台本概要

 133 views 

タイトル 声劇初心者用(4人台本)
作者名 くま@甘党
ジャンル その他
演者人数 4人用台本(男2、女1、不問1)
時間 10 分
台本使用規定 非商用利用時は連絡不要
説明 初心者用に簡単な台本を書きました!

楽しんで演じてください!

 133 views 

キャラ説明  

名前 性別 台詞数 説明
智樹 15 高校2年生。成績優秀。心とは幼馴染。
14 智樹の同級生。いつも元気でスポーツ万能。
裕史 14 ひろし:引っ越してきた転校生。小学生の頃、智樹と心と面識がある。
先生 不問 7 台本上では女性ですが、転換有です。口調はアドリブで変えてください。
※役をクリックするとセリフに色が付きます。

台本本編

文字サイズ
声劇初心者用(4人台本) 智樹 ともき 心  こころ 裕史 ひろし 先生 せんせい 0: 教室 朝のホームルーム 先生:はーい席についてー。みなさんおはようございます! 智樹:おはようございます。 心:おはようございまーす。 先生:今日は皆さんに、素敵な報告がありますよー! 智樹:え? 心:なんですかー? 先生:んふふ。入って来ていいわよー! ―:1人の生徒が入ってくる 裕史:初めまして!隣の県から転校してきました。 裕史:*中嶋裕史《なかじまひろし》といいます。よろしくお願いします。 心:わっ!転校生!! 智樹:あれ…?あいつ…確か…。 先生:はい、じゃあ裕史君の席は、心さんの隣が空いてるので、あちらにどうぞ! 裕史:はい。 心:よろしくね! 裕史:よろしく! 智樹:……。 ―:昼休み 心:裕史君、良かったら一緒にお昼食べない? 裕史:え、いいの?ありがとう! 智樹:んーー……。 心:ん?…智樹? 裕史:…え、ともき…? 智樹:はっ!思い出した!!お前、第3公園のひろちゃんか!! 裕史:うわー!懐かしい!!誰かと思えば第1公園のともちん!! 心:え、え…!? 智樹:心、覚えてないの?お前こいつに泣かされた事あったじゃん!w 心:えぇ!?何それ…全然思い出せないんだけど…!? 裕史:おいやめろよ!あんなの…わざわざ思い出させんな! 智樹:普段は第3公園で遊んでた小学生たちが、公園の工事かなんかで使えなくなった時期。 心:あ…私達がよく遊んでた第1公園に来て、1週間くらい大賑わいになった事あった! 智樹:ある日、心が持ってきた水風船でみんなで遊んでてさw 心:あーーー!!思い出した!!私に投げてきた子だ!! 裕史:ご…ごめんって!!あの時だってちゃんと謝ったじゃん!! 智樹:あっははw 心、めちゃくちゃ泣いて大変だったよなw 裕史:その後がやばかった。 裕史:怒ったともちん達「第1公園の子供達」が、俺達「第3公園の子供達」を敵視しちゃって…。 智樹:しばらく戦争になってたもんなww 心:うわぁ…懐かしいw そんな事もあったねぇw 先生:良いわねぇ…幼い青春の思い出。 智樹:うわっ、先生居たんですか! 先生:ええ、居たわよ。裕史君も知った顔が居て一気に馴染めたわね、安心したわ! 裕史:はい!さすがにもう怒って…ないよね? 心:え?私?怒ってる訳ないでしょw 言われるまで覚えてもいなかったんだからw 裕史:良かったw 早速友達が2人できました、先生! 智樹:友達かどうかはまだわかんないだろ。 裕史:え…。 心:こーら、智樹!冗談を言うなら真顔で言わないで、もっとわかりやすく言いなさいよ! 智樹:あーw そっかw 裕史:び…びっくりしたw 先生:んふふw これから仲良く過ごして、みんな良い思い出作るのよ! 心:はーい! 智樹:はい。 裕史:はい!

声劇初心者用(4人台本) 智樹 ともき 心  こころ 裕史 ひろし 先生 せんせい 0: 教室 朝のホームルーム 先生:はーい席についてー。みなさんおはようございます! 智樹:おはようございます。 心:おはようございまーす。 先生:今日は皆さんに、素敵な報告がありますよー! 智樹:え? 心:なんですかー? 先生:んふふ。入って来ていいわよー! ―:1人の生徒が入ってくる 裕史:初めまして!隣の県から転校してきました。 裕史:*中嶋裕史《なかじまひろし》といいます。よろしくお願いします。 心:わっ!転校生!! 智樹:あれ…?あいつ…確か…。 先生:はい、じゃあ裕史君の席は、心さんの隣が空いてるので、あちらにどうぞ! 裕史:はい。 心:よろしくね! 裕史:よろしく! 智樹:……。 ―:昼休み 心:裕史君、良かったら一緒にお昼食べない? 裕史:え、いいの?ありがとう! 智樹:んーー……。 心:ん?…智樹? 裕史:…え、ともき…? 智樹:はっ!思い出した!!お前、第3公園のひろちゃんか!! 裕史:うわー!懐かしい!!誰かと思えば第1公園のともちん!! 心:え、え…!? 智樹:心、覚えてないの?お前こいつに泣かされた事あったじゃん!w 心:えぇ!?何それ…全然思い出せないんだけど…!? 裕史:おいやめろよ!あんなの…わざわざ思い出させんな! 智樹:普段は第3公園で遊んでた小学生たちが、公園の工事かなんかで使えなくなった時期。 心:あ…私達がよく遊んでた第1公園に来て、1週間くらい大賑わいになった事あった! 智樹:ある日、心が持ってきた水風船でみんなで遊んでてさw 心:あーーー!!思い出した!!私に投げてきた子だ!! 裕史:ご…ごめんって!!あの時だってちゃんと謝ったじゃん!! 智樹:あっははw 心、めちゃくちゃ泣いて大変だったよなw 裕史:その後がやばかった。 裕史:怒ったともちん達「第1公園の子供達」が、俺達「第3公園の子供達」を敵視しちゃって…。 智樹:しばらく戦争になってたもんなww 心:うわぁ…懐かしいw そんな事もあったねぇw 先生:良いわねぇ…幼い青春の思い出。 智樹:うわっ、先生居たんですか! 先生:ええ、居たわよ。裕史君も知った顔が居て一気に馴染めたわね、安心したわ! 裕史:はい!さすがにもう怒って…ないよね? 心:え?私?怒ってる訳ないでしょw 言われるまで覚えてもいなかったんだからw 裕史:良かったw 早速友達が2人できました、先生! 智樹:友達かどうかはまだわかんないだろ。 裕史:え…。 心:こーら、智樹!冗談を言うなら真顔で言わないで、もっとわかりやすく言いなさいよ! 智樹:あーw そっかw 裕史:び…びっくりしたw 先生:んふふw これから仲良く過ごして、みんな良い思い出作るのよ! 心:はーい! 智樹:はい。 裕史:はい!