台本概要

 174 views 

タイトル ぽんぽこぽん
作者名 レンga  (@renganovel)
ジャンル コメディ
演者人数 2人用台本(不問2)
時間 20 分
台本使用規定 非商用利用時は連絡不要
説明 『夏祭りにタヌキが激辛地獄鍋を喰う話』

◆◆あらすじ◆◆

夏は祭りだ!よよいのよい!

二匹のタヌキ、ぽんぽとこぽんは
人間に化けて、屋台をやっておったとさ!

ひょんなことから、地獄鍋を喰うことに!
激辛地獄のその先に!みこしのてっぺんが待っている!

夏は祭りだ!よよいのよい!
陽気なタヌキの夏祭り!

ドタバタ!タヌキのファンタジーコメディ!

『ぽんぽこぽん』

◆◆◆◆◆◆◆◆

登場人物がタヌキなので
どちらも男女不問です。

男×男 女×女 男×女

好きな組み合わせで楽しんでいただけます。

◆◆◆◆◆◆◆◆

※夏の六連花~ボイコネ二度目の夏~大型企画「前夜祭シナリオ」
#ろくれんシナリオ

◆◆許可範囲◆◆

①アドリブ可
②男女比率変更可
③語尾などの軽微な台詞変更可

 174 views 

キャラ説明  

名前 性別 台詞数 説明
ぽんぽ 不問 103 こぽんの先輩たぬき
こぽん 不問 103 ぽんぽの後輩タヌキ
※役をクリックするとセリフに色が付きます。

台本本編

文字サイズ
0:タイトル『ぽんぽこぽん』 0:  ぽんぽ:いいか、こぽん。 こぽん:なんでしょう、ぽんぽ先輩。 ぽんぽ:俺たちタヌキの鉄則は、忘れていないな。 こぽん:いまさら、基本のおさらいですか、先輩。 こぽん:ひとつ、タヌキはだましても、騙されるべからず。 こぽん:ひとつ、タヌキはだましても、約束は破るべからず。 こぽん:ひとつ、タヌキはだましても、人間と争うべからず。 0:  ぽんぽ:よし、いいな。 こぽん:これくらい簡単っすよ。 ぽんぽ:慢心してはいけない。 ぽんぽ:なにごとも、基本が大事だ。 ぽんぽ:基本がなってなければ、どんな応用もうまくいかない。 ぽんぽ:何度も言っていることだろう? こぽん:ぽんぽ先輩は慎重ですからね。 ぽんぽ:過信が失敗を産む。 ぽんぽ:今まで何匹のタヌキが、人間に鍋にされてきたか…… こぽん:先輩、またその話ですか。 0:  ぽんぽ:失敗したらすぐ食われる。 ぽんぽ:それを忘れちゃならんってわけだ。 こぽん:あ、先輩。 ぽんぽ:こぽん、わかるか?この気持ちが。 ぽんぽ:何匹もの仲間が鍋にされた、俺の…… こぽん:先輩!先輩、お客さん! ぽんぽ:へいらっしゃい!焼きそば一つね、五百円だよ。 0:  ぽんぽ:……え?鍋がどうしたって? ぽんぽ:あ、えーっと…… こぽん:ほら、夏祭りのイベントであるじゃないすか、お客さん。 こぽん:激辛地獄鍋の我慢大会。 ぽんぽ:そうそう!それに出ようかーってわけ! ぽんぽ:あ、エントリー?いやあそれはまあこれから…… こぽん:ちょっと先輩!名札名札!(小声) ぽんぽ:……え、実行委員会の方? ぽんぽ:そっちでエントリーしてくれる? ぽんぽ:あ、えっと、あのー。 ぽんぽ:おねがいします。 こぽん:……え! ぽんぽ:……ふぅ、どうにかこうにか乗り越えたな、こぽん。 こぽん:乗り越えてないっスよ!なにエントリーしてるんすか!ぽんぽ先輩! ぽんぽ:え、でもほら、うまくごまかすにはこうするしか…… こぽん:他にもいくらでも方法あったっスよ! こぽん:「激辛地獄鍋の優勝者、今年は誰っすかねー」とか!「激辛地獄鍋って何時からっすか?」とか! ぽんぽ:こぽん、お前頭いいな。 こぽん:あー、激辛地獄鍋って、やばいじゃないっスか! こぽん:去年先輩のお友達が鍋にされたやつでしょう!? こぽん:あまりの辛さに、この変化《へんげ》が解けたら こぽん:そのまま鍋に放り込まれますよ! ぽんぽ:むむむ、これは困ったことになったぞ。 こぽん:困りまくりっすよ!先輩、どうするんすか? ぽんぽ:いいか、こぽん。 ぽんぽ:タヌキには、引けぬ戦いもあるのだ。 こぽん:戦わなくていい戦いに挑んだのは先輩じゃないすか! こぽん:僕はやめときますからね、危険すぎます。 ぽんぽ:まて、こぽん。 ぽんぽ:いいか、タヌキは約束を破ってはいけないんだ。 ぽんぽ:特に人間との約束はな。 こぽん:それは大丈夫っス、エントリーしたのは先輩だけっすから こぽん:僕はほら、約束したわけじゃないんで。 ぽんぽ:何を言っている。こぽんの分のエントリーも済ませてある。 こぽん:な、なんでっすか!それ必要ありました!? ぽんぽ:いやあ、参加者が少ないから助けて欲しいって言われて、つい…… こぽん:先輩!あーもう!なんてことを…… ぽんぽ:一度約束してしまったものは仕方ない。 ぽんぽ:激辛地獄鍋我慢大会、優勝して、優勝特典は俺たちのものだ。 こぽん:優勝特典って何なんスか? ぽんぽ:今年のみこしのてっぺんに乗れる権利だ。 こぽん:……!! こぽん:やりましょう。 こぽん:乗ってみたかったんすよね、みこしのてっぺん。 ぽんぽ:やる気になってくれたようでよかった。 こぽん:毎年、てっぺんのってる人 こぽん:口の周り腫れてたのはそういう事だったんすね。 ぽんぽ:ようし、こうなったら焼きそば屋はいったん閉めて ぽんぽ:会場へ急ぐぞ、こぽん! こぽん:行きましょう、ぽんぽ先輩! 0:  ぽんぽ:……! こぽん:……! ぽんぽ:あ、暑いな、こぽん。 こぽん:熱いっす、ぽんぽ先輩。 こぽん:一人一人に鉄鍋っすか…… ぽんぽ:それもすごいが…… ぽんぽ:炎天下の、野外の、盆踊り会場のど真ん中に ぽんぽ:『巨大こたつ』たあ恐れ入った。 こぽん:いつもこの時間、ずっと焼きそば売ってて気付かなかったッスもんね…… ぽんぽ:ええと…… こぽん:ゾクゾクと参加者が集まってきましたね。 0:  ぽんぽ:…… ぽんぽ:やばいぞ、こぽん。 こぽん:やばいっすね、ぽんぽ先輩。 ぽんぽ:他の参加者がみんなバケモノみたいだ…… こぽん:身長2メートルはありそうな巨漢に、全身真っ赤で、唐辛子のピアスをつけた女子高生 ぽんぽ:自らヒートテックを着た上に羽毛のダウンを着込んだハゲに、太った小学生の双子 こぽん:か、勝てるんすか、これ…… ぽんぽ:勝つしかないだろう。 ぽんぽ:み、みこしのてっぺんで踊るんだ。 こぽん:せ、先輩!尻尾でてます! ぽんぽ:おっとあぶない。 こぽん:双子に見られたかもしれませんよ…… ぽんぽ:大丈夫だ、きっとでかい猫じゃらしだと思ったはず。 こぽん:大丈夫っすかね…… ぽんぽ:さ、始まるぞ……!! 0:  こぽん:うわっ!ふたが空いた瞬間、ものすごい刺激が…… ぽんぽ:湯気に唐辛子の成分が含まれてるんだ……! こぽん:鍋の中が見えないっス!見えないっスよ! こぽん:どうなってるんスか…… ぽんぽ:じ…… ぽんぽ:地獄がある。 こぽん:ど、どういう事っすか!? ぽんぽ:鍋の中は地獄だ。 こぽん:あまりの湯気の辛さに、もう幻覚でも見えて…… ぽんぽ:まさに地獄…… こぽん:た……タヌキ鍋……。 こぽん:ちょっと待ってください、先輩! こぽん:これじゃあ僕ら、共食いじゃないっスか……! こぽん:そんなの僕、嫌だっすよ、ぽんぽ先輩! 0:  ぽんぽ:こぽん。 こぽん:な、なんすか! ぽんぽ:いいかこぽん、騙されちゃあいけない。 こぽん:せ、先輩……。 ぽんぽ:ほら、他の人の鍋を見てみるんだ。 こぽん:どうしてそんな……! こぽん:……あ。 こぽん:中身が僕たちのものと違う……! ぽんぽ:そうだろう。 ぽんぽ:それに、タヌキ鍋だからと言って ぽんぽ:毛の付いたタヌキをそのままぶち込むわけないじゃないか。 こぽん:これは……何かを化かしたもの。 ぽんぽ:そう。つまり。 ぽんぽ:この祭りには、キツネ共が関わってるってことだ。 こぽん:しかも、実行委員会にっスね…… ぽんぽ:俺たちがタヌキだってことも ぽんぽ:当然奴らはわかってるはずだ。 こぽん:キツネさんたちにはバレバレっスよね…… こぽん:でも、それを公にしないってことは…… ぽんぽ:あいつら、楽しんでやがるんだ。 ぽんぽ:俺たちが苦しむ姿を見てな。 こぽん:ひどいっすね……! こぽん:信じられないっス! 0:  ぽんぽ:いいか、こぽん。 ぽんぽ:騙された振りをするんだ。 こぽん:なんでっすか! こぽん:こうなったらバトルっスよ!化かし合いっス! ぽんぽ:いいや、だめだ。 ぽんぽ:この会場にいるのは、タヌキとキツネだけじゃねえ ぽんぽ:このこたつの周りを、たくさんの人間が ぽんぽ:楽しそうに盆踊りを踊ってるんだ。 こぽん:でも……!そうっスけど……! ぽんぽ:こぽん。 ぽんぽ:楽しいことを、さえぎっちゃあいけねえ。 ぽんぽ:たとえそれがプライドに反しててもだ。 こぽん:ぽんぽ先輩…… ぽんぽ:激辛地獄鍋我慢大会。 ぽんぽ:このエンターテインメントで、キツネを化かしてやろう。 ぽんぽ:それが俺たち、タヌキの戦い方だろう! こぽん:せ、先輩!かっこいいっす! ぽんぽ:ようし!それじゃあまず鍋はこぽんにまかせた! こぽん:結局全部僕任せっスか!? ぽんぽ:キツネ共が何か仕掛けてきたときに ぽんぽ:俺がひーひー言ってたらダメだろう? こぽん:でも、鍋は先輩のぶんもありますよ! ぽんぽ:それもこぽん、君が食べてくれ。 こぽん:嫌っス!ダメっス!お断りっス! ぽんぽ:なんで! こぽん:そんなことしたら僕死んじゃいますって! こぽん:ただでさえ辛そうだって言うのに……! ぽんぽ:ぐぬぬ。 ぽんぽ:ならばしかたない、自分のぶんは自分で…… こぽん:あああ!もう真っ赤の女子高生が半分くらい食べてますっス! こぽん:急がないと、みこしのてっぺんが……! ぽんぽ:よし、もう食べるしかあるまい! こぽん:このタヌキの足から食ってやります! 0:  ぽんぽ:ひーーーーー!! こぽん:やばいっす!辛いっす!真っ赤っすよこれ!何もかも! ぽんぽ:なんて辛さだ……!ひ。 ぽんぽ:鍋のスープが、香辛料でどろどろになっている…… こぽん:あああああ!熱いっす!辛いっす!痛いっす! こぽん:くそう……盆踊りの音楽がノイローゼになりそうっす…… ぽんぽ:よよいのよい…… こぽん:ぽんぽ先輩!現実逃避して踊りに行かないでくださいっす! ぽんぽ:……は!いかんいかん。 ぽんぽ:体が勝手に……! こぽん:さあ、食べてください、食べてください。 こぽん:ほら見てこれ、このちくわすごく大きいっすよ……! ぽんぽ:まて、こぽん!それを俺に食わせるんじゃ……もごもご ぽんぽ:ひーーーー!!! こぽん:わあすごい、ちくわの穴から火っス!炎っス!火炎放射っすよ先輩! ぽんぽ:ああめがまわる……辛さと暑さで毛穴と言う毛穴から噴水のように汗が…… こぽん:ああそうだ、飲み物!飲み物がないと熱中症で死んでしまうっス! ぽんぽ:どうして……熱いお茶しか……ないんだ……! こぽん:無理をしてでも、飲みましょう……ごくごく ぽんぽ:うっ…… こぽん:でも先輩すごいっす!ちくわを食べてから、もりもり進んでるっすよ! こぽん:ようし僕も……! 0:  ぽんぽ:こぽんよ……俺はもう…… こぽん:ダメっス!ぽんぽ先輩!ほら、周りを見て! ぽんぽ:え……あ…… ぽんぽ:ハゲが頭を真っ赤にして、鍋に顔を突っ込んで倒れてる…… こぽん:ほら、唐辛子女子高生も、気が付けば火を噴きながら盆踊りを踊ってます! ぽんぽ:このまま我慢して食べ続けば……もぐもぐ こぽん:もぐもぐ…… ぽんぽ:ぐるぐる……盆踊り……よよいのよい。 こぽん:世界が赤くゆがんで…… こぽん:ああ!鍋の中から竜が!ドラゴンが!次々に出てくるっス! ぽんぽ:よよいのよい……よよいのよい…… こぽん:ぽんぽ先輩!気を確かに!踊りに行ってはなりません! こぽん:勝てます!先輩!巨漢が立ち上がってそのまま動きを止めましたっす! ぽんぽ:よよいの…… こぽん:先輩!! こぽん:しっかりしてください!! こぽん:キツネさんたちに負けてよいのですか! ぽんぽ:……よよいの ぽんぽ:……こぽん。 こぽん:先輩! ぽんぽ:もう、大丈夫だ……!ありがとう。 こぽん:僕たちたぬきは……絶対に負けちゃだめっス! 0:  ぽんぽ:おい、こぽん……双子はどうだ。 こぽん:そ、そうっスね、ええと、双子は…… こぽん:こ、こっちを見てるっす!じーっと、唇を腫らしてこっちを見てるっす! ぽんぽ:み……み…… こぽん:な、なんすかぽんぽ先輩! ぽんぽ:双子の耳は、どこにある。 こぽん:みみ?ええと、耳は……あああ!! こぽん:頭の上の方に、キツネ耳っす!あいつら、キツネさんっすよ! ぽんぽ:やっぱりか。 ぽんぽ:俺たちはあいつらに、化かされてるんだ。 こぽん:文句言いに行ってきますっす! ぽんぽ:まて、こぽん! こぽん:なんでっすか!やられっぱなしは嫌っス! ぽんぽ:喰っちまおう。 こぽん:え、キツネさんたちをっスか……? ぽんぽ:鍋だ ぽんぽ:あいつらは、俺たちがギブアップするのを楽しみにしてるんだ。 ぽんぽ:なら喰っちまおう。 ぽんぽ:平らげて、俺たちのすごさを見せつけてやろう……! こぽん:さ、さすがぽんぽ先輩っス!! 0:  ぽんぽ:…… ぽんぽ:あとは、頼んだ…… こぽん:先輩……。 こぽん:…… こぽん:そんなの許さないっス! こぽん:ほら、喰うっス!ほら!あとちょっとなんスから! ぽんぽ:もごもご……よよいのよい…… こぽん:ほら、喰うっス!どんどん喰うっス!ほら飲み込んで! ぽんぽ:……ごくん こぽん:僕もちゃんと喰うっスから……ひーーー! ぽんぽ:あと、スープだけだ…… こぽん:ああ、スープから大蛇が……!真っ赤な大蛇が……! ぽんぽ:こぽん、それは赤く染まったちくわぶだ! こぽん:ああ、スープからオオカマキリが…… ぽんぽ:こぽん、それはデロデロになった長ネギだ! こぽん:ああ……あとすこし、あと少しで! ぽんぽ:完食だ……激辛地獄鍋……! こぽん:もぐもぐ……ごくん。 こぽん:……ひい、ひい。 こぽん:せ、制覇っス!!! ぽんぽ:俺も……完食だ……!! こぽん:ひい……ひい…… ぽんぽ:ああ……ひい…… こぽん:先輩……!やりましたよ! こぽん:僕たち……!キツネさんたちに勝ちました……!! ぽんぽ:こぽん!!やったな!! ぽんぽ:みこしのてっぺんだ!みこしのてっぺんだー!! こぽん:てっぺん!てっぺん! 0:  ぽんぽ:よよいのよい、よよいのよい! こぽん:あー、みこしのてっぺんからの景色は最高っすね……! ぽんぽ:おい!ほら!見てみろよ!こぽん! こぽん:なんすか、ぽんぽ先輩……! こぽん:あ、花火! こぽん:もうそんな時間だったんすね……! ぽんぽ:しばらく俺たち、倒れてたらしいからな……! こぽん:先輩、こんないい場所から花火見るの僕、初めてっす! ぽんぽ:俺もだ、こぽん。 ぽんぽ:辛い思いをして、正解だったな。 こぽん:辛かったっす、辛かったっすけど……! こぽん:僕、今日と言う日を忘れないっス……! ぽんぽ:こぽん……!! こぽん:先輩! 0:  こぽん:せ、先輩……!! こぽん:へ、変化《へんげ》が解けてるっすよ!!! こぽん:毛むくじゃらのぽんぽこタヌキっす! ぽんぽ:こぽん!それを言うならお前も! ぽんぽ:変化《へんげ》解けてるぞ!! こぽん:やばいっす!やばいっす!鍋にされるっス!! ぽんぽ:こんな一番目立つところで、なんで変化《へんげ》を解くんだこぽん! こぽん:先輩だって解けてたじゃないっスか! こぽん:たぶん、安心しちゃったんすよ!! ぽんぽ:みんなこっち見てるぞ!! こぽん:逃げるっス!逃げるっス!人ごみに紛れて人間になって踊るっス! ぽんぽ:ようし!そうだな!それじゃあここから飛び降りるぞ! こぽん:わかったっス!よーっと!(ぴょーん) ぽんぽ:わわわ!掛け声とかないのか!!よっと!(ぴょーん) こぽん:逃げるっス!逃げるっスー! ぽんぽ:わー!追いかけてくるな人間ー! ぽんぽ:こぽん!人間に化けて踊るんだ! こぽん:わかったっスよ!これだけ人がいたらわからないっスからね! 0:  ぽんぽ:よっと!ぽぽん!(化ける) こぽん:よいっと!こぽぽん!(化ける) 0:  ぽんぽ:あ、そーれっ! こぽん:よよいのよい! ぽんぽ:よよいのよい! こぽん:あ、そーれっ! ぽんぽ:よよいのよい! こぽん:よよいのよい! 0:  0:めでたし、めでたし

0:タイトル『ぽんぽこぽん』 0:  ぽんぽ:いいか、こぽん。 こぽん:なんでしょう、ぽんぽ先輩。 ぽんぽ:俺たちタヌキの鉄則は、忘れていないな。 こぽん:いまさら、基本のおさらいですか、先輩。 こぽん:ひとつ、タヌキはだましても、騙されるべからず。 こぽん:ひとつ、タヌキはだましても、約束は破るべからず。 こぽん:ひとつ、タヌキはだましても、人間と争うべからず。 0:  ぽんぽ:よし、いいな。 こぽん:これくらい簡単っすよ。 ぽんぽ:慢心してはいけない。 ぽんぽ:なにごとも、基本が大事だ。 ぽんぽ:基本がなってなければ、どんな応用もうまくいかない。 ぽんぽ:何度も言っていることだろう? こぽん:ぽんぽ先輩は慎重ですからね。 ぽんぽ:過信が失敗を産む。 ぽんぽ:今まで何匹のタヌキが、人間に鍋にされてきたか…… こぽん:先輩、またその話ですか。 0:  ぽんぽ:失敗したらすぐ食われる。 ぽんぽ:それを忘れちゃならんってわけだ。 こぽん:あ、先輩。 ぽんぽ:こぽん、わかるか?この気持ちが。 ぽんぽ:何匹もの仲間が鍋にされた、俺の…… こぽん:先輩!先輩、お客さん! ぽんぽ:へいらっしゃい!焼きそば一つね、五百円だよ。 0:  ぽんぽ:……え?鍋がどうしたって? ぽんぽ:あ、えーっと…… こぽん:ほら、夏祭りのイベントであるじゃないすか、お客さん。 こぽん:激辛地獄鍋の我慢大会。 ぽんぽ:そうそう!それに出ようかーってわけ! ぽんぽ:あ、エントリー?いやあそれはまあこれから…… こぽん:ちょっと先輩!名札名札!(小声) ぽんぽ:……え、実行委員会の方? ぽんぽ:そっちでエントリーしてくれる? ぽんぽ:あ、えっと、あのー。 ぽんぽ:おねがいします。 こぽん:……え! ぽんぽ:……ふぅ、どうにかこうにか乗り越えたな、こぽん。 こぽん:乗り越えてないっスよ!なにエントリーしてるんすか!ぽんぽ先輩! ぽんぽ:え、でもほら、うまくごまかすにはこうするしか…… こぽん:他にもいくらでも方法あったっスよ! こぽん:「激辛地獄鍋の優勝者、今年は誰っすかねー」とか!「激辛地獄鍋って何時からっすか?」とか! ぽんぽ:こぽん、お前頭いいな。 こぽん:あー、激辛地獄鍋って、やばいじゃないっスか! こぽん:去年先輩のお友達が鍋にされたやつでしょう!? こぽん:あまりの辛さに、この変化《へんげ》が解けたら こぽん:そのまま鍋に放り込まれますよ! ぽんぽ:むむむ、これは困ったことになったぞ。 こぽん:困りまくりっすよ!先輩、どうするんすか? ぽんぽ:いいか、こぽん。 ぽんぽ:タヌキには、引けぬ戦いもあるのだ。 こぽん:戦わなくていい戦いに挑んだのは先輩じゃないすか! こぽん:僕はやめときますからね、危険すぎます。 ぽんぽ:まて、こぽん。 ぽんぽ:いいか、タヌキは約束を破ってはいけないんだ。 ぽんぽ:特に人間との約束はな。 こぽん:それは大丈夫っス、エントリーしたのは先輩だけっすから こぽん:僕はほら、約束したわけじゃないんで。 ぽんぽ:何を言っている。こぽんの分のエントリーも済ませてある。 こぽん:な、なんでっすか!それ必要ありました!? ぽんぽ:いやあ、参加者が少ないから助けて欲しいって言われて、つい…… こぽん:先輩!あーもう!なんてことを…… ぽんぽ:一度約束してしまったものは仕方ない。 ぽんぽ:激辛地獄鍋我慢大会、優勝して、優勝特典は俺たちのものだ。 こぽん:優勝特典って何なんスか? ぽんぽ:今年のみこしのてっぺんに乗れる権利だ。 こぽん:……!! こぽん:やりましょう。 こぽん:乗ってみたかったんすよね、みこしのてっぺん。 ぽんぽ:やる気になってくれたようでよかった。 こぽん:毎年、てっぺんのってる人 こぽん:口の周り腫れてたのはそういう事だったんすね。 ぽんぽ:ようし、こうなったら焼きそば屋はいったん閉めて ぽんぽ:会場へ急ぐぞ、こぽん! こぽん:行きましょう、ぽんぽ先輩! 0:  ぽんぽ:……! こぽん:……! ぽんぽ:あ、暑いな、こぽん。 こぽん:熱いっす、ぽんぽ先輩。 こぽん:一人一人に鉄鍋っすか…… ぽんぽ:それもすごいが…… ぽんぽ:炎天下の、野外の、盆踊り会場のど真ん中に ぽんぽ:『巨大こたつ』たあ恐れ入った。 こぽん:いつもこの時間、ずっと焼きそば売ってて気付かなかったッスもんね…… ぽんぽ:ええと…… こぽん:ゾクゾクと参加者が集まってきましたね。 0:  ぽんぽ:…… ぽんぽ:やばいぞ、こぽん。 こぽん:やばいっすね、ぽんぽ先輩。 ぽんぽ:他の参加者がみんなバケモノみたいだ…… こぽん:身長2メートルはありそうな巨漢に、全身真っ赤で、唐辛子のピアスをつけた女子高生 ぽんぽ:自らヒートテックを着た上に羽毛のダウンを着込んだハゲに、太った小学生の双子 こぽん:か、勝てるんすか、これ…… ぽんぽ:勝つしかないだろう。 ぽんぽ:み、みこしのてっぺんで踊るんだ。 こぽん:せ、先輩!尻尾でてます! ぽんぽ:おっとあぶない。 こぽん:双子に見られたかもしれませんよ…… ぽんぽ:大丈夫だ、きっとでかい猫じゃらしだと思ったはず。 こぽん:大丈夫っすかね…… ぽんぽ:さ、始まるぞ……!! 0:  こぽん:うわっ!ふたが空いた瞬間、ものすごい刺激が…… ぽんぽ:湯気に唐辛子の成分が含まれてるんだ……! こぽん:鍋の中が見えないっス!見えないっスよ! こぽん:どうなってるんスか…… ぽんぽ:じ…… ぽんぽ:地獄がある。 こぽん:ど、どういう事っすか!? ぽんぽ:鍋の中は地獄だ。 こぽん:あまりの湯気の辛さに、もう幻覚でも見えて…… ぽんぽ:まさに地獄…… こぽん:た……タヌキ鍋……。 こぽん:ちょっと待ってください、先輩! こぽん:これじゃあ僕ら、共食いじゃないっスか……! こぽん:そんなの僕、嫌だっすよ、ぽんぽ先輩! 0:  ぽんぽ:こぽん。 こぽん:な、なんすか! ぽんぽ:いいかこぽん、騙されちゃあいけない。 こぽん:せ、先輩……。 ぽんぽ:ほら、他の人の鍋を見てみるんだ。 こぽん:どうしてそんな……! こぽん:……あ。 こぽん:中身が僕たちのものと違う……! ぽんぽ:そうだろう。 ぽんぽ:それに、タヌキ鍋だからと言って ぽんぽ:毛の付いたタヌキをそのままぶち込むわけないじゃないか。 こぽん:これは……何かを化かしたもの。 ぽんぽ:そう。つまり。 ぽんぽ:この祭りには、キツネ共が関わってるってことだ。 こぽん:しかも、実行委員会にっスね…… ぽんぽ:俺たちがタヌキだってことも ぽんぽ:当然奴らはわかってるはずだ。 こぽん:キツネさんたちにはバレバレっスよね…… こぽん:でも、それを公にしないってことは…… ぽんぽ:あいつら、楽しんでやがるんだ。 ぽんぽ:俺たちが苦しむ姿を見てな。 こぽん:ひどいっすね……! こぽん:信じられないっス! 0:  ぽんぽ:いいか、こぽん。 ぽんぽ:騙された振りをするんだ。 こぽん:なんでっすか! こぽん:こうなったらバトルっスよ!化かし合いっス! ぽんぽ:いいや、だめだ。 ぽんぽ:この会場にいるのは、タヌキとキツネだけじゃねえ ぽんぽ:このこたつの周りを、たくさんの人間が ぽんぽ:楽しそうに盆踊りを踊ってるんだ。 こぽん:でも……!そうっスけど……! ぽんぽ:こぽん。 ぽんぽ:楽しいことを、さえぎっちゃあいけねえ。 ぽんぽ:たとえそれがプライドに反しててもだ。 こぽん:ぽんぽ先輩…… ぽんぽ:激辛地獄鍋我慢大会。 ぽんぽ:このエンターテインメントで、キツネを化かしてやろう。 ぽんぽ:それが俺たち、タヌキの戦い方だろう! こぽん:せ、先輩!かっこいいっす! ぽんぽ:ようし!それじゃあまず鍋はこぽんにまかせた! こぽん:結局全部僕任せっスか!? ぽんぽ:キツネ共が何か仕掛けてきたときに ぽんぽ:俺がひーひー言ってたらダメだろう? こぽん:でも、鍋は先輩のぶんもありますよ! ぽんぽ:それもこぽん、君が食べてくれ。 こぽん:嫌っス!ダメっス!お断りっス! ぽんぽ:なんで! こぽん:そんなことしたら僕死んじゃいますって! こぽん:ただでさえ辛そうだって言うのに……! ぽんぽ:ぐぬぬ。 ぽんぽ:ならばしかたない、自分のぶんは自分で…… こぽん:あああ!もう真っ赤の女子高生が半分くらい食べてますっス! こぽん:急がないと、みこしのてっぺんが……! ぽんぽ:よし、もう食べるしかあるまい! こぽん:このタヌキの足から食ってやります! 0:  ぽんぽ:ひーーーーー!! こぽん:やばいっす!辛いっす!真っ赤っすよこれ!何もかも! ぽんぽ:なんて辛さだ……!ひ。 ぽんぽ:鍋のスープが、香辛料でどろどろになっている…… こぽん:あああああ!熱いっす!辛いっす!痛いっす! こぽん:くそう……盆踊りの音楽がノイローゼになりそうっす…… ぽんぽ:よよいのよい…… こぽん:ぽんぽ先輩!現実逃避して踊りに行かないでくださいっす! ぽんぽ:……は!いかんいかん。 ぽんぽ:体が勝手に……! こぽん:さあ、食べてください、食べてください。 こぽん:ほら見てこれ、このちくわすごく大きいっすよ……! ぽんぽ:まて、こぽん!それを俺に食わせるんじゃ……もごもご ぽんぽ:ひーーーー!!! こぽん:わあすごい、ちくわの穴から火っス!炎っス!火炎放射っすよ先輩! ぽんぽ:ああめがまわる……辛さと暑さで毛穴と言う毛穴から噴水のように汗が…… こぽん:ああそうだ、飲み物!飲み物がないと熱中症で死んでしまうっス! ぽんぽ:どうして……熱いお茶しか……ないんだ……! こぽん:無理をしてでも、飲みましょう……ごくごく ぽんぽ:うっ…… こぽん:でも先輩すごいっす!ちくわを食べてから、もりもり進んでるっすよ! こぽん:ようし僕も……! 0:  ぽんぽ:こぽんよ……俺はもう…… こぽん:ダメっス!ぽんぽ先輩!ほら、周りを見て! ぽんぽ:え……あ…… ぽんぽ:ハゲが頭を真っ赤にして、鍋に顔を突っ込んで倒れてる…… こぽん:ほら、唐辛子女子高生も、気が付けば火を噴きながら盆踊りを踊ってます! ぽんぽ:このまま我慢して食べ続けば……もぐもぐ こぽん:もぐもぐ…… ぽんぽ:ぐるぐる……盆踊り……よよいのよい。 こぽん:世界が赤くゆがんで…… こぽん:ああ!鍋の中から竜が!ドラゴンが!次々に出てくるっス! ぽんぽ:よよいのよい……よよいのよい…… こぽん:ぽんぽ先輩!気を確かに!踊りに行ってはなりません! こぽん:勝てます!先輩!巨漢が立ち上がってそのまま動きを止めましたっす! ぽんぽ:よよいの…… こぽん:先輩!! こぽん:しっかりしてください!! こぽん:キツネさんたちに負けてよいのですか! ぽんぽ:……よよいの ぽんぽ:……こぽん。 こぽん:先輩! ぽんぽ:もう、大丈夫だ……!ありがとう。 こぽん:僕たちたぬきは……絶対に負けちゃだめっス! 0:  ぽんぽ:おい、こぽん……双子はどうだ。 こぽん:そ、そうっスね、ええと、双子は…… こぽん:こ、こっちを見てるっす!じーっと、唇を腫らしてこっちを見てるっす! ぽんぽ:み……み…… こぽん:な、なんすかぽんぽ先輩! ぽんぽ:双子の耳は、どこにある。 こぽん:みみ?ええと、耳は……あああ!! こぽん:頭の上の方に、キツネ耳っす!あいつら、キツネさんっすよ! ぽんぽ:やっぱりか。 ぽんぽ:俺たちはあいつらに、化かされてるんだ。 こぽん:文句言いに行ってきますっす! ぽんぽ:まて、こぽん! こぽん:なんでっすか!やられっぱなしは嫌っス! ぽんぽ:喰っちまおう。 こぽん:え、キツネさんたちをっスか……? ぽんぽ:鍋だ ぽんぽ:あいつらは、俺たちがギブアップするのを楽しみにしてるんだ。 ぽんぽ:なら喰っちまおう。 ぽんぽ:平らげて、俺たちのすごさを見せつけてやろう……! こぽん:さ、さすがぽんぽ先輩っス!! 0:  ぽんぽ:…… ぽんぽ:あとは、頼んだ…… こぽん:先輩……。 こぽん:…… こぽん:そんなの許さないっス! こぽん:ほら、喰うっス!ほら!あとちょっとなんスから! ぽんぽ:もごもご……よよいのよい…… こぽん:ほら、喰うっス!どんどん喰うっス!ほら飲み込んで! ぽんぽ:……ごくん こぽん:僕もちゃんと喰うっスから……ひーーー! ぽんぽ:あと、スープだけだ…… こぽん:ああ、スープから大蛇が……!真っ赤な大蛇が……! ぽんぽ:こぽん、それは赤く染まったちくわぶだ! こぽん:ああ、スープからオオカマキリが…… ぽんぽ:こぽん、それはデロデロになった長ネギだ! こぽん:ああ……あとすこし、あと少しで! ぽんぽ:完食だ……激辛地獄鍋……! こぽん:もぐもぐ……ごくん。 こぽん:……ひい、ひい。 こぽん:せ、制覇っス!!! ぽんぽ:俺も……完食だ……!! こぽん:ひい……ひい…… ぽんぽ:ああ……ひい…… こぽん:先輩……!やりましたよ! こぽん:僕たち……!キツネさんたちに勝ちました……!! ぽんぽ:こぽん!!やったな!! ぽんぽ:みこしのてっぺんだ!みこしのてっぺんだー!! こぽん:てっぺん!てっぺん! 0:  ぽんぽ:よよいのよい、よよいのよい! こぽん:あー、みこしのてっぺんからの景色は最高っすね……! ぽんぽ:おい!ほら!見てみろよ!こぽん! こぽん:なんすか、ぽんぽ先輩……! こぽん:あ、花火! こぽん:もうそんな時間だったんすね……! ぽんぽ:しばらく俺たち、倒れてたらしいからな……! こぽん:先輩、こんないい場所から花火見るの僕、初めてっす! ぽんぽ:俺もだ、こぽん。 ぽんぽ:辛い思いをして、正解だったな。 こぽん:辛かったっす、辛かったっすけど……! こぽん:僕、今日と言う日を忘れないっス……! ぽんぽ:こぽん……!! こぽん:先輩! 0:  こぽん:せ、先輩……!! こぽん:へ、変化《へんげ》が解けてるっすよ!!! こぽん:毛むくじゃらのぽんぽこタヌキっす! ぽんぽ:こぽん!それを言うならお前も! ぽんぽ:変化《へんげ》解けてるぞ!! こぽん:やばいっす!やばいっす!鍋にされるっス!! ぽんぽ:こんな一番目立つところで、なんで変化《へんげ》を解くんだこぽん! こぽん:先輩だって解けてたじゃないっスか! こぽん:たぶん、安心しちゃったんすよ!! ぽんぽ:みんなこっち見てるぞ!! こぽん:逃げるっス!逃げるっス!人ごみに紛れて人間になって踊るっス! ぽんぽ:ようし!そうだな!それじゃあここから飛び降りるぞ! こぽん:わかったっス!よーっと!(ぴょーん) ぽんぽ:わわわ!掛け声とかないのか!!よっと!(ぴょーん) こぽん:逃げるっス!逃げるっスー! ぽんぽ:わー!追いかけてくるな人間ー! ぽんぽ:こぽん!人間に化けて踊るんだ! こぽん:わかったっスよ!これだけ人がいたらわからないっスからね! 0:  ぽんぽ:よっと!ぽぽん!(化ける) こぽん:よいっと!こぽぽん!(化ける) 0:  ぽんぽ:あ、そーれっ! こぽん:よよいのよい! ぽんぽ:よよいのよい! こぽん:あ、そーれっ! ぽんぽ:よよいのよい! こぽん:よよいのよい! 0:  0:めでたし、めでたし