台本概要

 124 views 

タイトル アイラの天秤
作者名 レンga  (@renganovel)
ジャンル ミステリー
演者人数 2人用台本(男1、不問1)
時間 20 分
台本使用規定 非商用利用時は連絡不要
説明 『――さて、本物は、どれでしょう。』

◆◆あらすじ◆◆

“アイラは、バケモノに変えられた”

大切な人を助けに来た時。
すでに彼女は、人の姿をしていなかった。

彼女――アイラを元の姿に戻す代わりに
元凶であるマッドサイエンティストは、
男に、ある取引を持ち掛けてきた。

それは……

『アイラの天秤』
――本当の事なんて、きっと誰もわからない。

◆◆◆◆◆◆◆◆

悪役は、男女不問です。
男性が演じる場合、最後のアイラのセリフは
読まなくても構いません。

◆◆許可範囲◆◆

①アドリブ可
②男女比率変更可
③語尾などの軽微な台詞変更可

 124 views 

キャラ説明  

名前 性別 台詞数 説明
悪役 不問 81 狂気のマッドサイエンティスト。 実験も思考実験も大好き。 (女性が演じる場合、最後にアイラのセリフがあります)
69 最愛の人、アイラを助けに来た男。 信念のある、まっすぐな人物。
※役をクリックするとセリフに色が付きます。

台本本編

文字サイズ
 :   :   :  0:タイトル 0:『アイラの天秤』 0:作・★レンg悪役:★  :   :   :  男:くそ……めまいが……目がかすむ…… 男:身体が、自分の身体じゃないみたいだ……  :  悪役:おやおや、おやおや 悪役:おやおやおやおやおやおや……! 悪役:目が覚めるのが、早いですねぇー 悪役:びっくりしちゃいましたよ、私ぃ。 悪役:せっかく、捕らえるところでしたのに  :  男:アイラは……どこにいる。 悪役:自分の身が危ないというのに、人の心配ですか? 悪役:見上げた根性ですね。 悪役:私の麻酔スモッグは、そんなに効き目が弱かったでしょうか。 男:そんな話はいい! 男:アイラはどこにいると聞いているんだ!  :  悪役:はて、何の話でしょうか。 男:お前が街から誘拐していった 男:青い髪の、女だ。 悪役:あー、なるほどなるほど 悪役:いやあ、申し訳ございません。 悪役:いちいち、モルモットの名前など調べてもいないもので。 男:答えないというなら 男:今すぐにでも、この剣を抜く。 悪役:いいんですか? 悪役:そんなことをしてしまったら 悪役:どれがアイラさんだったかも、わからなくなってしまいますよ? 男:どういう、意味だ。 悪役:おや、もしかして、あなた…… 悪役:頭の悪い方、でしたか? 悪役:いやあ、申し訳ございません。 悪役:頭の悪い方とお話するのは 悪役:慣れていないもので。  :  男:どういう意味だと、聞いている。 悪役:残念ですが…… 悪役:アイラさんは、もうあなたの知っているアイラさんの姿をしていません。 悪役:優先的に改造させていただきました。 悪役:いやあ、いい身体でしたよ。 悪役:透き通るような肌、青く美しい髪、すらりとした手足。 男:貴様……! 悪役:知的で、聡明そうな整った顔…… 悪役:本当に、いい身体でした。 悪役:今はもう…… 悪役:くっくっく……アハハハハハハ!! 悪役:美しいものが醜くなってしまうほど 悪役:興奮するものはありませんよねえ!!! 男:貴様あぁァァァァァァァ!!!  :  悪役:おっと、あぶない。 悪役:いいんですか?そんなことして 悪役:私が死んでしまったら 悪役:もう、その、アイラさんがどれかわからないですよ? 男:貴様だけは、絶対に許さない。 男:アイラを、アイラを返せ!  :  悪役:いいですよ、返して差し上げます。  :  男:なに……? 悪役:醜い姿になっても、なお生きている 悪役:彼女を、アイラとして扱えるのならば。 男:……アイラは、アイラの記憶を持っているのか? 男:オレと共に旅をした、記憶を。 悪役:……ほう、面白いですね。 男:何が面白い。 悪役:あなたは、人は記憶や思い出が残っていれば 悪役:同じ存在だと考えるわけですね? 男:ああ、そうだ。 男:人は、その記憶や意識に魂が宿っている。 男:それが残っているのであれば 男:どんな見た目になってしまっているとしても 男:アイラは、アイラだ。  :  悪役:……なるほど、すばらしい。 悪役:では、その記憶が失われていたら? 悪役:見た目は醜い姿、見るのもおぞましい姿に変わってしまい 悪役:記憶すら、人格すら別物になってしまっていたら 悪役:それはあなたの言う、アイラさんではない別のものだと。 悪役:そういう事ですね? 男:それは……そうだ。 男:その時は 男:アイラと言う人格はもう死んでしまったんだろうな。  :  悪役:ふむ、あなたはなかなか面白い考えをお持ちだ。 悪役:いいでしょう、これは取引ですよぉ。 男:なにが言いたい。 悪役:私の問いに、あなたが真剣に答えてくれるのであれば 悪役:アイラさんを、元の姿に戻してお返ししましょう。 男:そんなことが……できるのか? 悪役:はい、もちろんです。 悪役:私は、マッドサイエンティストですが……天才です。 悪役:あなたが私に危害を加えず、問いに答えることが条件です。 男:わかった、いいだろう。 男:それでアイラが戻ってくるのであれば、問いに応えよう。 悪役:ああそうだ。 悪役:一つだけ、条件を付けさせてもらいます。 男:なんだ? 悪役:問いには、あいまいではなく 悪役:明確に答えてください。 悪役:「わからない」や「選べない」や「どちらともいえない」は無しです。 悪役:わかりましたか? 男:……? 男:ああ、わかった。  :  悪役:くっくっく……!! 悪役:では、話の続きと行きましょう。 悪役:ほら、剣をしまって、座って楽にしてください。 男:いや、このままでいい。 男:貴様を信用などできるか。 悪役:手厳しいですねえ。 悪役:まあ、いいでしょう。  :  悪役:醜くおぞましい姿に変わってしまい 悪役:記憶も、人格も変わってしまったら 悪役:アイラさんは、もうアイラさんではない……と言いましたね? 男:ああ、俺はそう言った。 男:人をその人たらしめるのは、記憶だ。 男:見た目がバケモノになってしまっていたとしても 男:自我がアイラなら、俺はアイラとして扱う。 男:それすらも失われてしまっているのだとしたら…… 男:アイラは、もういない。 悪役:よくわかりました。 悪役:では、そんな記憶も人格もすげ替えられた 悪役:バケモノのアイラさんに…… 悪役:ほんの少しでも、元の人格に戻る可能性があると 悪役:私があなたに伝えたらどうです? 男:……どういうことだ。 悪役:今は身も心もバケモノだけれど 悪役:一緒に過ごすうちに、人格が戻るかもしれないですよ。 悪役:と、お伝えしたら 悪役:あなたは、バケモノにアイラさんとして接しますか? 悪役:と言う問いです。 男:……接する。 男:ほんの少しでも、アイラに戻る可能性があるなら 男:どんな苦難も乗り越えて見せよう。  :  悪役:いやあ、美しいですね。 悪役:では、条件を付けましょう。 男:条件? 悪役:毎日、一人の若い女性を食べさせないと 悪役:そのバケモノが生きていけない……と知ったらどうです?  :  男:……!? 悪役:いつ、アイラさんの人格が戻るかもわからない。 悪役:人格が戻っても、元の美しい姿に戻ることは決してない。 悪役:何人の女性を犠牲にしなければいけないかもわからない。 悪役:それでもあなたは、バケモノをアイラさんとして接しますか? 男:そ、それは…… 男:…… 悪役:どうぞ、ゆっくり考えてください。 悪役:真剣に答えていただきたいですが 悪役:本当にそうだとは、言っていませんから。 悪役:違うとも言っていませんが。 男:俺は…… 男:もしそうなら、そのバケモノを殺す。 悪役:ほーーう!!! 悪役:なぜです!? 悪役:どうして殺してしまうのですか? 悪役:アイラさんの人格が戻るかもしれないというのに!!! 男:もし、何人もの女性を食わせ 男:いつしか、本当にアイラの人格が取り戻されたとしても 男:優しいあの子は、自分のせいで何人もの女性が死んだと知ったら 男:絶対に、生きてはいけないから。 男:そうなる前に、殺す。  :  悪役:アハーーーーーッ!! 悪役:なるほど、なるほど、実に興味深い! 悪役:いいですねえ、そう、これですよコレ!! 悪役:人間は面白いですねえ。 男:……!(怒) 男:質問は、終わりか? 悪役:いやあ、まさか。 悪役:まだ、続きますよ。  :  悪役:今の質問の根底には 悪役:アイラさんが、バケモノの姿になっていて 悪役:記憶も人格も失われているという定義がありましたね? 男:ああ、そうだな。 悪役:それを、変えてみましょう。 悪役:アイラさんは、見た目も人格も、アイラさんそのもです。 悪役:ただ一つ 悪役:毎日、一人の若い女性を喰わないと 悪役:死んでしまう身体になってしまったら…… 悪役:あなたは、どうしますか? 男:こ、こんな質問をして…… 男:いったい何の意味が! 悪役:答えてください。 男:アイラが女性を喰うことなく、生きられる方法を、探す。 悪役:そんなものはありません。 男:……! 男:そ、それなら 男:きっと、そんなの、アイラ自身が耐えられない。 男:彼女は、女性を一人も喰うことなく 男:死を選ぶだろう。 悪役:それは答えになっていませんよ。 男:なぜだ。 悪役:私は「あなたは、どうしますか?」と聞いたのです。 悪役:この場合の答えでしたら 悪役:彼女が女性を喰えずに死ぬのを、何もせず見届ける…… 悪役:いえ、傍観する。 悪役:……でしょうか。 悪役:よろしいですか? 男:……そうだ。 悪役:いやあ、間抜けですねえ! 悪役:せっかく見た目も人格も戻っているのに! 悪役:死ぬのを見届けるしかできないなんて! 悪役:どんなに無力感を感じるんでしょう! 男:貴様……! 悪役:イライラしますねえ。 悪役:でも耐えないと 悪役:アイラさんが戻ってこれないですよ? 悪役:全部、あなたにかかってるんですから。 男:まだ、続きがあるんだろう? 男:早くしてくれ。 悪役:そんな、急かさないでください。 悪役:ゆっくりおしゃべりしましょうよぉー。 悪役:せっかくですし、紅茶でも入れてきましょうか。 男:お前が出したものを 男:俺が飲むと思うのか? 悪役:じゃあいいです。 悪役:私の分だけ淹れてきますから。 悪役:あ、色々漁っちゃだめですよぉ 悪役:爆発したり、ガスが出ると危ないですからねぇ。  :  0:間  : 男(M):俺は、いまだに続くひどいめまいに耐えるように 男(M):耳に意識を集中させ、目をつむり 男(M):そして……アイラの事を考えていた。  :   男(M):アイラと俺は、旅の途中に出会った。 男(M):治癒術師だった彼女は、旅の中、多くの人を救いたいと 男(M):俺とバディを組んで、一緒に旅をしてくれることになったんだ。 男(M):つややかで、綺麗な青い髪。深い藍色の瞳。 男(M):澄んだ声は、話すだけで、気持ちを落ち着かせてくれる。 男(M):最初こそ、おたがい頑固で喧嘩ばかりだったけれど 男(M):間違いなく……彼女との旅は、楽しかった。 男(M):長い日々の中で、彼女に恋をしてしまうのは、必然だろう。 男(M):そして彼女も、俺を好きだと言ってくれた。 男(M):旅をやめて、一緒に暮らそうと、 男(M):そう言ってくれたのは、アイラからだった。 男(M):俺たちは、彼女の故郷に戻り 男(M):危険な旅をやめ、平穏な日常を送る……はずだった。  :  0:間  :  悪役:いやあ、いい香りですねえ。 悪役:紅茶はアールグレイに限ります。 悪役:私、ハーブティーは苦手なんですよぉ 悪役:なんか、いつも調合してる薬と同じ匂いなんですもん。 男:そんなことはどうでもいい。 男:早く、つづきだ。 悪役:いいでしょう。 悪役:では、次の質問です。  :  悪役:先ほどまでの質問と、また少し条件を変えてみます。 男:……なんだ。 悪役:アイラさんですが…… 悪役:見た目は、元の姿のまま、記憶や人格が 悪役:別のものに変えられていたら……どうです? 男:それはアイラじゃない。 男:アイラと同じ姿の別の存在だ。 悪役:では、アイラさんはもう死んだと。 男:そうだ。 悪役:即答でしたね。 男:俺の考えは変わらない。 男:人をその人たらしめるのは、記憶だ。 男:記憶から、人格が生まれる。 男:それが違うなら、それは別の存在だ。 悪役:では、すこし変えてみましょう。  :  悪役:アイラさんの見た目はそのまま、記憶や人格は別のもの 悪役:しかし、その違う人格を殺せば 悪役:元のアイラさんの人格が戻ってくるのなら 悪役:あなたは、その別の人格を殺しますか? 男:人格を殺すというのはどういうことだ? 悪役:私が、その人の人格を消すんですよ。 悪役:その人の意識がそこで途絶える……それは死でしょう。 男:……そうか。 男:それなら、答えは決まっている。 男:俺は、その人格を消して、アイラの人格を取り戻す。 悪役:おや、アイラさんは許してくれますかねぇ? 悪役:自分のために、人が死ぬんですよ? 男:お前が黙っていれば、気づかれないだろう。 男:死体もない、ただの人格が消えるだけだと、言うのであれば。  :  悪役:アハハハハハ!!! 悪役:隠すんですか!!! 悪役:いいですねえそういうの!!!! 悪役:いいですよ!黙っててあげますよ!私は!! 男:……次の質問は、なんだ。 悪役:いやあ、次が最後の質問なんですがね? 悪役:……ちょっと、遅れてるみたいで。 男:遅れてる? 男:どういうことだ……!  :  悪役:魔法と言うのは、実に便利ですよね。 男:なんだ、急に。 悪役:科学と魔法の融合。 悪役:それこそ、この世界に生まれた者だけが得ることのできる 悪役:究極の知識ではないでしょうか。 男:なにがいいたい。 悪役:魔法を使えば、幻覚を見せることができます。 悪役:科学を使えば、脳みそをいじることができます。 男:貴様……!! 男:アイラをどうする気だ!! 悪役:何をおっしゃるのですか。 悪役:約束は、私は必ず守りますよ。 悪役:最後の質問に、あなたが答えてくれるのであれば。  :  男(M):そこで、どたどたと、足音が聞こえてきた。 男(M):その足音は、次第に大きくなっていき 男(M):研究室の大きな扉の前で、一度止まった。  :  悪役:おっと、どうやら来たみたいですねえ。 男(M):俺が剣を構えようとすると 男(M):そこにあったはずの剣は、どこにもないことに気づく。  :  男(M):そして、扉が勢いよく開け放たれ 男(M):大きな声が、部屋中に響いた。  :  男:アイラを返せ!!!  :  男(M):扉から勢いよく入ってきたのは 男(M):俺の姿だった。  :  0:間  :  悪役:ストップ。 男(M):声と共に指をはじく音がすると 男(M):同時に、扉から入ってきた、俺の姿が止まった。  :  悪役:さて、最後の質問です。 男:おい……どういう……ことだ? 男:なんで、俺の姿が……あいつは誰だ? 男:いや……俺か? 男:俺は……俺は誰だ?  :  悪役:……あなたは、アイラさんです。  :  男:……は? 悪役:今は幻覚で、彼と同じ見た目と声に見えていますが。 悪役:私はあなたの見た目には、一切手を付けていません。 悪役:醜い姿にした、と言うのは嘘です。 男:ど、どういうことだ! 男:意味が分からない! 悪役:わかるように説明しましょう。 悪役:そうでないと、最後の質問が意味をなさなくなってしまいますからね。 男:な……どういう…… 男:俺が……アイラ……? 悪役:私はあなた……アイラさんの脳の中から、彼の記憶を掘り出し 悪役:架空の彼の人格を生成し、あなたに定着させました。 悪役:あなたが思っているあなた自身は、私が作った彼の人格です。 悪役:ほぼほぼ、オリジナル通りの人格と言えるでしょう。 男:そんな……バカな……  :  悪役:くっくっく!いい顔ですねえ!! 悪役:かわいらしい顔が台無しですよ!!! 男:なんで、そんなこと…… 悪役:実験のためですよ。 悪役:おかげでいいデータが取れました。 悪役:とても、感謝しています。  :  男:それなら……! 男:アイラの人格は!アイラの記憶はいったいどこに! 悪役:まだわからないんですか? 男:まさか……貴様……! 悪役:頭の悪いあなたでも、さすがに分かりましたか。 男:俺の……頭の中に…… 悪役:……その通りです。 悪役:アイラさんの人格は、あなたの人格が死ねば復活します。 悪役:よかったですねぇ! 悪役:即答したほうの答えのやつじゃないですか! 悪役:バケモノの姿とか、女性を食べなきゃ生きていけないとか 悪役:そう言うのではなくて、良かったですねえ!  :  男:……! 男:……こ、殺してくれ、俺を。 男:……アイラを、救ってくれ……。 悪役:いやあ、素晴らしいですねえ。 悪役:私、びっくりしちゃいましたぁ! 悪役:即答じゃないですか!いやあ、感動しちゃうなあ!!! 悪役:……でも、まだ、最後の問いを言っていません。 悪役:最後まで聞いてください。 男:……なんだ。  :  悪役:では、最後の問いです。  :  悪役:アイラさんの見た目で、アイラさんの人格を自分の人格がのっとっていた時 悪役:あなたは自分の人格を殺し、アイラさんを救うか。 悪役:それとも…… 悪役:目の前にいる、自分の姿をした、自分の本当の人格を殺し 悪役:その体を乗っ取るか。 悪役:どちらを選びますか? 男:……っな……! 悪役:もちろん、相手の体を乗っ取るほうを選べば 悪役:人格が移るわけですから、アイラさんも元通りです。  :  悪役:さあ、もう、体が自由に動くようになっているはずです。 悪役:このメスを受け取ってください。  :  悪役:あなたが、自分の人格の死を選ぶなら、そのメスで自分の…… 悪役:いえ、アイラさんの右目をくり抜いてください。 悪役:大丈夫、すぐに元に戻せますから。  :  悪役:あなたが、本当の人格の死を選ぶなら、そのメスで 悪役:目の前にいる、自分の姿をした人物の左目をくり抜いてください。 悪役:大丈夫ですよ、すぐに元に戻せますので。  :  男:なんで……こんなこと……。 男:俺は……俺は……アイラを……。  :  悪役:あなたが選べば 悪役:アイラさんは必ず、帰ってきますよ。  :  男:アイラ……! 男:アイラ、俺は……!!!  :  悪役:記憶が、人格が、その人をその人たらしめる。 悪役:――さて、本物は、どれでしょう。  :  0:間  :  男:……決めたぞ、マッドサイエンティスト。  :  男(M):ずぶり、と、湿った嫌な音がした。  :  悪役:くっくっく…… 悪役:アーッハハハハハハハハハハハハ!!! 悪役:ククククククククッ!!! 悪役:クハハハハハッ!!!!(好きなだけ高笑いしてください)  :  悪役:あなた……らしいですねぇ……!  :   :  0:間  :   :  男:アイラ……おはよう。 男:体、大丈夫か? 男:悪いな、怖い思いをさせて。  :  0:悪役が女性だった場合、兼役で読んで下さい。 アイラ:……ありがと、助けてくれて。  :   :  0:あなたはどちらを、選びましたか?  :  0:おしまい。  :   :

 :   :   :  0:タイトル 0:『アイラの天秤』 0:作・★レンg悪役:★  :   :   :  男:くそ……めまいが……目がかすむ…… 男:身体が、自分の身体じゃないみたいだ……  :  悪役:おやおや、おやおや 悪役:おやおやおやおやおやおや……! 悪役:目が覚めるのが、早いですねぇー 悪役:びっくりしちゃいましたよ、私ぃ。 悪役:せっかく、捕らえるところでしたのに  :  男:アイラは……どこにいる。 悪役:自分の身が危ないというのに、人の心配ですか? 悪役:見上げた根性ですね。 悪役:私の麻酔スモッグは、そんなに効き目が弱かったでしょうか。 男:そんな話はいい! 男:アイラはどこにいると聞いているんだ!  :  悪役:はて、何の話でしょうか。 男:お前が街から誘拐していった 男:青い髪の、女だ。 悪役:あー、なるほどなるほど 悪役:いやあ、申し訳ございません。 悪役:いちいち、モルモットの名前など調べてもいないもので。 男:答えないというなら 男:今すぐにでも、この剣を抜く。 悪役:いいんですか? 悪役:そんなことをしてしまったら 悪役:どれがアイラさんだったかも、わからなくなってしまいますよ? 男:どういう、意味だ。 悪役:おや、もしかして、あなた…… 悪役:頭の悪い方、でしたか? 悪役:いやあ、申し訳ございません。 悪役:頭の悪い方とお話するのは 悪役:慣れていないもので。  :  男:どういう意味だと、聞いている。 悪役:残念ですが…… 悪役:アイラさんは、もうあなたの知っているアイラさんの姿をしていません。 悪役:優先的に改造させていただきました。 悪役:いやあ、いい身体でしたよ。 悪役:透き通るような肌、青く美しい髪、すらりとした手足。 男:貴様……! 悪役:知的で、聡明そうな整った顔…… 悪役:本当に、いい身体でした。 悪役:今はもう…… 悪役:くっくっく……アハハハハハハ!! 悪役:美しいものが醜くなってしまうほど 悪役:興奮するものはありませんよねえ!!! 男:貴様あぁァァァァァァァ!!!  :  悪役:おっと、あぶない。 悪役:いいんですか?そんなことして 悪役:私が死んでしまったら 悪役:もう、その、アイラさんがどれかわからないですよ? 男:貴様だけは、絶対に許さない。 男:アイラを、アイラを返せ!  :  悪役:いいですよ、返して差し上げます。  :  男:なに……? 悪役:醜い姿になっても、なお生きている 悪役:彼女を、アイラとして扱えるのならば。 男:……アイラは、アイラの記憶を持っているのか? 男:オレと共に旅をした、記憶を。 悪役:……ほう、面白いですね。 男:何が面白い。 悪役:あなたは、人は記憶や思い出が残っていれば 悪役:同じ存在だと考えるわけですね? 男:ああ、そうだ。 男:人は、その記憶や意識に魂が宿っている。 男:それが残っているのであれば 男:どんな見た目になってしまっているとしても 男:アイラは、アイラだ。  :  悪役:……なるほど、すばらしい。 悪役:では、その記憶が失われていたら? 悪役:見た目は醜い姿、見るのもおぞましい姿に変わってしまい 悪役:記憶すら、人格すら別物になってしまっていたら 悪役:それはあなたの言う、アイラさんではない別のものだと。 悪役:そういう事ですね? 男:それは……そうだ。 男:その時は 男:アイラと言う人格はもう死んでしまったんだろうな。  :  悪役:ふむ、あなたはなかなか面白い考えをお持ちだ。 悪役:いいでしょう、これは取引ですよぉ。 男:なにが言いたい。 悪役:私の問いに、あなたが真剣に答えてくれるのであれば 悪役:アイラさんを、元の姿に戻してお返ししましょう。 男:そんなことが……できるのか? 悪役:はい、もちろんです。 悪役:私は、マッドサイエンティストですが……天才です。 悪役:あなたが私に危害を加えず、問いに答えることが条件です。 男:わかった、いいだろう。 男:それでアイラが戻ってくるのであれば、問いに応えよう。 悪役:ああそうだ。 悪役:一つだけ、条件を付けさせてもらいます。 男:なんだ? 悪役:問いには、あいまいではなく 悪役:明確に答えてください。 悪役:「わからない」や「選べない」や「どちらともいえない」は無しです。 悪役:わかりましたか? 男:……? 男:ああ、わかった。  :  悪役:くっくっく……!! 悪役:では、話の続きと行きましょう。 悪役:ほら、剣をしまって、座って楽にしてください。 男:いや、このままでいい。 男:貴様を信用などできるか。 悪役:手厳しいですねえ。 悪役:まあ、いいでしょう。  :  悪役:醜くおぞましい姿に変わってしまい 悪役:記憶も、人格も変わってしまったら 悪役:アイラさんは、もうアイラさんではない……と言いましたね? 男:ああ、俺はそう言った。 男:人をその人たらしめるのは、記憶だ。 男:見た目がバケモノになってしまっていたとしても 男:自我がアイラなら、俺はアイラとして扱う。 男:それすらも失われてしまっているのだとしたら…… 男:アイラは、もういない。 悪役:よくわかりました。 悪役:では、そんな記憶も人格もすげ替えられた 悪役:バケモノのアイラさんに…… 悪役:ほんの少しでも、元の人格に戻る可能性があると 悪役:私があなたに伝えたらどうです? 男:……どういうことだ。 悪役:今は身も心もバケモノだけれど 悪役:一緒に過ごすうちに、人格が戻るかもしれないですよ。 悪役:と、お伝えしたら 悪役:あなたは、バケモノにアイラさんとして接しますか? 悪役:と言う問いです。 男:……接する。 男:ほんの少しでも、アイラに戻る可能性があるなら 男:どんな苦難も乗り越えて見せよう。  :  悪役:いやあ、美しいですね。 悪役:では、条件を付けましょう。 男:条件? 悪役:毎日、一人の若い女性を食べさせないと 悪役:そのバケモノが生きていけない……と知ったらどうです?  :  男:……!? 悪役:いつ、アイラさんの人格が戻るかもわからない。 悪役:人格が戻っても、元の美しい姿に戻ることは決してない。 悪役:何人の女性を犠牲にしなければいけないかもわからない。 悪役:それでもあなたは、バケモノをアイラさんとして接しますか? 男:そ、それは…… 男:…… 悪役:どうぞ、ゆっくり考えてください。 悪役:真剣に答えていただきたいですが 悪役:本当にそうだとは、言っていませんから。 悪役:違うとも言っていませんが。 男:俺は…… 男:もしそうなら、そのバケモノを殺す。 悪役:ほーーう!!! 悪役:なぜです!? 悪役:どうして殺してしまうのですか? 悪役:アイラさんの人格が戻るかもしれないというのに!!! 男:もし、何人もの女性を食わせ 男:いつしか、本当にアイラの人格が取り戻されたとしても 男:優しいあの子は、自分のせいで何人もの女性が死んだと知ったら 男:絶対に、生きてはいけないから。 男:そうなる前に、殺す。  :  悪役:アハーーーーーッ!! 悪役:なるほど、なるほど、実に興味深い! 悪役:いいですねえ、そう、これですよコレ!! 悪役:人間は面白いですねえ。 男:……!(怒) 男:質問は、終わりか? 悪役:いやあ、まさか。 悪役:まだ、続きますよ。  :  悪役:今の質問の根底には 悪役:アイラさんが、バケモノの姿になっていて 悪役:記憶も人格も失われているという定義がありましたね? 男:ああ、そうだな。 悪役:それを、変えてみましょう。 悪役:アイラさんは、見た目も人格も、アイラさんそのもです。 悪役:ただ一つ 悪役:毎日、一人の若い女性を喰わないと 悪役:死んでしまう身体になってしまったら…… 悪役:あなたは、どうしますか? 男:こ、こんな質問をして…… 男:いったい何の意味が! 悪役:答えてください。 男:アイラが女性を喰うことなく、生きられる方法を、探す。 悪役:そんなものはありません。 男:……! 男:そ、それなら 男:きっと、そんなの、アイラ自身が耐えられない。 男:彼女は、女性を一人も喰うことなく 男:死を選ぶだろう。 悪役:それは答えになっていませんよ。 男:なぜだ。 悪役:私は「あなたは、どうしますか?」と聞いたのです。 悪役:この場合の答えでしたら 悪役:彼女が女性を喰えずに死ぬのを、何もせず見届ける…… 悪役:いえ、傍観する。 悪役:……でしょうか。 悪役:よろしいですか? 男:……そうだ。 悪役:いやあ、間抜けですねえ! 悪役:せっかく見た目も人格も戻っているのに! 悪役:死ぬのを見届けるしかできないなんて! 悪役:どんなに無力感を感じるんでしょう! 男:貴様……! 悪役:イライラしますねえ。 悪役:でも耐えないと 悪役:アイラさんが戻ってこれないですよ? 悪役:全部、あなたにかかってるんですから。 男:まだ、続きがあるんだろう? 男:早くしてくれ。 悪役:そんな、急かさないでください。 悪役:ゆっくりおしゃべりしましょうよぉー。 悪役:せっかくですし、紅茶でも入れてきましょうか。 男:お前が出したものを 男:俺が飲むと思うのか? 悪役:じゃあいいです。 悪役:私の分だけ淹れてきますから。 悪役:あ、色々漁っちゃだめですよぉ 悪役:爆発したり、ガスが出ると危ないですからねぇ。  :  0:間  : 男(M):俺は、いまだに続くひどいめまいに耐えるように 男(M):耳に意識を集中させ、目をつむり 男(M):そして……アイラの事を考えていた。  :   男(M):アイラと俺は、旅の途中に出会った。 男(M):治癒術師だった彼女は、旅の中、多くの人を救いたいと 男(M):俺とバディを組んで、一緒に旅をしてくれることになったんだ。 男(M):つややかで、綺麗な青い髪。深い藍色の瞳。 男(M):澄んだ声は、話すだけで、気持ちを落ち着かせてくれる。 男(M):最初こそ、おたがい頑固で喧嘩ばかりだったけれど 男(M):間違いなく……彼女との旅は、楽しかった。 男(M):長い日々の中で、彼女に恋をしてしまうのは、必然だろう。 男(M):そして彼女も、俺を好きだと言ってくれた。 男(M):旅をやめて、一緒に暮らそうと、 男(M):そう言ってくれたのは、アイラからだった。 男(M):俺たちは、彼女の故郷に戻り 男(M):危険な旅をやめ、平穏な日常を送る……はずだった。  :  0:間  :  悪役:いやあ、いい香りですねえ。 悪役:紅茶はアールグレイに限ります。 悪役:私、ハーブティーは苦手なんですよぉ 悪役:なんか、いつも調合してる薬と同じ匂いなんですもん。 男:そんなことはどうでもいい。 男:早く、つづきだ。 悪役:いいでしょう。 悪役:では、次の質問です。  :  悪役:先ほどまでの質問と、また少し条件を変えてみます。 男:……なんだ。 悪役:アイラさんですが…… 悪役:見た目は、元の姿のまま、記憶や人格が 悪役:別のものに変えられていたら……どうです? 男:それはアイラじゃない。 男:アイラと同じ姿の別の存在だ。 悪役:では、アイラさんはもう死んだと。 男:そうだ。 悪役:即答でしたね。 男:俺の考えは変わらない。 男:人をその人たらしめるのは、記憶だ。 男:記憶から、人格が生まれる。 男:それが違うなら、それは別の存在だ。 悪役:では、すこし変えてみましょう。  :  悪役:アイラさんの見た目はそのまま、記憶や人格は別のもの 悪役:しかし、その違う人格を殺せば 悪役:元のアイラさんの人格が戻ってくるのなら 悪役:あなたは、その別の人格を殺しますか? 男:人格を殺すというのはどういうことだ? 悪役:私が、その人の人格を消すんですよ。 悪役:その人の意識がそこで途絶える……それは死でしょう。 男:……そうか。 男:それなら、答えは決まっている。 男:俺は、その人格を消して、アイラの人格を取り戻す。 悪役:おや、アイラさんは許してくれますかねぇ? 悪役:自分のために、人が死ぬんですよ? 男:お前が黙っていれば、気づかれないだろう。 男:死体もない、ただの人格が消えるだけだと、言うのであれば。  :  悪役:アハハハハハ!!! 悪役:隠すんですか!!! 悪役:いいですねえそういうの!!!! 悪役:いいですよ!黙っててあげますよ!私は!! 男:……次の質問は、なんだ。 悪役:いやあ、次が最後の質問なんですがね? 悪役:……ちょっと、遅れてるみたいで。 男:遅れてる? 男:どういうことだ……!  :  悪役:魔法と言うのは、実に便利ですよね。 男:なんだ、急に。 悪役:科学と魔法の融合。 悪役:それこそ、この世界に生まれた者だけが得ることのできる 悪役:究極の知識ではないでしょうか。 男:なにがいいたい。 悪役:魔法を使えば、幻覚を見せることができます。 悪役:科学を使えば、脳みそをいじることができます。 男:貴様……!! 男:アイラをどうする気だ!! 悪役:何をおっしゃるのですか。 悪役:約束は、私は必ず守りますよ。 悪役:最後の質問に、あなたが答えてくれるのであれば。  :  男(M):そこで、どたどたと、足音が聞こえてきた。 男(M):その足音は、次第に大きくなっていき 男(M):研究室の大きな扉の前で、一度止まった。  :  悪役:おっと、どうやら来たみたいですねえ。 男(M):俺が剣を構えようとすると 男(M):そこにあったはずの剣は、どこにもないことに気づく。  :  男(M):そして、扉が勢いよく開け放たれ 男(M):大きな声が、部屋中に響いた。  :  男:アイラを返せ!!!  :  男(M):扉から勢いよく入ってきたのは 男(M):俺の姿だった。  :  0:間  :  悪役:ストップ。 男(M):声と共に指をはじく音がすると 男(M):同時に、扉から入ってきた、俺の姿が止まった。  :  悪役:さて、最後の質問です。 男:おい……どういう……ことだ? 男:なんで、俺の姿が……あいつは誰だ? 男:いや……俺か? 男:俺は……俺は誰だ?  :  悪役:……あなたは、アイラさんです。  :  男:……は? 悪役:今は幻覚で、彼と同じ見た目と声に見えていますが。 悪役:私はあなたの見た目には、一切手を付けていません。 悪役:醜い姿にした、と言うのは嘘です。 男:ど、どういうことだ! 男:意味が分からない! 悪役:わかるように説明しましょう。 悪役:そうでないと、最後の質問が意味をなさなくなってしまいますからね。 男:な……どういう…… 男:俺が……アイラ……? 悪役:私はあなた……アイラさんの脳の中から、彼の記憶を掘り出し 悪役:架空の彼の人格を生成し、あなたに定着させました。 悪役:あなたが思っているあなた自身は、私が作った彼の人格です。 悪役:ほぼほぼ、オリジナル通りの人格と言えるでしょう。 男:そんな……バカな……  :  悪役:くっくっく!いい顔ですねえ!! 悪役:かわいらしい顔が台無しですよ!!! 男:なんで、そんなこと…… 悪役:実験のためですよ。 悪役:おかげでいいデータが取れました。 悪役:とても、感謝しています。  :  男:それなら……! 男:アイラの人格は!アイラの記憶はいったいどこに! 悪役:まだわからないんですか? 男:まさか……貴様……! 悪役:頭の悪いあなたでも、さすがに分かりましたか。 男:俺の……頭の中に…… 悪役:……その通りです。 悪役:アイラさんの人格は、あなたの人格が死ねば復活します。 悪役:よかったですねぇ! 悪役:即答したほうの答えのやつじゃないですか! 悪役:バケモノの姿とか、女性を食べなきゃ生きていけないとか 悪役:そう言うのではなくて、良かったですねえ!  :  男:……! 男:……こ、殺してくれ、俺を。 男:……アイラを、救ってくれ……。 悪役:いやあ、素晴らしいですねえ。 悪役:私、びっくりしちゃいましたぁ! 悪役:即答じゃないですか!いやあ、感動しちゃうなあ!!! 悪役:……でも、まだ、最後の問いを言っていません。 悪役:最後まで聞いてください。 男:……なんだ。  :  悪役:では、最後の問いです。  :  悪役:アイラさんの見た目で、アイラさんの人格を自分の人格がのっとっていた時 悪役:あなたは自分の人格を殺し、アイラさんを救うか。 悪役:それとも…… 悪役:目の前にいる、自分の姿をした、自分の本当の人格を殺し 悪役:その体を乗っ取るか。 悪役:どちらを選びますか? 男:……っな……! 悪役:もちろん、相手の体を乗っ取るほうを選べば 悪役:人格が移るわけですから、アイラさんも元通りです。  :  悪役:さあ、もう、体が自由に動くようになっているはずです。 悪役:このメスを受け取ってください。  :  悪役:あなたが、自分の人格の死を選ぶなら、そのメスで自分の…… 悪役:いえ、アイラさんの右目をくり抜いてください。 悪役:大丈夫、すぐに元に戻せますから。  :  悪役:あなたが、本当の人格の死を選ぶなら、そのメスで 悪役:目の前にいる、自分の姿をした人物の左目をくり抜いてください。 悪役:大丈夫ですよ、すぐに元に戻せますので。  :  男:なんで……こんなこと……。 男:俺は……俺は……アイラを……。  :  悪役:あなたが選べば 悪役:アイラさんは必ず、帰ってきますよ。  :  男:アイラ……! 男:アイラ、俺は……!!!  :  悪役:記憶が、人格が、その人をその人たらしめる。 悪役:――さて、本物は、どれでしょう。  :  0:間  :  男:……決めたぞ、マッドサイエンティスト。  :  男(M):ずぶり、と、湿った嫌な音がした。  :  悪役:くっくっく…… 悪役:アーッハハハハハハハハハハハハ!!! 悪役:ククククククククッ!!! 悪役:クハハハハハッ!!!!(好きなだけ高笑いしてください)  :  悪役:あなた……らしいですねぇ……!  :   :  0:間  :   :  男:アイラ……おはよう。 男:体、大丈夫か? 男:悪いな、怖い思いをさせて。  :  0:悪役が女性だった場合、兼役で読んで下さい。 アイラ:……ありがと、助けてくれて。  :   :  0:あなたはどちらを、選びましたか?  :  0:おしまい。  :   :