台本概要

 67 views 

タイトル DISTOPIA BREAK:Final『激闘』
作者名 NAOKI  (@NAOKI24480603)
ジャンル ファンタジー
演者人数 5人用台本(不問5)
時間 30 分
台本使用規定 非商用利用時は連絡不要
説明 万和(ばんな)213年。一人の剣士がある力に目覚めた。
伸展と呼ばれるそれは、人でありながら人を超える大いなる力。
その力は解放される事で、更に強大な力を剣士に与えた。
伸展を扱える者は少し、また少しと増えていき、やがて人々は彼らを、尊敬と畏怖の念を込めて『伸展師(しんてんし)』と呼ぶようになる。
 
時を経て。伸展解放に次ぐ上位能力『終伸展(しゅうしんてん)』が現れた頃、世にひとつの組織が生まれた。
名を皇組(すめらぎぐみ)。
恐怖こそが誉れ。奪取の先にこそ、誠(まこと)の自由と正義が存在せしと謳う、紫魂(しこん)の夜叉。
彼らは次第に、持たざる者を支配し始めた。
相次ぐ悲惨な戦闘が頻発し、日夜いとも容易く命が失われていく。
そんな中、皇組(すめらぎぐみ)に立ち向かわんとする者たちが現れた。
名を榊組(さかきぐみ)。
正義の名の下に、希望を抱き、世を常闇(とこやみ)から掬いあげんとする、碧き使徒。
 
異なる思想を掲げた二つの組織は、選ばれし者にのみ許された唯一無二の技=『伸展(しんてん)』を振るい、今時代を動かし始める…。

 67 views 

キャラ説明  

名前 性別 台詞数 説明
望(もち) 不問 76 【男性想定】二大勢力の一つ・榊組(さかきぐみ)に属する伸展師。 海貝を追い、包水と共に悪間憑の元へ。鬼沙羅と関係がある。 榊組にて過ごすうちに、伸展・梵(しんてん・そよぎ)を解放するに至った。
包水(ほうすい) 不問 43 【女性想定】二大勢力の一つ・榊組(さかきぐみ)に属する伸展師。 榊組の筆頭。正義を地でいく、勇敢な人。 伸展・水浅葱(しんてん・みずあさぎ)の解放者。
海貝(うかい) 不問 34 【女性想定】二大勢力の一つ・榊組(さかきぐみ)に属する伸展師。 前回討たれた野矢の仇を取る為、悪間憑の元へやってきた。 まだ未熟だが、野矢が認める実力者。 伸展・薔(しんてん・みずたで)の解放者。
悪間憑(あまつ) 不問 47 榊組と対立する二大勢力の一つ・皇組(すめらぎぐみ)に属する伸展師。 【女性想定】皇組の筆頭と思われていた、凶悪な人。 伸展・赤凛一擲(しんてん・せきりんいってき)の解放者。
鬼沙羅(きさら) 不問 47 【男性想定】榊組と対立する二大勢力の一つ・皇組(すめらぎぐみ)に属する伸展師。 悪間憑の下についていた謎の人物。望と関係がある。 伸展・狼狽黒罰(しゅうしんてん・ろうばいこくばち)の解放者。
※役をクリックするとセリフに色が付きます。

台本本編

文字サイズ
DISTOPIA BREAK:Final『激闘』  :   :登場人物紹介(マーカー用) 望(もち):二大勢力の一つ・榊組(さかきぐみ)に属する伸展師。 望(もち):海貝を追い、包水と共に悪間憑の元へ。鬼沙羅と関係がある。 望(もち):榊組にて過ごすうちに、伸展・梵(しんてん・そよぎ)を解放するに至った。 包水(ほうすい):二大勢力の一つ・榊組(さかきぐみ)に属する伸展師。 包水(ほうすい):榊組の筆頭。正義を地でいく、勇敢な人。 包水(ほうすい):伸展・水浅葱(しんてん・みずあさぎ)の解放者。 海貝(うかい):二大勢力の一つ・榊組(さかきぐみ)に属する伸展師。 海貝(うかい):前回討たれた野矢の仇を取る為、悪間憑の元へやってきた。 海貝(うかい):まだ未熟だが、野矢が認める実力者。 海貝(うかい):伸展・薔(しんてん・みずたで)の解放者。 悪間憑(あまつ):榊組と対立する二大勢力の一つ・皇組(すめらぎぐみ)に属する伸展師。 悪間憑(あまつ):皇組の筆頭と思われていた、凶悪な人。 悪間憑(あまつ):伸展・赤凛一擲(しんてん・せきりんいってき)の解放者。 鬼沙羅(きさら):榊組と対立する二大勢力の一つ・皇組(すめらぎぐみ)に属する伸展師。 鬼沙羅(きさら):悪間憑の下についていた謎の人物。望と関係がある。 鬼沙羅(きさら):伸展・狼狽黒罰(しゅうしんてん・ろうばいこくばち)の解放者。  :   :  0:シナリオスタート  :   :【場面】榊組拠点・包水の部屋  :  望(もち):「そんな…ノウヤさん…」 包水(ほうすい):「…ノウヤが…」 望(もち):「…ホウスイさん、言ってましたよね…?ノウヤさんは縁(えにし)の一人だって…。 望(もち):アマツってやつは、そんなにも強いんですか!?」 包水(ほうすい):「…強いなんてものではない…! 包水(ほうすい):榊組・縁(えにし)が誇る鉄壁の守護者・ナオエツの摩利支天(まりしてん)を砕き、歴代随一の戦闘力と謳われたノウヤの静空夜血約陣(せいくうやけつやくじん)を受けてなお、立ち上がる…。 包水(ほうすい):そんなもの…化け物と呼ぶ以外、なんと呼べばいいのだ…!」 海貝(うかい):「……後から来る、って…言ったんです…」 望(もち):「ウカイさん…」 海貝(うかい):「…約束したんだって…嘘ついたこと、ないだろって…だから私っ、邪魔にならない様に…! 海貝(うかい):こんなことなら残ればよかった!!私…私がっ!ノウヤさんを見殺しにしたんです…っ!!」 望(もち):「(食い気味に)ウカイさんのせいじゃない!」 海貝(うかい):「! …モチ、くん…」 望(もち):「絶対にウカイさんのせいなんかじゃない! 望(もち):だって…だって、ノウヤさん言ってました!ウカイさんはすごいんだって!」 海貝(うかい):「…え?」 望(もち):「『ウカイは強いよ』『僕だって敵うかわからない』『きっとあいつは縁(えにし)になる』『真面目で優しい、自慢の後輩だ』」 海貝(うかい):「っ…!」」 望(もち):「僕はノウヤさんに色々教わってましたから…。僕が悩んだり手こずった時は、いつもウカイさんの話をするんです…。とっても嬉しそうに、誇らしげに…ウカイさんのこと、話してたんですよ…」 海貝(うかい):「…そんなのっ、一度も…!私には言ってくれなかったじゃ…ないですか…っ」 望(もち):「…だから、ウカイさんのせいなんてこと…絶対っ、ないですっ…!」 海貝(うかい):「っっ…!うぁ…うああああああああああああああああ!」  :   :  包水(ほうすい):(タイトルコール) 包水(ほうすい):DISTOPIA BREAK Final『激闘』 包水(ほうすい):(でぃすとぴあ ぶれいく ふぁいなる『げきとう』)  :   :   :【時間経過】包水の部屋  :  0:部屋で一人。遠くを見つめ、ボソリと呟く。 包水(ほうすい):「…これで縁(えにし)は私ひとりか…皆、私よりも先に逝ってしまう…」 包水(ほうすい):「…なぁ。フユネ、ノウヤ、ナオエツ…私一人で抱えるには重たすぎるぞ…。 包水(ほうすい):私がそっちに行ったときには、盛大にもてなしてくれよ…?」  :   0:苦悶しているところに、望が飛び込んでくる。 望(もち):「ホウスイさん!!」 包水(ほうすい):「! どうした?」 望(もち):「大変です!ウカイさんが!!」 包水(ほうすい):「ウカイ…?…まさか!?」 望(もち):「はい…っ!一人でアマツのところへ…!」 包水(ほうすい):「くっ…無謀すぎる!…っ行くぞ、モチ!!」 望(もち):「はい!!」  :   :【場面変更】皇組・領地  :  0:野矢との戦闘で負傷し、一人歩く悪間憑。 悪間憑(あまつ):「…チッ…忌々しい。左腕が動かぬ…腐っても縁(えにし)ということか…」 海貝(うかい):「…見つけた」 悪間憑(あまつ):「…ほう?お前…わざわざ死にに来たのか?」 海貝(うかい):「死にに来たわけじゃありません」 悪間憑(あまつ):「ハッ!逃げ出した小物風情が、何をほざく?」 海貝(うかい):「もう逃げません。貴方を殺す剣士の名を、その脳裏に焼き付けなさい!! 海貝(うかい):私はウカイ!随一の使い手と謳われたノウヤの志(こころざし)を継ぐもの!」 悪間憑(あまつ):「はは、はははっ!貴様が私に勝てると、本気で思っているのか?」 海貝(うかい):「勝てるかどうかじゃなく!私は立ち向かわなくてはならない! 海貝(うかい):あの人が信じてくれた!その私を裏切らない為に!!っやあぁぁぁぁぁあああぁぁあぁ!」 悪間憑(あまつ):「っ、何!?」 海貝(うかい):「そこだぁ!」  :  海貝(うかい):(M)へらへらしていて、やる気のない不真面目そうな人。それがあの人の第一印象だった。  :  悪間憑(あまつ):「ぐ…!くそっ、小賢しいっ!」 海貝(うかい):「くっ!…まだ!まだだあぁ!」  :  海貝(うかい):(M)なのに空気を読むのが上手くて、不思議とまわりを和ませるつかみどころのない人。そんな人が私の先輩だった。  :  悪間憑(あまつ):「がはぁっ!!」 海貝(うかい):「次は…そこだ!!」  :  海貝(うかい):(M)あんなに強いなんて知らなかった。そんな過去があるなんて知らなかった。そんなに認めてくれていたなんて…。  :  悪間憑(あまつ):「く…っ何故だ…?何故、私の一振りにすら耐えられなかった貴様ごときが!」 海貝(うかい):「はああああああああ!」  :  海貝(うかい):(M)ならば私がやることはただひとつ。  :  悪間憑(あまつ):「調子に乗るな! 悪間憑(あまつ):「伸展解放 赤凛一擲!! 悪間憑(あまつ):(しんてんかいほう、せきりんいってき)」  :  海貝(うかい):(M)私の全力を持ってコイツを仕留めること…!  :  海貝(うかい):「伸展解放 薔! 海貝(うかい):(しんてんかいほう、みずたで)」 悪間憑(あまつ):「なに!?この技を貴様のような小娘が止めるだと!?」 海貝(うかい):「てやぁ!!」 悪間憑(あまつ):「がっ…貴様!この短期間で、何故そこまで強くなった…!?」 海貝(うかい):「違う!!」  :   :【SE】刀を構える音 海貝(うかい):「(詠唱)『間違っています。私が強いのではなく、貴方が弱いのですよ?』 海貝(うかい):  海貝(うかい):終伸展解放 風華狂乱撃 薔! 海貝(うかい):(しゅうしんてんかいほう、ふうか きょうらんげき、みずたで)」 悪間憑(あまつ):「ぐうっ…足、が…っ!」 海貝(うかい):「っはぁ…はぁ…」 悪間憑(あまつ):「…ふ…ふふふふふ…くはっ、くはははっはははは!!」 海貝(うかい):「!? …何が、おかしい…!」 悪間憑(あまつ):「確かに…貴様を見くびっていた様だ…。ならば!それ相応に相手をしてやろう!!」 海貝(うかい):「…きゃぁ!?」 悪間憑(あまつ):「喜べ。あやつと同じ技で屠ってくれる」 海貝(うかい):「…っそんな…」 悪間憑(あまつ):「(詠唱)『恐怖こそ自由、我れこそが勝者、それ以外何もない、滅びるが良いぞ。』 悪間憑(あまつ):  悪間憑(あまつ):終伸展解放 恐鳴域韋駄虎 赤凛一擲! 悪間憑(あまつ):(しゅうしんてんかいほう、きょうめいいきいだとら、せきりんいってき)」 海貝(うかい):「か…は…」 悪間憑(あまつ):「貴様らの様な慣れ合いをみると、本当に反吐(へど)が出る…。 悪間憑(あまつ):絆?仲間?はは、笑わせるな!…そんなもの、何の役にも立たない!」 海貝(うかい):「…う、ぁ…」 悪間憑(あまつ):「この世で信じられるものは!絶望のみだ!!」 0:悪間憑、海貝に向け剣を振りかぶる。 包水(ほうすい):「そこまでだ!アマツううううううううう!!」 悪間憑(あまつ):「貴様はっ…!」  :  望(もち):「っ、ウカイさん!しっかりして下さい!」 海貝(うかい):「…モチ、くん……」 望(もち):「なんで…どうして、一人で…!」 海貝(うかい):「わかって、ます…。これは、私の…わがまま、ですね…。 海貝(うかい):…でも…どうして、も…あの人の期待に…応えたかった…」 望(もち):「ウカイさん…!ウカイ…さん…死んじゃダメだ!!」 海貝(うかい):「モチくん…ダメな先輩で…ごめ、んな…さ……」 望(もち):「っ…ウカイ、さん…」  :  悪間憑(あまつ):「…邪魔を、するな…!」 包水(ほうすい):「断る」 悪間憑(あまつ):「なぜ…貴様らはそんなにも抗う? 悪間憑(あまつ):力を持つ者には、器(うつわ)が必要だ。その器を持たない弱者が、分不相応にも技を振るうから、世は荒れ、世界は破滅する。 悪間憑(あまつ):力とは、持つべき者が持ってこそ、初めて真価を得る。それがわからぬ貴様ではあるまい」 包水(ほうすい):「では器(うつわ)が育たぬうちに、力を得た者はどうすればいい? 包水(ほうすい):力を持つからこそ、力を振るう意味と己の信じる正義を考え、律するべきなのだ」 悪間憑(あまつ):「器が育つまでにどれほどの時間をかける?世の中はそんなに利口ばかりではあるまい。悠長に器を育ている間に失われる命は多かろう?」 包水(ほうすい):「今!命を奪い続けているのは、お前ではないか!!」 悪間憑(あまつ):「力を持たぬものを排除して何が悪い」 包水(ほうすい):「選民思想がすぎると言っているのだ!力の有無は本人の意思で決まるものではない!持たざる者が淘汰される世界など混沌にしかならない!」 悪間憑(あまつ):「ははは!甘すぎる考えだな!反吐が出る。所詮、貴様も弱者なのだな。我の思想が理解できなくても無理はあるまい。」 包水(ほうすい):「相容れぬか…。剣をとれ、アマツ。 包水(ほうすい):榊組・縁(えにし)筆頭、ホウスイ!いざ…参る!!」 悪間憑(あまつ):「ならば相手をしてやろう!!我はアマツ…皇組、アマツ!!」 包水(ほうすい):「(同時に)はあああああああああああ!!!!」 悪間憑(あまつ):「(同時に)はあああああああああああ!!!!」  :  望(もち):「…すごい……」  :  悪間憑(あまつ):「ふはははははは!!!その程度で、我が取れると思っているのか!?」 包水(ほうすい):「なめるなぁ!!」 悪間憑(あまつ):「ふっ!さすがは縁(えにし)筆頭!ならば、これは受けきれるか!?」 包水(ほうすい):「受けてみせる!今まで抱えてきたものの重みに比べれば!!」 悪間憑(あまつ):「ならば、その重さごと潰れてしまえ!」 包水(ほうすい):「潰れるのは!貴様だあああアマツ!!!」  :  望(もち):「…これが…筆頭同士の、戦い…」  :  悪間憑(あまつ):「これは…どうだぁ!!!」 包水(ほうすい):「くっ…!」 0:交戦中の二人の影から現れる鬼沙羅。 鬼沙羅(きさら):「……」 望(もち):「!? あれは…!」 鬼沙羅(きさら):「死ね」 包水(ほうすい):「なっ…!?」 0:鬼沙羅、包水に切りかかる。 望(もち):「やめろ!!!」  :【SE】剣の交わる音 望(もち):「手出しはさせない!!」 鬼沙羅(きさら):「……」 望(もち):「お前は…誰だっ!」 鬼沙羅(きさら):「…あぁ、なんだ…。忘れてしまったのか?」 望(もち):「なに!?」 鬼沙羅(きさら):「あんなに俺の後ばかりついて来ていたのに…。大きくなったな、モチ」 望(もち):「!? な、なんで僕の名を…」 鬼沙羅(きさら):「今度は…大切な者を巻き込まないといいな?俺たちの母の時の様に…」 望(もち):「…!?」  :  0:回想(幼少期)  :  望(もち):(幼少期) 望(もち):「わぁ…!兄ちゃん、すごい!あーんな大きな岩が、半分になっちゃった!」 鬼沙羅(きさら):(幼少期) 鬼沙羅(きさら):「俺は選ばれて生まれてきたからな。このくらいの事、なんでもないさ」 望(もち):「ねぇ、兄ちゃん!あれ、やってよ!」 鬼沙羅(きさら):「あれって…伸展か?」 望(もち):「うん!僕、兄ちゃんの伸展、大好きだ!」 鬼沙羅(きさら):「ダメだよ?あれは無闇に打つと危ないんだ。また今度見せてやるよ」 望(もち):「えー?じゃあ、僕にも剣を教えてよ」 鬼沙羅(きさら):「モチに?」 望(もち):「うん!僕も兄ちゃんみたいに強くなりたい!!」 鬼沙羅(きさら):「そうだなぁ…」 望(もち):「へへへ…そしたら僕も、伸展師になれるかなぁ…?」 鬼沙羅(きさら):「はは、それは諦めろ。伸展は選ばれた者にしか使えないんだ」  :   :回想続き・後日  :  0:望を探す鬼沙羅。望は母と話している。 鬼沙羅(きさら):「モチー!モチ、どこだ?」 望(もち):「お母さん、みてみて!僕すっごく上手に使える様になったんだよ?」 鬼沙羅(きさら):「モチ?…あいつ、どこに行ったんだ?」 望(もち):「いくよ?見ててね!」 0:鬼沙羅、望を見つける。 鬼沙羅(きさら):「…っ!モチ!!やめろ!!」 望(もち):「伸展! ほら、すごいでしょ!?僕にも大きい岩が切れる様になったんだぁ!」 鬼沙羅(きさら):「モチ!もういい!止めろ!」 望(もち):「あ、兄ちゃん!兄ちゃんも見てー!僕も兄ちゃんみたいに…」 鬼沙羅(きさら):「(被せて)やりすぎだ!早く止めろ!!」 望(もち):「…え?あれ……と、止まらない…」 鬼沙羅(きさら):「っくそ!だから俺がいないところで使うなって言ったろ!?」 望(もち):「兄ちゃん!…あ、つい…怖いよう…!」 鬼沙羅(きさら):「待て!今、兄ちゃんがなんとかしてやる!諦めるな!!」 望(もち):「あ…あ、ぁ…うわああああああああ!!!」 鬼沙羅(きさら):「くっ…伸展解放(しんてんかいほう)!」 望(もち):「ううぅぅぅぅぅ!!体がっ、あついよぅ!!」 鬼沙羅(きさら):「ぐうぅぅ…くそっ、なんで…!」 望(もち):「…兄ちゃん…助け、て……」 鬼沙羅(きさら):「っ!…うわああああああああああああああああ!!!」  :  0:間。  :  鬼沙羅(きさら):「…う、うぅ…っは!モチ!?モチ、大丈夫か!?」 望(もち):「…ひっく…ひっく…」 鬼沙羅(きさら):「! モチっ……か、あさん…?」 望(もち):「うぇ…うえぇ…」 鬼沙羅(きさら):「…嘘でしょ…?母さん…なんで、そんな…血が…」 望(もち):「お母さぁん…僕、ただ…力を見せたくて…」 鬼沙羅(きさら):「…っく…」 望(もち):「…僕のせいだ…。僕が、こんな力を使えるから…っ!」 鬼沙羅(きさら):「…モチ…」 望(もち):「こんな力…っ、なければよかった!!!」  :  0:回想終わり  :  鬼沙羅(きさら):「お前は…またその力を使っているのか…」 望(もち):「兄、ちゃん…?」  :   :【視点変更】包水と悪間憑  :  悪間憑(あまつ):「うおおおおおおお!」 包水(ほうすい):「はあああああああ!」 0:互いに衝突。弾き飛ばされる。 悪間憑(あまつ):「(同時に)がふっ…」 包水(ほうすい):「(同時に)ぐはっ…」 0:互いに満身創痍の状態。※息切れや咳込みなどを交え、演じてください。 悪間憑(あまつ):「その左腕では…満足に剣も振るえないのではないか…?」 包水(ほうすい):「…それは、っ貴様も…同じだろう…」 悪間憑(あまつ):「ふふふ…この程度、ハンデにもならんわ…!」 包水(ほうすい):「奇遇だな…っ、私もちょうど…そう思っていた、ところだ…」 悪間憑(あまつ):「ぬかせ…!先ほどから、足がふらついているぞ…?」 包水(ほうすい):「それはお互い様だろう…!そろそろ…決着といこうではないか…」 悪間憑(あまつ):「よかろう…いくぞ?」 包水(ほうすい):「来い…っ!」  :  悪間憑(あまつ):(M)私はずっと考えていた。なぜ弱者が存在するのか。 包水(ほうすい):(M)戦え。後悔があろうと、悔恨(かいこん)に打たれようと、戦え。 悪間憑(あまつ):それは強者がいるからだ。では強者とは誰だ? 包水(ほうすい):やつらに抗うのだと。己にそう定めたのであれば、全身全霊で戦え。 悪間憑(あまつ):力に選ばれ、それを使いこなすことのできる選ばれた存在。 包水(ほうすい):道半ばで散った想いを全て抱えて、一秒も一瞬も刹那(せつな)も諦めず、貪欲に喰らいつけ。 悪間憑(あまつ):ならば強者であり続けるためにはどうすればいい?…簡単だ。 包水(ほうすい):まだ立てるのならば、まだ指が動くのならば、まだ牙が折れていないのならば。 悪間憑(あまつ):勝って、勝って、勝ち続けろ。 包水(ほうすい):立って、立って、ただ戦え。  :  悪間憑(あまつ):「(詠唱)『恐怖こそ自由、我こそが勝者、それ以外何もない、滅びるが良いぞ。』」 包水(ほうすい):「(詠唱)『希望を失うな。立ちなさい、行きなさい。誰かの為じゃない、自分の為に。』」 悪間憑(あまつ):「(同時に)終伸展解放(しゅうしんてんかいほう)」 包水(ほうすい):「(同時に)終伸展解放(しゅうしんてんかいほう)」 悪間憑(あまつ):「恐鳴域韋駄虎 赤凛一擲 悪間憑(あまつ):(きょうめいいき いだとら、せきりんいってき)」 包水(ほうすい):「靁包光神撃一閃 水浅葱 包水(ほうすい):(らいほうこう しんげきいっせん、みずあさぎ)」  :  望(もち):「ホウスイさん!!!!!!!!」  :  0:長い間。  :  0:鬼沙羅、無言で悪間憑の元へ。 鬼沙羅(きさら):「……無様だな」 悪間憑(あまつ):「……私を殺すか?」 鬼沙羅(きさら):「弱者は必要ない…だったか?」 悪間憑(あまつ):「ははっ、私が、弱者…だったか…」 鬼沙羅(きさら):「…そうだな」  :   :【SE】狼の遠吠え 鬼沙羅(きさら):「(詠唱)『全てを壊してやる、そして新たに与えよう。異存のない、完全なる世界を。』 鬼沙羅(きさら):  鬼沙羅(きさら):終伸展解放 滅心混常闇 狼狽黒罰 鬼沙羅(きさら):(しゅうしんてんかいほう、げんしんろん とこやみ、ろうばいこくばち)」 望(もち):「!? …何を!」  :【SE】一閃の音 0:鬼沙羅、悪間憑の首を落とす。  :  望(もち):「何…を…」 鬼沙羅(きさら):「……」 0:鬼沙羅、無言で望に向き直る。 望(もち):「…やめろ…来るな…!」 鬼沙羅(きさら):  鬼沙羅(きさら):(詠唱)『恐怖こそ自由、我こそが勝者、それ以外何もない、滅びるが良いぞ。』」 望(もち):「それは…アマツの…!」  鬼沙羅(きさら):「終伸展解放 恐鳴域韋駄虎 赤凛一擲 鬼沙羅(きさら):(しゅうしんてんかいほう、きょうめいいき いだとら、せきりんいってき)」 望(もち):「くっ…間に合わない…!っうわあああああ!!」  :  0:間。  :  望(もち):「…え?」 鬼沙羅(きさら):「まだ、動けたか」 包水(ほうすい):「がはっ!」 望(もち):「…ホウスイ…さん…?」 0:望を庇い、赤凜一擲を受けた包水が倒れる。 望(もち):「っ!!ホウスイさん!!嘘だっ、ホウスイさん!!」 鬼沙羅(きさら):「…興が削がれたな」 望(もち):「っっ…キサラああぁぁぁぁぁぁ!!」 鬼沙羅(きさら):「(食い気味に)結局。また大切な者を巻き込んだな、モチ」 望(もち):「!?」 鬼沙羅(きさら):「力を使うから、そういうことになるんだ。またお前のせいで、人が死んだ」 望(もち):「…僕の、せい…?」 鬼沙羅(きさら):「そうだ。お前のせいだ」 望(もち):「…あ…あぁ、ぁぁぁ…」 鬼沙羅(きさら):「分かったら大人しくしているんだな」 0:鬼沙羅、立ち去る。  :  望(もち):「僕の…せい…?僕が、力を使った、から…僕が…」 包水(ほうすい):「ごほっ!!」 望(もち):「!! ホウスイさん!」 包水(ほうすい):「…何を、泣いてる…モチ…」 望(もち):「ごめんなさい…僕のせいです…。僕が…僕の力が…っ! 望(もち):…やっぱりあの時、大人しく…殺されておけば…」 包水(ほうすい):「顔をあげろ…!モチ…っ!」 望(もち):「っ!!」 包水(ほうすい):「…お前は弱いんじゃない」 望(もち):「…ホウスイさん…」 包水(ほうすい):「(咳込みながら)瞳が曇れば、魂は翳(かげ)る。それは未来を閉ざし、生きる意味を見失うという事だ…」 望(もち):「ホウスイさん!もう喋らないでください!!」 包水(ほうすい):「(食い気味に)聞くんだ、モチ…。己の正しきに従う時…下を向いて行う者に、どれほどの事が出来る…?」 望(もち):「それは…でも…」 包水(ほうすい):「顔をあげろ。前を向き、手を伸ばせ! 包水(ほうすい):泣いてもいい、立ち止まってもいい…ただ、信じるんだ。 包水(ほうすい):その先にこそ、希望があるのだから!!」 望(もち):「…希望」 包水(ほうすい):「後は任せたぞ…モチ…」 望(もち):「…ホウスイさん?ホウス、イさ…っ、うぅ…うああああああああああああああ!!」  :  0:長い間。  :  鬼沙羅(きさら):(M)「結局。また大切な者を巻き込んだな、モチ」 望(もち):「…そうだ」 鬼沙羅(きさら):(M)「力を使うから、そういうことになるんだ」 望(もち):「僕はまた、この力を使っている…」 鬼沙羅(きさら):(M)「またお前のせいで、人が死んだ」 望(もち):「僕がいつまでも、未熟だったせいだ」 鬼沙羅(きさら):(M)「お前のせいだ」 望(もち):「…わかってる」 鬼沙羅(きさら):(M)「分かったら大人しくしているんだな」 望(もち):「(食い気味に)分かっているからこそっ!僕はたつんだ!! 望(もち):『誰かの為じゃない、自分の為に』!! 望(もち):僕は!お前を倒してみせる!!!!!」  :   :  0:次回予告 望(もち):憧れた人の思いに応える為に戦い、儚く散ったウカイ。 望(もち):ホウスイとアマツも、互いの信念に思いを馳せて、散っていった。 望(もち):折れかけた心を奮い立たせ、兄であり真の強敵に立ち向かうことを決めたモチ。 望(もち):彼らの正義が今、激しく音をたててぶつかる…! 望(もち):  望(もち):次回。DISTOPIA BREAK Real Final『絶望』 望(もち):(でぃすとぴあ ぶれいく りある ふぁいなる『ぜつぼう』)  :  望(もち):「キサラアアアアアアアアア!」 0:続く

DISTOPIA BREAK:Final『激闘』  :   :登場人物紹介(マーカー用) 望(もち):二大勢力の一つ・榊組(さかきぐみ)に属する伸展師。 望(もち):海貝を追い、包水と共に悪間憑の元へ。鬼沙羅と関係がある。 望(もち):榊組にて過ごすうちに、伸展・梵(しんてん・そよぎ)を解放するに至った。 包水(ほうすい):二大勢力の一つ・榊組(さかきぐみ)に属する伸展師。 包水(ほうすい):榊組の筆頭。正義を地でいく、勇敢な人。 包水(ほうすい):伸展・水浅葱(しんてん・みずあさぎ)の解放者。 海貝(うかい):二大勢力の一つ・榊組(さかきぐみ)に属する伸展師。 海貝(うかい):前回討たれた野矢の仇を取る為、悪間憑の元へやってきた。 海貝(うかい):まだ未熟だが、野矢が認める実力者。 海貝(うかい):伸展・薔(しんてん・みずたで)の解放者。 悪間憑(あまつ):榊組と対立する二大勢力の一つ・皇組(すめらぎぐみ)に属する伸展師。 悪間憑(あまつ):皇組の筆頭と思われていた、凶悪な人。 悪間憑(あまつ):伸展・赤凛一擲(しんてん・せきりんいってき)の解放者。 鬼沙羅(きさら):榊組と対立する二大勢力の一つ・皇組(すめらぎぐみ)に属する伸展師。 鬼沙羅(きさら):悪間憑の下についていた謎の人物。望と関係がある。 鬼沙羅(きさら):伸展・狼狽黒罰(しゅうしんてん・ろうばいこくばち)の解放者。  :   :  0:シナリオスタート  :   :【場面】榊組拠点・包水の部屋  :  望(もち):「そんな…ノウヤさん…」 包水(ほうすい):「…ノウヤが…」 望(もち):「…ホウスイさん、言ってましたよね…?ノウヤさんは縁(えにし)の一人だって…。 望(もち):アマツってやつは、そんなにも強いんですか!?」 包水(ほうすい):「…強いなんてものではない…! 包水(ほうすい):榊組・縁(えにし)が誇る鉄壁の守護者・ナオエツの摩利支天(まりしてん)を砕き、歴代随一の戦闘力と謳われたノウヤの静空夜血約陣(せいくうやけつやくじん)を受けてなお、立ち上がる…。 包水(ほうすい):そんなもの…化け物と呼ぶ以外、なんと呼べばいいのだ…!」 海貝(うかい):「……後から来る、って…言ったんです…」 望(もち):「ウカイさん…」 海貝(うかい):「…約束したんだって…嘘ついたこと、ないだろって…だから私っ、邪魔にならない様に…! 海貝(うかい):こんなことなら残ればよかった!!私…私がっ!ノウヤさんを見殺しにしたんです…っ!!」 望(もち):「(食い気味に)ウカイさんのせいじゃない!」 海貝(うかい):「! …モチ、くん…」 望(もち):「絶対にウカイさんのせいなんかじゃない! 望(もち):だって…だって、ノウヤさん言ってました!ウカイさんはすごいんだって!」 海貝(うかい):「…え?」 望(もち):「『ウカイは強いよ』『僕だって敵うかわからない』『きっとあいつは縁(えにし)になる』『真面目で優しい、自慢の後輩だ』」 海貝(うかい):「っ…!」」 望(もち):「僕はノウヤさんに色々教わってましたから…。僕が悩んだり手こずった時は、いつもウカイさんの話をするんです…。とっても嬉しそうに、誇らしげに…ウカイさんのこと、話してたんですよ…」 海貝(うかい):「…そんなのっ、一度も…!私には言ってくれなかったじゃ…ないですか…っ」 望(もち):「…だから、ウカイさんのせいなんてこと…絶対っ、ないですっ…!」 海貝(うかい):「っっ…!うぁ…うああああああああああああああああ!」  :   :  包水(ほうすい):(タイトルコール) 包水(ほうすい):DISTOPIA BREAK Final『激闘』 包水(ほうすい):(でぃすとぴあ ぶれいく ふぁいなる『げきとう』)  :   :   :【時間経過】包水の部屋  :  0:部屋で一人。遠くを見つめ、ボソリと呟く。 包水(ほうすい):「…これで縁(えにし)は私ひとりか…皆、私よりも先に逝ってしまう…」 包水(ほうすい):「…なぁ。フユネ、ノウヤ、ナオエツ…私一人で抱えるには重たすぎるぞ…。 包水(ほうすい):私がそっちに行ったときには、盛大にもてなしてくれよ…?」  :   0:苦悶しているところに、望が飛び込んでくる。 望(もち):「ホウスイさん!!」 包水(ほうすい):「! どうした?」 望(もち):「大変です!ウカイさんが!!」 包水(ほうすい):「ウカイ…?…まさか!?」 望(もち):「はい…っ!一人でアマツのところへ…!」 包水(ほうすい):「くっ…無謀すぎる!…っ行くぞ、モチ!!」 望(もち):「はい!!」  :   :【場面変更】皇組・領地  :  0:野矢との戦闘で負傷し、一人歩く悪間憑。 悪間憑(あまつ):「…チッ…忌々しい。左腕が動かぬ…腐っても縁(えにし)ということか…」 海貝(うかい):「…見つけた」 悪間憑(あまつ):「…ほう?お前…わざわざ死にに来たのか?」 海貝(うかい):「死にに来たわけじゃありません」 悪間憑(あまつ):「ハッ!逃げ出した小物風情が、何をほざく?」 海貝(うかい):「もう逃げません。貴方を殺す剣士の名を、その脳裏に焼き付けなさい!! 海貝(うかい):私はウカイ!随一の使い手と謳われたノウヤの志(こころざし)を継ぐもの!」 悪間憑(あまつ):「はは、はははっ!貴様が私に勝てると、本気で思っているのか?」 海貝(うかい):「勝てるかどうかじゃなく!私は立ち向かわなくてはならない! 海貝(うかい):あの人が信じてくれた!その私を裏切らない為に!!っやあぁぁぁぁぁあああぁぁあぁ!」 悪間憑(あまつ):「っ、何!?」 海貝(うかい):「そこだぁ!」  :  海貝(うかい):(M)へらへらしていて、やる気のない不真面目そうな人。それがあの人の第一印象だった。  :  悪間憑(あまつ):「ぐ…!くそっ、小賢しいっ!」 海貝(うかい):「くっ!…まだ!まだだあぁ!」  :  海貝(うかい):(M)なのに空気を読むのが上手くて、不思議とまわりを和ませるつかみどころのない人。そんな人が私の先輩だった。  :  悪間憑(あまつ):「がはぁっ!!」 海貝(うかい):「次は…そこだ!!」  :  海貝(うかい):(M)あんなに強いなんて知らなかった。そんな過去があるなんて知らなかった。そんなに認めてくれていたなんて…。  :  悪間憑(あまつ):「く…っ何故だ…?何故、私の一振りにすら耐えられなかった貴様ごときが!」 海貝(うかい):「はああああああああ!」  :  海貝(うかい):(M)ならば私がやることはただひとつ。  :  悪間憑(あまつ):「調子に乗るな! 悪間憑(あまつ):「伸展解放 赤凛一擲!! 悪間憑(あまつ):(しんてんかいほう、せきりんいってき)」  :  海貝(うかい):(M)私の全力を持ってコイツを仕留めること…!  :  海貝(うかい):「伸展解放 薔! 海貝(うかい):(しんてんかいほう、みずたで)」 悪間憑(あまつ):「なに!?この技を貴様のような小娘が止めるだと!?」 海貝(うかい):「てやぁ!!」 悪間憑(あまつ):「がっ…貴様!この短期間で、何故そこまで強くなった…!?」 海貝(うかい):「違う!!」  :   :【SE】刀を構える音 海貝(うかい):「(詠唱)『間違っています。私が強いのではなく、貴方が弱いのですよ?』 海貝(うかい):  海貝(うかい):終伸展解放 風華狂乱撃 薔! 海貝(うかい):(しゅうしんてんかいほう、ふうか きょうらんげき、みずたで)」 悪間憑(あまつ):「ぐうっ…足、が…っ!」 海貝(うかい):「っはぁ…はぁ…」 悪間憑(あまつ):「…ふ…ふふふふふ…くはっ、くはははっはははは!!」 海貝(うかい):「!? …何が、おかしい…!」 悪間憑(あまつ):「確かに…貴様を見くびっていた様だ…。ならば!それ相応に相手をしてやろう!!」 海貝(うかい):「…きゃぁ!?」 悪間憑(あまつ):「喜べ。あやつと同じ技で屠ってくれる」 海貝(うかい):「…っそんな…」 悪間憑(あまつ):「(詠唱)『恐怖こそ自由、我れこそが勝者、それ以外何もない、滅びるが良いぞ。』 悪間憑(あまつ):  悪間憑(あまつ):終伸展解放 恐鳴域韋駄虎 赤凛一擲! 悪間憑(あまつ):(しゅうしんてんかいほう、きょうめいいきいだとら、せきりんいってき)」 海貝(うかい):「か…は…」 悪間憑(あまつ):「貴様らの様な慣れ合いをみると、本当に反吐(へど)が出る…。 悪間憑(あまつ):絆?仲間?はは、笑わせるな!…そんなもの、何の役にも立たない!」 海貝(うかい):「…う、ぁ…」 悪間憑(あまつ):「この世で信じられるものは!絶望のみだ!!」 0:悪間憑、海貝に向け剣を振りかぶる。 包水(ほうすい):「そこまでだ!アマツううううううううう!!」 悪間憑(あまつ):「貴様はっ…!」  :  望(もち):「っ、ウカイさん!しっかりして下さい!」 海貝(うかい):「…モチ、くん……」 望(もち):「なんで…どうして、一人で…!」 海貝(うかい):「わかって、ます…。これは、私の…わがまま、ですね…。 海貝(うかい):…でも…どうして、も…あの人の期待に…応えたかった…」 望(もち):「ウカイさん…!ウカイ…さん…死んじゃダメだ!!」 海貝(うかい):「モチくん…ダメな先輩で…ごめ、んな…さ……」 望(もち):「っ…ウカイ、さん…」  :  悪間憑(あまつ):「…邪魔を、するな…!」 包水(ほうすい):「断る」 悪間憑(あまつ):「なぜ…貴様らはそんなにも抗う? 悪間憑(あまつ):力を持つ者には、器(うつわ)が必要だ。その器を持たない弱者が、分不相応にも技を振るうから、世は荒れ、世界は破滅する。 悪間憑(あまつ):力とは、持つべき者が持ってこそ、初めて真価を得る。それがわからぬ貴様ではあるまい」 包水(ほうすい):「では器(うつわ)が育たぬうちに、力を得た者はどうすればいい? 包水(ほうすい):力を持つからこそ、力を振るう意味と己の信じる正義を考え、律するべきなのだ」 悪間憑(あまつ):「器が育つまでにどれほどの時間をかける?世の中はそんなに利口ばかりではあるまい。悠長に器を育ている間に失われる命は多かろう?」 包水(ほうすい):「今!命を奪い続けているのは、お前ではないか!!」 悪間憑(あまつ):「力を持たぬものを排除して何が悪い」 包水(ほうすい):「選民思想がすぎると言っているのだ!力の有無は本人の意思で決まるものではない!持たざる者が淘汰される世界など混沌にしかならない!」 悪間憑(あまつ):「ははは!甘すぎる考えだな!反吐が出る。所詮、貴様も弱者なのだな。我の思想が理解できなくても無理はあるまい。」 包水(ほうすい):「相容れぬか…。剣をとれ、アマツ。 包水(ほうすい):榊組・縁(えにし)筆頭、ホウスイ!いざ…参る!!」 悪間憑(あまつ):「ならば相手をしてやろう!!我はアマツ…皇組、アマツ!!」 包水(ほうすい):「(同時に)はあああああああああああ!!!!」 悪間憑(あまつ):「(同時に)はあああああああああああ!!!!」  :  望(もち):「…すごい……」  :  悪間憑(あまつ):「ふはははははは!!!その程度で、我が取れると思っているのか!?」 包水(ほうすい):「なめるなぁ!!」 悪間憑(あまつ):「ふっ!さすがは縁(えにし)筆頭!ならば、これは受けきれるか!?」 包水(ほうすい):「受けてみせる!今まで抱えてきたものの重みに比べれば!!」 悪間憑(あまつ):「ならば、その重さごと潰れてしまえ!」 包水(ほうすい):「潰れるのは!貴様だあああアマツ!!!」  :  望(もち):「…これが…筆頭同士の、戦い…」  :  悪間憑(あまつ):「これは…どうだぁ!!!」 包水(ほうすい):「くっ…!」 0:交戦中の二人の影から現れる鬼沙羅。 鬼沙羅(きさら):「……」 望(もち):「!? あれは…!」 鬼沙羅(きさら):「死ね」 包水(ほうすい):「なっ…!?」 0:鬼沙羅、包水に切りかかる。 望(もち):「やめろ!!!」  :【SE】剣の交わる音 望(もち):「手出しはさせない!!」 鬼沙羅(きさら):「……」 望(もち):「お前は…誰だっ!」 鬼沙羅(きさら):「…あぁ、なんだ…。忘れてしまったのか?」 望(もち):「なに!?」 鬼沙羅(きさら):「あんなに俺の後ばかりついて来ていたのに…。大きくなったな、モチ」 望(もち):「!? な、なんで僕の名を…」 鬼沙羅(きさら):「今度は…大切な者を巻き込まないといいな?俺たちの母の時の様に…」 望(もち):「…!?」  :  0:回想(幼少期)  :  望(もち):(幼少期) 望(もち):「わぁ…!兄ちゃん、すごい!あーんな大きな岩が、半分になっちゃった!」 鬼沙羅(きさら):(幼少期) 鬼沙羅(きさら):「俺は選ばれて生まれてきたからな。このくらいの事、なんでもないさ」 望(もち):「ねぇ、兄ちゃん!あれ、やってよ!」 鬼沙羅(きさら):「あれって…伸展か?」 望(もち):「うん!僕、兄ちゃんの伸展、大好きだ!」 鬼沙羅(きさら):「ダメだよ?あれは無闇に打つと危ないんだ。また今度見せてやるよ」 望(もち):「えー?じゃあ、僕にも剣を教えてよ」 鬼沙羅(きさら):「モチに?」 望(もち):「うん!僕も兄ちゃんみたいに強くなりたい!!」 鬼沙羅(きさら):「そうだなぁ…」 望(もち):「へへへ…そしたら僕も、伸展師になれるかなぁ…?」 鬼沙羅(きさら):「はは、それは諦めろ。伸展は選ばれた者にしか使えないんだ」  :   :回想続き・後日  :  0:望を探す鬼沙羅。望は母と話している。 鬼沙羅(きさら):「モチー!モチ、どこだ?」 望(もち):「お母さん、みてみて!僕すっごく上手に使える様になったんだよ?」 鬼沙羅(きさら):「モチ?…あいつ、どこに行ったんだ?」 望(もち):「いくよ?見ててね!」 0:鬼沙羅、望を見つける。 鬼沙羅(きさら):「…っ!モチ!!やめろ!!」 望(もち):「伸展! ほら、すごいでしょ!?僕にも大きい岩が切れる様になったんだぁ!」 鬼沙羅(きさら):「モチ!もういい!止めろ!」 望(もち):「あ、兄ちゃん!兄ちゃんも見てー!僕も兄ちゃんみたいに…」 鬼沙羅(きさら):「(被せて)やりすぎだ!早く止めろ!!」 望(もち):「…え?あれ……と、止まらない…」 鬼沙羅(きさら):「っくそ!だから俺がいないところで使うなって言ったろ!?」 望(もち):「兄ちゃん!…あ、つい…怖いよう…!」 鬼沙羅(きさら):「待て!今、兄ちゃんがなんとかしてやる!諦めるな!!」 望(もち):「あ…あ、ぁ…うわああああああああ!!!」 鬼沙羅(きさら):「くっ…伸展解放(しんてんかいほう)!」 望(もち):「ううぅぅぅぅぅ!!体がっ、あついよぅ!!」 鬼沙羅(きさら):「ぐうぅぅ…くそっ、なんで…!」 望(もち):「…兄ちゃん…助け、て……」 鬼沙羅(きさら):「っ!…うわああああああああああああああああ!!!」  :  0:間。  :  鬼沙羅(きさら):「…う、うぅ…っは!モチ!?モチ、大丈夫か!?」 望(もち):「…ひっく…ひっく…」 鬼沙羅(きさら):「! モチっ……か、あさん…?」 望(もち):「うぇ…うえぇ…」 鬼沙羅(きさら):「…嘘でしょ…?母さん…なんで、そんな…血が…」 望(もち):「お母さぁん…僕、ただ…力を見せたくて…」 鬼沙羅(きさら):「…っく…」 望(もち):「…僕のせいだ…。僕が、こんな力を使えるから…っ!」 鬼沙羅(きさら):「…モチ…」 望(もち):「こんな力…っ、なければよかった!!!」  :  0:回想終わり  :  鬼沙羅(きさら):「お前は…またその力を使っているのか…」 望(もち):「兄、ちゃん…?」  :   :【視点変更】包水と悪間憑  :  悪間憑(あまつ):「うおおおおおおお!」 包水(ほうすい):「はあああああああ!」 0:互いに衝突。弾き飛ばされる。 悪間憑(あまつ):「(同時に)がふっ…」 包水(ほうすい):「(同時に)ぐはっ…」 0:互いに満身創痍の状態。※息切れや咳込みなどを交え、演じてください。 悪間憑(あまつ):「その左腕では…満足に剣も振るえないのではないか…?」 包水(ほうすい):「…それは、っ貴様も…同じだろう…」 悪間憑(あまつ):「ふふふ…この程度、ハンデにもならんわ…!」 包水(ほうすい):「奇遇だな…っ、私もちょうど…そう思っていた、ところだ…」 悪間憑(あまつ):「ぬかせ…!先ほどから、足がふらついているぞ…?」 包水(ほうすい):「それはお互い様だろう…!そろそろ…決着といこうではないか…」 悪間憑(あまつ):「よかろう…いくぞ?」 包水(ほうすい):「来い…っ!」  :  悪間憑(あまつ):(M)私はずっと考えていた。なぜ弱者が存在するのか。 包水(ほうすい):(M)戦え。後悔があろうと、悔恨(かいこん)に打たれようと、戦え。 悪間憑(あまつ):それは強者がいるからだ。では強者とは誰だ? 包水(ほうすい):やつらに抗うのだと。己にそう定めたのであれば、全身全霊で戦え。 悪間憑(あまつ):力に選ばれ、それを使いこなすことのできる選ばれた存在。 包水(ほうすい):道半ばで散った想いを全て抱えて、一秒も一瞬も刹那(せつな)も諦めず、貪欲に喰らいつけ。 悪間憑(あまつ):ならば強者であり続けるためにはどうすればいい?…簡単だ。 包水(ほうすい):まだ立てるのならば、まだ指が動くのならば、まだ牙が折れていないのならば。 悪間憑(あまつ):勝って、勝って、勝ち続けろ。 包水(ほうすい):立って、立って、ただ戦え。  :  悪間憑(あまつ):「(詠唱)『恐怖こそ自由、我こそが勝者、それ以外何もない、滅びるが良いぞ。』」 包水(ほうすい):「(詠唱)『希望を失うな。立ちなさい、行きなさい。誰かの為じゃない、自分の為に。』」 悪間憑(あまつ):「(同時に)終伸展解放(しゅうしんてんかいほう)」 包水(ほうすい):「(同時に)終伸展解放(しゅうしんてんかいほう)」 悪間憑(あまつ):「恐鳴域韋駄虎 赤凛一擲 悪間憑(あまつ):(きょうめいいき いだとら、せきりんいってき)」 包水(ほうすい):「靁包光神撃一閃 水浅葱 包水(ほうすい):(らいほうこう しんげきいっせん、みずあさぎ)」  :  望(もち):「ホウスイさん!!!!!!!!」  :  0:長い間。  :  0:鬼沙羅、無言で悪間憑の元へ。 鬼沙羅(きさら):「……無様だな」 悪間憑(あまつ):「……私を殺すか?」 鬼沙羅(きさら):「弱者は必要ない…だったか?」 悪間憑(あまつ):「ははっ、私が、弱者…だったか…」 鬼沙羅(きさら):「…そうだな」  :   :【SE】狼の遠吠え 鬼沙羅(きさら):「(詠唱)『全てを壊してやる、そして新たに与えよう。異存のない、完全なる世界を。』 鬼沙羅(きさら):  鬼沙羅(きさら):終伸展解放 滅心混常闇 狼狽黒罰 鬼沙羅(きさら):(しゅうしんてんかいほう、げんしんろん とこやみ、ろうばいこくばち)」 望(もち):「!? …何を!」  :【SE】一閃の音 0:鬼沙羅、悪間憑の首を落とす。  :  望(もち):「何…を…」 鬼沙羅(きさら):「……」 0:鬼沙羅、無言で望に向き直る。 望(もち):「…やめろ…来るな…!」 鬼沙羅(きさら):  鬼沙羅(きさら):(詠唱)『恐怖こそ自由、我こそが勝者、それ以外何もない、滅びるが良いぞ。』」 望(もち):「それは…アマツの…!」  鬼沙羅(きさら):「終伸展解放 恐鳴域韋駄虎 赤凛一擲 鬼沙羅(きさら):(しゅうしんてんかいほう、きょうめいいき いだとら、せきりんいってき)」 望(もち):「くっ…間に合わない…!っうわあああああ!!」  :  0:間。  :  望(もち):「…え?」 鬼沙羅(きさら):「まだ、動けたか」 包水(ほうすい):「がはっ!」 望(もち):「…ホウスイ…さん…?」 0:望を庇い、赤凜一擲を受けた包水が倒れる。 望(もち):「っ!!ホウスイさん!!嘘だっ、ホウスイさん!!」 鬼沙羅(きさら):「…興が削がれたな」 望(もち):「っっ…キサラああぁぁぁぁぁぁ!!」 鬼沙羅(きさら):「(食い気味に)結局。また大切な者を巻き込んだな、モチ」 望(もち):「!?」 鬼沙羅(きさら):「力を使うから、そういうことになるんだ。またお前のせいで、人が死んだ」 望(もち):「…僕の、せい…?」 鬼沙羅(きさら):「そうだ。お前のせいだ」 望(もち):「…あ…あぁ、ぁぁぁ…」 鬼沙羅(きさら):「分かったら大人しくしているんだな」 0:鬼沙羅、立ち去る。  :  望(もち):「僕の…せい…?僕が、力を使った、から…僕が…」 包水(ほうすい):「ごほっ!!」 望(もち):「!! ホウスイさん!」 包水(ほうすい):「…何を、泣いてる…モチ…」 望(もち):「ごめんなさい…僕のせいです…。僕が…僕の力が…っ! 望(もち):…やっぱりあの時、大人しく…殺されておけば…」 包水(ほうすい):「顔をあげろ…!モチ…っ!」 望(もち):「っ!!」 包水(ほうすい):「…お前は弱いんじゃない」 望(もち):「…ホウスイさん…」 包水(ほうすい):「(咳込みながら)瞳が曇れば、魂は翳(かげ)る。それは未来を閉ざし、生きる意味を見失うという事だ…」 望(もち):「ホウスイさん!もう喋らないでください!!」 包水(ほうすい):「(食い気味に)聞くんだ、モチ…。己の正しきに従う時…下を向いて行う者に、どれほどの事が出来る…?」 望(もち):「それは…でも…」 包水(ほうすい):「顔をあげろ。前を向き、手を伸ばせ! 包水(ほうすい):泣いてもいい、立ち止まってもいい…ただ、信じるんだ。 包水(ほうすい):その先にこそ、希望があるのだから!!」 望(もち):「…希望」 包水(ほうすい):「後は任せたぞ…モチ…」 望(もち):「…ホウスイさん?ホウス、イさ…っ、うぅ…うああああああああああああああ!!」  :  0:長い間。  :  鬼沙羅(きさら):(M)「結局。また大切な者を巻き込んだな、モチ」 望(もち):「…そうだ」 鬼沙羅(きさら):(M)「力を使うから、そういうことになるんだ」 望(もち):「僕はまた、この力を使っている…」 鬼沙羅(きさら):(M)「またお前のせいで、人が死んだ」 望(もち):「僕がいつまでも、未熟だったせいだ」 鬼沙羅(きさら):(M)「お前のせいだ」 望(もち):「…わかってる」 鬼沙羅(きさら):(M)「分かったら大人しくしているんだな」 望(もち):「(食い気味に)分かっているからこそっ!僕はたつんだ!! 望(もち):『誰かの為じゃない、自分の為に』!! 望(もち):僕は!お前を倒してみせる!!!!!」  :   :  0:次回予告 望(もち):憧れた人の思いに応える為に戦い、儚く散ったウカイ。 望(もち):ホウスイとアマツも、互いの信念に思いを馳せて、散っていった。 望(もち):折れかけた心を奮い立たせ、兄であり真の強敵に立ち向かうことを決めたモチ。 望(もち):彼らの正義が今、激しく音をたててぶつかる…! 望(もち):  望(もち):次回。DISTOPIA BREAK Real Final『絶望』 望(もち):(でぃすとぴあ ぶれいく りある ふぁいなる『ぜつぼう』)  :  望(もち):「キサラアアアアアアアアア!」 0:続く