台本概要

 262 views 

タイトル 声に恋して
作者名 てくす  (@daihooon)
ジャンル ラブストーリー
演者人数 2人用台本(男1、女1)
時間 10 分
台本使用規定 非商用利用時は連絡不要
説明 声っていいよね

 262 views 

キャラ説明  

名前 性別 台詞数 説明
英司 47 彼氏
陽奈 47 彼女
※役をクリックするとセリフに色が付きます。

台本本編

文字サイズ
0:声劇『声に恋して』 0:『』はイケボ、カワボ全開で演技してください! 陽奈:私たち別れましょう 英司:え…なんで… 陽奈:あなたのその3Kが嫌なの! 英司:3K? 陽奈:臭い口!臭い脇!臭い足! 英司:!?…嘘…だ…ろ… 陽奈:英司なんて… 陽奈:英司なんて異臭の宝石箱やぁぁあ! 英司:おい!嘘だろ?嘘だろぉぉおおおお! 0: (目覚ましの音) 英司:はっ!…夢か… 陽奈:おっはよー! 陽奈:あれ?元気ない? 英司:おはよー… 陽奈:え…どうしたの… 英司:いや…それがさ、夢で… 陽奈:あっははは! 英司:笑うなよ!傷ついてるんだぞ! 陽奈:ははは!ごめん、ごめん 陽奈:けど、私は 陽奈:『英司の匂い…大好きだぞ』 英司:!?…つっ 陽奈:照れてるー!あははは! 英司: (俺、真田英司は 英司:この杉本陽奈と付き合っている 英司:陽奈は将来声優になるのが夢らしく 英司:演劇部で声も可愛い…と思う 英司:それだからか、いつもこうやって 英司:声を変えたり迫真の演技で 英司:『台詞』を言ってくる… 英司:まぁそれが可愛くて何も言えないというか… 英司:同じクラス、同じ班になった時の 英司:自己紹介の声で一目惚れした俺の弱みでもある…) 0: 英司:くっそー!夢といい現実といい 英司:陽奈に負かされてばっかりな気がする… 英司:なんとか仕返し… 英司:あ、そうだ、俺もやってみるか! 英司:クックックッ…みてろよ! 0: 陽奈:それでさ、新しくできたあの店… 英司:陽奈! 陽奈:ん?どーした? 英司:あ、いや…あのさ 0:英司、咳払いして 英司:『俺とお昼、一緒に食べない?』 陽奈:………。 英司:………。 陽奈:いいけど…何? 英司:え?あ、ごめん、それじゃ、昼 英司:あっれー?おかしいな… 陽奈:………。 陽奈:(なにあれ!?なにあれ!? 陽奈:急なイケボ!?え!?なになになに!?) 0: 陽奈:(さっきの私の彼、真田英司は 陽奈:サッカー部で、運動はできても勉強はできない 陽奈:そんな彼氏、自己紹介の時の声に 陽奈:一目惚れして、私から声をかけて仲良くなった 陽奈:告白された時はびっくりして 陽奈:理由を聞いたら同じだったから更にびっくり 陽奈:まぁ、私が声を好きになったのは内緒にしている 陽奈:だから…さっきの不意打ちはヤバかった…) 0: 陽奈:(なにあれ… 陽奈:もしかして…いつもの仕返し!? 陽奈:はっはーん!わかったぞ 陽奈:そうくるなら私はリアクションしない!) 0: 英司:やっと昼飯だー! 陽奈:いただきまーす! 英司:あ、陽奈 陽奈:へ? 英司:『ご飯粒…ついてるぞ☆』 陽奈:……(そう来たか!) 陽奈:『ありがとう!お兄ちゃん!』 英司:!? 英司:(まさか、返してくるだと!?) 陽奈:(馬鹿め!魂胆がわかればこっちのものよ!) 英司:『ふっ…全く、可愛いな、お前は』 英司:(それとぉ!頭なでなでのコンボォ!) 陽奈:っつ 陽奈:(それはズルいぃぃぃぃぃい!) 0: 英司:あ、俺トイレ行ってくるわ 陽奈:はーい 英司:陽奈の奴…気づいたのか!? 英司:まさか返しをしてくるとは… 英司:だが、昼は俺の勝ちだな! 陽奈:くぅぅう! 陽奈:ちょい照れた!照れてしまった… 陽奈:昼の勝ちは譲るわ… 陽奈:けどまだ勝負はこれからよ! 0: 英司:(クックックッ、ここで来るとは思うまい!) 英司:『舞姫、森鴎外作』 陽奈:(嘘…だろ……音読で…だと) 英司:(ちっ!授業という特殊状況では反応しないか!) 陽奈:(耐えるのよ、耐えるのよ私! 陽奈:そう、私は山、動かざること山の如し) 0: 陽奈:これで1勝1敗ってとこね… 英司:ちっ!授業じゃダメか! 英司:次がラストアタック…決めてやる! 0: 陽奈:(あの後からは大人しい… 陽奈:不意を突かれたらマズいな…) 英司:陽奈 陽奈:(!!来た!) 英司:『さ、一緒に帰ろう?』 陽奈:うん! 陽奈:(あれ?意外と普通?) 英司:(さぁ、パーティの始まりだ) 0: 陽奈:(ここまで歩いて来たけど 陽奈:なにもなし…危なかったけど私の… 英司:陽奈、そういえば俺 陽奈:陽奈に伝えてないことがあったんだった 陽奈:へ?何? 英司:(くらえ!) 英司:『愛してる』 陽奈:!!!!! 陽奈:(ここで…くっううううう!) 英司:『愛してる』 陽奈:(堪えろ!私!) 陽奈:は、ははは!それ 陽奈:昔に流行った愛してるゲーム? 英司:(!?耐えた…だと!?) 英司:そうそう!俺らもやってみようかなーって 陽奈:(よし…) 陽奈:じゃあ…英司 陽奈:『もっと言って?』 英司:(う、上目遣いコンボ…だと…) 陽奈:まだ? 英司:ッッ!『愛してる』 陽奈:『もっと』 英司:『愛してる』 陽奈:『もっと』 0: 陽奈:(しぶとい…私も、もう限界が近い…!) 英司:(くっそ…たかが『もっと』 英司:って台詞だけでこのバリエーションか… 英司:次で決めないとヤバい…) 陽奈:『もっと…言って?』 英司:!!!! 英司:(た、堪えろ!堪えろぉおおおお!) 英司:あ、愛してる 英司:(しまった!地声に!) 陽奈:ーッ!……負け…ました… 英司:ふぁ? 陽奈:悔しーーー!もう!意地悪! 英司:え!?なんで今ので… 陽奈:もう… 陽奈:『私が英司の声を好きになったんだから 陽奈:……今のは照れちゃうよ』 英司:ぐふっ… 陽奈:あ!やったー! 0: 英司:(こうして意味のわからないバトルは 英司:終わったんだけど…) 英司:なぁ、さっきのは演技? 陽奈:なにがー? 英司:え、いやほら 英司:俺の声を好きになったーっての 陽奈:…… 陽奈:『秘密♡』 英司:(俺が陽奈に勝つのは無理そうです) 0:終わり

0:声劇『声に恋して』 0:『』はイケボ、カワボ全開で演技してください! 陽奈:私たち別れましょう 英司:え…なんで… 陽奈:あなたのその3Kが嫌なの! 英司:3K? 陽奈:臭い口!臭い脇!臭い足! 英司:!?…嘘…だ…ろ… 陽奈:英司なんて… 陽奈:英司なんて異臭の宝石箱やぁぁあ! 英司:おい!嘘だろ?嘘だろぉぉおおおお! 0: (目覚ましの音) 英司:はっ!…夢か… 陽奈:おっはよー! 陽奈:あれ?元気ない? 英司:おはよー… 陽奈:え…どうしたの… 英司:いや…それがさ、夢で… 陽奈:あっははは! 英司:笑うなよ!傷ついてるんだぞ! 陽奈:ははは!ごめん、ごめん 陽奈:けど、私は 陽奈:『英司の匂い…大好きだぞ』 英司:!?…つっ 陽奈:照れてるー!あははは! 英司: (俺、真田英司は 英司:この杉本陽奈と付き合っている 英司:陽奈は将来声優になるのが夢らしく 英司:演劇部で声も可愛い…と思う 英司:それだからか、いつもこうやって 英司:声を変えたり迫真の演技で 英司:『台詞』を言ってくる… 英司:まぁそれが可愛くて何も言えないというか… 英司:同じクラス、同じ班になった時の 英司:自己紹介の声で一目惚れした俺の弱みでもある…) 0: 英司:くっそー!夢といい現実といい 英司:陽奈に負かされてばっかりな気がする… 英司:なんとか仕返し… 英司:あ、そうだ、俺もやってみるか! 英司:クックックッ…みてろよ! 0: 陽奈:それでさ、新しくできたあの店… 英司:陽奈! 陽奈:ん?どーした? 英司:あ、いや…あのさ 0:英司、咳払いして 英司:『俺とお昼、一緒に食べない?』 陽奈:………。 英司:………。 陽奈:いいけど…何? 英司:え?あ、ごめん、それじゃ、昼 英司:あっれー?おかしいな… 陽奈:………。 陽奈:(なにあれ!?なにあれ!? 陽奈:急なイケボ!?え!?なになになに!?) 0: 陽奈:(さっきの私の彼、真田英司は 陽奈:サッカー部で、運動はできても勉強はできない 陽奈:そんな彼氏、自己紹介の時の声に 陽奈:一目惚れして、私から声をかけて仲良くなった 陽奈:告白された時はびっくりして 陽奈:理由を聞いたら同じだったから更にびっくり 陽奈:まぁ、私が声を好きになったのは内緒にしている 陽奈:だから…さっきの不意打ちはヤバかった…) 0: 陽奈:(なにあれ… 陽奈:もしかして…いつもの仕返し!? 陽奈:はっはーん!わかったぞ 陽奈:そうくるなら私はリアクションしない!) 0: 英司:やっと昼飯だー! 陽奈:いただきまーす! 英司:あ、陽奈 陽奈:へ? 英司:『ご飯粒…ついてるぞ☆』 陽奈:……(そう来たか!) 陽奈:『ありがとう!お兄ちゃん!』 英司:!? 英司:(まさか、返してくるだと!?) 陽奈:(馬鹿め!魂胆がわかればこっちのものよ!) 英司:『ふっ…全く、可愛いな、お前は』 英司:(それとぉ!頭なでなでのコンボォ!) 陽奈:っつ 陽奈:(それはズルいぃぃぃぃぃい!) 0: 英司:あ、俺トイレ行ってくるわ 陽奈:はーい 英司:陽奈の奴…気づいたのか!? 英司:まさか返しをしてくるとは… 英司:だが、昼は俺の勝ちだな! 陽奈:くぅぅう! 陽奈:ちょい照れた!照れてしまった… 陽奈:昼の勝ちは譲るわ… 陽奈:けどまだ勝負はこれからよ! 0: 英司:(クックックッ、ここで来るとは思うまい!) 英司:『舞姫、森鴎外作』 陽奈:(嘘…だろ……音読で…だと) 英司:(ちっ!授業という特殊状況では反応しないか!) 陽奈:(耐えるのよ、耐えるのよ私! 陽奈:そう、私は山、動かざること山の如し) 0: 陽奈:これで1勝1敗ってとこね… 英司:ちっ!授業じゃダメか! 英司:次がラストアタック…決めてやる! 0: 陽奈:(あの後からは大人しい… 陽奈:不意を突かれたらマズいな…) 英司:陽奈 陽奈:(!!来た!) 英司:『さ、一緒に帰ろう?』 陽奈:うん! 陽奈:(あれ?意外と普通?) 英司:(さぁ、パーティの始まりだ) 0: 陽奈:(ここまで歩いて来たけど 陽奈:なにもなし…危なかったけど私の… 英司:陽奈、そういえば俺 陽奈:陽奈に伝えてないことがあったんだった 陽奈:へ?何? 英司:(くらえ!) 英司:『愛してる』 陽奈:!!!!! 陽奈:(ここで…くっううううう!) 英司:『愛してる』 陽奈:(堪えろ!私!) 陽奈:は、ははは!それ 陽奈:昔に流行った愛してるゲーム? 英司:(!?耐えた…だと!?) 英司:そうそう!俺らもやってみようかなーって 陽奈:(よし…) 陽奈:じゃあ…英司 陽奈:『もっと言って?』 英司:(う、上目遣いコンボ…だと…) 陽奈:まだ? 英司:ッッ!『愛してる』 陽奈:『もっと』 英司:『愛してる』 陽奈:『もっと』 0: 陽奈:(しぶとい…私も、もう限界が近い…!) 英司:(くっそ…たかが『もっと』 英司:って台詞だけでこのバリエーションか… 英司:次で決めないとヤバい…) 陽奈:『もっと…言って?』 英司:!!!! 英司:(た、堪えろ!堪えろぉおおおお!) 英司:あ、愛してる 英司:(しまった!地声に!) 陽奈:ーッ!……負け…ました… 英司:ふぁ? 陽奈:悔しーーー!もう!意地悪! 英司:え!?なんで今ので… 陽奈:もう… 陽奈:『私が英司の声を好きになったんだから 陽奈:……今のは照れちゃうよ』 英司:ぐふっ… 陽奈:あ!やったー! 0: 英司:(こうして意味のわからないバトルは 英司:終わったんだけど…) 英司:なぁ、さっきのは演技? 陽奈:なにがー? 英司:え、いやほら 英司:俺の声を好きになったーっての 陽奈:…… 陽奈:『秘密♡』 英司:(俺が陽奈に勝つのは無理そうです) 0:終わり