台本概要

 123 views 

タイトル 運命のデュエット
作者名 ねこつう  (@nekonotsuuro)
ジャンル ラブストーリー
演者人数 3人用台本(男1、女1、不問1) ※兼役あり
時間 20 分
台本使用規定 非商用利用時は連絡不要
説明 男は奇妙な夢を見ていたこと語り始め、女もまた自分の見ていた夢を語り始める。
二人は、運命を変えられるのか?

https://note.com/nekonotsuuro/n/ndfd2aa7bc829
からの転載。
ここに掲載している台本では、
モブがたくさん必要な戦闘シーンは省略しています。

・この作品は朗読、配信などで、非商用に限り、無料にて利用していただけますが著作権は放棄しておりません。テキストの著作権は、ねこつうに帰属します。
・配信の際は、概要欄または、サムネイルなどに、作品タイトル、作者名、掲載URLのクレジットをお願いいたします。
・語尾や接続詞、物語の内容や意味を改変しない程度に、言いやすい言い回しに変える事は、構いません。

 123 views 

キャラ説明  

名前 性別 台詞数 説明
10 20歳代半ばくらい。奇妙な夢を見て、悩んでいる。真面目で暗い性格。
10 17歳~20歳くらい。気が強い。
語り 不問 1 男の役か、女の役が、語りを兼ねるのも可。
※役をクリックするとセリフに色が付きます。

台本本編

文字サイズ
女: お目覚めですか? 男: ……夢を見ていた。 女: 夢ですか? 男: …… そうだ、狂った子どもと言われていた頃から 男: 見ていた夢だ 女: ………… 男: その夢の中でも、わしは変わり者だった。 男: 人と違うという事が、許されておらず、 男: 酷く狭い世界で生きていた。 男:  閉じ込められたように生きる…… 男: わしにとっては、その書物を読みながら、 男: そこに登場する人たちを想像する。 男: それが何よりも慰めであった。 男: どのように、この人物たちが躍動したのか…… 男: そのような 常軌を逸脱した夢の話を、 男: 父や  母に話しても相手にされることなど……まあない。 男: 夢の中だけでなく、 男: 現実でも居場所がない折に、お前に出会った。 男: お前はわしの言う事を面白がった。 男: そなたの父上も、面白がってくれたのだ。 男: 両親を相次いで亡くした、 男: そんな わしにそなたらは親切にしてくれた。 女: 私(わたくし)は、この姿形なので、 女: 蛮族、そう罵られて育ちました。 女: その程度の事は、なんでもございません。 女: それに、私も小さい頃から、夢を見ていたのです。 男: ふむ、それは、初めて聞く…… 女: ふふ、聞きたそうですね。いいでしょう。お話をして差し上げます。 女: 夢の中で、私は小娘で、 女: やはりカナモノ……金属の  女: 精緻(せいち)な……精密…… 女: 細かなカラクリばかりを触っておりました。 女: 酷く燃えあがる粉や油、 女: おのずから長い間、動き続けるカラクリ…… 女: それらを、思い起こして、 女: それを木で作ってみたり。 女: 幼い頃から、そんなことばかりしていました。 女: 母にはよく叱られたものです。 女: 父は、まあ、あの性格ですから、 女: やはり、面白がって、記録にも書いておりました。 女: …そんな時に、私は、あなた様に出会ったのです。 女: 私と同じ。 女: このお方は 女: この世界の枠に捉われない知識と考えを持っている。 女: このお方と何かをしてみたい。 女: そう思ってしまったのです。 男: 村を襲った馬賊どもを仕留めた 男: あの罠もその夢のカラクリが、もとか? 女: はい…… しかし、 女: 穴に落ち、火に焼かれ、体を貫かれ、 女: 泣きながら死ぬ者を見るのは、 女: さすがに辛うございました。 女: いくら同胞を殺めた悪党共であったとしても…… 女: それと…… 女: 私(わたくし)はこの赤毛に肌なので、 女: 蛮族と罵られて育ちました。 女: 馬賊がいなくなり平和が戻ると、 女: 人々は「人殺しの鬼女」と呼び、私に近寄らなくなりました。 女: 私は、幼い頃、 女: めずらしいというだけで 女: 売り飛ばされそうになっている所を 女: 父に助けられました。 女: そして そのまま引き取りもしてくれました。 女: 母は母で、 女: 実の子でもなく自分たちに似ても似つかぬ私を 女: 本当にかわいがってくれました。 女: 私が疎まれるだけならともかく、 女: 母がそのことで 嘆き 悲しむのを見ているのは、 女: こんな私でも耐えがたき辛さがありました。 女: そんな時、あなたは優しく微笑んだのです。 女: 「人殺しというのなら、 女: 策を立てた わしも、同じ罪だ。 女: お前をわかろうとしないものたちを相手にするな。 女: お前のお陰で、この地域の人々の命が救われたのだ」 女: と私を慰めてくださいました。 男: (和む笑い声)…… 男: 『あの男の嫁選びを真似てはならぬ』 男: そう人々は言ったものだ。 男: しかし、あの出来事 以来 男: 我らを嘲ける(あざける)者もいなくなったが、 男: 近づくものも現れぬ…… 難しいものだ。 女: あなた様は各地の『いくさ』の勝敗を、予言され、 女: それがまた想像を超えた当たり方をしてしまう。 女: 似た者夫婦という所でございましょうか(くすくす)。 男: ……わしが 夢の中で読んでいた書物には、 男: 様々な事が書かれていた。 男: その内容が、現実と一致する事が多い。 男: 断片を繋ぎ合わせてみると、 男: それは、歴史書のようじゃ。 男: 詳細な地図や地名、 男: 起こる戦いや変事の内容と日時…… 男: そして、それに関わる者たちの名前が載っていた。 男: 予想は それで当たりをつけているだけだ。 男: もし、 男: 前世というものがあるならば、 男: わしは、それを夢で見ているのだろう。 男:   …… この地域にも、近々、大軍が攻めてくる…… 女: 乱世ゆえ…… 女: 父以外にも、あなた様の才覚を知り、 女: 出仕(しゅっし)を請う方も多くなりましたね………… 女: この地域が馬賊(ばぞく)に狙われているとわかった時、 女: 付近の地形を調べ、 女: 罠をかける場所、 女: 村の若者を埋伏(まいふく)させる場所、 女: 手はずを整え、 女: 馬賊を殲滅(せんめつ)した、あなた様の才覚には 女: 心底、驚きました。 女: これは夢のお告げの力ではありますまい。 女:  そもそも、 女: あなた様が夢に見た、その『歴史書』の中に、 女: あなた様のお名前もあったのではございませんか? 女: その行く末が芳しく(かんばしく)なく、 女: 腐っておられるのではありませんか? 男:   ……………… 月英(げつえい)……… 女: あなた様が昼寝をしている間、 女: また、あの御方が来られました。 女:   『起こして来ます』 女: というのに、 女: あなた様が『起きるまで、待っている』 女: とおっしゃって、 女: 長い間、外でお待ちです。 女: 尊い御方が、 女: 一介の農夫を三度も御自ら(おんみずから)訪ね 女: 教えを請うなど、あの御方は筋金入りですよ? 女: どうなさいますか? 孔明様……? 男: (ため息) あの御方が 来られることもわかっていた…… 男: 運命は変えられるだろうか? 女: あの御方に付かれるかどうかはともかく、 女:  『これは運命だ』と諦めたくなるような事にでも、 女: 挑んでいくことは 女: 生きる上で価値あることではないでしょうか? 女: お気持ちがあるのなら、 女: どこまでも、ついていきますよ。 女: その方が面白そうですし(くすくす)。 男: (漏れ笑い) お前には、敵わぬ。 男: わしは着替えねばならぬ。 男: もう少し、お待ちいただくよう、客人に伝えてくれ。 語り: 歴史書、三国志によると、 語り: 古代中国、 語り: 西暦一八一年に生まれた諸葛亮孔明という人物がいた。 語り: 知略に優れ、天才と呼ばれるのにふさわしい策士であった。 語り: 彼は、弱小勢力であった劉備(りゅうび)という者に、 語り: 三度請われて、配下に加わる。 語り: 孔明は劉備をよく助け、 語り: 劉備は魏、呉、蜀という三大勢力の一角にまでになった。 語り: しかし、そののち強敵に何度も阻まれ苦戦し、 語り: 孔明は志を果たせぬまま、天に召される。 語り: そのような孔明の妻、月英は、 語り: 醜い容姿の女性だったという記述が残されている。 語り: このことから考えられるのは、 語り: 異民族の血を引いた 語り: エキゾチックな容姿だったのではないか 語り: という一つの説である

女: お目覚めですか? 男: ……夢を見ていた。 女: 夢ですか? 男: …… そうだ、狂った子どもと言われていた頃から 男: 見ていた夢だ 女: ………… 男: その夢の中でも、わしは変わり者だった。 男: 人と違うという事が、許されておらず、 男: 酷く狭い世界で生きていた。 男:  閉じ込められたように生きる…… 男: わしにとっては、その書物を読みながら、 男: そこに登場する人たちを想像する。 男: それが何よりも慰めであった。 男: どのように、この人物たちが躍動したのか…… 男: そのような 常軌を逸脱した夢の話を、 男: 父や  母に話しても相手にされることなど……まあない。 男: 夢の中だけでなく、 男: 現実でも居場所がない折に、お前に出会った。 男: お前はわしの言う事を面白がった。 男: そなたの父上も、面白がってくれたのだ。 男: 両親を相次いで亡くした、 男: そんな わしにそなたらは親切にしてくれた。 女: 私(わたくし)は、この姿形なので、 女: 蛮族、そう罵られて育ちました。 女: その程度の事は、なんでもございません。 女: それに、私も小さい頃から、夢を見ていたのです。 男: ふむ、それは、初めて聞く…… 女: ふふ、聞きたそうですね。いいでしょう。お話をして差し上げます。 女: 夢の中で、私は小娘で、 女: やはりカナモノ……金属の  女: 精緻(せいち)な……精密…… 女: 細かなカラクリばかりを触っておりました。 女: 酷く燃えあがる粉や油、 女: おのずから長い間、動き続けるカラクリ…… 女: それらを、思い起こして、 女: それを木で作ってみたり。 女: 幼い頃から、そんなことばかりしていました。 女: 母にはよく叱られたものです。 女: 父は、まあ、あの性格ですから、 女: やはり、面白がって、記録にも書いておりました。 女: …そんな時に、私は、あなた様に出会ったのです。 女: 私と同じ。 女: このお方は 女: この世界の枠に捉われない知識と考えを持っている。 女: このお方と何かをしてみたい。 女: そう思ってしまったのです。 男: 村を襲った馬賊どもを仕留めた 男: あの罠もその夢のカラクリが、もとか? 女: はい…… しかし、 女: 穴に落ち、火に焼かれ、体を貫かれ、 女: 泣きながら死ぬ者を見るのは、 女: さすがに辛うございました。 女: いくら同胞を殺めた悪党共であったとしても…… 女: それと…… 女: 私(わたくし)はこの赤毛に肌なので、 女: 蛮族と罵られて育ちました。 女: 馬賊がいなくなり平和が戻ると、 女: 人々は「人殺しの鬼女」と呼び、私に近寄らなくなりました。 女: 私は、幼い頃、 女: めずらしいというだけで 女: 売り飛ばされそうになっている所を 女: 父に助けられました。 女: そして そのまま引き取りもしてくれました。 女: 母は母で、 女: 実の子でもなく自分たちに似ても似つかぬ私を 女: 本当にかわいがってくれました。 女: 私が疎まれるだけならともかく、 女: 母がそのことで 嘆き 悲しむのを見ているのは、 女: こんな私でも耐えがたき辛さがありました。 女: そんな時、あなたは優しく微笑んだのです。 女: 「人殺しというのなら、 女: 策を立てた わしも、同じ罪だ。 女: お前をわかろうとしないものたちを相手にするな。 女: お前のお陰で、この地域の人々の命が救われたのだ」 女: と私を慰めてくださいました。 男: (和む笑い声)…… 男: 『あの男の嫁選びを真似てはならぬ』 男: そう人々は言ったものだ。 男: しかし、あの出来事 以来 男: 我らを嘲ける(あざける)者もいなくなったが、 男: 近づくものも現れぬ…… 難しいものだ。 女: あなた様は各地の『いくさ』の勝敗を、予言され、 女: それがまた想像を超えた当たり方をしてしまう。 女: 似た者夫婦という所でございましょうか(くすくす)。 男: ……わしが 夢の中で読んでいた書物には、 男: 様々な事が書かれていた。 男: その内容が、現実と一致する事が多い。 男: 断片を繋ぎ合わせてみると、 男: それは、歴史書のようじゃ。 男: 詳細な地図や地名、 男: 起こる戦いや変事の内容と日時…… 男: そして、それに関わる者たちの名前が載っていた。 男: 予想は それで当たりをつけているだけだ。 男: もし、 男: 前世というものがあるならば、 男: わしは、それを夢で見ているのだろう。 男:   …… この地域にも、近々、大軍が攻めてくる…… 女: 乱世ゆえ…… 女: 父以外にも、あなた様の才覚を知り、 女: 出仕(しゅっし)を請う方も多くなりましたね………… 女: この地域が馬賊(ばぞく)に狙われているとわかった時、 女: 付近の地形を調べ、 女: 罠をかける場所、 女: 村の若者を埋伏(まいふく)させる場所、 女: 手はずを整え、 女: 馬賊を殲滅(せんめつ)した、あなた様の才覚には 女: 心底、驚きました。 女: これは夢のお告げの力ではありますまい。 女:  そもそも、 女: あなた様が夢に見た、その『歴史書』の中に、 女: あなた様のお名前もあったのではございませんか? 女: その行く末が芳しく(かんばしく)なく、 女: 腐っておられるのではありませんか? 男:   ……………… 月英(げつえい)……… 女: あなた様が昼寝をしている間、 女: また、あの御方が来られました。 女:   『起こして来ます』 女: というのに、 女: あなた様が『起きるまで、待っている』 女: とおっしゃって、 女: 長い間、外でお待ちです。 女: 尊い御方が、 女: 一介の農夫を三度も御自ら(おんみずから)訪ね 女: 教えを請うなど、あの御方は筋金入りですよ? 女: どうなさいますか? 孔明様……? 男: (ため息) あの御方が 来られることもわかっていた…… 男: 運命は変えられるだろうか? 女: あの御方に付かれるかどうかはともかく、 女:  『これは運命だ』と諦めたくなるような事にでも、 女: 挑んでいくことは 女: 生きる上で価値あることではないでしょうか? 女: お気持ちがあるのなら、 女: どこまでも、ついていきますよ。 女: その方が面白そうですし(くすくす)。 男: (漏れ笑い) お前には、敵わぬ。 男: わしは着替えねばならぬ。 男: もう少し、お待ちいただくよう、客人に伝えてくれ。 語り: 歴史書、三国志によると、 語り: 古代中国、 語り: 西暦一八一年に生まれた諸葛亮孔明という人物がいた。 語り: 知略に優れ、天才と呼ばれるのにふさわしい策士であった。 語り: 彼は、弱小勢力であった劉備(りゅうび)という者に、 語り: 三度請われて、配下に加わる。 語り: 孔明は劉備をよく助け、 語り: 劉備は魏、呉、蜀という三大勢力の一角にまでになった。 語り: しかし、そののち強敵に何度も阻まれ苦戦し、 語り: 孔明は志を果たせぬまま、天に召される。 語り: そのような孔明の妻、月英は、 語り: 醜い容姿の女性だったという記述が残されている。 語り: このことから考えられるのは、 語り: 異民族の血を引いた 語り: エキゾチックな容姿だったのではないか 語り: という一つの説である