台本概要

 139 views 

タイトル プロポーズの日
作者名 くま@甘党
ジャンル ラブストーリー
演者人数 3人用台本(男2、女1)
時間 30 分
台本使用規定 非商用利用時は連絡不要
説明 「雨の日に咲き誇るキキョウの花」より

 139 views 

キャラ説明  

名前 性別 台詞数 説明
稜也 95 山田 稜也
かなえ 80 佐藤 かなえ
店員 18
※役をクリックするとセリフに色が付きます。

台本本編

文字サイズ
0:プロポーズの日 ―:日曜日 16時半 かなえ宅 稜也:…………よし。 ―:ピンポーン かなえ:はーい! 稜也:お…お迎えに…あああがりました!! かなえ:…っぷw ありがとうございます。本日はよろしくお願いいたします。 稜也:こ…ここちらこそ、よろよろしくお願いいたしますです………。 かなえ:ねぇw ちょっと落ち着きなよw 稜也:あーーー……、ごめん…。 かなえ:…え、そんなに緊張しちゃうような場所に行くの…?私、この格好で大丈夫…? 稜也:大丈夫だよ!!!かなえは綺麗だから!!! かなえ:っ…!? そ…そう? ありがとう…w 稜也:……じゃあ、行こうか…。 かなえ:はーい!エスコート、よろしくね? 稜也:お…おう! かなえM: かなえM:この日私は、稜也からの特別な言葉を期待し、どんなお店でも大丈夫なように、それ相応のドレスに身を包んだ。 かなえM: かなえM:稜也が来て、その着慣れないスーツ姿で一目瞭然。期待は確信へと変わった。 かなえM: かなえM:どんなお店を予約したんだろう? かなえM: かなえM:どんな伝え方をしてくれるんだろう? かなえM: かなえM:前にした約束、まだ覚えているんだろうか? かなえM: かなえM:そんな事を考えながらついていくと かなえM: かなえM:稜也が着いたと言った。 かなえM: 稜也:…つ…着いた。 かなえ:……え、まさか……ここ…? …プル……? 稜也:あ…あぁ。HOTEL Pleuvoir(ホテル プルヴォワール)。 かなえM: かなえM:私は人生で、こんな超高層ビルに入った事がない。 かなえM: かなえM:だって、街の定食屋さんを夢見る私だよ? かなえM: かなえM:一生立ち入る事のない、縁の無い場所だと思っていた。 かなえM: 稜也:……い、行くぞ。 かなえ:え…う、うん…。 かなえM: かなえM:この時はさすがに私も緊張したw かなえM: かなえM:だって、軽く50階はありそうなビルなんだもん… かなえM: かなえM:稜也ってば…、無理しちゃってさw かなえM: ―:エレベーターに乗る2人 稜也:………ふぅ…。 かなえ:…稜也、何階なの? 稜也:…62階。 かなえ:ろ…62階…。…えっと、レストラン…なんだよね? 稜也:…あぁ。 かなえ:わ…私、緊張であんまり食べられないかも…。 稜也:か、かなえ…大食いだろ?大丈夫だよ…。 かなえ:バカだなぁ…。それは家とか定食屋とか、もっと敷居の低い所での話だよ! 稜也:……着くぞ。 かなえ:は…はい。 ―:エレベーターが開き、降りるとすぐに入口がある 店員:いらっしゃいませ。 稜也:…あ…えっと…。 かなえ:……稜也? 店員:…失礼ですが、お名前を頂戴できますか? 稜也:……あっ!や、山田稜也です!!! かなえ:ちょっ…!(小声で)声大きいって! 稜也:あ…あぁ…。 店員:山田稜也様ですね、お待ちしておりました。ご案内致します、こちらへどうぞ。 稜也:…は、はい。 かなえ:…ふふw ―:店内へ案内され、ネット上でしか見た事がない、ダイヤなどの装飾品で飾られた豪華な椅子とテーブルの席に着く 稜也:お……おぉ…。 店員:(椅子を引き) どうぞ。 かなえ:あ…ありがとうございます。 稜也:……。 店員: 店員:本日は当店へのご来店、誠にありがとうございます。 店員: 店員:お先にお飲み物を失礼致します。 店員: ―:テーブルにセットされていたシャンパンを注がれる 店員:今宵はどうぞ、ごゆっくりお楽しみください。 稜也:…ありがとうございます。 かなえ:ありがとうございます!………ねぇ!稜也!!すっっっごいね!? 稜也:あ…あぁ。あんまり…はしゃぐなよ。 かなえ:強がりw こんなお店を予約してただなんて…そりゃ緊張もするよねw 稜也:う…うるさいな! かなえ:はぁ…まるで魔法の世界みたい…。置いてある物、全部が綺麗! 稜也:あぁ…。か、かなえ。乾杯しよ? かなえ:お、そうしよう! 稜也:じゃあ…乾杯。 かなえ:えー?何か一言無いのー? 稜也:え…? かなえ:昔はあれだけセリフ書いてたのに、何も思いつかない訳ないでしょ?w 「君の瞳に…乾杯」とか!w 稜也:ばっ…か。そういう店じゃないだろー!? かなえ:関係ないよ。これからこのテーブルで起きる事は、全部2人だけの世界なんだから。 稜也:え……? かなえ:ほーら! 稜也:……えっと、 稜也: 稜也:かなえ、俺と出逢ってくれてありがとう。 稜也: 稜也:俺にとってかなえは、本当に特別な存在だよ。 稜也: 稜也:だから今夜、ここに一緒に来れて、本当に良かった。 稜也: 稜也:2人の出逢いに…、乾杯。 かなえ:乾杯。…………はぁ、…おいし。 稜也:…ふぅ。美味いな…。 かなえ:んふふw やればできるじゃんw 稜也:ま…まぁなw 店員:失礼致します。こちら前菜のチーズとフルーツのマリアージュでございます。 かなえ:うわっ!美味しそーう! 稜也:おい…。 店員:……お客様。 稜也:え、あの、すみません、大人しくさせますので…。 店員:いえいえ、少々、周りや雰囲気をお気にし過ぎではないでしょうか? 稜也:……え? 店員:もっと素直に、もっと純粋に楽しんで頂けると、我々も大変嬉しく存じます。 稜也:あ……。 店員:どうぞお連れ様と、素敵な夜をお過ごしください。 稜也:あ……ありがとう、ございます…。 店員:とんでもございません。出過ぎた真似をお許しください。失礼致します。 かなえ:……かっこいいーw 稜也:か…かなえ、ごめん……俺ダサいな…。 かなえ:ふふふw なんとも思ってないよ!ほら、食べよ! 稜也:あぁ! ―:2時間後 かなえ:はぁー、全部美味しかったねぇ! 稜也:美味しかった。うん、美味しかった…。 かなえ:…? どうしたの?稜也。 稜也:え…いや……なんでもないよ? かなえ:ふーん? …あ、私ちょっとお手洗へ行ってきますね?w 稜也:あ、あぁ、どうぞ。 …………はああああ、落ち着けえええ俺えええ……。 店員:失礼致します。 稜也:はっはい…!? 店員:やれやれ…。そんなんじゃ、サプライズが台無しになるぞ? 稜也:え…? 店員:男だろ?もっとシャキッと!この為にこんな高いうちみたいな店、予約したんだろ? 稜也:あ…はい。 店員:大丈夫!俺達がバッチリ、サプライズ決めてやるから!自信を持って、大事な事を、大事な人に、ちゃんと伝えるんだ。 稜也:は……はい!ありがとうございます! 店員:よし、じゃあ…君が大事な話があるって言ったら、始めるからな。 稜也:よ、よろしくお願いします! ―: かなえ:ただーいま! 稜也:…ふぅ。おかえり。 かなえ:お?何かスッキリした顔だねぇ?さっきはガマガエルみたいに汗かいてたのにw 稜也:ガ…ガマガエル!? かなえ:あっははw 冗談だってばw 稜也:…ったくw こんな時でもかなえはかなえだよな…。 かなえ:そりゃーいつだって私ですよー? 稜也:…ふふw 出逢った時の事思い出したw あの時からかなえは元気で、面白くて、一緒に話してるとすごい楽しかった。 かなえ:あーw 私もしっかり覚えてるよ?初めて会ったバス停での時間…。 稜也:うん。……あのさ、かなえ。 かなえ:……はい。 稜也:大事な話があるんだ。 ―:その瞬間、照明が一気に薄暗くなる かなえ:え……!? 何…これ!? 稜也:俺、付き合う時の告白は失敗だったけど、約束通り、誰にも真似できないようなとびっきりのサプライズを考えた。 かなえ:……覚えててくれてたんだ。 稜也:もちろん!これが俺の…、サプライズだ!! ―: ―:掛け声と共に、照明が一気に明るくなる。 ―: ―:照らされた店内には、無数のキキョウの花が飾られていた。 ―: ―:たまたま居合わせた他の客も、みんながキキョウの花を持ち2人を見守っている。 ―: ―:その事に気付いたかなえは、照れながらも稜也をジッと見つめる。 ―: 稜也:キキョウの花言葉は「変わらぬ愛」。 稜也: 稜也:かなえ。俺はこの先、どんな事があっても、かなえを変わらぬ愛で、幸せにする。 稜也: 稜也:だから……俺と、結婚してください。 かなえ: かなえ: かなえ: かなえ:………はい。 かなえ: かなえ: ―:かなえの返事が聞こえた瞬間、盛大な拍手が沸き起こる 稜也:………あはは、ありがとうございます、皆さん! かなえ:恥ずかしいー…。けど…、ありがとうございます!!本当にありがとうございます!! 稜也:俺達、絶対幸せになります!! 店員:よくやったー!かっこよかったぞー! 稜也:あはw ありがとうございます!!皆さん、本当にありがとうございました!! 0:帰り道 かなえ:…ねぇ稜也。 稜也:んー? かなえ:どうしてキキョウの花を選んだの?花言葉を調べて決めた? 稜也:何言ってんだよw キキョウは、俺達が出逢った季節に咲く花だよ。 かなえ:え、そうなの? 稜也:本当に気付いてないの?あのバス停の後ろに、めっちゃ咲いてたじゃん! かなえ:え…えーー!?全然気付かなかった…。 稜也:なんなら、今から行ってみるか? かなえ:わー、良いね!行こ行こ! 0: 稜也:着ーいたっと……あ、ほら、かなえ! かなえ:ん…あ、本当だー!綺麗な青色…。こんな近くに咲いてたのに…なんで気付かなかったんだろ? 稜也:あー…俺に見惚れてたからとか?w かなえ:……。 稜也:んな訳ないかw かなえ:そうかも! 稜也:え…? かなえ:私、稜也の事、出逢って割とすぐに好きになってたんだよ?w 稜也:そ、そうなの!? かなえ:うん、あーでも決め手はもちろん…。 稜也:…カラオケ? かなえ:正解!w  稜也:当たったw でもあの時はマジでびっくりしたなぁ、かなえの演技が凄すぎたw かなえ:えへへw あの次の日から、私は稜也の事を忘れた事が無いんだなー。 稜也:…俺だってそうだよ!かなえの事を忘れる日なんて、1日も無かった! かなえ:ふふw 色々あったけど、これからもよろしくね? 稜也:あぁ。何があっても、俺がかなえを守る。………あっ! かなえ:え、何? 稜也:大事な事言うの忘れてた…。親父からの伝言…。 かなえ:あー!聞くの忘れてた!なになに? 稜也:……驚くよ? 心の準備は良い…? かなえ:え…、めっちゃ怖い前振りするじゃん……。(深呼吸)…。…よし、なに? 稜也:親父がやっている店、ご飯処 山は、今年で閉店します! かなえ:…え……ええぇぇーー!? なんで!?どうしてー!? 稜也:そして翌年から、かなえの店になります!! かなえ:………は……はい? 稜也:ふふw 親父さ、ここ数年で体がだいぶ弱ってきているのは聞いてるだろ? かなえ:え…う、うん。 稜也:だから、親父がかなえに聞いてみてって。 稜也:仕事も頑張ってるし、応援したいから、もしかなえが本気で店をやる気があるなら、譲ってくれるってさ! かなえ:う……うそ…。 稜也:どうする?w かなえ:そ…そんなの………やるに決まってるじゃん!!! 稜也:お! かなえ:ええーーー!でも本当に!?…嘘じゃないよね!? 稜也:嘘な訳ないだろw よし、じゃあ今から挨拶に行こうか! かなえ:うん!!行く!! 稜也:店の名前、考えないとなー。 かなえ:うわーー、ワクワクしてきたあーー!w 0: 0: 0:1年後 ご飯処 桔梗(キキョウ) 0: 0: 稜也:ただいまー! かなえ:あ、おかえりー! 稜也:もう閉店作業終わった?手伝おうか? かなえ:大丈夫だよー、稜也も仕事終わりなんだから座って座って! 稜也:おう、ありがとう。 かなえ:……お待たせしましたー!今日の晩御飯はかなえスペシャルだよー♪ 稜也:うおおーー!!めっちゃ豪華な海鮮ちらしだー!え、しかも唐揚げにハンバーグまで!? かなえ:ふっふっふw 今日は初めての結婚記念日だからねー!みんな呼んで、盛大にやろうと思って! 稜也:うわー最高w これは昼少なめにしておいて正解だったなーw かなえ:もうすぐうちの家族も来るから!あ、お義父さんも呼んでこなきゃ! 稜也:あ、親父、今日通院だったよな?大丈夫だったの? かなえ:もっちろん!私の料理を毎日食べて、適度に運動もしてるんだよ? かなえ:全て正常数値をキープしてもらってます! 稜也:おぉーさすが栄養士!w ありがとうな、付き添いも。 かなえ:とんでもない!私だってもう家族なんだからね? かなえ:あ、稜也の食生活もちゃんと支えてあげるからね!太ってきたら脂っこいの禁止だよ?w 稜也:う…気を付けよ…。 かなえ:あははw じゃあお義父さん呼んでくるね! ―:タイミング良く父親が来る 稜也:あ、親父、ただいま。 かなえ:あ、お義父さん、丁度良かった! ―:かなえの家族が入ってくる 稜也:あ、お義母さん、それにみんなも。こんばんは! かなえ:みんないらっしゃい!ほらほら座って!準備はできてるから! 稜也:ふふw やっぱりみんなでワイワイ食卓を囲むのって良いよなぁ。 かなえ:うん!ご飯は美味しく楽しくお腹いーっぱいね!何度でも叶えてあげますよー?w 稜也:さすがかなえw どんな夢も叶えてくれるんだもんなw かなえ:ちょっとw またバカにしてw 稜也:あははw してないしてないw かなえ:もうw さぁ、みんな揃ったし、今夜はたくさん食べよー!! 0: 0: 0: 0:~完~ 0: 0: 0:

0:プロポーズの日 ―:日曜日 16時半 かなえ宅 稜也:…………よし。 ―:ピンポーン かなえ:はーい! 稜也:お…お迎えに…あああがりました!! かなえ:…っぷw ありがとうございます。本日はよろしくお願いいたします。 稜也:こ…ここちらこそ、よろよろしくお願いいたしますです………。 かなえ:ねぇw ちょっと落ち着きなよw 稜也:あーーー……、ごめん…。 かなえ:…え、そんなに緊張しちゃうような場所に行くの…?私、この格好で大丈夫…? 稜也:大丈夫だよ!!!かなえは綺麗だから!!! かなえ:っ…!? そ…そう? ありがとう…w 稜也:……じゃあ、行こうか…。 かなえ:はーい!エスコート、よろしくね? 稜也:お…おう! かなえM: かなえM:この日私は、稜也からの特別な言葉を期待し、どんなお店でも大丈夫なように、それ相応のドレスに身を包んだ。 かなえM: かなえM:稜也が来て、その着慣れないスーツ姿で一目瞭然。期待は確信へと変わった。 かなえM: かなえM:どんなお店を予約したんだろう? かなえM: かなえM:どんな伝え方をしてくれるんだろう? かなえM: かなえM:前にした約束、まだ覚えているんだろうか? かなえM: かなえM:そんな事を考えながらついていくと かなえM: かなえM:稜也が着いたと言った。 かなえM: 稜也:…つ…着いた。 かなえ:……え、まさか……ここ…? …プル……? 稜也:あ…あぁ。HOTEL Pleuvoir(ホテル プルヴォワール)。 かなえM: かなえM:私は人生で、こんな超高層ビルに入った事がない。 かなえM: かなえM:だって、街の定食屋さんを夢見る私だよ? かなえM: かなえM:一生立ち入る事のない、縁の無い場所だと思っていた。 かなえM: 稜也:……い、行くぞ。 かなえ:え…う、うん…。 かなえM: かなえM:この時はさすがに私も緊張したw かなえM: かなえM:だって、軽く50階はありそうなビルなんだもん… かなえM: かなえM:稜也ってば…、無理しちゃってさw かなえM: ―:エレベーターに乗る2人 稜也:………ふぅ…。 かなえ:…稜也、何階なの? 稜也:…62階。 かなえ:ろ…62階…。…えっと、レストラン…なんだよね? 稜也:…あぁ。 かなえ:わ…私、緊張であんまり食べられないかも…。 稜也:か、かなえ…大食いだろ?大丈夫だよ…。 かなえ:バカだなぁ…。それは家とか定食屋とか、もっと敷居の低い所での話だよ! 稜也:……着くぞ。 かなえ:は…はい。 ―:エレベーターが開き、降りるとすぐに入口がある 店員:いらっしゃいませ。 稜也:…あ…えっと…。 かなえ:……稜也? 店員:…失礼ですが、お名前を頂戴できますか? 稜也:……あっ!や、山田稜也です!!! かなえ:ちょっ…!(小声で)声大きいって! 稜也:あ…あぁ…。 店員:山田稜也様ですね、お待ちしておりました。ご案内致します、こちらへどうぞ。 稜也:…は、はい。 かなえ:…ふふw ―:店内へ案内され、ネット上でしか見た事がない、ダイヤなどの装飾品で飾られた豪華な椅子とテーブルの席に着く 稜也:お……おぉ…。 店員:(椅子を引き) どうぞ。 かなえ:あ…ありがとうございます。 稜也:……。 店員: 店員:本日は当店へのご来店、誠にありがとうございます。 店員: 店員:お先にお飲み物を失礼致します。 店員: ―:テーブルにセットされていたシャンパンを注がれる 店員:今宵はどうぞ、ごゆっくりお楽しみください。 稜也:…ありがとうございます。 かなえ:ありがとうございます!………ねぇ!稜也!!すっっっごいね!? 稜也:あ…あぁ。あんまり…はしゃぐなよ。 かなえ:強がりw こんなお店を予約してただなんて…そりゃ緊張もするよねw 稜也:う…うるさいな! かなえ:はぁ…まるで魔法の世界みたい…。置いてある物、全部が綺麗! 稜也:あぁ…。か、かなえ。乾杯しよ? かなえ:お、そうしよう! 稜也:じゃあ…乾杯。 かなえ:えー?何か一言無いのー? 稜也:え…? かなえ:昔はあれだけセリフ書いてたのに、何も思いつかない訳ないでしょ?w 「君の瞳に…乾杯」とか!w 稜也:ばっ…か。そういう店じゃないだろー!? かなえ:関係ないよ。これからこのテーブルで起きる事は、全部2人だけの世界なんだから。 稜也:え……? かなえ:ほーら! 稜也:……えっと、 稜也: 稜也:かなえ、俺と出逢ってくれてありがとう。 稜也: 稜也:俺にとってかなえは、本当に特別な存在だよ。 稜也: 稜也:だから今夜、ここに一緒に来れて、本当に良かった。 稜也: 稜也:2人の出逢いに…、乾杯。 かなえ:乾杯。…………はぁ、…おいし。 稜也:…ふぅ。美味いな…。 かなえ:んふふw やればできるじゃんw 稜也:ま…まぁなw 店員:失礼致します。こちら前菜のチーズとフルーツのマリアージュでございます。 かなえ:うわっ!美味しそーう! 稜也:おい…。 店員:……お客様。 稜也:え、あの、すみません、大人しくさせますので…。 店員:いえいえ、少々、周りや雰囲気をお気にし過ぎではないでしょうか? 稜也:……え? 店員:もっと素直に、もっと純粋に楽しんで頂けると、我々も大変嬉しく存じます。 稜也:あ……。 店員:どうぞお連れ様と、素敵な夜をお過ごしください。 稜也:あ……ありがとう、ございます…。 店員:とんでもございません。出過ぎた真似をお許しください。失礼致します。 かなえ:……かっこいいーw 稜也:か…かなえ、ごめん……俺ダサいな…。 かなえ:ふふふw なんとも思ってないよ!ほら、食べよ! 稜也:あぁ! ―:2時間後 かなえ:はぁー、全部美味しかったねぇ! 稜也:美味しかった。うん、美味しかった…。 かなえ:…? どうしたの?稜也。 稜也:え…いや……なんでもないよ? かなえ:ふーん? …あ、私ちょっとお手洗へ行ってきますね?w 稜也:あ、あぁ、どうぞ。 …………はああああ、落ち着けえええ俺えええ……。 店員:失礼致します。 稜也:はっはい…!? 店員:やれやれ…。そんなんじゃ、サプライズが台無しになるぞ? 稜也:え…? 店員:男だろ?もっとシャキッと!この為にこんな高いうちみたいな店、予約したんだろ? 稜也:あ…はい。 店員:大丈夫!俺達がバッチリ、サプライズ決めてやるから!自信を持って、大事な事を、大事な人に、ちゃんと伝えるんだ。 稜也:は……はい!ありがとうございます! 店員:よし、じゃあ…君が大事な話があるって言ったら、始めるからな。 稜也:よ、よろしくお願いします! ―: かなえ:ただーいま! 稜也:…ふぅ。おかえり。 かなえ:お?何かスッキリした顔だねぇ?さっきはガマガエルみたいに汗かいてたのにw 稜也:ガ…ガマガエル!? かなえ:あっははw 冗談だってばw 稜也:…ったくw こんな時でもかなえはかなえだよな…。 かなえ:そりゃーいつだって私ですよー? 稜也:…ふふw 出逢った時の事思い出したw あの時からかなえは元気で、面白くて、一緒に話してるとすごい楽しかった。 かなえ:あーw 私もしっかり覚えてるよ?初めて会ったバス停での時間…。 稜也:うん。……あのさ、かなえ。 かなえ:……はい。 稜也:大事な話があるんだ。 ―:その瞬間、照明が一気に薄暗くなる かなえ:え……!? 何…これ!? 稜也:俺、付き合う時の告白は失敗だったけど、約束通り、誰にも真似できないようなとびっきりのサプライズを考えた。 かなえ:……覚えててくれてたんだ。 稜也:もちろん!これが俺の…、サプライズだ!! ―: ―:掛け声と共に、照明が一気に明るくなる。 ―: ―:照らされた店内には、無数のキキョウの花が飾られていた。 ―: ―:たまたま居合わせた他の客も、みんながキキョウの花を持ち2人を見守っている。 ―: ―:その事に気付いたかなえは、照れながらも稜也をジッと見つめる。 ―: 稜也:キキョウの花言葉は「変わらぬ愛」。 稜也: 稜也:かなえ。俺はこの先、どんな事があっても、かなえを変わらぬ愛で、幸せにする。 稜也: 稜也:だから……俺と、結婚してください。 かなえ: かなえ: かなえ: かなえ:………はい。 かなえ: かなえ: ―:かなえの返事が聞こえた瞬間、盛大な拍手が沸き起こる 稜也:………あはは、ありがとうございます、皆さん! かなえ:恥ずかしいー…。けど…、ありがとうございます!!本当にありがとうございます!! 稜也:俺達、絶対幸せになります!! 店員:よくやったー!かっこよかったぞー! 稜也:あはw ありがとうございます!!皆さん、本当にありがとうございました!! 0:帰り道 かなえ:…ねぇ稜也。 稜也:んー? かなえ:どうしてキキョウの花を選んだの?花言葉を調べて決めた? 稜也:何言ってんだよw キキョウは、俺達が出逢った季節に咲く花だよ。 かなえ:え、そうなの? 稜也:本当に気付いてないの?あのバス停の後ろに、めっちゃ咲いてたじゃん! かなえ:え…えーー!?全然気付かなかった…。 稜也:なんなら、今から行ってみるか? かなえ:わー、良いね!行こ行こ! 0: 稜也:着ーいたっと……あ、ほら、かなえ! かなえ:ん…あ、本当だー!綺麗な青色…。こんな近くに咲いてたのに…なんで気付かなかったんだろ? 稜也:あー…俺に見惚れてたからとか?w かなえ:……。 稜也:んな訳ないかw かなえ:そうかも! 稜也:え…? かなえ:私、稜也の事、出逢って割とすぐに好きになってたんだよ?w 稜也:そ、そうなの!? かなえ:うん、あーでも決め手はもちろん…。 稜也:…カラオケ? かなえ:正解!w  稜也:当たったw でもあの時はマジでびっくりしたなぁ、かなえの演技が凄すぎたw かなえ:えへへw あの次の日から、私は稜也の事を忘れた事が無いんだなー。 稜也:…俺だってそうだよ!かなえの事を忘れる日なんて、1日も無かった! かなえ:ふふw 色々あったけど、これからもよろしくね? 稜也:あぁ。何があっても、俺がかなえを守る。………あっ! かなえ:え、何? 稜也:大事な事言うの忘れてた…。親父からの伝言…。 かなえ:あー!聞くの忘れてた!なになに? 稜也:……驚くよ? 心の準備は良い…? かなえ:え…、めっちゃ怖い前振りするじゃん……。(深呼吸)…。…よし、なに? 稜也:親父がやっている店、ご飯処 山は、今年で閉店します! かなえ:…え……ええぇぇーー!? なんで!?どうしてー!? 稜也:そして翌年から、かなえの店になります!! かなえ:………は……はい? 稜也:ふふw 親父さ、ここ数年で体がだいぶ弱ってきているのは聞いてるだろ? かなえ:え…う、うん。 稜也:だから、親父がかなえに聞いてみてって。 稜也:仕事も頑張ってるし、応援したいから、もしかなえが本気で店をやる気があるなら、譲ってくれるってさ! かなえ:う……うそ…。 稜也:どうする?w かなえ:そ…そんなの………やるに決まってるじゃん!!! 稜也:お! かなえ:ええーーー!でも本当に!?…嘘じゃないよね!? 稜也:嘘な訳ないだろw よし、じゃあ今から挨拶に行こうか! かなえ:うん!!行く!! 稜也:店の名前、考えないとなー。 かなえ:うわーー、ワクワクしてきたあーー!w 0: 0: 0:1年後 ご飯処 桔梗(キキョウ) 0: 0: 稜也:ただいまー! かなえ:あ、おかえりー! 稜也:もう閉店作業終わった?手伝おうか? かなえ:大丈夫だよー、稜也も仕事終わりなんだから座って座って! 稜也:おう、ありがとう。 かなえ:……お待たせしましたー!今日の晩御飯はかなえスペシャルだよー♪ 稜也:うおおーー!!めっちゃ豪華な海鮮ちらしだー!え、しかも唐揚げにハンバーグまで!? かなえ:ふっふっふw 今日は初めての結婚記念日だからねー!みんな呼んで、盛大にやろうと思って! 稜也:うわー最高w これは昼少なめにしておいて正解だったなーw かなえ:もうすぐうちの家族も来るから!あ、お義父さんも呼んでこなきゃ! 稜也:あ、親父、今日通院だったよな?大丈夫だったの? かなえ:もっちろん!私の料理を毎日食べて、適度に運動もしてるんだよ? かなえ:全て正常数値をキープしてもらってます! 稜也:おぉーさすが栄養士!w ありがとうな、付き添いも。 かなえ:とんでもない!私だってもう家族なんだからね? かなえ:あ、稜也の食生活もちゃんと支えてあげるからね!太ってきたら脂っこいの禁止だよ?w 稜也:う…気を付けよ…。 かなえ:あははw じゃあお義父さん呼んでくるね! ―:タイミング良く父親が来る 稜也:あ、親父、ただいま。 かなえ:あ、お義父さん、丁度良かった! ―:かなえの家族が入ってくる 稜也:あ、お義母さん、それにみんなも。こんばんは! かなえ:みんないらっしゃい!ほらほら座って!準備はできてるから! 稜也:ふふw やっぱりみんなでワイワイ食卓を囲むのって良いよなぁ。 かなえ:うん!ご飯は美味しく楽しくお腹いーっぱいね!何度でも叶えてあげますよー?w 稜也:さすがかなえw どんな夢も叶えてくれるんだもんなw かなえ:ちょっとw またバカにしてw 稜也:あははw してないしてないw かなえ:もうw さぁ、みんな揃ったし、今夜はたくさん食べよー!! 0: 0: 0: 0:~完~ 0: 0: 0: