台本概要

 85 views 

タイトル サマフェス
作者名 てくす  (@daihooon)
ジャンル その他
演者人数 3人用台本(男2、女1)
時間 40 分
台本使用規定 非商用利用時は連絡不要
説明 『思い立ったら即行動!そうしないと近い未来で絶対後悔するから』
そのセリフに感化された陽歌は、兄に相談を持ちかける。
そしてーーー。
妹の為に人肌脱ぐ兄は言う

『初めてのフェス』レクチャー……やってやるよ!

 85 views 

キャラ説明  

名前 性別 台詞数 説明
朝陽 172 あさひ。大学生。軽音部に入っている。学校ではちょっとした有名人。
陽歌 147 ひめか。高校生。感化され兄に相談へ。never wonderlandのファン
寿徳 123 ひさのり。大学生。軽音部。朝陽の友人で、同じく大学ではちょっとした有名人
※役をクリックするとセリフに色が付きます。

台本本編

文字サイズ
0:モノローグ 陽歌:ある漫画を読んでいた時、ふと目に止まった言葉 陽歌:『思い立ったら即行動!そうしないと 陽歌:近い未来で絶対後悔するから』 陽歌:その言葉を見た時、私は部屋を飛び出していたーー。 : 0:間 0:ドタドタと廊下を走り、ドアを力強く開ける陽歌 陽歌:お兄ちゃん! 朝陽:おう、ドア開ける前にノックしようぜ 朝陽:俺がナニかしてたらどうすんだよ 陽歌:…何って何? 朝陽:……、お前って見かけによらないつーか 朝陽:なんつーか、まぁそうだったな、気にすんな 朝陽:んで?何用?珍しいじゃん部屋まで来て 陽歌:聞きたいことがあって! 陽歌:それとできれば、色々教えて欲しくて! 朝陽:お、おう…圧がすげーな 0:間 朝陽:なるほど 朝陽:つまり漫画読んで感化されたってワケ 朝陽:そんで後悔したくないから…ね 陽歌:お兄ちゃん詳しいよね? 朝陽:一つだけ、簡単なことだ 朝陽:教えといてやる 陽歌:え?何何? 朝陽:お前の判断は正しい!行って後悔はない! 朝陽:行かない方が後悔するぜ! 朝陽:そういうことなら、可愛い妹のために 朝陽:俺が一肌脱いでやる! 朝陽:よし… 0:スマホをいじる朝陽 朝陽:…お、オッケーだな 朝陽:明日暇だろ? 陽歌:え?うん、バイトもないよ 朝陽:よし、そんじゃ明日 朝陽:『初めてのフェス』レクチャー 朝陽:やってやるよ! 0:間 寿徳:それで、なんで俺が召集されるわけ? 朝陽:お前も一緒に行くんだから 朝陽:まぁ、顔合わせも兼ねて 寿徳:いや、会ったこと何回もあるじゃん 寿徳:ねー?姫 陽歌:姫って呼ばないで 寿徳:だって姫じゃん 陽歌:漢字が違う! 朝陽:まー、妹の初フェスのために 朝陽:寿徳も頼む! 寿徳:別にいいけど 寿徳:そんでどこ行くのさ 朝陽:今度、俺らが行くフェスはキャンプサイトあるだろ? 朝陽:まずはキャンプショップ 朝陽:2Daysだし、俺らキャンプするし 寿徳:え!?女の子泊めるの!? 陽歌:え!?泊まるの!? 朝陽:それはお前が決めていいんだけど 朝陽:ほら、俺らも色々見るついでってことで 朝陽:泊まりたくても道具が無かったらダメだろ 陽歌:お金…足りるかな… 寿徳:お兄ちゃんのスネを骨にするといいよ 陽歌:足出して 朝陽:お前!バイトしてんだろ!? 陽歌:『何か趣味ができた時用貯金』してた 寿徳:おぉ、流石姫 陽歌:もっと褒めていいよ 寿徳:調子に乗ってるなぁ〜最近の若い子は 朝陽:あー、そういえば 朝陽:フェスに行きたい!ってのは昨日聞いたけど 朝陽:お前の目当てって何だ? 陽歌:目当て? 朝陽:好きなアーティストとか 朝陽:ただ音楽を聴きたくてって人もいる 朝陽:キャンプある場所だとキャンプ兼ねてとか 朝陽:フェス飯食わんと夏が始まらん!とか 寿徳:外で暴れたい派、ゆっくり楽しみたい派とか 寿徳:色んなアーティスト来るし、物販狙いもあるね 寿徳:俺は雰囲気が好きってのもあるし 寿徳:朝陽はそれでいうと? 朝陽:俺の場合も同じく雰囲気だけど 朝陽:ライブを楽しみたいが強いな 朝陽:行ってみないとわからない一体感あるじゃん? 朝陽:ライブハウスとは別の熱狂っていうかさ 寿徳:あー、なるほどたしかに 陽歌:私は……行ったことないから 陽歌:興味はあったよ、前から 陽歌:お兄ちゃんって行った後、絶対テンション高いし 陽歌:よく話も聞いてたから 陽歌:けど敷居が高いっていうか、怖いっていうか 寿徳:女の子の一人参戦、それも初めては怖いよね 寿徳:陽キャの集まりだと思ったり 陽歌:別にそれは全然大丈夫だけど 陽歌:バンドとかそんなに興味なかったし 朝陽:だな 朝陽:俺らが行く夏フェスは、バンド系だからな 朝陽:他にレゲェやらもあるが、そっちは俺らが興味ないからな 朝陽:けど最近はアイドル枠とかレジェンド枠あるよな 陽歌:レジェンド枠? 寿徳:あー、大石晴三(おおいし はるぞう)とかね 陽歌:えぇ!?あんな人来るの!? 陽歌:お母さんが高校の頃ハマってた人でしょ!? 朝陽:いや、それは知らんぞ 寿徳:フェス毎に違うけどね 寿徳:海外勢多かったり 寿徳:R&Bのグループとかね 朝陽:夜通しやってるとこじゃ怪談話のステージあったり 朝陽:ジャズなんかや、静かめなやつ…例えばボーカルなしで 朝陽:楽器だけでの演奏ステージとかな 陽歌:凄い…本当に色々あるんだ 朝陽:だから、フェスって言っても 朝陽:一つじゃない、色んな形があるんだ 朝陽:だからこそ陽歌は何を目当てで行くのかって重要なんだよ 陽歌:うん、じゃあ多分これが目当て 陽歌:好きなバンドができたの 朝陽:初耳だな 寿徳:家族とのコミュニケーションは大事だよぉ〜 朝陽:してるっての 朝陽:んで?俺らが行くフェスに来るんだろ? 朝陽:誰だ? 陽歌:ネバワン… 寿徳:あぁ!最近流行り出したよね 朝陽:そうだなぁ…俺らの一個下だもんなぁ 寿徳:成長したよねぇ… 朝陽:初ライブが懐かしいよなぁ… 陽歌:え!?お兄ちゃんたち見たことあるの!? 朝陽:寿徳は初ライブは見てないはずだけど 朝陽:俺は中学からライブハウス出入りしてたからな 朝陽:ちょうど高校の時、ネバワンの初ライブ 朝陽:見に行ってたんだよ 陽歌:それで!?どんな感じだったの!? 朝陽:あ、あぁ 朝陽:正直ビビった、歌うますぎて 朝陽:けどまぁ、最初はMCで噛んでたな 朝陽:相当緊張してたんだろうけど 朝陽:「最後まで楽しんでくだちゃい!」って 寿徳:それ見てどう思った? 朝陽:クソ可愛いなって 陽歌:サイテー 陽歌:けど、わかるー 朝陽:そっから縁があったんだろうな 朝陽:何度かライブ見る機会があったんだよ 朝陽:新メンバー増えた時とか 陽歌:舞ちゃんだ! 朝陽:そうそう、ドラムの子 朝陽:絶対夏フェスに出ますって言ってたけど 朝陽:そっか、夢が叶ったんだな 寿徳:なんかエモいね 朝陽:エモエモだな 陽歌:サブスクでダウンロードして 陽歌:それだけでいいかなって思ってたけど 陽歌:やっぱり実際に見てみたいって 陽歌:多分、心のどこかで思ってたんだと思う 陽歌:SNSとかでライブ情報追ってたし 寿徳:多分変わるよ、見え方も熱量も 朝陽:あぁ、爆上げだ 陽歌:そんなに凄い?やっぱり生は! 朝陽:それは当日のお楽しみだな 朝陽:さ、着いたぞ 寿徳:それで何から探す? 朝陽:流石に俺たちのテントに泊まるのは 朝陽:嫌だろうからテントかね〜 寿徳:そだね 陽歌:テント…高くない? 朝陽:まぁピンキリだな 朝陽:これからフェスだけじゃなくて 朝陽:キャンプにハマるなら、いいやつに越したことはないし 朝陽:今回はお前一人で参戦だけど 朝陽:来年友達もってことなら少し大きめとかな 陽歌:う…うーん… 陽歌:まずは一人用でいいかな… 寿徳:ま、賢明だよね 朝陽:んじゃ、俺たちは俺たちの見るから 朝陽:お前は一人でテント見てまわれ 陽歌:え!?一緒に選んでくれるんじゃないの!? 朝陽:まずはインスピレーションだ 朝陽:これいいかも!ってやつを見つけろ 朝陽:見た目も重要だろ? 寿徳:そのあと機能とか説明するし 寿徳:何個か候補決めといてよ、姫 陽歌:えぇ… 朝陽:何かを始めるってことは不安も多い 朝陽:だが、一人で経験するのも大事だ 朝陽:同じ店内にいるんだし、大丈夫だろ 陽歌:わかんなかったらすぐ呼ぶからね! 寿徳:はーい、行ってらっしゃい〜 0:間 陽歌:って言われてもなぁ… 陽歌:本当にわかんないのに…あ! 陽歌:これ可愛いー!うぇ!?高っ!! 陽歌:やっぱりデザインがいいと高いのかー… 0:間 寿徳:一人にしてよかったの? 朝陽:まずは、な 朝陽:何でもかんでも俺たちの押し付けてもな 寿徳:シスコンだねぇ 寿徳:押し付けはよくないってのは分かるけど 朝陽:妹思いと言ってくれないかね 朝陽:まぁ…嬉しかったのもある 寿徳:何が? 朝陽:フェスに行きたいってアイツが言ったことも 朝陽:興味持ったことも 寿徳:ふーん、そんなもんなの 朝陽:まぁウチは仲良い方だとは思うからな 朝陽:一人っ子にはわからんか 寿徳:そういうの見ると兄妹っていいなと思うけど 寿徳:なんだかんだ一人も楽だし…あっ 朝陽:お 寿徳:…マジか… 0:間 陽歌:あ、いた 陽歌:お兄ちゃんー…え? 朝陽:セールで20パーオフ…! 寿徳:買う?ねぇ、買う? 朝陽:買わない以外の選択肢あるか…? 寿徳:…ないね 朝陽:ふっー…買うかー… 陽歌:…何してんの? 朝陽:お、見つかったか? 陽歌:うん、いい感じの見つけた 寿徳:先にそっち見ようか 朝陽:だな 陽歌:えっと…これなんだけど 朝陽:ふーん、ティピー型か 朝陽:いいんじゃないか? 寿徳:これなら一人で建てれそう… 寿徳:2、3人用だけどいいの? 陽歌:うん!今後を考えてこれにする 朝陽:よし、んじゃ俺らもギア買ったら 朝陽:作戦会議に行くか 陽歌:ギア? 寿徳:あー、道具のこと 陽歌:うわ〜、ぶってる 朝陽:いや!ギアって言うだろ!? 0:間 0:喫茶店にてーー 陽歌:へぇ、こんなお店あったんだ 朝陽:最近見つけてな 朝陽:珈琲が美味いんだよ 陽歌:味の違いとかわかるの?お兄ちゃん 朝陽:まぁな 寿徳:へぇ、豆も色々選べるんだ 朝陽:こだわりの店って感じあっていいだろ? 朝陽:まぁ奢るから好きなの頼めよ 寿徳:よっしゃー! 陽歌:じゃあ、カフェモカとモンブランと 陽歌:あ、ティラミスも美味しそう 寿徳:じゃあ、それも頼もう 寿徳:自家製プリンかー…これもいいね 陽歌:パフェもあるね 寿徳:てか普通に腹減ったな 寿徳:チキンサンド食べたいな 朝陽:お、おい!頼みすぎじゃねーか!? 0:間 朝陽:で、キャンプサイトあるフェスは 朝陽:そこまで多くはないんだけど 朝陽:今回はあるから、そのチケットも確保した 寿徳:流石仕事が早いね 寿徳:姫はネバワンだけ?知ってるやつ 陽歌:うーん、そうだね 陽歌:あ、いや!このアイドル知ってる! 陽歌:へぇ、アイドルも来るんだ 朝陽:大きいフェスだとアイドル枠はよくあるぞ 朝陽:海外枠もあるし…今発表されてるのが 朝陽:第ニ弾だから、まだ増えるぞ 陽歌:一気に発表されないんだ? 陽歌:なんで? 寿徳:お楽しみってことじゃない? 寿徳:理由は知らないっていうか 寿徳:深く考えたことなかったけど 寿徳:2Daysだから結構くるはず 朝陽:タイムテーブルは出てるからな 朝陽:あとはどう回るか、が重要 陽歌:うわぁ…結構、時間詰め詰めなんだ 陽歌:ネバワンは午後から 朝陽:地図で見ると狭く感じるけど 朝陽:実際行くと広いからな 朝陽:このメインステージから端のステージまで 朝陽:歩いて行くのは結構かかる 寿徳:それを考慮して回る順番を決めるんだよ 寿徳:ご飯食べなくていいならいいけど 寿徳:昼飯の時間、あとは物販見る時間とか 朝陽:初めてフェスに行った時 朝陽:物販の行列舐めてて 朝陽:結局1組目のライブ見れなかったしな 寿徳:あー、懐かしいね 陽歌:そんな感じなの!? 陽歌:えー…どうしよう 寿徳:友達と行くなら 寿徳:別々のブースに並んでお互いに買うとか 寿徳:それぞれのバンドのホームページで 寿徳:物販の情報は流れてるし 寿徳:結局、早く並ばないと売り切れってこともあるし 朝陽:あとはキッパリ1組目は諦めて 朝陽:物販に振るか、朝早く行くか 陽歌:うぅん…早く行こうかな 朝陽:まぁ、今回はそれで行くつもりだしな 陽歌:ネバワンの物販は絶対行きたい! 寿徳:じゃあ、物販は別れよう 寿徳:もし、次の演者発表で 寿徳:気になるの出たらまた物販考えれば良いし 陽歌:そうする! 陽歌:あ、なんか今楽しくなってきた 朝陽:おー、けど今からだ 朝陽:見る順番決めも面白いからな 陽歌:タイムテーブル見ると 陽歌:結構、詰め詰めな感じだから…うーん…… 朝陽:そうなんだよ 朝陽:だから端から端って行こうとすると 朝陽:始まりに間に合うか微妙になる 朝陽:だからこそ、どう見るかが重要なんだ 寿徳:俺たちが見たいのは2日目に多いし 寿徳:1日目は姫のお目当てのネバワンを軸に組む? 朝陽:それがいいかもな 朝陽:といっても、ネバワンは夕方か 朝陽:まずは見て回る方に動いてもいいかもな 陽歌:物販は絶対だから! 朝陽:焦んなって、それも大丈夫だろう 寿徳:はぁー… 寿徳:フェスはお金が飛ぶね〜 朝陽:日雇い入れるか… 陽歌:私は…お母さんに頼もうかな… 朝陽:よし!暗い話はあとだ! 朝陽:決めていこう! 0:間 寿徳:ま、こんなもんじゃない? 寿徳:悪くないでしょ 朝陽:そうだな 朝陽:見たいやつは見れるし 朝陽:この空いたところに次の発表があっても 朝陽:物販も問題ないだろ 陽歌:うぅー、何か疲れたー 陽歌:けど予定決めるの楽しかった 朝陽:じゃ、当日まで 朝陽:各々、金の準備しとけよー 寿徳:それ言わないでー… 陽歌:考えたくないー… 0:間 0:フェス当日ーー 0:車内 陽歌:眠い…… 寿徳:フェスの朝は早いから 朝陽:寝てていいぞ 朝陽:お、この曲上がる 寿徳:まさか第四弾でアルフェ来るとはね 朝陽:活動休止してて一発目がこのフェスって 朝陽:マジで運良すぎだろ 寿徳:おかげで順番組み直したもんね 陽歌:あー…私、この曲好きかもー… 朝陽:よかったな、生で見れるぞ 朝陽:そして、寝ろ! 陽歌:おやすみー… 寿徳:プレイリスト作るのに徹夜したから 寿徳:俺も眠いー… 朝陽:お前は寝るな 朝陽:助手席は寝たら罪だぜ 寿徳:おやすみー… 朝陽:おい!待て!寿徳! 朝陽:寝るなー!! 0:間 0:会場着ーー 朝陽:くそ…本気で寝やがって 寿徳:あー、スッキリ 寿徳:さて、戦闘体制に入るよ 陽歌:ふぁ〜…えっ!? 陽歌:もうこんなに並んでるの!? 朝陽:早く出たつもりだったけどな 朝陽:まぁ、こんなもんだろ 寿徳:開場まで並んでますかー 陽歌:うわぁー…なんかカラフル 朝陽:そういうお前もオレンジのハーパンだけどな 陽歌:だってお兄ちゃんが渡したんじゃん 寿徳:買ってあげたの? 朝陽:まぁな、フェスデビューってことで 陽歌:来るまでは派手すぎて恥ずかしかったけど 陽歌:みんな結構、同じ感じでカラフルなんだ 朝陽:流行り廃りはあるだろうけど 朝陽:好きなバンドのTシャツ着たり 朝陽:お、あれなんか2年前のフェスTだ 寿徳:おー!メンツ強い時のだ! 朝陽:これ行けなかったんだよなぁ… 寿徳:あれ?今ちゃんと見たけど 寿徳:姫のTシャツってビストロ? 陽歌:そー!お兄ちゃんに借りた! 朝陽:元、ネバワンのサポートドラムだった人の 朝陽:バンドだからな 朝陽:ワンチャン知ってるかと思ったら知ってた 寿徳:朝陽もよく持ってたね 朝陽:ライブハウスで買ったんだよ、確か 寿徳:あ、姫 寿徳:チケット用意しててね 寿徳:ゲートで慌てない様に 陽歌:おっけー 朝陽:この時間が一番待ち遠しい 朝陽:セミの声もうるせ〜 寿徳:夏って感じだね〜 陽歌:よし!いつでもいいよ! 0:開場 朝陽:よし、みんな集まったな 陽歌:お兄ちゃん、これ着けて 朝陽:はいはい 寿徳:甘えん坊ですねぇ 寿徳:リストバンドくらい自分でつけましょうね〜 陽歌:うっさい! 朝陽:まずは物販に直行しよう 朝陽:俺は先に買って、車戻ってキャンプ道具持ってくる 寿徳:じゃあキャンプサイトに集まる? 朝陽:だな 朝陽:時間は余裕だろ 朝陽:一組目は捨てて物販と設営に振ったし 陽歌:私、行ってくる! 朝陽:迷子になるなよー 寿徳:楽しそうだね、姫 朝陽:あぁ、そうだな 0:間 陽歌:うわっ!もう並んでる! 陽歌:えぇ!?隣の列どこまで並んでるの!? 陽歌:あ、これ車でお兄ちゃんたちが言ってたバンドだ 陽歌:うわぁ…人気な所はこんな感じなんだ 陽歌:ネバワンも結構並んでるなぁ 陽歌:あ、あの人、ネバワンのTシャツ着てる! 陽歌:(そっか…ここって同じものを好きな人がいっぱい居るんだ 陽歌:ふふっ、なんか嬉しい) 0:間 陽歌:うっ…散財してしまった… 陽歌:けど、後悔はない!うん! 陽歌:あ、もう2人ともいる 朝陽:おー、戻ったか 寿徳:結構買ったねー 陽歌:お母さんのお土産もあるから! 朝陽:親父にも買ってやれよ 陽歌:えー、お父さんの趣味知らないし 寿徳:あー、これが父親の寂しさかー 朝陽:娘は絶対パパっ子にしたいな 陽歌:テント作るー 朝陽:あぁ、寿徳に聞いてくれ 朝陽:ちょっと俺は行ってくる 寿徳:はいよ〜 陽歌:?お兄ちゃんどこ行くの? 寿徳:あー、ルーティンみたいなもん 寿徳:一回ぶらぶら歩くんだよ朝陽は 陽歌:へぇ〜 寿徳:すぐ戻ってくるし、さっさとやってしまおうか 陽歌:はーい 0:間 朝陽:お待たせ 朝陽:お、出来てんじゃん 陽歌:結構簡単だった! 陽歌:一人でもいける! 寿徳:さて、どうしよっか 朝陽:意外に物販混んでなかったからな 朝陽:時間空いたな 陽歌:あれで混んでないってマジ? 寿徳:多分2日目ヤバいよ 陽歌:うぇ…人酔いしそう 朝陽:じゃあ適当に見て回ろうぜ 朝陽:雰囲気楽しみつつな 0:間 陽歌:うわー、少し音楽聴こえてくる 寿徳:あ、姫、あそこ 陽歌:え?何? 寿徳:はいはい、初フェス記念 寿徳:写真撮るよ 陽歌:何これ? 朝陽:写真スポットだよ 朝陽:至るとこにこういうのあるから 陽歌:へぇ!じゃあ撮って! 寿徳:はいよー、はいチーズ 陽歌:どう?あ!凄い!フェスっぽい! 朝陽:ノリノリだなぁ 陽歌:ストーリー投稿しとこ 寿徳:うーん、現代っ子! 朝陽:お、ちょうど一組目終わりだな 朝陽:このままメインステージ見ようぜ 寿徳:えーっと…お、いいじゃん 寿徳:レッドロックだ 陽歌:メインステージって二つ? 朝陽:今、右が終わっただろ? 朝陽:右がやってる最中にある程度準備終わらせて 朝陽:次は左側って感じで繋げるんだよ 寿徳:メイン以外は一つしかステージないから 寿徳:一回一回準備するけどね 寿徳:まぁフェスによるけど 朝陽:ネバワンはメインじゃないから 朝陽:あー、そうだ 朝陽:せっかくだし、早くステージ行こうか 陽歌:なんで? 朝陽:リハ見れるかも 陽歌:それは行きたい! 寿徳:って話してる間に、ほら 寿徳:あんな感じでリハするんだよ 陽歌:音おっきいー 陽歌:え?普通に歌うの? 朝陽:それはバンド次第だな 朝陽:めっちゃトークしてる人もいたなぁ 寿徳:リハから盛り上げてたよね 陽歌:ってか、何で準備運動みたいなことしてるの? 朝陽:ま、お前はここら辺で見てろ 朝陽:今から運動会が始まるからな 陽歌:え? 寿徳:終わったら連絡するから 陽歌:え?どういうこと? 陽歌:ちょ!どこ行くの!? 朝陽:前だよ 朝陽:さてさて、始まるぞー! 陽歌:わっ!? 陽歌:何これー! 寿徳:煽りみたいなものだよ 寿徳:でっかいモニターにバンッ!って 寿徳:自分達の紹介されるってなんか凄いよね 陽歌:凄い!カッコいい! 朝陽:じゃ、初フェスの初観戦 朝陽:どんな感じか、そこら辺で見てろ 陽歌:わ、わかった! 寿徳:行くよー、朝陽ー 陽歌:あ、行っちゃった 陽歌:なるほど、順番とかないから 陽歌:自分で好きなとこ入っていいんだ 陽歌:あ、出てきた…って、歓声凄い!人気なんだ… 陽歌:わっ!始まった! 0:曲が始まり、サビに突入する 陽歌:えぇ!?みんな走り出したけど!? 陽歌:あ!これ見た!確かサークルモッシュだ! 陽歌:あ、お兄ちゃんたちいた 陽歌:あ、消えた 0:盛り上がっているーー 朝陽:ゼェ…ゼェ…やべ運動不足かも… 寿徳:あ、朝陽 寿徳:意外に離されなかったね 朝陽:おー、奇跡に近いな 朝陽:あっ 朝陽:タオル落としてまーーす! 0:少し離れたところから声が聞こえる 朝陽:お、見つかった 寿徳:はい、回すよー 朝陽:ふぅ〜、よし行くか 0:間 陽歌:凄かったなぁ… 陽歌:ていうか、みんな元気というか 陽歌:運動会…納得 寿徳:あ、いたいた 寿徳:どうだった? 陽歌:凄かった 陽歌:あ、一回見つけたよ走ってる時 寿徳:よく見えたね 陽歌:目の前で始まったもん 朝陽:ゼェ…ゼェ… 朝陽:1年間の運動不足を感じる… 寿徳:疲れすぎでしょ 朝陽:お前は上手く躱したりしてるからな! 陽歌:みんな、あんな感じなの?前の方って 朝陽:いや、前は前でおしくらまんじゅうだ 朝陽:真ん中くらいがモッシュやって 朝陽:後ろは安全圏って感じ 朝陽:ネバワンはちょっとは安全かもしれんけど 朝陽:前の方は押し潰されるから注意な 陽歌:うっ…気合い入れよ 寿徳:さて、動いたことだし 寿徳:ご飯食べに行く時間だよ 陽歌:すごく気になってたんだよね!フェス飯! 陽歌:お兄ちゃん奢ってねー 朝陽:えっ…あ、あぁ…はい 0:間 朝陽:毎年迷うよなぁ 寿徳:出店ってだけで美味そうだからね 陽歌:いただきまーす! 寿徳:座れてよかったね 朝陽:最悪、芝生でも良かったけど 朝陽:さて、食ったら次は移動だな 陽歌:美味しいー! 寿徳:えっと…うん、まぁ近いね 陽歌:お兄ちゃん、それ頂戴 朝陽:端まで行くことはないからな 朝陽:っておい!2個取るな! 0:間 陽歌:はぁー…楽しかったー 寿徳:走ってたねー、姫 陽歌:あのぶつかり合い?みたいなのは怖いけど 陽歌:サークルモッシュはイケる! 陽歌:あ!あと靴紐解けた時、みんな守ってくれた! 寿徳:フェスあるあるだなぁ 寿徳:さっき朝陽もしてたけど落とし物あると 寿徳:知らせてあげたりね 陽歌:まさか円になって守ってくれるとは 陽歌:ちょっと恥ずかしかった 朝陽:ここにいる人たちは、みんな仲間だからな 朝陽:ベビーカーで来てる親子が近くにいた時も 朝陽:守ったことあるよな? 寿徳:初めて会った人たち数人で円で囲みながらね 寿徳:まぁ、ベビーカーの周り囲って 寿徳:ジャンプして楽しんではいたけど 朝陽:モッシュに関しては 朝陽:最近はダイブは禁止のとこ多いし 朝陽:めちゃくちゃ暴れて怪我するってのは減ったけど 朝陽:怪我もお土産みたいな時期はあったよな 寿徳:けど、人のことを考えないのはダメだよね 寿徳:問題になってたじゃん、ほら早く次に行きたくて 寿徳:出口が詰まってるのに後ろが押して 寿徳:ドミノ倒しみたいな 朝陽:ルールやマナーを守って楽しく遊ぶ 朝陽:それができない大人も多いよな 朝陽:だから、敷居が高いというか怖いと思われるし 陽歌:私は行ってみたら凄い楽しいよ? 陽歌:うーん、だけど確かに、ルール守れないのはヤダね 陽歌:こんなに楽しいのにさー 朝陽:……、ははっ、そうだな 朝陽:さ、次は大本命、ネバワンだ 陽歌:うっ…緊張してきた… 寿徳:前で見る?それとも後ろ? 寿徳:多分ネバワンは激しい系じゃないから 寿徳:モッシュって感じなさそうだけど 陽歌:…前 陽歌:前で見たい! 朝陽:おっけー、急ごうぜ 0:間 朝陽:うっし、空いてたな 陽歌:うーん…スカスカ? 寿徳:油断したらダメだよー 寿徳:始まった瞬間に押し寄せる…波がね 陽歌:うっ…頑張る… 朝陽:あ、来たぞ 朝陽:よかったなリハ見れるじゃん 陽歌:あっ…うわー…わー… 寿徳:言葉を失っておるなぁ 寿徳:あ、春ちゃんガチガチじゃん 朝陽:あははは!どっちも緊張してんじゃん! 0:ライブが始まるーー 朝陽:ぐっっ! 寿徳:がんばれ朝陽!姫を守れ! 朝陽:クソ…圧が!痛ててててて!! 寿徳:はははは!痛っ!? 朝陽:お前も食らってんじゃねーか! 陽歌:…… 朝陽:…よし、もうちょい頑張るかー! 朝陽:あ、またMC噛んでる 朝陽:やっぱクソ可愛いな 陽歌:サイテー、けど分かる〜〜… 朝陽:はいはい、最後まで目離さず楽しんどけ 0:ライブが終わりーー 朝陽:あー、久しぶりに圧感じたわー 寿徳:人守るのも大変だねぇ 朝陽:どうだったんだ? 陽歌:…… 寿徳:姫? 陽歌:もうっっっ!最高!!ヤバい 陽歌:春ちゃん可愛いし、直ちゃんカッコいいし 陽歌:舞ちゃん萌えたマジでヤバい 陽歌:MCで噛んでるのとかもうヤバい 朝陽:おー、語彙が低下しておる 寿徳:楽しかったようで何よりだね 朝陽:にしても、客多かったな 朝陽:ありゃメインも夢じゃないだろうな 陽歌:絶対行く!! 朝陽:激ハマりしてんじゃん 朝陽:ま、フェスってよりネバワンにか 陽歌:ううん、フェスにも行く! 陽歌:お兄ちゃんがテンション高い理由もわかった 朝陽:そーか、そーか! 朝陽:じゃ、次は友達連れてこいよ 朝陽:俺たちも呼ぶから 陽歌:一緒に行くとは言ってない 寿徳:ははは、これは厳しいね 陽歌:ま、行ってあげてもいいけどね 朝陽:ここまで車出したの俺だぞ!? 朝陽:ま、電車とかシャトルバスで行くのも 朝陽:アリだけどな 寿徳:さて、まだまだ続くよ 寿徳:次はまたメインまで戻るし 朝陽:明日もあるしな 朝陽:よーし、移動、移動! 0:そしてーー 寿徳:あれ?姫寝た? 朝陽:テントついたら電池切れたみたいだな 寿徳:まぁ初めてじゃ疲れるよね 朝陽:俺も眠い 寿徳:じゃ、俺は最後のとこ見てこようかな 朝陽:ジャズ? 寿徳:うん、メインは盛り上がってそうだけど 寿徳:今回はパス 朝陽:俺たちは明日が本番だからな 寿徳:じゃ、後はよろしくー 朝陽:おー 0: 朝陽:ふぅ〜、やっと一息って感じだなぁ 朝陽:最初はビビったけど 朝陽:結果、楽しそうでよかったか 朝陽:血は争えんねー、全く 陽歌:何が? 朝陽:お、寝てたんじゃねーのかよ 陽歌:起きた、20分くらい寝てた? 朝陽:そのくらいだな 陽歌:で?何が血なの? 朝陽:お前さ、親父の趣味分からないって言ったろ? 陽歌:うん 朝陽:親父と母さん 朝陽:フェスで出会ったって知ってた? 陽歌:え!?そんな話一度も聞いたことない! 朝陽:まぁ、俺たちが産まれて 朝陽:そういうの行かなくなったらしい 朝陽:親父の仕事が忙しくなったのもあるけど 朝陽:あ、けどお前が産まれる前に 朝陽:俺はベビーカー参戦したらしいけどな 陽歌:なにそれ、マジで初耳なんだけど 朝陽:だから俺が初めてフェス行くって言った時 朝陽:二人ともニヤニヤしててな 陽歌:え、待って 陽歌:そういえば、お金も快く出してくれたような… 朝陽:嬉しかったんだろうなー 朝陽:次は親子参戦かも 陽歌:えー…なんかヤダ 朝陽:思春期だねぇ〜 陽歌:お父さんの前で騒いでるの何か変な気分 朝陽:大丈夫だろ、あっちの方が騒いでるだろうし 陽歌:そんなものなのかなぁ? 朝陽:血は争えんからな 陽歌:そっか、そうだね 陽歌:ま…楽しそうかも 朝陽:さて、明日も早いぞ 朝陽:寝れる時に寝なよ 陽歌:…お兄ちゃんも 朝陽:んー? 陽歌:ちゃんと寝なよ 朝陽:…おー、寝る寝る 陽歌:じゃ、おやすみ 朝陽:…おやすみ 寿徳:可愛いね二人とも 朝陽:今は見るな 寿徳:にやけ顔を? 朝陽:うるせーよ、一人っ子 0:そして、2日目も終わりーー 朝陽:いやぁー!やっぱアフルェ最高だな! 寿徳:久しぶりに皆本さんみたけど、まだまだ若いねー 朝陽:やべぇ、明日スタジオ開いてるかな? 寿徳:出た出た、ライブの次の日は自分でやりたい病 朝陽:せっかく軽音入ってんだからやるだろ! 寿徳:異議なーし 朝陽:アルフェ祭りしようぜ! 朝陽:てか、今回のセトリ最高すぎだろ 朝陽:再現しよ、再現! 陽歌:もー!テンション高い! 陽歌:うるさーい! 朝陽:馬鹿!お前、帰り道は語んだよ! 陽歌:確かにギターの人カッコよかったけど 朝陽:陣さんだろー!あの人やべぇよなー! 寿徳:さて、お目当てのネバワンは初日で 寿徳:2日目まで一緒にいたわけだけど 寿徳:姫の総括は? 朝陽:楽しかった! 寿徳:朝陽には聞いてないよ 陽歌:…うん、私も楽しかった 陽歌:思ってたより怖くないし、みんな優しかったし 陽歌:ネバワンも生で見れたし 陽歌:あ!それとMeRe:O(みりお)も見れたし! 陽歌:みんな可愛かったなぁ 朝陽:あー、あのアイドルか 朝陽:確かにダンス上手かったよな、みんな 朝陽:フェス向きなアイドルって感じしたけど 朝陽:コンサートちょっと行きたくなったわ 寿徳:意外にこういう場でアイドル推しになったりするよね 陽歌:うん、総括! 陽歌:また行きたい!絶対! 朝陽:じゃ、思い立ったら即行動は正しかったな 朝陽:後悔せずにすんだか? 陽歌:もちろん 陽歌:だから、また連れて行ってね、二人とも 0:顔を見合わせる二人 寿徳:…… 朝陽:…… 寿徳:ぷっ…ははは! 寿徳:素直になったねぇ、姫 朝陽:だな! 朝陽:よし!また参戦しようぜ 陽歌:じゃあ次は、何奢ってもらおうかなー 寿徳:今回食べなかったやつにしようか 陽歌:友達も呼びたいしー 寿徳:いいねー、俺も呼ぼうかな 朝陽:おい!待て!何でそうなるんだよ! 陽歌:あははは! 0:終わり

0:モノローグ 陽歌:ある漫画を読んでいた時、ふと目に止まった言葉 陽歌:『思い立ったら即行動!そうしないと 陽歌:近い未来で絶対後悔するから』 陽歌:その言葉を見た時、私は部屋を飛び出していたーー。 : 0:間 0:ドタドタと廊下を走り、ドアを力強く開ける陽歌 陽歌:お兄ちゃん! 朝陽:おう、ドア開ける前にノックしようぜ 朝陽:俺がナニかしてたらどうすんだよ 陽歌:…何って何? 朝陽:……、お前って見かけによらないつーか 朝陽:なんつーか、まぁそうだったな、気にすんな 朝陽:んで?何用?珍しいじゃん部屋まで来て 陽歌:聞きたいことがあって! 陽歌:それとできれば、色々教えて欲しくて! 朝陽:お、おう…圧がすげーな 0:間 朝陽:なるほど 朝陽:つまり漫画読んで感化されたってワケ 朝陽:そんで後悔したくないから…ね 陽歌:お兄ちゃん詳しいよね? 朝陽:一つだけ、簡単なことだ 朝陽:教えといてやる 陽歌:え?何何? 朝陽:お前の判断は正しい!行って後悔はない! 朝陽:行かない方が後悔するぜ! 朝陽:そういうことなら、可愛い妹のために 朝陽:俺が一肌脱いでやる! 朝陽:よし… 0:スマホをいじる朝陽 朝陽:…お、オッケーだな 朝陽:明日暇だろ? 陽歌:え?うん、バイトもないよ 朝陽:よし、そんじゃ明日 朝陽:『初めてのフェス』レクチャー 朝陽:やってやるよ! 0:間 寿徳:それで、なんで俺が召集されるわけ? 朝陽:お前も一緒に行くんだから 朝陽:まぁ、顔合わせも兼ねて 寿徳:いや、会ったこと何回もあるじゃん 寿徳:ねー?姫 陽歌:姫って呼ばないで 寿徳:だって姫じゃん 陽歌:漢字が違う! 朝陽:まー、妹の初フェスのために 朝陽:寿徳も頼む! 寿徳:別にいいけど 寿徳:そんでどこ行くのさ 朝陽:今度、俺らが行くフェスはキャンプサイトあるだろ? 朝陽:まずはキャンプショップ 朝陽:2Daysだし、俺らキャンプするし 寿徳:え!?女の子泊めるの!? 陽歌:え!?泊まるの!? 朝陽:それはお前が決めていいんだけど 朝陽:ほら、俺らも色々見るついでってことで 朝陽:泊まりたくても道具が無かったらダメだろ 陽歌:お金…足りるかな… 寿徳:お兄ちゃんのスネを骨にするといいよ 陽歌:足出して 朝陽:お前!バイトしてんだろ!? 陽歌:『何か趣味ができた時用貯金』してた 寿徳:おぉ、流石姫 陽歌:もっと褒めていいよ 寿徳:調子に乗ってるなぁ〜最近の若い子は 朝陽:あー、そういえば 朝陽:フェスに行きたい!ってのは昨日聞いたけど 朝陽:お前の目当てって何だ? 陽歌:目当て? 朝陽:好きなアーティストとか 朝陽:ただ音楽を聴きたくてって人もいる 朝陽:キャンプある場所だとキャンプ兼ねてとか 朝陽:フェス飯食わんと夏が始まらん!とか 寿徳:外で暴れたい派、ゆっくり楽しみたい派とか 寿徳:色んなアーティスト来るし、物販狙いもあるね 寿徳:俺は雰囲気が好きってのもあるし 寿徳:朝陽はそれでいうと? 朝陽:俺の場合も同じく雰囲気だけど 朝陽:ライブを楽しみたいが強いな 朝陽:行ってみないとわからない一体感あるじゃん? 朝陽:ライブハウスとは別の熱狂っていうかさ 寿徳:あー、なるほどたしかに 陽歌:私は……行ったことないから 陽歌:興味はあったよ、前から 陽歌:お兄ちゃんって行った後、絶対テンション高いし 陽歌:よく話も聞いてたから 陽歌:けど敷居が高いっていうか、怖いっていうか 寿徳:女の子の一人参戦、それも初めては怖いよね 寿徳:陽キャの集まりだと思ったり 陽歌:別にそれは全然大丈夫だけど 陽歌:バンドとかそんなに興味なかったし 朝陽:だな 朝陽:俺らが行く夏フェスは、バンド系だからな 朝陽:他にレゲェやらもあるが、そっちは俺らが興味ないからな 朝陽:けど最近はアイドル枠とかレジェンド枠あるよな 陽歌:レジェンド枠? 寿徳:あー、大石晴三(おおいし はるぞう)とかね 陽歌:えぇ!?あんな人来るの!? 陽歌:お母さんが高校の頃ハマってた人でしょ!? 朝陽:いや、それは知らんぞ 寿徳:フェス毎に違うけどね 寿徳:海外勢多かったり 寿徳:R&Bのグループとかね 朝陽:夜通しやってるとこじゃ怪談話のステージあったり 朝陽:ジャズなんかや、静かめなやつ…例えばボーカルなしで 朝陽:楽器だけでの演奏ステージとかな 陽歌:凄い…本当に色々あるんだ 朝陽:だから、フェスって言っても 朝陽:一つじゃない、色んな形があるんだ 朝陽:だからこそ陽歌は何を目当てで行くのかって重要なんだよ 陽歌:うん、じゃあ多分これが目当て 陽歌:好きなバンドができたの 朝陽:初耳だな 寿徳:家族とのコミュニケーションは大事だよぉ〜 朝陽:してるっての 朝陽:んで?俺らが行くフェスに来るんだろ? 朝陽:誰だ? 陽歌:ネバワン… 寿徳:あぁ!最近流行り出したよね 朝陽:そうだなぁ…俺らの一個下だもんなぁ 寿徳:成長したよねぇ… 朝陽:初ライブが懐かしいよなぁ… 陽歌:え!?お兄ちゃんたち見たことあるの!? 朝陽:寿徳は初ライブは見てないはずだけど 朝陽:俺は中学からライブハウス出入りしてたからな 朝陽:ちょうど高校の時、ネバワンの初ライブ 朝陽:見に行ってたんだよ 陽歌:それで!?どんな感じだったの!? 朝陽:あ、あぁ 朝陽:正直ビビった、歌うますぎて 朝陽:けどまぁ、最初はMCで噛んでたな 朝陽:相当緊張してたんだろうけど 朝陽:「最後まで楽しんでくだちゃい!」って 寿徳:それ見てどう思った? 朝陽:クソ可愛いなって 陽歌:サイテー 陽歌:けど、わかるー 朝陽:そっから縁があったんだろうな 朝陽:何度かライブ見る機会があったんだよ 朝陽:新メンバー増えた時とか 陽歌:舞ちゃんだ! 朝陽:そうそう、ドラムの子 朝陽:絶対夏フェスに出ますって言ってたけど 朝陽:そっか、夢が叶ったんだな 寿徳:なんかエモいね 朝陽:エモエモだな 陽歌:サブスクでダウンロードして 陽歌:それだけでいいかなって思ってたけど 陽歌:やっぱり実際に見てみたいって 陽歌:多分、心のどこかで思ってたんだと思う 陽歌:SNSとかでライブ情報追ってたし 寿徳:多分変わるよ、見え方も熱量も 朝陽:あぁ、爆上げだ 陽歌:そんなに凄い?やっぱり生は! 朝陽:それは当日のお楽しみだな 朝陽:さ、着いたぞ 寿徳:それで何から探す? 朝陽:流石に俺たちのテントに泊まるのは 朝陽:嫌だろうからテントかね〜 寿徳:そだね 陽歌:テント…高くない? 朝陽:まぁピンキリだな 朝陽:これからフェスだけじゃなくて 朝陽:キャンプにハマるなら、いいやつに越したことはないし 朝陽:今回はお前一人で参戦だけど 朝陽:来年友達もってことなら少し大きめとかな 陽歌:う…うーん… 陽歌:まずは一人用でいいかな… 寿徳:ま、賢明だよね 朝陽:んじゃ、俺たちは俺たちの見るから 朝陽:お前は一人でテント見てまわれ 陽歌:え!?一緒に選んでくれるんじゃないの!? 朝陽:まずはインスピレーションだ 朝陽:これいいかも!ってやつを見つけろ 朝陽:見た目も重要だろ? 寿徳:そのあと機能とか説明するし 寿徳:何個か候補決めといてよ、姫 陽歌:えぇ… 朝陽:何かを始めるってことは不安も多い 朝陽:だが、一人で経験するのも大事だ 朝陽:同じ店内にいるんだし、大丈夫だろ 陽歌:わかんなかったらすぐ呼ぶからね! 寿徳:はーい、行ってらっしゃい〜 0:間 陽歌:って言われてもなぁ… 陽歌:本当にわかんないのに…あ! 陽歌:これ可愛いー!うぇ!?高っ!! 陽歌:やっぱりデザインがいいと高いのかー… 0:間 寿徳:一人にしてよかったの? 朝陽:まずは、な 朝陽:何でもかんでも俺たちの押し付けてもな 寿徳:シスコンだねぇ 寿徳:押し付けはよくないってのは分かるけど 朝陽:妹思いと言ってくれないかね 朝陽:まぁ…嬉しかったのもある 寿徳:何が? 朝陽:フェスに行きたいってアイツが言ったことも 朝陽:興味持ったことも 寿徳:ふーん、そんなもんなの 朝陽:まぁウチは仲良い方だとは思うからな 朝陽:一人っ子にはわからんか 寿徳:そういうの見ると兄妹っていいなと思うけど 寿徳:なんだかんだ一人も楽だし…あっ 朝陽:お 寿徳:…マジか… 0:間 陽歌:あ、いた 陽歌:お兄ちゃんー…え? 朝陽:セールで20パーオフ…! 寿徳:買う?ねぇ、買う? 朝陽:買わない以外の選択肢あるか…? 寿徳:…ないね 朝陽:ふっー…買うかー… 陽歌:…何してんの? 朝陽:お、見つかったか? 陽歌:うん、いい感じの見つけた 寿徳:先にそっち見ようか 朝陽:だな 陽歌:えっと…これなんだけど 朝陽:ふーん、ティピー型か 朝陽:いいんじゃないか? 寿徳:これなら一人で建てれそう… 寿徳:2、3人用だけどいいの? 陽歌:うん!今後を考えてこれにする 朝陽:よし、んじゃ俺らもギア買ったら 朝陽:作戦会議に行くか 陽歌:ギア? 寿徳:あー、道具のこと 陽歌:うわ〜、ぶってる 朝陽:いや!ギアって言うだろ!? 0:間 0:喫茶店にてーー 陽歌:へぇ、こんなお店あったんだ 朝陽:最近見つけてな 朝陽:珈琲が美味いんだよ 陽歌:味の違いとかわかるの?お兄ちゃん 朝陽:まぁな 寿徳:へぇ、豆も色々選べるんだ 朝陽:こだわりの店って感じあっていいだろ? 朝陽:まぁ奢るから好きなの頼めよ 寿徳:よっしゃー! 陽歌:じゃあ、カフェモカとモンブランと 陽歌:あ、ティラミスも美味しそう 寿徳:じゃあ、それも頼もう 寿徳:自家製プリンかー…これもいいね 陽歌:パフェもあるね 寿徳:てか普通に腹減ったな 寿徳:チキンサンド食べたいな 朝陽:お、おい!頼みすぎじゃねーか!? 0:間 朝陽:で、キャンプサイトあるフェスは 朝陽:そこまで多くはないんだけど 朝陽:今回はあるから、そのチケットも確保した 寿徳:流石仕事が早いね 寿徳:姫はネバワンだけ?知ってるやつ 陽歌:うーん、そうだね 陽歌:あ、いや!このアイドル知ってる! 陽歌:へぇ、アイドルも来るんだ 朝陽:大きいフェスだとアイドル枠はよくあるぞ 朝陽:海外枠もあるし…今発表されてるのが 朝陽:第ニ弾だから、まだ増えるぞ 陽歌:一気に発表されないんだ? 陽歌:なんで? 寿徳:お楽しみってことじゃない? 寿徳:理由は知らないっていうか 寿徳:深く考えたことなかったけど 寿徳:2Daysだから結構くるはず 朝陽:タイムテーブルは出てるからな 朝陽:あとはどう回るか、が重要 陽歌:うわぁ…結構、時間詰め詰めなんだ 陽歌:ネバワンは午後から 朝陽:地図で見ると狭く感じるけど 朝陽:実際行くと広いからな 朝陽:このメインステージから端のステージまで 朝陽:歩いて行くのは結構かかる 寿徳:それを考慮して回る順番を決めるんだよ 寿徳:ご飯食べなくていいならいいけど 寿徳:昼飯の時間、あとは物販見る時間とか 朝陽:初めてフェスに行った時 朝陽:物販の行列舐めてて 朝陽:結局1組目のライブ見れなかったしな 寿徳:あー、懐かしいね 陽歌:そんな感じなの!? 陽歌:えー…どうしよう 寿徳:友達と行くなら 寿徳:別々のブースに並んでお互いに買うとか 寿徳:それぞれのバンドのホームページで 寿徳:物販の情報は流れてるし 寿徳:結局、早く並ばないと売り切れってこともあるし 朝陽:あとはキッパリ1組目は諦めて 朝陽:物販に振るか、朝早く行くか 陽歌:うぅん…早く行こうかな 朝陽:まぁ、今回はそれで行くつもりだしな 陽歌:ネバワンの物販は絶対行きたい! 寿徳:じゃあ、物販は別れよう 寿徳:もし、次の演者発表で 寿徳:気になるの出たらまた物販考えれば良いし 陽歌:そうする! 陽歌:あ、なんか今楽しくなってきた 朝陽:おー、けど今からだ 朝陽:見る順番決めも面白いからな 陽歌:タイムテーブル見ると 陽歌:結構、詰め詰めな感じだから…うーん…… 朝陽:そうなんだよ 朝陽:だから端から端って行こうとすると 朝陽:始まりに間に合うか微妙になる 朝陽:だからこそ、どう見るかが重要なんだ 寿徳:俺たちが見たいのは2日目に多いし 寿徳:1日目は姫のお目当てのネバワンを軸に組む? 朝陽:それがいいかもな 朝陽:といっても、ネバワンは夕方か 朝陽:まずは見て回る方に動いてもいいかもな 陽歌:物販は絶対だから! 朝陽:焦んなって、それも大丈夫だろう 寿徳:はぁー… 寿徳:フェスはお金が飛ぶね〜 朝陽:日雇い入れるか… 陽歌:私は…お母さんに頼もうかな… 朝陽:よし!暗い話はあとだ! 朝陽:決めていこう! 0:間 寿徳:ま、こんなもんじゃない? 寿徳:悪くないでしょ 朝陽:そうだな 朝陽:見たいやつは見れるし 朝陽:この空いたところに次の発表があっても 朝陽:物販も問題ないだろ 陽歌:うぅー、何か疲れたー 陽歌:けど予定決めるの楽しかった 朝陽:じゃ、当日まで 朝陽:各々、金の準備しとけよー 寿徳:それ言わないでー… 陽歌:考えたくないー… 0:間 0:フェス当日ーー 0:車内 陽歌:眠い…… 寿徳:フェスの朝は早いから 朝陽:寝てていいぞ 朝陽:お、この曲上がる 寿徳:まさか第四弾でアルフェ来るとはね 朝陽:活動休止してて一発目がこのフェスって 朝陽:マジで運良すぎだろ 寿徳:おかげで順番組み直したもんね 陽歌:あー…私、この曲好きかもー… 朝陽:よかったな、生で見れるぞ 朝陽:そして、寝ろ! 陽歌:おやすみー… 寿徳:プレイリスト作るのに徹夜したから 寿徳:俺も眠いー… 朝陽:お前は寝るな 朝陽:助手席は寝たら罪だぜ 寿徳:おやすみー… 朝陽:おい!待て!寿徳! 朝陽:寝るなー!! 0:間 0:会場着ーー 朝陽:くそ…本気で寝やがって 寿徳:あー、スッキリ 寿徳:さて、戦闘体制に入るよ 陽歌:ふぁ〜…えっ!? 陽歌:もうこんなに並んでるの!? 朝陽:早く出たつもりだったけどな 朝陽:まぁ、こんなもんだろ 寿徳:開場まで並んでますかー 陽歌:うわぁー…なんかカラフル 朝陽:そういうお前もオレンジのハーパンだけどな 陽歌:だってお兄ちゃんが渡したんじゃん 寿徳:買ってあげたの? 朝陽:まぁな、フェスデビューってことで 陽歌:来るまでは派手すぎて恥ずかしかったけど 陽歌:みんな結構、同じ感じでカラフルなんだ 朝陽:流行り廃りはあるだろうけど 朝陽:好きなバンドのTシャツ着たり 朝陽:お、あれなんか2年前のフェスTだ 寿徳:おー!メンツ強い時のだ! 朝陽:これ行けなかったんだよなぁ… 寿徳:あれ?今ちゃんと見たけど 寿徳:姫のTシャツってビストロ? 陽歌:そー!お兄ちゃんに借りた! 朝陽:元、ネバワンのサポートドラムだった人の 朝陽:バンドだからな 朝陽:ワンチャン知ってるかと思ったら知ってた 寿徳:朝陽もよく持ってたね 朝陽:ライブハウスで買ったんだよ、確か 寿徳:あ、姫 寿徳:チケット用意しててね 寿徳:ゲートで慌てない様に 陽歌:おっけー 朝陽:この時間が一番待ち遠しい 朝陽:セミの声もうるせ〜 寿徳:夏って感じだね〜 陽歌:よし!いつでもいいよ! 0:開場 朝陽:よし、みんな集まったな 陽歌:お兄ちゃん、これ着けて 朝陽:はいはい 寿徳:甘えん坊ですねぇ 寿徳:リストバンドくらい自分でつけましょうね〜 陽歌:うっさい! 朝陽:まずは物販に直行しよう 朝陽:俺は先に買って、車戻ってキャンプ道具持ってくる 寿徳:じゃあキャンプサイトに集まる? 朝陽:だな 朝陽:時間は余裕だろ 朝陽:一組目は捨てて物販と設営に振ったし 陽歌:私、行ってくる! 朝陽:迷子になるなよー 寿徳:楽しそうだね、姫 朝陽:あぁ、そうだな 0:間 陽歌:うわっ!もう並んでる! 陽歌:えぇ!?隣の列どこまで並んでるの!? 陽歌:あ、これ車でお兄ちゃんたちが言ってたバンドだ 陽歌:うわぁ…人気な所はこんな感じなんだ 陽歌:ネバワンも結構並んでるなぁ 陽歌:あ、あの人、ネバワンのTシャツ着てる! 陽歌:(そっか…ここって同じものを好きな人がいっぱい居るんだ 陽歌:ふふっ、なんか嬉しい) 0:間 陽歌:うっ…散財してしまった… 陽歌:けど、後悔はない!うん! 陽歌:あ、もう2人ともいる 朝陽:おー、戻ったか 寿徳:結構買ったねー 陽歌:お母さんのお土産もあるから! 朝陽:親父にも買ってやれよ 陽歌:えー、お父さんの趣味知らないし 寿徳:あー、これが父親の寂しさかー 朝陽:娘は絶対パパっ子にしたいな 陽歌:テント作るー 朝陽:あぁ、寿徳に聞いてくれ 朝陽:ちょっと俺は行ってくる 寿徳:はいよ〜 陽歌:?お兄ちゃんどこ行くの? 寿徳:あー、ルーティンみたいなもん 寿徳:一回ぶらぶら歩くんだよ朝陽は 陽歌:へぇ〜 寿徳:すぐ戻ってくるし、さっさとやってしまおうか 陽歌:はーい 0:間 朝陽:お待たせ 朝陽:お、出来てんじゃん 陽歌:結構簡単だった! 陽歌:一人でもいける! 寿徳:さて、どうしよっか 朝陽:意外に物販混んでなかったからな 朝陽:時間空いたな 陽歌:あれで混んでないってマジ? 寿徳:多分2日目ヤバいよ 陽歌:うぇ…人酔いしそう 朝陽:じゃあ適当に見て回ろうぜ 朝陽:雰囲気楽しみつつな 0:間 陽歌:うわー、少し音楽聴こえてくる 寿徳:あ、姫、あそこ 陽歌:え?何? 寿徳:はいはい、初フェス記念 寿徳:写真撮るよ 陽歌:何これ? 朝陽:写真スポットだよ 朝陽:至るとこにこういうのあるから 陽歌:へぇ!じゃあ撮って! 寿徳:はいよー、はいチーズ 陽歌:どう?あ!凄い!フェスっぽい! 朝陽:ノリノリだなぁ 陽歌:ストーリー投稿しとこ 寿徳:うーん、現代っ子! 朝陽:お、ちょうど一組目終わりだな 朝陽:このままメインステージ見ようぜ 寿徳:えーっと…お、いいじゃん 寿徳:レッドロックだ 陽歌:メインステージって二つ? 朝陽:今、右が終わっただろ? 朝陽:右がやってる最中にある程度準備終わらせて 朝陽:次は左側って感じで繋げるんだよ 寿徳:メイン以外は一つしかステージないから 寿徳:一回一回準備するけどね 寿徳:まぁフェスによるけど 朝陽:ネバワンはメインじゃないから 朝陽:あー、そうだ 朝陽:せっかくだし、早くステージ行こうか 陽歌:なんで? 朝陽:リハ見れるかも 陽歌:それは行きたい! 寿徳:って話してる間に、ほら 寿徳:あんな感じでリハするんだよ 陽歌:音おっきいー 陽歌:え?普通に歌うの? 朝陽:それはバンド次第だな 朝陽:めっちゃトークしてる人もいたなぁ 寿徳:リハから盛り上げてたよね 陽歌:ってか、何で準備運動みたいなことしてるの? 朝陽:ま、お前はここら辺で見てろ 朝陽:今から運動会が始まるからな 陽歌:え? 寿徳:終わったら連絡するから 陽歌:え?どういうこと? 陽歌:ちょ!どこ行くの!? 朝陽:前だよ 朝陽:さてさて、始まるぞー! 陽歌:わっ!? 陽歌:何これー! 寿徳:煽りみたいなものだよ 寿徳:でっかいモニターにバンッ!って 寿徳:自分達の紹介されるってなんか凄いよね 陽歌:凄い!カッコいい! 朝陽:じゃ、初フェスの初観戦 朝陽:どんな感じか、そこら辺で見てろ 陽歌:わ、わかった! 寿徳:行くよー、朝陽ー 陽歌:あ、行っちゃった 陽歌:なるほど、順番とかないから 陽歌:自分で好きなとこ入っていいんだ 陽歌:あ、出てきた…って、歓声凄い!人気なんだ… 陽歌:わっ!始まった! 0:曲が始まり、サビに突入する 陽歌:えぇ!?みんな走り出したけど!? 陽歌:あ!これ見た!確かサークルモッシュだ! 陽歌:あ、お兄ちゃんたちいた 陽歌:あ、消えた 0:盛り上がっているーー 朝陽:ゼェ…ゼェ…やべ運動不足かも… 寿徳:あ、朝陽 寿徳:意外に離されなかったね 朝陽:おー、奇跡に近いな 朝陽:あっ 朝陽:タオル落としてまーーす! 0:少し離れたところから声が聞こえる 朝陽:お、見つかった 寿徳:はい、回すよー 朝陽:ふぅ〜、よし行くか 0:間 陽歌:凄かったなぁ… 陽歌:ていうか、みんな元気というか 陽歌:運動会…納得 寿徳:あ、いたいた 寿徳:どうだった? 陽歌:凄かった 陽歌:あ、一回見つけたよ走ってる時 寿徳:よく見えたね 陽歌:目の前で始まったもん 朝陽:ゼェ…ゼェ… 朝陽:1年間の運動不足を感じる… 寿徳:疲れすぎでしょ 朝陽:お前は上手く躱したりしてるからな! 陽歌:みんな、あんな感じなの?前の方って 朝陽:いや、前は前でおしくらまんじゅうだ 朝陽:真ん中くらいがモッシュやって 朝陽:後ろは安全圏って感じ 朝陽:ネバワンはちょっとは安全かもしれんけど 朝陽:前の方は押し潰されるから注意な 陽歌:うっ…気合い入れよ 寿徳:さて、動いたことだし 寿徳:ご飯食べに行く時間だよ 陽歌:すごく気になってたんだよね!フェス飯! 陽歌:お兄ちゃん奢ってねー 朝陽:えっ…あ、あぁ…はい 0:間 朝陽:毎年迷うよなぁ 寿徳:出店ってだけで美味そうだからね 陽歌:いただきまーす! 寿徳:座れてよかったね 朝陽:最悪、芝生でも良かったけど 朝陽:さて、食ったら次は移動だな 陽歌:美味しいー! 寿徳:えっと…うん、まぁ近いね 陽歌:お兄ちゃん、それ頂戴 朝陽:端まで行くことはないからな 朝陽:っておい!2個取るな! 0:間 陽歌:はぁー…楽しかったー 寿徳:走ってたねー、姫 陽歌:あのぶつかり合い?みたいなのは怖いけど 陽歌:サークルモッシュはイケる! 陽歌:あ!あと靴紐解けた時、みんな守ってくれた! 寿徳:フェスあるあるだなぁ 寿徳:さっき朝陽もしてたけど落とし物あると 寿徳:知らせてあげたりね 陽歌:まさか円になって守ってくれるとは 陽歌:ちょっと恥ずかしかった 朝陽:ここにいる人たちは、みんな仲間だからな 朝陽:ベビーカーで来てる親子が近くにいた時も 朝陽:守ったことあるよな? 寿徳:初めて会った人たち数人で円で囲みながらね 寿徳:まぁ、ベビーカーの周り囲って 寿徳:ジャンプして楽しんではいたけど 朝陽:モッシュに関しては 朝陽:最近はダイブは禁止のとこ多いし 朝陽:めちゃくちゃ暴れて怪我するってのは減ったけど 朝陽:怪我もお土産みたいな時期はあったよな 寿徳:けど、人のことを考えないのはダメだよね 寿徳:問題になってたじゃん、ほら早く次に行きたくて 寿徳:出口が詰まってるのに後ろが押して 寿徳:ドミノ倒しみたいな 朝陽:ルールやマナーを守って楽しく遊ぶ 朝陽:それができない大人も多いよな 朝陽:だから、敷居が高いというか怖いと思われるし 陽歌:私は行ってみたら凄い楽しいよ? 陽歌:うーん、だけど確かに、ルール守れないのはヤダね 陽歌:こんなに楽しいのにさー 朝陽:……、ははっ、そうだな 朝陽:さ、次は大本命、ネバワンだ 陽歌:うっ…緊張してきた… 寿徳:前で見る?それとも後ろ? 寿徳:多分ネバワンは激しい系じゃないから 寿徳:モッシュって感じなさそうだけど 陽歌:…前 陽歌:前で見たい! 朝陽:おっけー、急ごうぜ 0:間 朝陽:うっし、空いてたな 陽歌:うーん…スカスカ? 寿徳:油断したらダメだよー 寿徳:始まった瞬間に押し寄せる…波がね 陽歌:うっ…頑張る… 朝陽:あ、来たぞ 朝陽:よかったなリハ見れるじゃん 陽歌:あっ…うわー…わー… 寿徳:言葉を失っておるなぁ 寿徳:あ、春ちゃんガチガチじゃん 朝陽:あははは!どっちも緊張してんじゃん! 0:ライブが始まるーー 朝陽:ぐっっ! 寿徳:がんばれ朝陽!姫を守れ! 朝陽:クソ…圧が!痛ててててて!! 寿徳:はははは!痛っ!? 朝陽:お前も食らってんじゃねーか! 陽歌:…… 朝陽:…よし、もうちょい頑張るかー! 朝陽:あ、またMC噛んでる 朝陽:やっぱクソ可愛いな 陽歌:サイテー、けど分かる〜〜… 朝陽:はいはい、最後まで目離さず楽しんどけ 0:ライブが終わりーー 朝陽:あー、久しぶりに圧感じたわー 寿徳:人守るのも大変だねぇ 朝陽:どうだったんだ? 陽歌:…… 寿徳:姫? 陽歌:もうっっっ!最高!!ヤバい 陽歌:春ちゃん可愛いし、直ちゃんカッコいいし 陽歌:舞ちゃん萌えたマジでヤバい 陽歌:MCで噛んでるのとかもうヤバい 朝陽:おー、語彙が低下しておる 寿徳:楽しかったようで何よりだね 朝陽:にしても、客多かったな 朝陽:ありゃメインも夢じゃないだろうな 陽歌:絶対行く!! 朝陽:激ハマりしてんじゃん 朝陽:ま、フェスってよりネバワンにか 陽歌:ううん、フェスにも行く! 陽歌:お兄ちゃんがテンション高い理由もわかった 朝陽:そーか、そーか! 朝陽:じゃ、次は友達連れてこいよ 朝陽:俺たちも呼ぶから 陽歌:一緒に行くとは言ってない 寿徳:ははは、これは厳しいね 陽歌:ま、行ってあげてもいいけどね 朝陽:ここまで車出したの俺だぞ!? 朝陽:ま、電車とかシャトルバスで行くのも 朝陽:アリだけどな 寿徳:さて、まだまだ続くよ 寿徳:次はまたメインまで戻るし 朝陽:明日もあるしな 朝陽:よーし、移動、移動! 0:そしてーー 寿徳:あれ?姫寝た? 朝陽:テントついたら電池切れたみたいだな 寿徳:まぁ初めてじゃ疲れるよね 朝陽:俺も眠い 寿徳:じゃ、俺は最後のとこ見てこようかな 朝陽:ジャズ? 寿徳:うん、メインは盛り上がってそうだけど 寿徳:今回はパス 朝陽:俺たちは明日が本番だからな 寿徳:じゃ、後はよろしくー 朝陽:おー 0: 朝陽:ふぅ〜、やっと一息って感じだなぁ 朝陽:最初はビビったけど 朝陽:結果、楽しそうでよかったか 朝陽:血は争えんねー、全く 陽歌:何が? 朝陽:お、寝てたんじゃねーのかよ 陽歌:起きた、20分くらい寝てた? 朝陽:そのくらいだな 陽歌:で?何が血なの? 朝陽:お前さ、親父の趣味分からないって言ったろ? 陽歌:うん 朝陽:親父と母さん 朝陽:フェスで出会ったって知ってた? 陽歌:え!?そんな話一度も聞いたことない! 朝陽:まぁ、俺たちが産まれて 朝陽:そういうの行かなくなったらしい 朝陽:親父の仕事が忙しくなったのもあるけど 朝陽:あ、けどお前が産まれる前に 朝陽:俺はベビーカー参戦したらしいけどな 陽歌:なにそれ、マジで初耳なんだけど 朝陽:だから俺が初めてフェス行くって言った時 朝陽:二人ともニヤニヤしててな 陽歌:え、待って 陽歌:そういえば、お金も快く出してくれたような… 朝陽:嬉しかったんだろうなー 朝陽:次は親子参戦かも 陽歌:えー…なんかヤダ 朝陽:思春期だねぇ〜 陽歌:お父さんの前で騒いでるの何か変な気分 朝陽:大丈夫だろ、あっちの方が騒いでるだろうし 陽歌:そんなものなのかなぁ? 朝陽:血は争えんからな 陽歌:そっか、そうだね 陽歌:ま…楽しそうかも 朝陽:さて、明日も早いぞ 朝陽:寝れる時に寝なよ 陽歌:…お兄ちゃんも 朝陽:んー? 陽歌:ちゃんと寝なよ 朝陽:…おー、寝る寝る 陽歌:じゃ、おやすみ 朝陽:…おやすみ 寿徳:可愛いね二人とも 朝陽:今は見るな 寿徳:にやけ顔を? 朝陽:うるせーよ、一人っ子 0:そして、2日目も終わりーー 朝陽:いやぁー!やっぱアフルェ最高だな! 寿徳:久しぶりに皆本さんみたけど、まだまだ若いねー 朝陽:やべぇ、明日スタジオ開いてるかな? 寿徳:出た出た、ライブの次の日は自分でやりたい病 朝陽:せっかく軽音入ってんだからやるだろ! 寿徳:異議なーし 朝陽:アルフェ祭りしようぜ! 朝陽:てか、今回のセトリ最高すぎだろ 朝陽:再現しよ、再現! 陽歌:もー!テンション高い! 陽歌:うるさーい! 朝陽:馬鹿!お前、帰り道は語んだよ! 陽歌:確かにギターの人カッコよかったけど 朝陽:陣さんだろー!あの人やべぇよなー! 寿徳:さて、お目当てのネバワンは初日で 寿徳:2日目まで一緒にいたわけだけど 寿徳:姫の総括は? 朝陽:楽しかった! 寿徳:朝陽には聞いてないよ 陽歌:…うん、私も楽しかった 陽歌:思ってたより怖くないし、みんな優しかったし 陽歌:ネバワンも生で見れたし 陽歌:あ!それとMeRe:O(みりお)も見れたし! 陽歌:みんな可愛かったなぁ 朝陽:あー、あのアイドルか 朝陽:確かにダンス上手かったよな、みんな 朝陽:フェス向きなアイドルって感じしたけど 朝陽:コンサートちょっと行きたくなったわ 寿徳:意外にこういう場でアイドル推しになったりするよね 陽歌:うん、総括! 陽歌:また行きたい!絶対! 朝陽:じゃ、思い立ったら即行動は正しかったな 朝陽:後悔せずにすんだか? 陽歌:もちろん 陽歌:だから、また連れて行ってね、二人とも 0:顔を見合わせる二人 寿徳:…… 朝陽:…… 寿徳:ぷっ…ははは! 寿徳:素直になったねぇ、姫 朝陽:だな! 朝陽:よし!また参戦しようぜ 陽歌:じゃあ次は、何奢ってもらおうかなー 寿徳:今回食べなかったやつにしようか 陽歌:友達も呼びたいしー 寿徳:いいねー、俺も呼ぼうかな 朝陽:おい!待て!何でそうなるんだよ! 陽歌:あははは! 0:終わり