台本概要

 397 views 

タイトル 発声練習プリーズ!
作者名 とーげ  (@studioTOGE)
ジャンル コメディ
演者人数 3人用台本(男2、女1)
時間 10 分
台本使用規定 非商用利用時は連絡不要
説明 ハンバーガーショップで発声練習をはじめる 演劇部のお話です!
トリオコント風に書いたつもりが ちょっぴり青春モノになりましたwww

性別の変更やアドリブOK
ノリで楽しく発声練習も兼ねて、お腹から声だしてやってみましょう!

【人数】…女1男2(計3)
【時間】…10〜15分

※商用利用時は、ご連絡お願いします
※台本の無断改変・無断転載などはご遠慮ください

 397 views 

キャラ説明  

名前 性別 台詞数 説明
店員 72 白石(20代)…ハンバーガーショップ店員。世話好き
少年 52 星野(16)...演劇部の部員。大人しい
顧問 51 宮本(50代)…演劇部の顧問。思い込みが激しい
※役をクリックするとセリフに色が付きます。

台本本編

文字サイズ
:『発声練習プリーズ!』 0:ハンバーガーショップ・店内 0:レジに並ぶ学校ジャージを着た高校生の少年(演劇部 部員) 0:その後ろに並ぶサラリーマン風の男(演劇部 顧問) 0:女性店員が笑顔で接客している 店員:(客に)ありがとうございましたー! 店員:お次の方 どうぞ 少年:は、はい 店員:ご注文は? 少年:えーと 顧問:おい! さっさとしろ! 少年:(ビクッ)は、はい 店員:こわっ… 店員:(少年に小声で)大丈夫だよ。 店員:ゆっくりで良いからね 少年:すみません 店員:平気 平気 少年:(メニュー指さす)えーと じゃあ、 少年:これを… 店員:んー? どれどれ 顧問:ばかやろう! 顧問:ちゃんと口で言え! 少年:は、はい 店員:(顧問に)あのー、すみません。 店員:他のお客様のご迷惑にもなりますので 店員:お静かにお願いできませんか 顧問:部外者は黙ってろ! 店員:部外者って、あなた誰ですか? 顧問:私は高校で国語を教えている者だ。 顧問:そして演劇部の顧問でもある 店員:え、顧問? 学校の先生!? 顧問:いかにも 店員:(少年に)ってことは、 店員:演劇部の生徒かな? 少年:ごめんなさい 店員:ううん! 店員:(小声で)こんな大人と一緒じゃ恥ずかしくもなるけど、君が謝る必要はないからね 少年:はぁ(苦笑い) 顧問:星野! 顧問:さっさとメニューを言え! 少年:(小声)チーズバーガーセット… 店員:あ、ごめん。 店員:もう一回言ってもらって良い? 少年:(小声)チーズバーガーセット… 少年:お、お願いします 店員:うん。チーズバーガーセットね 顧問:もう一回だ。 顧問:それじゃ何を頼んだのか分からん 店員:え? 分かりましたけど 少年:(小声)チーズバーガーセット… 店員:大丈夫 大丈夫、聞こえてるよ 店員:耳遠いわけじゃないから 顧問:そんなんじゃ奥にいる人まで 顧問:声が届かないだろ! 顧問:アゲインだ。セイ(say)! 店員:ライブ会場じゃないんだから 店員:キッチンまで聞こえなくて良いんです! 店員:私が分かれば皆に伝わるので 顧問:うるさい! 店員:どっちがよ? 顧問:稽古の邪魔だ! 店員:稽古って? 顧問:これは あがり症を克服するための発声練習だ! 店員:発声練習? 店員:大声でメニュー注文するのが? 顧問:そうだ 店員:ただの迷惑行為ですよ? 顧問:(少年に)ほら、もう一回! 顧問:セイ(say)! 少年:チーズバーガーセット 顧問:違う。もっと腹から声をだせ! 顧問:セイ(say)! 少年:チーズバーガーセットください 店員:トラウマになるわ! 店員:そもそもハンバーガーショップで 店員:やることじゃないし 顧問:(少年に)ダメだ! 顧問:そんな声じゃ お前の気持ちが伝わらない! 顧問:セイ(say)! 店員:セイセイうるさいな。 店員:注文の声量に気持ちなんて求めてないよ 店員:(奥に)チーズバーガーセット プリーズ! 店員:これで満足ですか? 顧問:チーズバーガーセット プリーズ! 店員:は? 少年:チーズバーガーセット プリーズ! 店員:待って 待って。 店員:私に続いて発声しなくて良いから 顧問:ポテトのサイズはいかがなさいますか? 店員:それ聞くの私の仕事 少年:Mサイズで… 顧問:(奥に)Mサイズ プリーズ! 少年:(奥に)Mサイズ プリーズ! 店員:だから輪唱(りんしょう)しないで! 店員:人集まって来てるじゃん。 店員:ちょっとそこ 写真撮らないでください! 少年:わぁ、こんなにも観客が… 店員:観客ちがう 野次馬だよ 少年:なんだか少し自信がついてきたな 店員:おや? 店員:おかしなこと言いだしたぞ 少年:ここでバイトしようかな 店員:その人(顧問)が見学に来るから 店員:絶対にやめて 顧問:(奥に)ポテトはバリカタ! 少年:(奥に)ポテトはバリカタ! 店員:バリカタ? 店員:ポテト揚げ揚げ(age age)ってこと? 顧問:(奥に)ケチャップ大盛り! 少年:(奥に)ケチャップ大盛り! 店員:はい? 顧問:(奥に)ニンニクましまし! 少年:(奥に)煮卵トッピング! 店員:ラーメン屋じゃないから。 店員:それ以上騒ぐなら通報しますよ! 顧問:(沈黙) 店員:あ、やっぱり警察は困るんだ。 店員:まぁ学校の先生だもんね 少年:これ以上 問題を起こすと 少年:稽古場が無くなっちゃうので… 店員:え、もしかして他の店でも 店員:こんなことやっているの? 店員:そういえば そこのコンビニの自動ドアに『演劇部お断り』の張り紙あったな… 顧問:(下手くそな口笛) 店員:ごまかせてないし 少年:(下手くそな口笛) 店員:(少年に)あのねっ! 店員:えーと 星野くんだっけ? 少年:はい 店員:よく聞いて! 店員:まず ここに煮卵はないし。 店員:分かるよね? 少年:ハンバーグに乗せる目玉焼きならあるけど? 少年:でも僕が頼んだのはチーズバーガーだから、玉子じゃなくてチーズをのせるっていう… 店員:そういう話をしてるんじゃないの。 店員:取り返しがつかなくなる前に、部活を変えた方が良くない? 店員:もう手遅れかもしれないけど 顧問:まだ間に合うぞ 店員:ちょっと黙っていてください! 店員:ケーサツ(呼ぶよ) 顧問:(舌打ち) 店員:感じ悪いな 店員:(少年に)絶対にここから逃げた方が良いよ 少年:でも 演劇が好きだから… 店員:演劇は部活じゃなくてもできるじゃん 少年:それでも高校演劇は、 少年:高校生のときにしかできない青春だって 店員:誰が言ったの? 少年:先生がそう教えてくれた 店員:その人の言うことを信じちゃダメ。 店員:黒歴史にしかならないから 顧問:黒歴史と書いてアオハルと読むのだ 店員:(少年に)ね? 店員:こんないい加減なこと言うんだよ? 少年:それでも先生は たった一人しかいない演劇部員の僕のことを/ 店員:ちょっと待って!? 店員:星野くん以外に部員はいないの? 少年:みんな辞めていきました 店員:やっぱり問題あるんだよ! 店員:この呪われし演劇部は/ 顧問:星野! 少年:はい! 店員:聞いちゃダメ! 耳ふさいで! 店員:演劇を語る大人にロクな奴いないの 顧問:…もう何も言うな 少年:先生…(しんみり) 顧問:大丈夫だ、ちゃんと分かってる。 顧問:こんな試練 俺たちは何度も乗り越えてきたんだからな 少年:はい 店員:あー…そっか そうだよね。 店員:二人の間にはちゃんと絆が(感動) 顧問:これ以上喋ったら、 顧問:俺たちまた 警察に通報される 少年:そして出禁ですね 店員:しないから! 通報… 顧問:信じられるか。 顧問:店員たちは みんなそう言うんだよ。 顧問:それで我々が帰った後に 顧問:こっそり警察に相談するんだ 店員:とても共感できるリアルな話ですね 顧問:ほれみろ! 店員:でも(通報)しませんよ 店員:この子に免じて店長にも内緒にしておきます 顧問:本当か? 店員:はい。約束します 顧問:…かたじけない 店員:(ため息)ほんと変な人だなー 店員:まぁ悪い人ではないんだろうけど… 店員:(少年に)ドリンクは何にする? 少年:えーと 顧問:ばか しゃべるな! 店員:だから/ 顧問:体全身で表現するんだ 店員:は? 顧問:エチュードだ 店員:エチュードって即興芝居でしたっけ? 店員:木とか森なら分かるけど 飲み物を? 店員:無理じゃない? 顧問:良いか、星野。 顧問:ガラスの仮面をかぶるんだ 店員:実際にそれ言う人いるんだ 顧問:芝居やっている奴はみんな言うぞ 店員:へー、知らなかった 少年:僕は初耳ですけど 店員:信じた私がバカだった 少年:でも(大きく息をはいて) 少年:やってみます! 店員:分かった。それなら見せて! 店員:お姉さん何のドリンクか当てるからさ 少年:(クネクネした変な動き) 店員:えーと… 顧問:コラー! 顧問:そんなんじゃ分からんだろ! 少年:ごめんなさいっ 店員:コラー…あ、 店員:(奥に)コーラ プリーズ! 顧問:どう見てもオレンジジュースだろ! 店員:どう見ても、どうも見えません 顧問:ひどいこと言うんだな 少年:(落胆)しょぼおん 店員:いや、え、そんなつもりじゃ 顧問:オレンジジュース プリーズ! 少年:…… 店員:また勝手に… 顧問:オレンジジュース プリーズ! 顧問:セイ(say)! 少年:…… 顧問:オレンジジュース プリーズ! 顧問:セイ(say)! 顧問:セイ(say)!! 少年:…… 店員:? 顧問:おい、どうした星野? 少年:コーラ… 店員:え? 少年:コーラください 顧問:星野…? 少年:僕はコーラが飲みたいんだ! 顧問:!? そうだったのか…(絶句) 少年:(大声で)コーラ プリーズ!! 店員:うん。コーラね! すごいよ 店員:元気な声でるじゃん! 店員:今のはキッチンだけじゃなくて 店員:店内にいる人 全員に、星野くんの真っすぐな気持ちが届いたよ! 店員:ですよね 先生! 顧問:あぁ。これがアオハルだ 店員:(少し恥ずかしそうに) 店員:アオハルかよっ 少年:先生 ありがとうございます! 顧問:うむ 少年:店員さんのおかげです! 店員:そ、そうかな? 少年:稽古に付き合っていただき 少年:ありがとうございました! 店員:あー…まぁ。ふふっ 店員:(満面のスマイルを浮かべて) 店員:じゃあ、どういたしまして! 店員:横にずれて待っていてね 少年:はいっ! 店員:(顧問に)次の方、どうぞ 顧問:(ボソボソ)バニラシェイクのS 店員:声ちっちゃ 0:(了)

:『発声練習プリーズ!』 0:ハンバーガーショップ・店内 0:レジに並ぶ学校ジャージを着た高校生の少年(演劇部 部員) 0:その後ろに並ぶサラリーマン風の男(演劇部 顧問) 0:女性店員が笑顔で接客している 店員:(客に)ありがとうございましたー! 店員:お次の方 どうぞ 少年:は、はい 店員:ご注文は? 少年:えーと 顧問:おい! さっさとしろ! 少年:(ビクッ)は、はい 店員:こわっ… 店員:(少年に小声で)大丈夫だよ。 店員:ゆっくりで良いからね 少年:すみません 店員:平気 平気 少年:(メニュー指さす)えーと じゃあ、 少年:これを… 店員:んー? どれどれ 顧問:ばかやろう! 顧問:ちゃんと口で言え! 少年:は、はい 店員:(顧問に)あのー、すみません。 店員:他のお客様のご迷惑にもなりますので 店員:お静かにお願いできませんか 顧問:部外者は黙ってろ! 店員:部外者って、あなた誰ですか? 顧問:私は高校で国語を教えている者だ。 顧問:そして演劇部の顧問でもある 店員:え、顧問? 学校の先生!? 顧問:いかにも 店員:(少年に)ってことは、 店員:演劇部の生徒かな? 少年:ごめんなさい 店員:ううん! 店員:(小声で)こんな大人と一緒じゃ恥ずかしくもなるけど、君が謝る必要はないからね 少年:はぁ(苦笑い) 顧問:星野! 顧問:さっさとメニューを言え! 少年:(小声)チーズバーガーセット… 店員:あ、ごめん。 店員:もう一回言ってもらって良い? 少年:(小声)チーズバーガーセット… 少年:お、お願いします 店員:うん。チーズバーガーセットね 顧問:もう一回だ。 顧問:それじゃ何を頼んだのか分からん 店員:え? 分かりましたけど 少年:(小声)チーズバーガーセット… 店員:大丈夫 大丈夫、聞こえてるよ 店員:耳遠いわけじゃないから 顧問:そんなんじゃ奥にいる人まで 顧問:声が届かないだろ! 顧問:アゲインだ。セイ(say)! 店員:ライブ会場じゃないんだから 店員:キッチンまで聞こえなくて良いんです! 店員:私が分かれば皆に伝わるので 顧問:うるさい! 店員:どっちがよ? 顧問:稽古の邪魔だ! 店員:稽古って? 顧問:これは あがり症を克服するための発声練習だ! 店員:発声練習? 店員:大声でメニュー注文するのが? 顧問:そうだ 店員:ただの迷惑行為ですよ? 顧問:(少年に)ほら、もう一回! 顧問:セイ(say)! 少年:チーズバーガーセット 顧問:違う。もっと腹から声をだせ! 顧問:セイ(say)! 少年:チーズバーガーセットください 店員:トラウマになるわ! 店員:そもそもハンバーガーショップで 店員:やることじゃないし 顧問:(少年に)ダメだ! 顧問:そんな声じゃ お前の気持ちが伝わらない! 顧問:セイ(say)! 店員:セイセイうるさいな。 店員:注文の声量に気持ちなんて求めてないよ 店員:(奥に)チーズバーガーセット プリーズ! 店員:これで満足ですか? 顧問:チーズバーガーセット プリーズ! 店員:は? 少年:チーズバーガーセット プリーズ! 店員:待って 待って。 店員:私に続いて発声しなくて良いから 顧問:ポテトのサイズはいかがなさいますか? 店員:それ聞くの私の仕事 少年:Mサイズで… 顧問:(奥に)Mサイズ プリーズ! 少年:(奥に)Mサイズ プリーズ! 店員:だから輪唱(りんしょう)しないで! 店員:人集まって来てるじゃん。 店員:ちょっとそこ 写真撮らないでください! 少年:わぁ、こんなにも観客が… 店員:観客ちがう 野次馬だよ 少年:なんだか少し自信がついてきたな 店員:おや? 店員:おかしなこと言いだしたぞ 少年:ここでバイトしようかな 店員:その人(顧問)が見学に来るから 店員:絶対にやめて 顧問:(奥に)ポテトはバリカタ! 少年:(奥に)ポテトはバリカタ! 店員:バリカタ? 店員:ポテト揚げ揚げ(age age)ってこと? 顧問:(奥に)ケチャップ大盛り! 少年:(奥に)ケチャップ大盛り! 店員:はい? 顧問:(奥に)ニンニクましまし! 少年:(奥に)煮卵トッピング! 店員:ラーメン屋じゃないから。 店員:それ以上騒ぐなら通報しますよ! 顧問:(沈黙) 店員:あ、やっぱり警察は困るんだ。 店員:まぁ学校の先生だもんね 少年:これ以上 問題を起こすと 少年:稽古場が無くなっちゃうので… 店員:え、もしかして他の店でも 店員:こんなことやっているの? 店員:そういえば そこのコンビニの自動ドアに『演劇部お断り』の張り紙あったな… 顧問:(下手くそな口笛) 店員:ごまかせてないし 少年:(下手くそな口笛) 店員:(少年に)あのねっ! 店員:えーと 星野くんだっけ? 少年:はい 店員:よく聞いて! 店員:まず ここに煮卵はないし。 店員:分かるよね? 少年:ハンバーグに乗せる目玉焼きならあるけど? 少年:でも僕が頼んだのはチーズバーガーだから、玉子じゃなくてチーズをのせるっていう… 店員:そういう話をしてるんじゃないの。 店員:取り返しがつかなくなる前に、部活を変えた方が良くない? 店員:もう手遅れかもしれないけど 顧問:まだ間に合うぞ 店員:ちょっと黙っていてください! 店員:ケーサツ(呼ぶよ) 顧問:(舌打ち) 店員:感じ悪いな 店員:(少年に)絶対にここから逃げた方が良いよ 少年:でも 演劇が好きだから… 店員:演劇は部活じゃなくてもできるじゃん 少年:それでも高校演劇は、 少年:高校生のときにしかできない青春だって 店員:誰が言ったの? 少年:先生がそう教えてくれた 店員:その人の言うことを信じちゃダメ。 店員:黒歴史にしかならないから 顧問:黒歴史と書いてアオハルと読むのだ 店員:(少年に)ね? 店員:こんないい加減なこと言うんだよ? 少年:それでも先生は たった一人しかいない演劇部員の僕のことを/ 店員:ちょっと待って!? 店員:星野くん以外に部員はいないの? 少年:みんな辞めていきました 店員:やっぱり問題あるんだよ! 店員:この呪われし演劇部は/ 顧問:星野! 少年:はい! 店員:聞いちゃダメ! 耳ふさいで! 店員:演劇を語る大人にロクな奴いないの 顧問:…もう何も言うな 少年:先生…(しんみり) 顧問:大丈夫だ、ちゃんと分かってる。 顧問:こんな試練 俺たちは何度も乗り越えてきたんだからな 少年:はい 店員:あー…そっか そうだよね。 店員:二人の間にはちゃんと絆が(感動) 顧問:これ以上喋ったら、 顧問:俺たちまた 警察に通報される 少年:そして出禁ですね 店員:しないから! 通報… 顧問:信じられるか。 顧問:店員たちは みんなそう言うんだよ。 顧問:それで我々が帰った後に 顧問:こっそり警察に相談するんだ 店員:とても共感できるリアルな話ですね 顧問:ほれみろ! 店員:でも(通報)しませんよ 店員:この子に免じて店長にも内緒にしておきます 顧問:本当か? 店員:はい。約束します 顧問:…かたじけない 店員:(ため息)ほんと変な人だなー 店員:まぁ悪い人ではないんだろうけど… 店員:(少年に)ドリンクは何にする? 少年:えーと 顧問:ばか しゃべるな! 店員:だから/ 顧問:体全身で表現するんだ 店員:は? 顧問:エチュードだ 店員:エチュードって即興芝居でしたっけ? 店員:木とか森なら分かるけど 飲み物を? 店員:無理じゃない? 顧問:良いか、星野。 顧問:ガラスの仮面をかぶるんだ 店員:実際にそれ言う人いるんだ 顧問:芝居やっている奴はみんな言うぞ 店員:へー、知らなかった 少年:僕は初耳ですけど 店員:信じた私がバカだった 少年:でも(大きく息をはいて) 少年:やってみます! 店員:分かった。それなら見せて! 店員:お姉さん何のドリンクか当てるからさ 少年:(クネクネした変な動き) 店員:えーと… 顧問:コラー! 顧問:そんなんじゃ分からんだろ! 少年:ごめんなさいっ 店員:コラー…あ、 店員:(奥に)コーラ プリーズ! 顧問:どう見てもオレンジジュースだろ! 店員:どう見ても、どうも見えません 顧問:ひどいこと言うんだな 少年:(落胆)しょぼおん 店員:いや、え、そんなつもりじゃ 顧問:オレンジジュース プリーズ! 少年:…… 店員:また勝手に… 顧問:オレンジジュース プリーズ! 顧問:セイ(say)! 少年:…… 顧問:オレンジジュース プリーズ! 顧問:セイ(say)! 顧問:セイ(say)!! 少年:…… 店員:? 顧問:おい、どうした星野? 少年:コーラ… 店員:え? 少年:コーラください 顧問:星野…? 少年:僕はコーラが飲みたいんだ! 顧問:!? そうだったのか…(絶句) 少年:(大声で)コーラ プリーズ!! 店員:うん。コーラね! すごいよ 店員:元気な声でるじゃん! 店員:今のはキッチンだけじゃなくて 店員:店内にいる人 全員に、星野くんの真っすぐな気持ちが届いたよ! 店員:ですよね 先生! 顧問:あぁ。これがアオハルだ 店員:(少し恥ずかしそうに) 店員:アオハルかよっ 少年:先生 ありがとうございます! 顧問:うむ 少年:店員さんのおかげです! 店員:そ、そうかな? 少年:稽古に付き合っていただき 少年:ありがとうございました! 店員:あー…まぁ。ふふっ 店員:(満面のスマイルを浮かべて) 店員:じゃあ、どういたしまして! 店員:横にずれて待っていてね 少年:はいっ! 店員:(顧問に)次の方、どうぞ 顧問:(ボソボソ)バニラシェイクのS 店員:声ちっちゃ 0:(了)