台本概要

 167 views 

タイトル 朝の目覚め
作者名 夜花RC  (@MagumaAmansa)
ジャンル その他
演者人数 1人用台本(不問1)
時間 10 分
台本使用規定 非商用利用時は連絡不要
説明 朝…あなたは出勤前に朝食を作りとある人に会いに行きます

そう…愛しのあの人に

 167 views 

キャラ説明  

名前 性別 台詞数 説明
  不問 - 読み手です
※役をクリックするとセリフに色が付きます。

台本本編

文字サイズ
0:いつも朝の5時に目を覚める 0: 0:きちんと目を覚ませるために熱いブラックコーヒーを飲む 0: 0:この一杯がなければ朝は始まらないものだ… 0: 0:そこに煙草(タバコ)を一本取り出し火をつける 0: 0:一回一回吸うたびに紫煙が部屋中に漂う… 0: 0:吸い込むたびに大人になってしまったんだなぁ…と後悔とともに一つの喜びを感じる… 0: 0:さて…ゆっくりしたいところだけど朝食を作らなければならない…誰かが作ってくれるわけではないから 0: 0:冷凍食品を使って作るのもいいが私は一からおかずを作っていく 0: 0:実家から届いたお米…野菜…卵などを使い…唐揚げは昨日から漬け込んだ鶏肉を焼いていく…部屋中に漂う濃厚なタレの匂い 0: 0:これだけで米が進むというものだ…でもお昼までは我慢するとしよう… 0: 0:そこに卵焼き…私は甘い卵焼きが好物なのだ…そして色合いを出すために野菜を添えていく… 0: 0:ブロッコリーにニンジン…そこにフルーツのミカンを添える 0: 0:炊けたご飯をお弁当箱に詰めていき…真ん中に梅干を添える… 0: 0:オーソドックスなお弁当だが…そこに確かにあるのは今すぐに食べたいという食欲のみ… 0: 0:でもそこはグッとこらえて朝食を作る… 0: 0:サバの塩焼きにいっぱいのキャベツ…豆腐とワカメの味噌汁に納豆…冷ややっこもいただくことにしよう 0: 0:部屋中に漂うかつおだしの香りに脂ののったサバ…白く艶めいたご飯に納豆…冷ややっこの上にはネギと生姜…そこに醤油を垂らしていく… 0: 0:忙しい朝でもきちんと食事をとらないと一日乗り切ることはできないから… 0: 0:食前の所作を忘れずに行い…食事にありつく… 0: 0:一口食べるたびに食道を通り胃に到達する…本当においしくて朝から元気が出る… 0: 0:もっとゆっくり味わいたいところだが時間が許してくれない… 0: 0:食後の所作をきちんと行い…お皿を片付ける… 0: 0:服装よし…髪型よし…時間も大丈夫…それに愛しのあなたに会いに行く… 0: 0:本当は仕事なんてしたくはないけど…それでもあなたに会いに行けるんだったら嫌な仕事だって頑張れる… 0: 0:部屋を見渡し…ガス栓を閉めたことを確認し…電気…エアコンを切ったことを確認する… 0: 0:そして靴を履き…一歩外に踏み出そうとする… 0: 0:また今日もお仕事が始まるけど頑張ろう… 0: 0:愛しのあなたに会いに行ける喜びを胸に抱いて…一歩踏み出す… 0: 0:この部屋に愛しのあなたがいれば…また違うんだろうなと思い… 0: 0:誰もいない虚空の部屋に一言… 0: 0:この一言で…私の一日を初める事にするとしようかな… 0: 0:それでは愛しのあなたへ… 0: 0:行ってきます…今日も一日頑張ります 0:

0:いつも朝の5時に目を覚める 0: 0:きちんと目を覚ませるために熱いブラックコーヒーを飲む 0: 0:この一杯がなければ朝は始まらないものだ… 0: 0:そこに煙草(タバコ)を一本取り出し火をつける 0: 0:一回一回吸うたびに紫煙が部屋中に漂う… 0: 0:吸い込むたびに大人になってしまったんだなぁ…と後悔とともに一つの喜びを感じる… 0: 0:さて…ゆっくりしたいところだけど朝食を作らなければならない…誰かが作ってくれるわけではないから 0: 0:冷凍食品を使って作るのもいいが私は一からおかずを作っていく 0: 0:実家から届いたお米…野菜…卵などを使い…唐揚げは昨日から漬け込んだ鶏肉を焼いていく…部屋中に漂う濃厚なタレの匂い 0: 0:これだけで米が進むというものだ…でもお昼までは我慢するとしよう… 0: 0:そこに卵焼き…私は甘い卵焼きが好物なのだ…そして色合いを出すために野菜を添えていく… 0: 0:ブロッコリーにニンジン…そこにフルーツのミカンを添える 0: 0:炊けたご飯をお弁当箱に詰めていき…真ん中に梅干を添える… 0: 0:オーソドックスなお弁当だが…そこに確かにあるのは今すぐに食べたいという食欲のみ… 0: 0:でもそこはグッとこらえて朝食を作る… 0: 0:サバの塩焼きにいっぱいのキャベツ…豆腐とワカメの味噌汁に納豆…冷ややっこもいただくことにしよう 0: 0:部屋中に漂うかつおだしの香りに脂ののったサバ…白く艶めいたご飯に納豆…冷ややっこの上にはネギと生姜…そこに醤油を垂らしていく… 0: 0:忙しい朝でもきちんと食事をとらないと一日乗り切ることはできないから… 0: 0:食前の所作を忘れずに行い…食事にありつく… 0: 0:一口食べるたびに食道を通り胃に到達する…本当においしくて朝から元気が出る… 0: 0:もっとゆっくり味わいたいところだが時間が許してくれない… 0: 0:食後の所作をきちんと行い…お皿を片付ける… 0: 0:服装よし…髪型よし…時間も大丈夫…それに愛しのあなたに会いに行く… 0: 0:本当は仕事なんてしたくはないけど…それでもあなたに会いに行けるんだったら嫌な仕事だって頑張れる… 0: 0:部屋を見渡し…ガス栓を閉めたことを確認し…電気…エアコンを切ったことを確認する… 0: 0:そして靴を履き…一歩外に踏み出そうとする… 0: 0:また今日もお仕事が始まるけど頑張ろう… 0: 0:愛しのあなたに会いに行ける喜びを胸に抱いて…一歩踏み出す… 0: 0:この部屋に愛しのあなたがいれば…また違うんだろうなと思い… 0: 0:誰もいない虚空の部屋に一言… 0: 0:この一言で…私の一日を初める事にするとしようかな… 0: 0:それでは愛しのあなたへ… 0: 0:行ってきます…今日も一日頑張ります 0: