台本概要

 140 views 

タイトル DISTOPIA BREAK:Real Final『絶望』
作者名 NAOKI  (@NAOKI24480603)
ジャンル ファンタジー
演者人数 5人用台本(不問5)
時間 40 分
台本使用規定 非商用利用時は連絡不要
説明 万和(ばんな)213年。一人の剣士がある力に目覚めた。
伸展と呼ばれるそれは、人でありながら人を超える大いなる力。
その力は解放される事で、更に強大な力を剣士に与えた。
伸展を扱える者は少し、また少しと増えていき、やがて人々は彼らを、尊敬と畏怖の念を込めて『伸展師(しんてんし)』と呼ぶようになる。
 
時を経て。伸展解放に次ぐ上位能力『終伸展(しゅうしんてん)』が現れた頃、世にひとつの組織が生まれた。
名を皇組(すめらぎぐみ)。
恐怖こそが誉れ。奪取の先にこそ、誠(まこと)の自由と正義が存在せしと謳う、紫魂(しこん)の夜叉。
彼らは次第に、持たざる者を支配し始めた。
相次ぐ悲惨な戦闘が頻発し、日夜いとも容易く命が失われていく。
そんな中、皇組(すめらぎぐみ)に立ち向かわんとする者たちが現れた。
名を榊組(さかきぐみ)。
正義の名の下に、希望を抱き、世を常闇(とこやみ)から掬いあげんとする、碧き使徒。
 
異なる思想を掲げた二つの組織は、選ばれし者にのみ許された唯一無二の技=『伸展(しんてん)』を振るい、今時代を動かし始める…。

 140 views 

キャラ説明  

名前 性別 台詞数 説明
望(もち) 不問 57 【男性想定】二大勢力の一つ・榊組(さかきぐみ)に属する伸展師。 死んだ包水の意思を継ぎ、実兄・鬼沙羅を倒すため立ち上がる。 伸展・梵(しんてん・そよぎ)の解放者。
雨点(うずき) 不問 45 【男性想定】二大勢力の一つ・榊組(さかきぐみ)に属する伸展師。 長年探していた実妹・雪奈を説得すべく、話し合いに来た。 伸展・鬼轟(しんてん・きごう)の解放者。
雪奈(せつな) 不問 46 【女性想定】榊組と対立する二大勢力の一つ・皇組(すめらぎぐみ)に属する伸展師。 鬼沙羅に惑わされ、実兄の雨点を殺しにやって来た。 伸展・代症剰也(しんてん・だいしょうあまつえ)の解放者。
鬼沙羅(きさら) 不問 73 【男性想定】榊組と対立する二大勢力の一つ・皇組(すめらぎぐみ)に属する伸展師。 唯一の神(かなえ)。望は実弟。 終伸展・狼狽黒罰(しゅうしんてん・ろうばいこくばち)の解放者。
鞠(まり) 不問 22 【女性想定】元、皇組(すめらぎぐみ)に属していた伸展師。 悪間憑に実弟と大切な人を殺された。今は榊組に身を寄せている。 伸展・齟齬総殺(しんてん・そごそうさつ)の解放者。
※役をクリックするとセリフに色が付きます。

台本本編

文字サイズ
DISTOPIA BREAK:Real Final『絶望』  :   :登場人物紹介(マーカー用) 望(もち):二大勢力の一つ・榊組(さかきぐみ)に属する伸展師。 望(もち):死んだ包水の意思を継ぎ、実兄・鬼沙羅を倒すため立ち上がる。 望(もち):伸展・梵(しんてん・そよぎ)の解放者。 雨点(うずき):二大勢力の一つ・榊組(さかきぐみ)に属する伸展師。 雨点(うずき):長年探していた実妹・雪奈を説得すべく、話し合いに来た。 雨点(うずき):伸展・鬼轟(しんてん・きごう)の解放者。 雪奈(せつな):榊組と対立する二大勢力の一つ・皇組(すめらぎぐみ)に属する伸展師。 雪奈(せつな):鬼沙羅に惑わされ、実兄の雨点を殺しにやって来た。 雪奈(せつな):伸展・代症剰也(しんてん・だいしょうあまつえ)の解放者。 鬼沙羅(きさら):榊組と対立する二大勢力の一つ・皇組(すめらぎぐみ)に属する伸展師。 鬼沙羅(きさら):唯一の神(かなえ)。望は実弟。 鬼沙羅(きさら):終伸展・狼狽黒罰(しゅうしんてん・ろうばいこくばち)の解放者。 鞠(まり):元、皇組(すめらぎぐみ)に属していた伸展師。 鞠(まり):悪間憑に実弟と大切な人を殺された。今は榊組に身を寄せている。 鞠(まり):伸展・齟齬総殺(しんてん・そごそうさつ)の解放者。  :   :  0:シナリオスタート  :  0:雪奈の回想 雪奈(せつな):「…私は、どうしたらいいのだろう…。私のせいで、デンヤもナオエツさんも…マリさんまでいなくなってしまった…。 雪奈(せつな):ねぇ…どうしたらいいの…?兄さん…」 鬼沙羅(きさら):「セツナ」 雪奈(せつな):「キサラ…さん…」 鬼沙羅(きさら):「聞いたよ。榊組(さかきぐみ)に、お兄さんがいたんだって?」 雪奈(せつな):「…どうして…そのことを…」 鬼沙羅(きさら):「そんなことは、どうでもいいじゃないか。大切なのは…セツナが『憎くて、憎くて堪らない』お兄さんが…敵側にいたってことさ」 雪奈(せつな):「…私、は…あ、兄が…」 鬼沙羅(きさら):「(食い気味に)どうしたの?」 雪奈(せつな):「あ…」 鬼沙羅(きさら):「まさか今更『憎くない』なんて、言うつもり…?あんなに嫌ってたじゃないか。 鬼沙羅(きさら):セツナを捨てて、三人だけで幸せに生きてきたやつらでしょ?何を、遠慮することがあるの?」 雪奈(せつな):「……でも…兄は言いました…。本当は迎えに来てたって…。 雪奈(せつな):私に会えなくて…ずっと、ずっと私の事を…探してくれていたんだって…」 鬼沙羅(きさら):「(被せて)嘘だね」 雪奈(せつな):「っ!?」 鬼沙羅(きさら):「それが本当なら、なんで君は…こんなにも不幸になったんだい? 鬼沙羅(きさら):思い出してごらんよ…。預け先で君が受けた、地獄にも勝る酷い仕打ちを…」 雪奈(せつな):「…それは…」 鬼沙羅(きさら):「少ない食事に、汚い衣服。君が告げる言葉を受け入れず、やつらは君を怒鳴りつけた…。 鬼沙羅(きさら):本当に君が大切なのだとしたら…なんで君は、そんなところに預けられたのかなぁ…?」 雪奈(せつな):「…それ、は…」 鬼沙羅(きさら):「セツナが寒さに震え眠れなかった夜…彼らは仲良く眠りについた。 鬼沙羅(きさら):セツナが空腹でたまらなかったあの時…彼らは暖かい食卓を囲んでいた」 雪奈(せつな):「あ……」 鬼沙羅(きさら):「あの時の辛さは、苦しさは…そんなにすぐ忘れられるものだったのかい? 鬼沙羅(きさら):口ではなんとだって言える。いくらでも…上辺だけの言葉を並べられる…」 雪奈(せつな):「上辺……」 鬼沙羅(きさら):「でも、僕は違う…。辛い境遇にいたセツナを助けてあげたのは…誰だい…?」 雪奈(せつな):「…キサラ、さんです…」 鬼沙羅(きさら):「そうだ。僕は、何もしてくれなかったセツナの家族たちとは違うだろう? 鬼沙羅(きさら):何の力もなく、虚ろな目をしたセツナを救い、育てたのは僕だ。憎い者と戦う力の使い方を教えてあげたのは、僕だ」 雪奈(せつな):「キサラ…さん…」 鬼沙羅(きさら):「ねぇ…セツナ?…お願いがあるんだ」 雪奈(せつな):「お願い…?」 鬼沙羅(きさら):「そう、お願い。セツナを助けてあげた僕の為に…君の憎いお兄さんを…ウズキを殺してきてくれるよね?」 雪奈(せつな):「そんなこと…!」 鬼沙羅(きさら):「(食い気味に)セツナ」 雪奈(せつな):「っ…」 鬼沙羅(きさら):「出来るよね?…セツナ?」 雪奈(せつな):「…はい…。わかり、ました…」 鬼沙羅(きさら):「うん。セツナはいい子だね」 0:回想終わり  :   :  鞠(まり):(タイトルコール) 鞠(まり):DISTOPIA BREAK Real Final『絶望』 鞠(まり):(でぃすとぴあ ぶれいく りある ふぁいなる『ぜつぼう』)  :   :  :【場面】榊組拠点・鞠の部屋  :  雨点(うずき):「(扉をたたく)…マリさん。少しはなにか召し上がらないと…」 鞠(まり):「…食べたくない」 雨点(うずき):「…気持ちが分かるなんて、簡単には言えませんが…そのままでは貴方までどうにかなってしまいます…」 鞠(まり):「…ほっといてくれ」 雨点(うずき):「自暴自棄にならないでください。貴方がそれでは、彼らはあまりにも救われないではないですか…。だから…」 鞠(まり):「…わかってる…そんなことっ、わかってんだよ!!!」 雨点(うずき):「マリさん…」 鞠(まり):「んなことっ…私が…一番わかってんだよ…っ!」 雨点(うずき):「……」 鞠(まり):「(しばらく泣いて)…ごめん。分かってんだ…こんなの、八つ当たりだよな…」 雨点(うずき):「いえ…私も軽率でした。申し訳、ありません」 鞠(まり):「…いや、あんたがいってることは正しいよ。私は二人に…ナオエツさんとデンヤに守られたから、今ここにいるんだ…。 鞠(まり):…デンヤはさ…?昔はそりゃあ弱っちくて、泣き虫でさ…私が守ってやらなきゃって、ずっと思ってた…。 鞠(まり):それがいつの間にか、あんなにかっこよくなっててさ…『今度は俺が守ってやる』だって…っ、ほんっとうに…馬鹿だ!私なんか守って死んで、どうすんだよ!! 鞠(まり):大切な人だっていたんだろ!?なんで、あんなこと…私は、どうすりゃいいんだよ!?一人で残されて…もう、どうしていいかなんか…わからねぇよ…」 雨点(うずき):「…私にも妹がいるんです」 鞠(まり):「……」 雨点(うずき):「幼い頃に生き別れ…きっと生きていると信じ、探し続けてました。 雨点(うずき):けれど、時折ふと思わずにはいられなかった。『もしかしたら、もう…』っ、そう考えるとおかしくなりそうでした。 雨点(うずき):私たちの選択は間違っていたのか?一緒にいるべきだったのでは?あの時、預けるべきではなかったのでは…?」 鞠(まり):「…妹」 雨点(うずき):「…はい。でも、この間ようやく会うことができたんです。私が想像していたよりも、妹は元気そうで…安心しました。…『敵』という事を除けば、ですが…」 鞠(まり):「…じゃあ、あんたがセツナの…?」 雨点(うずき):「ええ、セツナは私の妹です。…本当に嬉しかった!心の中で何度も諦めていた事が、叶ったんですから! 雨点(うずき):…でも、その嬉しさに任せて、私はセツナの気持ちを蔑(ないがし)ろにしました…。今までどんな思いをして過ごしてきたのか…そんなこと一つも考えずに、私の一方的な気持ちで声をかけて…結局、混乱させてしまった…」 鞠(まり):「…そんなの、仕方ねーじゃねーか…ずっと、会いたかったんだろ?」 雨点(うずき):「えぇ…でも、そのせいでセツナは余計に辛い思いをしたかもしれない…!そう考えると…どんな顔でセツナに会えばいいのか、分からないんです…」 鞠(まり):「…は?」 雨点(うずき):「私の存在は、セツナにとって負担にしかならないのではないか…ならばもう、いっそ会わない方が…」 鞠(まり):「(被せて)ふっざけんなよ!!!!!」 0:鞠が雨点に掴みかかる。 雨点(うずき):「ぐっ!?マリ…さん!?なにを…」 鞠(まり):「なに腑抜けたこといってんだテメーは!!どんな顔で会えばいいか分からない!?つべこべ言ってんな! 鞠(まり):お前の妹は、そこにいるんだろ!?話せるんだろ!?お前の手の届くとこにいて!!触れることが、出来るんだろ!?セツナに伝えたい事…いっぱい、あるんじゃねーのかよ!!」 雨点(うずき):「…私は…セツナを諦めたくない…!」 鞠(まり):「…じゃあ、今伝えなきゃどうすんだよ…!次があるかなんて…っ、わかんねぇんだぞ……?」 雨点(うずき):「…マリさん…」 鞠(まり):「…わかったら、さっさと行っちまえ…。…そんで、二人で帰ってこい…」 雨点(うずき):「……はい!ありがとうございます!」 0:雨点、走り去る。  :   :【場面】榊と皇、どちらのものでもない、とある領地  :  0:雨点と待ち合わせた場所へ到着する 雪奈(せつな):「……こんにちは」 雨点(うずき):「っ!セツナ…?セツナっ、来てくれたのか!?」 雪奈(せつな):「……」 雨点(うずき):「良かった…ありがとう!あの時は取り乱してすまない。もう一度ちゃんと話したかったんだ!…私の話を、聞いてくれるか?」 雪奈(せつな):「……」 雨点(うずき):「…ぁ、セツナ…?」 雪奈(せつな):「っ!はあああああああああああ!!」 0:雨点に襲いかかる雪奈。 雨点(うずき):「くっ!?何を…」 雪奈(せつな):「…ふっ、何を?バカ言わないで頂戴。知ってるでしょう…私は、皇(すめらぎ)の者よ? 雪奈(せつな):榊組(さかきぐみ)の人間を殺すのに、理由も何もないでしょ」 雨点(うずき):「そんな…やめてくれ。私はお前とは戦いたくない!」 雪奈(せつな):「なら、そのままここで死になさい!」 雨点(うずき):「私は!お前とだけは戦いたくないんだ!頼むから、話を…」 雪奈(せつな):「(被せて)もう遅いのよ!!何もかもっ!!!」 雨点(うずき):「ぐっ…がはっ…!」 雪奈(せつな):「はぁ…はぁ…もう、遅いのよ…」 雨点(うずき):「げほ…遅い…?」 雪奈(せつな):「っ、だってそうでしょう!?私はキサラさんに拾われた!私、なんでもやったわ!? 雪奈(せつな):もう捨てられたくなかったから!もう二度と!!あんな惨めな思いしたくなかったから!! 雪奈(せつな):だからっ…たくさんの人を手にかけた!『助けて』って泣いて縋る人を笑いながら、切って切って切って…切り捨てたのよ!!! 雪奈(せつな):…そんな私が…どうして何事もなかったかの様に、兄さんの元に戻れるって言うの!?どうしてよ!!ねぇ!答えて!!!」 雨点(うずき):「セツナ…落ち着くんだ…」 雪奈(せつな):「……私は、落ち着いてるわ」 雨点(うずき):「なら、ちゃんと話を…」  :   :【SE】いくつもの炎の球が燃えるような音 雪奈(せつな):「(詠唱)『ごめんなさいね。私が興味あるのは、貴方の中身なの。』 雪奈(せつな):  雪奈(せつな):終伸展解放 忌部霊冥不傀 代症剰也 雪奈(せつな):(しゅうしんてんかいほう、いんべれいめいふか、だいしょうあまつえ)」 雨点(うずき):「っセツナ…!」 雪奈(せつな):「だってもう…私には何もっ!ないんだから!!!」 雨点(うずき):「くっ!うがっ…!!」 雪奈(せつな):「!? …なんで?…なんで避けないのよ!!!」 0:雨点、雪奈を抱きしめる。 雪奈(せつな):「っ!?何を…!」 雨点(うずき):「(食い気味に)セツナ」 雪奈(せつな):「…!」 雨点(うずき):「やっと…目が合った…」 雪奈(せつな):「……兄、さん…私…」 雨点(うずき):「うん」 雪奈(せつな):「…私…寂しかった…!」 雨点(うずき):「私もだよ」 雪奈(せつな):「明日には迎えにくる…明日こそはって毎日思ってた…!」 雨点(うずき):「ああ、頑張ったな…」 雪奈(せつな):「でも…辛くて…私、待ってたのに…」 雨点(うずき):「セツナ、ずっと一人にさせて…ごめんな?」 雪奈(せつな):「う、ぁ…兄さんっ…兄さん…っ!!」 雨点(うずき):「ほら、泣くな…大丈夫だから…」 雪奈(せつな):「うあ、うああああああん!!」 雨点(うずき):「まったく…セツナは相変わらず、泣き虫だなぁ…っ、うっ…!」 雪奈(せつな):「!! 兄さんっ!?」 雨点(うずき):「あ…はは、やっぱり少し…痛いな…。ひとまずここを(離れよう)」 鬼沙羅(きさら):「(被せて)あれ?セツナ?まだ殺せてないの?」 雪奈(せつな):「っキサラさん…!」 鬼沙羅(きさら):「何してるの?セツナ、いつものセツナならもうとっくに終わってるでしょ?」 雪奈(せつな):「ぁ…あ…私、は…」 鬼沙羅(きさら):「ほら、憎い兄を殺す、いい機会じゃないか」 雪奈(せつな):「(食い気味に)キサラさんっ!」 鬼沙羅(きさら):「……何?」 雪奈(せつな):「…私、もう…無理です…」 鬼沙羅(きさら):「……なにが?」 雪奈(せつな):「私に兄さんは…殺せません…!」 鬼沙羅(きさら):「そっか、じゃあさようなら」 雪奈(せつな):「え…?」 0:言いしなに、雪奈を切りつける鬼沙羅。雪奈の体が崩れ落ちる。  :  雨点(うずき):「……ぁ、ああ…っセツナあああああああああああああああああああ!!」 鬼沙羅(きさら):「…何だ?」 雨点(うずき):「うああああああ!ああぁっ!あああぁぁ!!」 鬼沙羅(きさら):「…鬱陶しいなぁ」 0:雨点、激怒して鬼沙羅に切りかかる 雨点(うずき):「きさまああああああ!」  :   :【SE】雷の様な、低く転がる様な音。 雨点(うずき):「(詠唱)『晴れているところに雨が降るように。月の光が差し込む場所にもまた、鬼がいる。』 雨点(うずき):  雨点(うずき):終伸展解放 月界雨井時抱魔 鬼轟! 雨点(うずき):(しゅうしんてんかいほう、げっかいういとだま、きごう)」 0:望、鬼沙羅に追いつく。 望(もち):「だめだ!ウズキさぁぁぁぁぁぁん!!」  :   :【SE】狼の遠吠え 鬼沙羅(きさら):「(詠唱)『全てを壊してやる、そして新たに与えよう。異存のない、完全なる世界を。』 鬼沙羅(きさら):  鬼沙羅(きさら):終伸展解放 滅心混常闇 狼狽黒罰 鬼沙羅(きさら):(しゅうしんてんかいほう、げんしんろん とこやみ、ろうばいこくばち)」 雨点(うずき):「ぐはっ!」 鬼沙羅(きさら):「ほう…致命傷はさけたか」 雨点(うずき):「ぐっ、貴様…貴様あああああああ!!」 雨点(うずき):終伸展…!(技の途中でとめる)…鬼轟?」 望(もち):「ウズキさん!そいつの技は…!」 鬼沙羅(きさら):「たしかこうだったか? 鬼沙羅(きさら):終伸展解放 月界雨井時抱魔 鬼轟! 鬼沙羅(きさら):(しゅうしんてんかいほう、げっかいういとだま、きごう)」」 雨点(うずき):「がは!」 鬼沙羅(きさら):「セツナ良かったな。またすぐに兄に会えたぞ?はっ!」 0:鬼沙羅、雨点の首を落とす。  :  望(もち):「あ…あああ…・ウズキ、さん…!!!」 鬼沙羅(きさら):「…モチ?お前、ここで何をしてる?大人しくしていろと言っただろう?」 望(もち):「っ…どうして…」 鬼沙羅(きさら):「?」 望(もち):「っ、どうして!こんな酷い事が出来るんだ!!」 鬼沙羅(きさら):「必要な事だからだ。この世には、奪う者と奪われる者しかいない。 鬼沙羅(きさら):奪う者が力を集め、世を統べる。力を持つ者が頂点に立つ。当然の摂理だろ?」 望(もち):「必要ってなんだよ!?そんなことの為に、沢山の人を殺したのか!?」 鬼沙羅(きさら):「それが正義だ」 望(もち):「…っ!うわああああああああああああ!」 0:望が鬼沙羅に切りかかる 鬼沙羅(きさら):「ふんっ!」 望(もち):「ぐぁ…っ!」 鬼沙羅(きさら):「愚かな。その程度の力で何ができる?お前は黙って、行く末を眺めていればいい」 望(もち):「嫌だ!」 鬼沙羅(きさら):「聞き分けの無いやつだな」  :   :【SE】雷の様な、低く転がる様な音。 鬼沙羅(きさら):「(詠唱)『恐怖こそ自由、我こそが勝者、それ以外何もない、滅びるが良いぞ。』 鬼沙羅(きさら):終伸展解放 恐鳴域韋駄虎 赤凛一擲 鬼沙羅(きさら):(しゅうしんてんかいほう、きょうめいいきいだとら、せきりんいってき)」 望(もち):「があっ!…く、そ…こんな…こんなこと許されていいわけが…」 鬼沙羅(きさら):「モチ、お前は勘違いをしている。」 望(もち):「なに…?」 鬼沙羅(きさら):「これは救いだ。 鬼沙羅(きさら):唯一無二の力を持つ絶対者が世を統べ、弱者には『死』という永遠の安息を与える。 鬼沙羅(きさら):そうすることで、真の平穏な世界が出来上がる」 望(もち):「そんな傲慢な…!!」 鬼沙羅(きさら):「ならばお前に平和が創れるのか?」 望(もち):「人の信念を踏みにじってつくるものが平和なわけない!」  :   :【SE】風の音 望(もち):(詠唱)『お前は間違っている!それが正義なら、彼らのしてきた事はなんなんだ!…返せ、返せよ!!』 望(もち):  望(もち):終伸展解放! 星城白鐘 梵!! 望(もち):(しゅうしんてんかいほう、せいじょうくろがね、そよぎ)」 鬼沙羅(きさら):「お前は…何を見ていたんだ?」  :   :【SE】狼の遠吠え 鬼沙羅(きさら):「(詠唱)『全てを壊してやる、そして新たに与えよう。異存のない、完全なる世界を。』 鬼沙羅(きさら):  鬼沙羅(きさら):終伸展解放 滅心混常闇 狼狽黒罰 鬼沙羅(きさら):(しゅうしんてんかいほう、げんしんろん とこやみ、ろうばいこくばち)」  :  望(もち):「ぐはっ!」 鬼沙羅(きさら):「俺は全ての伸展を手中に収め、君臨する。世界は俺に恐怖し、争いのない完璧な世界が完成する」 望(もち):「げほっ…そんなの完璧な世界なんかじゃない…!」 鬼沙羅(きさら):「力無き弟よ、もう諦めろ。仲間はいない、伸展もなくなった。お前の戦う理由はどこにある?」 望(もち):「理由ならみつけた…」 鬼沙羅(きさら):「なんだと…?」 望(もち):「…立場に悩みながら、未来を夢見た人がいた」 鬼沙羅(きさら):「…」 望(もち):「形に囚われず、耐えて守った人がいた」 鬼沙羅(きさら):「何の話だ…?」 望(もち):「自分を犠牲に、仲間を守った人がいた!期待に応え、狂気に立ち向かった人がいた!」 鬼沙羅(きさら):「おい…なんだ?その力は…」 望(もち):「壊れた絆をたぐりよせ!最後まで戦い抜いた人がいた!!」 鬼沙羅(きさら):「…それは…まさか…」 望(もち):「僕に生き様を、正義の形を見せてくれた人がいた!! 望(もち):それを踏みにじってまで創る世界が完璧なはずがない! 望(もち):自分の正義を探せる世界を、みなが信じた己の道を進める世界を 望(もち):恐怖ではなく、希望で手をとり合える世界を、僕は歩みたい!」  :   :【SE】風の音と龍の鳴き声 望(もち):「極神展解放!星龍夜光 神中昇天 幕末転眼!! 望(もち):(ごくしんてん かいほう、せいりゅうやこう、しんじゅしょうてん、ばくまつてんがん)」 鬼沙羅(きさら):「くっ…!何度やっても同じことだ…!」  :【SE】狼の遠吠え 鬼沙羅(きさら):「終伸展解放!滅心混常闇 狼狽黒罰!! 鬼沙羅(きさら):(しゅうしんてんかいほう、げんしんろん とこやみ、ろうばいこくばち)」 望(もち):「僕はもう嫌なんだ!自分の力におびえて、ただ隠れて生きるなんて! 望(もち):奪えるものなら奪ってみろよ!」 0:二つの伸展がぶつかり合い、鬼沙羅が押される。  :  鬼沙羅(きさら):「ぐ…技が、奪えない……!?」 望(もち):「僕はもう逃げない…!恐怖で人を従え、ただ奪うだけのお前に…負けたりなんかしない!!」 鬼沙羅(きさら):「綺麗ごとだ!この世はそんなに綺麗なものではない!」 望(もち):「僕だって分かってる!でも僕は榊組でたくさんの事を知ったんだ! 望(もち):力の使い方だけじゃない!仲間を持つ心強さや、それを失う悲しさも!何より…自分が信じるに値する『正義』を! 望(もち):その『正義』が言うんだ!お前は間違ってると!!支配の上に成り立つ平和なんて…あってはならない!!!」 鬼沙羅(きさら):「全てが正しくおさまる道などない!互いに主張する正義が交わることはない!! 鬼沙羅(きさら):力が分散すれば争いの火種になる。己の力量をわきまえず力をふるってどうなった!?待つのは悲劇だと、お前も知っているだろう!」 望(もち):「知ってるよ!痛いくらいに僕は良く知ってる!でも…その悲劇を抱えてなお、前を向くんだ!」 鬼沙羅(きさら):「なぜ分からない!!そんなもの夢物語だ!期待して信じた先には絶望しかない!」 望(もち):「だって!ただ誰かの絶望におびえて生きてるだけなんて、死んでるのとかわらないじゃないか!!」 鬼沙羅(きさら):「そんな夢見がちな覚悟でなしえるほど簡単なものではない!お前はただ俺が統べた世界を享受すればいいのだ!」 望(もち):「嫌だ!僕にも皆から託された譲れない想いがある!だからキサラ!お前の思想を認めることは絶対に出来ない!!」 鬼沙羅(きさら):「…そこまでいうならば!見せてみろ!お前の覚悟を!!もう…手加減などしない!! 鬼沙羅(きさら):  鬼沙羅(きさら):「(詠唱)『聴かせよう この手で消す命ほど美しい物は無い、渡せその命。 鬼沙羅(きさら):極神展解放 斬凱常落仙蘭 覇門減心 狼怪明天 鬼沙羅(きさら):(ごくしんてんかいほう、きがじょうらくせんらん、はもんげっし、ろうかいみょうてん)」 望(もち):「極神展解放 星龍夜光 神中昇天 幕松転眼! 望(もち):(ごくしんてんかいほう、せいりゅうやこう、しんじゅしょうてん、ばくまつてんがん)」 望(もち):「僕は!あの日の絶望も!悲しみも!全部背負ったまま、この力ごと前に進むって決めたんだぁ!!!」 0:今までと比べ物にならない力がぶつかる。  :  鬼沙羅(きさら):「…そうか…お前はそう生きるのか」 望(もち):「え…?」 鬼沙羅(きさら):「…がふ!」  :  0:間。  :  望(もち):「…おい…なんで力を弱めたんだ…?」 鬼沙羅(きさら):「ぐ、がはっ…強く、なったな…モチ」 望(もち):「(食い気味に)そんなことを聞いてるんじゃない!お前は…何を考えてるんだ…っ!?」 鬼沙羅(きさら):「は、はは…ごほっ!…バカだなぁ、言ったじゃないか…」  :   :  0:過去の回想・続き  : 望(もち):(幼少期) 望(もち):「こんな力なら…僕は…欲しくなかった!!!」 鬼沙羅(きさら):(幼少期) 鬼沙羅(きさら):「モチ…。そうだな…こんな力があるから…」 望(もち):「兄ちゃん…僕が…僕のせいで…」 鬼沙羅(きさら):「なら…その力、兄ちゃんがもらってやる」 望(もち):「え…?」 鬼沙羅(きさら):「俺がこの世の伸展を全部集めて、持っていってやる!…それで、平和な世の中を作ってきてやるから…。だから泣くな、モチ。お前のせいじゃない!」  :  0:回想終わり  :   :  鬼沙羅(きさら):(M)力が憎かった…。母を奪った力が、憎くて憎くて仕方なかった。 鬼沙羅(きさら):モチの絶望した顔が、血に濡れた母の顔が・・脳裏に焼き付いて離れない。 鬼沙羅(きさら):目の前で起こった惨劇を眺めながら、この考えにいきつくのに時間はかからなかった。 鬼沙羅(きさら):『伸展を消そう』。諸悪の根源であるこの力を、根こそぎ消し去ってやろう。 鬼沙羅(きさら):  鬼沙羅(きさら):向かった先は、伸展師の多く集まる皇組の拠点。 鬼沙羅(きさら):俺が伸展師だと告げれば、やつらはいとも簡単に受けいれ、懐に入り込むのは難しくなかった。 鬼沙羅(きさら):そこからは目立たぬように行動をした。俺の伸展だけで事を成すには、あまりにも無力だったから。 鬼沙羅(きさら):  鬼沙羅(きさら):数年して、神(かなえ)の地位にいたヤツが死んだ。機は熟した。 鬼沙羅(きさら):俺の思想に共鳴したアマツを使い、伸展師達の力を奪っていった。 鬼沙羅(きさら):そこからの展開は凄まじかった。彼女の伸展は大きな戦闘力を持っていた。 鬼沙羅(きさら):当然、多くの命が失われる事もわかっていたし、非難される事も全て理解していた。 鬼沙羅(きさら):それでも俺は、影に潜み、計画を進めていった…。呪われた力の根絶の為に。 鬼沙羅(きさら):たとえ俺のせいで多くの命が散ったとしても、止まるわけにはいかなかった。 鬼沙羅(きさら):いや…止まれなかった。 鬼沙羅(きさら):  鬼沙羅(きさら):俺はただ…お前が幸せに暮らせる未来を、作りたかった。  :   :  望(もち):「嘘、だ…そんな…」 鬼沙羅(きさら):「…強大すぎる力は悲しみを生む…お前だって、そう…思ってただろ…?」 望(もち):「だからって…なんでこんなっ…!?」 鬼沙羅(きさら):「伸展は…呪い、だ…。この力のせいで沢山の命が消えたのを見てきた…。 鬼沙羅(きさら):だからこの力を消そうと思ったんだ…だが、俺は間違っていたのかもな…」 望(もち):「違う…!兄ちゃんがこんな事をしたのは…僕が…!」 鬼沙羅(きさら):「(食い気味に)違うぞ…。お前の伸展を受けて気付いた…この世に悪なんて、いらなかった…。ただ、自分の力を呪ったまま…奪うことしかしなかった俺は、なにも見えてなかったのかもな…」 望(もち):「そんなことない!!やり方は間違っていたかもしれない…でも、兄ちゃんは…」 鬼沙羅(きさら):「モチ…ありがとう…。最期に出会ったのが、お前で…よかった…」 望(もち):「…最期?何言ってるんだよ…?」 鬼沙羅(きさら):「ずっと決めてたんだ…。この世に伸展なんてないほうがいい…なら全てを集め終わった時…俺は…」 望(もち):「まさ、か…やめ…ろ…。やめろよっ、兄ちゃん…!」 0:赤黒い球体から無数の文字が飛び出し、鬼沙羅にまとわりつく。 鬼沙羅(きさら):「伸展解放…(しんてんかいほう」 望(もち):「!?うそだろ…そんな…身体が透けて…!」 鬼沙羅(きさら):「幸せになれよ…モチ…呪縛封陣(じゅばくふうじん)…」 望(もち):「や、め…、っっっ!兄ちゃあぁぁぁぁぁぁぁぁあぁぁん!!」  :   :   :【時間経過】榊組拠点付近・小高い丘  :  望(もち):(M)あれから数日。僕は拠点に戻ると、死んだ様に眠った。 望(もち):起きた時に迎えてくれたモネが言うには『辛かった出来事を忘れるのではなく、夢の中に留めて、皆の生き様を確かめる様だった』らしい。  :  望(もち):「…これでよし、っと…」  :  望(もち):(N)爽やかな風が髪を揺らす。少し離れた場所に座るマリが、目を瞑って祈っていた。  :  望(もち):「マリ…大丈夫?」 鞠(まり):「……あぁ」 望(もち):「…手を。そろそろ冷えてきたよ」 鞠(まり):「ん……」  :  望(もち):(N)決して長いとは言えない、本当に短い時間。その間に、多くの命が失われてしまった。  :  鞠(まり):「…つまん、ないなぁ…。どいつも、こいつも…っ、ぐすっ…すぐ、死んじゃうんだから…っ…」 望(もち):「…そうだね…」  :  望(もち):(N)嗚咽を漏らし泣くマリに、かける言葉が見つからなくて、そっと手を握る。  :  望(もち):「……でも僕らは生きてる」 鞠(まり):「…っ、うん…」  :  望(もち):(N)あまりにも辛く、悲しい月日だった。きっとこれから何度も思い返しては、肩を震わせ泣くのだろう。 望(もち):それでも希望を失ってはいけない。彼らが最後までそうであった様に。 望(もち):  望(もち):『誰かのためじゃない、自分の為に』。 望(もち):『その先にまだ希望があるのなら、顔をあげ、前を向き、手を伸ばせ』。 望(もち):  望(もち):ねぇ…僕はちゃんと、前を見れているかな?  :  鞠(まり):「…モチ?」 望(もち):「…なんでもない。帰ろうか、モネが待ってる」  :   :  望(もち):DISTOPIA BREAK・完 望(もち):(でぃすとぴあぶれいく・かん) 0:Fin.

DISTOPIA BREAK:Real Final『絶望』  :   :登場人物紹介(マーカー用) 望(もち):二大勢力の一つ・榊組(さかきぐみ)に属する伸展師。 望(もち):死んだ包水の意思を継ぎ、実兄・鬼沙羅を倒すため立ち上がる。 望(もち):伸展・梵(しんてん・そよぎ)の解放者。 雨点(うずき):二大勢力の一つ・榊組(さかきぐみ)に属する伸展師。 雨点(うずき):長年探していた実妹・雪奈を説得すべく、話し合いに来た。 雨点(うずき):伸展・鬼轟(しんてん・きごう)の解放者。 雪奈(せつな):榊組と対立する二大勢力の一つ・皇組(すめらぎぐみ)に属する伸展師。 雪奈(せつな):鬼沙羅に惑わされ、実兄の雨点を殺しにやって来た。 雪奈(せつな):伸展・代症剰也(しんてん・だいしょうあまつえ)の解放者。 鬼沙羅(きさら):榊組と対立する二大勢力の一つ・皇組(すめらぎぐみ)に属する伸展師。 鬼沙羅(きさら):唯一の神(かなえ)。望は実弟。 鬼沙羅(きさら):終伸展・狼狽黒罰(しゅうしんてん・ろうばいこくばち)の解放者。 鞠(まり):元、皇組(すめらぎぐみ)に属していた伸展師。 鞠(まり):悪間憑に実弟と大切な人を殺された。今は榊組に身を寄せている。 鞠(まり):伸展・齟齬総殺(しんてん・そごそうさつ)の解放者。  :   :  0:シナリオスタート  :  0:雪奈の回想 雪奈(せつな):「…私は、どうしたらいいのだろう…。私のせいで、デンヤもナオエツさんも…マリさんまでいなくなってしまった…。 雪奈(せつな):ねぇ…どうしたらいいの…?兄さん…」 鬼沙羅(きさら):「セツナ」 雪奈(せつな):「キサラ…さん…」 鬼沙羅(きさら):「聞いたよ。榊組(さかきぐみ)に、お兄さんがいたんだって?」 雪奈(せつな):「…どうして…そのことを…」 鬼沙羅(きさら):「そんなことは、どうでもいいじゃないか。大切なのは…セツナが『憎くて、憎くて堪らない』お兄さんが…敵側にいたってことさ」 雪奈(せつな):「…私、は…あ、兄が…」 鬼沙羅(きさら):「(食い気味に)どうしたの?」 雪奈(せつな):「あ…」 鬼沙羅(きさら):「まさか今更『憎くない』なんて、言うつもり…?あんなに嫌ってたじゃないか。 鬼沙羅(きさら):セツナを捨てて、三人だけで幸せに生きてきたやつらでしょ?何を、遠慮することがあるの?」 雪奈(せつな):「……でも…兄は言いました…。本当は迎えに来てたって…。 雪奈(せつな):私に会えなくて…ずっと、ずっと私の事を…探してくれていたんだって…」 鬼沙羅(きさら):「(被せて)嘘だね」 雪奈(せつな):「っ!?」 鬼沙羅(きさら):「それが本当なら、なんで君は…こんなにも不幸になったんだい? 鬼沙羅(きさら):思い出してごらんよ…。預け先で君が受けた、地獄にも勝る酷い仕打ちを…」 雪奈(せつな):「…それは…」 鬼沙羅(きさら):「少ない食事に、汚い衣服。君が告げる言葉を受け入れず、やつらは君を怒鳴りつけた…。 鬼沙羅(きさら):本当に君が大切なのだとしたら…なんで君は、そんなところに預けられたのかなぁ…?」 雪奈(せつな):「…それ、は…」 鬼沙羅(きさら):「セツナが寒さに震え眠れなかった夜…彼らは仲良く眠りについた。 鬼沙羅(きさら):セツナが空腹でたまらなかったあの時…彼らは暖かい食卓を囲んでいた」 雪奈(せつな):「あ……」 鬼沙羅(きさら):「あの時の辛さは、苦しさは…そんなにすぐ忘れられるものだったのかい? 鬼沙羅(きさら):口ではなんとだって言える。いくらでも…上辺だけの言葉を並べられる…」 雪奈(せつな):「上辺……」 鬼沙羅(きさら):「でも、僕は違う…。辛い境遇にいたセツナを助けてあげたのは…誰だい…?」 雪奈(せつな):「…キサラ、さんです…」 鬼沙羅(きさら):「そうだ。僕は、何もしてくれなかったセツナの家族たちとは違うだろう? 鬼沙羅(きさら):何の力もなく、虚ろな目をしたセツナを救い、育てたのは僕だ。憎い者と戦う力の使い方を教えてあげたのは、僕だ」 雪奈(せつな):「キサラ…さん…」 鬼沙羅(きさら):「ねぇ…セツナ?…お願いがあるんだ」 雪奈(せつな):「お願い…?」 鬼沙羅(きさら):「そう、お願い。セツナを助けてあげた僕の為に…君の憎いお兄さんを…ウズキを殺してきてくれるよね?」 雪奈(せつな):「そんなこと…!」 鬼沙羅(きさら):「(食い気味に)セツナ」 雪奈(せつな):「っ…」 鬼沙羅(きさら):「出来るよね?…セツナ?」 雪奈(せつな):「…はい…。わかり、ました…」 鬼沙羅(きさら):「うん。セツナはいい子だね」 0:回想終わり  :   :  鞠(まり):(タイトルコール) 鞠(まり):DISTOPIA BREAK Real Final『絶望』 鞠(まり):(でぃすとぴあ ぶれいく りある ふぁいなる『ぜつぼう』)  :   :  :【場面】榊組拠点・鞠の部屋  :  雨点(うずき):「(扉をたたく)…マリさん。少しはなにか召し上がらないと…」 鞠(まり):「…食べたくない」 雨点(うずき):「…気持ちが分かるなんて、簡単には言えませんが…そのままでは貴方までどうにかなってしまいます…」 鞠(まり):「…ほっといてくれ」 雨点(うずき):「自暴自棄にならないでください。貴方がそれでは、彼らはあまりにも救われないではないですか…。だから…」 鞠(まり):「…わかってる…そんなことっ、わかってんだよ!!!」 雨点(うずき):「マリさん…」 鞠(まり):「んなことっ…私が…一番わかってんだよ…っ!」 雨点(うずき):「……」 鞠(まり):「(しばらく泣いて)…ごめん。分かってんだ…こんなの、八つ当たりだよな…」 雨点(うずき):「いえ…私も軽率でした。申し訳、ありません」 鞠(まり):「…いや、あんたがいってることは正しいよ。私は二人に…ナオエツさんとデンヤに守られたから、今ここにいるんだ…。 鞠(まり):…デンヤはさ…?昔はそりゃあ弱っちくて、泣き虫でさ…私が守ってやらなきゃって、ずっと思ってた…。 鞠(まり):それがいつの間にか、あんなにかっこよくなっててさ…『今度は俺が守ってやる』だって…っ、ほんっとうに…馬鹿だ!私なんか守って死んで、どうすんだよ!! 鞠(まり):大切な人だっていたんだろ!?なんで、あんなこと…私は、どうすりゃいいんだよ!?一人で残されて…もう、どうしていいかなんか…わからねぇよ…」 雨点(うずき):「…私にも妹がいるんです」 鞠(まり):「……」 雨点(うずき):「幼い頃に生き別れ…きっと生きていると信じ、探し続けてました。 雨点(うずき):けれど、時折ふと思わずにはいられなかった。『もしかしたら、もう…』っ、そう考えるとおかしくなりそうでした。 雨点(うずき):私たちの選択は間違っていたのか?一緒にいるべきだったのでは?あの時、預けるべきではなかったのでは…?」 鞠(まり):「…妹」 雨点(うずき):「…はい。でも、この間ようやく会うことができたんです。私が想像していたよりも、妹は元気そうで…安心しました。…『敵』という事を除けば、ですが…」 鞠(まり):「…じゃあ、あんたがセツナの…?」 雨点(うずき):「ええ、セツナは私の妹です。…本当に嬉しかった!心の中で何度も諦めていた事が、叶ったんですから! 雨点(うずき):…でも、その嬉しさに任せて、私はセツナの気持ちを蔑(ないがし)ろにしました…。今までどんな思いをして過ごしてきたのか…そんなこと一つも考えずに、私の一方的な気持ちで声をかけて…結局、混乱させてしまった…」 鞠(まり):「…そんなの、仕方ねーじゃねーか…ずっと、会いたかったんだろ?」 雨点(うずき):「えぇ…でも、そのせいでセツナは余計に辛い思いをしたかもしれない…!そう考えると…どんな顔でセツナに会えばいいのか、分からないんです…」 鞠(まり):「…は?」 雨点(うずき):「私の存在は、セツナにとって負担にしかならないのではないか…ならばもう、いっそ会わない方が…」 鞠(まり):「(被せて)ふっざけんなよ!!!!!」 0:鞠が雨点に掴みかかる。 雨点(うずき):「ぐっ!?マリ…さん!?なにを…」 鞠(まり):「なに腑抜けたこといってんだテメーは!!どんな顔で会えばいいか分からない!?つべこべ言ってんな! 鞠(まり):お前の妹は、そこにいるんだろ!?話せるんだろ!?お前の手の届くとこにいて!!触れることが、出来るんだろ!?セツナに伝えたい事…いっぱい、あるんじゃねーのかよ!!」 雨点(うずき):「…私は…セツナを諦めたくない…!」 鞠(まり):「…じゃあ、今伝えなきゃどうすんだよ…!次があるかなんて…っ、わかんねぇんだぞ……?」 雨点(うずき):「…マリさん…」 鞠(まり):「…わかったら、さっさと行っちまえ…。…そんで、二人で帰ってこい…」 雨点(うずき):「……はい!ありがとうございます!」 0:雨点、走り去る。  :   :【場面】榊と皇、どちらのものでもない、とある領地  :  0:雨点と待ち合わせた場所へ到着する 雪奈(せつな):「……こんにちは」 雨点(うずき):「っ!セツナ…?セツナっ、来てくれたのか!?」 雪奈(せつな):「……」 雨点(うずき):「良かった…ありがとう!あの時は取り乱してすまない。もう一度ちゃんと話したかったんだ!…私の話を、聞いてくれるか?」 雪奈(せつな):「……」 雨点(うずき):「…ぁ、セツナ…?」 雪奈(せつな):「っ!はあああああああああああ!!」 0:雨点に襲いかかる雪奈。 雨点(うずき):「くっ!?何を…」 雪奈(せつな):「…ふっ、何を?バカ言わないで頂戴。知ってるでしょう…私は、皇(すめらぎ)の者よ? 雪奈(せつな):榊組(さかきぐみ)の人間を殺すのに、理由も何もないでしょ」 雨点(うずき):「そんな…やめてくれ。私はお前とは戦いたくない!」 雪奈(せつな):「なら、そのままここで死になさい!」 雨点(うずき):「私は!お前とだけは戦いたくないんだ!頼むから、話を…」 雪奈(せつな):「(被せて)もう遅いのよ!!何もかもっ!!!」 雨点(うずき):「ぐっ…がはっ…!」 雪奈(せつな):「はぁ…はぁ…もう、遅いのよ…」 雨点(うずき):「げほ…遅い…?」 雪奈(せつな):「っ、だってそうでしょう!?私はキサラさんに拾われた!私、なんでもやったわ!? 雪奈(せつな):もう捨てられたくなかったから!もう二度と!!あんな惨めな思いしたくなかったから!! 雪奈(せつな):だからっ…たくさんの人を手にかけた!『助けて』って泣いて縋る人を笑いながら、切って切って切って…切り捨てたのよ!!! 雪奈(せつな):…そんな私が…どうして何事もなかったかの様に、兄さんの元に戻れるって言うの!?どうしてよ!!ねぇ!答えて!!!」 雨点(うずき):「セツナ…落ち着くんだ…」 雪奈(せつな):「……私は、落ち着いてるわ」 雨点(うずき):「なら、ちゃんと話を…」  :   :【SE】いくつもの炎の球が燃えるような音 雪奈(せつな):「(詠唱)『ごめんなさいね。私が興味あるのは、貴方の中身なの。』 雪奈(せつな):  雪奈(せつな):終伸展解放 忌部霊冥不傀 代症剰也 雪奈(せつな):(しゅうしんてんかいほう、いんべれいめいふか、だいしょうあまつえ)」 雨点(うずき):「っセツナ…!」 雪奈(せつな):「だってもう…私には何もっ!ないんだから!!!」 雨点(うずき):「くっ!うがっ…!!」 雪奈(せつな):「!? …なんで?…なんで避けないのよ!!!」 0:雨点、雪奈を抱きしめる。 雪奈(せつな):「っ!?何を…!」 雨点(うずき):「(食い気味に)セツナ」 雪奈(せつな):「…!」 雨点(うずき):「やっと…目が合った…」 雪奈(せつな):「……兄、さん…私…」 雨点(うずき):「うん」 雪奈(せつな):「…私…寂しかった…!」 雨点(うずき):「私もだよ」 雪奈(せつな):「明日には迎えにくる…明日こそはって毎日思ってた…!」 雨点(うずき):「ああ、頑張ったな…」 雪奈(せつな):「でも…辛くて…私、待ってたのに…」 雨点(うずき):「セツナ、ずっと一人にさせて…ごめんな?」 雪奈(せつな):「う、ぁ…兄さんっ…兄さん…っ!!」 雨点(うずき):「ほら、泣くな…大丈夫だから…」 雪奈(せつな):「うあ、うああああああん!!」 雨点(うずき):「まったく…セツナは相変わらず、泣き虫だなぁ…っ、うっ…!」 雪奈(せつな):「!! 兄さんっ!?」 雨点(うずき):「あ…はは、やっぱり少し…痛いな…。ひとまずここを(離れよう)」 鬼沙羅(きさら):「(被せて)あれ?セツナ?まだ殺せてないの?」 雪奈(せつな):「っキサラさん…!」 鬼沙羅(きさら):「何してるの?セツナ、いつものセツナならもうとっくに終わってるでしょ?」 雪奈(せつな):「ぁ…あ…私、は…」 鬼沙羅(きさら):「ほら、憎い兄を殺す、いい機会じゃないか」 雪奈(せつな):「(食い気味に)キサラさんっ!」 鬼沙羅(きさら):「……何?」 雪奈(せつな):「…私、もう…無理です…」 鬼沙羅(きさら):「……なにが?」 雪奈(せつな):「私に兄さんは…殺せません…!」 鬼沙羅(きさら):「そっか、じゃあさようなら」 雪奈(せつな):「え…?」 0:言いしなに、雪奈を切りつける鬼沙羅。雪奈の体が崩れ落ちる。  :  雨点(うずき):「……ぁ、ああ…っセツナあああああああああああああああああああ!!」 鬼沙羅(きさら):「…何だ?」 雨点(うずき):「うああああああ!ああぁっ!あああぁぁ!!」 鬼沙羅(きさら):「…鬱陶しいなぁ」 0:雨点、激怒して鬼沙羅に切りかかる 雨点(うずき):「きさまああああああ!」  :   :【SE】雷の様な、低く転がる様な音。 雨点(うずき):「(詠唱)『晴れているところに雨が降るように。月の光が差し込む場所にもまた、鬼がいる。』 雨点(うずき):  雨点(うずき):終伸展解放 月界雨井時抱魔 鬼轟! 雨点(うずき):(しゅうしんてんかいほう、げっかいういとだま、きごう)」 0:望、鬼沙羅に追いつく。 望(もち):「だめだ!ウズキさぁぁぁぁぁぁん!!」  :   :【SE】狼の遠吠え 鬼沙羅(きさら):「(詠唱)『全てを壊してやる、そして新たに与えよう。異存のない、完全なる世界を。』 鬼沙羅(きさら):  鬼沙羅(きさら):終伸展解放 滅心混常闇 狼狽黒罰 鬼沙羅(きさら):(しゅうしんてんかいほう、げんしんろん とこやみ、ろうばいこくばち)」 雨点(うずき):「ぐはっ!」 鬼沙羅(きさら):「ほう…致命傷はさけたか」 雨点(うずき):「ぐっ、貴様…貴様あああああああ!!」 雨点(うずき):終伸展…!(技の途中でとめる)…鬼轟?」 望(もち):「ウズキさん!そいつの技は…!」 鬼沙羅(きさら):「たしかこうだったか? 鬼沙羅(きさら):終伸展解放 月界雨井時抱魔 鬼轟! 鬼沙羅(きさら):(しゅうしんてんかいほう、げっかいういとだま、きごう)」」 雨点(うずき):「がは!」 鬼沙羅(きさら):「セツナ良かったな。またすぐに兄に会えたぞ?はっ!」 0:鬼沙羅、雨点の首を落とす。  :  望(もち):「あ…あああ…・ウズキ、さん…!!!」 鬼沙羅(きさら):「…モチ?お前、ここで何をしてる?大人しくしていろと言っただろう?」 望(もち):「っ…どうして…」 鬼沙羅(きさら):「?」 望(もち):「っ、どうして!こんな酷い事が出来るんだ!!」 鬼沙羅(きさら):「必要な事だからだ。この世には、奪う者と奪われる者しかいない。 鬼沙羅(きさら):奪う者が力を集め、世を統べる。力を持つ者が頂点に立つ。当然の摂理だろ?」 望(もち):「必要ってなんだよ!?そんなことの為に、沢山の人を殺したのか!?」 鬼沙羅(きさら):「それが正義だ」 望(もち):「…っ!うわああああああああああああ!」 0:望が鬼沙羅に切りかかる 鬼沙羅(きさら):「ふんっ!」 望(もち):「ぐぁ…っ!」 鬼沙羅(きさら):「愚かな。その程度の力で何ができる?お前は黙って、行く末を眺めていればいい」 望(もち):「嫌だ!」 鬼沙羅(きさら):「聞き分けの無いやつだな」  :   :【SE】雷の様な、低く転がる様な音。 鬼沙羅(きさら):「(詠唱)『恐怖こそ自由、我こそが勝者、それ以外何もない、滅びるが良いぞ。』 鬼沙羅(きさら):終伸展解放 恐鳴域韋駄虎 赤凛一擲 鬼沙羅(きさら):(しゅうしんてんかいほう、きょうめいいきいだとら、せきりんいってき)」 望(もち):「があっ!…く、そ…こんな…こんなこと許されていいわけが…」 鬼沙羅(きさら):「モチ、お前は勘違いをしている。」 望(もち):「なに…?」 鬼沙羅(きさら):「これは救いだ。 鬼沙羅(きさら):唯一無二の力を持つ絶対者が世を統べ、弱者には『死』という永遠の安息を与える。 鬼沙羅(きさら):そうすることで、真の平穏な世界が出来上がる」 望(もち):「そんな傲慢な…!!」 鬼沙羅(きさら):「ならばお前に平和が創れるのか?」 望(もち):「人の信念を踏みにじってつくるものが平和なわけない!」  :   :【SE】風の音 望(もち):(詠唱)『お前は間違っている!それが正義なら、彼らのしてきた事はなんなんだ!…返せ、返せよ!!』 望(もち):  望(もち):終伸展解放! 星城白鐘 梵!! 望(もち):(しゅうしんてんかいほう、せいじょうくろがね、そよぎ)」 鬼沙羅(きさら):「お前は…何を見ていたんだ?」  :   :【SE】狼の遠吠え 鬼沙羅(きさら):「(詠唱)『全てを壊してやる、そして新たに与えよう。異存のない、完全なる世界を。』 鬼沙羅(きさら):  鬼沙羅(きさら):終伸展解放 滅心混常闇 狼狽黒罰 鬼沙羅(きさら):(しゅうしんてんかいほう、げんしんろん とこやみ、ろうばいこくばち)」  :  望(もち):「ぐはっ!」 鬼沙羅(きさら):「俺は全ての伸展を手中に収め、君臨する。世界は俺に恐怖し、争いのない完璧な世界が完成する」 望(もち):「げほっ…そんなの完璧な世界なんかじゃない…!」 鬼沙羅(きさら):「力無き弟よ、もう諦めろ。仲間はいない、伸展もなくなった。お前の戦う理由はどこにある?」 望(もち):「理由ならみつけた…」 鬼沙羅(きさら):「なんだと…?」 望(もち):「…立場に悩みながら、未来を夢見た人がいた」 鬼沙羅(きさら):「…」 望(もち):「形に囚われず、耐えて守った人がいた」 鬼沙羅(きさら):「何の話だ…?」 望(もち):「自分を犠牲に、仲間を守った人がいた!期待に応え、狂気に立ち向かった人がいた!」 鬼沙羅(きさら):「おい…なんだ?その力は…」 望(もち):「壊れた絆をたぐりよせ!最後まで戦い抜いた人がいた!!」 鬼沙羅(きさら):「…それは…まさか…」 望(もち):「僕に生き様を、正義の形を見せてくれた人がいた!! 望(もち):それを踏みにじってまで創る世界が完璧なはずがない! 望(もち):自分の正義を探せる世界を、みなが信じた己の道を進める世界を 望(もち):恐怖ではなく、希望で手をとり合える世界を、僕は歩みたい!」  :   :【SE】風の音と龍の鳴き声 望(もち):「極神展解放!星龍夜光 神中昇天 幕末転眼!! 望(もち):(ごくしんてん かいほう、せいりゅうやこう、しんじゅしょうてん、ばくまつてんがん)」 鬼沙羅(きさら):「くっ…!何度やっても同じことだ…!」  :【SE】狼の遠吠え 鬼沙羅(きさら):「終伸展解放!滅心混常闇 狼狽黒罰!! 鬼沙羅(きさら):(しゅうしんてんかいほう、げんしんろん とこやみ、ろうばいこくばち)」 望(もち):「僕はもう嫌なんだ!自分の力におびえて、ただ隠れて生きるなんて! 望(もち):奪えるものなら奪ってみろよ!」 0:二つの伸展がぶつかり合い、鬼沙羅が押される。  :  鬼沙羅(きさら):「ぐ…技が、奪えない……!?」 望(もち):「僕はもう逃げない…!恐怖で人を従え、ただ奪うだけのお前に…負けたりなんかしない!!」 鬼沙羅(きさら):「綺麗ごとだ!この世はそんなに綺麗なものではない!」 望(もち):「僕だって分かってる!でも僕は榊組でたくさんの事を知ったんだ! 望(もち):力の使い方だけじゃない!仲間を持つ心強さや、それを失う悲しさも!何より…自分が信じるに値する『正義』を! 望(もち):その『正義』が言うんだ!お前は間違ってると!!支配の上に成り立つ平和なんて…あってはならない!!!」 鬼沙羅(きさら):「全てが正しくおさまる道などない!互いに主張する正義が交わることはない!! 鬼沙羅(きさら):力が分散すれば争いの火種になる。己の力量をわきまえず力をふるってどうなった!?待つのは悲劇だと、お前も知っているだろう!」 望(もち):「知ってるよ!痛いくらいに僕は良く知ってる!でも…その悲劇を抱えてなお、前を向くんだ!」 鬼沙羅(きさら):「なぜ分からない!!そんなもの夢物語だ!期待して信じた先には絶望しかない!」 望(もち):「だって!ただ誰かの絶望におびえて生きてるだけなんて、死んでるのとかわらないじゃないか!!」 鬼沙羅(きさら):「そんな夢見がちな覚悟でなしえるほど簡単なものではない!お前はただ俺が統べた世界を享受すればいいのだ!」 望(もち):「嫌だ!僕にも皆から託された譲れない想いがある!だからキサラ!お前の思想を認めることは絶対に出来ない!!」 鬼沙羅(きさら):「…そこまでいうならば!見せてみろ!お前の覚悟を!!もう…手加減などしない!! 鬼沙羅(きさら):  鬼沙羅(きさら):「(詠唱)『聴かせよう この手で消す命ほど美しい物は無い、渡せその命。 鬼沙羅(きさら):極神展解放 斬凱常落仙蘭 覇門減心 狼怪明天 鬼沙羅(きさら):(ごくしんてんかいほう、きがじょうらくせんらん、はもんげっし、ろうかいみょうてん)」 望(もち):「極神展解放 星龍夜光 神中昇天 幕松転眼! 望(もち):(ごくしんてんかいほう、せいりゅうやこう、しんじゅしょうてん、ばくまつてんがん)」 望(もち):「僕は!あの日の絶望も!悲しみも!全部背負ったまま、この力ごと前に進むって決めたんだぁ!!!」 0:今までと比べ物にならない力がぶつかる。  :  鬼沙羅(きさら):「…そうか…お前はそう生きるのか」 望(もち):「え…?」 鬼沙羅(きさら):「…がふ!」  :  0:間。  :  望(もち):「…おい…なんで力を弱めたんだ…?」 鬼沙羅(きさら):「ぐ、がはっ…強く、なったな…モチ」 望(もち):「(食い気味に)そんなことを聞いてるんじゃない!お前は…何を考えてるんだ…っ!?」 鬼沙羅(きさら):「は、はは…ごほっ!…バカだなぁ、言ったじゃないか…」  :   :  0:過去の回想・続き  : 望(もち):(幼少期) 望(もち):「こんな力なら…僕は…欲しくなかった!!!」 鬼沙羅(きさら):(幼少期) 鬼沙羅(きさら):「モチ…。そうだな…こんな力があるから…」 望(もち):「兄ちゃん…僕が…僕のせいで…」 鬼沙羅(きさら):「なら…その力、兄ちゃんがもらってやる」 望(もち):「え…?」 鬼沙羅(きさら):「俺がこの世の伸展を全部集めて、持っていってやる!…それで、平和な世の中を作ってきてやるから…。だから泣くな、モチ。お前のせいじゃない!」  :  0:回想終わり  :   :  鬼沙羅(きさら):(M)力が憎かった…。母を奪った力が、憎くて憎くて仕方なかった。 鬼沙羅(きさら):モチの絶望した顔が、血に濡れた母の顔が・・脳裏に焼き付いて離れない。 鬼沙羅(きさら):目の前で起こった惨劇を眺めながら、この考えにいきつくのに時間はかからなかった。 鬼沙羅(きさら):『伸展を消そう』。諸悪の根源であるこの力を、根こそぎ消し去ってやろう。 鬼沙羅(きさら):  鬼沙羅(きさら):向かった先は、伸展師の多く集まる皇組の拠点。 鬼沙羅(きさら):俺が伸展師だと告げれば、やつらはいとも簡単に受けいれ、懐に入り込むのは難しくなかった。 鬼沙羅(きさら):そこからは目立たぬように行動をした。俺の伸展だけで事を成すには、あまりにも無力だったから。 鬼沙羅(きさら):  鬼沙羅(きさら):数年して、神(かなえ)の地位にいたヤツが死んだ。機は熟した。 鬼沙羅(きさら):俺の思想に共鳴したアマツを使い、伸展師達の力を奪っていった。 鬼沙羅(きさら):そこからの展開は凄まじかった。彼女の伸展は大きな戦闘力を持っていた。 鬼沙羅(きさら):当然、多くの命が失われる事もわかっていたし、非難される事も全て理解していた。 鬼沙羅(きさら):それでも俺は、影に潜み、計画を進めていった…。呪われた力の根絶の為に。 鬼沙羅(きさら):たとえ俺のせいで多くの命が散ったとしても、止まるわけにはいかなかった。 鬼沙羅(きさら):いや…止まれなかった。 鬼沙羅(きさら):  鬼沙羅(きさら):俺はただ…お前が幸せに暮らせる未来を、作りたかった。  :   :  望(もち):「嘘、だ…そんな…」 鬼沙羅(きさら):「…強大すぎる力は悲しみを生む…お前だって、そう…思ってただろ…?」 望(もち):「だからって…なんでこんなっ…!?」 鬼沙羅(きさら):「伸展は…呪い、だ…。この力のせいで沢山の命が消えたのを見てきた…。 鬼沙羅(きさら):だからこの力を消そうと思ったんだ…だが、俺は間違っていたのかもな…」 望(もち):「違う…!兄ちゃんがこんな事をしたのは…僕が…!」 鬼沙羅(きさら):「(食い気味に)違うぞ…。お前の伸展を受けて気付いた…この世に悪なんて、いらなかった…。ただ、自分の力を呪ったまま…奪うことしかしなかった俺は、なにも見えてなかったのかもな…」 望(もち):「そんなことない!!やり方は間違っていたかもしれない…でも、兄ちゃんは…」 鬼沙羅(きさら):「モチ…ありがとう…。最期に出会ったのが、お前で…よかった…」 望(もち):「…最期?何言ってるんだよ…?」 鬼沙羅(きさら):「ずっと決めてたんだ…。この世に伸展なんてないほうがいい…なら全てを集め終わった時…俺は…」 望(もち):「まさ、か…やめ…ろ…。やめろよっ、兄ちゃん…!」 0:赤黒い球体から無数の文字が飛び出し、鬼沙羅にまとわりつく。 鬼沙羅(きさら):「伸展解放…(しんてんかいほう」 望(もち):「!?うそだろ…そんな…身体が透けて…!」 鬼沙羅(きさら):「幸せになれよ…モチ…呪縛封陣(じゅばくふうじん)…」 望(もち):「や、め…、っっっ!兄ちゃあぁぁぁぁぁぁぁぁあぁぁん!!」  :   :   :【時間経過】榊組拠点付近・小高い丘  :  望(もち):(M)あれから数日。僕は拠点に戻ると、死んだ様に眠った。 望(もち):起きた時に迎えてくれたモネが言うには『辛かった出来事を忘れるのではなく、夢の中に留めて、皆の生き様を確かめる様だった』らしい。  :  望(もち):「…これでよし、っと…」  :  望(もち):(N)爽やかな風が髪を揺らす。少し離れた場所に座るマリが、目を瞑って祈っていた。  :  望(もち):「マリ…大丈夫?」 鞠(まり):「……あぁ」 望(もち):「…手を。そろそろ冷えてきたよ」 鞠(まり):「ん……」  :  望(もち):(N)決して長いとは言えない、本当に短い時間。その間に、多くの命が失われてしまった。  :  鞠(まり):「…つまん、ないなぁ…。どいつも、こいつも…っ、ぐすっ…すぐ、死んじゃうんだから…っ…」 望(もち):「…そうだね…」  :  望(もち):(N)嗚咽を漏らし泣くマリに、かける言葉が見つからなくて、そっと手を握る。  :  望(もち):「……でも僕らは生きてる」 鞠(まり):「…っ、うん…」  :  望(もち):(N)あまりにも辛く、悲しい月日だった。きっとこれから何度も思い返しては、肩を震わせ泣くのだろう。 望(もち):それでも希望を失ってはいけない。彼らが最後までそうであった様に。 望(もち):  望(もち):『誰かのためじゃない、自分の為に』。 望(もち):『その先にまだ希望があるのなら、顔をあげ、前を向き、手を伸ばせ』。 望(もち):  望(もち):ねぇ…僕はちゃんと、前を見れているかな?  :  鞠(まり):「…モチ?」 望(もち):「…なんでもない。帰ろうか、モネが待ってる」  :   :  望(もち):DISTOPIA BREAK・完 望(もち):(でぃすとぴあぶれいく・かん) 0:Fin.