台本概要

 250 views 

タイトル 不滅のヒーロー
作者名 レンga  (@renganovel)
ジャンル ミステリー
演者人数 1人用台本(男1)
時間 10 分
台本使用規定 非商用利用時は連絡不要
説明 『――お前は何のために、ヒーローをやってるんだ?』

◆◆あらすじ◆◆

目を覚ますと、手足が縛られ
口もふさがれて、完全に拘束されていた。
ベッドに縛り付けられているようだ。
そんなヒーローに、声がかけられる。

「よぉ、気が付いたか。」

その声の主は……
つい先ほどまで戦っていた、悪の姿だった。

『不滅のヒーロー』

◆◆◆◆◆◆◆◆

悪役シリーズです。
基本、悪役の1人読み台本を投稿していきます。
まれに、サシ劇の投稿も考えています。

さあ、悪役になり切って
楽しんじゃいましょう!

◆◆許可範囲◆◆

①アドリブ可
②男女比率変更可
③語尾などの軽微な台詞変更可

 250 views 

キャラ説明  

名前 性別 台詞数 説明
悪役 29 ヒーローを捕えた悪役の男性
※役をクリックするとセリフに色が付きます。

台本本編

文字サイズ
 :   :   :  0:タイトル 0:『不滅のヒーロー』 0:作・★レンga★  :   :   :  悪役:よぉ、気が付いたか。 悪役:おいおい…… 悪役:なんだよヒーロー、そんな顔して。 悪役:どうした? なんだ、俺の顔に何かついてるか?  :  悪役:ああわりぃ 悪役:よく考えりゃ、そうか 悪役:そんな顔するのも当たり前だな。 悪役:目を覚ましたら、知らない場所で、体縛られて 悪役:ついさっきまで対峙していた相手が、にやにや笑って目の前に立ってるんだ  :  悪役:いいだろう、この場所。 悪役:少し前までは高級ホテルだったらしいぜ? 悪役:不景気で倒産して、今じゃ廃墟のまま放置されてたのを 悪役:俺が一人で、個人宅にリノベーションしたんだ 悪役:大変だったんだぜ? 金もかかった。 悪役:やっぱりよ、隠れ家ってのはこだわるべきなんだ 悪役:隠れ家に限らず、住む場所ってのは、その個人の人生にかかわってくる。 悪役:一人で住むにゃ少しばかり大きいが…… 悪役:まあ、そういうわけでもなくなるだろうし、それに 悪役:良い人生を送るには、良い場所に住むべきだっていうだろう? 悪役:しかも、何といっても、ここはタダだ。 悪役:ベッドもふかふかだろう? 悪役:俺がこの場所を見つけられなかったら、もしかしたら 悪役:堅い岩に縛られてたかもしれねえんだ 悪役:感謝しろよ?  :  悪役:口が塞がれて、何もしゃべれねえってか? 悪役:いいや、それを取る気はねえぞ 悪役:お前の魔法は、発声がトリガーだろ? 悪役:自由にしゃべれるようになったら 悪役:何されるかわかんねえからな。 悪役:ま、そこでゆっくり俺の話を聞いてくれや。  :  悪役:お前が俺に聞きたいことは、山ほどあるはずだ 悪役:人質にしてたあの嬢ちゃんの居場所とか 悪役:「どうして、ここに連れてきたのか」とか 悪役:あと、俺の目的か。 悪役:わかんねえだろうなあ。 悪役:全部お前に教えてやる義理はねえから 悪役:俺が話したいだけの事は話してやる。 悪役:そんで、話をしたらあとは取引だ。 悪役:一つはもうわかったな。 悪役:お前を生かして、ここに連れてきたのは、取引のためだってことが。  :  悪役:んじゃ、お前が一番聞きたがってる嬢ちゃんの事だけどな 悪役:安心しろ? 悪役:まだ、ちゃんと生きてる。 悪役:まあ、生きていることが幸せな事なのかどうかは 悪役:本人にしかわからねえだろうが…… 悪役:とにかく、あの嬢ちゃんがお前との取引のなかで 悪役:一番重要なカードだってことは間違いないからな。 悪役:それに、あの子の魔力は、色々な国が欲してる。 悪役:それを簡単に殺すような真似はしないさ。 悪役:まあ、でも…… 悪役:お前の返答次第では、あの子は戦争の道具になるだろうけどなぁ。  :  悪役:悪いな、隣に、座らせてもらうぜ 悪役:……よっと。 悪役:…… 悪役:なあ、ヒーロー。 悪役:お前は、おかしいと思ったことはないか?  :  悪役:「なにを」って顔だな 悪役:まあ、聞けよ  :  0:間  :  悪役:「正義のヒーロー」ってやつだよ。 悪役:俺がおかしいと思ってるのは。 悪役:今こうして、お前が危機に瀕している状況でも 悪役:正義のヒーローを信じてるやつは 悪役:無条件で、いつだって 悪役:お前が自分を助けてくれるって思ってる。 悪役:自分に危機が迫ったら、正義のヒーローが、自分を救ってくれるって 悪役:そう思ってるんだ。 悪役:すげえ事考えるよな、恥ずかしげもなく、「たすけてー」って叫んだりしてよ。 悪役:本当、バカだと思わねえか?  :  悪役:……お前もたいがいバカだな、どうしてここで首を横に振る? 悪役:助けてくれってのは、その裏返しで 悪役:「自分の代わりに、この悪党と戦ってくれ」ってことだろう? 悪役:そもそも自分に、自分の身を守る能力がないから 悪役:それをヒーローに丸投げしてるんだ。 悪役:なんでそんな連中を救う必要がある。 悪役:お前は、そんなバカ共にうまく使われてるんだ 悪役:そう思ったことはないか?  :  悪役:なあ、ヒーロー。 悪役:お前はなんのために、ヒーローをやってるんだ?  :  0:間  :  悪役:お前は、知らねえかもしれねえが。 悪役:俺もな、昔はヒーローだったんだ。 悪役:聞いたことねえか? 悪役:“不滅のヒーロー”って話を。  :  悪役:伝説のヒーローだとか、ヒーローの常識を変えただとか 悪役:そんなたいそうなことを今は言われてるが 悪役:そんなものじゃ、決して無い。  :  悪役:不滅のヒーローってのは、呪いの名前だよ。 悪役:俺が、俺の後に出てくるヒーローたちにかけた、呪いだ。  :  悪役:「ヒーローは死なない」「ヒーローは負けない」「ヒーローは無条件で助けてくれる」 悪役:おもしれえよな、そんなこと言ってよ。 悪役:ヒーローだって、人間なのになあ。 悪役:でも、そう言われるきっかけを作ったのが、俺なんだ。  :  悪役:……俺は、強かったからな。 悪役:大体の敵は倒したし、多くのピンチをかいくぐった。 悪役:どんなにケガをしても、笑顔を崩さなかった。 悪役:痛いし苦しいのにな、その時の俺は、救った相手が笑顔になってくれることが 悪役:何よりも嬉しかった。 悪役:それと、まあ、承認欲求だ。 悪役:世界に認められたかった。 悪役:あいつは強い、あいつに任せれば大丈夫、あいつならやってくれる 悪役:そんな声が、俺をデカくしていったんだ。 悪役:俺がヒーローをはじめてから、犯罪率が70%も減ったんだってよ。 悪役:すげえよな 悪役:俺も、すげえと思うぜ。 悪役:俺一人の犠牲で、それだけの効果があって 悪役:きっと、ものすごい人が救われたんだ。  :  悪役:でもな、さらにすげえのが 悪役:そんな異常な状況が、つづくとな 悪役:「あたりまえ」になるんだ。 悪役:助けてもらう事、危機が去ること、平和が続く事 悪役:そんな奇跡みたいな事が、全部当たり前になっていくんだ。 悪役:そうなるとどうなると思う? 悪役:“ヒーローってのが、概念になるんだよ” 悪役:何かが起きたら、必ず助けてくれるもの。助けてくれなかったら、おかしい。 悪役:危機は去るもの。去ってくれないとおかしい。 悪役:平和は続くもの。乱されるわけがない。  :  悪役:「だって、私達には、僕たちにはヒーローがいるから」  :  悪役:……おかしいよな。 悪役:人間ってすごいなって、本気でそう思った。 悪役:もちろん、そこにすべての感謝が無くなったとか 悪役:そういうわけじゃないんだ。 悪役:でも、俺はその世界から姿を消した。 悪役:“不滅のヒーロー”っていう呪いだけ残してな。  :  0:間  :  悪役:なあ、ヒーロー。 悪役:もう一度聞くぜ? 悪役:お前は何のために、ヒーローをやってるんだ? 悪役:世界平和のためか? 悪役:それとも、認められたいから? 悪役:もしくはそうだな……感謝が欲しいのか? 悪役:違うとは思うが…… 悪役:……守りたい誰かが、いるからか?  :  悪役:ま、何だっていいさ。 悪役:俺が欲しい答えは、一つさ。  :  悪役:――ヒーローを、やめろ。  :  悪役:お前がヒーローをやめるなら 悪役:お前を待ってる嬢ちゃんを、お前に返そう。 悪役:お前がヒーローでいる限り、あの子に平和は訪れない。 悪役:そのうち、お前に力を貸したいと言い出すだろう。 悪役:あの魔力を使ったら、世界平和が訪れるかもしれないな。 悪役:あの嬢ちゃんも、立派なヒーローになれるだろう。 悪役:それは、永遠に平和と日常を捨てることと等しい。 悪役:……もう、わかるだろう?  :  悪役:なに、大丈夫さ 悪役:お前一人が、ヒーローをやめたって 悪役:“ヒーローは不滅”だ。  :  0:間  :  悪役:……取引成立だな。 悪役:嬢ちゃんはこの家の、別の部屋にいるさ。 悪役:この家も、自由に使うといい。  :  悪役:食器類は埃まみれでまだ拭いてねえし、電気ガス水道の契約はまだだ。 悪役:家具家電は余るほど残ってるが、全部使ったら電気代がやばいから 悪役:不要なものは、埃を拭いて売ってしまえ。 悪役:生活に必要な、トイレットペーパーやらゴミ袋やらは買って倉庫に置いてある。 悪役:箸とか枕カバーとかそういうのは一通りあるが、二人で相談して好きなのを買った方がいいだろう。 悪役:職が無くなると思うが、警備会社ならお前の活躍の場所になると思うぜ。 悪役:まちがっても、「ヒーローでした」とか面接で言うなよ? 悪役:赤っ恥を掻くか、誰かに聞かれたら復讐されるかもしれねえからな。 悪役:ひっそりと、目立たず生活しろ。  :  悪役:……あ? 悪役:なんだ、まだわからねえのか、お前。 悪役:思いのほか、鈍いやつだな。  :  悪役:まあ、いいさ。 悪役:俺はもう行くことにする。 悪役:……じゃあ、娘は任せたぞ。  :  悪役:――“元”ヒーロー。  :   :   :   :  0:おしまい  :   :

 :   :   :  0:タイトル 0:『不滅のヒーロー』 0:作・★レンga★  :   :   :  悪役:よぉ、気が付いたか。 悪役:おいおい…… 悪役:なんだよヒーロー、そんな顔して。 悪役:どうした? なんだ、俺の顔に何かついてるか?  :  悪役:ああわりぃ 悪役:よく考えりゃ、そうか 悪役:そんな顔するのも当たり前だな。 悪役:目を覚ましたら、知らない場所で、体縛られて 悪役:ついさっきまで対峙していた相手が、にやにや笑って目の前に立ってるんだ  :  悪役:いいだろう、この場所。 悪役:少し前までは高級ホテルだったらしいぜ? 悪役:不景気で倒産して、今じゃ廃墟のまま放置されてたのを 悪役:俺が一人で、個人宅にリノベーションしたんだ 悪役:大変だったんだぜ? 金もかかった。 悪役:やっぱりよ、隠れ家ってのはこだわるべきなんだ 悪役:隠れ家に限らず、住む場所ってのは、その個人の人生にかかわってくる。 悪役:一人で住むにゃ少しばかり大きいが…… 悪役:まあ、そういうわけでもなくなるだろうし、それに 悪役:良い人生を送るには、良い場所に住むべきだっていうだろう? 悪役:しかも、何といっても、ここはタダだ。 悪役:ベッドもふかふかだろう? 悪役:俺がこの場所を見つけられなかったら、もしかしたら 悪役:堅い岩に縛られてたかもしれねえんだ 悪役:感謝しろよ?  :  悪役:口が塞がれて、何もしゃべれねえってか? 悪役:いいや、それを取る気はねえぞ 悪役:お前の魔法は、発声がトリガーだろ? 悪役:自由にしゃべれるようになったら 悪役:何されるかわかんねえからな。 悪役:ま、そこでゆっくり俺の話を聞いてくれや。  :  悪役:お前が俺に聞きたいことは、山ほどあるはずだ 悪役:人質にしてたあの嬢ちゃんの居場所とか 悪役:「どうして、ここに連れてきたのか」とか 悪役:あと、俺の目的か。 悪役:わかんねえだろうなあ。 悪役:全部お前に教えてやる義理はねえから 悪役:俺が話したいだけの事は話してやる。 悪役:そんで、話をしたらあとは取引だ。 悪役:一つはもうわかったな。 悪役:お前を生かして、ここに連れてきたのは、取引のためだってことが。  :  悪役:んじゃ、お前が一番聞きたがってる嬢ちゃんの事だけどな 悪役:安心しろ? 悪役:まだ、ちゃんと生きてる。 悪役:まあ、生きていることが幸せな事なのかどうかは 悪役:本人にしかわからねえだろうが…… 悪役:とにかく、あの嬢ちゃんがお前との取引のなかで 悪役:一番重要なカードだってことは間違いないからな。 悪役:それに、あの子の魔力は、色々な国が欲してる。 悪役:それを簡単に殺すような真似はしないさ。 悪役:まあ、でも…… 悪役:お前の返答次第では、あの子は戦争の道具になるだろうけどなぁ。  :  悪役:悪いな、隣に、座らせてもらうぜ 悪役:……よっと。 悪役:…… 悪役:なあ、ヒーロー。 悪役:お前は、おかしいと思ったことはないか?  :  悪役:「なにを」って顔だな 悪役:まあ、聞けよ  :  0:間  :  悪役:「正義のヒーロー」ってやつだよ。 悪役:俺がおかしいと思ってるのは。 悪役:今こうして、お前が危機に瀕している状況でも 悪役:正義のヒーローを信じてるやつは 悪役:無条件で、いつだって 悪役:お前が自分を助けてくれるって思ってる。 悪役:自分に危機が迫ったら、正義のヒーローが、自分を救ってくれるって 悪役:そう思ってるんだ。 悪役:すげえ事考えるよな、恥ずかしげもなく、「たすけてー」って叫んだりしてよ。 悪役:本当、バカだと思わねえか?  :  悪役:……お前もたいがいバカだな、どうしてここで首を横に振る? 悪役:助けてくれってのは、その裏返しで 悪役:「自分の代わりに、この悪党と戦ってくれ」ってことだろう? 悪役:そもそも自分に、自分の身を守る能力がないから 悪役:それをヒーローに丸投げしてるんだ。 悪役:なんでそんな連中を救う必要がある。 悪役:お前は、そんなバカ共にうまく使われてるんだ 悪役:そう思ったことはないか?  :  悪役:なあ、ヒーロー。 悪役:お前はなんのために、ヒーローをやってるんだ?  :  0:間  :  悪役:お前は、知らねえかもしれねえが。 悪役:俺もな、昔はヒーローだったんだ。 悪役:聞いたことねえか? 悪役:“不滅のヒーロー”って話を。  :  悪役:伝説のヒーローだとか、ヒーローの常識を変えただとか 悪役:そんなたいそうなことを今は言われてるが 悪役:そんなものじゃ、決して無い。  :  悪役:不滅のヒーローってのは、呪いの名前だよ。 悪役:俺が、俺の後に出てくるヒーローたちにかけた、呪いだ。  :  悪役:「ヒーローは死なない」「ヒーローは負けない」「ヒーローは無条件で助けてくれる」 悪役:おもしれえよな、そんなこと言ってよ。 悪役:ヒーローだって、人間なのになあ。 悪役:でも、そう言われるきっかけを作ったのが、俺なんだ。  :  悪役:……俺は、強かったからな。 悪役:大体の敵は倒したし、多くのピンチをかいくぐった。 悪役:どんなにケガをしても、笑顔を崩さなかった。 悪役:痛いし苦しいのにな、その時の俺は、救った相手が笑顔になってくれることが 悪役:何よりも嬉しかった。 悪役:それと、まあ、承認欲求だ。 悪役:世界に認められたかった。 悪役:あいつは強い、あいつに任せれば大丈夫、あいつならやってくれる 悪役:そんな声が、俺をデカくしていったんだ。 悪役:俺がヒーローをはじめてから、犯罪率が70%も減ったんだってよ。 悪役:すげえよな 悪役:俺も、すげえと思うぜ。 悪役:俺一人の犠牲で、それだけの効果があって 悪役:きっと、ものすごい人が救われたんだ。  :  悪役:でもな、さらにすげえのが 悪役:そんな異常な状況が、つづくとな 悪役:「あたりまえ」になるんだ。 悪役:助けてもらう事、危機が去ること、平和が続く事 悪役:そんな奇跡みたいな事が、全部当たり前になっていくんだ。 悪役:そうなるとどうなると思う? 悪役:“ヒーローってのが、概念になるんだよ” 悪役:何かが起きたら、必ず助けてくれるもの。助けてくれなかったら、おかしい。 悪役:危機は去るもの。去ってくれないとおかしい。 悪役:平和は続くもの。乱されるわけがない。  :  悪役:「だって、私達には、僕たちにはヒーローがいるから」  :  悪役:……おかしいよな。 悪役:人間ってすごいなって、本気でそう思った。 悪役:もちろん、そこにすべての感謝が無くなったとか 悪役:そういうわけじゃないんだ。 悪役:でも、俺はその世界から姿を消した。 悪役:“不滅のヒーロー”っていう呪いだけ残してな。  :  0:間  :  悪役:なあ、ヒーロー。 悪役:もう一度聞くぜ? 悪役:お前は何のために、ヒーローをやってるんだ? 悪役:世界平和のためか? 悪役:それとも、認められたいから? 悪役:もしくはそうだな……感謝が欲しいのか? 悪役:違うとは思うが…… 悪役:……守りたい誰かが、いるからか?  :  悪役:ま、何だっていいさ。 悪役:俺が欲しい答えは、一つさ。  :  悪役:――ヒーローを、やめろ。  :  悪役:お前がヒーローをやめるなら 悪役:お前を待ってる嬢ちゃんを、お前に返そう。 悪役:お前がヒーローでいる限り、あの子に平和は訪れない。 悪役:そのうち、お前に力を貸したいと言い出すだろう。 悪役:あの魔力を使ったら、世界平和が訪れるかもしれないな。 悪役:あの嬢ちゃんも、立派なヒーローになれるだろう。 悪役:それは、永遠に平和と日常を捨てることと等しい。 悪役:……もう、わかるだろう?  :  悪役:なに、大丈夫さ 悪役:お前一人が、ヒーローをやめたって 悪役:“ヒーローは不滅”だ。  :  0:間  :  悪役:……取引成立だな。 悪役:嬢ちゃんはこの家の、別の部屋にいるさ。 悪役:この家も、自由に使うといい。  :  悪役:食器類は埃まみれでまだ拭いてねえし、電気ガス水道の契約はまだだ。 悪役:家具家電は余るほど残ってるが、全部使ったら電気代がやばいから 悪役:不要なものは、埃を拭いて売ってしまえ。 悪役:生活に必要な、トイレットペーパーやらゴミ袋やらは買って倉庫に置いてある。 悪役:箸とか枕カバーとかそういうのは一通りあるが、二人で相談して好きなのを買った方がいいだろう。 悪役:職が無くなると思うが、警備会社ならお前の活躍の場所になると思うぜ。 悪役:まちがっても、「ヒーローでした」とか面接で言うなよ? 悪役:赤っ恥を掻くか、誰かに聞かれたら復讐されるかもしれねえからな。 悪役:ひっそりと、目立たず生活しろ。  :  悪役:……あ? 悪役:なんだ、まだわからねえのか、お前。 悪役:思いのほか、鈍いやつだな。  :  悪役:まあ、いいさ。 悪役:俺はもう行くことにする。 悪役:……じゃあ、娘は任せたぞ。  :  悪役:――“元”ヒーロー。  :   :   :   :  0:おしまい  :   :