台本概要

 81 views 

タイトル CHAICER~チェイサー~7
作者名 キシメソ  (@blaze_ksms)
ジャンル ファンタジー
演者人数 5人用台本(男3、女2) ※兼役あり
時間 50 分
台本使用規定 非商用利用時は連絡不要
説明 現代よりやや未来の都心に突如として現れた細菌を帯びた謎の怪物プレア。そこにプレアを撃退する力を持った、鎖を自在に産み操るチェイサーが戦う。前回、プレアを強化していた黒幕達と対面し驚異の進化型プレアに敗北するカイン達。アレスとフィートが攫われる・・。
特撮系変身ヒーロー読み切り漫画の短編小説化シリーズ第7弾

※兼役を分けて6人以上で演じて頂いても大丈夫です

<用語一覧>
・ステルバインダー
ナツレの開発した対プレア撃退機関搭載武器。大型火器のような形状で鋼鉄のネットが仕込んである。変形して大剣にもなる。とてつもなく重い。

・スペアへッドクロー
チェイサーの出す鎖の穂先を剣のような形にして出して、腕を剣にする技。これによって近接戦闘にも対応出来る。そのまま鎖として射出する事も出来る。

・ゼロインプレッション
カイン専用の技。ワインダーハイスピードを超える速さと刺さった跡が残らない特殊な鎖を出す。発動中は全身の紋様が強く光り、鎖の射出やカインの声などあらゆる音が聞こえなくなる。

・ソリッドグレイブ
アレス専用の技。繰り出す鎖を加重させて拘束や射出等の全ての攻撃を底上げさせる。細い穂先の鎖になり、発動中は全身の紋様が強く光る。

・チェインパック
チェイサーの変身アイテム。引き抜くと鎖が出てくるフックが付いてるキューブ状のキーホルダーみたいな見た目をしている。鎖を利き腕に巻きつけてその手でキューブを掴むと変身出来る。変身中はお互いのチェインパックの位置がわかるようになる。

・フィート博士
CHAICERから登場。チェインパックを開発した天才科学者。美人だが自信家で気が強い食いしん坊万歳。

・プレアクイーン
CHAICERに登場した敵。変な高笑いをする高飛車な女のようなプレア。全てのプレアを生み出したプレアの根源。

・プレアソリッド
CHAICER4に登場した敵。超硬質な防御とそれを活かした強力な攻撃をするプレア。

・プレアゼロ
CHAICER6から登場した敵。かつて倒したプレアの能力を使えるただならぬプレア。

 81 views 

キャラ説明  

名前 性別 台詞数 説明
カイン 112 主人公。鎖を産む者(チェイサー)に変身出来る少年。研究所に居候してたが実家は田舎の農家。陽気で直情的な性格だが、仲間思いでいざという時に頼りになれ。 ※少年声が可能なら女性でも歓迎
リンク 103 ナツレの開発した武器でプレア退治を手伝っている少女。人懐こくてお転婆な性格。男顔負けの運動神経で力持ち。 ※5人の場合はクラメと兼ね役
ナツレ 69 科学者。フィートの妹で対プレアの武器を開発、研究している。成人だが小柄で子供っぽい性格で負けず嫌い。(ややこしいですが名前のアクセントは「ナ」。サブレとかカヌレと同じでお願いします。)※5人の場合はロットと兼ね役
ロット 8 フィート、ナツレの末妹。医学や心理学を専攻している学生だが、プレアを強化していた裏切り者。姉二人とは違い大人しい性格。 ※5人の場合はナツレと兼ね役
アレス 39 カインより一年歳上の先輩。黒いチェイサーに変身する。手先が器用でカインよりも精密な鎖を操る。寡黙で無愛想な印象だが、情に厚い一面も持つ。 ※低音の少年声が可能なら女性でも歓迎 5人の場合はプレアディバイドと兼ね役
クラメ 6 敵側の助手。まだ10代前半ほどの少女で影のある無口な性格。※5人の場合はリンクと兼ね役
エルオスト 31 教授。フィートをかつての教え子に持っていた。機械に目がない中年。
プレアディバイド 不問 54 敵。分裂して増殖する能力を持つプレア。小物っぽい雰囲気と性格。※5人の場合はアレスと兼ね役
※役をクリックするとセリフに色が付きます。

台本本編

文字サイズ
0:とある病院 カイン:・・・・っ・・・はっ・・!? リンク:・・・・・・。 カイン:アレス・・・!!博s・・・ ナツレ:静かにしなさい ここ病院よ カイン:・・・・・ナツレさん・・? リンク:・・・・先輩・・ カイン:・・・リンク・・っ・・・ ナツレ:・・・・お姉ちゃんの助手達があなた達を見つけてアタシに連絡してきたの カイン:・・・・っ・・・ ナツレ:キツいならまだ話さなくていいわ 何があったか教えて 0:カイン 前回の経緯をナツレに話す リンク:ごめんなさい博士・・・・ウチ・・全然役に立てなかった・・ カイン:もうそういうのやめろ オレらは全力を尽くしてた・・・負けた原因より 勝つ方法を考えるべきだ・・ ナツレ:そう・・・そんな事に・・・ カイン:ごめん ナツレさん・・・ ナツレ:いいえ 大変な時に居れなくてアタシの方こそ悪かったわ・・ カイン:オレ達が治ったらすぐにでもアレスを追跡して行きてぇが・・・ リンク:・・・・っ・・ ナツレ:強すぎるわね・・・くそチートなプレアだわ カイン:中でも・・1番厄介なのはあいつのプレアソリッドの能力だ あの防御を突破出来るのはアレスのソリッドグレイブだけなんだ・・ リンク:ごめん先輩・・・はっきり言って勝てるイメージが湧かないよ・・3人でもキツかったのに2人でなんて・・・っ ナツレ:リン・・ カイン:しかもロットさん達の話じゃ・・あのプレアはまだ更に強くなるみてぇだ・・・ 冗談じゃねぇ・・・こっちはオレらがもっと強くなろうにも・・・・フィート博士がいないんじゃ・・っ ナツレ:・・・・・。 カイン:でも仕方ねぇ・・とにかくすぐに向かわねぇと・・! ナツレ:そうやって先走って前にピンチに陥った先輩がいたのを忘れたの?あんた今まさに同じことをしようとしてるわよ カイン:でも・・・っ!! ナツレ:・・・お姉ちゃんほどじゃなくても・・アタシもまた天才の一人よ リンク:博士・・・ ナツレ:無駄に今まで居なかったわけじゃないわ あなた達を・・・強くしてみせるわ リンク:・・!? カイン:・・・・達? ナツレ:ええそうよ あんた達チェイサーも強くしてあげるって言ってんのよ とにかくリン・・先にあなたのステルバインダーを完全改良するシステムがあるわ・・・それで今度こそ・・本当の自信を取り戻してみせなさい!  0:エルオスト達のアジト  エルオスト:ふっふっふ・・・さて 早速取り掛かるか・・プレアゼロの完成に アレス:・・・・・・ぅ・・・ぅう・・・ エルオスト:気がついたかね? 0:アレス 拘束されている フィートの姿は見えない エルオスト:悪いがチェインパックはこっちだよ しばらく大人しくしててもらおう・・・ アレス:貴様・・・・こっちが目が覚めたら一度に何種類のボケかましてんだ・・・ エルオスト:順に言いたまえ 答える時間はたっぷりある アレス:博士はどこだ・・!! エルオスト:こことは別の場所にいる 案じないでくれ 無事に生きている アレス:っ・・・!!・・・ボク達を攫(さら)って何をする気だ・・・ エルオスト:君を攫ったのはカイン君をここに誘き寄せるため だがまぁチェイサーに変身してたとはいえ あの様子ではまだしばらくは動けんだろうがね・・・ふふふ その間に諸々済まそうという事さ  アレス:・・・まさか博士まで攫ったのは・・・あのプレアが完成したらボクらと戦わせるのが目的だとか言ってたな・・・こっちに対策を打たせない為って事か・・?だとしたら随分腰抜けな話だな エルオスト:そうじゃない むしろまだ余力があるのなら是非して見てみたいものだ フィート君がいない今・・・相談先は大方目星はつくがな・・ アレス:・・・っ! エルオスト:ふっふっふ・・・ アレス:あの子は・・・どういう事だ・・ エルオスト:ん? アレス:あの子をどうやってここに引き入れたんだ・・!! エルオスト:クラメの事か?そういえば彼女が現れた途端 君は調子を崩したな アレス:見間違えるはずがない・・・あの子は2年前に事故死したボクの妹・・・レイアだ・・っ・・・ エルオスト:・・・・・・。・・・・ふっふっふっ・・・ハハハハハハハ!!・・そうか・・っ・・・そういう事か・・・面白い・・・いやなんともフハハハハ・・!!素晴らしい運命だな正に・・!! アレス:答えろクソジジイ・・ッ!!! エルオスト:順を追って話すぞ そうだ 正に2年前 プレアの繁殖により生じた都心南部の高層ビル「ルネ・ブリー」の倒壊事故 元を辿れば建設していた業者側の点検不備という話もあるがプレアの影響で腐食が進み 間接的に多くの犠牲者が出てしまったわけだ プレアが関与する事件の為 感染症の観点から遺族は犠牲者と対面することも叶わず 全て専門の人間達に処理をされた アレス:・・・・・・っ・・・。 エルオスト:フィート君と同じくその時私もプレアの研究をして追っていてね 同時に開発中の人工知能のテストも行っていた所だった 事故現場に偶然居合わせてね・・・ ふと思いついたのだよ アレス:・・・まさか・・ エルオスト:ふふふ・・・察しがいいな クラメの兄というのも納得だ さすが賢いなアレス君  アレス:あんたの人工知能ってやつは・・・・死体に取り付けても機能するのか・・・っ・・・・・・生前の頭脳を活かして・・・・ エルオスト:ご名答 だが記憶は残っていない・・・活かせるのは頭脳の質・・頭の良さだけだ アレス:(だからオレの事が・・・)・・・っ!!・・何故・・何でレイアなんだ・・!!あの事件で犠牲者は数百人出たんだ・・!!何故その中で妹だけを選んだ!!? エルオスト:さぁ・・・それこそ運命というやつだろうな 強いていうならあらゆるデータを得られる可能性の高さから なるべく若い者を選んだのだろうな アレス:貴様・・・まさか博士を攫った本当の理由も・・・っ エルオスト:ああ チェイサーとプレアゼロの決着がつき 事が一通り済めば・・彼女もクラメ同様 忠実な私の部下になってもらうつもりだ その頭脳だけを貰ってね アレス:・・・っ!!!・・・・・初めてだ・・・プレア以外に殺意が湧いたのは・・・・っ貴様は殺す・・! エルオスト:ふっふっふ・・・っ 0:再び カイン達が入院中の病院へ ナツレ:ロットがプレアの強化に手を染めていた理由・・・お姉ちゃんが予想してた通りだったんだ・・・ リンク:ウチ 踏ん切りがつきました・・ロットさんは断固として敵と見なす 博士にステルバインダーを強化して貰ったら必ず捕らえてみせる・・っ カイン:・・・・・・オレは・・・・何か引っかかるぜまだ・・・ ナツレ:・・っ? カイン:言葉じゃ説明しづらいけど・・・・あのエルオストっておっさんはともかく・・・ロットさんは・・・まだ何か隠してんじゃねーかなって・・・ リンク:・・・・先輩・・ カイン:お前の気持ちを否定はしねーよ・・確信はないからな・・・ ナツレ:カイン・・・ 0:日が暮れ始め ナツレが帰宅準備をする ナツレ:じゃあアタシは行くわ チェインパックを預かるわよ カイン:ああ よろしく頼むぜ ナツレさん ナツレ:明日には退院出来るんだし 今はゆっくり休みなさい 0:ナツレ チェインパックを受け取り 台車に乗せてあるステルバインダーを引きながら二人の病室を出て行く カイン:・・・・・なるほどな さすがに普通には運べないもんな・・ 0:夜 消灯時間 リンク:・・・・・・・・。 カイン:・・・・・・・。 リンク:・・・・・・先輩まだ起きてる? カイン:寝れねーのか リンク:ずっと考えちゃうよ・・・・ カイン:無理もねーけどな リンク:先輩・・・・怖くないの・・? カイン:何がだ? リンク:あの新しいプレア・・・正直今生きてるのが不思議なくらい・・ カイン:怖ぇーよ 戦う時はいつだってな 変身してるとはいえ 命懸けなんだからな・・ リンク:・・・・・。 カイン:でも 仲間や恩人が・・・オレの大事な人達が今危険な目に遭ってんだ・・・そっちの方がよっぽど怖ぇーよ 無事にまた会えるのかどうかがな・・ リンク:フィート博士・・・アレス先輩・・ カイン:特にアレスが心配だ・・・あのもう一人の仲間の女の子・・・ リンク:亡くなった妹さんだって言ってたね・・・分からない事だらけだよ・・ カイン:様子がおかしかったもんな アレス・・くそっ・・・どういうつもりだあのクソオヤジ・・・ リンク:・・・・・・・。 カイン:・・・・・・・。 リンク:・・・・・ねぇカイン先輩 こんな時に不謹慎かもしれないけど・・ 先輩はどうしてチェイサーとして戦おうと思ったの?血液が適合してても・・・断る事だって出来たんでしょ? カイン:・・・・・・・初めはワケが分かんなかったけどな フィート博士の言ってる事もプレアの事情も バケモンと戦えなんて言われてよ・・ リンク:・・・・。 カイン:でも・・・オレがチェイサーになるまでは全てのプレアを相手に アレスが一人で戦ってたんだ・・・ リンク:っ・・・・。 カイン:もう体ボロボロでよ・・・オレと同い年ぐらいの奴が人間守る為にこんな事してるって知って・・・放っておけなかった・・・からだろうな・・ リンク:・・そうだったんだ カイン:あとま・・・オレ家出してて寝床も金も何も無かったしな 博士の研究所にずっと世話になってた リンク:カイン先輩は民間人を守る前に アレス先輩のヒーローだったんだね カイン:ん〜〜〜・・まぁ そうなんのか・・? リンク:先輩 お姉さんいるんだよね? カイン:うん いつもうるさくてちょっと悪さするとすぐ殴ってきてよ・・・ そういや似てるかもな リンクに リンク:ぇえ? カイン:お前は兄弟いんのか? リンク:ううん ウチは一人っ子 みんな兄弟いるから少し羨ましいな カイン:そうか ・・・・もう寝るぞ 寝れなくても頑張って目閉じろ リンク:はーい 0:再び エルオスト達のアジト ロット:教授 プレアゼロの格納 完了しています 最後の仕上げですが・・ エルオスト:ああ ありがとう こちらも準備はほぼほぼ済んでいるよ アレス:仕上げ・・・あのプレアに・・ 一体何をするつもりだ ロット:起きてたのねアレスくん 知ったところでどうにもならないのに アレス:黙れ エルオスト:いや 説明してやろう アレス:・・・・・。 エルオスト:プレアゼロ 君も戦って感じたと思うがこいつは進化型のプレアの中でも特に特殊な能力を持つプレアでね 私も人間の一人としてこの能力を知った時は流石に恐怖した アレス:どんな能力なんだ エルオスト:ずばり 死滅したプレアの能力を習得出来る  アレス:・・・っ・・・予想していた最悪の答えだ ・・・・そんなプレアが・・ エルオスト:全てのプレアが元々プレアクイーンから派生し 更には一部の学習能力の高いプレアはそこから独自に進化し そして我々が見込んだ高いエネルギーや特殊能力を持つプレアは更に能力を強化、改良をし そして人工知能によって知能を得た 今まで君達が相手にしてきたプレアの流れだ アレス:プレアクイーン あれも貴様の人工知能を使っていたんだな エルオスト:そうだ アレス:なぜ真っ先に差し向けた 全てのプレアの根源なら倒された場合プレアは消滅して不利になるのはそっちだろう エルオスト:分からないかね? わざと倒させたのだよ 他の進化したプレアのみを残し 進化出来なかったプレア全てを排除したかったのだよ お陰で良い能力を持つ個体を見つける手間が省けて助かったよ アレス:くっ・・・ エルオスト:話を戻すぞ 全てのプレアは元々一つ 感覚や経験がプレア同士を通じて共有出来ているのは君も知っているな だがこのプレアゼロは能力や強さも共有し学習する 君達チェイサーが倒す度に強くしていたという訳だよ アレス:それで 学習させたい能力のプレアを新たにまた差し向けて ボク達に倒させる事でプレアゼロに覚えさせる・・それが完成ってのに近づいていたって事か 成程な・・前にボク達と戦った際 今のプレアゼロじゃ勝てないと分かっていながら戦わせ続け かつその間足止めをさせてるにも関わらず進化させる 聞いた時は意味が分からなかったがその伝達方法なら可能って事か・・・ エルオスト:ああ だが次でそれも最後だ アレス:一体どんな能力のプレアを生み出した・・っ エルオスト:ロット 説明したまえ ロット:・・・・・・・。 0:翌朝 カインとリンク退院 ナツレの研究所へ向かう カイン:そういや 聞き忘れて全然分かんなかったけど・・ リンク:どうしたの? カイン:チェイサーに新しい強化って何をするんだろナツレさん きっと別の武器を扱えるような能力なんだろうけどよ・・・ リンク:博士はなんでも作れるからねぇ・・でも カイン:あの プレアゼロに通じる能力ってのが想像つかねぇ・・・ただ能力を無闇に増やすだけじゃ意味が無ぇ・・気がする リンク:それを言ったらウチのも気になるけどね 完全改良するってどうなるんだろ・・・ カイン:急ぐぜ 今オレ達は丸腰なんだ リンク:うん! 0:エルオスト達のアジト アレス:貴様ら・・・よくも・・・ ロット:このプレアを無事撃退してもらえれば・・・プレアゼロの完成よ エルオスト:ロットの作ったチェイサー探索装置が役に立ったな 見つける手間も省ける アレス:そんな能力のプレア・・・ふざけるな!今プレアゼロはどこにいる!?眠っているなら今すぐ破壊しろ・・!! エルオスト:きつい冗談だな アレス:危険すぎる・・ 制御が効かなくなって貴様らでもどうしようもなくなるぞ・・!! エルオスト:戦う前から降参かね・・? アレス:ロット!!あんたも分からんのか!!ボクを殺したければ好きにしろ!今すぐやめるんだ・・!! ロット:・・・あのプレアにカイン君たちが勝てなかったらそうしても良いかもね そもそも厄介で強いプレアだし アレス:そもそも何故こんな奴に協力する・・・っ このオヤジに弱みでも握られてるのか・・! ロット:っ・・・何を言ってるの?理由なら前に話したじゃない アレス:いい加減本当のことを話したらどうだ  ロット:姉のフィートに勝つ為 チェイサーを滅ぼす それ以外に何も無いわ それがアタシの全てよ アレス:なら 何故ずっとそんな悲しい顔をしている・・! ロット:・・・っ 0:ナツレの研究所 カインとリンク到着 リンク:ナツレ博士・・! ナツレ:おかえり 大丈夫そうね 0:ナツレ 疲労を浮かべた顔のまま気丈に口角を上げて二人を出迎える カイン:ナツレさん・・・ ナツレ:ふん まずはリンクね・・はい 0:ナツレ 改良したステルバインダーに向けて親指を向ける リンク:・・・!? すごい・・何これ・・・ステルバインダー・・・なの? ナツレ:今まで通り 鋼鉄ネットの銃と大剣に変形する機能に加えてもう一つの・・・モードを加えたわ ネットを絞る時のレバーを逆方向に引いてみて リンク:・・・・・。 0:リンク ステルバインダーのレバーを逆方向に引く リンク:!?・・・っ カイン:うぉっ!?なんだ・・・?? 0:ステルバインダーがバラバラに弾け飛んで リンクの体に降ってくる リンク:うわ・・ぁ・・っ! ナツレ:ふふ カイン:す・・・すげ・・ぇ 0:リンクの全身に分裂したステルバインダーが装着 ナツレ:ステルバインダー・・・全身武装(フルアーム)モードよ リンク:すごぉい・・!変身みたい・・! ナツレ:防御面の強化はもちろん 腕の装備で今まで通りネットの射出も出来る 以前は一度大網を撃ったらネットが再構成されるまで時間がかかったけど この新型ステルバインダーはネットの弾数を増加してかつ連射性能と合わせて不自由無いショットが出来るわ もちろん近接用の剣も扱える カイン:ほとんどチェイサーじゃねーか・・・・ リンク:ありがとう・・博士・・ ナツレ:元のステルバインダーをそのまま装着してるから相当重いけど 力持ちのあんたならそんなの関係ないでしょ リンク:これなら・・・あいつにも・・プレアゼロとまた戦っても・・ カイン:なぁナツレさん!オレのは!?どうなったの・・?? ナツレ:もう少しよ 待ってなさい カイン:っ・・・ なぁナツレさん 一体どんな武器を追加してくれたんだ? ナツレ:?・・・ああそうね でも今回特に新しい武器は追加してないわよ カイン:え?? ナツレ:チェイサーの・・・変身そのものを強化する 新しい変身モードよ カイン:・・・まじか リンク:ぇー!?・・・すごい・・楽しみ ナツレ:あんたとアレス 色が違うだけで変身した姿はほとんど同じでしょ?昔 持ち込んだ時にも編集にダメ出しされたんでしょ カイン:・・・オレにそんなの言われても ナツレ:アタシの持てる技術全て注ぎ込むわ・・・次は蛇足だなんて言わせないわよ カイン:それ言ったのオレじゃないぜ オレはスピアヘッドクローは気に入ってるしなっ リンク:やっぱりチェイサーには敵わないか・・ ナツレ:リン あなたにしか アタシの開発した武器にしか出来ない役割は必ずあるわ 不満や文句は使用後にいくらでも受け付ける カイン:すげぇぜ・・博士に文句があるわけじゃねーけど・・正直今のままじゃもの足りねぇって思ってたところだぜ・・ リンク:でも博士・・こんなこと言いたくないけど大丈夫なの・・?ウチのと違ってチェイサーは・・変身したカイン先輩に何かあったりしたら・・ ナツレ:・・・・・。 カイン:・・・・心配ねーよ 万が一ヤバそうな事があったらすぐに解くって いくらオレでもそこまで間抜けじゃ無ぇ なんやかんやオレの事はオレが一番理解してるからな リンク:・・・・。 カイン:でナツレさん その新しい変身はどんな事が出来るようになるんだよ具体的に ナツレ:それは出来てからのお楽しみ 0:研究所の壁の外側から激しい激突音が聞こえる  カイン:・・・っ!? リンク:何・・?? ナツレ:っ・・・・・まさか・・ 0:ナツレ 窓を開けて外を見る プレアディバイド:っくそぉ・・・ 結構頑丈なんだな・・・ ナツレ:・・・プレア? カイン:なに・・っ!? リンク:・・・!! プレアディバイド:ぉ いたいた あんたはぁ・・・ナツレって博士か カインもいんだろ?そん中か? 0:リンクが研究所の外に出てくる プレアディバイドと対面 リンク:ウチが相手よ 随分マヌケなプレアね・・・大した敵じゃ無さそう ナツレ:(ここを分かってた・・?まさかリン達が言ってたロットのチェイサーを探す装置を・・・)リン・・!!油断しないで・・っ! カイン:くっそぉ・・・っ プレアディバイド:・・??お前はリンクか 見た事ねぇナリだな 新しい武器ってやつか・・っ リンク:はぁあっ・・!! 0:リンク プレアディバイドと交戦 カイン:なぁナツレさん!あとどれぐらいかかるんだ・・!? ぇ・・・!?? 0:カイン チェインパックを発見 近くに強化の開発に使用していたと思われる装置があるがそれには接続されていない カイン:チェインパックあるじゃねぇか・・!なんだよ もう使えるんじゃないのか・・? ナツレ:・・・そろそろね 0:装置のモニターから完了音らしきものが聞こえてくる カイン:!?・・・・なんだ ナツレ:完成したわ カイン:よし!・・・じゃあすぐに ナツレ:強化に必要なシステムが・・・よ カイン:!?・・??? ナツレ:パックの鎖を引いて カイン:・・・。 ナツレ:ボーっとしない!急いで・・!! カイン:あ・・うん・・ 0:カイン チェインパックのフックを引き抜き鎖を出す ナツレ:よし・・・これを 0:ナツレ 装置から取り出した小瓶をパックの中に数滴垂らす カイン:な・・なぁ・・・ナツレさん・・・これは何を・・ ナツレ:この データを液状化したシステムを鎖に直接読み込ませて 変身能力をアップデートするわ・・ カイン:何だって・・? ナツレ:よし これであと30分待って カイン:30分・・・!? ナツレ:こればかりはどうしようもないわ・・・リンを信じて待つわよ チェイサーの新しい変身・・「アドバンスエクスター」が完成するまで カイン:!!・・・アドバンス・・エクスター・・・ 0:研究所外 リンクとプレアディバイド プレアディバイド:っ・・・くっ・・!! リンク:博士は油断するなって言ってたけど・・本当に大した事なさそうね!敵にこんな事言うのもだけどっ・・もっと本気で戦ったら・・!? プレアディバイド:ちぃ・・っ・・何だよこいつの装備・・っ・・全くつけ入る隙がねぇ・・! リンク:そろそろトドメよ・・!! 0:リンク 腕の装備から鋼鉄ネットを射出し プレアディバイドを捉える プレアディバイド:ぐっ・・!! リンク:はぁっ・・!! プレアディバイド:ぐ・・・ぐぉ・ぁ・・ぁああ・・・っ・・! 0:プレアディバイド 消滅 リンク:・・・・っ・・・結局名前も聞かずに終わっちゃった・・・喋れてる頭脳特化型のプレアなのに・・・こんなにあっさり・・ プレアディバイド:・・・・っふっふっふ・・ リンク:・・!? 0:プレアディバイド 先ほどより少し小ぶりな姿で再度出現 プレアディバイド:・・・名前を・・・教えてやろうか・・? リンク:何・・・倒せてない・・?・・・それとも・・ プレアディバイド:俺はプレアディバイド リンク:ディバイド・・・分割・・??まさか・・ プレアディバイド:ああ 俺の能力は体を分裂させて増殖することが出来るのさ・・っ ・・・こんな風に 0:プレアディバイド 2体に分裂する リンク:!!っ・・・でも・・・大きさが縮んでる・・・その前もさっきよりなんだか小さいわね・・っ まさかとは思うけど・・・分裂した分パワーも半減するとかじゃないでしょうね・・・ プレアディバイド:喋る暇があったらさっさとかかってきな・・っ! 0:プレアディバイドが襲いかかってくる リンク:っ・・!! プレアディバイド:後ろがガラ空きだぜ・・!! 0:もう一体のプレアディバイドがリンクの背後から攻撃 リンク:はっ・・!! 0:リンク 左足と右腕で前後からのプレアディバイドの攻撃を抑える プレアディバイド:っ・・・や・・やる・・な・・・ リンク:本当にそのまま思った通りなのね・・・さっきより力が弱い・・数を増やしたところで・・その程度じゃウチは倒せないわよっ 0:リンク 左足と右腕から鋼鉄ネットを射出 2体のプレアディバイドを捉える プレアディバイド:何っ・・・足からも出んのかそのネット・・・っ・・ リンク:さよなら・・ くたばりなさい プレアディバイド:ぐぉぁ・・・・っ・・・ 0:プレアディバイド2体 消滅 リンク:・・・・・・。 プレアディバイド:・・・・・・・・・ふっ・・ リンク:・・・っ!!・・・・ぇ・・うそ・・・・ 0:プレアディバイド リンクの眼前に更に小さいサイズで大量に分裂した状態で広がっている プレアディバイド:もっと楽しもうぜ・・・ リンク:くっ・・ぅ・・!なんて数なの・・・ プレアディバイド:数を増やしたところで倒せないわよ・・だっけか?確かに俺の能力は増えるだけだ だが・・俺を倒せるかな? リンク:っ・・・!!こうなったら・・っ プレアディバイド:・・ぉ?? リンク:ステルショット・・・!! 0:リンク 両腕のステルバインダーから小型のネットを大量に放射 プレアディバイド:っぉ・・・!!鋼鉄ネットの散弾か・・・!!機能満載だなその武器は・・!! リンク:縛って一網打尽に・・・!! 0:リンク 全てのネットを一気に縛り 大量のプレアディバイドを圧迫 プレアディバイド:ぐぉ・・・っ・・・!!! 0:捉えた大量のプレアディバイド 消滅 リンク:・・・・・・・さすがに全部は捉えられない・・・か・・でもっ・・!!このまま一気に全滅させる・・!! プレアディバイド:はっはっは・・!! リンク:・・・!?・・・何・・・気のせい・・?あんた・・・大き・・く・・・なって・・・ プレアディバイド:いい視力だな・・・戦いながらよく見極めたもんだ・・・っ リンク:くっ・・!! 0:リンク 成長してるプレアディバイドにネットを射出して圧迫 プレアディバイド:ふっふっふ・・・ リンク:はぁ・・!!!・・・・っ・・・さっきより手応えが・・・大きさだけじゃなくちゃんと強くなって・・・ プレアディバイド:焦ってきたか? リンク:増えるだけだなんて嘘ばっかり・・っ! プレアディバイド:敵の言う事を鵜呑みにするかよ 相変わらず純粋だなお前・・・真の能力はそれだけじゃないぜ・・・ リンク:・・!!?・・・ぇ・・・ 0:プレアディバイド 成長した個体同士 合体する プレアディバイド:後半戦・・・反撃開始と行くぜ・・っ リンク:分裂・・・成長・・・合体して強化・・・そんな嘘でしょ・・・こんな能力・・・ありなの・・っ・・・・ プレアディバイド:はーーーーーっはっはっ・・・!! 0:プレアディバイド リンクに攻撃 リンク:ぐっ・・・!!お・・重い・・っ・・最初の奴より・・・・強くなっ・・・ 0:ナツレの研究所 30分が経過 カイン:・・・30分経った・・ッ!!もういいんだろ?ナツレさんっ? ナツレ:ええ カイン:このままいつも通り変身すればいいのか・・? ナツレ:変身の仕方は同じよ でもこのシステムはあんたの音声認識をしていて・・・変身する際にこう叫ぶのよ  カイン:・・・・?? ナツレ:「アドバンスエクスター! チェイサー!!」ってね カイン:・・・わかった! 0:カイン チェインパックの鎖を引き抜き左腕に巻きつけてパックを握る カイン:アドバンスエクスター・・!!チェイサーァア・・ッ!!! 0:カイン 新装「アドバンスエクスター」のチェイサーに 変身 カイン:・・・・・っ・・。 ナツレ:・・・・っていうのは冗談で カイン:ぇぁ!!? ナツレ:せっかち過ぎるのよ 焦ってたら何もかも上手く行くわけないでしょ 少し落ち着きなさいバカ カイン:・・・・・。 ナツレ:でもま ちょっとカッコよかったわよ 0:カイン 姿見鏡の前に立ち アドバンスエクスターの自分の姿を見る カイン:すげ・・ぇ・・・ネコか・・??この模様・・! ナツレ:トラよ・・・!!!・・・ったく 能力の説明をするから即覚えなさい 0:数分後 カインとナツレ 研究所の外に出る カイン:あれ・・・リンクがいねぇ・・プレアも・・ どっか戦ってる間に移動したのか・・・どこだ・・っ・・? ナツレ:その姿なら 探して見つけられるわ・・リンも・・プレアも カイン:あれか!・・・ええと・・ ナツレ:チェインセンシング あんたの体から見えない視線の鎖が飛んで 届く範囲全てを認識出来る カイン:・・・っ!! 0:カイン チェインセンシング発動 頭部から見えない鎖が放射状に飛んで行く カイン:うぉすげぇ・・・・望遠鏡の360度版みたいな・・・説明しづらいけどとにかくすげぇ ナツレ:ふっふっふ 感動するのはあとよ リンを早く見つけて! カイン:おぅ・・・どこだ・・・ ・・・・すげぇなこれ・・・音も聞こえるのか・・ ナツレ:匂いも感触も分かるわよ カイン:五感全部か・・・ナツレさんすげぇな・・・フィート博士に劣らずの天才だぜ・・ ナツレ:ふふ・・ カイン:・・・・っ!!いた・・っ リンク・・!・・・プレア・・・何だ・・・ものすげぇ数・・・それに・・・でけぇ・・・・ ナツレ:・・っ・・・リン・・・  0:リンクとプレアディバイド リンク:・・・・はぁ・・・はぁ・・っ・・・ぅ・・・ プレアディバイド:男顔負けの身体能力を持つリンクちゃんもそろそろスタミナの限界か・・?まだまだこんなにいるぜぇ・・? 0:プレアディバイド 最初の姿から大幅に成長 数もまた大量に増えている リンク:ステルショットじゃ縛っても倒せない・・・弱らせる・・にもっ・・この数を相手にしなが・・らじゃ・・ プレアディバイド:その厄介な鎧の防御も・・・次のステップで破壊出来そうだな・・ 0:プレアディバイド 更に合体 強化 リンク:くっ・・!! プレアディバイド:ふっふっふっふ・・・・・うぉらぁああっ!!! 0:プレアディバイド リンクに殴打を繰り出す リンク:っ・・・!! プレアディバイド:・・・・・・っ? 0:プレアディバイド全ての分裂体に鎖が繋がるのが見える プレアディバイド:っ・・・ぐぁあ・・あ・・っ・・!! 0:全てのプレアディバイドが超速キックを叩き込まれて吹き飛ぶ リンク:・・・・・・・・何・・・・・・一瞬鎖が・・・・・先・・輩・・? カイン:・・・・・待たせた リンク:っ!!カイン先輩・・!その姿・・・それが・・新しい変身・・? カイン:ああ リンク:すごい・・・あとかわいい・・・ネコみたいな紋様・・ カイン:トラらしいぜ ・・・・まだ能力に慣れてねぇけどすげぇぜ・・勝てる自信しか湧いてこねぇ プレアディバイド:ぐ・・・ぐ・・ぁ・・・ リンク:今の何だったの・・・ゼロインプレッション・・なの・・? ナツレ:カインの特殊鎖 ゼロインプレッションを強化する・・アドバンスエクスターの「フィアスクロード」システムよ リンク:博士・・!!・・・アドバンス・・?フィアス・・?クロード・・?? ナツレ:今まで一本ずつしか撃てなかったその鎖を複数本同時に撃てる・・しかもインターバル無く何発もね・・・今の一瞬でその増えてるプレア全部に攻撃を叩き込んだのよ・・消耗もほとんどないでしょ?カイン カイン:ああ・・全然疲れねぇ 信じらんねーよ・・ ナツレ:筋肉を刺激する構造になってて全身のパワーも強化しているわ・・ リンク:すごすぎる・・・でも・・・やっぱり博士・・!それってやっぱ無茶な気が・・・先輩の体が後でどうなるか・・っ ナツレ:ええ・・・短時間の戦闘が理想よ・・・ カイン:ナツレさんを責めんなよリンク オレは感謝しかしてねーよ・・ リンク:っ・・・ 0:カイン リンクの顔をじっと見つめる カイン:・・・・まだ行けるな? リンク:ぇ・・? カイン:まだ目が生きてる 怯えて戦意喪失してねぇと思ったから聞いたんだけどよ リンク:う・・うん!!もちろん・・!絶対に負けない!!倒す・・っ! カイン:信じてるぜリンク! こいつら弱ってるうちに片っ端から縛ってくぞ・・!!あとこいつの説明もしてくれ・・! リンク:オッケィ・・!! プレアディバイド:くっ・・・まだ動けねぇ・・なんてパワーの蹴りだよ・・・ 0:カイン リンク プレアディバイドを拘束 圧迫を繰り返し連続撃退 カイン:っ・・・!!そんな能力なのかよ・・・っ・・地味だけどゾッとするぜ・・・・ リンク:一体でも残したらまたリセットだよ・・!!徹底的に潰さないと・・!! カイン:うぉおおおーー・・!! プレアディバイド:ぐぉぁ・・ああ!! リンク:はぁあああーーー・・!! プレアディバイド:ぁ・・がぁああっ・・!!!  ナツレ:・・・・っ!? あっ・・! 0:プレアディバイド 分裂して数を増やす プレアディバイド:せっかくここまで強化出来たが仕方ねぇ・・・受けたダメージも分裂して半減させる・・・これならすぐに消耗した分も取り戻せるぜ・・・ カイン:野郎っ・・!! リンク:まとめて縛っていく・・っ!! プレアディバイド:ぬぉおおお・・・!! 0:プレアディバイド カインとリンクが縛り倒すよりも早いペースで分裂して増えていく リンク:・・っ・・増えるペースが早い・・っ 追いつかない・・っ カイン:とどめを刺すよりも早ぇーなら・・・増やす余裕もないぐらいのダメージを与えてやるか・・ 0:カイン 両手の十指全てからスピアヘッドクローを出す リンク:ぇ・・・スピアヘッドクローを指全部から・・・どんな指の力なのそれ・・・っ カイン:うぉおお・・っ!! 0:カイン 10本のスピアヘッドクローを射出しプレアディバイドをまとめて斬り裂いていく カイン:ブルータルクロー・・ッ!! プレアディバイド:ぐぁああああ・・・なん・・つぅ範囲を攻撃してやがるん・・・だ・・・・がぁあああ!! カイン:やっぱりな ダメージを受けた直後は分裂する能力も発動出来ねぇんだろ プレアディバイド:よく見てやがる・・・っ・・ カイン:リンク!オレが攻撃したプレアは後回しだ・・!!動ける奴を片っ端から縛っていけ・・!! リンク:わ・・わかった・・っ・・!! 0:カインとリンクの連携攻撃 プレアディバイドが一気に減っていく プレアディバイド:ぐぁああああ・・・! リンク:よし・・・っ もう後少し・・っ カイン:・・・・・。 0:物陰に潜んで様子を伺っているプレアディバイドの分裂体 プレアディバイド:・・・・はぁ・・っ・・はぁ・・っ・・・なんて奴らだ・・・特にカインめ・・・あそこまでの強化を・・っ!仕方がねぇ・・見えねぇところでまた増やして・・・ プレアディバイド:・・!!? カイン:させねーよ プレアディバイド:お前何故・・!!どうして死角にいる俺を・・っ!? 0:カイン チェインセンシングで潜んでるプレアディバイドを捕捉 背後に高速移動 カイン:もう終わりにするぜ プレアディバイド:ぐぁ・・!! 0:プレアディバイド 鎖に圧迫され消滅 カイン:ゼロインプレッション・・フィアスクロード・・ッ!! プレアディバイド:ぐぉっ・・!! プレアディバイド:がっ・・・!! プレアディバイド:ごほぁ・・っ!! 0:カイン 潜んでるプレアディバイドも含め全ての分裂体にゼロインプレッション・フィアスクロードで攻撃 カイン:もういねーな・・・ずっと見渡してるけど見つかんねぇ リンク:ふんっ・・!!! カイン:おらぁああ・・!! プレアディバイド:がはぁっ・・! 0:プレアディバイドの残党が次々と圧迫され消滅して行く ナツレ:あと1体・・・・・。 リンク:あんたで最後ね・・っ・・・もうおしまいよ・・! ナツレ:・・・・・。 0:ナツレ ふと悪寒が走る ナツレ:人工知能のプレア・・特殊な能力・・・プレア・・・ゼロ・・ リンク:はぁあ・・!! ナツレ:っリン・・!!待っ・・ 0:カインがリンクの腕を抑える リンク:・・・!?先・・輩・・? カイン:・・・待てリンク・・・ プレアディバイド:・・・・・っ・・。 カイン:プレアディバイドつったな・・・思ったんだけどよ・・・お前を倒したらその分裂能力がもしかして・・・行っちまうんじゃねーのか?・・・プレアゼロに リンク:・・・っ!!! プレアディバイド:・・・・・ああ その通りだ 俺も最初から覚悟の上でここに戦いにきた 倒されてプレアゼロの糧になるか お前らを殺してプレアゼロの完成が阻止されるか それだけの存在だ俺は リンク:そんな・・・どっちに転んでも向こうの得しかない・・っ カイン:冗談じゃないぜ・・・こんな面倒な能力があいつに加わったら・・・この事を言ってたのかよ・・・・プレアゼロの完成って・・っ プレアディバイド:そうだ 悩んでる時間はないぜ?・・・とどめを刺して悪夢のプレアを作り上げるか またこのまま俺と戦い続けるか・・ リンク:っ・・!!ふっ・・!!! プレアディバイド:ぬぉ・・が・・ 0:リンク 最後の一体のプレアディバイドを鋼鉄ネットに閉じ込め 消滅しない程度に圧迫する リンク:これなら分裂も出来ないでしょ・・物理的に・・ プレアディバイド:ふっ・・それでどうする気だよ・・ カイン:・・・・今このまま アレスを辿ってプレアゼロのいる所までオレが行く そのままあのプレアにとどめを刺してやる・・っ プレアディバイド:はははは・・・めちゃくちゃ言いやがる・・・ カイン:ナツレさん・・!!あれ・・・ ナツレ:ええ・・・・ 0:ナツレ 白衣のポケットからアドバンスエクスターの液状データシステムの小瓶をカインに渡す カイン:これをアレスのパックにも使えばいいんだろ? ナツレ:そうよ・・・任せたわ・・ 0:ナツレ 体力の限界が近づきつつも笑顔で答える カイン:本当にありがとう ゆっくり休んでくれナツレさん ナツレ:少ししたらリンと向かうわ・・・ 何が起こるか分からない 気をつけなさい カイン:・・・・・・分かった リンク:・・・・・先輩・・・ 0:エルオスト達のアジト クラメ:・・・・・気がつきました? アレス:・・っ・・・・!?・・・・・君・・ぅ・・・ クラメ:触れてはいけない話題だったみたいですね アレス:・・・・どういう事・・だ・・・ロットは・・やはり何かまだ隠してるのか・・ クラメ:・・さぁ・・? アレス:・・・・ふ・・・敵であるボクには教える義理は無い・・・か・・・ クラメ:隠しているのではありません 私にも分からないのです ロットさんはあまり喋ってくれませんから・・・ アレス:・・・・・。 クラメ:カインさん・・もう一人のチェイサーが来るまであなたは必要です 今 手当の続きをさせてもらいますね アレス:・・・クラメって言ってたな・・ クラメ:・・? アレス:・・・聞きたいことがある 0:おわり

0:とある病院 カイン:・・・・っ・・・はっ・・!? リンク:・・・・・・。 カイン:アレス・・・!!博s・・・ ナツレ:静かにしなさい ここ病院よ カイン:・・・・・ナツレさん・・? リンク:・・・・先輩・・ カイン:・・・リンク・・っ・・・ ナツレ:・・・・お姉ちゃんの助手達があなた達を見つけてアタシに連絡してきたの カイン:・・・・っ・・・ ナツレ:キツいならまだ話さなくていいわ 何があったか教えて 0:カイン 前回の経緯をナツレに話す リンク:ごめんなさい博士・・・・ウチ・・全然役に立てなかった・・ カイン:もうそういうのやめろ オレらは全力を尽くしてた・・・負けた原因より 勝つ方法を考えるべきだ・・ ナツレ:そう・・・そんな事に・・・ カイン:ごめん ナツレさん・・・ ナツレ:いいえ 大変な時に居れなくてアタシの方こそ悪かったわ・・ カイン:オレ達が治ったらすぐにでもアレスを追跡して行きてぇが・・・ リンク:・・・・っ・・ ナツレ:強すぎるわね・・・くそチートなプレアだわ カイン:中でも・・1番厄介なのはあいつのプレアソリッドの能力だ あの防御を突破出来るのはアレスのソリッドグレイブだけなんだ・・ リンク:ごめん先輩・・・はっきり言って勝てるイメージが湧かないよ・・3人でもキツかったのに2人でなんて・・・っ ナツレ:リン・・ カイン:しかもロットさん達の話じゃ・・あのプレアはまだ更に強くなるみてぇだ・・・ 冗談じゃねぇ・・・こっちはオレらがもっと強くなろうにも・・・・フィート博士がいないんじゃ・・っ ナツレ:・・・・・。 カイン:でも仕方ねぇ・・とにかくすぐに向かわねぇと・・! ナツレ:そうやって先走って前にピンチに陥った先輩がいたのを忘れたの?あんた今まさに同じことをしようとしてるわよ カイン:でも・・・っ!! ナツレ:・・・お姉ちゃんほどじゃなくても・・アタシもまた天才の一人よ リンク:博士・・・ ナツレ:無駄に今まで居なかったわけじゃないわ あなた達を・・・強くしてみせるわ リンク:・・!? カイン:・・・・達? ナツレ:ええそうよ あんた達チェイサーも強くしてあげるって言ってんのよ とにかくリン・・先にあなたのステルバインダーを完全改良するシステムがあるわ・・・それで今度こそ・・本当の自信を取り戻してみせなさい!  0:エルオスト達のアジト  エルオスト:ふっふっふ・・・さて 早速取り掛かるか・・プレアゼロの完成に アレス:・・・・・・ぅ・・・ぅう・・・ エルオスト:気がついたかね? 0:アレス 拘束されている フィートの姿は見えない エルオスト:悪いがチェインパックはこっちだよ しばらく大人しくしててもらおう・・・ アレス:貴様・・・・こっちが目が覚めたら一度に何種類のボケかましてんだ・・・ エルオスト:順に言いたまえ 答える時間はたっぷりある アレス:博士はどこだ・・!! エルオスト:こことは別の場所にいる 案じないでくれ 無事に生きている アレス:っ・・・!!・・・ボク達を攫(さら)って何をする気だ・・・ エルオスト:君を攫ったのはカイン君をここに誘き寄せるため だがまぁチェイサーに変身してたとはいえ あの様子ではまだしばらくは動けんだろうがね・・・ふふふ その間に諸々済まそうという事さ  アレス:・・・まさか博士まで攫ったのは・・・あのプレアが完成したらボクらと戦わせるのが目的だとか言ってたな・・・こっちに対策を打たせない為って事か・・?だとしたら随分腰抜けな話だな エルオスト:そうじゃない むしろまだ余力があるのなら是非して見てみたいものだ フィート君がいない今・・・相談先は大方目星はつくがな・・ アレス:・・・っ! エルオスト:ふっふっふ・・・ アレス:あの子は・・・どういう事だ・・ エルオスト:ん? アレス:あの子をどうやってここに引き入れたんだ・・!! エルオスト:クラメの事か?そういえば彼女が現れた途端 君は調子を崩したな アレス:見間違えるはずがない・・・あの子は2年前に事故死したボクの妹・・・レイアだ・・っ・・・ エルオスト:・・・・・・。・・・・ふっふっふっ・・・ハハハハハハハ!!・・そうか・・っ・・・そういう事か・・・面白い・・・いやなんともフハハハハ・・!!素晴らしい運命だな正に・・!! アレス:答えろクソジジイ・・ッ!!! エルオスト:順を追って話すぞ そうだ 正に2年前 プレアの繁殖により生じた都心南部の高層ビル「ルネ・ブリー」の倒壊事故 元を辿れば建設していた業者側の点検不備という話もあるがプレアの影響で腐食が進み 間接的に多くの犠牲者が出てしまったわけだ プレアが関与する事件の為 感染症の観点から遺族は犠牲者と対面することも叶わず 全て専門の人間達に処理をされた アレス:・・・・・・っ・・・。 エルオスト:フィート君と同じくその時私もプレアの研究をして追っていてね 同時に開発中の人工知能のテストも行っていた所だった 事故現場に偶然居合わせてね・・・ ふと思いついたのだよ アレス:・・・まさか・・ エルオスト:ふふふ・・・察しがいいな クラメの兄というのも納得だ さすが賢いなアレス君  アレス:あんたの人工知能ってやつは・・・・死体に取り付けても機能するのか・・・っ・・・・・・生前の頭脳を活かして・・・・ エルオスト:ご名答 だが記憶は残っていない・・・活かせるのは頭脳の質・・頭の良さだけだ アレス:(だからオレの事が・・・)・・・っ!!・・何故・・何でレイアなんだ・・!!あの事件で犠牲者は数百人出たんだ・・!!何故その中で妹だけを選んだ!!? エルオスト:さぁ・・・それこそ運命というやつだろうな 強いていうならあらゆるデータを得られる可能性の高さから なるべく若い者を選んだのだろうな アレス:貴様・・・まさか博士を攫った本当の理由も・・・っ エルオスト:ああ チェイサーとプレアゼロの決着がつき 事が一通り済めば・・彼女もクラメ同様 忠実な私の部下になってもらうつもりだ その頭脳だけを貰ってね アレス:・・・っ!!!・・・・・初めてだ・・・プレア以外に殺意が湧いたのは・・・・っ貴様は殺す・・! エルオスト:ふっふっふ・・・っ 0:再び カイン達が入院中の病院へ ナツレ:ロットがプレアの強化に手を染めていた理由・・・お姉ちゃんが予想してた通りだったんだ・・・ リンク:ウチ 踏ん切りがつきました・・ロットさんは断固として敵と見なす 博士にステルバインダーを強化して貰ったら必ず捕らえてみせる・・っ カイン:・・・・・・オレは・・・・何か引っかかるぜまだ・・・ ナツレ:・・っ? カイン:言葉じゃ説明しづらいけど・・・・あのエルオストっておっさんはともかく・・・ロットさんは・・・まだ何か隠してんじゃねーかなって・・・ リンク:・・・・先輩・・ カイン:お前の気持ちを否定はしねーよ・・確信はないからな・・・ ナツレ:カイン・・・ 0:日が暮れ始め ナツレが帰宅準備をする ナツレ:じゃあアタシは行くわ チェインパックを預かるわよ カイン:ああ よろしく頼むぜ ナツレさん ナツレ:明日には退院出来るんだし 今はゆっくり休みなさい 0:ナツレ チェインパックを受け取り 台車に乗せてあるステルバインダーを引きながら二人の病室を出て行く カイン:・・・・・なるほどな さすがに普通には運べないもんな・・ 0:夜 消灯時間 リンク:・・・・・・・・。 カイン:・・・・・・・。 リンク:・・・・・・先輩まだ起きてる? カイン:寝れねーのか リンク:ずっと考えちゃうよ・・・・ カイン:無理もねーけどな リンク:先輩・・・・怖くないの・・? カイン:何がだ? リンク:あの新しいプレア・・・正直今生きてるのが不思議なくらい・・ カイン:怖ぇーよ 戦う時はいつだってな 変身してるとはいえ 命懸けなんだからな・・ リンク:・・・・・。 カイン:でも 仲間や恩人が・・・オレの大事な人達が今危険な目に遭ってんだ・・・そっちの方がよっぽど怖ぇーよ 無事にまた会えるのかどうかがな・・ リンク:フィート博士・・・アレス先輩・・ カイン:特にアレスが心配だ・・・あのもう一人の仲間の女の子・・・ リンク:亡くなった妹さんだって言ってたね・・・分からない事だらけだよ・・ カイン:様子がおかしかったもんな アレス・・くそっ・・・どういうつもりだあのクソオヤジ・・・ リンク:・・・・・・・。 カイン:・・・・・・・。 リンク:・・・・・ねぇカイン先輩 こんな時に不謹慎かもしれないけど・・ 先輩はどうしてチェイサーとして戦おうと思ったの?血液が適合してても・・・断る事だって出来たんでしょ? カイン:・・・・・・・初めはワケが分かんなかったけどな フィート博士の言ってる事もプレアの事情も バケモンと戦えなんて言われてよ・・ リンク:・・・・。 カイン:でも・・・オレがチェイサーになるまでは全てのプレアを相手に アレスが一人で戦ってたんだ・・・ リンク:っ・・・・。 カイン:もう体ボロボロでよ・・・オレと同い年ぐらいの奴が人間守る為にこんな事してるって知って・・・放っておけなかった・・・からだろうな・・ リンク:・・そうだったんだ カイン:あとま・・・オレ家出してて寝床も金も何も無かったしな 博士の研究所にずっと世話になってた リンク:カイン先輩は民間人を守る前に アレス先輩のヒーローだったんだね カイン:ん〜〜〜・・まぁ そうなんのか・・? リンク:先輩 お姉さんいるんだよね? カイン:うん いつもうるさくてちょっと悪さするとすぐ殴ってきてよ・・・ そういや似てるかもな リンクに リンク:ぇえ? カイン:お前は兄弟いんのか? リンク:ううん ウチは一人っ子 みんな兄弟いるから少し羨ましいな カイン:そうか ・・・・もう寝るぞ 寝れなくても頑張って目閉じろ リンク:はーい 0:再び エルオスト達のアジト ロット:教授 プレアゼロの格納 完了しています 最後の仕上げですが・・ エルオスト:ああ ありがとう こちらも準備はほぼほぼ済んでいるよ アレス:仕上げ・・・あのプレアに・・ 一体何をするつもりだ ロット:起きてたのねアレスくん 知ったところでどうにもならないのに アレス:黙れ エルオスト:いや 説明してやろう アレス:・・・・・。 エルオスト:プレアゼロ 君も戦って感じたと思うがこいつは進化型のプレアの中でも特に特殊な能力を持つプレアでね 私も人間の一人としてこの能力を知った時は流石に恐怖した アレス:どんな能力なんだ エルオスト:ずばり 死滅したプレアの能力を習得出来る  アレス:・・・っ・・・予想していた最悪の答えだ ・・・・そんなプレアが・・ エルオスト:全てのプレアが元々プレアクイーンから派生し 更には一部の学習能力の高いプレアはそこから独自に進化し そして我々が見込んだ高いエネルギーや特殊能力を持つプレアは更に能力を強化、改良をし そして人工知能によって知能を得た 今まで君達が相手にしてきたプレアの流れだ アレス:プレアクイーン あれも貴様の人工知能を使っていたんだな エルオスト:そうだ アレス:なぜ真っ先に差し向けた 全てのプレアの根源なら倒された場合プレアは消滅して不利になるのはそっちだろう エルオスト:分からないかね? わざと倒させたのだよ 他の進化したプレアのみを残し 進化出来なかったプレア全てを排除したかったのだよ お陰で良い能力を持つ個体を見つける手間が省けて助かったよ アレス:くっ・・・ エルオスト:話を戻すぞ 全てのプレアは元々一つ 感覚や経験がプレア同士を通じて共有出来ているのは君も知っているな だがこのプレアゼロは能力や強さも共有し学習する 君達チェイサーが倒す度に強くしていたという訳だよ アレス:それで 学習させたい能力のプレアを新たにまた差し向けて ボク達に倒させる事でプレアゼロに覚えさせる・・それが完成ってのに近づいていたって事か 成程な・・前にボク達と戦った際 今のプレアゼロじゃ勝てないと分かっていながら戦わせ続け かつその間足止めをさせてるにも関わらず進化させる 聞いた時は意味が分からなかったがその伝達方法なら可能って事か・・・ エルオスト:ああ だが次でそれも最後だ アレス:一体どんな能力のプレアを生み出した・・っ エルオスト:ロット 説明したまえ ロット:・・・・・・・。 0:翌朝 カインとリンク退院 ナツレの研究所へ向かう カイン:そういや 聞き忘れて全然分かんなかったけど・・ リンク:どうしたの? カイン:チェイサーに新しい強化って何をするんだろナツレさん きっと別の武器を扱えるような能力なんだろうけどよ・・・ リンク:博士はなんでも作れるからねぇ・・でも カイン:あの プレアゼロに通じる能力ってのが想像つかねぇ・・・ただ能力を無闇に増やすだけじゃ意味が無ぇ・・気がする リンク:それを言ったらウチのも気になるけどね 完全改良するってどうなるんだろ・・・ カイン:急ぐぜ 今オレ達は丸腰なんだ リンク:うん! 0:エルオスト達のアジト アレス:貴様ら・・・よくも・・・ ロット:このプレアを無事撃退してもらえれば・・・プレアゼロの完成よ エルオスト:ロットの作ったチェイサー探索装置が役に立ったな 見つける手間も省ける アレス:そんな能力のプレア・・・ふざけるな!今プレアゼロはどこにいる!?眠っているなら今すぐ破壊しろ・・!! エルオスト:きつい冗談だな アレス:危険すぎる・・ 制御が効かなくなって貴様らでもどうしようもなくなるぞ・・!! エルオスト:戦う前から降参かね・・? アレス:ロット!!あんたも分からんのか!!ボクを殺したければ好きにしろ!今すぐやめるんだ・・!! ロット:・・・あのプレアにカイン君たちが勝てなかったらそうしても良いかもね そもそも厄介で強いプレアだし アレス:そもそも何故こんな奴に協力する・・・っ このオヤジに弱みでも握られてるのか・・! ロット:っ・・・何を言ってるの?理由なら前に話したじゃない アレス:いい加減本当のことを話したらどうだ  ロット:姉のフィートに勝つ為 チェイサーを滅ぼす それ以外に何も無いわ それがアタシの全てよ アレス:なら 何故ずっとそんな悲しい顔をしている・・! ロット:・・・っ 0:ナツレの研究所 カインとリンク到着 リンク:ナツレ博士・・! ナツレ:おかえり 大丈夫そうね 0:ナツレ 疲労を浮かべた顔のまま気丈に口角を上げて二人を出迎える カイン:ナツレさん・・・ ナツレ:ふん まずはリンクね・・はい 0:ナツレ 改良したステルバインダーに向けて親指を向ける リンク:・・・!? すごい・・何これ・・・ステルバインダー・・・なの? ナツレ:今まで通り 鋼鉄ネットの銃と大剣に変形する機能に加えてもう一つの・・・モードを加えたわ ネットを絞る時のレバーを逆方向に引いてみて リンク:・・・・・。 0:リンク ステルバインダーのレバーを逆方向に引く リンク:!?・・・っ カイン:うぉっ!?なんだ・・・?? 0:ステルバインダーがバラバラに弾け飛んで リンクの体に降ってくる リンク:うわ・・ぁ・・っ! ナツレ:ふふ カイン:す・・・すげ・・ぇ 0:リンクの全身に分裂したステルバインダーが装着 ナツレ:ステルバインダー・・・全身武装(フルアーム)モードよ リンク:すごぉい・・!変身みたい・・! ナツレ:防御面の強化はもちろん 腕の装備で今まで通りネットの射出も出来る 以前は一度大網を撃ったらネットが再構成されるまで時間がかかったけど この新型ステルバインダーはネットの弾数を増加してかつ連射性能と合わせて不自由無いショットが出来るわ もちろん近接用の剣も扱える カイン:ほとんどチェイサーじゃねーか・・・・ リンク:ありがとう・・博士・・ ナツレ:元のステルバインダーをそのまま装着してるから相当重いけど 力持ちのあんたならそんなの関係ないでしょ リンク:これなら・・・あいつにも・・プレアゼロとまた戦っても・・ カイン:なぁナツレさん!オレのは!?どうなったの・・?? ナツレ:もう少しよ 待ってなさい カイン:っ・・・ なぁナツレさん 一体どんな武器を追加してくれたんだ? ナツレ:?・・・ああそうね でも今回特に新しい武器は追加してないわよ カイン:え?? ナツレ:チェイサーの・・・変身そのものを強化する 新しい変身モードよ カイン:・・・まじか リンク:ぇー!?・・・すごい・・楽しみ ナツレ:あんたとアレス 色が違うだけで変身した姿はほとんど同じでしょ?昔 持ち込んだ時にも編集にダメ出しされたんでしょ カイン:・・・オレにそんなの言われても ナツレ:アタシの持てる技術全て注ぎ込むわ・・・次は蛇足だなんて言わせないわよ カイン:それ言ったのオレじゃないぜ オレはスピアヘッドクローは気に入ってるしなっ リンク:やっぱりチェイサーには敵わないか・・ ナツレ:リン あなたにしか アタシの開発した武器にしか出来ない役割は必ずあるわ 不満や文句は使用後にいくらでも受け付ける カイン:すげぇぜ・・博士に文句があるわけじゃねーけど・・正直今のままじゃもの足りねぇって思ってたところだぜ・・ リンク:でも博士・・こんなこと言いたくないけど大丈夫なの・・?ウチのと違ってチェイサーは・・変身したカイン先輩に何かあったりしたら・・ ナツレ:・・・・・。 カイン:・・・・心配ねーよ 万が一ヤバそうな事があったらすぐに解くって いくらオレでもそこまで間抜けじゃ無ぇ なんやかんやオレの事はオレが一番理解してるからな リンク:・・・・。 カイン:でナツレさん その新しい変身はどんな事が出来るようになるんだよ具体的に ナツレ:それは出来てからのお楽しみ 0:研究所の壁の外側から激しい激突音が聞こえる  カイン:・・・っ!? リンク:何・・?? ナツレ:っ・・・・・まさか・・ 0:ナツレ 窓を開けて外を見る プレアディバイド:っくそぉ・・・ 結構頑丈なんだな・・・ ナツレ:・・・プレア? カイン:なに・・っ!? リンク:・・・!! プレアディバイド:ぉ いたいた あんたはぁ・・・ナツレって博士か カインもいんだろ?そん中か? 0:リンクが研究所の外に出てくる プレアディバイドと対面 リンク:ウチが相手よ 随分マヌケなプレアね・・・大した敵じゃ無さそう ナツレ:(ここを分かってた・・?まさかリン達が言ってたロットのチェイサーを探す装置を・・・)リン・・!!油断しないで・・っ! カイン:くっそぉ・・・っ プレアディバイド:・・??お前はリンクか 見た事ねぇナリだな 新しい武器ってやつか・・っ リンク:はぁあっ・・!! 0:リンク プレアディバイドと交戦 カイン:なぁナツレさん!あとどれぐらいかかるんだ・・!? ぇ・・・!?? 0:カイン チェインパックを発見 近くに強化の開発に使用していたと思われる装置があるがそれには接続されていない カイン:チェインパックあるじゃねぇか・・!なんだよ もう使えるんじゃないのか・・? ナツレ:・・・そろそろね 0:装置のモニターから完了音らしきものが聞こえてくる カイン:!?・・・・なんだ ナツレ:完成したわ カイン:よし!・・・じゃあすぐに ナツレ:強化に必要なシステムが・・・よ カイン:!?・・??? ナツレ:パックの鎖を引いて カイン:・・・。 ナツレ:ボーっとしない!急いで・・!! カイン:あ・・うん・・ 0:カイン チェインパックのフックを引き抜き鎖を出す ナツレ:よし・・・これを 0:ナツレ 装置から取り出した小瓶をパックの中に数滴垂らす カイン:な・・なぁ・・・ナツレさん・・・これは何を・・ ナツレ:この データを液状化したシステムを鎖に直接読み込ませて 変身能力をアップデートするわ・・ カイン:何だって・・? ナツレ:よし これであと30分待って カイン:30分・・・!? ナツレ:こればかりはどうしようもないわ・・・リンを信じて待つわよ チェイサーの新しい変身・・「アドバンスエクスター」が完成するまで カイン:!!・・・アドバンス・・エクスター・・・ 0:研究所外 リンクとプレアディバイド プレアディバイド:っ・・・くっ・・!! リンク:博士は油断するなって言ってたけど・・本当に大した事なさそうね!敵にこんな事言うのもだけどっ・・もっと本気で戦ったら・・!? プレアディバイド:ちぃ・・っ・・何だよこいつの装備・・っ・・全くつけ入る隙がねぇ・・! リンク:そろそろトドメよ・・!! 0:リンク 腕の装備から鋼鉄ネットを射出し プレアディバイドを捉える プレアディバイド:ぐっ・・!! リンク:はぁっ・・!! プレアディバイド:ぐ・・・ぐぉ・ぁ・・ぁああ・・・っ・・! 0:プレアディバイド 消滅 リンク:・・・・っ・・・結局名前も聞かずに終わっちゃった・・・喋れてる頭脳特化型のプレアなのに・・・こんなにあっさり・・ プレアディバイド:・・・・っふっふっふ・・ リンク:・・!? 0:プレアディバイド 先ほどより少し小ぶりな姿で再度出現 プレアディバイド:・・・名前を・・・教えてやろうか・・? リンク:何・・・倒せてない・・?・・・それとも・・ プレアディバイド:俺はプレアディバイド リンク:ディバイド・・・分割・・??まさか・・ プレアディバイド:ああ 俺の能力は体を分裂させて増殖することが出来るのさ・・っ ・・・こんな風に 0:プレアディバイド 2体に分裂する リンク:!!っ・・・でも・・・大きさが縮んでる・・・その前もさっきよりなんだか小さいわね・・っ まさかとは思うけど・・・分裂した分パワーも半減するとかじゃないでしょうね・・・ プレアディバイド:喋る暇があったらさっさとかかってきな・・っ! 0:プレアディバイドが襲いかかってくる リンク:っ・・!! プレアディバイド:後ろがガラ空きだぜ・・!! 0:もう一体のプレアディバイドがリンクの背後から攻撃 リンク:はっ・・!! 0:リンク 左足と右腕で前後からのプレアディバイドの攻撃を抑える プレアディバイド:っ・・・や・・やる・・な・・・ リンク:本当にそのまま思った通りなのね・・・さっきより力が弱い・・数を増やしたところで・・その程度じゃウチは倒せないわよっ 0:リンク 左足と右腕から鋼鉄ネットを射出 2体のプレアディバイドを捉える プレアディバイド:何っ・・・足からも出んのかそのネット・・・っ・・ リンク:さよなら・・ くたばりなさい プレアディバイド:ぐぉぁ・・・・っ・・・ 0:プレアディバイド2体 消滅 リンク:・・・・・・。 プレアディバイド:・・・・・・・・・ふっ・・ リンク:・・・っ!!・・・・ぇ・・うそ・・・・ 0:プレアディバイド リンクの眼前に更に小さいサイズで大量に分裂した状態で広がっている プレアディバイド:もっと楽しもうぜ・・・ リンク:くっ・・ぅ・・!なんて数なの・・・ プレアディバイド:数を増やしたところで倒せないわよ・・だっけか?確かに俺の能力は増えるだけだ だが・・俺を倒せるかな? リンク:っ・・・!!こうなったら・・っ プレアディバイド:・・ぉ?? リンク:ステルショット・・・!! 0:リンク 両腕のステルバインダーから小型のネットを大量に放射 プレアディバイド:っぉ・・・!!鋼鉄ネットの散弾か・・・!!機能満載だなその武器は・・!! リンク:縛って一網打尽に・・・!! 0:リンク 全てのネットを一気に縛り 大量のプレアディバイドを圧迫 プレアディバイド:ぐぉ・・・っ・・・!!! 0:捉えた大量のプレアディバイド 消滅 リンク:・・・・・・・さすがに全部は捉えられない・・・か・・でもっ・・!!このまま一気に全滅させる・・!! プレアディバイド:はっはっは・・!! リンク:・・・!?・・・何・・・気のせい・・?あんた・・・大き・・く・・・なって・・・ プレアディバイド:いい視力だな・・・戦いながらよく見極めたもんだ・・・っ リンク:くっ・・!! 0:リンク 成長してるプレアディバイドにネットを射出して圧迫 プレアディバイド:ふっふっふ・・・ リンク:はぁ・・!!!・・・・っ・・・さっきより手応えが・・・大きさだけじゃなくちゃんと強くなって・・・ プレアディバイド:焦ってきたか? リンク:増えるだけだなんて嘘ばっかり・・っ! プレアディバイド:敵の言う事を鵜呑みにするかよ 相変わらず純粋だなお前・・・真の能力はそれだけじゃないぜ・・・ リンク:・・!!?・・・ぇ・・・ 0:プレアディバイド 成長した個体同士 合体する プレアディバイド:後半戦・・・反撃開始と行くぜ・・っ リンク:分裂・・・成長・・・合体して強化・・・そんな嘘でしょ・・・こんな能力・・・ありなの・・っ・・・・ プレアディバイド:はーーーーーっはっはっ・・・!! 0:プレアディバイド リンクに攻撃 リンク:ぐっ・・・!!お・・重い・・っ・・最初の奴より・・・・強くなっ・・・ 0:ナツレの研究所 30分が経過 カイン:・・・30分経った・・ッ!!もういいんだろ?ナツレさんっ? ナツレ:ええ カイン:このままいつも通り変身すればいいのか・・? ナツレ:変身の仕方は同じよ でもこのシステムはあんたの音声認識をしていて・・・変身する際にこう叫ぶのよ  カイン:・・・・?? ナツレ:「アドバンスエクスター! チェイサー!!」ってね カイン:・・・わかった! 0:カイン チェインパックの鎖を引き抜き左腕に巻きつけてパックを握る カイン:アドバンスエクスター・・!!チェイサーァア・・ッ!!! 0:カイン 新装「アドバンスエクスター」のチェイサーに 変身 カイン:・・・・・っ・・。 ナツレ:・・・・っていうのは冗談で カイン:ぇぁ!!? ナツレ:せっかち過ぎるのよ 焦ってたら何もかも上手く行くわけないでしょ 少し落ち着きなさいバカ カイン:・・・・・。 ナツレ:でもま ちょっとカッコよかったわよ 0:カイン 姿見鏡の前に立ち アドバンスエクスターの自分の姿を見る カイン:すげ・・ぇ・・・ネコか・・??この模様・・! ナツレ:トラよ・・・!!!・・・ったく 能力の説明をするから即覚えなさい 0:数分後 カインとナツレ 研究所の外に出る カイン:あれ・・・リンクがいねぇ・・プレアも・・ どっか戦ってる間に移動したのか・・・どこだ・・っ・・? ナツレ:その姿なら 探して見つけられるわ・・リンも・・プレアも カイン:あれか!・・・ええと・・ ナツレ:チェインセンシング あんたの体から見えない視線の鎖が飛んで 届く範囲全てを認識出来る カイン:・・・っ!! 0:カイン チェインセンシング発動 頭部から見えない鎖が放射状に飛んで行く カイン:うぉすげぇ・・・・望遠鏡の360度版みたいな・・・説明しづらいけどとにかくすげぇ ナツレ:ふっふっふ 感動するのはあとよ リンを早く見つけて! カイン:おぅ・・・どこだ・・・ ・・・・すげぇなこれ・・・音も聞こえるのか・・ ナツレ:匂いも感触も分かるわよ カイン:五感全部か・・・ナツレさんすげぇな・・・フィート博士に劣らずの天才だぜ・・ ナツレ:ふふ・・ カイン:・・・・っ!!いた・・っ リンク・・!・・・プレア・・・何だ・・・ものすげぇ数・・・それに・・・でけぇ・・・・ ナツレ:・・っ・・・リン・・・  0:リンクとプレアディバイド リンク:・・・・はぁ・・・はぁ・・っ・・・ぅ・・・ プレアディバイド:男顔負けの身体能力を持つリンクちゃんもそろそろスタミナの限界か・・?まだまだこんなにいるぜぇ・・? 0:プレアディバイド 最初の姿から大幅に成長 数もまた大量に増えている リンク:ステルショットじゃ縛っても倒せない・・・弱らせる・・にもっ・・この数を相手にしなが・・らじゃ・・ プレアディバイド:その厄介な鎧の防御も・・・次のステップで破壊出来そうだな・・ 0:プレアディバイド 更に合体 強化 リンク:くっ・・!! プレアディバイド:ふっふっふっふ・・・・・うぉらぁああっ!!! 0:プレアディバイド リンクに殴打を繰り出す リンク:っ・・・!! プレアディバイド:・・・・・・っ? 0:プレアディバイド全ての分裂体に鎖が繋がるのが見える プレアディバイド:っ・・・ぐぁあ・・あ・・っ・・!! 0:全てのプレアディバイドが超速キックを叩き込まれて吹き飛ぶ リンク:・・・・・・・・何・・・・・・一瞬鎖が・・・・・先・・輩・・? カイン:・・・・・待たせた リンク:っ!!カイン先輩・・!その姿・・・それが・・新しい変身・・? カイン:ああ リンク:すごい・・・あとかわいい・・・ネコみたいな紋様・・ カイン:トラらしいぜ ・・・・まだ能力に慣れてねぇけどすげぇぜ・・勝てる自信しか湧いてこねぇ プレアディバイド:ぐ・・・ぐ・・ぁ・・・ リンク:今の何だったの・・・ゼロインプレッション・・なの・・? ナツレ:カインの特殊鎖 ゼロインプレッションを強化する・・アドバンスエクスターの「フィアスクロード」システムよ リンク:博士・・!!・・・アドバンス・・?フィアス・・?クロード・・?? ナツレ:今まで一本ずつしか撃てなかったその鎖を複数本同時に撃てる・・しかもインターバル無く何発もね・・・今の一瞬でその増えてるプレア全部に攻撃を叩き込んだのよ・・消耗もほとんどないでしょ?カイン カイン:ああ・・全然疲れねぇ 信じらんねーよ・・ ナツレ:筋肉を刺激する構造になってて全身のパワーも強化しているわ・・ リンク:すごすぎる・・・でも・・・やっぱり博士・・!それってやっぱ無茶な気が・・・先輩の体が後でどうなるか・・っ ナツレ:ええ・・・短時間の戦闘が理想よ・・・ カイン:ナツレさんを責めんなよリンク オレは感謝しかしてねーよ・・ リンク:っ・・・ 0:カイン リンクの顔をじっと見つめる カイン:・・・・まだ行けるな? リンク:ぇ・・? カイン:まだ目が生きてる 怯えて戦意喪失してねぇと思ったから聞いたんだけどよ リンク:う・・うん!!もちろん・・!絶対に負けない!!倒す・・っ! カイン:信じてるぜリンク! こいつら弱ってるうちに片っ端から縛ってくぞ・・!!あとこいつの説明もしてくれ・・! リンク:オッケィ・・!! プレアディバイド:くっ・・・まだ動けねぇ・・なんてパワーの蹴りだよ・・・ 0:カイン リンク プレアディバイドを拘束 圧迫を繰り返し連続撃退 カイン:っ・・・!!そんな能力なのかよ・・・っ・・地味だけどゾッとするぜ・・・・ リンク:一体でも残したらまたリセットだよ・・!!徹底的に潰さないと・・!! カイン:うぉおおおーー・・!! プレアディバイド:ぐぉぁ・・ああ!! リンク:はぁあああーーー・・!! プレアディバイド:ぁ・・がぁああっ・・!!!  ナツレ:・・・・っ!? あっ・・! 0:プレアディバイド 分裂して数を増やす プレアディバイド:せっかくここまで強化出来たが仕方ねぇ・・・受けたダメージも分裂して半減させる・・・これならすぐに消耗した分も取り戻せるぜ・・・ カイン:野郎っ・・!! リンク:まとめて縛っていく・・っ!! プレアディバイド:ぬぉおおお・・・!! 0:プレアディバイド カインとリンクが縛り倒すよりも早いペースで分裂して増えていく リンク:・・っ・・増えるペースが早い・・っ 追いつかない・・っ カイン:とどめを刺すよりも早ぇーなら・・・増やす余裕もないぐらいのダメージを与えてやるか・・ 0:カイン 両手の十指全てからスピアヘッドクローを出す リンク:ぇ・・・スピアヘッドクローを指全部から・・・どんな指の力なのそれ・・・っ カイン:うぉおお・・っ!! 0:カイン 10本のスピアヘッドクローを射出しプレアディバイドをまとめて斬り裂いていく カイン:ブルータルクロー・・ッ!! プレアディバイド:ぐぁああああ・・・なん・・つぅ範囲を攻撃してやがるん・・・だ・・・・がぁあああ!! カイン:やっぱりな ダメージを受けた直後は分裂する能力も発動出来ねぇんだろ プレアディバイド:よく見てやがる・・・っ・・ カイン:リンク!オレが攻撃したプレアは後回しだ・・!!動ける奴を片っ端から縛っていけ・・!! リンク:わ・・わかった・・っ・・!! 0:カインとリンクの連携攻撃 プレアディバイドが一気に減っていく プレアディバイド:ぐぁああああ・・・! リンク:よし・・・っ もう後少し・・っ カイン:・・・・・。 0:物陰に潜んで様子を伺っているプレアディバイドの分裂体 プレアディバイド:・・・・はぁ・・っ・・はぁ・・っ・・・なんて奴らだ・・・特にカインめ・・・あそこまでの強化を・・っ!仕方がねぇ・・見えねぇところでまた増やして・・・ プレアディバイド:・・!!? カイン:させねーよ プレアディバイド:お前何故・・!!どうして死角にいる俺を・・っ!? 0:カイン チェインセンシングで潜んでるプレアディバイドを捕捉 背後に高速移動 カイン:もう終わりにするぜ プレアディバイド:ぐぁ・・!! 0:プレアディバイド 鎖に圧迫され消滅 カイン:ゼロインプレッション・・フィアスクロード・・ッ!! プレアディバイド:ぐぉっ・・!! プレアディバイド:がっ・・・!! プレアディバイド:ごほぁ・・っ!! 0:カイン 潜んでるプレアディバイドも含め全ての分裂体にゼロインプレッション・フィアスクロードで攻撃 カイン:もういねーな・・・ずっと見渡してるけど見つかんねぇ リンク:ふんっ・・!!! カイン:おらぁああ・・!! プレアディバイド:がはぁっ・・! 0:プレアディバイドの残党が次々と圧迫され消滅して行く ナツレ:あと1体・・・・・。 リンク:あんたで最後ね・・っ・・・もうおしまいよ・・! ナツレ:・・・・・。 0:ナツレ ふと悪寒が走る ナツレ:人工知能のプレア・・特殊な能力・・・プレア・・・ゼロ・・ リンク:はぁあ・・!! ナツレ:っリン・・!!待っ・・ 0:カインがリンクの腕を抑える リンク:・・・!?先・・輩・・? カイン:・・・待てリンク・・・ プレアディバイド:・・・・・っ・・。 カイン:プレアディバイドつったな・・・思ったんだけどよ・・・お前を倒したらその分裂能力がもしかして・・・行っちまうんじゃねーのか?・・・プレアゼロに リンク:・・・っ!!! プレアディバイド:・・・・・ああ その通りだ 俺も最初から覚悟の上でここに戦いにきた 倒されてプレアゼロの糧になるか お前らを殺してプレアゼロの完成が阻止されるか それだけの存在だ俺は リンク:そんな・・・どっちに転んでも向こうの得しかない・・っ カイン:冗談じゃないぜ・・・こんな面倒な能力があいつに加わったら・・・この事を言ってたのかよ・・・・プレアゼロの完成って・・っ プレアディバイド:そうだ 悩んでる時間はないぜ?・・・とどめを刺して悪夢のプレアを作り上げるか またこのまま俺と戦い続けるか・・ リンク:っ・・!!ふっ・・!!! プレアディバイド:ぬぉ・・が・・ 0:リンク 最後の一体のプレアディバイドを鋼鉄ネットに閉じ込め 消滅しない程度に圧迫する リンク:これなら分裂も出来ないでしょ・・物理的に・・ プレアディバイド:ふっ・・それでどうする気だよ・・ カイン:・・・・今このまま アレスを辿ってプレアゼロのいる所までオレが行く そのままあのプレアにとどめを刺してやる・・っ プレアディバイド:はははは・・・めちゃくちゃ言いやがる・・・ カイン:ナツレさん・・!!あれ・・・ ナツレ:ええ・・・・ 0:ナツレ 白衣のポケットからアドバンスエクスターの液状データシステムの小瓶をカインに渡す カイン:これをアレスのパックにも使えばいいんだろ? ナツレ:そうよ・・・任せたわ・・ 0:ナツレ 体力の限界が近づきつつも笑顔で答える カイン:本当にありがとう ゆっくり休んでくれナツレさん ナツレ:少ししたらリンと向かうわ・・・ 何が起こるか分からない 気をつけなさい カイン:・・・・・・分かった リンク:・・・・・先輩・・・ 0:エルオスト達のアジト クラメ:・・・・・気がつきました? アレス:・・っ・・・・!?・・・・・君・・ぅ・・・ クラメ:触れてはいけない話題だったみたいですね アレス:・・・・どういう事・・だ・・・ロットは・・やはり何かまだ隠してるのか・・ クラメ:・・さぁ・・? アレス:・・・・ふ・・・敵であるボクには教える義理は無い・・・か・・・ クラメ:隠しているのではありません 私にも分からないのです ロットさんはあまり喋ってくれませんから・・・ アレス:・・・・・。 クラメ:カインさん・・もう一人のチェイサーが来るまであなたは必要です 今 手当の続きをさせてもらいますね アレス:・・・クラメって言ってたな・・ クラメ:・・? アレス:・・・聞きたいことがある 0:おわり