台本概要

 198 views 

タイトル アンドロイドに、さよならを。
作者名 レンga  (@renganovel)
ジャンル ミステリー
演者人数 2人用台本(女1、不問1)
時間 20 分
台本使用規定 非商用利用時は連絡不要
説明 ◆◆あらすじ◆◆

人類が滅亡してしまった地球で
たった一体だけ残った、生き残りのアンドロイド。

そんな彼に声をかけたのは
太陽系の外から来たという、1人の宇宙人だった。

次の自分の体を作るアンドロイドと
『人間』を訪ねにきた宇宙人の

奇妙な、友情の物語。

『アンドロイドに、さよならを。』

◆◆◆◆◆◆◆◆

宇宙人は女性
アンドロイドは、男女不問です。

集まった人で、楽しんでいただければ嬉しいです。

◆◆許可範囲◆◆

①アドリブ可
②男女比率変更可
③語尾などの軽微な台詞変更可

 198 views 

キャラ説明  

名前 性別 台詞数 説明
宇宙人 172 滅びた地球を訪れた、宇宙人のお姉さん
アンドロイド 不問 169 滅びた地球にただ一体残った、アンドロイド
※役をクリックするとセリフに色が付きます。

台本本編

文字サイズ
 :  0:間  :  宇宙人:ねえ、そこの君 宇宙人:ねえ、ねえってば、ほら、聞こえてる? 宇宙人:おーい 宇宙人:おーい!  :  アンドロイド:ん? 宇宙人:あ、気がついた? アンドロイド:……あ……え? 宇宙人:あのさ、えっと、『人間』ってどこにいるか知ってる? アンドロイド:え、あ、えええ?! 宇宙人:わ、びっくりした。 宇宙人:何さ、いきなり、大きな声だして。 アンドロイド:びっくりしたのはこっちだよ アンドロイド:だれ、きみ。 アンドロイド:なんでここにいるの? 宇宙人:もう、先に質問したのは私なんだけど。 アンドロイド:あ、ごめん。  :  アンドロイド:もう、何百年も、誰かに話しかけられるなんて事なかったから 宇宙人:え、なにそれ。 アンドロイド:そのまんまの意味だよ アンドロイド:それくらい前に、君の探してるらしい、人間は滅んだの。 アンドロイド:僕以外のアンドロイドも、その時一気にシステム異常で壊れちゃって 宇宙人:わお アンドロイド:それから、ずっと1人。 アンドロイド:驚いた理由は分かった? 宇宙人:それにしては、ずいぶんとわざとらしい驚き方だったね。 アンドロイド:驚き方も、忘れてたんだよ。 宇宙人:なるほどー。 宇宙人:でも、そうか 宇宙人:なーんだ、人間、滅んじゃったのか 宇宙人:それは残念。  :  アンドロイド:で、君はどこの誰で、何しに来たのさ。 宇宙人:んーと、どこの誰って言われると難しいな。 宇宙人:簡単に言うと……太陽系の外から来ました? アンドロイド:宇宙人さん? 宇宙人:私から見たら君も宇宙人だけどね。 アンドロイド:僕は人間じゃないから。 宇宙人:それを言うなら、私もこの星の言葉で言う、人間とは違うよ。 宇宙人:そんな私が宇宙人なら、君も宇宙人さ。 アンドロイド:なるほどね。  :  宇宙人:せっかく、やっと会いに来たのに 宇宙人:そうか、滅んじゃったのか。 アンドロイド:って訳だから、ほら、さっさと帰った帰った。 宇宙人:え? なんで。 アンドロイド:何でって アンドロイド:用事があるから訪ねてきたけど、用事のある人はいませんでした。 アンドロイド:そうなったら、帰るでしょ、普通。 宇宙人:いや、そうなんだけどね。 宇宙人:君、ここでずっと1人だったんでしょ? アンドロイド:そうだよ。 宇宙人:こういうときって、ほら、話し相手になってくれー、とか 宇宙人:ずっと寂しかったんだー、とかじゃないの? アンドロイド:ほら、僕、アンドロイドだから。 アンドロイド:寂しいとかないから。 宇宙人:あー、そっか。 宇宙人:そんじゃ、私帰るわ。 アンドロイド:じゃあねー。  :  0:間  :  宇宙人:よっす アンドロイド:え、なに。 宇宙人:何してんのー? アンドロイド:帰ったんじゃないの? 宇宙人:1度帰ったけど、遊びに来ちゃった。 宇宙人:別に良いでしょ、他に誰もいないんだし アンドロイド:太陽系の外、そんなに近いの? 宇宙人:地球外の技術ってやつよ  :  宇宙人:で、何してたのさ? 宇宙人:人間がいなくなって何百年も。 アンドロイド:はぁ。 アンドロイド:次の僕を作ってたんだ。 アンドロイド:僕はずっと、次の自分を作り続けてる。 宇宙人:次の自分? アンドロイド:ああ、そうだよ。 アンドロイド:同じ一つの体で、何百年も動き続けるなんて出来ないからね アンドロイド:パーツが壊れちゃったり、機能しなくなったりするから。 宇宙人:なるほど アンドロイド:だから、地球に残ってる部品を探して アンドロイド:次の自分の体を作って アンドロイド:今の体の耐久度が落ちてきたら、データを引き継ぐんだ。  :  宇宙人:便利な体ね。 アンドロイド:そうおもう? 宇宙人:次の体さえ用意出来れば 宇宙人:一生死なないじゃない? アンドロイド:死なないことは、便利なことなの? 宇宙人:少なくとも、滅びない。 アンドロイド:まあ、そういえばそうなんだけど。 アンドロイド:僕は君と違って、生き物じゃないから。 アンドロイド:最初から、生きてはいないよ。 宇宙人:じゃあ、君はもう滅びてる? アンドロイド:僕はここに居るだけ。 アンドロイド:居続けてるだけだよ。 宇宙人:なるほど。  :  宇宙人:――私、気がついちゃったな。 アンドロイド:何にさ? 宇宙人:君がおもしろい人だって事。 アンドロイド:人じゃないけどね。 宇宙人:ほら、君は宇宙人だから。 宇宙人:宇宙人は人でしょう? アンドロイド:君はこのセカイの言葉を知っているの? 宇宙人:少しだけね。 アンドロイド:へえ。 宇宙人:また、遊びに来ても良い? アンドロイド:好きにしたら良いよ。 宇宙人:やった。 宇宙人:じゃ、帰るね。 アンドロイド:ばいばい。  :  0:間  :  宇宙人:来ちゃった。 アンドロイド:太陽系の外って、もっと遠いと思ってたよ 宇宙人:技術は宇宙を狭くするのよ アンドロイド:ありがと、おかげで見識が広がったよ。 宇宙人:そういえば 宇宙人:アンドロイドくんさ、名前とかないの? アンドロイド:名前? 宇宙人:呼び方に困るって言うか 宇宙人:もし他のアンドロイドの生き残りとかが登場したらさ 宇宙人:なんて呼んだらいいか、分からないーってならない? アンドロイド:現れないよ、生き残りなんて 宇宙人:ほら、万が一さ。 アンドロイド:それに、僕はずっとここに1人だったから アンドロイド:名前なんて必要なかったんだよ アンドロイド:だから、名前なんてとうに忘れた。 アンドロイド:データを引き継ぐときに、記憶が薄らぐんだ。 宇宙人:なるほどね。 宇宙人:確かに、他に誰も居なかったら、名前なんて必要ないね。 宇宙人:でも、ほら、今は私が居るから。 アンドロイド:2人だけなら、それでも名前は必要ないよ。 宇宙人:ああそうか、私と君で済んじゃうもんね。 アンドロイド:そう。 宇宙人:つまんないのー アンドロイド:悪かったね、つまんなくて。  :  宇宙人:…… アンドロイド:…… 宇宙人:ほら、私の名前とか聞かなくて良いの? アンドロイド:2人なら名前なんか知らなくても良いって、言わなかった? 宇宙人:ほらでも、せっかくだしさ。 アンドロイド:いいよ、べつに。 アンドロイド:宇宙人のおねーさんでしょ? アンドロイド:それで十分。 宇宙人:アンドロイドくんにはおねーさんに見えるのね。 アンドロイド:なんとなくね 宇宙人:なんとなくかー 宇宙人:まあ良いか、それもそれでよし!  :  アンドロイド:そういえばさ 宇宙人:ん? なになに? おねーさんに何か聞きたいことでもあるのかなー? アンドロイド:……あったけど、聞く気がなくなった。 宇宙人:えー! なんでよー。 アンドロイド:圧がすごいから? 宇宙人:もー アンドロイド:今日は、まだ帰らないの? 宇宙人:もう帰った方が良い? アンドロイド:いや、べつに…… 宇宙人:じゃあ、もうちょっとここにいよーっと アンドロイド:好きにしたらいいよ。 宇宙人:やったー  :  0:間  :  宇宙人:やっほー 宇宙人:元気かい、アンドロイド少年。 アンドロイド:おねーさんさ 宇宙人:ん? なになに? アンドロイド:もうずっと、帰ってないでしょ、自分の星に。 宇宙人:なんでそう思うのー? アンドロイド:部品を探しに歩いてたら アンドロイド:あそこのがれきの向こうで、おねーさん見つけたし。 宇宙人:あー、みつかっちゃったかー アンドロイド:あの乗ってきた乗り物、壊れたの? 宇宙人:あはは、そりゃ見事にね、ぶっ壊れた! 宇宙人:直してるんだけどさ、難しくってね。 アンドロイド:直してあげようか? 宇宙人:え、いいの? アンドロイド:僕の体も、もうすぐ完成するし。 アンドロイド:今の体は、まだ大丈夫だから、少しくらいなら平気だよ 宇宙人:わーい アンドロイド:おねーさんうるさいし アンドロイド:乗り物が直ったら、帰ってくれるんでしょう? 宇宙人:いけずー アンドロイド:じゃ、連れてってよ。 宇宙人:私の星に? アンドロイド:壊れた乗り物の場所に 宇宙人:なーんだ。 宇宙人:ほら、こっち。  :  0:間  :  アンドロイド:見事にぶっ壊れてるね。 宇宙人:でしょー アンドロイド:なんでそんな誇らしげなのさ 宇宙人:無理に直そうとしたら悪化した。 アンドロイド:おねーさんはへっぽこだね 宇宙人:なにをー! アンドロイド:でもこれなら、きっと直せるよ。 アンドロイド:すこし、時間がかかるかもしれないけど。 宇宙人:時間かかるかー アンドロイド:しばらくここにいてもいい? 宇宙人:え? アンドロイド:いちいち向こうまで戻るの、めんどうだし。 宇宙人:いいけど。 宇宙人:逆に、いいの? アンドロイド:なんで? 宇宙人:いや、べつに。 宇宙人:いいなら、いいのよ♪ アンドロイド:じゃ、ちょっと、作りかけの体と、部品もこっちに持ってくるから アンドロイド:手伝ってよ。 宇宙人:まかせてー!  :  0:間  :  宇宙人:アンドロイドくんさ アンドロイド:なに? 宇宙人:私に何か出来ることある? アンドロイド:ないよ 宇宙人:ないかー アンドロイド:暇なら散歩でもしてきたら? 宇宙人:いいね、散歩。 宇宙人:一緒に行かない? アンドロイド:僕は忙しいから。 宇宙人:忙しいかー 宇宙人:私の宇宙船、直してくれてるもんねー アンドロイド:まあでも アンドロイド:そろそろ部品も減ってきたし アンドロイド:拾うついでならいいよ 宇宙人:やったー アンドロイド:おねーさんはついでね 宇宙人:おねーさんは、ついででもいいのです。 アンドロイド:準備するから、ちょっと待ってて 宇宙人:はーい  :  0:間  :  宇宙人:ねえ、アンドロイドくん アンドロイド:なに? 宇宙人:そのワゴン、私が引こうか? アンドロイド:部品が入ると重くなるよ? 宇宙人:力には自信があるから。 アンドロイド:じゃあ任せた。 宇宙人:まかせて! アンドロイド:…… 宇宙人:……よっと。  :  アンドロイド:……おねーさんさ 宇宙人:ん? どした? アンドロイド:人間に、何の用事があったの? 宇宙人:あ、それ聞いちゃう? アンドロイド:別に言いたくないなら良いけど 宇宙人:あー、えっとね 宇宙人:アンドロイドくんだから話すんだよ? アンドロイド:重い話ならパスね。 宇宙人:内緒だよ? アンドロイド:誰に 宇宙人:お友達に。 アンドロイド:ここにはおねーさんしかいないよ 宇宙人:そうだったね。  :  宇宙人:あー、えっと、何から話すかな。 宇宙人:通信がね、あったんだ。 宇宙人:この星から。 アンドロイド:通信? 宇宙人:うん、通信。 アンドロイド:どんな 宇宙人:「宇宙人いますかー」ってやつ アンドロイド:雑だね 宇宙人:おもしろいよね アンドロイド:それだけで、来たの? 宇宙人:まさか。 宇宙人:でも、おもしろそうだったから、返信したんだ。 宇宙人:「いるよー」って アンドロイド:雑だね 宇宙人:相手のリズムにあわせたのよ。 宇宙人:そしたらね、すごい長文の文章が来たの。 アンドロイド:うわっ 宇宙人:自分は地球に住む、人間という種族だと言うこと 宇宙人:地球外に知的生命体が居てくれて、嬉しいと言うこと 宇宙人:そちらのセカイの事を、教えて欲しいと言うこと。 宇宙人:要約するとそんな感じね。  :  アンドロイド:圧がすごいね。 アンドロイド:僕なら無視する。 宇宙人:私はおもしろがってね、地球の人間って種族に興味を持ったの 宇宙人:だから、こっちの事を教える代わりに、地球のことも教えて? 宇宙人:って、返信したのよ。 アンドロイド:なるほどね アンドロイド:なんかおねーさんらしいや 宇宙人:でしょ。 宇宙人:それからどのくらいだったかな 宇宙人:忘れたけど、結構長いこと、やりとりをしたんだ。 宇宙人:私は、自分の知っていることの中で、相手のリアクションが良さそうな話題を提供した。 宇宙人:で、私は地球のことと、人間の事、言葉とか、聞いたんだ 宇宙人:楽しかったな。 アンドロイド:だから、おねーさん アンドロイド:このセカイの言葉を少し知ってるんだ 宇宙人:そゆこと 宇宙人:でもね、ある時を境に、返信が帰ってこなくなったの。 宇宙人:それまでは、寝て起きたら10件とか来てたのに 宇宙人:ぱったり。 アンドロイド:最後の連絡は、どんな内容だったの? 宇宙人:「君から教わった技術で、地球はより豊かになった。君がもし良ければ、地球に招待したい。追ってまた連絡する」 宇宙人:みたいな感じ  :  アンドロイド:…… アンドロイド:……なるほどね 宇宙人:ワクワクするじゃない? よその星に招待してもらえるなんて! 宇宙人:でも、それから、どんなに返信をしても、連絡が無くなっちゃったの。 アンドロイド:連絡していた相手の名前、覚えてる? 宇宙人:それがね。 宇宙人:私バカだから、相手の名前を聞きそびれちゃって。 宇宙人:アンドロイドくんが言ってたように、2人だけの会話に、名前なんて必要なかったから 宇宙人:うっかり聞くの忘れちゃって。 アンドロイド:そうなんだ。 宇宙人:だから、アンドロイドくんにも名前を聞いたのよ。 宇宙人:同じ過ちはしないの、私。 アンドロイド:僕も、忘れちゃってるけどね。 宇宙人:そうなのよねー。  :  宇宙人:……それで、居ても立っても居られなくなって。 宇宙人:招待されてないけどサプライズで行っちゃえーって、来たの。 宇宙人:場所も曖昧で、遠いし、すごく時間がかかっちゃったみたいだけど。 宇宙人:宇宙船の中の通信機でもね、なんども連絡したんだよ? アンドロイド:それで、たどり着いたら アンドロイド:僕しか居なかったって訳ね。 宇宙人:そゆこと。 宇宙人:アンドロイドくんに会えて、良かったけどね。 アンドロイド:そう。 アンドロイド:それならよかったよ。 宇宙人:……結構、部品、集まったんじゃない? アンドロイド:そうだね、これだけあったらしばらくは大丈夫そう。 アンドロイド:もどろうか。 宇宙人:うん、そだね。 アンドロイド:おねーさん。 宇宙人:なに? アンドロイド:話してくれてありがとうね。 宇宙人:なによ、改まっちゃって。 宇宙人:気にしないで、減るもんじゃないし。 アンドロイド:それなら良いんだけど。 宇宙人:いいのよ  :  0:間  :  アンドロイド:おねーさん、起きて。 宇宙人:ん……ん…… アンドロイド:おねーさん、ほら、起きて。 宇宙人:んぅ……あと5年…… アンドロイド:それは寝過ぎ。 宇宙人:あぅ……あ、アンドロイドくん? おはよー アンドロイド:おはよう。 宇宙人:どしたの? なんかあった? 宇宙人:まだおねーさん、眠いんだけど……ふあぁ  :  アンドロイド:直ったよ、おねーさんの宇宙船。  :  宇宙人:ん……? アンドロイド:直ったよ。 宇宙人:え……ほんと? アンドロイド:ほんと。 宇宙人:わ! すごい! アンドロイドくん! 天才! アンドロイド:まあね。 宇宙人:よ! 大将! 太っ腹! アンドロイド:どこで覚えたのそれ 宇宙人:通信で教わったのよ。 アンドロイド:なるほどね。 アンドロイド:……で、これでおねーさんは自分の星に帰れるわけだけど 宇宙人:そうなるね。 アンドロイド:なにかやり残したことは? 宇宙人:んー、特にないかな。 宇宙人:人間も滅びちゃったなら仕方ないし…… 宇宙人:探しても本当に、他のアンドロイドすら居なかったしね。 アンドロイド:じゃあ、これでお別れだね。  :  宇宙人:ん? なんで? アンドロイド:ん? なんでってなんで? 宇宙人:ついてこれば良いじゃん、私の星に。 宇宙人:アンドロイドくん、暇なんでしょう? 宇宙人:なら別に、良いじゃない。 アンドロイド:うーん、そうだなあ。 アンドロイド:嬉しい誘いだけど、やめておくよ。 宇宙人:えーーー!? アンドロイド:うるさいっ アンドロイド:いきなり大きい声出さないで。 宇宙人:なんでよー! さみしいー! 宇宙人:絶対そう言う流れじゃん! いけず! アンドロイド:僕は、もうすぐ、メモリーを引き継がないといけないから。 アンドロイド:次の体を、早く完成させなきゃいけないんだ。 宇宙人:あっ、そうなんだね。 宇宙人:ごめん、私のせいで。 宇宙人:それなら、アンドロイドくんが新しい体作り終えて 宇宙人:メモリーを引き継ぐまで、待ってるよ。 宇宙人:それなら良いでしょう?  :  アンドロイド:ダメ 宇宙人:なんで! アンドロイド:ダメったらダメ 宇宙人:何でったら何で! アンドロイド:……はぁ。 宇宙人:なんで! アンドロイド:話したら、帰ってくれる? 宇宙人:内容によるよ! おねーさん頑固だからね! アンドロイド:わかったよ、話すから、ちょっと落ち着いて。 宇宙人:(ふんすー!(鼻息))  :  0:間  :  アンドロイド:僕はね、きっと、兵器だったんだ。 宇宙人:兵器? アンドロイド:うん。たぶんね。 宇宙人:それと、付いてこないのに何の因果関係があるのさー!(ふんす) アンドロイド:落ち着いてって。 アンドロイド:えっと、僕は、自分の体を新しく作って アンドロイド:データを移行して、動き続けてるって、話をしたね? 宇宙人:覚えてるよ。 宇宙人:私は便利な体だねって言った。 アンドロイド:そう。 アンドロイド:でも、一つ欠陥があってね。 アンドロイド:自分の初期のプログラムしか引き継げないんだ。 宇宙人:……? つまり? アンドロイド:前の体で経験したこと、全てを忘れてしまうって事。 宇宙人:要するに……?  :  アンドロイド:察しが、悪いね。 アンドロイド:僕が、新しい体にデータを移し替えたら、おねーさんとの記憶も、無くなっちゃうって事。 アンドロイド:僕はね、今のこの体で、最初に目が覚めたとき アンドロイド:周りにあるモノを全部こわしてしまったんだ。生き物なんてどこにも居ないのに。 アンドロイド:しばらくの間、本当に、長い間。 アンドロイド:きっと、戦闘用のプログラムがショートするまで アンドロイド:ずっと、暴れ続けた。  :  宇宙人:なるほど。 アンドロイド:もし、僕がおねーさんの側で、データを移し替えたら アンドロイド:僕は、おねーさんに襲いかかる。 アンドロイド:おねーさんとの思い出も、全部忘れてね。 宇宙人:そう、だったんだね。 アンドロイド:僕は……そんなの、耐えられないから! アンドロイド:だから、僕がおねーさんのことを覚えているうちに アンドロイド:さよなら……しよう。  :  宇宙人:…… アンドロイド:…… 宇宙人:アンドロイドくん。 アンドロイド:なに 宇宙人:君はかわいい子だねえ。よしよし。 アンドロイド:僕が、しんみり話してるのに! 宇宙人:でも、そうかー 宇宙人:だから、宇宙船を直すのを手伝ってくれたんだね。 宇宙人:だから、私に早く帰るように言ってくれてたんだね。 アンドロイド:……そうだよ。 アンドロイド:絶対にさよならしないと行けないから、仲良くなんてなりたくなかったのに アンドロイド:おねーさん、ぐいぐいくるから。 宇宙人:アンドロイドくんが、かわいいのがいけないのよ。 アンドロイド:うるさい! 宇宙人:うーん、難しいなあ。 宇宙人:アンドロイドくんが暴れ出して、私が殺されちゃうとかはないと思うけど。 宇宙人:宇宙船が粉々になっちゃったら大変だからなあ。 アンドロイド:でしょう? アンドロイド:だから、ばいばいだよ、おねーさん。 宇宙人:うーん。 宇宙人:…… 宇宙人:……わかった。 宇宙人:でも、おねーさんね、頑固だから。 アンドロイド:まだなにかあるの? 宇宙人:うーん、そうだなあ。 宇宙人:……内緒。 アンドロイド:……誰に。 宇宙人:君に。 アンドロイド:そーですかい。  :  宇宙人:…… 宇宙人:最後に、君の新しい体の完成だけ見届けても良い? アンドロイド:いいけど、ちゃんと帰ってよ。 宇宙人:ちゃんと帰るからさ。 宇宙人:ほら、部品集めに行こう? アンドロイド:信用出来ないなー 宇宙人:ほらほら、先行っちゃうよー  :  0:間  :  アンドロイド:せっかく完成した体に……なんて事を…… 宇宙人:名前、忘れちゃうのかわいそうだからさ! 宇宙人:おなかにこれだけ大きく書いてあれば嫌でも気付くでしょう! アンドロイド:書くって言うか、これは削るって言うんだよ。 アンドロイド:名前もセンスないし。 宇宙人:センスないって言うなー!  :  アンドロイド:あ、そういえば アンドロイド:僕が体を作ってる間、宇宙船の中で何かしてたけど アンドロイド:何をしてたのさ? 宇宙人:それはねー! 宇宙人:……な・い・しょ! アンドロイド:不愉快 宇宙人:つめたい! つめたいよ! アンドロイド:……ふっ……あはは、変なの。 宇宙人:ふふ、変だね。  :  アンドロイド:おねーさんバカだから、帰る途中で迷子とかにならないでよ? アンドロイド:途中で戻ってきたりもしないでね。 宇宙人:またそんな、バカにしてー! ひどいなー! 宇宙人:戻ってきてーって泣いて言っても、戻ってきてあげないぞ! アンドロイド:うん。 アンドロイド:おねーさんと会うのは、これが最後だよ。 宇宙人:……うん。そうだね。 アンドロイド:…… 宇宙人:……  :  アンドロイド:あのさ、おねーさん。 宇宙人:なあに、アンドロイドくん。 宇宙人:私、しめっぽいお別れは苦手なんだけど。 アンドロイド:僕に、寂しいって感情をくれて、ありがとう。 宇宙人:――しめっぽ! アンドロイド:うるさい! 宇宙人:…… 宇宙人:いいよ。 宇宙人:覚えてるかぎり、好きなだけ、寂しがってるといいわ! 宇宙人:アンドロイドくんは、忘れれるけどね! 宇宙人:私は! 私は……ずっと覚えてるんだから。 宇宙人:私は、ずーーっと寂しいんだから! バカ! アンドロイド:……うん。 アンドロイド:ありがとう。  :  0:間  :   宇宙人:それじゃあね、アンドロイドくん。 アンドロイド:おねーさんさ…… アンドロイド:せっかく僕に名前をくれたのに、呼んでくれないの?  :   宇宙人:……えっと、それは。 宇宙人:……恥ずかしいなあ。 アンドロイド:いいから、呼んでよ。  :   宇宙人:――君は、私の大切な友達。 宇宙人:だから、君の名前は『フレンド』 アンドロイド:ふれんど…… 宇宙人:センスないけど、許してね、フレンド。 アンドロイド:いいよ。 アンドロイド:それくらいは、許してあげる。 宇宙人:忘れないでね。 アンドロイド:それは、どうだろう。 アンドロイド:でも、そうだね……覚えててあげるよ。 宇宙人:ありがと 宇宙人:……じゃあ、行くね。 アンドロイド:うん。  :   宇宙人:――ばいばい、フレンド。 アンドロイド:―― アンドロイド:……ばいばい、おねーさん。  :  0:間  :  アンドロイド:それから、どれほどの時が経ったんだろう。 アンドロイド:僕は僕を失って、新しい僕が動き始めた。 アンドロイド:全てを忘れた僕は、長い一暴れが終わった後 アンドロイド:また、次の僕を作り始めていた。 アンドロイド:そんな時……土の中から、けたたましいサイレンが聞こえてきたのだ。  :  0:間  :  アンドロイド:な、何、この音……!!! アンドロイド:うるさっ! 土の中!? アンドロイド:…… アンドロイド:……!! なんだ? これ。 アンドロイド:通信機? メッセージが届いてる。 アンドロイド:……えっと……なになに?  :   宇宙人:『おーい、宇宙人いますかー?』  :   アンドロイド:……ざ、雑だなー。 アンドロイド:でも……まあ、おもしろそうだし。  :   アンドロイド:『ここにいるよ』  :   0:(おしまい)

 :  0:間  :  宇宙人:ねえ、そこの君 宇宙人:ねえ、ねえってば、ほら、聞こえてる? 宇宙人:おーい 宇宙人:おーい!  :  アンドロイド:ん? 宇宙人:あ、気がついた? アンドロイド:……あ……え? 宇宙人:あのさ、えっと、『人間』ってどこにいるか知ってる? アンドロイド:え、あ、えええ?! 宇宙人:わ、びっくりした。 宇宙人:何さ、いきなり、大きな声だして。 アンドロイド:びっくりしたのはこっちだよ アンドロイド:だれ、きみ。 アンドロイド:なんでここにいるの? 宇宙人:もう、先に質問したのは私なんだけど。 アンドロイド:あ、ごめん。  :  アンドロイド:もう、何百年も、誰かに話しかけられるなんて事なかったから 宇宙人:え、なにそれ。 アンドロイド:そのまんまの意味だよ アンドロイド:それくらい前に、君の探してるらしい、人間は滅んだの。 アンドロイド:僕以外のアンドロイドも、その時一気にシステム異常で壊れちゃって 宇宙人:わお アンドロイド:それから、ずっと1人。 アンドロイド:驚いた理由は分かった? 宇宙人:それにしては、ずいぶんとわざとらしい驚き方だったね。 アンドロイド:驚き方も、忘れてたんだよ。 宇宙人:なるほどー。 宇宙人:でも、そうか 宇宙人:なーんだ、人間、滅んじゃったのか 宇宙人:それは残念。  :  アンドロイド:で、君はどこの誰で、何しに来たのさ。 宇宙人:んーと、どこの誰って言われると難しいな。 宇宙人:簡単に言うと……太陽系の外から来ました? アンドロイド:宇宙人さん? 宇宙人:私から見たら君も宇宙人だけどね。 アンドロイド:僕は人間じゃないから。 宇宙人:それを言うなら、私もこの星の言葉で言う、人間とは違うよ。 宇宙人:そんな私が宇宙人なら、君も宇宙人さ。 アンドロイド:なるほどね。  :  宇宙人:せっかく、やっと会いに来たのに 宇宙人:そうか、滅んじゃったのか。 アンドロイド:って訳だから、ほら、さっさと帰った帰った。 宇宙人:え? なんで。 アンドロイド:何でって アンドロイド:用事があるから訪ねてきたけど、用事のある人はいませんでした。 アンドロイド:そうなったら、帰るでしょ、普通。 宇宙人:いや、そうなんだけどね。 宇宙人:君、ここでずっと1人だったんでしょ? アンドロイド:そうだよ。 宇宙人:こういうときって、ほら、話し相手になってくれー、とか 宇宙人:ずっと寂しかったんだー、とかじゃないの? アンドロイド:ほら、僕、アンドロイドだから。 アンドロイド:寂しいとかないから。 宇宙人:あー、そっか。 宇宙人:そんじゃ、私帰るわ。 アンドロイド:じゃあねー。  :  0:間  :  宇宙人:よっす アンドロイド:え、なに。 宇宙人:何してんのー? アンドロイド:帰ったんじゃないの? 宇宙人:1度帰ったけど、遊びに来ちゃった。 宇宙人:別に良いでしょ、他に誰もいないんだし アンドロイド:太陽系の外、そんなに近いの? 宇宙人:地球外の技術ってやつよ  :  宇宙人:で、何してたのさ? 宇宙人:人間がいなくなって何百年も。 アンドロイド:はぁ。 アンドロイド:次の僕を作ってたんだ。 アンドロイド:僕はずっと、次の自分を作り続けてる。 宇宙人:次の自分? アンドロイド:ああ、そうだよ。 アンドロイド:同じ一つの体で、何百年も動き続けるなんて出来ないからね アンドロイド:パーツが壊れちゃったり、機能しなくなったりするから。 宇宙人:なるほど アンドロイド:だから、地球に残ってる部品を探して アンドロイド:次の自分の体を作って アンドロイド:今の体の耐久度が落ちてきたら、データを引き継ぐんだ。  :  宇宙人:便利な体ね。 アンドロイド:そうおもう? 宇宙人:次の体さえ用意出来れば 宇宙人:一生死なないじゃない? アンドロイド:死なないことは、便利なことなの? 宇宙人:少なくとも、滅びない。 アンドロイド:まあ、そういえばそうなんだけど。 アンドロイド:僕は君と違って、生き物じゃないから。 アンドロイド:最初から、生きてはいないよ。 宇宙人:じゃあ、君はもう滅びてる? アンドロイド:僕はここに居るだけ。 アンドロイド:居続けてるだけだよ。 宇宙人:なるほど。  :  宇宙人:――私、気がついちゃったな。 アンドロイド:何にさ? 宇宙人:君がおもしろい人だって事。 アンドロイド:人じゃないけどね。 宇宙人:ほら、君は宇宙人だから。 宇宙人:宇宙人は人でしょう? アンドロイド:君はこのセカイの言葉を知っているの? 宇宙人:少しだけね。 アンドロイド:へえ。 宇宙人:また、遊びに来ても良い? アンドロイド:好きにしたら良いよ。 宇宙人:やった。 宇宙人:じゃ、帰るね。 アンドロイド:ばいばい。  :  0:間  :  宇宙人:来ちゃった。 アンドロイド:太陽系の外って、もっと遠いと思ってたよ 宇宙人:技術は宇宙を狭くするのよ アンドロイド:ありがと、おかげで見識が広がったよ。 宇宙人:そういえば 宇宙人:アンドロイドくんさ、名前とかないの? アンドロイド:名前? 宇宙人:呼び方に困るって言うか 宇宙人:もし他のアンドロイドの生き残りとかが登場したらさ 宇宙人:なんて呼んだらいいか、分からないーってならない? アンドロイド:現れないよ、生き残りなんて 宇宙人:ほら、万が一さ。 アンドロイド:それに、僕はずっとここに1人だったから アンドロイド:名前なんて必要なかったんだよ アンドロイド:だから、名前なんてとうに忘れた。 アンドロイド:データを引き継ぐときに、記憶が薄らぐんだ。 宇宙人:なるほどね。 宇宙人:確かに、他に誰も居なかったら、名前なんて必要ないね。 宇宙人:でも、ほら、今は私が居るから。 アンドロイド:2人だけなら、それでも名前は必要ないよ。 宇宙人:ああそうか、私と君で済んじゃうもんね。 アンドロイド:そう。 宇宙人:つまんないのー アンドロイド:悪かったね、つまんなくて。  :  宇宙人:…… アンドロイド:…… 宇宙人:ほら、私の名前とか聞かなくて良いの? アンドロイド:2人なら名前なんか知らなくても良いって、言わなかった? 宇宙人:ほらでも、せっかくだしさ。 アンドロイド:いいよ、べつに。 アンドロイド:宇宙人のおねーさんでしょ? アンドロイド:それで十分。 宇宙人:アンドロイドくんにはおねーさんに見えるのね。 アンドロイド:なんとなくね 宇宙人:なんとなくかー 宇宙人:まあ良いか、それもそれでよし!  :  アンドロイド:そういえばさ 宇宙人:ん? なになに? おねーさんに何か聞きたいことでもあるのかなー? アンドロイド:……あったけど、聞く気がなくなった。 宇宙人:えー! なんでよー。 アンドロイド:圧がすごいから? 宇宙人:もー アンドロイド:今日は、まだ帰らないの? 宇宙人:もう帰った方が良い? アンドロイド:いや、べつに…… 宇宙人:じゃあ、もうちょっとここにいよーっと アンドロイド:好きにしたらいいよ。 宇宙人:やったー  :  0:間  :  宇宙人:やっほー 宇宙人:元気かい、アンドロイド少年。 アンドロイド:おねーさんさ 宇宙人:ん? なになに? アンドロイド:もうずっと、帰ってないでしょ、自分の星に。 宇宙人:なんでそう思うのー? アンドロイド:部品を探しに歩いてたら アンドロイド:あそこのがれきの向こうで、おねーさん見つけたし。 宇宙人:あー、みつかっちゃったかー アンドロイド:あの乗ってきた乗り物、壊れたの? 宇宙人:あはは、そりゃ見事にね、ぶっ壊れた! 宇宙人:直してるんだけどさ、難しくってね。 アンドロイド:直してあげようか? 宇宙人:え、いいの? アンドロイド:僕の体も、もうすぐ完成するし。 アンドロイド:今の体は、まだ大丈夫だから、少しくらいなら平気だよ 宇宙人:わーい アンドロイド:おねーさんうるさいし アンドロイド:乗り物が直ったら、帰ってくれるんでしょう? 宇宙人:いけずー アンドロイド:じゃ、連れてってよ。 宇宙人:私の星に? アンドロイド:壊れた乗り物の場所に 宇宙人:なーんだ。 宇宙人:ほら、こっち。  :  0:間  :  アンドロイド:見事にぶっ壊れてるね。 宇宙人:でしょー アンドロイド:なんでそんな誇らしげなのさ 宇宙人:無理に直そうとしたら悪化した。 アンドロイド:おねーさんはへっぽこだね 宇宙人:なにをー! アンドロイド:でもこれなら、きっと直せるよ。 アンドロイド:すこし、時間がかかるかもしれないけど。 宇宙人:時間かかるかー アンドロイド:しばらくここにいてもいい? 宇宙人:え? アンドロイド:いちいち向こうまで戻るの、めんどうだし。 宇宙人:いいけど。 宇宙人:逆に、いいの? アンドロイド:なんで? 宇宙人:いや、べつに。 宇宙人:いいなら、いいのよ♪ アンドロイド:じゃ、ちょっと、作りかけの体と、部品もこっちに持ってくるから アンドロイド:手伝ってよ。 宇宙人:まかせてー!  :  0:間  :  宇宙人:アンドロイドくんさ アンドロイド:なに? 宇宙人:私に何か出来ることある? アンドロイド:ないよ 宇宙人:ないかー アンドロイド:暇なら散歩でもしてきたら? 宇宙人:いいね、散歩。 宇宙人:一緒に行かない? アンドロイド:僕は忙しいから。 宇宙人:忙しいかー 宇宙人:私の宇宙船、直してくれてるもんねー アンドロイド:まあでも アンドロイド:そろそろ部品も減ってきたし アンドロイド:拾うついでならいいよ 宇宙人:やったー アンドロイド:おねーさんはついでね 宇宙人:おねーさんは、ついででもいいのです。 アンドロイド:準備するから、ちょっと待ってて 宇宙人:はーい  :  0:間  :  宇宙人:ねえ、アンドロイドくん アンドロイド:なに? 宇宙人:そのワゴン、私が引こうか? アンドロイド:部品が入ると重くなるよ? 宇宙人:力には自信があるから。 アンドロイド:じゃあ任せた。 宇宙人:まかせて! アンドロイド:…… 宇宙人:……よっと。  :  アンドロイド:……おねーさんさ 宇宙人:ん? どした? アンドロイド:人間に、何の用事があったの? 宇宙人:あ、それ聞いちゃう? アンドロイド:別に言いたくないなら良いけど 宇宙人:あー、えっとね 宇宙人:アンドロイドくんだから話すんだよ? アンドロイド:重い話ならパスね。 宇宙人:内緒だよ? アンドロイド:誰に 宇宙人:お友達に。 アンドロイド:ここにはおねーさんしかいないよ 宇宙人:そうだったね。  :  宇宙人:あー、えっと、何から話すかな。 宇宙人:通信がね、あったんだ。 宇宙人:この星から。 アンドロイド:通信? 宇宙人:うん、通信。 アンドロイド:どんな 宇宙人:「宇宙人いますかー」ってやつ アンドロイド:雑だね 宇宙人:おもしろいよね アンドロイド:それだけで、来たの? 宇宙人:まさか。 宇宙人:でも、おもしろそうだったから、返信したんだ。 宇宙人:「いるよー」って アンドロイド:雑だね 宇宙人:相手のリズムにあわせたのよ。 宇宙人:そしたらね、すごい長文の文章が来たの。 アンドロイド:うわっ 宇宙人:自分は地球に住む、人間という種族だと言うこと 宇宙人:地球外に知的生命体が居てくれて、嬉しいと言うこと 宇宙人:そちらのセカイの事を、教えて欲しいと言うこと。 宇宙人:要約するとそんな感じね。  :  アンドロイド:圧がすごいね。 アンドロイド:僕なら無視する。 宇宙人:私はおもしろがってね、地球の人間って種族に興味を持ったの 宇宙人:だから、こっちの事を教える代わりに、地球のことも教えて? 宇宙人:って、返信したのよ。 アンドロイド:なるほどね アンドロイド:なんかおねーさんらしいや 宇宙人:でしょ。 宇宙人:それからどのくらいだったかな 宇宙人:忘れたけど、結構長いこと、やりとりをしたんだ。 宇宙人:私は、自分の知っていることの中で、相手のリアクションが良さそうな話題を提供した。 宇宙人:で、私は地球のことと、人間の事、言葉とか、聞いたんだ 宇宙人:楽しかったな。 アンドロイド:だから、おねーさん アンドロイド:このセカイの言葉を少し知ってるんだ 宇宙人:そゆこと 宇宙人:でもね、ある時を境に、返信が帰ってこなくなったの。 宇宙人:それまでは、寝て起きたら10件とか来てたのに 宇宙人:ぱったり。 アンドロイド:最後の連絡は、どんな内容だったの? 宇宙人:「君から教わった技術で、地球はより豊かになった。君がもし良ければ、地球に招待したい。追ってまた連絡する」 宇宙人:みたいな感じ  :  アンドロイド:…… アンドロイド:……なるほどね 宇宙人:ワクワクするじゃない? よその星に招待してもらえるなんて! 宇宙人:でも、それから、どんなに返信をしても、連絡が無くなっちゃったの。 アンドロイド:連絡していた相手の名前、覚えてる? 宇宙人:それがね。 宇宙人:私バカだから、相手の名前を聞きそびれちゃって。 宇宙人:アンドロイドくんが言ってたように、2人だけの会話に、名前なんて必要なかったから 宇宙人:うっかり聞くの忘れちゃって。 アンドロイド:そうなんだ。 宇宙人:だから、アンドロイドくんにも名前を聞いたのよ。 宇宙人:同じ過ちはしないの、私。 アンドロイド:僕も、忘れちゃってるけどね。 宇宙人:そうなのよねー。  :  宇宙人:……それで、居ても立っても居られなくなって。 宇宙人:招待されてないけどサプライズで行っちゃえーって、来たの。 宇宙人:場所も曖昧で、遠いし、すごく時間がかかっちゃったみたいだけど。 宇宙人:宇宙船の中の通信機でもね、なんども連絡したんだよ? アンドロイド:それで、たどり着いたら アンドロイド:僕しか居なかったって訳ね。 宇宙人:そゆこと。 宇宙人:アンドロイドくんに会えて、良かったけどね。 アンドロイド:そう。 アンドロイド:それならよかったよ。 宇宙人:……結構、部品、集まったんじゃない? アンドロイド:そうだね、これだけあったらしばらくは大丈夫そう。 アンドロイド:もどろうか。 宇宙人:うん、そだね。 アンドロイド:おねーさん。 宇宙人:なに? アンドロイド:話してくれてありがとうね。 宇宙人:なによ、改まっちゃって。 宇宙人:気にしないで、減るもんじゃないし。 アンドロイド:それなら良いんだけど。 宇宙人:いいのよ  :  0:間  :  アンドロイド:おねーさん、起きて。 宇宙人:ん……ん…… アンドロイド:おねーさん、ほら、起きて。 宇宙人:んぅ……あと5年…… アンドロイド:それは寝過ぎ。 宇宙人:あぅ……あ、アンドロイドくん? おはよー アンドロイド:おはよう。 宇宙人:どしたの? なんかあった? 宇宙人:まだおねーさん、眠いんだけど……ふあぁ  :  アンドロイド:直ったよ、おねーさんの宇宙船。  :  宇宙人:ん……? アンドロイド:直ったよ。 宇宙人:え……ほんと? アンドロイド:ほんと。 宇宙人:わ! すごい! アンドロイドくん! 天才! アンドロイド:まあね。 宇宙人:よ! 大将! 太っ腹! アンドロイド:どこで覚えたのそれ 宇宙人:通信で教わったのよ。 アンドロイド:なるほどね。 アンドロイド:……で、これでおねーさんは自分の星に帰れるわけだけど 宇宙人:そうなるね。 アンドロイド:なにかやり残したことは? 宇宙人:んー、特にないかな。 宇宙人:人間も滅びちゃったなら仕方ないし…… 宇宙人:探しても本当に、他のアンドロイドすら居なかったしね。 アンドロイド:じゃあ、これでお別れだね。  :  宇宙人:ん? なんで? アンドロイド:ん? なんでってなんで? 宇宙人:ついてこれば良いじゃん、私の星に。 宇宙人:アンドロイドくん、暇なんでしょう? 宇宙人:なら別に、良いじゃない。 アンドロイド:うーん、そうだなあ。 アンドロイド:嬉しい誘いだけど、やめておくよ。 宇宙人:えーーー!? アンドロイド:うるさいっ アンドロイド:いきなり大きい声出さないで。 宇宙人:なんでよー! さみしいー! 宇宙人:絶対そう言う流れじゃん! いけず! アンドロイド:僕は、もうすぐ、メモリーを引き継がないといけないから。 アンドロイド:次の体を、早く完成させなきゃいけないんだ。 宇宙人:あっ、そうなんだね。 宇宙人:ごめん、私のせいで。 宇宙人:それなら、アンドロイドくんが新しい体作り終えて 宇宙人:メモリーを引き継ぐまで、待ってるよ。 宇宙人:それなら良いでしょう?  :  アンドロイド:ダメ 宇宙人:なんで! アンドロイド:ダメったらダメ 宇宙人:何でったら何で! アンドロイド:……はぁ。 宇宙人:なんで! アンドロイド:話したら、帰ってくれる? 宇宙人:内容によるよ! おねーさん頑固だからね! アンドロイド:わかったよ、話すから、ちょっと落ち着いて。 宇宙人:(ふんすー!(鼻息))  :  0:間  :  アンドロイド:僕はね、きっと、兵器だったんだ。 宇宙人:兵器? アンドロイド:うん。たぶんね。 宇宙人:それと、付いてこないのに何の因果関係があるのさー!(ふんす) アンドロイド:落ち着いてって。 アンドロイド:えっと、僕は、自分の体を新しく作って アンドロイド:データを移行して、動き続けてるって、話をしたね? 宇宙人:覚えてるよ。 宇宙人:私は便利な体だねって言った。 アンドロイド:そう。 アンドロイド:でも、一つ欠陥があってね。 アンドロイド:自分の初期のプログラムしか引き継げないんだ。 宇宙人:……? つまり? アンドロイド:前の体で経験したこと、全てを忘れてしまうって事。 宇宙人:要するに……?  :  アンドロイド:察しが、悪いね。 アンドロイド:僕が、新しい体にデータを移し替えたら、おねーさんとの記憶も、無くなっちゃうって事。 アンドロイド:僕はね、今のこの体で、最初に目が覚めたとき アンドロイド:周りにあるモノを全部こわしてしまったんだ。生き物なんてどこにも居ないのに。 アンドロイド:しばらくの間、本当に、長い間。 アンドロイド:きっと、戦闘用のプログラムがショートするまで アンドロイド:ずっと、暴れ続けた。  :  宇宙人:なるほど。 アンドロイド:もし、僕がおねーさんの側で、データを移し替えたら アンドロイド:僕は、おねーさんに襲いかかる。 アンドロイド:おねーさんとの思い出も、全部忘れてね。 宇宙人:そう、だったんだね。 アンドロイド:僕は……そんなの、耐えられないから! アンドロイド:だから、僕がおねーさんのことを覚えているうちに アンドロイド:さよなら……しよう。  :  宇宙人:…… アンドロイド:…… 宇宙人:アンドロイドくん。 アンドロイド:なに 宇宙人:君はかわいい子だねえ。よしよし。 アンドロイド:僕が、しんみり話してるのに! 宇宙人:でも、そうかー 宇宙人:だから、宇宙船を直すのを手伝ってくれたんだね。 宇宙人:だから、私に早く帰るように言ってくれてたんだね。 アンドロイド:……そうだよ。 アンドロイド:絶対にさよならしないと行けないから、仲良くなんてなりたくなかったのに アンドロイド:おねーさん、ぐいぐいくるから。 宇宙人:アンドロイドくんが、かわいいのがいけないのよ。 アンドロイド:うるさい! 宇宙人:うーん、難しいなあ。 宇宙人:アンドロイドくんが暴れ出して、私が殺されちゃうとかはないと思うけど。 宇宙人:宇宙船が粉々になっちゃったら大変だからなあ。 アンドロイド:でしょう? アンドロイド:だから、ばいばいだよ、おねーさん。 宇宙人:うーん。 宇宙人:…… 宇宙人:……わかった。 宇宙人:でも、おねーさんね、頑固だから。 アンドロイド:まだなにかあるの? 宇宙人:うーん、そうだなあ。 宇宙人:……内緒。 アンドロイド:……誰に。 宇宙人:君に。 アンドロイド:そーですかい。  :  宇宙人:…… 宇宙人:最後に、君の新しい体の完成だけ見届けても良い? アンドロイド:いいけど、ちゃんと帰ってよ。 宇宙人:ちゃんと帰るからさ。 宇宙人:ほら、部品集めに行こう? アンドロイド:信用出来ないなー 宇宙人:ほらほら、先行っちゃうよー  :  0:間  :  アンドロイド:せっかく完成した体に……なんて事を…… 宇宙人:名前、忘れちゃうのかわいそうだからさ! 宇宙人:おなかにこれだけ大きく書いてあれば嫌でも気付くでしょう! アンドロイド:書くって言うか、これは削るって言うんだよ。 アンドロイド:名前もセンスないし。 宇宙人:センスないって言うなー!  :  アンドロイド:あ、そういえば アンドロイド:僕が体を作ってる間、宇宙船の中で何かしてたけど アンドロイド:何をしてたのさ? 宇宙人:それはねー! 宇宙人:……な・い・しょ! アンドロイド:不愉快 宇宙人:つめたい! つめたいよ! アンドロイド:……ふっ……あはは、変なの。 宇宙人:ふふ、変だね。  :  アンドロイド:おねーさんバカだから、帰る途中で迷子とかにならないでよ? アンドロイド:途中で戻ってきたりもしないでね。 宇宙人:またそんな、バカにしてー! ひどいなー! 宇宙人:戻ってきてーって泣いて言っても、戻ってきてあげないぞ! アンドロイド:うん。 アンドロイド:おねーさんと会うのは、これが最後だよ。 宇宙人:……うん。そうだね。 アンドロイド:…… 宇宙人:……  :  アンドロイド:あのさ、おねーさん。 宇宙人:なあに、アンドロイドくん。 宇宙人:私、しめっぽいお別れは苦手なんだけど。 アンドロイド:僕に、寂しいって感情をくれて、ありがとう。 宇宙人:――しめっぽ! アンドロイド:うるさい! 宇宙人:…… 宇宙人:いいよ。 宇宙人:覚えてるかぎり、好きなだけ、寂しがってるといいわ! 宇宙人:アンドロイドくんは、忘れれるけどね! 宇宙人:私は! 私は……ずっと覚えてるんだから。 宇宙人:私は、ずーーっと寂しいんだから! バカ! アンドロイド:……うん。 アンドロイド:ありがとう。  :  0:間  :   宇宙人:それじゃあね、アンドロイドくん。 アンドロイド:おねーさんさ…… アンドロイド:せっかく僕に名前をくれたのに、呼んでくれないの?  :   宇宙人:……えっと、それは。 宇宙人:……恥ずかしいなあ。 アンドロイド:いいから、呼んでよ。  :   宇宙人:――君は、私の大切な友達。 宇宙人:だから、君の名前は『フレンド』 アンドロイド:ふれんど…… 宇宙人:センスないけど、許してね、フレンド。 アンドロイド:いいよ。 アンドロイド:それくらいは、許してあげる。 宇宙人:忘れないでね。 アンドロイド:それは、どうだろう。 アンドロイド:でも、そうだね……覚えててあげるよ。 宇宙人:ありがと 宇宙人:……じゃあ、行くね。 アンドロイド:うん。  :   宇宙人:――ばいばい、フレンド。 アンドロイド:―― アンドロイド:……ばいばい、おねーさん。  :  0:間  :  アンドロイド:それから、どれほどの時が経ったんだろう。 アンドロイド:僕は僕を失って、新しい僕が動き始めた。 アンドロイド:全てを忘れた僕は、長い一暴れが終わった後 アンドロイド:また、次の僕を作り始めていた。 アンドロイド:そんな時……土の中から、けたたましいサイレンが聞こえてきたのだ。  :  0:間  :  アンドロイド:な、何、この音……!!! アンドロイド:うるさっ! 土の中!? アンドロイド:…… アンドロイド:……!! なんだ? これ。 アンドロイド:通信機? メッセージが届いてる。 アンドロイド:……えっと……なになに?  :   宇宙人:『おーい、宇宙人いますかー?』  :   アンドロイド:……ざ、雑だなー。 アンドロイド:でも……まあ、おもしろそうだし。  :   アンドロイド:『ここにいるよ』  :   0:(おしまい)