台本概要

 51 views 

タイトル DISTOPIA BREAK:force『血約』
作者名 NAOKI  (@NAOKI24480603)
ジャンル ファンタジー
演者人数 5人用台本(不問5)
時間 30 分
台本使用規定 非商用利用時は連絡不要
説明 万和(ばんな)213年。一人の剣士がある力に目覚めた。
伸展と呼ばれるそれは、人でありながら人を超える大いなる力。
その力は解放される事で、更に強大な力を剣士に与えた。
伸展を扱える者は少し、また少しと増えていき、やがて人々は彼らを、尊敬と畏怖の念を込めて『伸展師(しんてんし)』と呼ぶようになる。
 
時を経て。伸展解放に次ぐ上位能力『終伸展(しゅうしんてん)』が現れた頃、世にひとつの組織が生まれた。
名を皇組(すめらぎぐみ)。
恐怖こそが誉れ。奪取の先にこそ、誠(まこと)の自由と正義が存在せしと謳う、紫魂(しこん)の夜叉。
彼らは次第に、持たざる者を支配し始めた。
相次ぐ悲惨な戦闘が頻発し、日夜いとも容易く命が失われていく。
そんな中、皇組(すめらぎぐみ)に立ち向かわんとする者たちが現れた。
名を榊組(さかきぐみ)。
正義の名の下に、希望を抱き、世を常闇(とこやみ)から掬いあげんとする、碧き使徒。
 
異なる思想を掲げた二つの組織は、選ばれし者にのみ許された唯一無二の技=『伸展(しんてん)』を振るい、今時代を動かし始める…。

 51 views 

キャラ説明  

名前 性別 台詞数 説明
春屋(はるや) 不問 18 【女性想定】 二大勢力の一つ・榊組(さかきぐみ)に属する伸展師。 前回、悪間憑に敗れた田夜と恋仲だった。 伸展・鷹眼千万(しんてん・たかめせんばん)の解放者。
海貝(うかい) 不問 55 【女性想定】 二大勢力の一つ・榊組(さかきぐみ)に属する伸展師。 春屋と歳も近く、仲が良い。野矢に憧れている。 伸展・薔(しんてん・みずたで)の解放者。
野矢(のうや) 不問 50 【男性想定】 二大勢力の一つ・榊組(さかきぐみ)に属する伸展師。 一見軽いが仲間想いで頭も切れる実力者。辛い過去を持つ。 伸展・静空夜血約陣(しんてん・せいくうやけつやくじん)の解放者。
萌寧(もね) 不問 49 【女性想定】 二大勢力の一つ・榊組(さかきぐみ)に属する伸展師。 優しく凜とした女性。野矢の伸展と、それにまつわる過去を知っている。 伸展・天泣薊(しんてん・てんきゅうあざみ)の解放者。
悪間憑(あまつ) 不問 31 【女性想定】 榊組と対立する二大勢力の一つ・皇組(すめらぎぐみ)に属する伸展師。 残酷で残忍。前回、尚悦と田夜を殺した。 伸展・赤凛一擲(しんてん・せきりんいってき)の解放者。
※役をクリックするとセリフに色が付きます。

台本本編

文字サイズ
DISTOPIA BREAK:force『血約』  :   :登場人物紹介(マーカー用) 春屋(はるや):二大勢力の一つ・榊組(さかきぐみ)に属する伸展師。 春屋(はるや):前回、悪間憑に敗れた田夜と恋仲だった。 春屋(はるや):伸展・鷹眼千万(しんてん・たかめせんばん)の解放者。 海貝(うかい):二大勢力の一つ・榊組(さかきぐみ)に属する伸展師。 海貝(うかい):春屋と歳も近く、仲が良い。野矢に憧れている。 海貝(うかい):伸展・薔(しんてん・みずたで)の解放者。 野矢(のうや):二大勢力の一つ・榊組(さかきぐみ)に属する伸展師。 野矢(のうや):一見軽いが仲間想いで頭も切れる実力者。辛い過去を持つ。 野矢(のうや):伸展・静空夜血約陣(しんてん・せいくうやけつやくじん)の解放者。 萌寧(もね):二大勢力の一つ・榊組(さかきぐみ)に属する伸展師。 萌寧(もね):優しく凜とした女性。野矢の伸展と、それにまつわる過去を知っている。 萌寧(もね):伸展・天泣薊(しんてん・てんきゅうあざみ)の解放者。 悪間憑(あまつ):榊組と対立する二大勢力の一つ・皇組(すめらぎぐみ)に属する伸展師。 悪間憑(あまつ):残酷で残忍。前回、尚悦と田夜を殺した。 悪間憑(あまつ):伸展・赤凛一擲(しんてん・せきりんいってき)の解放者。  :   :  0:シナリオスタート  :   :【場面】榊組(さかきぐみ)拠点・一室  :  0:野矢と萌寧が話しているところに海貝がやってくる。 海貝(うかい):「あ、ノウヤさんにモネさん」 野矢(のうや):「あ、ウカイ。お疲れ~」 萌寧(もね):「ウカイさん。こんにちは」 海貝(うかい):「お二人とも、ハルヤちゃん見てませんか?」 野矢(のうや):「ハルヤちゃん?見てないな~、モネは知ってる?」 萌寧(もね):「いえ。今日は一度も」 海貝(うかい):「そうですか…。ん~、どこ行っちゃったんだろ…?」 萌寧(もね):「珍しいですね。ハルヤさん几帳面ですから、どこかへ行く時は必ず声をかけてくださるんですが…」 野矢(のうや):「それもそうだねぇ」 海貝(うかい):「あ。お話なさってたんですよね?邪魔しちゃってごめんなさい」 萌寧(もね):「大丈夫ですよ。マリさんの話について、ノウヤさんと意見交換してただけですから」 海貝(うかい):「マリさんって…あの、皇から来たっていう人ですか?」 野矢(のうや):「うん。あのマリって子が皇で頼りにしてたのが、ナオエツって言うんだけどさ。そのナオエツが、うちの密偵(みってい)だったんだよね」 海貝(うかい):「密偵?じゃあそのマリさんて人も…」 野矢(のうや):「あー違う違う。あの子はナオエツが皇に潜入捜査に行ってから拾った子らしいよ。 野矢(のうや):ナオエツがいつか榊に連れてこようと思って、姉弟揃って面倒見てたらしい」 海貝(うかい):「姉弟…てことは、弟さんはまだ皇に?」 萌寧(もね):「…いえ、亡くなりました」 海貝(うかい):「え…」 野矢(のうや):「アマツに殺られたらしい。あの子を逃がそうとしたナオエツもその時にね」 萌寧(もね):「…アマツ…姿を見る事は敵いませんでしたが、壁越しでさえ凄まじい威圧感でした…」 海貝(うかい):「そんなに…。今、そのマリさんは…?」 萌寧(もね):「塞ぎこんでいます…。食事も喉を通らない様で…」 野矢(のうや):「まぁ仕方ないね。むしろその状態でよく話してくれたものだよ」 萌寧(もね):「彼女もまた、清き心根の人だったということでしょう。彼…ナオエツを慕っていた様でしたから…」 海貝(うかい):「慕って…それは…」 野矢(のうや):「…ウカイ?なんでそんな顔してるのさ」 海貝(うかい):「っ、なんでもありません…弟と大切な方を一度に亡くしたなんて、悲しすぎるじゃないですかっ!当然の反応ですっ!」 野矢(のうや):「…・・ま、ウカイが仲良くしてあげなよ。支えてくれる人がいれば、そんなに辛いことじゃないよ。 野矢(のうや):それに、この世にいなかったとしても…それまでの繋がりが消えるわけじゃないからさ…」 萌寧(もね):「ノウヤさん……そうですね」 海貝(うかい):「…ノウヤさんに言われなくても、そうします…。ハルヤちゃんと一緒に、笑わせてやりますよ!」 野矢(のうや):「そうそう。その調子」 萌寧(もね):「あ、そういえばノウヤさん。ハルヤさんって過去にマリさんと会ったことがあるんでしょうか?」 野矢(のうや):「え。なんで?」 萌寧(もね):「いえ、マリさんに尋ねられたんですが…榊組で探してるっていう人の特徴が、どう考えてもハルヤさんの事だったもので…」 海貝(うかい):「二人は顔見知りだった、って事ですか?」 萌寧(もね):「偵察に出た際に出会った可能性はあります。ハルヤさんの性格なら、縁(えにし)の方に報告していると思ったのですが…」 野矢(のうや):「いや待って。違う、そうじゃない」 海貝(うかい):「え?どうしたんです?」 野矢(のうや):「…デンヤだ」 萌寧(もね):「デンヤ…?確か、マリさんが弟さんをそう呼んでいた様な…」 野矢(のうや):「(食い気味に)ハルヤちゃんの恋人だよ!前にそんな話になった時に、不自然に話を濁してたんだ。あのハルヤちゃんが、だよ? 野矢(のうや):それに…前にウズキ君の妹が攻め入って来た時、一緒に来た男、デンヤって呼ばれてた! 野矢(のうや):あの時ウズキ君と妹を止めたのは、あの二人だ!」 海貝(うかい):「そんなことって…。待ってください、マリさんがその話をした時、その場にハルヤちゃんはいましたか!?」 萌寧(もね):「いたはずですよ。あの時に居なかったのはモチさんと、彼の指導を任されていたウカイさんだけですから」 海貝(うかい):「ハルヤちゃん…!早く追わないと!!(走り出す)」 野矢(のうや):「ウカイ!?どこに行くんだ!」 海貝(うかい):「ハルヤちゃん、前に言っていたんです!落ち着いたら大切な人と行きたい場所があるって!!」 0:海貝、慌てて飛び出していく。  :  野矢(のうや):「…行っちゃった。なんでそんな慌てて…」 萌寧(もね):「…皇にいた恋人…落ち着いたら…。まさか、敵地の近くなんじゃ…?」 野矢(のうや):「! …あー、まったく!一人で突っ走るなって、いつも言ってるのに!」 萌寧(もね):「私も参ります!」 0:野矢と萌寧、海貝を追って飛び出していく。  :   :  海貝(うかい):(タイトルコール) 海貝(うかい):DISTOPIA BREAK Forth『血約』 海貝(うかい):(でぃすとぴあ ぶれいく ふぉーす『けつやく』)  :   :   :【場面変更】皇組拠点付近・絶景  :  春屋(はるや):「…すごく綺麗な場所ですね。貴方が『私に見せたい』ってはしゃいでた理由、やっとわかりましたよ…。 春屋(はるや):でもやられましたね…『一緒に見よう』なんて言うもんだから、すっかりその気でいたのに…結局、私一人で来ちゃいました…。 春屋(はるや):  春屋(はるや):ネックレス…お姉さんから預かりましたよ。…酷いじゃないですか、せっかくお揃いだったのに、返されたらお揃いじゃなくなっちゃいますよ。 春屋(はるや):何より……こんな形見みたいに渡されたって、嬉しくないです…。 春屋(はるや):  春屋(はるや):…なんなんですか。本当に、貴方はなんなのですか…。 春屋(はるや):身勝手な約束をして…声も届かぬ遠い空から『死んでごめんなさい』じゃないでしょうに…! 春屋(はるや):…果たしてくださいよ…っ!男が一度、言ったのだからっ…『必ず一緒に』と、言ったのだから……」 0:春屋、その場で泣き崩れる。  :  0:その場に現れる悪間憑。 悪間憑(あまつ):「あらあら…?こんなところに可愛いお嬢さんが…珍しいこともあるのねぇ」 春屋(はるや):「! …どなたですか?」 悪間憑(あまつ):「名乗るほどのものではないわ?それよりどうしたの?こんなに泣いてしまって、可哀想に…」 春屋(はるや):「(食い気味に)近付かないでください」 悪間憑(あまつ):「…怯えているのね?」 春屋(はるや):「…もう一度聞きます。貴方は誰ですか?」 悪間憑(あまつ):「ふふっ、私…?私はアマツ。皇組の、アマツ…」 春屋(はるや):「アマ、ツ…?お前が……っ、お前がデンヤさんを殺したのか!」 悪間憑(あまつ):「デンヤ?だぁれ、それ?」 春屋(はるや):「っ、ふざけるな!」 悪間憑(あまつ):「うーん…あぁ!デンヤってあれか?あの役に立たない、木偶(でく)のことか」 春屋(はるや):「うるさい!あの人の優しさをわからないお前が…あの人を語るな!!」 悪間憑(あまつ):「なんだ?そんなに怖い顔して…まさか怒っているのか?」 春屋(はるや):「…黙れ…黙れ黙れぇ!」 悪間憑(あまつ):「ふふふ、もっと語ってみろよ。…もう二度と戻らない、くだらない木偶との思い出話をな」 春屋(はるや):「っ!あの人をっ、馬鹿にするな!!」 悪間憑(あまつ):「はぁ、まともに会話もできないのね?…これだから弱い人間は…」 春屋(はるや):「このっ…!」 悪間憑(あまつ):「ふふふっ、ふふ…あはっ、あははは!あははははははははは!(大笑い)」 春屋(はるや):「!?」 悪間憑(あまつ):「…木偶と一緒にいるやつも、また木偶か。そんなに寂しいなら、貴様も今すぐにそいつの元に送ってやろう…」 春屋(はるや):「っっ!…死ぬのは、お前の方だ!!」  :   :【SE】鷹の鳴き声 春屋(はるや):「(詠唱)『広い荒野に飛び立つ鷹の様に、命を持って飛び立ちなさい。』 春屋(はるや):  春屋(はるや):終伸展解放 春季永遠恋命 鷹眼千万 春屋(はるや):(しゅうしんてんかいほう、しゅんきとわれんめい、たかめせんばん)」 悪間憑(あまつ):「ほう?美しいな……反吐(へど)が出る。 悪間憑(あまつ): 悪間憑(あまつ):伸展解放 赤凛一躑 悪間憑(あまつ):(しんてんかいほう、せきりんいってき)」 春屋(はるや):「ぐっ…」 悪間憑(あまつ):「他愛も無い…所詮この程度か」 春屋(はるや):「っ…お前が、お前がぁぁぁぁぁぁ!」  :   :【時間経過】海貝・野矢・萌寧、春屋と悪間憑の元に到着  :  海貝(うかい):「ハルヤちゃん!!」 悪間憑(あまつ):「ふん…思ったよりもつまらなかったな」 春屋(はるや):「か、は…」 萌寧(もね):「そんな…ハルヤさん!」 野矢(のうや):「…アマツ…っ!」 海貝(うかい):「こ、の…!よくもおおおおおお!」 0:悪間憑に飛びかかろうとした海貝、腕を引き止める野矢。 野矢(のうや):「(被せて)やめろ!ウカイ!」 海貝(うかい):「っ!どうして止めるんですか!?」 野矢(のうや):「お前じゃ勝てない」 海貝(うかい):「じゃあ!ハルヤちゃんを見捨てろって言うんですか!?」 野矢(のうや):「いや、俺がいく」 萌寧(もね):「ノウヤさん!?何を言っているんです!貴方は戦えないではないですか!!」 海貝(うかい):「そうです!いつも私に任せてばかりなんだから、今回だって…」 野矢(のうや):「(声を荒げる)引けと言ってるんだ!!」 海貝(うかい):「っ!?」 萌寧(もね):「ノウヤさん…」 野矢(のうや):「(口調が戻り)大丈夫、僕がいく…ほら。たまにはちゃんとお仕事しないと、怒られちゃうからさ? 野矢(のうや):モネも。ここは僕に任せてよ」 悪間憑(あまつ):「逃がすとでも?」 0:海貝を狙う悪間憑。野矢がそれを防ぐ。 野矢(のうや):「させないよ?僕の大切な仲間なんだ。手出しはさせない」 悪間憑(あまつ):「ほざけ…先に殺してくれるわ。 悪間憑(あまつ):伸展解放 赤凜一擲 悪間憑(あまつ):(しんてんかいほう、せきりんいってき)」 野矢(のうや):「チッ…」 悪間憑(あまつ):「どうした?でかい口を叩いた割りに、受けもしないのか?」 野矢(のうや):「はっ!」 悪間憑(あまつ):「なんだ?遊んでいるのか?」 野矢(のうや):「ふっ…!」 悪間憑(あまつ):「はぁ!」 野矢(のうや):「ぐっ…」 悪間憑(あまつ):「まだだ」 野矢(のうや):「うぐ…がはっ…」 萌寧(もね):「ノウヤさん!」 悪間憑(あまつ):「…貴様。馬鹿にしているのか…?」 野矢(のうや):「はぁ…はぁ…」 海貝(うかい):「ノウヤさん…?なんで伸展を打たないんです!」 萌寧(もね):「! (ウカイに)やめなさい!」 海貝(うかい):「! モネさん…?」 萌寧(もね):「ノウヤさんを…けしかけないで下さい…っ!」 悪間憑(あまつ):「…くだらん。仕舞いだ」 海貝(うかい):「ノウヤさん!! 海貝(うかい):伸展解放 薔!(しんてんかいほう、みずたで)」 悪間憑(あまつ):「チッ…小賢しい…。伸展…ぐっ!?」 0:海貝に狙いを定めた悪間憑を、野矢が突き飛ばす。 野矢(のうや):「…ウカイに手を出すな。お前の相手は、俺だ…」 悪間憑(あまつ):「調子に乗るなよ…?伸展も使えない分際で…」 野矢(のうや):「(食い気味に)使えるさ」 萌寧(もね):「ノウヤさん!?」 野矢(のうや):「アマツ…お前が強い事は知っている。誰がどう見たって、このザマだ…俺が勝てるわけがないと思うだろう。 野矢(のうや):だが俺はここで引くわけにはいかない。だから…俺は打つ」 萌寧(もね):「ノウヤさん!いけませんっ!やめてください!」 海貝(うかい):「モネさん…?」  :   :【SE】鈴の音 野矢(のうや):「(詠唱)『楽に死ねるさ』」 萌寧(もね):「その技を使ってはいけません!」 野矢(のうや):「(詠唱)『ここで死のうと、何処で死のうと』」 萌寧(もね):「それを使ってしまったら、貴方は…!」 野矢(のうや):「(詠唱)『君はもう、夢の中なのだから』」 萌寧(もね):「死んでしまいます!!」 海貝(うかい):「…え?」 野矢(のうや):「(詠唱)『…魅せろ。』  :【SE】鈴の音、再度(『魅せろ』被せても良い) 野矢(のうや):「終伸展解放 遠夢華蝋千人六華 静空夜血約陣 野矢(のうや):(しゅうしんてんかいほう、えんむかろう せんじんろっか、せいくう やけつやくじん)」 0:唱え終わると共に、抗えない力が空から降り注ぎ、悪間憑を地面へと押し付ける。 悪間憑(あまつ):「がはっ!」 海貝(うかい):「(呆然と)……すごい…」 萌寧(もね):「やめてください、ノウヤさん!貴方の終伸展は、貴方の血を代償にするもの!」 悪間憑(あまつ):「ぐ、あ…あぁ…」 萌寧(もね):「何のために縁(えにし)の方々が、貴方を戦闘から遠ざけていたのか、わからないのですか!!!」 海貝(うかい):「だから…いつも私とペアで…?伸展を使わなくてもいい様に…?」 萌寧(もね):「そうです!!だからこうして止めているのでしょう!?」 海貝(うかい):「そんな……」 萌寧(もね):「やめてください…私はもう…仲間を見送るのは、ご免です…!」 野矢(のうや):「…二人とも、心配性だなぁ」 海貝(うかい):「ノウヤさん!」 野矢(のうや):「僕は大丈夫だから、早くこの場を離れてよ。このままじゃ二人がちゃんと逃げられるか心配で、僕まで逃げられないじゃないか」 海貝(うかい):「…私、貴方のこと良く知りもしないであんなこと…っ!」 野矢(のうや):「(食い気味に)ウカイ?別に君のせいじゃないよ。僕が隠してただけだからさ」 海貝(うかい):「っ…はい…」 野矢(のうや):「ねぇウカイ、お願い。モネを連れて、ここから逃げて? 野矢(のうや):大丈夫。僕だって死ぬのは嫌だもん、ちゃんと機を見て逃げるつもりだから」 海貝(うかい):「…信じて、いいんですよね?」 野矢(のうや):「当然。僕が嘘ついたこと、一度もないでしょ?」 海貝(うかい):「(少し笑って)…そうですね。 海貝(うかい):モネさん、行きましょう。私たちがいつまでもここにいたら、邪魔になります」 萌寧(もね):「……姉さんとの約束を違えたら…私、貴方を許しませんから…!」 0:海貝・萌寧、その場を後にする。 野矢(のうや):「(呟く様に)本当に…君たち姉妹は、そっくりだね…」  :   :【場面変更】榊組までの帰路・海貝と萌寧  :  0:しばらく走り続けた後、足を緩め歩き出す二人。 海貝(うかい):「はぁ…はぁ…」 萌寧(もね):「はぁ…はぁ…っ、ノウヤさん…一人で逃げられるでしょうか?」 海貝(うかい):「…大丈夫ですよ。あの人の逃げ足が速いの、モネさんだって知ってるでしょう?」 萌寧(もね):「…そう、ですね……」 海貝(うかい):「…モネさんは、ノウヤさんの伸展が…あぁいう物だって、知ってたんですね」 萌寧(もね):「えぇ…」 海貝(うかい):「私、全然知りませんでした…あの人があんなすごい技使えることも、その技があの人の体を蝕む代物(しろもの)だってことも…」 萌寧(もね):「…私もですよ。私もあの時、初めて知ったんです」 海貝(うかい):「あの時…?」 萌寧(もね):「…ウカイさん。貴方はノウヤさんをどう思っていますか?」 海貝(うかい):「どう、って…。そうですね…正直、よくわからないです。 海貝(うかい):いつもヘラヘラしてるのに、どこか勘が鋭くて…。縁(えにし)っていう大きな立場なのに、私みたいな生意気な後輩にいじられても笑っていて…強くて優しくて暖かくて…。 海貝(うかい):上手く言えないですけど…憧れています。 海貝(うかい):私が今より力をつけて強くなれた時…あの人みたいになりたいと、そう思う程に」 萌寧(もね):「…そうですか。昔、貴方と同じことを言った人がいました。 萌寧(もね):彼女は言葉使いこそ丁寧でしたが、頑固で短気で融通が効かなくて…今思えば、色々な人から怖がられてたかも知れませんね」 海貝(うかい):「丁寧で、頑固で短気…なんだか、モネさんに似てますね。その人」 萌寧(もね):「あら、酷いですね?私もそう思われているんですか?」 海貝(うかい):「あ…それは、その…」 萌寧(もね):「…ふふ、冗談ですよ。でも、そうですね…似てはいるのでしょうね。彼女は、私の姉でしたから」 海貝(うかい):「モネさんの…。お姉さん、いらしたんですね?」 萌寧(もね):「えぇ…とても強い人でした。なんて言ったって、縁(えにし)に籍を置いていたんですからね」 海貝(うかい):「縁(えにし)に?すごい!…あれ、でも…」 萌寧(もね):「亡くなりました。ノウヤさんを庇って…」 海貝(うかい):「え…」 萌寧(もね):「あの頃の彼は伸展こそ使ってはいましたが、能力の代償について隠していました。使用後の疲労は顕著(けんちょ)でしたが、あの威力です…誰も気にかけなかったんです。 萌寧(もね):それに気付いたのが、私の姉でした。彼を叱咤(しった)しつつも献身的に支え、そしていつしか想い合う仲に…」 海貝(うかい):「…それなのに、なんで…」 萌寧(もね):「その頃は榊と皇に限らず、至るところで様々な戦闘が行われていました。当然、縁(えにし)の二人は敵地に赴き戦う日々…。ツケが回ってきたのでしょう。ノウヤさんが倒れ、彼を庇った姉は致命傷を受けました」 海貝(うかい):「…っ!」 萌寧(もね):「拠点に戻ってきた頃には、辛うじて息がある状態…。私は姉に縋りついて泣きました。ノウヤさんも…」 海貝(うかい):「(泣き始める)」 萌寧(もね):「そんな私たちに、姉は言ったんです。『生きて、どうか平和な世を作って欲しい。私もその平和な世に少しでも力添え出来たのだと、それを証明して欲しい。だから生きて、生き抜いて』と」 海貝(うかい):「だからっ…ノウヤさんは、ずっと…!」 萌寧(もね):「えぇ…。私の伸展が解放されたのも、その時でした。…皮肉ですよね、姉が死んだのがきっかけで、力が解放されるなんて…」 海貝(うかい):「…ごめんなさい…ごめん、なさい…」 萌寧(もね):「…泣かないでください。彼は戻ってくると言ったではありませんか…貴方は、それを信じたのでしょう? 萌寧(もね):私もまた…それを信じたから、ここにいるのです。だから待ちましょう?彼が疲れて帰ってきた時に、たくさん褒めて労わなくては」 海貝(うかい):「…っはい…」  :   :【場面変更】皇組拠点付近・野矢と悪間憑  :  野矢(のうや):「…っ、はぁ…は、あ……。そろそろ…逃げられた、かな…? 野矢(のうや):ぐっ!…はは、予想以上に…血を使いすぎたな…」 0:静空夜血約陣を解除し、悪間憑の様子を見る。 野矢(のうや):「…どうにか、倒せたみたいだな…良かった…。さて僕も帰らないと…」 悪間憑(あまつ):「目障りだな。小僧」 野矢(のうや):「がふっ…?!」 悪間憑(あまつ):「よもやここまでの使い手が榊にいたとはな」 野矢(のうや):「…ははっ、まじかよ…冗談、だろ…?」 悪間憑(あまつ):「私を楽しませてくれた褒美だ、くれてやる。 悪間憑(あまつ):  悪間憑(あまつ):(詠唱)『恐怖こそ自由、我れこそが勝者、それ以外何もない、滅びるが良いぞ。』 悪間憑(あまつ):  悪間憑(あまつ):終伸展解放 恐鳴域韋駄虎 赤凛一擲 悪間憑(あまつ):(しゅうしんてんかいほう、きょうめいいきいだとら、せきりんいってき)」  :  野矢(のうや):「(心の中で)最後の最後に…嘘、ついちゃったな…。ごめん…」  :  悪間憑(あまつ):「……くっ…ごほっ! 悪間憑(あまつ):くそっ!忌々しい…!ここまで苦戦を強いられるとは…。 悪間憑(あまつ):だがまぁ、これでいい…縁(えにし)のひとりを屠れたのだ。腕の一本位くれてやろう。 悪間憑(あまつ):くくくく……はっはははははっははは!!!」  :   :  0:次回予告 春屋(はるや):アマツの手にかかり、デンヤの後を追うことになったハルヤ。 春屋(はるや):ノウヤもまた、過去に愛した女との約束を果たせず、散っていく。 春屋(はるや):あまりにも強大な敵・アマツを止められる者は現れるのか…? 春屋(はるや):  春屋(はるや):次回。DISTOPIA BREAK Final『激闘』 春屋(はるや):(でぃすとぴあ ぶれいく ふぁいなる『げきとう』) 0:続く

DISTOPIA BREAK:force『血約』  :   :登場人物紹介(マーカー用) 春屋(はるや):二大勢力の一つ・榊組(さかきぐみ)に属する伸展師。 春屋(はるや):前回、悪間憑に敗れた田夜と恋仲だった。 春屋(はるや):伸展・鷹眼千万(しんてん・たかめせんばん)の解放者。 海貝(うかい):二大勢力の一つ・榊組(さかきぐみ)に属する伸展師。 海貝(うかい):春屋と歳も近く、仲が良い。野矢に憧れている。 海貝(うかい):伸展・薔(しんてん・みずたで)の解放者。 野矢(のうや):二大勢力の一つ・榊組(さかきぐみ)に属する伸展師。 野矢(のうや):一見軽いが仲間想いで頭も切れる実力者。辛い過去を持つ。 野矢(のうや):伸展・静空夜血約陣(しんてん・せいくうやけつやくじん)の解放者。 萌寧(もね):二大勢力の一つ・榊組(さかきぐみ)に属する伸展師。 萌寧(もね):優しく凜とした女性。野矢の伸展と、それにまつわる過去を知っている。 萌寧(もね):伸展・天泣薊(しんてん・てんきゅうあざみ)の解放者。 悪間憑(あまつ):榊組と対立する二大勢力の一つ・皇組(すめらぎぐみ)に属する伸展師。 悪間憑(あまつ):残酷で残忍。前回、尚悦と田夜を殺した。 悪間憑(あまつ):伸展・赤凛一擲(しんてん・せきりんいってき)の解放者。  :   :  0:シナリオスタート  :   :【場面】榊組(さかきぐみ)拠点・一室  :  0:野矢と萌寧が話しているところに海貝がやってくる。 海貝(うかい):「あ、ノウヤさんにモネさん」 野矢(のうや):「あ、ウカイ。お疲れ~」 萌寧(もね):「ウカイさん。こんにちは」 海貝(うかい):「お二人とも、ハルヤちゃん見てませんか?」 野矢(のうや):「ハルヤちゃん?見てないな~、モネは知ってる?」 萌寧(もね):「いえ。今日は一度も」 海貝(うかい):「そうですか…。ん~、どこ行っちゃったんだろ…?」 萌寧(もね):「珍しいですね。ハルヤさん几帳面ですから、どこかへ行く時は必ず声をかけてくださるんですが…」 野矢(のうや):「それもそうだねぇ」 海貝(うかい):「あ。お話なさってたんですよね?邪魔しちゃってごめんなさい」 萌寧(もね):「大丈夫ですよ。マリさんの話について、ノウヤさんと意見交換してただけですから」 海貝(うかい):「マリさんって…あの、皇から来たっていう人ですか?」 野矢(のうや):「うん。あのマリって子が皇で頼りにしてたのが、ナオエツって言うんだけどさ。そのナオエツが、うちの密偵(みってい)だったんだよね」 海貝(うかい):「密偵?じゃあそのマリさんて人も…」 野矢(のうや):「あー違う違う。あの子はナオエツが皇に潜入捜査に行ってから拾った子らしいよ。 野矢(のうや):ナオエツがいつか榊に連れてこようと思って、姉弟揃って面倒見てたらしい」 海貝(うかい):「姉弟…てことは、弟さんはまだ皇に?」 萌寧(もね):「…いえ、亡くなりました」 海貝(うかい):「え…」 野矢(のうや):「アマツに殺られたらしい。あの子を逃がそうとしたナオエツもその時にね」 萌寧(もね):「…アマツ…姿を見る事は敵いませんでしたが、壁越しでさえ凄まじい威圧感でした…」 海貝(うかい):「そんなに…。今、そのマリさんは…?」 萌寧(もね):「塞ぎこんでいます…。食事も喉を通らない様で…」 野矢(のうや):「まぁ仕方ないね。むしろその状態でよく話してくれたものだよ」 萌寧(もね):「彼女もまた、清き心根の人だったということでしょう。彼…ナオエツを慕っていた様でしたから…」 海貝(うかい):「慕って…それは…」 野矢(のうや):「…ウカイ?なんでそんな顔してるのさ」 海貝(うかい):「っ、なんでもありません…弟と大切な方を一度に亡くしたなんて、悲しすぎるじゃないですかっ!当然の反応ですっ!」 野矢(のうや):「…・・ま、ウカイが仲良くしてあげなよ。支えてくれる人がいれば、そんなに辛いことじゃないよ。 野矢(のうや):それに、この世にいなかったとしても…それまでの繋がりが消えるわけじゃないからさ…」 萌寧(もね):「ノウヤさん……そうですね」 海貝(うかい):「…ノウヤさんに言われなくても、そうします…。ハルヤちゃんと一緒に、笑わせてやりますよ!」 野矢(のうや):「そうそう。その調子」 萌寧(もね):「あ、そういえばノウヤさん。ハルヤさんって過去にマリさんと会ったことがあるんでしょうか?」 野矢(のうや):「え。なんで?」 萌寧(もね):「いえ、マリさんに尋ねられたんですが…榊組で探してるっていう人の特徴が、どう考えてもハルヤさんの事だったもので…」 海貝(うかい):「二人は顔見知りだった、って事ですか?」 萌寧(もね):「偵察に出た際に出会った可能性はあります。ハルヤさんの性格なら、縁(えにし)の方に報告していると思ったのですが…」 野矢(のうや):「いや待って。違う、そうじゃない」 海貝(うかい):「え?どうしたんです?」 野矢(のうや):「…デンヤだ」 萌寧(もね):「デンヤ…?確か、マリさんが弟さんをそう呼んでいた様な…」 野矢(のうや):「(食い気味に)ハルヤちゃんの恋人だよ!前にそんな話になった時に、不自然に話を濁してたんだ。あのハルヤちゃんが、だよ? 野矢(のうや):それに…前にウズキ君の妹が攻め入って来た時、一緒に来た男、デンヤって呼ばれてた! 野矢(のうや):あの時ウズキ君と妹を止めたのは、あの二人だ!」 海貝(うかい):「そんなことって…。待ってください、マリさんがその話をした時、その場にハルヤちゃんはいましたか!?」 萌寧(もね):「いたはずですよ。あの時に居なかったのはモチさんと、彼の指導を任されていたウカイさんだけですから」 海貝(うかい):「ハルヤちゃん…!早く追わないと!!(走り出す)」 野矢(のうや):「ウカイ!?どこに行くんだ!」 海貝(うかい):「ハルヤちゃん、前に言っていたんです!落ち着いたら大切な人と行きたい場所があるって!!」 0:海貝、慌てて飛び出していく。  :  野矢(のうや):「…行っちゃった。なんでそんな慌てて…」 萌寧(もね):「…皇にいた恋人…落ち着いたら…。まさか、敵地の近くなんじゃ…?」 野矢(のうや):「! …あー、まったく!一人で突っ走るなって、いつも言ってるのに!」 萌寧(もね):「私も参ります!」 0:野矢と萌寧、海貝を追って飛び出していく。  :   :  海貝(うかい):(タイトルコール) 海貝(うかい):DISTOPIA BREAK Forth『血約』 海貝(うかい):(でぃすとぴあ ぶれいく ふぉーす『けつやく』)  :   :   :【場面変更】皇組拠点付近・絶景  :  春屋(はるや):「…すごく綺麗な場所ですね。貴方が『私に見せたい』ってはしゃいでた理由、やっとわかりましたよ…。 春屋(はるや):でもやられましたね…『一緒に見よう』なんて言うもんだから、すっかりその気でいたのに…結局、私一人で来ちゃいました…。 春屋(はるや):  春屋(はるや):ネックレス…お姉さんから預かりましたよ。…酷いじゃないですか、せっかくお揃いだったのに、返されたらお揃いじゃなくなっちゃいますよ。 春屋(はるや):何より……こんな形見みたいに渡されたって、嬉しくないです…。 春屋(はるや):  春屋(はるや):…なんなんですか。本当に、貴方はなんなのですか…。 春屋(はるや):身勝手な約束をして…声も届かぬ遠い空から『死んでごめんなさい』じゃないでしょうに…! 春屋(はるや):…果たしてくださいよ…っ!男が一度、言ったのだからっ…『必ず一緒に』と、言ったのだから……」 0:春屋、その場で泣き崩れる。  :  0:その場に現れる悪間憑。 悪間憑(あまつ):「あらあら…?こんなところに可愛いお嬢さんが…珍しいこともあるのねぇ」 春屋(はるや):「! …どなたですか?」 悪間憑(あまつ):「名乗るほどのものではないわ?それよりどうしたの?こんなに泣いてしまって、可哀想に…」 春屋(はるや):「(食い気味に)近付かないでください」 悪間憑(あまつ):「…怯えているのね?」 春屋(はるや):「…もう一度聞きます。貴方は誰ですか?」 悪間憑(あまつ):「ふふっ、私…?私はアマツ。皇組の、アマツ…」 春屋(はるや):「アマ、ツ…?お前が……っ、お前がデンヤさんを殺したのか!」 悪間憑(あまつ):「デンヤ?だぁれ、それ?」 春屋(はるや):「っ、ふざけるな!」 悪間憑(あまつ):「うーん…あぁ!デンヤってあれか?あの役に立たない、木偶(でく)のことか」 春屋(はるや):「うるさい!あの人の優しさをわからないお前が…あの人を語るな!!」 悪間憑(あまつ):「なんだ?そんなに怖い顔して…まさか怒っているのか?」 春屋(はるや):「…黙れ…黙れ黙れぇ!」 悪間憑(あまつ):「ふふふ、もっと語ってみろよ。…もう二度と戻らない、くだらない木偶との思い出話をな」 春屋(はるや):「っ!あの人をっ、馬鹿にするな!!」 悪間憑(あまつ):「はぁ、まともに会話もできないのね?…これだから弱い人間は…」 春屋(はるや):「このっ…!」 悪間憑(あまつ):「ふふふっ、ふふ…あはっ、あははは!あははははははははは!(大笑い)」 春屋(はるや):「!?」 悪間憑(あまつ):「…木偶と一緒にいるやつも、また木偶か。そんなに寂しいなら、貴様も今すぐにそいつの元に送ってやろう…」 春屋(はるや):「っっ!…死ぬのは、お前の方だ!!」  :   :【SE】鷹の鳴き声 春屋(はるや):「(詠唱)『広い荒野に飛び立つ鷹の様に、命を持って飛び立ちなさい。』 春屋(はるや):  春屋(はるや):終伸展解放 春季永遠恋命 鷹眼千万 春屋(はるや):(しゅうしんてんかいほう、しゅんきとわれんめい、たかめせんばん)」 悪間憑(あまつ):「ほう?美しいな……反吐(へど)が出る。 悪間憑(あまつ): 悪間憑(あまつ):伸展解放 赤凛一躑 悪間憑(あまつ):(しんてんかいほう、せきりんいってき)」 春屋(はるや):「ぐっ…」 悪間憑(あまつ):「他愛も無い…所詮この程度か」 春屋(はるや):「っ…お前が、お前がぁぁぁぁぁぁ!」  :   :【時間経過】海貝・野矢・萌寧、春屋と悪間憑の元に到着  :  海貝(うかい):「ハルヤちゃん!!」 悪間憑(あまつ):「ふん…思ったよりもつまらなかったな」 春屋(はるや):「か、は…」 萌寧(もね):「そんな…ハルヤさん!」 野矢(のうや):「…アマツ…っ!」 海貝(うかい):「こ、の…!よくもおおおおおお!」 0:悪間憑に飛びかかろうとした海貝、腕を引き止める野矢。 野矢(のうや):「(被せて)やめろ!ウカイ!」 海貝(うかい):「っ!どうして止めるんですか!?」 野矢(のうや):「お前じゃ勝てない」 海貝(うかい):「じゃあ!ハルヤちゃんを見捨てろって言うんですか!?」 野矢(のうや):「いや、俺がいく」 萌寧(もね):「ノウヤさん!?何を言っているんです!貴方は戦えないではないですか!!」 海貝(うかい):「そうです!いつも私に任せてばかりなんだから、今回だって…」 野矢(のうや):「(声を荒げる)引けと言ってるんだ!!」 海貝(うかい):「っ!?」 萌寧(もね):「ノウヤさん…」 野矢(のうや):「(口調が戻り)大丈夫、僕がいく…ほら。たまにはちゃんとお仕事しないと、怒られちゃうからさ? 野矢(のうや):モネも。ここは僕に任せてよ」 悪間憑(あまつ):「逃がすとでも?」 0:海貝を狙う悪間憑。野矢がそれを防ぐ。 野矢(のうや):「させないよ?僕の大切な仲間なんだ。手出しはさせない」 悪間憑(あまつ):「ほざけ…先に殺してくれるわ。 悪間憑(あまつ):伸展解放 赤凜一擲 悪間憑(あまつ):(しんてんかいほう、せきりんいってき)」 野矢(のうや):「チッ…」 悪間憑(あまつ):「どうした?でかい口を叩いた割りに、受けもしないのか?」 野矢(のうや):「はっ!」 悪間憑(あまつ):「なんだ?遊んでいるのか?」 野矢(のうや):「ふっ…!」 悪間憑(あまつ):「はぁ!」 野矢(のうや):「ぐっ…」 悪間憑(あまつ):「まだだ」 野矢(のうや):「うぐ…がはっ…」 萌寧(もね):「ノウヤさん!」 悪間憑(あまつ):「…貴様。馬鹿にしているのか…?」 野矢(のうや):「はぁ…はぁ…」 海貝(うかい):「ノウヤさん…?なんで伸展を打たないんです!」 萌寧(もね):「! (ウカイに)やめなさい!」 海貝(うかい):「! モネさん…?」 萌寧(もね):「ノウヤさんを…けしかけないで下さい…っ!」 悪間憑(あまつ):「…くだらん。仕舞いだ」 海貝(うかい):「ノウヤさん!! 海貝(うかい):伸展解放 薔!(しんてんかいほう、みずたで)」 悪間憑(あまつ):「チッ…小賢しい…。伸展…ぐっ!?」 0:海貝に狙いを定めた悪間憑を、野矢が突き飛ばす。 野矢(のうや):「…ウカイに手を出すな。お前の相手は、俺だ…」 悪間憑(あまつ):「調子に乗るなよ…?伸展も使えない分際で…」 野矢(のうや):「(食い気味に)使えるさ」 萌寧(もね):「ノウヤさん!?」 野矢(のうや):「アマツ…お前が強い事は知っている。誰がどう見たって、このザマだ…俺が勝てるわけがないと思うだろう。 野矢(のうや):だが俺はここで引くわけにはいかない。だから…俺は打つ」 萌寧(もね):「ノウヤさん!いけませんっ!やめてください!」 海貝(うかい):「モネさん…?」  :   :【SE】鈴の音 野矢(のうや):「(詠唱)『楽に死ねるさ』」 萌寧(もね):「その技を使ってはいけません!」 野矢(のうや):「(詠唱)『ここで死のうと、何処で死のうと』」 萌寧(もね):「それを使ってしまったら、貴方は…!」 野矢(のうや):「(詠唱)『君はもう、夢の中なのだから』」 萌寧(もね):「死んでしまいます!!」 海貝(うかい):「…え?」 野矢(のうや):「(詠唱)『…魅せろ。』  :【SE】鈴の音、再度(『魅せろ』被せても良い) 野矢(のうや):「終伸展解放 遠夢華蝋千人六華 静空夜血約陣 野矢(のうや):(しゅうしんてんかいほう、えんむかろう せんじんろっか、せいくう やけつやくじん)」 0:唱え終わると共に、抗えない力が空から降り注ぎ、悪間憑を地面へと押し付ける。 悪間憑(あまつ):「がはっ!」 海貝(うかい):「(呆然と)……すごい…」 萌寧(もね):「やめてください、ノウヤさん!貴方の終伸展は、貴方の血を代償にするもの!」 悪間憑(あまつ):「ぐ、あ…あぁ…」 萌寧(もね):「何のために縁(えにし)の方々が、貴方を戦闘から遠ざけていたのか、わからないのですか!!!」 海貝(うかい):「だから…いつも私とペアで…?伸展を使わなくてもいい様に…?」 萌寧(もね):「そうです!!だからこうして止めているのでしょう!?」 海貝(うかい):「そんな……」 萌寧(もね):「やめてください…私はもう…仲間を見送るのは、ご免です…!」 野矢(のうや):「…二人とも、心配性だなぁ」 海貝(うかい):「ノウヤさん!」 野矢(のうや):「僕は大丈夫だから、早くこの場を離れてよ。このままじゃ二人がちゃんと逃げられるか心配で、僕まで逃げられないじゃないか」 海貝(うかい):「…私、貴方のこと良く知りもしないであんなこと…っ!」 野矢(のうや):「(食い気味に)ウカイ?別に君のせいじゃないよ。僕が隠してただけだからさ」 海貝(うかい):「っ…はい…」 野矢(のうや):「ねぇウカイ、お願い。モネを連れて、ここから逃げて? 野矢(のうや):大丈夫。僕だって死ぬのは嫌だもん、ちゃんと機を見て逃げるつもりだから」 海貝(うかい):「…信じて、いいんですよね?」 野矢(のうや):「当然。僕が嘘ついたこと、一度もないでしょ?」 海貝(うかい):「(少し笑って)…そうですね。 海貝(うかい):モネさん、行きましょう。私たちがいつまでもここにいたら、邪魔になります」 萌寧(もね):「……姉さんとの約束を違えたら…私、貴方を許しませんから…!」 0:海貝・萌寧、その場を後にする。 野矢(のうや):「(呟く様に)本当に…君たち姉妹は、そっくりだね…」  :   :【場面変更】榊組までの帰路・海貝と萌寧  :  0:しばらく走り続けた後、足を緩め歩き出す二人。 海貝(うかい):「はぁ…はぁ…」 萌寧(もね):「はぁ…はぁ…っ、ノウヤさん…一人で逃げられるでしょうか?」 海貝(うかい):「…大丈夫ですよ。あの人の逃げ足が速いの、モネさんだって知ってるでしょう?」 萌寧(もね):「…そう、ですね……」 海貝(うかい):「…モネさんは、ノウヤさんの伸展が…あぁいう物だって、知ってたんですね」 萌寧(もね):「えぇ…」 海貝(うかい):「私、全然知りませんでした…あの人があんなすごい技使えることも、その技があの人の体を蝕む代物(しろもの)だってことも…」 萌寧(もね):「…私もですよ。私もあの時、初めて知ったんです」 海貝(うかい):「あの時…?」 萌寧(もね):「…ウカイさん。貴方はノウヤさんをどう思っていますか?」 海貝(うかい):「どう、って…。そうですね…正直、よくわからないです。 海貝(うかい):いつもヘラヘラしてるのに、どこか勘が鋭くて…。縁(えにし)っていう大きな立場なのに、私みたいな生意気な後輩にいじられても笑っていて…強くて優しくて暖かくて…。 海貝(うかい):上手く言えないですけど…憧れています。 海貝(うかい):私が今より力をつけて強くなれた時…あの人みたいになりたいと、そう思う程に」 萌寧(もね):「…そうですか。昔、貴方と同じことを言った人がいました。 萌寧(もね):彼女は言葉使いこそ丁寧でしたが、頑固で短気で融通が効かなくて…今思えば、色々な人から怖がられてたかも知れませんね」 海貝(うかい):「丁寧で、頑固で短気…なんだか、モネさんに似てますね。その人」 萌寧(もね):「あら、酷いですね?私もそう思われているんですか?」 海貝(うかい):「あ…それは、その…」 萌寧(もね):「…ふふ、冗談ですよ。でも、そうですね…似てはいるのでしょうね。彼女は、私の姉でしたから」 海貝(うかい):「モネさんの…。お姉さん、いらしたんですね?」 萌寧(もね):「えぇ…とても強い人でした。なんて言ったって、縁(えにし)に籍を置いていたんですからね」 海貝(うかい):「縁(えにし)に?すごい!…あれ、でも…」 萌寧(もね):「亡くなりました。ノウヤさんを庇って…」 海貝(うかい):「え…」 萌寧(もね):「あの頃の彼は伸展こそ使ってはいましたが、能力の代償について隠していました。使用後の疲労は顕著(けんちょ)でしたが、あの威力です…誰も気にかけなかったんです。 萌寧(もね):それに気付いたのが、私の姉でした。彼を叱咤(しった)しつつも献身的に支え、そしていつしか想い合う仲に…」 海貝(うかい):「…それなのに、なんで…」 萌寧(もね):「その頃は榊と皇に限らず、至るところで様々な戦闘が行われていました。当然、縁(えにし)の二人は敵地に赴き戦う日々…。ツケが回ってきたのでしょう。ノウヤさんが倒れ、彼を庇った姉は致命傷を受けました」 海貝(うかい):「…っ!」 萌寧(もね):「拠点に戻ってきた頃には、辛うじて息がある状態…。私は姉に縋りついて泣きました。ノウヤさんも…」 海貝(うかい):「(泣き始める)」 萌寧(もね):「そんな私たちに、姉は言ったんです。『生きて、どうか平和な世を作って欲しい。私もその平和な世に少しでも力添え出来たのだと、それを証明して欲しい。だから生きて、生き抜いて』と」 海貝(うかい):「だからっ…ノウヤさんは、ずっと…!」 萌寧(もね):「えぇ…。私の伸展が解放されたのも、その時でした。…皮肉ですよね、姉が死んだのがきっかけで、力が解放されるなんて…」 海貝(うかい):「…ごめんなさい…ごめん、なさい…」 萌寧(もね):「…泣かないでください。彼は戻ってくると言ったではありませんか…貴方は、それを信じたのでしょう? 萌寧(もね):私もまた…それを信じたから、ここにいるのです。だから待ちましょう?彼が疲れて帰ってきた時に、たくさん褒めて労わなくては」 海貝(うかい):「…っはい…」  :   :【場面変更】皇組拠点付近・野矢と悪間憑  :  野矢(のうや):「…っ、はぁ…は、あ……。そろそろ…逃げられた、かな…? 野矢(のうや):ぐっ!…はは、予想以上に…血を使いすぎたな…」 0:静空夜血約陣を解除し、悪間憑の様子を見る。 野矢(のうや):「…どうにか、倒せたみたいだな…良かった…。さて僕も帰らないと…」 悪間憑(あまつ):「目障りだな。小僧」 野矢(のうや):「がふっ…?!」 悪間憑(あまつ):「よもやここまでの使い手が榊にいたとはな」 野矢(のうや):「…ははっ、まじかよ…冗談、だろ…?」 悪間憑(あまつ):「私を楽しませてくれた褒美だ、くれてやる。 悪間憑(あまつ):  悪間憑(あまつ):(詠唱)『恐怖こそ自由、我れこそが勝者、それ以外何もない、滅びるが良いぞ。』 悪間憑(あまつ):  悪間憑(あまつ):終伸展解放 恐鳴域韋駄虎 赤凛一擲 悪間憑(あまつ):(しゅうしんてんかいほう、きょうめいいきいだとら、せきりんいってき)」  :  野矢(のうや):「(心の中で)最後の最後に…嘘、ついちゃったな…。ごめん…」  :  悪間憑(あまつ):「……くっ…ごほっ! 悪間憑(あまつ):くそっ!忌々しい…!ここまで苦戦を強いられるとは…。 悪間憑(あまつ):だがまぁ、これでいい…縁(えにし)のひとりを屠れたのだ。腕の一本位くれてやろう。 悪間憑(あまつ):くくくく……はっはははははっははは!!!」  :   :  0:次回予告 春屋(はるや):アマツの手にかかり、デンヤの後を追うことになったハルヤ。 春屋(はるや):ノウヤもまた、過去に愛した女との約束を果たせず、散っていく。 春屋(はるや):あまりにも強大な敵・アマツを止められる者は現れるのか…? 春屋(はるや):  春屋(はるや):次回。DISTOPIA BREAK Final『激闘』 春屋(はるや):(でぃすとぴあ ぶれいく ふぁいなる『げきとう』) 0:続く