台本概要

 233 views 

タイトル 狭間の世界にて
作者名 追ヰ鰹  (@harukazecyclone)
ジャンル ファンタジー
演者人数 5人用台本(男1、不問4)
時間 20 分
台本使用規定 商用、非商用問わず連絡不要
説明 和風な感じの台本を依頼された書いたらファンタジーチックになっちゃった。。。

喋り方などで和風を演じていただけたら幸いです。

―今回のキーワード―
★狭間界―《キョウカイ》…現世と幽世の間の世界。
★四神―《シジン》…東西南北を治める神々の総称。
★現世―《ウツシヨ》…人々が生きる現世の事。
★神力―《ジンリキ》…四神が持っている力の事。
★幽世―《カクリヨ》…人々が亡くなった後に行く所謂”あの世”の事。

 233 views 

キャラ説明  

名前 性別 台詞数 説明
信長 35 歴史上の人物と同姓同名。狭間界に迷い込んでしまう。※回想の中の織田信長と兼役。
白虎 不問 42 落ち着いた性格の白髪長身。白い着物を纏い非常にゆったりとしながらも強さのある口調。一人称は私。見た目の人間年齢は20代前半。
青龍 不問 21 冷静沈着という言葉が似合う性格で、物静かな口調。一人称は僕。見た目の人間年齢は20代後半。
玄武 不問 20 ガタイが良く面倒見の良い性格で、その見た目の通り豪快な話っぷり。一人称はワシ。見た目の人間年齢は30代前半。
朱雀 不問 23 四神の中で唯一の幼子ではあるもののしっかりとした四神の一体。天真爛漫で元気な口調。一人称はおいら。見た目の人間年齢はおよそ5~10歳程度。
※役をクリックするとセリフに色が付きます。

台本本編

文字サイズ
白虎:(N)ご傾聴の皆々様。*狭間界《きょうかい》というものをご存じでしょうか。*狭間《はざま》とありますように*現世《うつしよ》と*幽世《かくりよ》の間の世界。 白虎:(N)*現世《うつしよ》で肉体という器を脱いだ魂が、*幽世《かくりよ》へと向かう通り道。それが*狭間界《きょうかい》の役目であります。 白虎:(N)そしてこの*狭間界《きょうかい》で暮らす我々は*四神《しじん》。*現世《うつしよ》からの魂が迷う事なきよう無事に*幽世《かくりよ》へと導く役割を*担って《になって》おります。 白虎:(N)であるが故にこの場所には*現世《うつしよ》の人間が入る事は極めて異例・・・・今回聞いていただくお話はそんな*稀有《けう》なお話でございます。 0:(間) 白虎:ふぅ。本日も無事にお務めを果たせました。たくさんの魂が*幽世《かくりよ》に旅立ち、*輪廻転生《りんねてんせい》の儀に向かわれます。多くの魂に良き転生があらんことを。 朱雀:白虎お疲れ様~!!今日もたくさん送ったね! 白虎:えぇ。朱雀はこれからどうされるのですか? 朱雀:う~ん・・・特に決めてない!!白虎は? 白虎:私はいつも通り湖の近くで本を読むつもりですよ。 朱雀:その本って面白いの? 白虎:そうですね。自分にはない知識、ひいては*現世《うつしよ》の事を隅々まで知る貴重な物ですから。読んでいる時間は非常に有意義ですよ。 朱雀:へぇ~!!おいらは集中して本を読むより体動かしてた方が楽しいや~!! 白虎:物事にはそれぞれ向き不向きがありますから。体を動かす事もまた一興という事です。 朱雀:ん~??難しい事はおいらわかんないけどそんな感じだ! 白虎:ふふふ。朱雀はいつでも元気ですね。 朱雀:まぁね~!!あ!青龍の所に行ってこよ!!バイバイ白虎~!! 白虎:えぇ。それではまた。 0:(間) 玄武:お疲れ青龍!! 青龍:お疲れ様です玄武さん。 玄武:おいおい!さんはいらねぇっていつも言っておろうに!! 青龍:これが僕なので。何か御用でしょうか? 玄武:ん?いや特に用ってわけじゃねぇんだが、ここ最近のお務めが非常に多くなったと思っての~ 青龍:それは僕も感じてました。それに*著《いちじる》しく傷ついてる状態の魂も増えましたよね。 玄武:よなぁ・・・黒く染まった状態で*狭間界《きょうかい》を通ってるのを見るに、*現世《うつしよ》で相当な目にあったんだろうと思うが・・・最近のはそればかりじゃ。 青龍:魂年齢も数年前に比べて随分低くなりました。中には3歳~5歳の*幼子《おさなご》も含まれています。 玄武:朱雀の力で*断片《だんぺん》はわかるんじゃが・・・・これは*現世《うつしよ》で何が起きてるか調査が必要かもしれねぇの~・・・ 青龍:でしたら、僕が行きましょうか。 玄武:いや、その辺は*麒麟《きりん》が*担って《になって》るからまた依頼かけるさね。 青龍:なるほど。そういえば最近*麒麟《きりん》さんを見かけませんね。 玄武:ここ数年ワシも姿を見ておらんな。まぁ無理もねぇ。 青龍:あれ?*麒麟《きりん》さんの担当って・・・・ 朱雀:お~い!!!青龍~!! 青龍:ん?あれは・・・・朱雀?どうした。 朱雀:白虎が湖で本読むって言うからこっちに来たの!!遊ぼう~!! 青龍:ごめん。僕もやりたいことがあるんだ。 朱雀:やりたい事? 玄武:おう朱雀!青龍は少しお疲れなんじゃ。休ませてやってくれないか?代わりにワシが遊んでやるけ!! 朱雀:本当!?じゃあ遊ぼう!! 玄武:おうよ!!じゃあ青龍!!!またの!! 青龍:あ、はい。ありがとうございます。 0:(間) 白虎:・・・ふぅ。今回の本も実に有意義・・・・ん?何かが横倒しになっている? 白虎:木・・・でしょうか。いやもしかしたら・・・ 信長:ん・・・ 白虎:やはり人・・・*狭間界《きょうかい》に迷い込んでしまったのでしょうか。 信長:っ!?ここどこ!? 白虎:ここは*現世《うつしよ》と*幽世《かくりよ》の狭間。*狭間界《きょうかい》。人が迷い込んでしまっては・・・ん?この感じどこかで・・・ 信長:えっと・・・あんたは・・・? 白虎:(咳払い)。私は白虎。*現世《うつしよ》からの魂を*幽世《かくりよ》に導くお務めをする*四神《しじん》の一人にございます。 信長:俺は一体どうしてここに? 白虎:何も覚えておられないのですか? 信長:・・・あぁ。 白虎:困りましたね・・・。青龍を呼んでみましょうか。 信長:青龍? 白虎:えぇ。私と同じ*四神《しじん》の一体。東を治める神でございます。 信長:それって東西南北の東の事か? 白虎:その通りです。方角を表す【東西南北】。それぞれに一体ずつ割り当てられたのが我々*四神《しじん》です。 信長:へぇ・・・ 白虎:その中でも青龍は― 信長:わ、わかったわかった!!とりあえずその青龍さんっての呼んでくれ!俺は難しい話はさっぱりなんでな。 白虎:ふむ・・・そうですか。しばしお待ちください。 0:(間) 青龍:それで僕が呼ばれたわけね。 白虎:はい。何か事情が分かればと思いまして。ところで― 朱雀:わぁ~!!これが人間!!!面白い髪型してる~!! 信長:だぁ~!!わしゃってするな!!せっかくセットしてるのに!! 朱雀:あはははは!!! 信長:てめぇこらガキ!!! 玄武:よさないか朱雀! 白虎:何故朱雀と玄武が一緒に? 青龍:はぁ・・・僕がこちらに向かう時についてきたんだよ。 白虎:なるほど・・・それで何かわかりそうですか? 青龍:朱雀が証明してくれたわけだけど、体に触れられるって事は、*狭間界《きょうかい》に近づいている証拠だ。 白虎:*現世《うつしよ》の方で何か異変が? 青龍:というより彼自身かな。恐らく何らかの事故、あるいは事件に巻き込まれてこちらに来てる可能性が高い。 信長:お、おい!!このガキどうにかしてくれよ!! 青龍:どちらにせよ危ない状況だって事は間違いないだろうね。 信長:それってどういう事だ・・・・って痛いっての!!! 玄武:*現世《うつしよ》でのお主が死にかけてるって事じゃ。 信長:は?死にかけてる?俺が? 青龍:神である朱雀が君の体に触れられるって事は、君が魂の状態に近づいてる証拠なんだ。 信長:神?こんな小っこいのがか? 玄武:そう言うのも無理はないじゃろうが、朱雀はれっきとした神じゃ。 朱雀:かみ~!!かみ~!! 玄武:ふむ・・・お主ここに来る前の記憶がないんじゃったな? 信長:・・・あぁ。なんかこう・・・モヤがかかってる感じか? 玄武:なるほど・・・・朱雀。 朱雀:ん~??何~? 玄武:お主の*神力《じんりき》でこの者の記憶を読み取ってはくれんか? 信長:*神力《じんりき》? 白虎:えぇ。私たち*四神《しじん》にはそれぞれ*神力《じんりき》と呼ばれる力が備わっています。と言っても万能の力というわけではないですが。 青龍:その中でも朱雀に備わっている力。*走査《そうさ》は触れた魂の記憶の*断片《だんぺん》を読み取る事ができるんだ。 信長:記憶の*断片《だんぺん》・・・ 玄武:ここは魂の通り道じゃ。辛い思いをしてここにきてしまった若い魂の記憶の*断片《だんぺん》。それを読み取るのが朱雀の役目じゃ。 信長:それを利用すればわかるかもって事か・・・ 朱雀:それじゃ行くよ~!!・・・・(少し声を低くする)*走査《そうさ》、開始。 信長:(なんだ・・・?急に雰囲気変わったぞ・・・?) 0:(間) 朱雀:炎が見える。それと大きな*警鐘《けいしょう》も聞こえる。・・・・このぐらいかな。 信長:炎・・・*警鐘《けいしょう》・・・・あっ!! 白虎:どうやら思い出したようですね。 信長:そうだ・・・火事にあって・・・逃げ遅れて・・・ 白虎:お疲れ様です朱雀。 朱雀:・・・・ふぅ。疲れた疲れたぁぁぁ!! 信長:ここに来ちまったって事は俺はもう・・・・ 白虎:諦めるのは早いですよ。 信長:え? 白虎:魂の状態にならずにここにいるという事は、*現世《うつしよ》でのあなたの体が懸命に生きようとしている証拠です。 信長:・・・そうだ。俺は生きなきゃならねぇ。まだ叶えてないこともあるんだ・・・! 白虎:夢、ですか。 信長:あぁそうだ!俺はダンスで頂点・・・いや*天下《てんが》を取る!!! 白虎:その言葉・・・・そういう事でしたか・・・取れるといいですね。 信長:おうよ!!って・・・あれ?俺の体透けてきてる?いよいよヤバい感じ!? 青龍:安心していいと思うよ。 朱雀:あぁ~!!髪わしゃってできな~い!!! 青龍:どうやらもう大丈夫みたいだね。 信長:現実の俺の体が大丈夫になったって事か!? 玄武:そういう事なんじゃろうなぁ。朱雀が触れられてないからの。 朱雀:でもこれで一安心だね!! 信長:・・・ありがとな。小っこい神様。 朱雀:へへん!感謝するといいよ!!この朱雀に!! 信長:・・・やっぱ可愛くねぇガキだな。 朱雀:なにを~!? 玄武:ハハハハハハ!!!実に愉快な青年じゃの!!! 白虎:えぇ本当に。最後に・・・名前を教えてくださいませんか? 信長:もちろん!!俺の名前は織田信長ってんだ! 白虎:信長さん・・・いい名前ですね。 信長:ありがとよ!!んじゃあな!!! 白虎:えぇ。・・・・信長さん。 0:(回想) 織田信長:ここは・・・どこじゃ・・・ 白虎:おや。何故ここに人が・・・?迷い込んでしまったのでしょうか。 織田信長:ん?・・・お主は一体誰じゃ? 白虎:私は白虎。*四神《しじん》の一人です。あなたは? 織田信長:うむ。ワシは織田信長。*天下《てんが》を手に入れる者なり― 0:(回想終了) 白虎:彼は・・・あなたの生まれ変わりでしたか。信長殿。 青龍:どうした白虎? 白虎:いえ。数百年前の事を思い出しましてね。 朱雀:へぇ~!!白虎にしては珍しいね!! 白虎:そう・・・でしょうか? 玄武:まぁそういう時もあろうて!じゃあワシは行くけぇの!! 白虎:ありがとうございました玄武。 玄武:おうよ!! 白虎:朱雀もありがとうございました。 朱雀:うん!!またね~!! 青龍:僕も行くよ。またお務めの時に。 白虎:えぇ。ありがとうございました。 0:(間) 白虎:・・・さて。また*相《あい》まみえるのはいつになりますかね。信長殿―

白虎:(N)ご傾聴の皆々様。*狭間界《きょうかい》というものをご存じでしょうか。*狭間《はざま》とありますように*現世《うつしよ》と*幽世《かくりよ》の間の世界。 白虎:(N)*現世《うつしよ》で肉体という器を脱いだ魂が、*幽世《かくりよ》へと向かう通り道。それが*狭間界《きょうかい》の役目であります。 白虎:(N)そしてこの*狭間界《きょうかい》で暮らす我々は*四神《しじん》。*現世《うつしよ》からの魂が迷う事なきよう無事に*幽世《かくりよ》へと導く役割を*担って《になって》おります。 白虎:(N)であるが故にこの場所には*現世《うつしよ》の人間が入る事は極めて異例・・・・今回聞いていただくお話はそんな*稀有《けう》なお話でございます。 0:(間) 白虎:ふぅ。本日も無事にお務めを果たせました。たくさんの魂が*幽世《かくりよ》に旅立ち、*輪廻転生《りんねてんせい》の儀に向かわれます。多くの魂に良き転生があらんことを。 朱雀:白虎お疲れ様~!!今日もたくさん送ったね! 白虎:えぇ。朱雀はこれからどうされるのですか? 朱雀:う~ん・・・特に決めてない!!白虎は? 白虎:私はいつも通り湖の近くで本を読むつもりですよ。 朱雀:その本って面白いの? 白虎:そうですね。自分にはない知識、ひいては*現世《うつしよ》の事を隅々まで知る貴重な物ですから。読んでいる時間は非常に有意義ですよ。 朱雀:へぇ~!!おいらは集中して本を読むより体動かしてた方が楽しいや~!! 白虎:物事にはそれぞれ向き不向きがありますから。体を動かす事もまた一興という事です。 朱雀:ん~??難しい事はおいらわかんないけどそんな感じだ! 白虎:ふふふ。朱雀はいつでも元気ですね。 朱雀:まぁね~!!あ!青龍の所に行ってこよ!!バイバイ白虎~!! 白虎:えぇ。それではまた。 0:(間) 玄武:お疲れ青龍!! 青龍:お疲れ様です玄武さん。 玄武:おいおい!さんはいらねぇっていつも言っておろうに!! 青龍:これが僕なので。何か御用でしょうか? 玄武:ん?いや特に用ってわけじゃねぇんだが、ここ最近のお務めが非常に多くなったと思っての~ 青龍:それは僕も感じてました。それに*著《いちじる》しく傷ついてる状態の魂も増えましたよね。 玄武:よなぁ・・・黒く染まった状態で*狭間界《きょうかい》を通ってるのを見るに、*現世《うつしよ》で相当な目にあったんだろうと思うが・・・最近のはそればかりじゃ。 青龍:魂年齢も数年前に比べて随分低くなりました。中には3歳~5歳の*幼子《おさなご》も含まれています。 玄武:朱雀の力で*断片《だんぺん》はわかるんじゃが・・・・これは*現世《うつしよ》で何が起きてるか調査が必要かもしれねぇの~・・・ 青龍:でしたら、僕が行きましょうか。 玄武:いや、その辺は*麒麟《きりん》が*担って《になって》るからまた依頼かけるさね。 青龍:なるほど。そういえば最近*麒麟《きりん》さんを見かけませんね。 玄武:ここ数年ワシも姿を見ておらんな。まぁ無理もねぇ。 青龍:あれ?*麒麟《きりん》さんの担当って・・・・ 朱雀:お~い!!!青龍~!! 青龍:ん?あれは・・・・朱雀?どうした。 朱雀:白虎が湖で本読むって言うからこっちに来たの!!遊ぼう~!! 青龍:ごめん。僕もやりたいことがあるんだ。 朱雀:やりたい事? 玄武:おう朱雀!青龍は少しお疲れなんじゃ。休ませてやってくれないか?代わりにワシが遊んでやるけ!! 朱雀:本当!?じゃあ遊ぼう!! 玄武:おうよ!!じゃあ青龍!!!またの!! 青龍:あ、はい。ありがとうございます。 0:(間) 白虎:・・・ふぅ。今回の本も実に有意義・・・・ん?何かが横倒しになっている? 白虎:木・・・でしょうか。いやもしかしたら・・・ 信長:ん・・・ 白虎:やはり人・・・*狭間界《きょうかい》に迷い込んでしまったのでしょうか。 信長:っ!?ここどこ!? 白虎:ここは*現世《うつしよ》と*幽世《かくりよ》の狭間。*狭間界《きょうかい》。人が迷い込んでしまっては・・・ん?この感じどこかで・・・ 信長:えっと・・・あんたは・・・? 白虎:(咳払い)。私は白虎。*現世《うつしよ》からの魂を*幽世《かくりよ》に導くお務めをする*四神《しじん》の一人にございます。 信長:俺は一体どうしてここに? 白虎:何も覚えておられないのですか? 信長:・・・あぁ。 白虎:困りましたね・・・。青龍を呼んでみましょうか。 信長:青龍? 白虎:えぇ。私と同じ*四神《しじん》の一体。東を治める神でございます。 信長:それって東西南北の東の事か? 白虎:その通りです。方角を表す【東西南北】。それぞれに一体ずつ割り当てられたのが我々*四神《しじん》です。 信長:へぇ・・・ 白虎:その中でも青龍は― 信長:わ、わかったわかった!!とりあえずその青龍さんっての呼んでくれ!俺は難しい話はさっぱりなんでな。 白虎:ふむ・・・そうですか。しばしお待ちください。 0:(間) 青龍:それで僕が呼ばれたわけね。 白虎:はい。何か事情が分かればと思いまして。ところで― 朱雀:わぁ~!!これが人間!!!面白い髪型してる~!! 信長:だぁ~!!わしゃってするな!!せっかくセットしてるのに!! 朱雀:あはははは!!! 信長:てめぇこらガキ!!! 玄武:よさないか朱雀! 白虎:何故朱雀と玄武が一緒に? 青龍:はぁ・・・僕がこちらに向かう時についてきたんだよ。 白虎:なるほど・・・それで何かわかりそうですか? 青龍:朱雀が証明してくれたわけだけど、体に触れられるって事は、*狭間界《きょうかい》に近づいている証拠だ。 白虎:*現世《うつしよ》の方で何か異変が? 青龍:というより彼自身かな。恐らく何らかの事故、あるいは事件に巻き込まれてこちらに来てる可能性が高い。 信長:お、おい!!このガキどうにかしてくれよ!! 青龍:どちらにせよ危ない状況だって事は間違いないだろうね。 信長:それってどういう事だ・・・・って痛いっての!!! 玄武:*現世《うつしよ》でのお主が死にかけてるって事じゃ。 信長:は?死にかけてる?俺が? 青龍:神である朱雀が君の体に触れられるって事は、君が魂の状態に近づいてる証拠なんだ。 信長:神?こんな小っこいのがか? 玄武:そう言うのも無理はないじゃろうが、朱雀はれっきとした神じゃ。 朱雀:かみ~!!かみ~!! 玄武:ふむ・・・お主ここに来る前の記憶がないんじゃったな? 信長:・・・あぁ。なんかこう・・・モヤがかかってる感じか? 玄武:なるほど・・・・朱雀。 朱雀:ん~??何~? 玄武:お主の*神力《じんりき》でこの者の記憶を読み取ってはくれんか? 信長:*神力《じんりき》? 白虎:えぇ。私たち*四神《しじん》にはそれぞれ*神力《じんりき》と呼ばれる力が備わっています。と言っても万能の力というわけではないですが。 青龍:その中でも朱雀に備わっている力。*走査《そうさ》は触れた魂の記憶の*断片《だんぺん》を読み取る事ができるんだ。 信長:記憶の*断片《だんぺん》・・・ 玄武:ここは魂の通り道じゃ。辛い思いをしてここにきてしまった若い魂の記憶の*断片《だんぺん》。それを読み取るのが朱雀の役目じゃ。 信長:それを利用すればわかるかもって事か・・・ 朱雀:それじゃ行くよ~!!・・・・(少し声を低くする)*走査《そうさ》、開始。 信長:(なんだ・・・?急に雰囲気変わったぞ・・・?) 0:(間) 朱雀:炎が見える。それと大きな*警鐘《けいしょう》も聞こえる。・・・・このぐらいかな。 信長:炎・・・*警鐘《けいしょう》・・・・あっ!! 白虎:どうやら思い出したようですね。 信長:そうだ・・・火事にあって・・・逃げ遅れて・・・ 白虎:お疲れ様です朱雀。 朱雀:・・・・ふぅ。疲れた疲れたぁぁぁ!! 信長:ここに来ちまったって事は俺はもう・・・・ 白虎:諦めるのは早いですよ。 信長:え? 白虎:魂の状態にならずにここにいるという事は、*現世《うつしよ》でのあなたの体が懸命に生きようとしている証拠です。 信長:・・・そうだ。俺は生きなきゃならねぇ。まだ叶えてないこともあるんだ・・・! 白虎:夢、ですか。 信長:あぁそうだ!俺はダンスで頂点・・・いや*天下《てんが》を取る!!! 白虎:その言葉・・・・そういう事でしたか・・・取れるといいですね。 信長:おうよ!!って・・・あれ?俺の体透けてきてる?いよいよヤバい感じ!? 青龍:安心していいと思うよ。 朱雀:あぁ~!!髪わしゃってできな~い!!! 青龍:どうやらもう大丈夫みたいだね。 信長:現実の俺の体が大丈夫になったって事か!? 玄武:そういう事なんじゃろうなぁ。朱雀が触れられてないからの。 朱雀:でもこれで一安心だね!! 信長:・・・ありがとな。小っこい神様。 朱雀:へへん!感謝するといいよ!!この朱雀に!! 信長:・・・やっぱ可愛くねぇガキだな。 朱雀:なにを~!? 玄武:ハハハハハハ!!!実に愉快な青年じゃの!!! 白虎:えぇ本当に。最後に・・・名前を教えてくださいませんか? 信長:もちろん!!俺の名前は織田信長ってんだ! 白虎:信長さん・・・いい名前ですね。 信長:ありがとよ!!んじゃあな!!! 白虎:えぇ。・・・・信長さん。 0:(回想) 織田信長:ここは・・・どこじゃ・・・ 白虎:おや。何故ここに人が・・・?迷い込んでしまったのでしょうか。 織田信長:ん?・・・お主は一体誰じゃ? 白虎:私は白虎。*四神《しじん》の一人です。あなたは? 織田信長:うむ。ワシは織田信長。*天下《てんが》を手に入れる者なり― 0:(回想終了) 白虎:彼は・・・あなたの生まれ変わりでしたか。信長殿。 青龍:どうした白虎? 白虎:いえ。数百年前の事を思い出しましてね。 朱雀:へぇ~!!白虎にしては珍しいね!! 白虎:そう・・・でしょうか? 玄武:まぁそういう時もあろうて!じゃあワシは行くけぇの!! 白虎:ありがとうございました玄武。 玄武:おうよ!! 白虎:朱雀もありがとうございました。 朱雀:うん!!またね~!! 青龍:僕も行くよ。またお務めの時に。 白虎:えぇ。ありがとうございました。 0:(間) 白虎:・・・さて。また*相《あい》まみえるのはいつになりますかね。信長殿―