね。じゃあ、帰り道、お気をつけて 誠:はい。今度、連絡させていただきます 美咲:お待ちしてます。じゃあ、また 誠:(M)彼女の名前は美咲さん。メールのやり取りを重ね、いつの間にか電話もつながり、今では僕の親友の悟史や、美咲の友人の小百合さんとも交流を取るようになり、呼び方の距離感も変わっていた M:電話のコール音(ルルルと口で言ってもOK) 誠:もしもし、美咲ちゃん? 美咲:こんばんは。今日もお疲れさま、誠くん。お仕事、どうだった? 誠:今日は、クレームの(電話)がきちゃってね。新人の子が対応したから、少しこじれちゃって 美咲:そっか。大変だったね 誠:大丈夫。こうやって、美咲ちゃんと話してるから、もう落ち着いてるよ 美咲:そっか。良かった。あまり無理しないでね? 誠:ありがとう。大丈夫だよ 美咲:うん。あ、そう言えば、小百合ちゃんが今週末に東京に出てくるんだって 誠:そうなんだ。じゃあ、タイミングが合えば悟史も含めて一緒に4人でご飯とかに行きたいね 美咲:そうだね。小百合ちゃんに用事、聞いてみようかな 誠:うん。僕も悟史の予定、調整できるかを確認してみる。じゃあ、また明日。お休み 美咲:うん。お休みなさい M:美咲の自宅にて。美咲が小百合に電話をかける 美咲:もしもし、小百合ちゃん? 小百合:あ、もしもーし!美咲ちゃん、こんばんは!こんな時間に、どないしてん? 美咲:週末に東京に来るって言ってたから、誠くんと私と悟史くん、それと小百合ちゃんの4人で会えないかなぁと思って連絡したの 小百合:あ、そうなんや。ありがとうな。金曜日の夜行バスでこっちを出るから、土曜日の朝に新宿に着くと思うで。日曜日の夕方までゆっくりできるから、時間なら大丈夫やと思うわ 美咲:じゃあ、土曜日に集まって、食事やカラオケに行こうね 小百合:了解!みんなに会えるの、楽しみにしとるわ! 美咲:あと、ホテルは取らなくていいからね。私の部屋に泊まっていってね 小百合:ホンマに?ありがとう!助かるわ〜 美咲:あとは、誠くんが仕事の調整をして連絡をくれるって 小百合:そうなんや。誠くん、仕事は大丈夫なん?コールセンターやろ?土日は休めるん? 美咲:大丈夫。コールセンターのカスタマーサービスも、土日祝日はお休みのところだから 小百合:ほな、会えるのを楽しみにしとるわ!ありがとな! 美咲:あ、ちょっと待って。キャッチホンきた 小百合:ほな、電話、切ろうか? 美咲:うん。また連絡するね M:小百合との会話を終え、誠の電話に出る 美咲:もしもし? 誠:あ、美咲ちゃん。ごめんな、急に 美咲:大丈夫だよ。今ね、小百合ちゃんと話して、スケジュール確認したよ。金曜日の夜行バスに乗って、土曜日の朝に新宿に到着するらしいから、土曜日の朝から日曜日の夕方まで遊べそうだって。あとね、ホテルじゃなくて私の部屋に泊まってもらうつもり 誠:わかった。ありがとう。寝る前に悟史と連絡が取れて、今週末なら参加できそうだって。金曜日の夜の生放送の番組が終われば、早朝には一旦、家に帰るって言ってた。で、その後でみんなで集まって、小百合ちゃんをビックリさせようかって話になった 美咲:そっか。みんなのスケジュール、合ってちょうど良かったね 誠:そうだね。これだけの連絡だったのに、時間取らせてごめんな 美咲:大丈夫だよ。気にしてない。早めにスケジュールの確認ができたから安心したよ。ありがとう。じゃあ、お休みなさい 誠:うん、お休み M:金曜日夜、同じラジオ番組を聞いていた誠と美咲 悟史:こんばんは!本日も始まりました、RAGE(レイジ)のGood Night memory!早速ですが、オープニングコーナー「告白の1枚」から、メールをひとつ、お届けします。ペンネーム、朝の日差しさんから。「僕の好きな人は、年上の女性です。雨の日、傘を差し出してくれたのですが、ひと目で好きになりました。告白をしたほうが良いでしょうか?」とのこと。ん〜、そうだね、やっぱり君の気持ち、伝えてみようか。出会いは貴重!勇気を出して、告白してみましょう!上手くいくことを祈ってるよ!ありがとうー! 誠:あ…これ、僕があの雨の日のすぐあとに…けっこう前に送ったメールじゃん…まさか、聞いてないよな、アイツ 美咲:え…?この出会いって、なんか、私と誠くんのパターンに似てない…? 悟史くんは知らないはずだけど…朝の日差しさんって、誠くん…? M:小百合が悟史と電話をしている 悟史:もしもし、小百合ちゃん?お疲れ 小百合:悟史くん?どないしてん?こんな時間に 悟史:誠から、土曜日の朝に東京に出てくるって聞いたから連絡してみた 小百合:そうなんや。悟史くんもあれやろ?仕事、忙しいんやろ?大丈夫なん? 悟史:大丈夫。番組は金曜の夜中だから、朝には終わってるから。それより、4人で会えるタイミングがなかなかないからな。楽しみにしてるんだよ 小百合:そうなんや 悟史:なんか、金曜日の夜行バスで土曜日の朝に新宿に着くんだろ?みんなと合流するまでの時間、どうやって時間を潰すの? 小百合:たぶん、漫画喫茶やな。土曜日の夜は美咲ちゃんが家に泊めてくれるんやて 悟史:なら、土曜日の朝に新宿に迎えに行ってやるから、俺の家に来いよ。少しでも仮眠とりな。漫画喫茶もカプセルホテルも大変だと思うし 小百合:そんなん、気にせんでええよ。漫画喫茶で寝るし 悟史:お金、もったいないじゃん 小百合:それも、そうなんやけど… 悟史:はい!決まり!小百合ちゃん、土曜日の朝、新宿に迎えに行くわ。俺ん家で、少し休んどけ。みんなが集合するのは午後一時らしいから 小百合:でも、土曜日の夜は、美咲ちゃんの部屋に泊まるで?ほんで、日曜日の夜行バスで大阪に帰るんよ 悟史:わかった。とりあえず、朝は迎えに行くから、待っとけ 小百合:ありがとう。ほな、お休み 悟史:おう!お休み。会えるの、楽しみにしてるよ M:土曜日の朝、小百合が夜行バスで新宿に到着 小百合:わー、朝早いからかな。ちょっと肌寒いわ…着るもの、一枚取り出そ 悟史:小百合ちゃーん! 小百合:悟史くんやん!もうこんな時間で待っててくれたん? 美咲:小百合ちゃん、おはよ 小百合:なに?美咲ちゃんまで来てくれたん?ってことは… 誠:おはよう、小百合ちゃん 小百合:みんな、なんでこの時間に集合してるん?出てくるの、大変やったのと違う? 美咲:悟史くんが「小百合ちゃんを驚かせよう」って言ってて、じゃあなんだったら、みんなで小百合ちゃんを驚かせようってなって、結局、みんなで朝に集合しちゃった。ここまで、悟史くんの車で送ってもらったの 小百合:なんなん?このサプライズ!嬉しすぎるやろー! 誠:悟史が「俺ん家に集まろう」って言うから、小百合ちゃんの仮眠もかねて、ちょっと悟史のマンションに向かおうかって 悟史:そういうこと!さ、行くよ!みんな、車に乗って! 美咲:さ、行こ、小百合ちゃん 小百合:おおきに!ほんで、移動中、寝ててもええかな? 悟史:寝とけ、寝とけ!お出かけはお昼ご飯のタイミングからだから! 美咲:夜行バス、疲れたでしょ?ゆっくり休んでね? 誠:じゃあ、僕は助手席で、悟史が寝ないように話してるから 悟史:そんな心配はご無用だ! 誠:あはは 美咲:ふふふ。運転、大変だと思うけど、よろしくお願いします。小百合ちゃん、寝るなら、私のヒザ、貸してあげる 小百合:ありがとー!座った体制やと、首が疲れるから助かるわ〜。ほな、悟史くん、よろしゅう。みんな、ごめんな、ちょっと寝かせてもらうわ 誠:ああ。お休み 悟史:安全運転でいくから、安心してくれな 小百合:おおきに!ほな、失礼して…(すやぁ) 美咲:(小声で) 小百合ちゃん、疲れてたみたい。もう寝ちゃった 誠:(小声が)そっか。小百合ちゃん、身体が弱いからな。少し緊張してたんだろうな 悟史:(小声で)夜行バスは、体調悪いと疲れやすいからな〜。小百合ちゃん、通院してるんだろ? 美咲:(小声で)そう言ってた。だから、あまり無理なスケジュールは、たてない方がいいかもね 誠:(小声で)ゆっくり過ごそ 悟史:(小声で)了解。もう30分くらいで俺ん家(おれんち)に着くから、みんなも安心してな M:悟史のマンションに到着 美咲:小百合ちゃん、起きて。悟史くんのマンションに着いたよ 小百合:ん…ありがと 悟史:ほら、小百合ちゃん。荷物、貸しな。持つから 小百合:おおきに…ごめん、ちょっと疲れたみたいやわ 美咲:お薬は? 小百合:あるで。今、飲んでもええかな? 誠:飲みな。はい、お水 小百合:おおきに…(こくりと飲み込む) はぁ、しんど 美咲:午前中は無理しないで、悟史くんの部屋で休も? 悟史:そうしな。俺たちも朝が早かったから寝るし、心配しなくて大丈夫だから。美咲ちゃんと小百合ちゃんは、奥の部屋を使って。俺と誠はソファで寝るから 美咲:ありがとう。小百合ちゃん、行こ 誠:お休み、ふたりとも M:誠と悟史はリビングのソファで、美咲と小百合はベッドルームへ移動 誠:なぁ、悟史 悟史:ん? 誠:番組で読んでたメール、覚えてる?ペンネーム、 朝の日差しからのやつ 悟史:あぁ、あれな。雨の日に傘に入れてもらったってやつ。それがどうした? 誠:あれ、送ったの僕なんだよ 悟史:(少し大きな声で) はぁ〜ッ?? 誠:バカ!お前、声、デカすぎ!ふたりが起きるだろ! 悟史:悪い!っつうか、ちょっと待て。それでいくと、相手は美咲ちゃん?? 誠:そうだよ。だから、けっこう前に送ったあのメールが、今頃になって読まれると思わなかったんだよ 悟史:え?だってこんな感じで俺ら遊んでるけど、お前ら、まだ付き合ってないの? 誠:正式には付き合ってない。美咲ちゃんが「自分の方が年上」っていうのに、ためらってるんだよ。まぁ、それでいくと、お前と小百合ちゃんも、どうなんだ? 悟史:俺も、告白できてない…今回、俺のマンションに呼ぶのも、すごい緊張したし M:美咲と小百合のいる寝室では 美咲:ねぇ、小百合ちゃん…聞いて欲しいことがあるんだけど… 小百合:ん?どないしたん? 美咲:この前、悟史くんのラジオで「雨の日に傘を差し出した女性に告白したい」っていうメールが紹介されたのね 小百合:うん 美咲:それ、送ったの、たぶん誠くんだと思うの… 小百合:(少し大きな声で) はぁ?? 美咲:小百合ちゃん、声、大きい! 小百合:あ、ごめん。え、何?じゃあ、誠くんは美咲ちゃんに片思いしてるって状態? 美咲:そうなるね。まだ、ちゃんとした告白とかもされてないし 小百合:せやけど、ここまで仲良くなってて、まだ恋人じゃないって不思議なんやけど? 美咲:んー、なんて言うか…私が年上だから、戸惑ってるって感じかな。それより、小百合ちゃんも、悟史くんとはどうなの? 小百合:どうって? 美咲:たぶんだけど、悟史くん、小百合ちゃんのこと好きだと思うよ 小百合:えー?! 美咲:(小声で)だから、声が大きいってば! 小百合:あ、ごめん。せやけど、なんでうちと悟史くんの話になるん? 美咲:小百合ちゃんが東京に来るって言って、喜んでたから。朝のお迎えも、たぶんひとりで迎えに来る勇気がなかったんじゃないかな。だから、4人で会おうって話になったし 小百合:そうなんや… 美咲:で、小百合ちゃんとしては、悟史くんのことどう思ってるの? 小百合:恥ずかしい話やねんけど、たぶん2人きりで話したら恥ずかしくて、なんもしゃべれへんようになる 美咲:じゃあ、好きなんだ 小百合:うん M:時間が過ぎ、午後に差し掛かり 誠:おーい、美咲ちゃん、小百合ちゃん。起きてー 美咲:おはよう 悟史:おはよう 小百合:おはようさん。泊まらせてくれて、おおきに。身体が楽になったわ 悟史:良かった。でも、あまり無理するなよ? 小百合:ありがと 誠:じゃあ、ご飯を食べに行きますかね 美咲:その前に、確認したいことがあるの 悟史:何? 美咲:この前の、悟史くんのラジオで紹介されたメール 誠:あ… 美咲:やっぱり、誠くんだったんだ 悟史:バレたら仕方ないな。はっきり告白しろよ、誠 誠:…うん。悟史と小百合ちゃんが立ち会う中で告白するのも照れるけど、俺は美咲ちゃんが好きだ。恋人として、付き合いたいと思ってる。俺じゃダメかな?美咲ちゃん 美咲:ううん。告白してくれて、ありがとう。これからも、よろしくお願いします 小百合:良かったやん、美咲ちゃん! 美咲:うん。ありがとう。そして、もうひとつ。悟史くん 悟史:何? 美咲:勘違いだったらごめんね?これから言うことは、小百合ちゃんのことでもあるから、慎重に話したいんだけど… 悟史:はい、美咲ちゃん。ストップ 美咲:え? 悟史:言わなくていいよ。俺から言うから 美咲:…わかった 悟史:小百合ちゃん、改めて聞いて欲しい 小百合:なんやの? 悟史:出会ってからこれまで宙ぶらりんで4人で楽しんでたけど、ケジメをつけたい 小百合:何? 悟史:番組で誠のメールを読んで、今日、誠から「あれは誠が美咲ちゃんに宛てたものだ」って聞いた。そして、俺も気づいたんだ 小百合:うん… 悟史:誠は美咲ちゃんに対してケジメをつけた。だから、俺は小百合ちゃんに伝える。これからもこの4人で楽しい時間をつくりたい。俺と付き合ってくれないか…? 小百合:おおきに…よろしくお願いします… 悟史:はぁ、ほっとした。ありがとう、小百合ちゃん 美咲:良かったね、小百合ちゃん 小百合:うん…あの…うち、東京に引っ越したいって思ってたんやけど、ええかな…? 誠:あたりまえじゃん! 美咲:これからは、距離を気にせずにみんなで楽しく過ごそうね 悟史:体調が悪くなったら、俺が小百合ちゃんを支えてやるから 美咲:私もだよ、小百合ちゃん。誠くんもいるし、4人で過ごそ? 小百合:おおきに… 悟史:じゃあ、まずはみんなで今日を楽しもう! M:1ヶ月後、小百合は東京に引っ越してきて4人は楽しく過ごしていた。そして、悟史の番組で、メールが読まれた 悟史:こんばんは!本日も始まりました、RAGE(レイジ)のGood Night memory!早速ですが、オープニングコーナー「告白の1枚」から、メールをひとつ、お届けします。ペンネーム、笑顔のヒマワリさんからです。「以前紹介された、雨の日に傘を差し出した者です。その後、彼から連絡があり、お付き合いをすることになりました。そして、私の友人も新しい出会いがあり、4人で楽しく過ごしています。同じ番組を聞いていたのはびっくりしましたが、この場を借りて、お礼を伝えたくてメールしました。ありがとうございました」とのこと。ハッピーエンド、おめでとう!これからも仲良く過ごしてな! 小百合:良かったなぁ、美咲ちゃん 美咲:ありがとう。小百合ちゃんが東京に来てくれて、本当に感謝してるんだよ。悟史くんと幸せにね 小百合:うん。美咲ちゃんも、誠くんと幸せにな 美咲:ありがとう 悟史:ということで、ここまでお付き合いいただきまして、ありがとうございました!最後にひとつ。先ほど紹介した、4人でハッピーエンドの件ですが、私事(わたくしごと)ではありますが、出会えたもう2人とは、俺と彼女のことです。彼女は一般人なので、名前などは公表できませんが、俺たち2人を応援してもらえると嬉しいです!では、また来週お会いしましょう! 小百合:悟史!番組で突然、何を言い出すねん!生放送なんやから、言ったらあかんやろ! 美咲:小百合ちゃん、ハッピーエンドだよ。ふふふ M:電話が鳴る(ルルルと口で言ってもOK) 美咲:あ、誠くんだ。もしもし? 誠:悟史の番組、聞いた? 美咲:もちろん。隣に小百合ちゃんいるよ。ものすごく照れてる 誠:俺も、改めて美咲に伝えようと思って 美咲:何を? 誠:結婚を前提に、お付き合いしてください 美咲:え?あ、えっと、え… 小百合:そこは「はい」やろ、美咲ちゃん! 美咲:は、はい…よろしくお願いします 誠:(M)そして僕は、年上の彼女と一緒に過ごしていくことになった。年上の彼女と僕の恋は、成就したのだ

誠:(M)僕が彼女と出会ったのは、冷たい雨が降る夜。傘も持たずに出かけた僕は、何もできずに、ただぼんやりと駅の屋根の下で雨宿りをしていた。すると、ひとりの女性が僕に声をかけてきた 美咲:大丈夫ですか?良かったら、傘、入って行きませんか? 誠:(M)そこには、優しい笑顔で僕をみつめる女性がいた。おそらく年上だろう。僕は思わず「あ、ありがとうございます」と傘に入れてもらった 美咲:どちらまで行かれますか? 誠:あ、バスターミナルまでです 美咲:じゃあ、ちょうど良かったです。私も同じなので 誠:(M)僕は、その笑顔に惹かれ、ひと目でその女性に恋をした 誠:あの…お礼がしたいので、連絡先、教えてくださいませんか? 美咲:え…? 誠:(M)思いがけない僕のひと言に、彼女は一瞬驚いた様子を見せた 誠:あ、突然すみません。失礼でしたよね 美咲:良いですよ。メールの交換で良ければ 誠:ありがとうございます。僕、誠って言います 美咲:私は美咲です。よろしくお願いします。あ、雨も小降りになりましたね。じゃあ、帰り道、お気をつけて 誠:はい。今度、連絡させていただきます 美咲:お待ちしてます。じゃあ、また 誠:(M)彼女の名前は美咲さん。メールのやり取りを重ね、いつの間にか電話もつながり、今では僕の親友の悟史や、美咲の友人の小百合さんとも交流を取るようになり、呼び方の距離感も変わっていた M:電話のコール音(ルルルと口で言ってもOK) 誠:もしもし、美咲ちゃん? 美咲:こんばんは。今日もお疲れさま、誠くん。お仕事、どうだった? 誠:今日は、クレームの(電話)がきちゃってね。新人の子が対応したから、少しこじれちゃって 美咲:そっか。大変だったね 誠:大丈夫。こうやって、美咲ちゃんと話してるから、もう落ち着いてるよ 美咲:そっか。良かった。あまり無理しないでね? 誠:ありがとう。大丈夫だよ 美咲:うん。あ、そう言えば、小百合ちゃんが今週末に東京に出てくるんだって 誠:そうなんだ。じゃあ、タイミングが合えば悟史も含めて一緒に4人でご飯とかに行きたいね 美咲:そうだね。小百合ちゃんに用事、聞いてみようかな 誠:うん。僕も悟史の予定、調整できるかを確認してみる。じゃあ、また明日。お休み 美咲:うん。お休みなさい M:美咲の自宅にて。美咲が小百合に電話をかける 美咲:もしもし、小百合ちゃん? 小百合:あ、もしもーし!美咲ちゃん、こんばんは!こんな時間に、どないしてん? 美咲:週末に東京に来るって言ってたから、誠くんと私と悟史くん、それと小百合ちゃんの4人で会えないかなぁと思って連絡したの 小百合:あ、そうなんや。ありがとうな。金曜日の夜行バスでこっちを出るから、土曜日の朝に新宿に着くと思うで。日曜日の夕方までゆっくりできるから、時間なら大丈夫やと思うわ 美咲:じゃあ、土曜日に集まって、食事やカラオケに行こうね 小百合:了解!みんなに会えるの、楽しみにしとるわ! 美咲:あと、ホテルは取らなくていいからね。私の部屋に泊まっていってね 小百合:ホンマに?ありがとう!助かるわ〜 美咲:あとは、誠くんが仕事の調整をして連絡をくれるって 小百合:そうなんや。誠くん、仕事は大丈夫なん?コールセンターやろ?土日は休めるん? 美咲:大丈夫。コールセンターのカスタマーサービスも、土日祝日はお休みのところだから 小百合:ほな、会えるのを楽しみにしとるわ!ありがとな! 美咲:あ、ちょっと待って。キャッチホンきた 小百合:ほな、電話、切ろうか? 美咲:うん。また連絡するね M:小百合との会話を終え、誠の電話に出る 美咲:もしもし? 誠:あ、美咲ちゃん。ごめんな、急に 美咲:大丈夫だよ。今ね、小百合ちゃんと話して、スケジュール確認したよ。金曜日の夜行バスに乗って、土曜日の朝に新宿に到着するらしいから、土曜日の朝から日曜日の夕方まで遊べそうだって。あとね、ホテルじゃなくて私の部屋に泊まってもらうつもり 誠:わかった。ありがとう。寝る前に悟史と連絡が取れて、今週末なら参加できそうだって。金曜日の夜の生放送の番組が終われば、早朝には一旦、家に帰るって言ってた。で、その後でみんなで集まって、小百合ちゃんをビックリさせようかって話になった 美咲:そっか。みんなのスケジュール、合ってちょうど良かったね 誠:そうだね。これだけの連絡だったのに、時間取らせてごめんな 美咲:大丈夫だよ。気にしてない。早めにスケジュールの確認ができたから安心したよ。ありがとう。じゃあ、お休みなさい 誠:うん、お休み M:金曜日夜、同じラジオ番組を聞いていた誠と美咲 悟史:こんばんは!本日も始まりました、RAGE(レイジ)のGood Night memory!早速ですが、オープニングコーナー「告白の1枚」から、メールをひとつ、お届けします。ペンネーム、朝の日差しさんから。「僕の好きな人は、年上の女性です。雨の日、傘を差し出してくれたのですが、ひと目で好きになりました。告白をしたほうが良いでしょうか?」とのこと。ん〜、そうだね、やっぱり君の気持ち、伝えてみようか。出会いは貴重!勇気を出して、告白してみましょう!上手くいくことを祈ってるよ!ありがとうー! 誠:あ…これ、僕があの雨の日のすぐあとに…けっこう前に送ったメールじゃん…まさか、聞いてないよな、アイツ 美咲:え…?この出会いって、なんか、私と誠くんのパターンに似てない…? 悟史くんは知らないはずだけど…朝の日差しさんって、誠くん…? M:小百合が悟史と電話をしている 悟史:もしもし、小百合ちゃん?お疲れ 小百合:悟史くん?どないしてん?こんな時間に 悟史:誠から、土曜日の朝に東京に出てくるって聞いたから連絡してみた 小百合:そうなんや。悟史くんもあれやろ?仕事、忙しいんやろ?大丈夫なん? 悟史:大丈夫。番組は金曜の夜中だから、朝には終わってるから。それより、4人で会えるタイミングがなかなかないからな。楽しみにしてるんだよ 小百合:そうなんや 悟史:なんか、金曜日の夜行バスで土曜日の朝に新宿に着くんだろ?みんなと合流するまでの時間、どうやって時間を潰すの? 小百合:たぶん、漫画喫茶やな。土曜日の夜は美咲ちゃんが家に泊めてくれるんやて 悟史:なら、土曜日の朝に新宿に迎えに行ってやるから、俺の家に来いよ。少しでも仮眠とりな。漫画喫茶もカプセルホテルも大変だと思うし 小百合:そんなん、気にせんでええよ。漫画喫茶で寝るし 悟史:お金、もったいないじゃん 小百合:それも、そうなんやけど… 悟史:はい!決まり!小百合ちゃん、土曜日の朝、新宿に迎えに行くわ。俺ん家で、少し休んどけ。みんなが集合するのは午後一時らしいから 小百合:でも、土曜日の夜は、美咲ちゃんの部屋に泊まるで?ほんで、日曜日の夜行バスで大阪に帰るんよ 悟史:わかった。とりあえず、朝は迎えに行くから、待っとけ 小百合:ありがとう。ほな、お休み 悟史:おう!お休み。会えるの、楽しみにしてるよ M:土曜日の朝、小百合が夜行バスで新宿に到着 小百合:わー、朝早いからかな。ちょっと肌寒いわ…着るもの、一枚取り出そ 悟史:小百合ちゃーん! 小百合:悟史くんやん!もうこんな時間で待っててくれたん? 美咲:小百合ちゃん、おはよ 小百合:なに?美咲ちゃんまで来てくれたん?ってことは… 誠:おはよう、小百合ちゃん 小百合:みんな、なんでこの時間に集合してるん?出てくるの、大変やったのと違う? 美咲:悟史くんが「小百合ちゃんを驚かせよう」って言ってて、じゃあなんだったら、みんなで小百合ちゃんを驚かせようってなって、結局、みんなで朝に集合しちゃった。ここまで、悟史くんの車で送ってもらったの 小百合:なんなん?このサプライズ!嬉しすぎるやろー! 誠:悟史が「俺ん家に集まろう」って言うから、小百合ちゃんの仮眠もかねて、ちょっと悟史のマンションに向かおうかって 悟史:そういうこと!さ、行くよ!みんな、車に乗って! 美咲:さ、行こ、小百合ちゃん 小百合:おおきに!ほんで、移動中、寝ててもええかな? 悟史:寝とけ、寝とけ!お出かけはお昼ご飯のタイミングからだから! 美咲:夜行バス、疲れたでしょ?ゆっくり休んでね? 誠:じゃあ、僕は助手席で、悟史が寝ないように話してるから 悟史:そんな心配はご無用だ! 誠:あはは 美咲:ふふふ。運転、大変だと思うけど、よろしくお願いします。小百合ちゃん、寝るなら、私のヒザ、貸してあげる 小百合:ありがとー!座った体制やと、首が疲れるから助かるわ〜。ほな、悟史くん、よろしゅう。みんな、ごめんな、ちょっと寝かせてもらうわ 誠:ああ。お休み 悟史:安全運転でいくから、安心してくれな 小百合:おおきに!ほな、失礼して…(すやぁ) 美咲:(小声で) 小百合ちゃん、疲れてたみたい。もう寝ちゃった 誠:(小声が)そっか。小百合ちゃん、身体が弱いからな。少し緊張してたんだろうな 悟史:(小声で)夜行バスは、体調悪いと疲れやすいからな〜。小百合ちゃん、通院してるんだろ? 美咲:(小声で)そう言ってた。だから、あまり無理なスケジュールは、たてない方がいいかもね 誠:(小声で)ゆっくり過ごそ 悟史:(小声で)了解。もう30分くらいで俺ん家(おれんち)に着くから、みんなも安心してな M:悟史のマンションに到着 美咲:小百合ちゃん、起きて。悟史くんのマンションに着いたよ 小百合:ん…ありがと 悟史:ほら、小百合ちゃん。荷物、貸しな。持つから 小百合:おおきに…ごめん、ちょっと疲れたみたいやわ 美咲:お薬は? 小百合:あるで。今、飲んでもええかな? 誠:飲みな。はい、お水 小百合:おおきに…(こくりと飲み込む) はぁ、しんど 美咲:午前中は無理しないで、悟史くんの部屋で休も? 悟史:そうしな。俺たちも朝が早かったから寝るし、心配しなくて大丈夫だから。美咲ちゃんと小百合ちゃんは、奥の部屋を使って。俺と誠はソファで寝るから 美咲:ありがとう。小百合ちゃん、行こ 誠:お休み、ふたりとも M:誠と悟史はリビングのソファで、美咲と小百合はベッドルームへ移動 誠:なぁ、悟史 悟史:ん? 誠:番組で読んでたメール、覚えてる?ペンネーム、 朝の日差しからのやつ 悟史:あぁ、あれな。雨の日に傘に入れてもらったってやつ。それがどうした? 誠:あれ、送ったの僕なんだよ 悟史:(少し大きな声で) はぁ〜ッ?? 誠:バカ!お前、声、デカすぎ!ふたりが起きるだろ! 悟史:悪い!っつうか、ちょっと待て。それでいくと、相手は美咲ちゃん?? 誠:そうだよ。だから、けっこう前に送ったあのメールが、今頃になって読まれると思わなかったんだよ 悟史:え?だってこんな感じで俺ら遊んでるけど、お前ら、まだ付き合ってないの? 誠:正式には付き合ってない。美咲ちゃんが「自分の方が年上」っていうのに、ためらってるんだよ。まぁ、それでいくと、お前と小百合ちゃんも、どうなんだ? 悟史:俺も、告白できてない…今回、俺のマンションに呼ぶのも、すごい緊張したし M:美咲と小百合のいる寝室では 美咲:ねぇ、小百合ちゃん…聞いて欲しいことがあるんだけど… 小百合:ん?どないしたん? 美咲:この前、悟史くんのラジオで「雨の日に傘を差し出した女性に告白したい」っていうメールが紹介されたのね 小百合:うん 美咲:それ、送ったの、たぶん誠くんだと思うの… 小百合:(少し大きな声で) はぁ?? 美咲:小百合ちゃん、声、大きい! 小百合:あ、ごめん。え、何?じゃあ、誠くんは美咲ちゃんに片思いしてるって状態? 美咲:そうなるね。まだ、ちゃんとした告白とかもされてないし 小百合:せやけど、ここまで仲良くなってて、まだ恋人じゃないって不思議なんやけど? 美咲:んー、なんて言うか…私が年上だから、戸惑ってるって感じかな。それより、小百合ちゃんも、悟史くんとはどうなの? 小百合:どうって? 美咲:たぶんだけど、悟史くん、小百合ちゃんのこと好きだと思うよ 小百合:えー?! 美咲:(小声で)だから、声が大きいってば! 小百合:あ、ごめん。せやけど、なんでうちと悟史くんの話になるん? 美咲:小百合ちゃんが東京に来るって言って、喜んでたから。朝のお迎えも、たぶんひとりで迎えに来る勇気がなかったんじゃないかな。だから、4人で会おうって話になったし 小百合:そうなんや… 美咲:で、小百合ちゃんとしては、悟史くんのことどう思ってるの? 小百合:恥ずかしい話やねんけど、たぶん2人きりで話したら恥ずかしくて、なんもしゃべれへんようになる 美咲:じゃあ、好きなんだ 小百合:うん M:時間が過ぎ、午後に差し掛かり 誠:おーい、美咲ちゃん、小百合ちゃん。起きてー 美咲:おはよう 悟史:おはよう 小百合:おはようさん。泊まらせてくれて、おおきに。身体が楽になったわ 悟史:良かった。でも、あまり無理するなよ? 小百合:ありがと 誠:じゃあ、ご飯を食べに行きますかね 美咲:その前に、確認したいことがあるの 悟史:何? 美咲:この前の、悟史くんのラジオで紹介されたメール 誠:あ… 美咲:やっぱり、誠くんだったんだ 悟史:バレたら仕方ないな。はっきり告白しろよ、誠 誠:…うん。悟史と小百合ちゃんが立ち会う中で告白するのも照れるけど、俺は美咲ちゃんが好きだ。恋人として、付き合いたいと思ってる。俺じゃダメかな?美咲ちゃん 美咲:ううん。告白してくれて、ありがとう。これからも、よろしくお願いします 小百合:良かったやん、美咲ちゃん! 美咲:うん。ありがとう。そして、もうひとつ。悟史くん 悟史:何? 美咲:勘違いだったらごめんね?これから言うことは、小百合ちゃんのことでもあるから、慎重に話したいんだけど… 悟史:はい、美咲ちゃん。ストップ 美咲:え? 悟史:言わなくていいよ。俺から言うから 美咲:…わかった 悟史:小百合ちゃん、改めて聞いて欲しい 小百合:なんやの? 悟史:出会ってからこれまで宙ぶらりんで4人で楽しんでたけど、ケジメをつけたい 小百合:何? 悟史:番組で誠のメールを読んで、今日、誠から「あれは誠が美咲ちゃんに宛てたものだ」って聞いた。そして、俺も気づいたんだ 小百合:うん… 悟史:誠は美咲ちゃんに対してケジメをつけた。だから、俺は小百合ちゃんに伝える。これからもこの4人で楽しい時間をつくりたい。俺と付き合ってくれないか…? 小百合:おおきに…よろしくお願いします… 悟史:はぁ、ほっとした。ありがとう、小百合ちゃん 美咲:良かったね、小百合ちゃん 小百合:うん…あの…うち、東京に引っ越したいって思ってたんやけど、ええかな…? 誠:あたりまえじゃん! 美咲:これからは、距離を気にせずにみんなで楽しく過ごそうね 悟史:体調が悪くなったら、俺が小百合ちゃんを支えてやるから 美咲:私もだよ、小百合ちゃん。誠くんもいるし、4人で過ごそ? 小百合:おおきに… 悟史:じゃあ、まずはみんなで今日を楽しもう! M:1ヶ月後、小百合は東京に引っ越してきて4人は楽しく過ごしていた。そして、悟史の番組で、メールが読まれた 悟史:こんばんは!本日も始まりました、RAGE(レイジ)のGood Night memory!早速ですが、オープニングコーナー「告白の1枚」から、メールをひとつ、お届けします。ペンネーム、笑顔のヒマワリさんからです。「以前紹介された、雨の日に傘を差し出した者です。その後、彼から連絡があり、お付き合いをすることになりました。そして、私の友人も新しい出会いがあり、4人で楽しく過ごしています。同じ番組を聞いていたのはびっくりしましたが、この場を借りて、お礼を伝えたくてメールしました。ありがとうございました」とのこと。ハッピーエンド、おめでとう!これからも仲良く過ごしてな! 小百合:良かったなぁ、美咲ちゃん 美咲:ありがとう。小百合ちゃんが東京に来てくれて、本当に感謝してるんだよ。悟史くんと幸せにね 小百合:うん。美咲ちゃんも、誠くんと幸せにな 美咲:ありがとう 悟史:ということで、ここまでお付き合いいただきまして、ありがとうございました!最後にひとつ。先ほど紹介した、4人でハッピーエンドの件ですが、私事(わたくしごと)ではありますが、出会えたもう2人とは、俺と彼女のことです。彼女は一般人なので、名前などは公表できませんが、俺たち2人を応援してもらえると嬉しいです!では、また来週お会いしましょう! 小百合:悟史!番組で突然、何を言い出すねん!生放送なんやから、言ったらあかんやろ! 美咲:小百合ちゃん、ハッピーエンドだよ。ふふふ M:電話が鳴る(ルルルと口で言ってもOK) 美咲:あ、誠くんだ。もしもし? 誠:悟史の番組、聞いた? 美咲:もちろん。隣に小百合ちゃんいるよ。ものすごく照れてる 誠:俺も、改めて美咲に伝えようと思って 美咲:何を? 誠:結婚を前提に、お付き合いしてください 美咲:え?あ、えっと、え… 小百合:そこは「はい」やろ、美咲ちゃん! 美咲:は、はい…よろしくお願いします 誠:(M)そして僕は、年上の彼女と一緒に過ごしていくことになった。年上の彼女と僕の恋は、成就したのだ