台本概要

 240 views 

タイトル 【朗読用】ダイヤモンド 他
作者名 mai  (@maiMk2_koe)
ジャンル その他
演者人数 1人用台本(不問1)
時間 10 分
台本使用規定 非商用利用時は連絡不要
説明 某アプリの企画に出しそびれたものや、
お題に投稿した短文です。

「ダイヤモンド」
「星のかけら」
「プリーズラク」
「メタモルフォーシス」
「ラングドシャ」

の、5篇となります。
大体、10~15分で読める文量と思います。

 240 views 

キャラ説明  

名前 性別 台詞数 説明
あなた 不問 - 好きにお読みください。
※役をクリックするとセリフに色が付きます。

台本本編

文字サイズ
0:「ダイヤモンド」 0: 0: 0: 0: 0:私が不思議に思っているものに、ダイヤモンドがある。 0: 0: 0: 0:深い深い地層から、地球の身じろぎによって、地表近くまで上がってきたものだけが 0: 0:私たちの目に触れることとなる。 0: 0:星の秘密を含んでいる、美しい炭素の塊。 0: 0:原料の炭素には、様々な同素体があり 0: 0:特に有機化合物の骨格として、私たちの生活の中で、身近な存在であるはずなのに 0: 0:それが「特定の条件」に置かれたときのみ、あのように七色に輝く、硬い物質になる。 0: 0:その奇跡のような事実が、不思議でたまらない。 0: 0: 0:エネルギーを受け取って、自分の成長に使うことを 0: 0:「生きる」と定義するのなら 0: 0:圧力というエネルギーをうけて、結晶として成長していく鉱物と 0: 0:食物をエネルギーに変えて成長する私たちと 0: 0:一体、いくらの違いがあるのだろうか? 0: 0:もし、宇宙から何者かが私たちを観測していたとして 0: 0:ダイヤモンドと私たちを見比べたら 0: 0:「なんだ、ほとんど同じ成分で出来ているじゃないか」なんて 0: 0:兄弟姉妹を見るような感想を持つ かもしれない。 0: 0: 0: 0:ひるがえって、自分を見たときに 0: 0:まるで自分が、くず石のように感じることがある。 0: 0:価値のない、輝きのない路傍の石のように。 0: 0: 0: 0:じつは、ダイヤモンドも、ほかの美しい宝石たちも 0: 0:掘り出された直後から、美しいものは少ない。 0: 0:磨かれて、カットを施されて、美しい輝きを放つようになる。 0: 0:鉱石よりも いくらか自由に生きられて、鉱石よりも 幾分か寿命の短い私たちも 0: 0:ダイヤモンドと同じ、炭素を内包している。 0: 0: 0: 0:自分が輝ける条件を探してみよう。 0: 0:幾度もの試行錯誤。 0: 0:失敗し、割れたりしても、炭素がなくなったりはしない。 0: 0:あなたの中にも、わたしの中にも、生きている限りダイヤモンドは眠っている。 0: 0:様々な状況、私たちの特性によって 0: 0:誰もがダイヤモンドのように輝ける可能性があると 0: 0:わたしは 思っている。 0: 0: 0: 0: 0:「星のかけら」 0: 0: 0: 0:君に引かれてきたんだ 0: 0:大きくて、眩しくて、温かかったから 0: 0: 0:しばらくは黙って周りを回ってた 0: 0:なんせ、ずいぶん遠くから来たし 疲れていたから 0: 0: 0:周りには同じような欠片が 0: 0:お互い距離を置いて居てさ 0: 0:居心地良く過ごせた 0: 0: 0: 0:時々ぶつかって、弾き飛ばされて 0: 0:居なくなったのもいれば 0: 0:僕みたいに流れ着いて、周りを回り始める奴もいる 0: 0: 0: 0:ぼくたちは星のかけらだから、 0: 0:内側に ケイ素やニッケル、クロム、ベリリウム 色々詰め込んでいるけど 0: 0:自分で覗き込んでも見えやしない。 0: 0: 0: 0:だけど、君の周りを回っていると 0: 0:時々かけらが瞬く(またたく)のがわかる。 0: 0:赤や、青や、白や、黄色。虹色の光条。 0: 0: 0: 0:僕もあんなだろうか。 0: 0: 0: 0:あんなに光り輝くものが、僕の中にもあるのだろうか。 0: 0: 0: 0:君に見つけてもらいたい。僕の閃き(ひらめき)。 0: 0:一瞬の間でもいいから。 0: 0:自分では見えないけれど、確かに僕も星のかけらなのだと。 0: 0: 0: 0:今、この瞬間だけでも。 0: 0: 0: 0: 0: 0:「プリーズラク」 0: 0: 0: 0:幽霊だったら いいのにな 0: 0:声を聴いて 0: 0:たまに舌打ちしたり 悪態をついたり 0: 0:思い出し笑いをしてたり ため息ついたり 0: 0: 0: 0:そんな音を聞きながら 漂っていたい 0: 0:名前を呼ばれると 形になってしまう 0: 0: 0: 0:そうしたら 0: 0: 0: 0:あなたを戸惑わせるし 傷付けるし 0: 0:驚かせて 怖がらせてしまう 0: 0: 0: 0:幽霊の僕の方が 優しいよ 0: 0: 0: 0: 0: 0: 0:「メタモルフォーシス」 0: 0: 0: 0:薄闇の中で 僕たちはじっと蛹(さなぎ)を見ている 0: 0: 0: 0:「夜明けには羽化するよ。蛹から蝶になるんだ。」 0: 0: 0: 0:蛹は黒く、動かない。 0: 0: 0: 0:「…蛹の中では、いくつかの器官はそのまま残り、ほかの部分はアポトーシスを起こして成虫の体を作る原基(げんき)になる。」 0: 0:「全く別の生き物に見えても、変化はすでに内側で起こっていて、新しい自分になるための準備を始めているんだよ。」 0: 0: 0: 0:それまでの形を捨てて、新しい自分になるために、どれだけの苦痛をこの蛹の中で感じているのだろう。 0: 0: 0: 0:それとも、新しい自分を夢見て 涅槃の傍(ねはんのそば)で微睡(まどろ)んでいるのだろうか。 0: 0: 0: 0:払暁(ふつぎょう)の中で、蛹の形はますますはっきりとし、その薄い皮の中に美しい羽の模様が見える。 0: 0: 0: 0:羽化は間近い。 0: 0: 0: 0:僕たちは見守っている。 0: 0: 0: 0: 0: 0:※メタモルフォーシス(Metamorphosis)…卵から幼虫、サナギ、成虫へと、姿かたちを変えながら成長すること。 0: 0: 0: 0:※アポトーシス(apoptosis)…多細胞生物の体を構成する細胞の死に方の一種。積極的に引き起こされる、管理・調節された細胞の自殺、プログラムされた細胞死。 0: 0: 0: 0: 0: 0: 0:「ラングドシャ」 0: 0: 0: 0:「シャノアール(chat noir)って、黒猫って意味だったんだね。」 0: 0: 0: 0:突然そんなことを言い出したので、びっくりした。 0: 0: 0: 0:「そうだね。フランス語かな?白猫だとシャブラン(chat blanc)だね。白のブランって、輝くとか、明るいとかのブライト(braight)と元の言葉は同じかな?」 0: 0:「どうかな?そういえば、ラングドシャってお菓子があるよね。」 0: 0: 0: 0:話が突然、お菓子に飛んだ。 0: 0:猫のような気まぐれ。 0: 0: 0: 0:「それ、今関係ある?」 0: 0:「フランス語で猫の舌って意味じゃなかった?」 0: 0:「え?そうなの?…ラングドシャ(langue de chat)、tongue of a cat(タン オブ ア キャット)…。ああ、似てるね。そうかもしれないね。」 0: 0:「ラングドシャのラング(langue)は、ランゲージ(language)にも似てるね。」 0: 0:「発音は舌を使うからね。そう考えると、どこも似たような言葉を使っているね。ラテン語は偉大だ。」 0: 0: 0: 0:黒猫は遥か後方。 0: 0:舌を出して、わたし達を見送っている。 0: 0: 0:

0:「ダイヤモンド」 0: 0: 0: 0: 0:私が不思議に思っているものに、ダイヤモンドがある。 0: 0: 0: 0:深い深い地層から、地球の身じろぎによって、地表近くまで上がってきたものだけが 0: 0:私たちの目に触れることとなる。 0: 0:星の秘密を含んでいる、美しい炭素の塊。 0: 0:原料の炭素には、様々な同素体があり 0: 0:特に有機化合物の骨格として、私たちの生活の中で、身近な存在であるはずなのに 0: 0:それが「特定の条件」に置かれたときのみ、あのように七色に輝く、硬い物質になる。 0: 0:その奇跡のような事実が、不思議でたまらない。 0: 0: 0:エネルギーを受け取って、自分の成長に使うことを 0: 0:「生きる」と定義するのなら 0: 0:圧力というエネルギーをうけて、結晶として成長していく鉱物と 0: 0:食物をエネルギーに変えて成長する私たちと 0: 0:一体、いくらの違いがあるのだろうか? 0: 0:もし、宇宙から何者かが私たちを観測していたとして 0: 0:ダイヤモンドと私たちを見比べたら 0: 0:「なんだ、ほとんど同じ成分で出来ているじゃないか」なんて 0: 0:兄弟姉妹を見るような感想を持つ かもしれない。 0: 0: 0: 0:ひるがえって、自分を見たときに 0: 0:まるで自分が、くず石のように感じることがある。 0: 0:価値のない、輝きのない路傍の石のように。 0: 0: 0: 0:じつは、ダイヤモンドも、ほかの美しい宝石たちも 0: 0:掘り出された直後から、美しいものは少ない。 0: 0:磨かれて、カットを施されて、美しい輝きを放つようになる。 0: 0:鉱石よりも いくらか自由に生きられて、鉱石よりも 幾分か寿命の短い私たちも 0: 0:ダイヤモンドと同じ、炭素を内包している。 0: 0: 0: 0:自分が輝ける条件を探してみよう。 0: 0:幾度もの試行錯誤。 0: 0:失敗し、割れたりしても、炭素がなくなったりはしない。 0: 0:あなたの中にも、わたしの中にも、生きている限りダイヤモンドは眠っている。 0: 0:様々な状況、私たちの特性によって 0: 0:誰もがダイヤモンドのように輝ける可能性があると 0: 0:わたしは 思っている。 0: 0: 0: 0: 0:「星のかけら」 0: 0: 0: 0:君に引かれてきたんだ 0: 0:大きくて、眩しくて、温かかったから 0: 0: 0:しばらくは黙って周りを回ってた 0: 0:なんせ、ずいぶん遠くから来たし 疲れていたから 0: 0: 0:周りには同じような欠片が 0: 0:お互い距離を置いて居てさ 0: 0:居心地良く過ごせた 0: 0: 0: 0:時々ぶつかって、弾き飛ばされて 0: 0:居なくなったのもいれば 0: 0:僕みたいに流れ着いて、周りを回り始める奴もいる 0: 0: 0: 0:ぼくたちは星のかけらだから、 0: 0:内側に ケイ素やニッケル、クロム、ベリリウム 色々詰め込んでいるけど 0: 0:自分で覗き込んでも見えやしない。 0: 0: 0: 0:だけど、君の周りを回っていると 0: 0:時々かけらが瞬く(またたく)のがわかる。 0: 0:赤や、青や、白や、黄色。虹色の光条。 0: 0: 0: 0:僕もあんなだろうか。 0: 0: 0: 0:あんなに光り輝くものが、僕の中にもあるのだろうか。 0: 0: 0: 0:君に見つけてもらいたい。僕の閃き(ひらめき)。 0: 0:一瞬の間でもいいから。 0: 0:自分では見えないけれど、確かに僕も星のかけらなのだと。 0: 0: 0: 0:今、この瞬間だけでも。 0: 0: 0: 0: 0: 0:「プリーズラク」 0: 0: 0: 0:幽霊だったら いいのにな 0: 0:声を聴いて 0: 0:たまに舌打ちしたり 悪態をついたり 0: 0:思い出し笑いをしてたり ため息ついたり 0: 0: 0: 0:そんな音を聞きながら 漂っていたい 0: 0:名前を呼ばれると 形になってしまう 0: 0: 0: 0:そうしたら 0: 0: 0: 0:あなたを戸惑わせるし 傷付けるし 0: 0:驚かせて 怖がらせてしまう 0: 0: 0: 0:幽霊の僕の方が 優しいよ 0: 0: 0: 0: 0: 0: 0:「メタモルフォーシス」 0: 0: 0: 0:薄闇の中で 僕たちはじっと蛹(さなぎ)を見ている 0: 0: 0: 0:「夜明けには羽化するよ。蛹から蝶になるんだ。」 0: 0: 0: 0:蛹は黒く、動かない。 0: 0: 0: 0:「…蛹の中では、いくつかの器官はそのまま残り、ほかの部分はアポトーシスを起こして成虫の体を作る原基(げんき)になる。」 0: 0:「全く別の生き物に見えても、変化はすでに内側で起こっていて、新しい自分になるための準備を始めているんだよ。」 0: 0: 0: 0:それまでの形を捨てて、新しい自分になるために、どれだけの苦痛をこの蛹の中で感じているのだろう。 0: 0: 0: 0:それとも、新しい自分を夢見て 涅槃の傍(ねはんのそば)で微睡(まどろ)んでいるのだろうか。 0: 0: 0: 0:払暁(ふつぎょう)の中で、蛹の形はますますはっきりとし、その薄い皮の中に美しい羽の模様が見える。 0: 0: 0: 0:羽化は間近い。 0: 0: 0: 0:僕たちは見守っている。 0: 0: 0: 0: 0: 0:※メタモルフォーシス(Metamorphosis)…卵から幼虫、サナギ、成虫へと、姿かたちを変えながら成長すること。 0: 0: 0: 0:※アポトーシス(apoptosis)…多細胞生物の体を構成する細胞の死に方の一種。積極的に引き起こされる、管理・調節された細胞の自殺、プログラムされた細胞死。 0: 0: 0: 0: 0: 0: 0:「ラングドシャ」 0: 0: 0: 0:「シャノアール(chat noir)って、黒猫って意味だったんだね。」 0: 0: 0: 0:突然そんなことを言い出したので、びっくりした。 0: 0: 0: 0:「そうだね。フランス語かな?白猫だとシャブラン(chat blanc)だね。白のブランって、輝くとか、明るいとかのブライト(braight)と元の言葉は同じかな?」 0: 0:「どうかな?そういえば、ラングドシャってお菓子があるよね。」 0: 0: 0: 0:話が突然、お菓子に飛んだ。 0: 0:猫のような気まぐれ。 0: 0: 0: 0:「それ、今関係ある?」 0: 0:「フランス語で猫の舌って意味じゃなかった?」 0: 0:「え?そうなの?…ラングドシャ(langue de chat)、tongue of a cat(タン オブ ア キャット)…。ああ、似てるね。そうかもしれないね。」 0: 0:「ラングドシャのラング(langue)は、ランゲージ(language)にも似てるね。」 0: 0:「発音は舌を使うからね。そう考えると、どこも似たような言葉を使っているね。ラテン語は偉大だ。」 0: 0: 0: 0:黒猫は遥か後方。 0: 0:舌を出して、わたし達を見送っている。 0: 0: 0: