台本概要

 206 views 

タイトル 告白〜告ってきた男はノー眼中!?〜
作者名 てくす  (@daihooon)
ジャンル ラブストーリー
演者人数 3人用台本(男2、女1)
時間 10 分
台本使用規定 非商用利用時は連絡不要
説明 報われない話。

 206 views 

キャラ説明  

名前 性別 台詞数 説明
優斗 12 告る人
貴也 12 告る人
13 告られる人
※役をクリックするとセリフに色が付きます。

台本本編

文字サイズ
0:『告白〜告ってきた男はノー眼中〜』 男2人:『好きです!付き合ってください!』 舞:え!?あ…… 舞:(私は今、羨ましい状況に置かれていると思う 舞:だって男の子2人から同時告白なんて… 舞:だけど…この2人は私にとって眼中になんてない! 舞:普通の男友達だった!) 舞:あの!ごめんなさい! 優斗:わかってます!2人で告白してるんだ! 優斗:どっちかが振られるとか!…なぁ! 貴也:おう!だから2人で話して 貴也:どっちがOKもらっても祝福しよう! 貴也:恨みっこなしだ!って…なぁ! 優斗:そう!だから 優斗:どっちかに気を遣って 優斗:両方無理!みたいな展開は大丈夫です! 舞:いや…あの…別にそういうわけじゃ 男二人:『よろしくお願いします!』 舞:う…… 舞:(どうしよう…なんて言えばいいの!? 舞:この状況…あぁぁあぁ!) 貴也:そ、そうだ! 貴也:いきなりこんな状況でも困るよな! 舞:(お?考え直してくれるのかな?) 貴也:PRタイムといこう! 舞:なんでそうなる!! 優斗:それだ! 優斗:よし!じゃあ俺から! 優斗:俺は自分で言うのもあれだけど 優斗:一途です!それに多少裕福です! 貴也:あ!お前それズルイぞ! 貴也:社長の息子だからって 貴也:それはダメだろ! 優斗:なんだと!舞ちゃんが 優斗:金になびく女と思ってるのか!? 貴也:そうじゃねーよ! 貴也:だけど、そのアピールは卑怯だろ! 舞:やばい、どうしよ、どうでもいい… 優斗:じゃあ貴也のアピール聞かせてみろよ! 貴也:よし! 貴也:舞、俺はお前のことが 貴也:誰よりも好きだ! 貴也:それは自信を持って言える! 貴也:それに俺は金持ちじゃないけど 貴也:色んなとこ2人で行って 貴也:楽しい思い出を作りたいと思ってる 優斗:誠実アピールかよ 貴也:事実だ! 舞:(私の気持ちは完全無視なのかな…) 舞:あの! 男:はい! 舞:えっと…凄く言いにくいんだけど… 優斗:大丈夫!俺たちはもう 優斗:覚悟決めてるから 貴也:あぁ!正直な気持ち 貴也:聞かせてくれ! 舞:じゃ、じゃあ正直に言うね? 舞:あのさ…私、2人とも…… 舞:別に好きじゃないです! 男二人:えっ…… 舞:なんていうか 舞:その…2人とも男友達っていうか… 舞:うーーん……よし! 舞:2人ともごめんなさい! 舞:どっちも他の男友達と変わらないです! 舞:恋愛感情ないです! 舞:そんな目で見たこともないです! 舞:これから先も変わらないと思います! 舞:あと私好きな人います! 舞:2人の友達の光輝君です! 舞:明日告白するつもりでしたぁぁぁぁあ! 3人:………。 優斗:あ、あー、へぇー 貴也:だ、だ、だよな! 貴也:俺らも本気じゃないっていうか…なぁ! 優斗:そう!遊び!これ告白ごっこ… 貴也:そ、そうそう! 舞:あ、あはは… 優斗:いや、うん 優斗:本気でしたけど 貴也:うん、なんかあの 貴也:頑張れな、明日 舞:うん、ありがとう 優斗:飯でも食いに行く? 貴也:おう 舞:あ、私も行っていい? 舞:光輝くんのこと聞きたいなぁ…なんて 3人:………。 優斗:よし、いこう! 0:終わり

0:『告白〜告ってきた男はノー眼中〜』 男2人:『好きです!付き合ってください!』 舞:え!?あ…… 舞:(私は今、羨ましい状況に置かれていると思う 舞:だって男の子2人から同時告白なんて… 舞:だけど…この2人は私にとって眼中になんてない! 舞:普通の男友達だった!) 舞:あの!ごめんなさい! 優斗:わかってます!2人で告白してるんだ! 優斗:どっちかが振られるとか!…なぁ! 貴也:おう!だから2人で話して 貴也:どっちがOKもらっても祝福しよう! 貴也:恨みっこなしだ!って…なぁ! 優斗:そう!だから 優斗:どっちかに気を遣って 優斗:両方無理!みたいな展開は大丈夫です! 舞:いや…あの…別にそういうわけじゃ 男二人:『よろしくお願いします!』 舞:う…… 舞:(どうしよう…なんて言えばいいの!? 舞:この状況…あぁぁあぁ!) 貴也:そ、そうだ! 貴也:いきなりこんな状況でも困るよな! 舞:(お?考え直してくれるのかな?) 貴也:PRタイムといこう! 舞:なんでそうなる!! 優斗:それだ! 優斗:よし!じゃあ俺から! 優斗:俺は自分で言うのもあれだけど 優斗:一途です!それに多少裕福です! 貴也:あ!お前それズルイぞ! 貴也:社長の息子だからって 貴也:それはダメだろ! 優斗:なんだと!舞ちゃんが 優斗:金になびく女と思ってるのか!? 貴也:そうじゃねーよ! 貴也:だけど、そのアピールは卑怯だろ! 舞:やばい、どうしよ、どうでもいい… 優斗:じゃあ貴也のアピール聞かせてみろよ! 貴也:よし! 貴也:舞、俺はお前のことが 貴也:誰よりも好きだ! 貴也:それは自信を持って言える! 貴也:それに俺は金持ちじゃないけど 貴也:色んなとこ2人で行って 貴也:楽しい思い出を作りたいと思ってる 優斗:誠実アピールかよ 貴也:事実だ! 舞:(私の気持ちは完全無視なのかな…) 舞:あの! 男:はい! 舞:えっと…凄く言いにくいんだけど… 優斗:大丈夫!俺たちはもう 優斗:覚悟決めてるから 貴也:あぁ!正直な気持ち 貴也:聞かせてくれ! 舞:じゃ、じゃあ正直に言うね? 舞:あのさ…私、2人とも…… 舞:別に好きじゃないです! 男二人:えっ…… 舞:なんていうか 舞:その…2人とも男友達っていうか… 舞:うーーん……よし! 舞:2人ともごめんなさい! 舞:どっちも他の男友達と変わらないです! 舞:恋愛感情ないです! 舞:そんな目で見たこともないです! 舞:これから先も変わらないと思います! 舞:あと私好きな人います! 舞:2人の友達の光輝君です! 舞:明日告白するつもりでしたぁぁぁぁあ! 3人:………。 優斗:あ、あー、へぇー 貴也:だ、だ、だよな! 貴也:俺らも本気じゃないっていうか…なぁ! 優斗:そう!遊び!これ告白ごっこ… 貴也:そ、そうそう! 舞:あ、あはは… 優斗:いや、うん 優斗:本気でしたけど 貴也:うん、なんかあの 貴也:頑張れな、明日 舞:うん、ありがとう 優斗:飯でも食いに行く? 貴也:おう 舞:あ、私も行っていい? 舞:光輝くんのこと聞きたいなぁ…なんて 3人:………。 優斗:よし、いこう! 0:終わり