台本概要

 78 views 

タイトル 天王閣ホテル 第1話 朝の足音
作者名 電【動自転】車男
ジャンル コメディ
演者人数 3人用台本(不問3)
時間 10 分
台本使用規定 非商用利用時は連絡不要
説明 シリーズシナリオ
【天王閣(てんのうかく)ホテル】シリーズの第1作目

ホテルスタッフの猫飼(ねこかい)と
支配人の黒岡(くろおか)は
朝礼に来ない菅沢(すがさわ)を待つが…

アドリブ、一人称変更、語尾変更有りの約10分台本です!楽しんでいってください!

 78 views 

キャラ説明  

名前 性別 台詞数 説明
猫飼 不問 28 猫飼(ねこかい) 天王閣ホテルスタッフ 礼儀正しくルールをきちんと守る真面目な人 …が、眠いものは眠い
黒岡 不問 42 黒岡(くろおか) 天王閣ホテルの支配人 たまにボケて、たまにツッコミ
菅沢 不問 23 菅沢(すがさわ) 天王閣ホテルスタッフ ずっとふざけてる人 遅刻とかするテキトー人間
※役をクリックするとセリフに色が付きます。

台本本編

文字サイズ
0:猫飼のモノローグから始まる 猫飼:ここは天王閣ホテル。天気の天に王様の王に内閣の閣で、天王閣ホテル。歴史はそれなりに深い…多分。そんな天王閣ホテルの日常を見ていただきたいと思う… 0:舞台転換で間が開き、大きくあくびをする猫飼 猫飼:ふわぁ〜あ…寝みぃ…朝礼までは…まだ時間あるか。う〜ん、眠い 0:眠気からか少しボーッとする猫飼 猫飼:…そういえば、朝の占いビリから2番目だったな…ついてねぇなぁ 猫飼:ラッキーアイテムは確か、アイスの当たり棒だったっけか…いや、当たり棒は既にラッキーか 猫飼:あー、11位ともなるとこんなもんか… 猫飼:いつの日か貰って財布に入れっぱなしだった洗浄された5円玉…の、丸い跡…じゃだめか 猫飼:で、確か最下位のラッキーアイテムは…黒い物だったな…もうそれはラッキーカラー黒じゃないか 猫飼:はぁ…眠い… 0:ドアを開けて黒岡が入ってくる 黒岡:オイーッス! 猫飼:おはようございます 黒岡:オイーッス!! 猫飼:おはようございます 黒岡:オイーッス!!! 猫飼:おはようございます 黒岡:言うまでやめないぞー、オイーッスッ!!!! 猫飼:…おいーっす 黒岡:声がちいさーい!オイーッス!!!! 猫飼:オイーッス 黒岡:もっとぉ!オイーッス!!!! 猫飼:オイーッス! 黒岡:ホテルスタッフ心構えー!復唱! 猫飼:はい! 0:黒岡の言葉を復唱する猫飼 黒岡:お客様は神様です! 猫飼:お客様は神様です! 黒岡:ホテルスタッフは笑顔第一! 猫飼:ホテルスタッフは笑顔第一! 黒岡:ホテルスタッフは健康第二! 猫飼:ホテルスタッフは健康第二! 黒岡:三四が無くて午後五時をお知らせします 猫飼:え?…三四が無くて午後五時をお知らせします 黒岡:はい、…えー、では朝礼を始めます 猫飼:ちょっと待って支配人、ちょっと待って 猫飼:今のは…今のはなんですか? 黒岡:今のって? 猫飼:この朝礼みたいのですよ!復唱とか! 黒岡:世間話よね 猫飼:世間話で復唱ってありえないでしょ!? 黒岡:まあいいじゃないか…というわけで朝礼を始めます 猫飼:はい 0:大きな声で挨拶する黒岡 黒岡:おはようございます! 猫飼:おはようございます! 黒岡:ところで…猫飼、アイツは? 猫飼:遅刻じゃないですかね 黒岡:またか!ほんとに…アイツは… 猫飼:おや、廊下を走る音が… 猫飼:来たみたいですよ、支配人 0:大きくドアを開けて登場する菅沢に怒る黒岡 菅沢:おはよーございまーす! 黒岡:うん、おはよう菅沢くぅん! 菅沢:あ!支配人!おはようございます! 黒岡:うん、元気のいい挨拶だね! 黒岡:でもね、それよりも先に言う事があるだろ? 菅沢:ん?言う事…あぁ!おはよう!猫飼! 猫飼:あ、おはようございます 黒岡:いや、ちがうよ?挨拶も大事だけど違うぞー 黒岡:ハァ…だから…遅れてしまってすみません 菅沢:いいですよ許してあげます 黒岡:別に私は遅れてないんだよ、菅沢が言うんだよ、すみませんって 菅沢:なんですか今流行りのパワハラですか? 黒岡:違うよ流行りに乗ってないよ 菅沢:ナウなヤングですねぇ! 黒岡:古い!これはね礼儀、上司の教育、躾けてるの 菅沢:躾けてるぅ? 菅沢:ならこっちも上司に言いつける!支配人に言っちゃいますよ? 黒岡:その支配人が私だよ! 菅沢:ちょっと聞いてくださいよぉ〜支配人〜、支配人が、パワハラるんですよ 黒岡:もうこの文章が国語的におかしいとは思わないのかね?…って猫飼寝るんじゃない! 猫飼:すみません支配人、暇だったものでつい 黒岡:ああ、ごめんね、すぐ終わらせるから…で、菅沢、なんで遅刻したの? 菅沢:それは… 黒岡:それは? 菅沢:それは…妖怪が悪いのです 黒岡:そうなのね…ってそんなわけあるかい、なんだい、もののけ腕時計かい? 菅沢:はい! 黒岡:返事は良いね 黒岡:あのね、遅刻してるの、分かる? 菅沢:支配人が? 黒岡:ううん、菅沢が。遅刻だよ遅刻、今何時だと思ってるの? 菅沢:一大事〜 猫飼:オイッス! 黒岡:凄い息ピッタリいつの間に練習したの?…2人共、もののけ腕時計好きなのね 猫飼:はい 菅沢:はい! 黒岡:そう、で、もう一度聞くね、なんで遅刻したの? 菅沢:最初の朝ちゃんと起きたんですよ、それでなんとなくテレビ見てー、肌を焼かなきゃって思って。 菅沢:ただコンロってやっぱり熱くて熱くてぇ…それで遅れました 黒岡:…は?あの、聞きたいことは沢山あるんだけど、なんでテレビを見ると肌を焼くのさ? 菅沢:占いコーナーを見たからです 黒岡:なんで占いのコーナーを見ると、肌を焼くのさ 菅沢:占いが最下位でやばいと思ったんです 黒岡:で、ラッキーアイテムが黒い物だったんで…それで肌を焼こうと 菅沢:はい! 黒岡:うん!相変わらず返事はいいね。で、コンロって言ったよね、肌を焼くって言ってもそういう火葬的な意味じゃないと思うんだ 黒岡:あのね、いいこと教えてあげる、私の名前 菅沢:黒岡支配人…あ! 黒岡:そうだね、黒が入ってるね。あと、自分の頭見てごらん 菅沢:あ!髪の毛! 黒岡:灯台もと暗しだったね 菅沢:頭上髪黒し!(とうじょうかみくろし) 黒岡:…面白いんで、そっちを採用します。はい、猫飼君おたませ 黒岡:じゃあ、改めて、天王閣ホテル、 黒岡:朝礼を始めます 猫飼:あ、はい 黒岡:おはようございます! 猫飼:おはようございます! 菅沢:おはようございます! 黒岡:では、今日の予定ですが、今日は私が予約のあった面接をして、君達は最近入った奈良原君の新人研修ね。 黒岡:そして今夜は夕食の時間に芸人を呼んでの1階のホールで漫才ショー…今日の予定は…以上ですね。では今日も一日頑張りましょう! 0:ものすごく良い返事の2人 猫飼:はい! 菅沢:はい!

0:猫飼のモノローグから始まる 猫飼:ここは天王閣ホテル。天気の天に王様の王に内閣の閣で、天王閣ホテル。歴史はそれなりに深い…多分。そんな天王閣ホテルの日常を見ていただきたいと思う… 0:舞台転換で間が開き、大きくあくびをする猫飼 猫飼:ふわぁ〜あ…寝みぃ…朝礼までは…まだ時間あるか。う〜ん、眠い 0:眠気からか少しボーッとする猫飼 猫飼:…そういえば、朝の占いビリから2番目だったな…ついてねぇなぁ 猫飼:ラッキーアイテムは確か、アイスの当たり棒だったっけか…いや、当たり棒は既にラッキーか 猫飼:あー、11位ともなるとこんなもんか… 猫飼:いつの日か貰って財布に入れっぱなしだった洗浄された5円玉…の、丸い跡…じゃだめか 猫飼:で、確か最下位のラッキーアイテムは…黒い物だったな…もうそれはラッキーカラー黒じゃないか 猫飼:はぁ…眠い… 0:ドアを開けて黒岡が入ってくる 黒岡:オイーッス! 猫飼:おはようございます 黒岡:オイーッス!! 猫飼:おはようございます 黒岡:オイーッス!!! 猫飼:おはようございます 黒岡:言うまでやめないぞー、オイーッスッ!!!! 猫飼:…おいーっす 黒岡:声がちいさーい!オイーッス!!!! 猫飼:オイーッス 黒岡:もっとぉ!オイーッス!!!! 猫飼:オイーッス! 黒岡:ホテルスタッフ心構えー!復唱! 猫飼:はい! 0:黒岡の言葉を復唱する猫飼 黒岡:お客様は神様です! 猫飼:お客様は神様です! 黒岡:ホテルスタッフは笑顔第一! 猫飼:ホテルスタッフは笑顔第一! 黒岡:ホテルスタッフは健康第二! 猫飼:ホテルスタッフは健康第二! 黒岡:三四が無くて午後五時をお知らせします 猫飼:え?…三四が無くて午後五時をお知らせします 黒岡:はい、…えー、では朝礼を始めます 猫飼:ちょっと待って支配人、ちょっと待って 猫飼:今のは…今のはなんですか? 黒岡:今のって? 猫飼:この朝礼みたいのですよ!復唱とか! 黒岡:世間話よね 猫飼:世間話で復唱ってありえないでしょ!? 黒岡:まあいいじゃないか…というわけで朝礼を始めます 猫飼:はい 0:大きな声で挨拶する黒岡 黒岡:おはようございます! 猫飼:おはようございます! 黒岡:ところで…猫飼、アイツは? 猫飼:遅刻じゃないですかね 黒岡:またか!ほんとに…アイツは… 猫飼:おや、廊下を走る音が… 猫飼:来たみたいですよ、支配人 0:大きくドアを開けて登場する菅沢に怒る黒岡 菅沢:おはよーございまーす! 黒岡:うん、おはよう菅沢くぅん! 菅沢:あ!支配人!おはようございます! 黒岡:うん、元気のいい挨拶だね! 黒岡:でもね、それよりも先に言う事があるだろ? 菅沢:ん?言う事…あぁ!おはよう!猫飼! 猫飼:あ、おはようございます 黒岡:いや、ちがうよ?挨拶も大事だけど違うぞー 黒岡:ハァ…だから…遅れてしまってすみません 菅沢:いいですよ許してあげます 黒岡:別に私は遅れてないんだよ、菅沢が言うんだよ、すみませんって 菅沢:なんですか今流行りのパワハラですか? 黒岡:違うよ流行りに乗ってないよ 菅沢:ナウなヤングですねぇ! 黒岡:古い!これはね礼儀、上司の教育、躾けてるの 菅沢:躾けてるぅ? 菅沢:ならこっちも上司に言いつける!支配人に言っちゃいますよ? 黒岡:その支配人が私だよ! 菅沢:ちょっと聞いてくださいよぉ〜支配人〜、支配人が、パワハラるんですよ 黒岡:もうこの文章が国語的におかしいとは思わないのかね?…って猫飼寝るんじゃない! 猫飼:すみません支配人、暇だったものでつい 黒岡:ああ、ごめんね、すぐ終わらせるから…で、菅沢、なんで遅刻したの? 菅沢:それは… 黒岡:それは? 菅沢:それは…妖怪が悪いのです 黒岡:そうなのね…ってそんなわけあるかい、なんだい、もののけ腕時計かい? 菅沢:はい! 黒岡:返事は良いね 黒岡:あのね、遅刻してるの、分かる? 菅沢:支配人が? 黒岡:ううん、菅沢が。遅刻だよ遅刻、今何時だと思ってるの? 菅沢:一大事〜 猫飼:オイッス! 黒岡:凄い息ピッタリいつの間に練習したの?…2人共、もののけ腕時計好きなのね 猫飼:はい 菅沢:はい! 黒岡:そう、で、もう一度聞くね、なんで遅刻したの? 菅沢:最初の朝ちゃんと起きたんですよ、それでなんとなくテレビ見てー、肌を焼かなきゃって思って。 菅沢:ただコンロってやっぱり熱くて熱くてぇ…それで遅れました 黒岡:…は?あの、聞きたいことは沢山あるんだけど、なんでテレビを見ると肌を焼くのさ? 菅沢:占いコーナーを見たからです 黒岡:なんで占いのコーナーを見ると、肌を焼くのさ 菅沢:占いが最下位でやばいと思ったんです 黒岡:で、ラッキーアイテムが黒い物だったんで…それで肌を焼こうと 菅沢:はい! 黒岡:うん!相変わらず返事はいいね。で、コンロって言ったよね、肌を焼くって言ってもそういう火葬的な意味じゃないと思うんだ 黒岡:あのね、いいこと教えてあげる、私の名前 菅沢:黒岡支配人…あ! 黒岡:そうだね、黒が入ってるね。あと、自分の頭見てごらん 菅沢:あ!髪の毛! 黒岡:灯台もと暗しだったね 菅沢:頭上髪黒し!(とうじょうかみくろし) 黒岡:…面白いんで、そっちを採用します。はい、猫飼君おたませ 黒岡:じゃあ、改めて、天王閣ホテル、 黒岡:朝礼を始めます 猫飼:あ、はい 黒岡:おはようございます! 猫飼:おはようございます! 菅沢:おはようございます! 黒岡:では、今日の予定ですが、今日は私が予約のあった面接をして、君達は最近入った奈良原君の新人研修ね。 黒岡:そして今夜は夕食の時間に芸人を呼んでの1階のホールで漫才ショー…今日の予定は…以上ですね。では今日も一日頑張りましょう! 0:ものすごく良い返事の2人 猫飼:はい! 菅沢:はい!