台本概要

 54 views 

タイトル みらいTakt〜第2話・黒潮女学園#2
作者名 風緑ラピス  (@Lapis_019)
ジャンル ファンタジー
演者人数 6人用台本(女5、不問1)
時間 30 分
台本使用規定 非商用利用時は連絡不要
説明 シリーズ3作目。
新国際防衛軍こと、黒潮女学園SLG研究部に訪れたピンチ。

 54 views 

キャラ説明  

名前 性別 台詞数 説明
美紅 66 美章園美紅(びしょうえん・みく)2年生。部員にして、戦闘機の操縦も熟す。
柚子奈 53 河堀柚子奈(こぼれ・ゆずな)2年生。部長であり、司令官でもある。
明日香 56 羽倉崎明日香(はぐらざき・あすか)2年生。部員であり、ボードゲームが得意。
円華 34 萱島円華(かやしま・まどか)1年生。新人部員とは思えない、ブレーンの役割。
優香 8 西院優香(さいいん・ゆうか)2年生。生徒会長として、理事長の代行をも務める。
ナレーション 不問 31 ナレーター。
※役をクリックするとセリフに色が付きます。

台本本編

文字サイズ
ナレーション:謎の能力を秘めた反乱軍から、地球を守る為に結成された、新国際防衛軍。その黒潮支部を担当するのが、黒潮女学園の生徒である。 ナレーション:今日も、日本に侵攻してきた反乱軍と対峙した、その最中(さなか)……国内に配備されている防衛隊の出撃が、報じられた。それがもたらす、重要な意味とは……? 円華:……部長? 柚子奈:解ってる……皆に指示する。 明日香:(小声で)美紅、柚子奈が何か考え込んじゃったよ? 美紅:そういう時は、何か重大な事が、あったんだ。少し経てば、またタクトを揮う(ふるう)さ。 明日香:ヤバ……そろそろコッチも攻撃しないと、保たないよ!? 美紅:この上空で撃ち落とせば、市街地直撃だな……よし、いったん海上まで誘導するぞ! 明日香:待ってた……了解! ナレーション:副部長でもある美紅は、戦闘時でも、ある程度の権限が与えられている。 美紅:策がバレないように、威嚇しながら誘うんだ。私もサポートする! 明日香:助かる! ナレーション:美紅と明日香は、巧みな連携で、敵を太平洋上へと追い出し始めた。 円華:部長、戦陣は太平洋上に移りつつあります。 柚子奈:そう……なら、好都合ね。 円華:…… 柚子奈:円華、“レイムγ(ガンマ)”の許可を取って……大至急! 円華:了解! 柚子奈:美紅、明日香、よく聴いて……今、防衛隊がコチラに向かっているわ。 明日香:えぇ〜っ、それって、つまり……? 美紅:明らかな“条約違反”だね? ナレーション:新国際防衛軍の誕生に際し、世界全土に条約が結ばれた。それは、新防衛軍の攻撃時、いかなる理由でも他国の軍隊、及び防衛軍は、介入しないこと。偵察さえも許されない、まさに隠密行動の強制認可である。 ナレーション:当初は反発が相次いだが、新防衛軍の桁外れな実力に、各国が苦虫を噛み潰したように、サインする結果となった。   柚子奈:そう……でも、今さら理由を尋ねても時間のムダだから…… 明日香:……ゴクリ 美紅:…… 柚子奈:許可が下り次第、レイムγを発射します! 明日香:えぇ〜っ、それって……!? 美紅:(苦笑しながら)明日香……さっきから、“えぇ〜っ”ばっかりだぞ? 明日香:だって、アレって……まだ試運転すら出来てないのでしょ!? 柚子奈:予算と規模が派手すぎて、試運転できないのよ。部分的なテストはバッチリだと、耳にしている。 明日香:まっ、マジですか……? 美紅:防衛隊が接近しているんだ。私達の行動が隠密である以上……時間的には止むを得ないのでは、ないかな? 柚子奈:流石は美紅……その通り。 円華:……部長! 柚子奈:あっ……取れた? 円華:はい……イースラー島の基地から発射されるので……約10分で到達予定です。 柚子奈:それで、防衛隊の方は? 円華:約15分……ギリギリです。 美紅:円華……多分、“航空防衛隊”だと思うけど……機体の種類は探れるかい? 円華:……やってみます! ナレーション:円華は、神速の如くキーボードを打ち続けた。 円華:判明しました! 明日香:はやっ!! 円華:黙って……美紅先輩、“JM(ジェイエム)17”です。 美紅:現在地は? 円華:マップ標準で……5D(ファイブ・ディー)です。 美紅:……だったら、15分から20分ぐらいだ。味方の飛翔体が故障しなければ、間に合う! 明日香:そんなの、判るの!? 美紅:戦闘機のお勉強は、好きだからね……ちなみに、円華に、これらの機体を競り落とさせたのは、私だよ。 明日香:いや……アンタら、凄すぎやわ! 柚子奈:ハイハイ、雑談は、この辺で……それで、美紅と明日香は、ボクが指示を出したら、早急に回避行動をとる! 美紅:了解! 明日香:ラジャー! 柚子奈:円華は、レイムγの攻撃範囲、及び威力をレポートして、セーブ……それを本部に送信! 円華:承知しました。 柚子奈:恐らくだけど、直ぐに理事長にも報告されるわ。 美紅:まあ……終了時に反省会だね? 柚子奈:それは、終わってからの話……さあ、緊急に備えて、各自、気を引き締めて! 美紅:了解! 明日香:了解! ナレーション:そして、クライマックスは、やって来た。 美紅:相手も、装甲が厚くなって、その割に瞬発力がある。 明日香:私は、もう両手が疲れてきたよ…… 美紅:頑張れ、あと少しだ! 円華:美紅先輩、明日香先輩……間もなく、レイムγが到達します。早急に回避行動を! 美紅:了解! 明日香:ラジャー! 美紅:私は殿(しんがり)でいい。明日香の分を先に退ける(どける)んだ! 明日香:了解……って、美紅は!? 美紅:ギリギリ間に合うはず……聴いたなら、サッサと手を動かす! 明日香:りょ、了解! 柚子奈:美紅も、迅速に行動してね。シンクロだから、命までは奪われないと思うけど……心身に、ある程度のダメージが残るからね。 美紅:うん、解ってる。だからこそ、この機体を購入してもらったんだ。 柚子奈:解った……美紅を信じるよ? 美紅:うん、失敗は犯さない! ナレーション:美紅のサポートを得て、明日香は絶妙なタッチで、次々と機体を安全な範囲まで移動させた。 美紅:後は私だけだな……よしっ、頼むよ、777(トリプル・セブン)! ナレーション:そして美紅も、機敏な動作で、機体を一瞬にして危険なエリアからは脱出した。そして間もなく……巨大な漆黒の球体・レイムγが姿を顕に(あらわに)した。 明日香:デカっ……何よ、アレっ!? 美紅:この世のモノでは、ないね。亜空間から来たみたい……そんな感じかな? 明日香:うん……異世界モノの逆だね。 柚子奈:あれが、レイムγ……! 円華:…… ナレーション:敵は、規格外の物体にミサイルを次々と撃ち込んだ。しかし、相手はビクともしなかった。そして、次の瞬間……敵の軍勢を、一気に包み込んだのである。 明日香:すごっ……あっという間だよ!? 美紅:うん、この世の兵器では、なさそうだな……そう感じても、誰も異論を唱えないだろう。 柚子奈:アレだけ美紅と明日香が手を焼いた軍勢を……いともアッサリと。 円華:……少し、分析してみます。 ナレーション:間もなく、円華はそっと両手をデッキに置いた。視線をやや下げたことで、柚子奈は悲観的に予想した。 ナレーション:円華は、常にポーカー・フェイスであるが、柚子奈はそこから滲み(にじみ)出る、細かな感情の変化を読み取れるように、なっていた。 柚子奈:ダメだったようね……? 円華:……申し訳ありません。 柚子奈:謝る必要は無いよ。ボクにだって解る……これは、“通常の世界”のモノでは無いって。 円華:部長、それって……!? 柚子奈:間もなく、それが証明されるかもね……? 美紅:徐々に拡大し始めている。もう少し移動しないと……あれ、どうなってるんだ!? 明日香:どうしたの、美紅? 柚子奈:何があったの!? 美紅:レーダーが目茶苦茶になってる! ナレーション:美紅は、そう言いながら、操縦桿(そうじゅうかん)や変速レバーを動かした。 美紅:機体が、言うことを聞かなくなった! 柚子奈:何ですって!? 明日香:マジそれっ!?……えっと…… 円華:あっ、明日香センパイ……いま動かしたらダメです! 明日香:えっ、どうして……美紅をサポートしないと! 柚子奈:円華の言う通りよ!……恐らく、あのレイムγには、周辺の機体を“麻痺させる”能力があるのよ! 明日香:だったら、私は大丈夫だけど……美紅が!? 美紅:私も大丈夫。ピンチになったら、緊急に電源を切る! 柚子奈:待ちなさい!! 美紅:……柚子奈? 柚子奈:そんなことをしたら、貴女の心身に多大なダメージが残るわよ!? 美紅:解ってる!あのレイムγが暴走し、巻き添えを喰らって、莫大なダメージを受けて、廃人になってしまうよりは、マシだろう? 柚子奈:でも…… 美紅:どのみち動けない……だったら、“絶体絶命の寸前”まで待つしかないだろ? 明日香:……美紅を信じよ? 柚子奈:……明日香? 明日香:美紅は、スーパーヒロインだよ……大丈夫、きっと一瞬にして脱出しちゃうよ! 柚子奈:…… 明日香:……信じようよ、美紅を? 美紅:私なら、大丈夫。こう見えて、幼い頃のスパルタで、身体は頑丈だし……何よりも、大男相手でも打たれ強いからね! 柚子奈:ウフフッ……解ったわ。その代わり、ボクはタイミングが解らないから、美紅の判断で、お願い! 美紅:了解!! ナレーション:美紅は早速、計器類を調べ始めた。 美紅:(N)相変わらず、乱れたまま……んっ? 美紅:一瞬だけ、計器が正常に戻っている! 美紅:(N)これを活かすしか、手はないな……よしっ! 美紅:柚子奈、明日香……これから脱出を試みる! 柚子奈:解った……でも、大丈夫!? 美紅:方法が1つだけ見付かった。それと……円華? 円華:美紅センパイ、とうぞ? 美紅:私の脱出したタイミングで、周波数を調整してくれ。一瞬のタイミングになるから、集中するんだ! 円華:了解……今から専念します。 美紅:頼む……明日香の方は、手間ひまが懸かるから。 明日香:ありがとう、美紅……私もタイミングを見計らって、距離をとるよ! 柚子奈:私のチャンネルを切り替えて、今はレイムγの状況をチェックする……って、なにこれっ!? 明日香:どうしたの、部長!? 柚子奈:エネルギーが、急速どころじゃない……爆発的に増しているわ……これじゃ、放射能爆弾よ! 美紅:包み込んで拡大しているのは、それが理由か……そうなると、チャンスは1回だけだ……みんな、集中していくぞ! 明日香:うん、解った! 円華:了解……周波数変更、いつでもOKです。 ナレーション:美紅は、“一瞬の賭け”に備え、無心に転じた……その時だった! 美紅:うっ、これは……っ!? ナレーション:突然、美紅の周辺が暗くなり、視野に映る(うつる)のは、レイムγと、包み込まれている敵の戦闘機だけである。 美紅:レイムγが、光ってる。これって、まさか……やはり、何らかの方法で、エネルギーを取り込んでいるのか!? ナレーション:美紅は、レイムγの光が弱まったタイミングを計り、計器類を覗いた。 美紅:(N)やはりそうか……乱していたのは、エネルギーを取り込んでいたからか! 美紅:これなら、いけるっ!! ナレーション:そして、チャンスの時は訪れた。レイムγの輝きが、弱まり始めた。 美紅:今だ!! ナレーション:美紅は、右手の操縦桿(そうじゅうかん)を右下に動かし、更に左手の加速レバーを押し出した。その瞬間、美紅の視界は元に戻った。 円華:うん! ナレーション:円華も、美紅の脱出のタイミングと同時に、周波数を調節した。一瞬の狂いもない、完璧に同時のタイミングだった。 明日香:あっ、乱れが収まった……よし、私も脱出する! ナレーション:明日香も、素早い動作で、次々と機体のパネルにタッチして、適度な場所へと移動させた。 美紅:ここまで脱出できたら、大丈夫だな……? ナレーション:脱出の作業が済んだ直後……レイムγが破裂した。その直後、大気が“口を開ける”ように広がり、漆黒の空間が顕わ(あらわ)となった。 柚子奈:何よ、アレっ……まるでブラックホール!? 明日香:まるで、口を開けたみたい……マジで気持ち悪いよ! ナレーション:ホラー映画の苦手な明日香は、顔面蒼白(そうはく)で見ていた。そして、次の瞬間……その空間は急速に渦を巻き、次々と敵の戦闘機を“飲み込んで”いった。 美紅:恐れ入った……まさに、ブラックホールだね? 柚子奈:私も初めて見るけど……想像を絶するわよ。 明日香:一瞬でも遅れてたら、これって……? 円華:間違いなく、アレに飲み込まれている可能性も、ゼロでは有りません。 明日香:いや、何でチミは、そんなに冷静に見ていられるの? 円華:率直、かつ冷静に分析しただけです。 明日香:アンタのその精密機械のような冷静さ、私にも欲しいわ。 円華:…… ナレーション:アッサリと飲み込まれるモノ。引力にコントロールを失い、他の機体と接触し、爆発するモノ。あっという間に、敵は枠外に避けた3機を除き、壊滅した。そして、暗黒の空間も、消滅した。 明日香:終わった……のかな? 柚子奈:まだよ! 明日香:ヒィ〜ッ!? 円華:まだ、3機残っています。 美紅:いや、恐らく来ないよ。 柚子奈:美紅……? 美紅:状況から見て、多勢に無勢だ。しかも、防衛隊も接近中だ。ダメ押しの状況に陥るかも、しれないからさ。 明日香:ちょっ、私達も防衛隊が来る前に、引き上げないとダメでしょ!? 円華:その必要は、無さそうです。 柚子奈:えっ? 明日香:えっ?   円華:防衛隊、退却を始めています……敵も、ほぼ同時に退却を始めたようです。 美紅:これでは、防衛隊が何の為に出動したのか……これでは、判りかねるね? 柚子奈:うん……まあ、その点については、おいおい樟葉先生などと相談するよ。 明日香:ねえ……美紅は、もう“解除”して、いいんじゃないの……このままだと、流石の美紅もバテちゃうよ? 美紅:私なら、あと6時間は大丈夫だが? 明日香:いや……アンタら、心身が超人すぎるのよ! 柚子奈:と言っても、もう任務は完了だからね……美紅、こちらでシンクロを解除するから、自動モードに切り替えて? 美紅:了解、後は任せた! ナレーション:こうして、スクランブルは解除となり、新防衛軍も退却した。 明日香:ふぅ、ビックリな展開になったけど……あのレイム何とか?……アレ、かなりヤバくない? 柚子奈:うん……アレでは、“暴走”した時が怖い。樟葉先生が帰ってきたら、相談する。 ナレーション:2人が話し合っている内に、美紅がカプセルから出てきた。 柚子奈:お疲れ様、美紅! 美紅:うん、部長も! ナレーション:お互いにハイタッチで、健闘を称え合った。 明日香:ねえ、美紅は、どう思ったの…… あのレイム……? 美紅:レイムγな。 明日香:うん、それそれ! 美紅:威力は、申し分ない。ただ、味方さえも操縦不能にするのは、解せないね。 柚子奈:それも踏まえて、先生がたと相談する。 美紅:私も残ろうか……至近距離で目撃した1人だからね? 柚子奈:ううん、いい……ボクひとりで充分。 美紅:そうか、解った。 柚子奈:それよりも、みんな解っていると思うけど……今回の件は、口外厳禁(こうがいげんきん)で。 明日香:いやあ、流石にアレは喋りづらいよ。誰も信用してくれないよ。 円華:明日香先輩は以前、新作ゲームのネタバレを…… 明日香:(遮るように)いやいや……あれはアレ、これはコレ! 美紅:やれやれ、心配せずとも、明日香なら誰にもバラさないって……信じてあげなよ? 柚子奈:それなら良いけど…… ナレーション:そこに、ドアのブザーが鳴った。 明日香:あれ……こんな時間に、誰が? 美紅:ここの存在を知っている者は、ごく一部にすぎないよ。 円華:雰囲気からして……会長ですね。 明日香:よく判るね、そんなこと? 円華:美紅先輩の仰っしゃる通り……そこからのデータで、予測しました。 明日香:あんたは、ファイティング・コンピューターかいっ!? 美紅:何だよ、その喩え(たとえ)は? 優香:西院です……お目通り願えますでしょうか? 柚子奈:ええ、良いよ! 明日香:ドンピシャだわ! 円華:…… ナレーション:柚子奈が、自動ボタンでドアを開けた。 優香:失礼します 明日香:おぉ〜っ、深い御辞儀……本当に教養が出来てるよね、優香は? 美紅:そうでなければ、“1年”から会長なんて、やってないさ。 優香:そんな……“理事長の娘様”に言われるほど、教養は成っておりません。 美紅:私は、只の美章園美紅……ごく普通の女子だよ。 優香:ウフフ……そうでした。ゆず……失礼、河堀さん…… 柚子奈:(遮るように)ここでは、名前で良いわよ。いつもの部活と同じように……ね? 優香:そうですね……それで、話は戻りますが……間もなく、樟葉先生と理事長が揃って、お戻りになられます。 柚子奈:そう……なら、好都合ね! 優香:フフッ、どうやら、私と柚子奈さんとは、同じ思惑のようで……? 柚子奈:ええ、ここは理事長の意見も、お訊きしたいところよ。優香も、お願いできる? 優香:承知しました。それでしたら……? 柚子奈:ううん、今回は4人だけで……3人とも、実技で疲れたでしょうから。 美紅:解った……じゃあ、私達は先に帰ろう! 明日香:そうだね……反省会は、また今度で。 円華:異議なしです。 明日香:あ〜あ……反省会、楽しみにしてたのに。 美紅:明日香は、ただコーヒーを飲んで、喋りたいだけだろ? 明日香:テヘヘッ……バレちゃったか!? 柚子奈:今日は、特別に疲れたでしょうから、ゆっくりと休みなさい。 明日香:は〜い……じゃあ、お疲れっス♪ 美紅:それじゃ、お疲れ様でした! 円華:お疲れ様です 柚子奈:ええ、お疲れ様……次回については、メールで連絡するわ! 優香:皆さん、お疲れ様でした! ナレーション:こうして、今回の部活は解散となった。そして、ここからは、各エリアで重要なひと時を過ごすこととなる。まず次回は、柚子奈と優香にスポットを充てる。 ※この物語は、フィクションです。 ©2023 Lapis.Kazamidori

ナレーション:謎の能力を秘めた反乱軍から、地球を守る為に結成された、新国際防衛軍。その黒潮支部を担当するのが、黒潮女学園の生徒である。 ナレーション:今日も、日本に侵攻してきた反乱軍と対峙した、その最中(さなか)……国内に配備されている防衛隊の出撃が、報じられた。それがもたらす、重要な意味とは……? 円華:……部長? 柚子奈:解ってる……皆に指示する。 明日香:(小声で)美紅、柚子奈が何か考え込んじゃったよ? 美紅:そういう時は、何か重大な事が、あったんだ。少し経てば、またタクトを揮う(ふるう)さ。 明日香:ヤバ……そろそろコッチも攻撃しないと、保たないよ!? 美紅:この上空で撃ち落とせば、市街地直撃だな……よし、いったん海上まで誘導するぞ! 明日香:待ってた……了解! ナレーション:副部長でもある美紅は、戦闘時でも、ある程度の権限が与えられている。 美紅:策がバレないように、威嚇しながら誘うんだ。私もサポートする! 明日香:助かる! ナレーション:美紅と明日香は、巧みな連携で、敵を太平洋上へと追い出し始めた。 円華:部長、戦陣は太平洋上に移りつつあります。 柚子奈:そう……なら、好都合ね。 円華:…… 柚子奈:円華、“レイムγ(ガンマ)”の許可を取って……大至急! 円華:了解! 柚子奈:美紅、明日香、よく聴いて……今、防衛隊がコチラに向かっているわ。 明日香:えぇ〜っ、それって、つまり……? 美紅:明らかな“条約違反”だね? ナレーション:新国際防衛軍の誕生に際し、世界全土に条約が結ばれた。それは、新防衛軍の攻撃時、いかなる理由でも他国の軍隊、及び防衛軍は、介入しないこと。偵察さえも許されない、まさに隠密行動の強制認可である。 ナレーション:当初は反発が相次いだが、新防衛軍の桁外れな実力に、各国が苦虫を噛み潰したように、サインする結果となった。   柚子奈:そう……でも、今さら理由を尋ねても時間のムダだから…… 明日香:……ゴクリ 美紅:…… 柚子奈:許可が下り次第、レイムγを発射します! 明日香:えぇ〜っ、それって……!? 美紅:(苦笑しながら)明日香……さっきから、“えぇ〜っ”ばっかりだぞ? 明日香:だって、アレって……まだ試運転すら出来てないのでしょ!? 柚子奈:予算と規模が派手すぎて、試運転できないのよ。部分的なテストはバッチリだと、耳にしている。 明日香:まっ、マジですか……? 美紅:防衛隊が接近しているんだ。私達の行動が隠密である以上……時間的には止むを得ないのでは、ないかな? 柚子奈:流石は美紅……その通り。 円華:……部長! 柚子奈:あっ……取れた? 円華:はい……イースラー島の基地から発射されるので……約10分で到達予定です。 柚子奈:それで、防衛隊の方は? 円華:約15分……ギリギリです。 美紅:円華……多分、“航空防衛隊”だと思うけど……機体の種類は探れるかい? 円華:……やってみます! ナレーション:円華は、神速の如くキーボードを打ち続けた。 円華:判明しました! 明日香:はやっ!! 円華:黙って……美紅先輩、“JM(ジェイエム)17”です。 美紅:現在地は? 円華:マップ標準で……5D(ファイブ・ディー)です。 美紅:……だったら、15分から20分ぐらいだ。味方の飛翔体が故障しなければ、間に合う! 明日香:そんなの、判るの!? 美紅:戦闘機のお勉強は、好きだからね……ちなみに、円華に、これらの機体を競り落とさせたのは、私だよ。 明日香:いや……アンタら、凄すぎやわ! 柚子奈:ハイハイ、雑談は、この辺で……それで、美紅と明日香は、ボクが指示を出したら、早急に回避行動をとる! 美紅:了解! 明日香:ラジャー! 柚子奈:円華は、レイムγの攻撃範囲、及び威力をレポートして、セーブ……それを本部に送信! 円華:承知しました。 柚子奈:恐らくだけど、直ぐに理事長にも報告されるわ。 美紅:まあ……終了時に反省会だね? 柚子奈:それは、終わってからの話……さあ、緊急に備えて、各自、気を引き締めて! 美紅:了解! 明日香:了解! ナレーション:そして、クライマックスは、やって来た。 美紅:相手も、装甲が厚くなって、その割に瞬発力がある。 明日香:私は、もう両手が疲れてきたよ…… 美紅:頑張れ、あと少しだ! 円華:美紅先輩、明日香先輩……間もなく、レイムγが到達します。早急に回避行動を! 美紅:了解! 明日香:ラジャー! 美紅:私は殿(しんがり)でいい。明日香の分を先に退ける(どける)んだ! 明日香:了解……って、美紅は!? 美紅:ギリギリ間に合うはず……聴いたなら、サッサと手を動かす! 明日香:りょ、了解! 柚子奈:美紅も、迅速に行動してね。シンクロだから、命までは奪われないと思うけど……心身に、ある程度のダメージが残るからね。 美紅:うん、解ってる。だからこそ、この機体を購入してもらったんだ。 柚子奈:解った……美紅を信じるよ? 美紅:うん、失敗は犯さない! ナレーション:美紅のサポートを得て、明日香は絶妙なタッチで、次々と機体を安全な範囲まで移動させた。 美紅:後は私だけだな……よしっ、頼むよ、777(トリプル・セブン)! ナレーション:そして美紅も、機敏な動作で、機体を一瞬にして危険なエリアからは脱出した。そして間もなく……巨大な漆黒の球体・レイムγが姿を顕に(あらわに)した。 明日香:デカっ……何よ、アレっ!? 美紅:この世のモノでは、ないね。亜空間から来たみたい……そんな感じかな? 明日香:うん……異世界モノの逆だね。 柚子奈:あれが、レイムγ……! 円華:…… ナレーション:敵は、規格外の物体にミサイルを次々と撃ち込んだ。しかし、相手はビクともしなかった。そして、次の瞬間……敵の軍勢を、一気に包み込んだのである。 明日香:すごっ……あっという間だよ!? 美紅:うん、この世の兵器では、なさそうだな……そう感じても、誰も異論を唱えないだろう。 柚子奈:アレだけ美紅と明日香が手を焼いた軍勢を……いともアッサリと。 円華:……少し、分析してみます。 ナレーション:間もなく、円華はそっと両手をデッキに置いた。視線をやや下げたことで、柚子奈は悲観的に予想した。 ナレーション:円華は、常にポーカー・フェイスであるが、柚子奈はそこから滲み(にじみ)出る、細かな感情の変化を読み取れるように、なっていた。 柚子奈:ダメだったようね……? 円華:……申し訳ありません。 柚子奈:謝る必要は無いよ。ボクにだって解る……これは、“通常の世界”のモノでは無いって。 円華:部長、それって……!? 柚子奈:間もなく、それが証明されるかもね……? 美紅:徐々に拡大し始めている。もう少し移動しないと……あれ、どうなってるんだ!? 明日香:どうしたの、美紅? 柚子奈:何があったの!? 美紅:レーダーが目茶苦茶になってる! ナレーション:美紅は、そう言いながら、操縦桿(そうじゅうかん)や変速レバーを動かした。 美紅:機体が、言うことを聞かなくなった! 柚子奈:何ですって!? 明日香:マジそれっ!?……えっと…… 円華:あっ、明日香センパイ……いま動かしたらダメです! 明日香:えっ、どうして……美紅をサポートしないと! 柚子奈:円華の言う通りよ!……恐らく、あのレイムγには、周辺の機体を“麻痺させる”能力があるのよ! 明日香:だったら、私は大丈夫だけど……美紅が!? 美紅:私も大丈夫。ピンチになったら、緊急に電源を切る! 柚子奈:待ちなさい!! 美紅:……柚子奈? 柚子奈:そんなことをしたら、貴女の心身に多大なダメージが残るわよ!? 美紅:解ってる!あのレイムγが暴走し、巻き添えを喰らって、莫大なダメージを受けて、廃人になってしまうよりは、マシだろう? 柚子奈:でも…… 美紅:どのみち動けない……だったら、“絶体絶命の寸前”まで待つしかないだろ? 明日香:……美紅を信じよ? 柚子奈:……明日香? 明日香:美紅は、スーパーヒロインだよ……大丈夫、きっと一瞬にして脱出しちゃうよ! 柚子奈:…… 明日香:……信じようよ、美紅を? 美紅:私なら、大丈夫。こう見えて、幼い頃のスパルタで、身体は頑丈だし……何よりも、大男相手でも打たれ強いからね! 柚子奈:ウフフッ……解ったわ。その代わり、ボクはタイミングが解らないから、美紅の判断で、お願い! 美紅:了解!! ナレーション:美紅は早速、計器類を調べ始めた。 美紅:(N)相変わらず、乱れたまま……んっ? 美紅:一瞬だけ、計器が正常に戻っている! 美紅:(N)これを活かすしか、手はないな……よしっ! 美紅:柚子奈、明日香……これから脱出を試みる! 柚子奈:解った……でも、大丈夫!? 美紅:方法が1つだけ見付かった。それと……円華? 円華:美紅センパイ、とうぞ? 美紅:私の脱出したタイミングで、周波数を調整してくれ。一瞬のタイミングになるから、集中するんだ! 円華:了解……今から専念します。 美紅:頼む……明日香の方は、手間ひまが懸かるから。 明日香:ありがとう、美紅……私もタイミングを見計らって、距離をとるよ! 柚子奈:私のチャンネルを切り替えて、今はレイムγの状況をチェックする……って、なにこれっ!? 明日香:どうしたの、部長!? 柚子奈:エネルギーが、急速どころじゃない……爆発的に増しているわ……これじゃ、放射能爆弾よ! 美紅:包み込んで拡大しているのは、それが理由か……そうなると、チャンスは1回だけだ……みんな、集中していくぞ! 明日香:うん、解った! 円華:了解……周波数変更、いつでもOKです。 ナレーション:美紅は、“一瞬の賭け”に備え、無心に転じた……その時だった! 美紅:うっ、これは……っ!? ナレーション:突然、美紅の周辺が暗くなり、視野に映る(うつる)のは、レイムγと、包み込まれている敵の戦闘機だけである。 美紅:レイムγが、光ってる。これって、まさか……やはり、何らかの方法で、エネルギーを取り込んでいるのか!? ナレーション:美紅は、レイムγの光が弱まったタイミングを計り、計器類を覗いた。 美紅:(N)やはりそうか……乱していたのは、エネルギーを取り込んでいたからか! 美紅:これなら、いけるっ!! ナレーション:そして、チャンスの時は訪れた。レイムγの輝きが、弱まり始めた。 美紅:今だ!! ナレーション:美紅は、右手の操縦桿(そうじゅうかん)を右下に動かし、更に左手の加速レバーを押し出した。その瞬間、美紅の視界は元に戻った。 円華:うん! ナレーション:円華も、美紅の脱出のタイミングと同時に、周波数を調節した。一瞬の狂いもない、完璧に同時のタイミングだった。 明日香:あっ、乱れが収まった……よし、私も脱出する! ナレーション:明日香も、素早い動作で、次々と機体のパネルにタッチして、適度な場所へと移動させた。 美紅:ここまで脱出できたら、大丈夫だな……? ナレーション:脱出の作業が済んだ直後……レイムγが破裂した。その直後、大気が“口を開ける”ように広がり、漆黒の空間が顕わ(あらわ)となった。 柚子奈:何よ、アレっ……まるでブラックホール!? 明日香:まるで、口を開けたみたい……マジで気持ち悪いよ! ナレーション:ホラー映画の苦手な明日香は、顔面蒼白(そうはく)で見ていた。そして、次の瞬間……その空間は急速に渦を巻き、次々と敵の戦闘機を“飲み込んで”いった。 美紅:恐れ入った……まさに、ブラックホールだね? 柚子奈:私も初めて見るけど……想像を絶するわよ。 明日香:一瞬でも遅れてたら、これって……? 円華:間違いなく、アレに飲み込まれている可能性も、ゼロでは有りません。 明日香:いや、何でチミは、そんなに冷静に見ていられるの? 円華:率直、かつ冷静に分析しただけです。 明日香:アンタのその精密機械のような冷静さ、私にも欲しいわ。 円華:…… ナレーション:アッサリと飲み込まれるモノ。引力にコントロールを失い、他の機体と接触し、爆発するモノ。あっという間に、敵は枠外に避けた3機を除き、壊滅した。そして、暗黒の空間も、消滅した。 明日香:終わった……のかな? 柚子奈:まだよ! 明日香:ヒィ〜ッ!? 円華:まだ、3機残っています。 美紅:いや、恐らく来ないよ。 柚子奈:美紅……? 美紅:状況から見て、多勢に無勢だ。しかも、防衛隊も接近中だ。ダメ押しの状況に陥るかも、しれないからさ。 明日香:ちょっ、私達も防衛隊が来る前に、引き上げないとダメでしょ!? 円華:その必要は、無さそうです。 柚子奈:えっ? 明日香:えっ?   円華:防衛隊、退却を始めています……敵も、ほぼ同時に退却を始めたようです。 美紅:これでは、防衛隊が何の為に出動したのか……これでは、判りかねるね? 柚子奈:うん……まあ、その点については、おいおい樟葉先生などと相談するよ。 明日香:ねえ……美紅は、もう“解除”して、いいんじゃないの……このままだと、流石の美紅もバテちゃうよ? 美紅:私なら、あと6時間は大丈夫だが? 明日香:いや……アンタら、心身が超人すぎるのよ! 柚子奈:と言っても、もう任務は完了だからね……美紅、こちらでシンクロを解除するから、自動モードに切り替えて? 美紅:了解、後は任せた! ナレーション:こうして、スクランブルは解除となり、新防衛軍も退却した。 明日香:ふぅ、ビックリな展開になったけど……あのレイム何とか?……アレ、かなりヤバくない? 柚子奈:うん……アレでは、“暴走”した時が怖い。樟葉先生が帰ってきたら、相談する。 ナレーション:2人が話し合っている内に、美紅がカプセルから出てきた。 柚子奈:お疲れ様、美紅! 美紅:うん、部長も! ナレーション:お互いにハイタッチで、健闘を称え合った。 明日香:ねえ、美紅は、どう思ったの…… あのレイム……? 美紅:レイムγな。 明日香:うん、それそれ! 美紅:威力は、申し分ない。ただ、味方さえも操縦不能にするのは、解せないね。 柚子奈:それも踏まえて、先生がたと相談する。 美紅:私も残ろうか……至近距離で目撃した1人だからね? 柚子奈:ううん、いい……ボクひとりで充分。 美紅:そうか、解った。 柚子奈:それよりも、みんな解っていると思うけど……今回の件は、口外厳禁(こうがいげんきん)で。 明日香:いやあ、流石にアレは喋りづらいよ。誰も信用してくれないよ。 円華:明日香先輩は以前、新作ゲームのネタバレを…… 明日香:(遮るように)いやいや……あれはアレ、これはコレ! 美紅:やれやれ、心配せずとも、明日香なら誰にもバラさないって……信じてあげなよ? 柚子奈:それなら良いけど…… ナレーション:そこに、ドアのブザーが鳴った。 明日香:あれ……こんな時間に、誰が? 美紅:ここの存在を知っている者は、ごく一部にすぎないよ。 円華:雰囲気からして……会長ですね。 明日香:よく判るね、そんなこと? 円華:美紅先輩の仰っしゃる通り……そこからのデータで、予測しました。 明日香:あんたは、ファイティング・コンピューターかいっ!? 美紅:何だよ、その喩え(たとえ)は? 優香:西院です……お目通り願えますでしょうか? 柚子奈:ええ、良いよ! 明日香:ドンピシャだわ! 円華:…… ナレーション:柚子奈が、自動ボタンでドアを開けた。 優香:失礼します 明日香:おぉ〜っ、深い御辞儀……本当に教養が出来てるよね、優香は? 美紅:そうでなければ、“1年”から会長なんて、やってないさ。 優香:そんな……“理事長の娘様”に言われるほど、教養は成っておりません。 美紅:私は、只の美章園美紅……ごく普通の女子だよ。 優香:ウフフ……そうでした。ゆず……失礼、河堀さん…… 柚子奈:(遮るように)ここでは、名前で良いわよ。いつもの部活と同じように……ね? 優香:そうですね……それで、話は戻りますが……間もなく、樟葉先生と理事長が揃って、お戻りになられます。 柚子奈:そう……なら、好都合ね! 優香:フフッ、どうやら、私と柚子奈さんとは、同じ思惑のようで……? 柚子奈:ええ、ここは理事長の意見も、お訊きしたいところよ。優香も、お願いできる? 優香:承知しました。それでしたら……? 柚子奈:ううん、今回は4人だけで……3人とも、実技で疲れたでしょうから。 美紅:解った……じゃあ、私達は先に帰ろう! 明日香:そうだね……反省会は、また今度で。 円華:異議なしです。 明日香:あ〜あ……反省会、楽しみにしてたのに。 美紅:明日香は、ただコーヒーを飲んで、喋りたいだけだろ? 明日香:テヘヘッ……バレちゃったか!? 柚子奈:今日は、特別に疲れたでしょうから、ゆっくりと休みなさい。 明日香:は〜い……じゃあ、お疲れっス♪ 美紅:それじゃ、お疲れ様でした! 円華:お疲れ様です 柚子奈:ええ、お疲れ様……次回については、メールで連絡するわ! 優香:皆さん、お疲れ様でした! ナレーション:こうして、今回の部活は解散となった。そして、ここからは、各エリアで重要なひと時を過ごすこととなる。まず次回は、柚子奈と優香にスポットを充てる。 ※この物語は、フィクションです。 ©2023 Lapis.Kazamidori