台本概要

 211 views 

タイトル 人生楽しんだもん勝ち
作者名 くま@甘党
ジャンル ラブストーリー
演者人数 2人用台本(男1、女1)
時間 50 分
台本使用規定 非商用利用時は連絡不要
説明 人生楽しんだもん勝ち精神で生きましょう!!

 211 views 

キャラ説明  

名前 性別 台詞数 説明
217 あきら
亜衣 194 あい
※役をクリックするとセリフに色が付きます。

台本本編

文字サイズ
0:人生楽しんだもん勝ち ―: 0:自宅 亜衣:はぁー、仕事辞めたいなぁ…。 晃:本当にそう思うなら辞めたら? 亜衣:またそうやって簡単に言う…。 晃:だって、心が壊れるまで働くより、早めに決断して次に進む準備した方が断然いいじゃん。 亜衣:それはそうだけどさぁ…。 晃:……。 亜衣:晃は…なんで今の仕事続けられてるの? 晃:ん?俺は…楽しいから? 亜衣:嘘だ!全然興味無かったじゃない、ゲームのデバッカーなんて。 晃:そんな事ないよー? 亜衣:えー、本当に?やってみたかった?この仕事。 晃:うん。それに俺、どんな仕事でもそれなりに楽しめるし。 亜衣:へぇ…。羨ましい…。 晃:……。 亜衣:……ねぇ、そろそろ切り上げたら?もう10時間もやってるじゃん…。 晃:そうだなぁ…。あ、そろそろ風呂沸いたんじゃない? 亜衣:うん。さっき沸いたーって音鳴ってた。 晃:じゃあ先入ってこいよ。亜衣が上がったら俺も入るから。 亜衣:…はーい。 晃:いってらっしゃーい。 ―: 亜衣:あきらー、上がったよー。 亜衣: 亜衣: 亜衣:……晃?どこ? ―:晃が寝室で倒れているのを発見する 亜衣:…え、晃!?どうしたの!? 亜衣: 亜衣:きゅ…救急車!! 0:病院 亜衣:(晃のベッドに頭を伏せて寝ている)……すぅ…すぅ…。 晃:………ん…。 亜衣:…あ……晃?起きた? 晃:ん……あれ…? 亜衣:病院! …晃、寝室で倒れてたんだよ…? 晃:え…? 亜衣:最近睡眠不足だったから疲れてたんじゃない…? 亜衣:もう、すっごい心配したんだからね!? 晃:あー…ごめん…。 亜衣:あ、先生呼んでくるね。 晃:ん、ありがとう。 亜衣:うん! 0:次の日 診察室 晃:ダウン…プロダム*症候群《しょうこうぐん》…? 亜衣:な、難病…? 晃:寝不足や疲労が溜まると、急に*失神《しっしん》や*心不全《しんふぜん》が起きる*指定難病《していなんびょう》…。 亜衣:……。 晃:しばらく薬で様子見ですか…。…はい、わかりました。ありがとうございました。失礼します。 0:退院日 亜衣:あきらー、おまたせ。会計とか手続き全部終わったよ。 晃:ありがとう!…よし、荷物も全部持ったし…行くか。 亜衣:あ、ねぇ!荷物、私が持つってば! 晃:だからw そんなに*大袈裟《おおげさ》に考えるなってw 亜衣:だって…疲労も溜めちゃダメなんだよ? 晃:ばかw これくらいの荷物を運んだだけで疲労が溜まってたら、 晃:俺この先何にもできないってw 亜衣:………何もしなきゃいいじゃん。 晃:え…? 亜衣:何もしなきゃいいじゃん!! 晃:…ふふw ありがとう。帰ろ? 亜衣:……ん。 0:自宅 晃:ふぅー、数日だったけど…なんか家が懐かしい感じw 亜衣:おかえり! 晃:あぁ、ただいま。 亜衣:ソファに座るか、ベッドで寝るか、どっちにする? 晃:…亜衣w 亜衣:あ、お風呂*沸《わ》かしてくるね!荷物もいいからほら、座るか寝てるかしてて! 晃:…ねぇ、俺ずっと寝たきりだったから体だるいんだけど?ちょっとは動きたいんだけどなぁ…? 亜衣:はいはい、病み上がりの人はジッとしててくださーい。ほら、ソファにでも座ってて。 晃:……やれやれw ―: 亜衣:晃、お風呂沸いたよ! 晃:おぉー、サンキュ。んじゃ、サッパリしてくるかぁ。 亜衣:…ねぇ、1人で大丈夫…? 晃:え?  亜衣:いや…だって…。 晃:あ、久しぶりだから一緒に入りたい?w 亜衣:もー、バカ!!心配してんの!! 晃:あっははw 大丈夫だよw 亜衣:何かあったら、すぐ呼んでよ…? 晃:あぁ。  亜衣:(不安そうに俯く)……んん。 晃:なぁw そんなに心配するなよ、大丈夫だから。 晃:薬も飲んでるし、先生もそんな*頻繁《ひんぱん》には起きないって言ってたろ? 亜衣:そうだけど…。…倒れたのついこの前だもん、落ち着かないよ…。 晃:…よし、じゃあやっぱり一緒に入ろう! 亜衣:え…? 晃:ほら、行こう! 亜衣:いや……それは…。 晃:ん?何…?そんなに一緒に入るの嫌なの? 亜衣:そ…そういう訳じゃないけど……。 晃:ほーら、たまにはいいじゃん、行こ? 亜衣:う……うん…。 ―:寝室 晃:さて…、久しぶりに我が家のベッドだぁ!んーー、このフカフカマット…やっぱり気持ちいいw 亜衣:…ねぇ、仕事はどうするの?しばらく休むんでしょ? 晃:ん?んー…いや、ノルマもあるし、とりあえず明日から仕事復帰しようかなー。 亜衣:はぁ!?本気で言ってる!? 晃:え? 亜衣:ねぇ、そんなに生き急いでどうするの?何かに追われてるの? 晃:なんだよそれw 亜衣:……自分の*身体《からだ》を大事にしない人は、他人も大事にできないんだよ。 晃:…それ、出逢った頃俺が亜衣に言った言葉じゃんw 亜衣:そうだよ。だから私は、ちゃんと言われた通り自分を大事にしてきた。 晃:うん…。 亜衣:だから、私は今でも元気に生きてるし、晃と一緒に暮らせてる。 晃:うん。 亜衣:でも晃は…、私との生活を台無しにしようとしてる…。 晃:そんな事…。 亜衣:ある!退院した次の日から仕事って…バカじゃないの。 晃:だって今の仕事、デスクワークだよ?パソコンとにらめっこしてるだけじゃん。 亜衣:そうやって長時間仕事に打ち込んだ結果、疲労が溜まって倒れたんでしょ! 晃:あぁ…まぁ…。じゃあ、程々にするからさ。 亜衣:はぁ…。「ノルマ」なんて言ってるから、何にもわかってないんでしょうねぇ…。 晃:……。 亜衣:………ねぇ晃、私、今の仕事辞める。 晃:あ、決めたんだ? 亜衣:うん。だから、晃も辞めよ? 晃:……は? 亜衣:ちょっとの間だけ!ね!お願い! 亜衣:お互い今までちゃんと貯金してきたし、 亜衣:半年働かなくても困らないくらい、*蓄《たくわ》えはあるでしょ!? 晃:いや…金はあるだろうけど…。いきなりどうしたんだよ? 亜衣:旅行に行きたい! 晃:旅行!? 亜衣:そう!日本中、あちこち行きたい所、全部行こうよ!そして食べたい物全部食べ歩くの! 晃:日本中って…、また*大《だい》それた思い付きをw 亜衣:人生は一度きり!後悔しないようにやりたい事は全部やる!! 晃:……それも俺が前に言ったやつw 亜衣:そうだよ!晃、人にはカッコイイ事言っておいてさ、…自分の人生は? 晃:……。 亜衣:楽しんでるの?やりたい事、全部やれてるの? 晃:……やれてない…。 亜衣:…ね?息抜きには丁度良いタイミングじゃん! 晃:…んん……。 亜衣:今の仕事だって、人が急に辞めて*人手《ひとで》が足りないからって頼まれただけでしょ。 亜衣:もう十分新しい社員さんも入ったんだから、晃はもうお*役御免《やくごめん》じゃん! 晃:…まぁ、確かに人は充実したな…。 亜衣:でしょ?なら晃が無理に続ける事も無いじゃん! 晃:ん……。てか、旅っていつまでするの? 亜衣:んー、少なくとも1ヶ月は旅をしよう! 晃:い…1ヶ月!? 亜衣:そ。あっという間だよー、日本中を旅してたら1ヶ月なんて。 晃:そ…それはそうかもしれないけど…。 亜衣:大丈夫!*休息《きゅうそく》はちゃんと十分に確保できるように予定組むから! 晃:………。 亜衣:………やっぱり…ダメ? 晃:……ふふw 亜衣:…え、なに? 晃:いや…w 出逢った頃とは別人みたいに行動力ついたよなーってw 亜衣:あーw そりゃあ影響もされるよw だってあの頃の晃、行動力の鬼みたいだったからねw 晃:散々振り回して亜衣によく怒られてたよなw フッ*軽《かる》過ぎってw 亜衣:だって過密スケジュールが当たり前だったんだもんw 亜衣:でもすっごい輝いてたよ!人生楽しんでます!!って感じw 晃:あははw 亜衣:………私の、せいだよね。 晃:え…? 亜衣:………。 晃:……それは違うって何度も言ったろ? 亜衣:…だって…、私が病気になったから…晃は……。 晃:あーい?それ、もう言わない約束じゃなかったか? 亜衣:………うん。 晃:…ったく。 亜衣:………。 晃:よし、じゃあー本当に行っちゃうかぁ!日本中、あちこち飛び回ってさ!w 亜衣:……晃。うん!行く!!やったー!w 晃:よーし、そうと決まれば、仕事もケリつけて、色々と準備しなくちゃな! 亜衣:あ、大事な事! お互い身体に負担が掛からないようにね! 晃:うん、じゃあそれを*根本《こんぽん》に置いて計画しよう! 亜衣:わあーーw なんか一気に楽しみになった!w 晃:あははw 人生楽しんだもん勝ちだからな! 亜衣:出た!晃の名言!w 0:1ヶ月後 晃:よし、亜衣!準備できたぞ! 亜衣:はーい!私ももうすぐ! 晃:薬も持ったし、先週の診察で問題無いって言われたし、大丈夫だろ。 亜衣:おまたせーー! 晃:おぉー、気合いバッチリだなw 亜衣:へっへー!もっちろん!! 晃:よし、それじゃあ、いざ行かん! 亜衣:日本、食い尽くし旅ーー!!w 0: 晃M:とまぁ、そんな訳で。 晃M: 晃M:亜衣の思い付きから始まったこの「日本食い尽くし旅」w 晃M: 晃M:まずは俺達が大好きな、名古屋に行った。 晃M: 晃M:赤味噌ダレがたまらなく美味しい味噌カツ。 晃M: 晃M:あとは有名な名古屋コーチンの親子丼に、ひつまぶし、どれも本当に美味しかった。 亜衣M:限られた時間を有効に、そしてその土地の名物を余す事無く堪能して。 亜衣M: 亜衣M:私達はどんどん*旅路《たびじ》を進めていった。 亜衣M: 亜衣M:夜はホテルでお互いゆっくり体を休ませ、無理をすることなく、新幹線で次の目的地へ。 亜衣M: 亜衣M:大阪、広島、福岡、沖縄と南下していき… 亜衣M: 亜衣M:日本食い尽くし旅、最後の舞台に選んだのは、一気に北上して北海道! 晃M:*苫小牧《とまこまい》、*函館《はこだて》、ニセコに*小樽《おたる》、そして札幌。 晃M: 晃M:海鮮はもちろん、ラーメンにスープカレーにジンギスカン。 晃M: 晃M:北海道ならではのデザートも沢山食べて、最後は腹がはちきれそうだったw 亜衣M:聞いてる人は「食べてばっかり」と思うだろうけど、ちゃんと観光もしたんだよ! 亜衣M: 亜衣M:それぞれの有名な観光地に*赴《おもむ》いたり、 亜衣M: 亜衣M:2人が好きなアニメの*聖地巡礼《せいちじゅんれい》なんかもした。 亜衣M: 亜衣M:そしていよいよ旅も*終盤《しゅうばん》…。 0:*石狩太井町《いしかりふといちょう》 *太井銘泉《ふといめいせん》 晃:はぁー、良い湯だったぁ!数日間にわたる北海道の旅の疲れも吹き飛ぶなぁ! 亜衣:北海道に上陸してから今日で5日目かな? さすがでっかいどうだよね!w 亜衣:あ、ねぇねぇ、露天風呂も入った?心地良い風が吹いててめっちゃ癒されたぁ。 晃:もっちろん!夕陽が綺麗だったなぁ! 晃:はぁー、これで1ヶ月の旅ももう終わりかぁ…。本当にあっという間だったなw 亜衣:ねw 亜衣: 亜衣:………。 亜衣: 亜衣:あの…ごめんね?最後なのに、こんな田舎の方まで来てもらっちゃって…。 晃:ん?別にそれはいいんだけどさ…。どうしてこの町に来たかったんだ? 亜衣:…昔ね、お父さんがこの町で働いていた事があるんだって。 晃:へぇ? 亜衣:それでね、その頃はこの辺に、フクロウが居たんだって。 晃:あぁ…、隣の*当越町《とうえつちょう》のシンボルになってたよな。 亜衣:そう。 …フクロウってね、「幸運の鳥」って呼ばれてるの。知ってた? 晃:え、知らなかった。そうなんだ? 亜衣:ほら、最近フクロウカフェとか流行ってるじゃん! 晃:あー、なんか地元にも新しく出来てたな! 亜衣:うん。 晃:それで? 亜衣:それで……だから、……あやかりたくて…w 晃:…あやかる? 亜衣:フクロウにまつわる神話とか言い伝えってたくさんあってね…。 亜衣: 亜衣:夜行性で夜、目が利くことで「見通しが明るい」と言われたり、 亜衣: 亜衣:幸福の「福」に、人が来るの「来る」に、太郎の「郎」って書いて*福来郎《ふくろう》、だから「福が来る」とか、 亜衣: 亜衣:*不苦労《ふくろう》って書いて、苦労しないって縁起の良い当て字があてられたりとか。 亜衣: 亜衣:あ、あとね、エジプト神話では、 亜衣: 亜衣:異界とコミュニケーションがとれるとされていて、 亜衣: 亜衣:「神秘の聖霊」って言われてるの。すごくない? 亜衣: 亜衣:危険を予知できる予言者として扱われてるんだって! 晃:ず…随分とフクロウに詳しいんだな…w 亜衣:…あ、あははw つい夢中になって調べちゃって…w 晃:…なぁ。 亜衣:え? 晃:さっき「あやかりたい」って言ったけどさ…、何かあったの? 亜衣:あ……えっと……。 晃:…ん? 亜衣:後で話すね!w 晃:はぁ?なんでだよ、大事な事だろ?今話せよ! 亜衣:それより行きたい所があるの! 晃:行きたい所? 亜衣:そう!その為にこの町に来たんだから! 晃:どこ? 亜衣:*当越《とうえつ》ダム! 晃:ダム!? 亜衣:ふふふw そこのダムね、あるスポットになってるの! 晃:……おいおい…、まさか……飛んだりしないよな? 亜衣:バカ!!そんな事する訳ないでしょ? 晃:……お、おう。 亜衣:はい!行くよ!車借りたから準備して! 晃:え、車!? 亜衣:そ!歩くにはちょっと遠いの!だからホテルの人に頼んで車借りちゃったw 晃:そ、そうなんだ…。 亜衣:さぁーしゅっぱーつ! 0:当越ダム 亜衣:はぁー、着いたー! 晃:うわぁ…真っ暗…。下見えないじゃん…こわ。 亜衣:ここにきて下を見る人なんて居ないよw 晃、空見て! 晃:空? ―:頭上には満天の星空が広がっている 亜衣:……うわぁー、スッキリ晴れてくれて良かったー! 晃:こ…これは……すごいな…。 亜衣:ふっふっふw 当越ダムは天体観測のスポットでした!w 晃:…安心したw 他にも何組か来てるんだな。そんなに有名なスポットなのか? 亜衣:うん!ネットで探したらすぐ出てくるくらいには。 晃:そっか。……にしても、都会じゃ絶対見れないな…こんな綺麗な星空…。 亜衣:うん…本当に綺麗…。 晃:……………亜衣。 亜衣:ん? 晃:身体、大丈夫なのか? 亜衣:んー、多分? 晃:多分って…。 亜衣:んふw 大丈夫だよ、きっと…。 晃:……フクロウの話も、この旅の思い付きも、何かあったんだろ? 亜衣:………。 晃:……。急に旅に行きたいって言い出したのも、それでか…。 亜衣:……それもあるけど、でも晃が心配だったのは本当だよ!? 晃:わかってるよw でも、それだけじゃなかったんなら、なんで言ってくれなかったの? 亜衣:え……。 晃:俺達の中で、隠し事は無しなんじゃなかった? 亜衣:………。 晃:…言ってみ?怒らないからw 亜衣:……なにそれ。子供に白状させるお母さんじゃん…。 晃:確かにw 亜衣:しかも言ったら絶対怒られるやつ…。 晃:…ったく。大人だろ?ちゃんと自分の口から言えよ。 亜衣:……。 晃:……いつから悪化してた? 亜衣:は…半年くらい前…。 晃:……ばか!(軽く亜衣の頭を叩く) 亜衣:いったぁ…。……ごめん…。 晃:なんでちゃんと言わないかなぁ…。 亜衣:だって…心配掛けたくない…。言っても私の場合…変わらないし…。 晃:だからって、俺に内緒で元気なフリをしてたのか?半年間も…。 亜衣:そんなに症状が出ないから大丈夫だったの!てか治った気でいたの! 晃:……下手な噓。治った気になんかなってないだろ。……なれるわけ、ないだろ…。 亜衣:……。 晃M:*不治《ふち》の*病《やまい》…「*染光病《せんこうびょう》」。 晃M: 晃M:身体にできたアザが、徐々に全身に広がっていく。 晃M: 晃M:*死期《しき》が近付くと、そのアザである染色体が光り始めるという謎の病気。 晃M: 晃M:亜衣は20歳の誕生日に発症が確認された。 晃M: 晃M:身に覚えのないアザが見つかり、それが年々広がっているのがわかって受診した。 晃M: 晃M:原因は未だに不明。そして世界でも同じ症例はほぼ無く、治療法もまだ見つかっていないと言われた。 亜衣M:いきなり知らない病名を言われても、全然ピンと来なかった。 亜衣M: 亜衣M:だけど…だんだんと症状が出始めた頃から、どんどん怖くなっていった…。 亜衣M: 亜衣M:急に身体がだるくなったり、*眩暈《めまい》や立ち*眩《くら》みが*頻繁《ひんぱん》に起きたり、 亜衣M: 亜衣M:ひどい時は、朝起きてからずっと力が入らず寝たきりになったり…。 亜衣M: 亜衣M:でも最近は落ち着いていて、そんな症状も出てなかったの。 亜衣M: 亜衣M:だから晃にも何も言わず、平然と日常を過ごしていた…。 亜衣M: 亜衣M:だけど…。 晃:……亜衣? 亜衣:……。 晃:なぁ、何があったんだよ? 亜衣:……背中、見て? 晃:背中…? ―:服を脱ぐ亜衣 晃:あ……アザが、光って……。 亜衣:……うん。 晃:で、でもこの前一緒に風呂に入った時は、なんともなかっただろ!? 亜衣:あの日は…たまたまだと…思う。それかお風呂の電気で目立たなかったのかも…。 晃:………。 亜衣:半年くらい前にね、職場で頭痛がひどくなった時、トイレで確認したの。 亜衣:そしたら…ちょっと光ってるのがわかった。 晃:な……なんでその時に言わないんだよ…。 亜衣:…ごめん。なんか…怖くなっちゃって…。 晃:……。 亜衣:それでね、その次の日から様子を見てたんだけど、全然光る事もないし、 亜衣:頭痛とか他の症状も出なかったの。 晃:……そっか。 亜衣:だけど…それから1週間とか5日置きに光るようになったの。 晃:え…? 亜衣:私…不安になって病院の先生に電話して聞いたの。 亜衣:そしたら、「確実に進行している」って言われて…。原因もまだ解明中だって…。 晃:……じゃあ治療法も…まだか。 亜衣:うん…。でもね、2ヵ月くらい前から症状がパッタリ*治《おさ》まったの。 晃:…2ヶ月前? 亜衣:そう。 亜衣: 亜衣:…だけどさ、なんか光ったアザを見てから、 亜衣:私が生きていられるのは後何年なんだろうって…。 晃:そんな事… 亜衣:考えるでしょ!?普通…。 晃:…あ…ごめん。 亜衣:後何年か…、何ヵ月か、何週間か……。 晃:……亜衣。 亜衣:いつこのアザが急に光り出して、私の命を奪うのかわかんないんだよ…? 晃:…うん……。 亜衣:…だから仕事してる場合じゃないって思ったの。 晃:あぁ…そういう事か…。 亜衣:だって…晃との思い出、まだまだ足りないんだもん! 晃:亜衣…。 亜衣:私がこのまま死んじゃってさ、晃が天国に来るまで後何年ある? 亜衣:向こうで私が退屈しないように、生きてるうちにたくさん思い出作りたいの! 晃:………わかった。 亜衣:…え? 晃:これからできるだけ思い出増やしていこう! 亜衣:…うん! 晃:それに…。 亜衣:ん? 晃:俺だってダウン…なんたら症候群って難病患者なんだ、案外すぐそっち行くかもよ?w 亜衣:……バカ!!!!! 晃:っっ!? 亜衣:そんなの絶対ダメ!!! 晃:あ、亜衣…? 亜衣:…晃は、私が生きられなかった分、しっかり生きるの!! 晃:……。 亜衣:だからそんな事言わないで…。 晃:あ、あぁ…ごめん。冗談のつもりだったんだけど…*不謹慎《ふきんしん》だったな。 亜衣:…バカ。 晃:………。 晃:…亜衣。 亜衣:……なに。 晃:お詫びって訳じゃないけど、今夜、スペシャルコースでやってあげるw 亜衣:え、…マッサージ!?やったー!晃のマッサージお店より気持ちいからから大好き! 晃:あははw それは何よりですw 亜衣:じゃあたっぷり4時間コースでお願いしまーす!w 晃:バーカw やりすぎも良くないんだぞw 亜衣:えー?じゃあ私が満足するまで! 晃:はいはいw 0:次の日 亜衣:(震えながら)あきら……ねぇ、起きて…。 晃:ん…、おはよう亜衣…。どした? 亜衣:これ……見て…。 晃:ん…?なっ…、なんだよ…これ!? 亜衣:わかんない…起きたら足が……足にアザが一気に広がってて……。 晃:………痛みは?身体はなんともないか!? 亜衣:だ…大丈夫…。ちょっと驚いただけ…。 晃:…亜衣。もう帰って一度病院に行こう。 亜衣:ダメ!! 晃:……亜衣…。 亜衣:お願い…。この旅は最後まで続けたいの…。晃、お願い……。 晃:……わかった。 亜衣:…ありがとう。 晃:けど、絶対無理するなよ?何か異変があればすぐに言うんだぞ? 亜衣:うん!そうする! 晃:ん…。じゃあ朝飯食べたら準備して行こうか。 亜衣:うん!…着替えるね。 晃:あぁ…。 亜衣M:私が病気になってから、もう10年が経つ。 亜衣M: 亜衣M:今までは背中と腕だけだったアザが、いきなり足にまで広がった。 亜衣M: 亜衣M:ちょっとずつしか広がらなかったアザが、急にこんなに広がったのは初めてで、 亜衣M: 亜衣M:恐怖と不安で少しパニックになった…。 亜衣M: 亜衣M:私はゆっくり着替えながら、死が近付いているのを実感していた。 亜衣M: 亜衣M:あぁ、残された時間は本当にあと*僅《わず》かなんだろうな、って…。 亜衣M: 亜衣M:だからこそ、旅の最後まで、晃と笑顔で過ごしたいって思った…。 亜衣M: 亜衣M:大好きな晃との思い出をたくさん*抱《だ》いて、天国に行きたいから。 亜衣M: 亜衣M:きっと晃は、私と出逢って無ければもっともっと人生を楽しめていた。 亜衣M: 亜衣M:旅行だって、もっとあちこち行っていたと思う。 亜衣M: 亜衣M:私の身体を気遣って、やりたい事、行きたい所をたくさん諦めてきたんだ…。 亜衣M: 亜衣M:ごめんね…。もうすぐ……解放してあげられるからね…。 亜衣M: 亜衣M:だから……。 亜衣M: 亜衣M:この旅は私の最後のわがまま…。叶えてくれてありがとう…晃…。 0:札幌市内 晃:ここが大通り公園かぁー。あ、トウモロコシ売ってる! 亜衣:本当だー!ちなみに「ゆでとうきび」ね?w 亜衣:ネットで見たけど、甘くてすっごく美味しいんだって!1本買おうよ! 晃:おっけー。じゃあここで座って待ってて、買ってくる! 亜衣:はーい!お願いしまーす!(背伸び)………んーー、良い天気!ピクニック*日和《びより》だぁ。 晃:おまたせ! 亜衣:わっ、早かったね! 晃:あぁ、すぐ買えた!ほれ、アツアツw 亜衣:あっつ!? ちょっとーw 晃:あっははw  亜衣:いっただきまーす!………んんー!!美味しい!! 晃:どれどれ?………本当だ!甘くて美味しい! 亜衣:これは名物になるのも納得! 晃:そうだなw 亜衣:はぁ………のどかだねぇ。 晃:あぁ…。 亜衣:あ、そういえばね、あそこに見えてるテレビ塔って展望台があるんだって! 晃:おぉ、後で登ってみる? 亜衣:うん!本当は夜景見てみたかったんだけど…仕方ないね。 晃:そうなぁ…夜には帰りの飛行機だからな。 亜衣:はぁ…終わっちゃうのかぁ…「日本食い尽くし旅」。 晃:たっぷり堪能しただろw 亜衣:…うん。 晃:なかなか居ないと思うぞ?社会人でこんなぶっ飛んだ計画して実行する人w 亜衣:あははw 私に鬼の行動力を伝授した晃のせいだw 晃:確かにw しっかり受け継がれたようでw 亜衣:んふふw 晃:……。 亜衣:……美味しいね、ゆでとうきび。 晃:あぁ。 亜衣:日本中、色んな美味しい物…食べられたね…。 晃:そうだな。 亜衣:満天の星空も…綺麗だった…。 晃:あぁ。あれは感動したw 亜衣:………ありがとう…ね。 晃:…なに*辛気臭《しんきくさ》くなってんだよw 亜衣:……。 晃:亜衣…? 亜衣:…………ごめん、晃……私……。 晃:え…? ―:亜衣が静かに倒れる 晃:あ……亜衣?…おい、…嘘だろ?……亜衣!!! 0:病院 晃:あの、ここの病院の先生に電話してください!主治医です! 晃: 晃:亜衣は*染光病《せんこうびょう》で…、今朝アザが急に広がって! 晃: 晃:あ………はい……。 晃M:あれからすぐに救急車を呼んで近くの病院に運ばれた。 晃M: 晃M:だけど、原因不明の染光病と言っても、医者は聞いた事がないと困惑する。 晃M: 晃M:*搬送後《はんそうご》、意識不明の重体で*ICU《あいしーゆー》に入った。 晃M: 晃M:今は*容態《ようだい》も落ち着いて、とりあえず命に別状は無いと言われた。 晃M: 晃M:だが、それから3日間、亜衣の意識が戻る事は無かった。 晃M: 晃M:ここではカルテも無い為、主治医の居る地元の病院へ移すか問われ、それに応じた。 0:2ヶ月後 晃:先生…、亜衣の様子は…? 晃: 晃:………そうですか…。 晃: 晃:……まだ治療法も見つかってないんですか? 晃: 晃:はい、……はい、わかりました…。 ―: 亜衣M:私はあの日、公園で意識を失った。 亜衣M: 亜衣M:気持ちの良い陽気に、だんだんと視界がフワフワしてきて 亜衣M: 亜衣M:気付いたら私は夢の中にいた。 亜衣M: 亜衣M:隣には晃が寝ていて、気持ちよさそうに寝息を立てている。 亜衣M: 亜衣M:私は寝ている晃を笑顔で見ている。 亜衣M: 亜衣M:その空間が、とても心地良くて、 亜衣M: 亜衣M:このまま、一生この時間が続けばいいなと思った。 0:3ヶ月後 晃:…先生、なんで亜衣は目を覚まさないんですか…? 晃: 晃:このままずっと目を覚まさない可能性もあるんですか…? 晃: 晃:こ…このまま…死んだりしませんよね?なんとかしてくださいよ!! 晃: 晃:俺なんでもしますから!!お願いします!先生!! 0:半年後 亜衣M:また夢を見た。 亜衣M: 亜衣M:夢なのか願望なのか…。 亜衣M: 亜衣M:私は晃と旅行に行っている。 亜衣M: 亜衣M:景色から察するに、そこは日本ではなかった。 亜衣M: 亜衣M:海外旅行…。付き合い始めの頃、晃がいつかは行ってみたいと言っていた。 亜衣M: 亜衣M:だけど、私が病気になってから、一度もその話をしなくなった…。 亜衣M: 亜衣M:ごめんね…。ごめんね、晃。私があなたを縛っているから…。 ―:病室 晃:亜衣…。なぁ亜衣、早く目を覚ましてくれよ…。 亜衣M:晃…、あなたはもう、私に構わなくていいの…。 晃:起きろよ…亜衣。もうとっくに朝だぞ…。 亜衣M:私の事なんて忘れて、あなたはあなたの人生を生きて…。 晃:今日は亜衣の好きなオムライスを作ろうと思うんだ。 亜衣M:そうやっていつも私を喜ばせてくれた…。 晃:昨日卵を買ったんだ。…帰る途中で2つ割っちゃったけど…w 亜衣M:ふふw しっかりしてる晃もかっこいいけど、ドジな晃も可愛い。 晃:なぁ、この前家の掃除をしたんだけどな。 亜衣M:家事も手伝ってくれて、きっと良い旦那さんになっただろうな…。 晃:昔撮った写真がたくさん出てきたんだよ。 亜衣M:そういえば、若い時は事あるごとに写真を撮ってたね。 晃:見ろよw この亜衣の変顔ww 亜衣M:晃だって…変な顔して寝てるくせにw 晃:もう…随分と写真を撮っていないな…。 亜衣M:そういえば…、旅行中も全然撮らなかったな…。 晃:なぁ亜衣。亜衣が起きたらさ、アルバムを作ろう! 亜衣M:………。 晃:これからじいちゃんばあちゃんになるまで、いっぱい写真を撮ろう! 亜衣M:晃……やめて……。 晃:それで、その思い出のアルバムを抱えて、2人で天国に行こう! 亜衣M:あなたはもう……私と居てはいけないの……。 晃:大丈夫だよ亜衣…。俺がずっと傍に居るから…。 亜衣M:もう私への優しさなんて…いらないの…。 晃:だからさ……だから……。 亜衣M:………泣かないで……晃…。 晃:………俺は…亜衣の事が大好きだ…。 亜衣M:あ……晃……。 晃:早く起きてくれないと……プロポーズできないだろ!! 亜衣M:プ…プロポーズ……? 晃:なぁ…亜衣……。早く起きろよ…。 亜衣M:……晃………私は…。 晃:俺に、プロポーズさせてくれよ!! 亜衣M:…………生きたい……。 晃:頼むからさぁ………亜衣…。 亜衣M:……生きたい…。…晃と……まだ生きたい!!! ―:主治医が勢いよく病室に入ってくる 晃:え……ち、治療法が見つかった!? 晃: 晃:はい!すぐに行きます!!! 0:1ヶ月後 亜衣:……ん……。 晃:……あ、亜衣…? 亜衣:…………あ…き……ら……。 晃:……亜衣!! 亜衣:……あき…ら……。 晃:亜衣!俺だ!俺はここに居る!! 亜衣:………晃…、た…だい…ま……。 晃:……亜衣…。…良かった……本当に……良かった……。 亜衣:……なか…ない…で…。 晃:…ああ……あぁ……。 ―: 晃M:1年間も眠っていた亜衣が、ようやく目を覚ました。 晃M: 晃M:治療法が見つかったと聞かされた次の日から、亜衣の治療が始まった。 晃M: 晃M:肌には塗り薬を毎日朝昼晩と塗り、夜に薬を服用する。 晃M: 晃M:とても副作用が強い薬で、意識が戻ってからも退院するまでに2年も掛かった。 晃M: 晃M:3年間、病院のベットで寝ていた亜衣は、今じゃ俺が驚くほどの行動力を見せている。 亜衣:次はオーストラリアに行こう!コアラ抱っこしたい!w 晃:おいおい…。去年アメリカと中国に行って散々*散財《さんざい》しただろー? 晃:せめて国内にしない…?次はオーストラリアって…。 亜衣:お金なら節約すればなんとかなるって!それに…、 晃:人生は一度きり!後悔しないようにやりたい事は全部やる!! 亜衣:わかってんじゃん!ww 晃:ったく…w 無理するなよー? 亜衣:私は完治したもん!それより晃の身体を気遣いましょう! 晃:ん、俺も大丈夫だよw 亜衣:よーし、じゃあ張り切って準備しよう!! 晃:……やれやれww 晃M:ご覧の通り、亜衣はもう元気いっぱいで、 晃M: 晃M:今じゃフッ軽だったはずの俺がちょっと引いてるくらいだw 晃M: 晃M:試した治療法は、見事大成功。亜衣の病気は完治した。 晃M: 晃M:塗り薬のおかげで、アザもほとんど見えないくらいまで消えた。 晃M: 晃M:本人も安心して半袖にショーパンで出掛けられると喜んでいる。 亜衣M:だって夏に長袖なんて着てらんないでしょ?w 亜衣M: 亜衣M:おかげさまで、私は元気に帰ってこれました! 亜衣M: 亜衣M:晃と生きたいと願ったあの時、きっと神様が願いを叶えてくれたのかな。 亜衣M: 亜衣M:けど…薬の副作用は本当に辛かった…。 亜衣M: 亜衣M:毎日*嘔吐《おうと》して、毎日お腹壊して、毎日頭痛に悩まされていた…。 亜衣M: 亜衣M:もう二度と、あんな生活はごめんだぁ…。 亜衣M: 亜衣M:まぁ…おかげでこうして生きていられるんだけどねw 0:出発日 晃:亜衣ー!準備できたー? 亜衣:できたー!! 晃:パスポートも持った? 亜衣:晃こそちゃんと持ったの?前回忘れそうになったくせに! 晃:ごめんってw 今日は大丈夫だよ!持ち物チェック全て済んでる! 亜衣:いよーーし!!ではではーー、いざ行かん! 晃:「世界食い尽くし旅」!

0:人生楽しんだもん勝ち ―: 0:自宅 亜衣:はぁー、仕事辞めたいなぁ…。 晃:本当にそう思うなら辞めたら? 亜衣:またそうやって簡単に言う…。 晃:だって、心が壊れるまで働くより、早めに決断して次に進む準備した方が断然いいじゃん。 亜衣:それはそうだけどさぁ…。 晃:……。 亜衣:晃は…なんで今の仕事続けられてるの? 晃:ん?俺は…楽しいから? 亜衣:嘘だ!全然興味無かったじゃない、ゲームのデバッカーなんて。 晃:そんな事ないよー? 亜衣:えー、本当に?やってみたかった?この仕事。 晃:うん。それに俺、どんな仕事でもそれなりに楽しめるし。 亜衣:へぇ…。羨ましい…。 晃:……。 亜衣:……ねぇ、そろそろ切り上げたら?もう10時間もやってるじゃん…。 晃:そうだなぁ…。あ、そろそろ風呂沸いたんじゃない? 亜衣:うん。さっき沸いたーって音鳴ってた。 晃:じゃあ先入ってこいよ。亜衣が上がったら俺も入るから。 亜衣:…はーい。 晃:いってらっしゃーい。 ―: 亜衣:あきらー、上がったよー。 亜衣: 亜衣: 亜衣:……晃?どこ? ―:晃が寝室で倒れているのを発見する 亜衣:…え、晃!?どうしたの!? 亜衣: 亜衣:きゅ…救急車!! 0:病院 亜衣:(晃のベッドに頭を伏せて寝ている)……すぅ…すぅ…。 晃:………ん…。 亜衣:…あ……晃?起きた? 晃:ん……あれ…? 亜衣:病院! …晃、寝室で倒れてたんだよ…? 晃:え…? 亜衣:最近睡眠不足だったから疲れてたんじゃない…? 亜衣:もう、すっごい心配したんだからね!? 晃:あー…ごめん…。 亜衣:あ、先生呼んでくるね。 晃:ん、ありがとう。 亜衣:うん! 0:次の日 診察室 晃:ダウン…プロダム*症候群《しょうこうぐん》…? 亜衣:な、難病…? 晃:寝不足や疲労が溜まると、急に*失神《しっしん》や*心不全《しんふぜん》が起きる*指定難病《していなんびょう》…。 亜衣:……。 晃:しばらく薬で様子見ですか…。…はい、わかりました。ありがとうございました。失礼します。 0:退院日 亜衣:あきらー、おまたせ。会計とか手続き全部終わったよ。 晃:ありがとう!…よし、荷物も全部持ったし…行くか。 亜衣:あ、ねぇ!荷物、私が持つってば! 晃:だからw そんなに*大袈裟《おおげさ》に考えるなってw 亜衣:だって…疲労も溜めちゃダメなんだよ? 晃:ばかw これくらいの荷物を運んだだけで疲労が溜まってたら、 晃:俺この先何にもできないってw 亜衣:………何もしなきゃいいじゃん。 晃:え…? 亜衣:何もしなきゃいいじゃん!! 晃:…ふふw ありがとう。帰ろ? 亜衣:……ん。 0:自宅 晃:ふぅー、数日だったけど…なんか家が懐かしい感じw 亜衣:おかえり! 晃:あぁ、ただいま。 亜衣:ソファに座るか、ベッドで寝るか、どっちにする? 晃:…亜衣w 亜衣:あ、お風呂*沸《わ》かしてくるね!荷物もいいからほら、座るか寝てるかしてて! 晃:…ねぇ、俺ずっと寝たきりだったから体だるいんだけど?ちょっとは動きたいんだけどなぁ…? 亜衣:はいはい、病み上がりの人はジッとしててくださーい。ほら、ソファにでも座ってて。 晃:……やれやれw ―: 亜衣:晃、お風呂沸いたよ! 晃:おぉー、サンキュ。んじゃ、サッパリしてくるかぁ。 亜衣:…ねぇ、1人で大丈夫…? 晃:え?  亜衣:いや…だって…。 晃:あ、久しぶりだから一緒に入りたい?w 亜衣:もー、バカ!!心配してんの!! 晃:あっははw 大丈夫だよw 亜衣:何かあったら、すぐ呼んでよ…? 晃:あぁ。  亜衣:(不安そうに俯く)……んん。 晃:なぁw そんなに心配するなよ、大丈夫だから。 晃:薬も飲んでるし、先生もそんな*頻繁《ひんぱん》には起きないって言ってたろ? 亜衣:そうだけど…。…倒れたのついこの前だもん、落ち着かないよ…。 晃:…よし、じゃあやっぱり一緒に入ろう! 亜衣:え…? 晃:ほら、行こう! 亜衣:いや……それは…。 晃:ん?何…?そんなに一緒に入るの嫌なの? 亜衣:そ…そういう訳じゃないけど……。 晃:ほーら、たまにはいいじゃん、行こ? 亜衣:う……うん…。 ―:寝室 晃:さて…、久しぶりに我が家のベッドだぁ!んーー、このフカフカマット…やっぱり気持ちいいw 亜衣:…ねぇ、仕事はどうするの?しばらく休むんでしょ? 晃:ん?んー…いや、ノルマもあるし、とりあえず明日から仕事復帰しようかなー。 亜衣:はぁ!?本気で言ってる!? 晃:え? 亜衣:ねぇ、そんなに生き急いでどうするの?何かに追われてるの? 晃:なんだよそれw 亜衣:……自分の*身体《からだ》を大事にしない人は、他人も大事にできないんだよ。 晃:…それ、出逢った頃俺が亜衣に言った言葉じゃんw 亜衣:そうだよ。だから私は、ちゃんと言われた通り自分を大事にしてきた。 晃:うん…。 亜衣:だから、私は今でも元気に生きてるし、晃と一緒に暮らせてる。 晃:うん。 亜衣:でも晃は…、私との生活を台無しにしようとしてる…。 晃:そんな事…。 亜衣:ある!退院した次の日から仕事って…バカじゃないの。 晃:だって今の仕事、デスクワークだよ?パソコンとにらめっこしてるだけじゃん。 亜衣:そうやって長時間仕事に打ち込んだ結果、疲労が溜まって倒れたんでしょ! 晃:あぁ…まぁ…。じゃあ、程々にするからさ。 亜衣:はぁ…。「ノルマ」なんて言ってるから、何にもわかってないんでしょうねぇ…。 晃:……。 亜衣:………ねぇ晃、私、今の仕事辞める。 晃:あ、決めたんだ? 亜衣:うん。だから、晃も辞めよ? 晃:……は? 亜衣:ちょっとの間だけ!ね!お願い! 亜衣:お互い今までちゃんと貯金してきたし、 亜衣:半年働かなくても困らないくらい、*蓄《たくわ》えはあるでしょ!? 晃:いや…金はあるだろうけど…。いきなりどうしたんだよ? 亜衣:旅行に行きたい! 晃:旅行!? 亜衣:そう!日本中、あちこち行きたい所、全部行こうよ!そして食べたい物全部食べ歩くの! 晃:日本中って…、また*大《だい》それた思い付きをw 亜衣:人生は一度きり!後悔しないようにやりたい事は全部やる!! 晃:……それも俺が前に言ったやつw 亜衣:そうだよ!晃、人にはカッコイイ事言っておいてさ、…自分の人生は? 晃:……。 亜衣:楽しんでるの?やりたい事、全部やれてるの? 晃:……やれてない…。 亜衣:…ね?息抜きには丁度良いタイミングじゃん! 晃:…んん……。 亜衣:今の仕事だって、人が急に辞めて*人手《ひとで》が足りないからって頼まれただけでしょ。 亜衣:もう十分新しい社員さんも入ったんだから、晃はもうお*役御免《やくごめん》じゃん! 晃:…まぁ、確かに人は充実したな…。 亜衣:でしょ?なら晃が無理に続ける事も無いじゃん! 晃:ん……。てか、旅っていつまでするの? 亜衣:んー、少なくとも1ヶ月は旅をしよう! 晃:い…1ヶ月!? 亜衣:そ。あっという間だよー、日本中を旅してたら1ヶ月なんて。 晃:そ…それはそうかもしれないけど…。 亜衣:大丈夫!*休息《きゅうそく》はちゃんと十分に確保できるように予定組むから! 晃:………。 亜衣:………やっぱり…ダメ? 晃:……ふふw 亜衣:…え、なに? 晃:いや…w 出逢った頃とは別人みたいに行動力ついたよなーってw 亜衣:あーw そりゃあ影響もされるよw だってあの頃の晃、行動力の鬼みたいだったからねw 晃:散々振り回して亜衣によく怒られてたよなw フッ*軽《かる》過ぎってw 亜衣:だって過密スケジュールが当たり前だったんだもんw 亜衣:でもすっごい輝いてたよ!人生楽しんでます!!って感じw 晃:あははw 亜衣:………私の、せいだよね。 晃:え…? 亜衣:………。 晃:……それは違うって何度も言ったろ? 亜衣:…だって…、私が病気になったから…晃は……。 晃:あーい?それ、もう言わない約束じゃなかったか? 亜衣:………うん。 晃:…ったく。 亜衣:………。 晃:よし、じゃあー本当に行っちゃうかぁ!日本中、あちこち飛び回ってさ!w 亜衣:……晃。うん!行く!!やったー!w 晃:よーし、そうと決まれば、仕事もケリつけて、色々と準備しなくちゃな! 亜衣:あ、大事な事! お互い身体に負担が掛からないようにね! 晃:うん、じゃあそれを*根本《こんぽん》に置いて計画しよう! 亜衣:わあーーw なんか一気に楽しみになった!w 晃:あははw 人生楽しんだもん勝ちだからな! 亜衣:出た!晃の名言!w 0:1ヶ月後 晃:よし、亜衣!準備できたぞ! 亜衣:はーい!私ももうすぐ! 晃:薬も持ったし、先週の診察で問題無いって言われたし、大丈夫だろ。 亜衣:おまたせーー! 晃:おぉー、気合いバッチリだなw 亜衣:へっへー!もっちろん!! 晃:よし、それじゃあ、いざ行かん! 亜衣:日本、食い尽くし旅ーー!!w 0: 晃M:とまぁ、そんな訳で。 晃M: 晃M:亜衣の思い付きから始まったこの「日本食い尽くし旅」w 晃M: 晃M:まずは俺達が大好きな、名古屋に行った。 晃M: 晃M:赤味噌ダレがたまらなく美味しい味噌カツ。 晃M: 晃M:あとは有名な名古屋コーチンの親子丼に、ひつまぶし、どれも本当に美味しかった。 亜衣M:限られた時間を有効に、そしてその土地の名物を余す事無く堪能して。 亜衣M: 亜衣M:私達はどんどん*旅路《たびじ》を進めていった。 亜衣M: 亜衣M:夜はホテルでお互いゆっくり体を休ませ、無理をすることなく、新幹線で次の目的地へ。 亜衣M: 亜衣M:大阪、広島、福岡、沖縄と南下していき… 亜衣M: 亜衣M:日本食い尽くし旅、最後の舞台に選んだのは、一気に北上して北海道! 晃M:*苫小牧《とまこまい》、*函館《はこだて》、ニセコに*小樽《おたる》、そして札幌。 晃M: 晃M:海鮮はもちろん、ラーメンにスープカレーにジンギスカン。 晃M: 晃M:北海道ならではのデザートも沢山食べて、最後は腹がはちきれそうだったw 亜衣M:聞いてる人は「食べてばっかり」と思うだろうけど、ちゃんと観光もしたんだよ! 亜衣M: 亜衣M:それぞれの有名な観光地に*赴《おもむ》いたり、 亜衣M: 亜衣M:2人が好きなアニメの*聖地巡礼《せいちじゅんれい》なんかもした。 亜衣M: 亜衣M:そしていよいよ旅も*終盤《しゅうばん》…。 0:*石狩太井町《いしかりふといちょう》 *太井銘泉《ふといめいせん》 晃:はぁー、良い湯だったぁ!数日間にわたる北海道の旅の疲れも吹き飛ぶなぁ! 亜衣:北海道に上陸してから今日で5日目かな? さすがでっかいどうだよね!w 亜衣:あ、ねぇねぇ、露天風呂も入った?心地良い風が吹いててめっちゃ癒されたぁ。 晃:もっちろん!夕陽が綺麗だったなぁ! 晃:はぁー、これで1ヶ月の旅ももう終わりかぁ…。本当にあっという間だったなw 亜衣:ねw 亜衣: 亜衣:………。 亜衣: 亜衣:あの…ごめんね?最後なのに、こんな田舎の方まで来てもらっちゃって…。 晃:ん?別にそれはいいんだけどさ…。どうしてこの町に来たかったんだ? 亜衣:…昔ね、お父さんがこの町で働いていた事があるんだって。 晃:へぇ? 亜衣:それでね、その頃はこの辺に、フクロウが居たんだって。 晃:あぁ…、隣の*当越町《とうえつちょう》のシンボルになってたよな。 亜衣:そう。 …フクロウってね、「幸運の鳥」って呼ばれてるの。知ってた? 晃:え、知らなかった。そうなんだ? 亜衣:ほら、最近フクロウカフェとか流行ってるじゃん! 晃:あー、なんか地元にも新しく出来てたな! 亜衣:うん。 晃:それで? 亜衣:それで……だから、……あやかりたくて…w 晃:…あやかる? 亜衣:フクロウにまつわる神話とか言い伝えってたくさんあってね…。 亜衣: 亜衣:夜行性で夜、目が利くことで「見通しが明るい」と言われたり、 亜衣: 亜衣:幸福の「福」に、人が来るの「来る」に、太郎の「郎」って書いて*福来郎《ふくろう》、だから「福が来る」とか、 亜衣: 亜衣:*不苦労《ふくろう》って書いて、苦労しないって縁起の良い当て字があてられたりとか。 亜衣: 亜衣:あ、あとね、エジプト神話では、 亜衣: 亜衣:異界とコミュニケーションがとれるとされていて、 亜衣: 亜衣:「神秘の聖霊」って言われてるの。すごくない? 亜衣: 亜衣:危険を予知できる予言者として扱われてるんだって! 晃:ず…随分とフクロウに詳しいんだな…w 亜衣:…あ、あははw つい夢中になって調べちゃって…w 晃:…なぁ。 亜衣:え? 晃:さっき「あやかりたい」って言ったけどさ…、何かあったの? 亜衣:あ……えっと……。 晃:…ん? 亜衣:後で話すね!w 晃:はぁ?なんでだよ、大事な事だろ?今話せよ! 亜衣:それより行きたい所があるの! 晃:行きたい所? 亜衣:そう!その為にこの町に来たんだから! 晃:どこ? 亜衣:*当越《とうえつ》ダム! 晃:ダム!? 亜衣:ふふふw そこのダムね、あるスポットになってるの! 晃:……おいおい…、まさか……飛んだりしないよな? 亜衣:バカ!!そんな事する訳ないでしょ? 晃:……お、おう。 亜衣:はい!行くよ!車借りたから準備して! 晃:え、車!? 亜衣:そ!歩くにはちょっと遠いの!だからホテルの人に頼んで車借りちゃったw 晃:そ、そうなんだ…。 亜衣:さぁーしゅっぱーつ! 0:当越ダム 亜衣:はぁー、着いたー! 晃:うわぁ…真っ暗…。下見えないじゃん…こわ。 亜衣:ここにきて下を見る人なんて居ないよw 晃、空見て! 晃:空? ―:頭上には満天の星空が広がっている 亜衣:……うわぁー、スッキリ晴れてくれて良かったー! 晃:こ…これは……すごいな…。 亜衣:ふっふっふw 当越ダムは天体観測のスポットでした!w 晃:…安心したw 他にも何組か来てるんだな。そんなに有名なスポットなのか? 亜衣:うん!ネットで探したらすぐ出てくるくらいには。 晃:そっか。……にしても、都会じゃ絶対見れないな…こんな綺麗な星空…。 亜衣:うん…本当に綺麗…。 晃:……………亜衣。 亜衣:ん? 晃:身体、大丈夫なのか? 亜衣:んー、多分? 晃:多分って…。 亜衣:んふw 大丈夫だよ、きっと…。 晃:……フクロウの話も、この旅の思い付きも、何かあったんだろ? 亜衣:………。 晃:……。急に旅に行きたいって言い出したのも、それでか…。 亜衣:……それもあるけど、でも晃が心配だったのは本当だよ!? 晃:わかってるよw でも、それだけじゃなかったんなら、なんで言ってくれなかったの? 亜衣:え……。 晃:俺達の中で、隠し事は無しなんじゃなかった? 亜衣:………。 晃:…言ってみ?怒らないからw 亜衣:……なにそれ。子供に白状させるお母さんじゃん…。 晃:確かにw 亜衣:しかも言ったら絶対怒られるやつ…。 晃:…ったく。大人だろ?ちゃんと自分の口から言えよ。 亜衣:……。 晃:……いつから悪化してた? 亜衣:は…半年くらい前…。 晃:……ばか!(軽く亜衣の頭を叩く) 亜衣:いったぁ…。……ごめん…。 晃:なんでちゃんと言わないかなぁ…。 亜衣:だって…心配掛けたくない…。言っても私の場合…変わらないし…。 晃:だからって、俺に内緒で元気なフリをしてたのか?半年間も…。 亜衣:そんなに症状が出ないから大丈夫だったの!てか治った気でいたの! 晃:……下手な噓。治った気になんかなってないだろ。……なれるわけ、ないだろ…。 亜衣:……。 晃M:*不治《ふち》の*病《やまい》…「*染光病《せんこうびょう》」。 晃M: 晃M:身体にできたアザが、徐々に全身に広がっていく。 晃M: 晃M:*死期《しき》が近付くと、そのアザである染色体が光り始めるという謎の病気。 晃M: 晃M:亜衣は20歳の誕生日に発症が確認された。 晃M: 晃M:身に覚えのないアザが見つかり、それが年々広がっているのがわかって受診した。 晃M: 晃M:原因は未だに不明。そして世界でも同じ症例はほぼ無く、治療法もまだ見つかっていないと言われた。 亜衣M:いきなり知らない病名を言われても、全然ピンと来なかった。 亜衣M: 亜衣M:だけど…だんだんと症状が出始めた頃から、どんどん怖くなっていった…。 亜衣M: 亜衣M:急に身体がだるくなったり、*眩暈《めまい》や立ち*眩《くら》みが*頻繁《ひんぱん》に起きたり、 亜衣M: 亜衣M:ひどい時は、朝起きてからずっと力が入らず寝たきりになったり…。 亜衣M: 亜衣M:でも最近は落ち着いていて、そんな症状も出てなかったの。 亜衣M: 亜衣M:だから晃にも何も言わず、平然と日常を過ごしていた…。 亜衣M: 亜衣M:だけど…。 晃:……亜衣? 亜衣:……。 晃:なぁ、何があったんだよ? 亜衣:……背中、見て? 晃:背中…? ―:服を脱ぐ亜衣 晃:あ……アザが、光って……。 亜衣:……うん。 晃:で、でもこの前一緒に風呂に入った時は、なんともなかっただろ!? 亜衣:あの日は…たまたまだと…思う。それかお風呂の電気で目立たなかったのかも…。 晃:………。 亜衣:半年くらい前にね、職場で頭痛がひどくなった時、トイレで確認したの。 亜衣:そしたら…ちょっと光ってるのがわかった。 晃:な……なんでその時に言わないんだよ…。 亜衣:…ごめん。なんか…怖くなっちゃって…。 晃:……。 亜衣:それでね、その次の日から様子を見てたんだけど、全然光る事もないし、 亜衣:頭痛とか他の症状も出なかったの。 晃:……そっか。 亜衣:だけど…それから1週間とか5日置きに光るようになったの。 晃:え…? 亜衣:私…不安になって病院の先生に電話して聞いたの。 亜衣:そしたら、「確実に進行している」って言われて…。原因もまだ解明中だって…。 晃:……じゃあ治療法も…まだか。 亜衣:うん…。でもね、2ヵ月くらい前から症状がパッタリ*治《おさ》まったの。 晃:…2ヶ月前? 亜衣:そう。 亜衣: 亜衣:…だけどさ、なんか光ったアザを見てから、 亜衣:私が生きていられるのは後何年なんだろうって…。 晃:そんな事… 亜衣:考えるでしょ!?普通…。 晃:…あ…ごめん。 亜衣:後何年か…、何ヵ月か、何週間か……。 晃:……亜衣。 亜衣:いつこのアザが急に光り出して、私の命を奪うのかわかんないんだよ…? 晃:…うん……。 亜衣:…だから仕事してる場合じゃないって思ったの。 晃:あぁ…そういう事か…。 亜衣:だって…晃との思い出、まだまだ足りないんだもん! 晃:亜衣…。 亜衣:私がこのまま死んじゃってさ、晃が天国に来るまで後何年ある? 亜衣:向こうで私が退屈しないように、生きてるうちにたくさん思い出作りたいの! 晃:………わかった。 亜衣:…え? 晃:これからできるだけ思い出増やしていこう! 亜衣:…うん! 晃:それに…。 亜衣:ん? 晃:俺だってダウン…なんたら症候群って難病患者なんだ、案外すぐそっち行くかもよ?w 亜衣:……バカ!!!!! 晃:っっ!? 亜衣:そんなの絶対ダメ!!! 晃:あ、亜衣…? 亜衣:…晃は、私が生きられなかった分、しっかり生きるの!! 晃:……。 亜衣:だからそんな事言わないで…。 晃:あ、あぁ…ごめん。冗談のつもりだったんだけど…*不謹慎《ふきんしん》だったな。 亜衣:…バカ。 晃:………。 晃:…亜衣。 亜衣:……なに。 晃:お詫びって訳じゃないけど、今夜、スペシャルコースでやってあげるw 亜衣:え、…マッサージ!?やったー!晃のマッサージお店より気持ちいからから大好き! 晃:あははw それは何よりですw 亜衣:じゃあたっぷり4時間コースでお願いしまーす!w 晃:バーカw やりすぎも良くないんだぞw 亜衣:えー?じゃあ私が満足するまで! 晃:はいはいw 0:次の日 亜衣:(震えながら)あきら……ねぇ、起きて…。 晃:ん…、おはよう亜衣…。どした? 亜衣:これ……見て…。 晃:ん…?なっ…、なんだよ…これ!? 亜衣:わかんない…起きたら足が……足にアザが一気に広がってて……。 晃:………痛みは?身体はなんともないか!? 亜衣:だ…大丈夫…。ちょっと驚いただけ…。 晃:…亜衣。もう帰って一度病院に行こう。 亜衣:ダメ!! 晃:……亜衣…。 亜衣:お願い…。この旅は最後まで続けたいの…。晃、お願い……。 晃:……わかった。 亜衣:…ありがとう。 晃:けど、絶対無理するなよ?何か異変があればすぐに言うんだぞ? 亜衣:うん!そうする! 晃:ん…。じゃあ朝飯食べたら準備して行こうか。 亜衣:うん!…着替えるね。 晃:あぁ…。 亜衣M:私が病気になってから、もう10年が経つ。 亜衣M: 亜衣M:今までは背中と腕だけだったアザが、いきなり足にまで広がった。 亜衣M: 亜衣M:ちょっとずつしか広がらなかったアザが、急にこんなに広がったのは初めてで、 亜衣M: 亜衣M:恐怖と不安で少しパニックになった…。 亜衣M: 亜衣M:私はゆっくり着替えながら、死が近付いているのを実感していた。 亜衣M: 亜衣M:あぁ、残された時間は本当にあと*僅《わず》かなんだろうな、って…。 亜衣M: 亜衣M:だからこそ、旅の最後まで、晃と笑顔で過ごしたいって思った…。 亜衣M: 亜衣M:大好きな晃との思い出をたくさん*抱《だ》いて、天国に行きたいから。 亜衣M: 亜衣M:きっと晃は、私と出逢って無ければもっともっと人生を楽しめていた。 亜衣M: 亜衣M:旅行だって、もっとあちこち行っていたと思う。 亜衣M: 亜衣M:私の身体を気遣って、やりたい事、行きたい所をたくさん諦めてきたんだ…。 亜衣M: 亜衣M:ごめんね…。もうすぐ……解放してあげられるからね…。 亜衣M: 亜衣M:だから……。 亜衣M: 亜衣M:この旅は私の最後のわがまま…。叶えてくれてありがとう…晃…。 0:札幌市内 晃:ここが大通り公園かぁー。あ、トウモロコシ売ってる! 亜衣:本当だー!ちなみに「ゆでとうきび」ね?w 亜衣:ネットで見たけど、甘くてすっごく美味しいんだって!1本買おうよ! 晃:おっけー。じゃあここで座って待ってて、買ってくる! 亜衣:はーい!お願いしまーす!(背伸び)………んーー、良い天気!ピクニック*日和《びより》だぁ。 晃:おまたせ! 亜衣:わっ、早かったね! 晃:あぁ、すぐ買えた!ほれ、アツアツw 亜衣:あっつ!? ちょっとーw 晃:あっははw  亜衣:いっただきまーす!………んんー!!美味しい!! 晃:どれどれ?………本当だ!甘くて美味しい! 亜衣:これは名物になるのも納得! 晃:そうだなw 亜衣:はぁ………のどかだねぇ。 晃:あぁ…。 亜衣:あ、そういえばね、あそこに見えてるテレビ塔って展望台があるんだって! 晃:おぉ、後で登ってみる? 亜衣:うん!本当は夜景見てみたかったんだけど…仕方ないね。 晃:そうなぁ…夜には帰りの飛行機だからな。 亜衣:はぁ…終わっちゃうのかぁ…「日本食い尽くし旅」。 晃:たっぷり堪能しただろw 亜衣:…うん。 晃:なかなか居ないと思うぞ?社会人でこんなぶっ飛んだ計画して実行する人w 亜衣:あははw 私に鬼の行動力を伝授した晃のせいだw 晃:確かにw しっかり受け継がれたようでw 亜衣:んふふw 晃:……。 亜衣:……美味しいね、ゆでとうきび。 晃:あぁ。 亜衣:日本中、色んな美味しい物…食べられたね…。 晃:そうだな。 亜衣:満天の星空も…綺麗だった…。 晃:あぁ。あれは感動したw 亜衣:………ありがとう…ね。 晃:…なに*辛気臭《しんきくさ》くなってんだよw 亜衣:……。 晃:亜衣…? 亜衣:…………ごめん、晃……私……。 晃:え…? ―:亜衣が静かに倒れる 晃:あ……亜衣?…おい、…嘘だろ?……亜衣!!! 0:病院 晃:あの、ここの病院の先生に電話してください!主治医です! 晃: 晃:亜衣は*染光病《せんこうびょう》で…、今朝アザが急に広がって! 晃: 晃:あ………はい……。 晃M:あれからすぐに救急車を呼んで近くの病院に運ばれた。 晃M: 晃M:だけど、原因不明の染光病と言っても、医者は聞いた事がないと困惑する。 晃M: 晃M:*搬送後《はんそうご》、意識不明の重体で*ICU《あいしーゆー》に入った。 晃M: 晃M:今は*容態《ようだい》も落ち着いて、とりあえず命に別状は無いと言われた。 晃M: 晃M:だが、それから3日間、亜衣の意識が戻る事は無かった。 晃M: 晃M:ここではカルテも無い為、主治医の居る地元の病院へ移すか問われ、それに応じた。 0:2ヶ月後 晃:先生…、亜衣の様子は…? 晃: 晃:………そうですか…。 晃: 晃:……まだ治療法も見つかってないんですか? 晃: 晃:はい、……はい、わかりました…。 ―: 亜衣M:私はあの日、公園で意識を失った。 亜衣M: 亜衣M:気持ちの良い陽気に、だんだんと視界がフワフワしてきて 亜衣M: 亜衣M:気付いたら私は夢の中にいた。 亜衣M: 亜衣M:隣には晃が寝ていて、気持ちよさそうに寝息を立てている。 亜衣M: 亜衣M:私は寝ている晃を笑顔で見ている。 亜衣M: 亜衣M:その空間が、とても心地良くて、 亜衣M: 亜衣M:このまま、一生この時間が続けばいいなと思った。 0:3ヶ月後 晃:…先生、なんで亜衣は目を覚まさないんですか…? 晃: 晃:このままずっと目を覚まさない可能性もあるんですか…? 晃: 晃:こ…このまま…死んだりしませんよね?なんとかしてくださいよ!! 晃: 晃:俺なんでもしますから!!お願いします!先生!! 0:半年後 亜衣M:また夢を見た。 亜衣M: 亜衣M:夢なのか願望なのか…。 亜衣M: 亜衣M:私は晃と旅行に行っている。 亜衣M: 亜衣M:景色から察するに、そこは日本ではなかった。 亜衣M: 亜衣M:海外旅行…。付き合い始めの頃、晃がいつかは行ってみたいと言っていた。 亜衣M: 亜衣M:だけど、私が病気になってから、一度もその話をしなくなった…。 亜衣M: 亜衣M:ごめんね…。ごめんね、晃。私があなたを縛っているから…。 ―:病室 晃:亜衣…。なぁ亜衣、早く目を覚ましてくれよ…。 亜衣M:晃…、あなたはもう、私に構わなくていいの…。 晃:起きろよ…亜衣。もうとっくに朝だぞ…。 亜衣M:私の事なんて忘れて、あなたはあなたの人生を生きて…。 晃:今日は亜衣の好きなオムライスを作ろうと思うんだ。 亜衣M:そうやっていつも私を喜ばせてくれた…。 晃:昨日卵を買ったんだ。…帰る途中で2つ割っちゃったけど…w 亜衣M:ふふw しっかりしてる晃もかっこいいけど、ドジな晃も可愛い。 晃:なぁ、この前家の掃除をしたんだけどな。 亜衣M:家事も手伝ってくれて、きっと良い旦那さんになっただろうな…。 晃:昔撮った写真がたくさん出てきたんだよ。 亜衣M:そういえば、若い時は事あるごとに写真を撮ってたね。 晃:見ろよw この亜衣の変顔ww 亜衣M:晃だって…変な顔して寝てるくせにw 晃:もう…随分と写真を撮っていないな…。 亜衣M:そういえば…、旅行中も全然撮らなかったな…。 晃:なぁ亜衣。亜衣が起きたらさ、アルバムを作ろう! 亜衣M:………。 晃:これからじいちゃんばあちゃんになるまで、いっぱい写真を撮ろう! 亜衣M:晃……やめて……。 晃:それで、その思い出のアルバムを抱えて、2人で天国に行こう! 亜衣M:あなたはもう……私と居てはいけないの……。 晃:大丈夫だよ亜衣…。俺がずっと傍に居るから…。 亜衣M:もう私への優しさなんて…いらないの…。 晃:だからさ……だから……。 亜衣M:………泣かないで……晃…。 晃:………俺は…亜衣の事が大好きだ…。 亜衣M:あ……晃……。 晃:早く起きてくれないと……プロポーズできないだろ!! 亜衣M:プ…プロポーズ……? 晃:なぁ…亜衣……。早く起きろよ…。 亜衣M:……晃………私は…。 晃:俺に、プロポーズさせてくれよ!! 亜衣M:…………生きたい……。 晃:頼むからさぁ………亜衣…。 亜衣M:……生きたい…。…晃と……まだ生きたい!!! ―:主治医が勢いよく病室に入ってくる 晃:え……ち、治療法が見つかった!? 晃: 晃:はい!すぐに行きます!!! 0:1ヶ月後 亜衣:……ん……。 晃:……あ、亜衣…? 亜衣:…………あ…き……ら……。 晃:……亜衣!! 亜衣:……あき…ら……。 晃:亜衣!俺だ!俺はここに居る!! 亜衣:………晃…、た…だい…ま……。 晃:……亜衣…。…良かった……本当に……良かった……。 亜衣:……なか…ない…で…。 晃:…ああ……あぁ……。 ―: 晃M:1年間も眠っていた亜衣が、ようやく目を覚ました。 晃M: 晃M:治療法が見つかったと聞かされた次の日から、亜衣の治療が始まった。 晃M: 晃M:肌には塗り薬を毎日朝昼晩と塗り、夜に薬を服用する。 晃M: 晃M:とても副作用が強い薬で、意識が戻ってからも退院するまでに2年も掛かった。 晃M: 晃M:3年間、病院のベットで寝ていた亜衣は、今じゃ俺が驚くほどの行動力を見せている。 亜衣:次はオーストラリアに行こう!コアラ抱っこしたい!w 晃:おいおい…。去年アメリカと中国に行って散々*散財《さんざい》しただろー? 晃:せめて国内にしない…?次はオーストラリアって…。 亜衣:お金なら節約すればなんとかなるって!それに…、 晃:人生は一度きり!後悔しないようにやりたい事は全部やる!! 亜衣:わかってんじゃん!ww 晃:ったく…w 無理するなよー? 亜衣:私は完治したもん!それより晃の身体を気遣いましょう! 晃:ん、俺も大丈夫だよw 亜衣:よーし、じゃあ張り切って準備しよう!! 晃:……やれやれww 晃M:ご覧の通り、亜衣はもう元気いっぱいで、 晃M: 晃M:今じゃフッ軽だったはずの俺がちょっと引いてるくらいだw 晃M: 晃M:試した治療法は、見事大成功。亜衣の病気は完治した。 晃M: 晃M:塗り薬のおかげで、アザもほとんど見えないくらいまで消えた。 晃M: 晃M:本人も安心して半袖にショーパンで出掛けられると喜んでいる。 亜衣M:だって夏に長袖なんて着てらんないでしょ?w 亜衣M: 亜衣M:おかげさまで、私は元気に帰ってこれました! 亜衣M: 亜衣M:晃と生きたいと願ったあの時、きっと神様が願いを叶えてくれたのかな。 亜衣M: 亜衣M:けど…薬の副作用は本当に辛かった…。 亜衣M: 亜衣M:毎日*嘔吐《おうと》して、毎日お腹壊して、毎日頭痛に悩まされていた…。 亜衣M: 亜衣M:もう二度と、あんな生活はごめんだぁ…。 亜衣M: 亜衣M:まぁ…おかげでこうして生きていられるんだけどねw 0:出発日 晃:亜衣ー!準備できたー? 亜衣:できたー!! 晃:パスポートも持った? 亜衣:晃こそちゃんと持ったの?前回忘れそうになったくせに! 晃:ごめんってw 今日は大丈夫だよ!持ち物チェック全て済んでる! 亜衣:いよーーし!!ではではーー、いざ行かん! 晃:「世界食い尽くし旅」!